言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



言霊 ブログ開設7周年・・・この1年、時事ネタ記事の書く回数は減ったが、昨年の3・11を受けての時事問題については書き続けているなあ。

今日は、2012年(平成24年)11月2日 金曜日

今日で、このブログ
言霊(心豊かに、言葉を生み、人生を潤す)

を書き始めて、ちょうど7周年にあたり、
毎日欠かさず書き続けてきた。

このブログの5周年から6周年
(2010年11月~2011年11月)にかけては、
東日本大震災や福島原発事故などもあり
時事ネタ記事数が223記事増加して、45.8%の
増加率であったが、
6周年から7周年の1年にかけては、
時事ネタ記事数の増加数は134で、増加率は18.9%と
時事ネタについて書くことが少なくなった。

今年は、昨年のような歴史に残る大きなできごとが
なかったことことも時事ネタを書く回数が少なくなった
ことにもつながっていると思うが、
今年の時事ネタの記事は
昨年の東日本大震災や福島原発事故をテーマにした
ことが書くこともあり、まだまだ継続的なテーマに
なっている。

毎年の大晦日の日に、その年の3大ニュースを書いているが、
毎年、ブログの○周年の後に書くことになるが、
昨年の大晦日の記事
2011年(平成23年)の3大ニュース・・・・大震災&原発事故、欧州債務危機、抗議する人々・・・来年にも続く大ニュースである
では、
昨年の3大ニュースのトップはやはり、
東日本大震災や福島原発事故であり、
地震発生の瞬間のNHKの様子とか、
書いているが、
このブログ記事を書いてきた7年間の間に
最大のニュースと言ってもいいようなできごとでもあり、
また、少し世の中的に風化の兆しもありそうなので、
その時の記事のその部分を以下に再掲する。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

私は、3月11日の東北地方太平洋沖地震の揺れを
職場の京都で体験した。
その日14時49分ぐらいだっただろか
FM802を耳にしながら作業をしていると
DJ山添まりさんが
「ただいま地震が発生しています」と言っていて、
すると、京都市内の職場でも揺れを感じて、
それもゆったりした乗り物酔いするような揺れで
これは長周期地震動のような感じで、
関西では嫌な揺れであったが激しい揺れでもなかったので、
これは、どこか遠くで大きな地震が発生しているのではと
思って、2ちゃんねるの速報ヘッドラインを見ると

緊急地震速報を告げるスレがあり、
見ると、宮城・岩手・福島・秋田・山形とあり
東北かと思うと
すかさず大津波警報で、それも6mという大津波を示す
書き込みがあり、これはすごい大地震が東北三陸沖で
発生したんだなと思った。そして震度7の速報があり
これはすごいことになりそうだと
最新情報を随時追っていた。

この地震の様子は、緊急地震速報から
NHKで放送され始めていた。

東北地方太平洋沖地震直後 NHK放送 1_6.mp4_000039974
国会中継中に緊急地震速報

その後、地震速報に切り替わる

東北地方太平洋沖地震直後 NHK放送 1_6.mp4_000145683
伊藤健三アナが、スタジオが激しく揺れる中
冷静に伝え、大きく評価された。


速報で震度7が伝わる。

東北地方太平洋沖地震直後 NHK放送 1_6.mp4_000210217
速報で震度7が発表されるのは初、
また、震源が海での震度7も初。


やがて、巨大津波が襲来

東北地方太平洋沖地震直後 NHK放送 2_6.mp4_001678401
名取川河口付近(仙台市若林区藤塚地区)

武田真一アナ
「あっ、そして、今、陸上の様子ですけれども、
 家が津波で流されている様子がわかります。
 住宅や建物が津波で流されています。」

という少し慌ただしく説明し、
その後、解説員が思わず、
「うわあ」と言ってしまう。
その様子は私は当日、音声のみで聞いていて
覚えている。
まあ、テレビで見ていた方にとっては、
この地震が大災害になると決定的に印象づけた
シーンだったのではなかろうか。

そして、東北地方太平洋沿岸を襲った巨大津波は
東京電力福島第一原子力発電所を襲う

津波 福島原発 第一原発襲った津波は14#12316;15mに.avi_000011160
巨大津波がぶつかり大きな波しぶきが上がる
東京電力福島第一原子力発電所
(TBSの放送から)

そして、その巨大津波により非常用電源が喪失した
福島第一原子力発電所では原子炉がメルトダウンして
1号機と3号機が水素爆発により原子炉建屋が破壊される。

福島第一原発3号機と1号機の水素爆発  Explosion at Fukushima nuclear plant.avi_000021960
1号機と3号機の水素爆発の瞬間
(日本テレビの放送から)

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

ということだが、ちなみに
福島原発の1号機と3号機の水素爆発の比較画像を見ると
爆発の様子が大きく違っていて、
3号機の時の水素爆発は縦方向に黒い煙がきのこ雲のように
立ち上り、その様子から
3号機はただの水素爆発ではなく、
水素爆発によって3号機の使用済み核燃料プールにあった
核燃料で、なんらかの核分裂が進行する臨界状態が誘発されて、
小規模な核爆発になったのでないかと
アーニー・ガンダーセン博士など専門家の間で
指摘する人がいる。
実際にどうだったかわからないが、
1号機と3号機の爆発の様子の違いの原因は知りたいものだ。

ただ、最も放射性物質を放出した原子炉は
建屋が派手に破壊された1号機と3号機ではなく
建屋の外観がほとんど残っている2号機からであった。
ただ、その2号機のメルトダウンを防ぐための
作業が、3号機の水素爆発によって妨げられたりことも
その後の2号機の格納容器の損傷をともなう何らかの爆発につながる
要因になったとも言われている。
そうして、2号機から
大量の放射性物質が飛び出したのであった。

その大量に飛散した放射能汚染の影響は
まだまだ福島県を中心に残っていて、
当ブログの今年(2012年)の9月2日の記事
福島市に帰省していた女性から、放射能汚染された福島市の現状を、直接耳にして・・・発生確率が低いが発生すると収束不能となる原発大事故

で、

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

福島市に実家がある女子大学生の方によると、
福島市の実家では、放射能汚染から守るため
部屋の換気を窓を開けずに空気清浄機を各部屋に配置して
使用していて、
飲料水も水道水は使わず、
ペットボトルの水を買っているという

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

と、福島市では今もなお原発事故による
生活への影響が残り続けている。

そして、今年の9月13日の記事で、
福島県で甲状腺がんの未成年1人・・・もし、がん発症率が高くなっても、調査による早期発見で死亡率は低下する・・・セカンドオピニオン診察はできるようにする必要

と、低線量被爆の影響がどうなるか専門家で意見が分かれる中、
ある専門家の過去のチェルノブイリの低線量被爆による未成年への
甲状腺がん発症率のデータで気になるデータについて紹介した。

1986年の旧ソ連のチェルノブイリ原発事故による
低線量の放射能汚染地域で、甲状腺ガンの発症率が
200倍になった地域があり、
それが現在の福島県郡山市の地域と同じ
放射線量であるということである。

ちなみに、2号機から大量の放射性物質が飛散した
昨年の3月15日に、東京でも
2号機からの放射性物質の雲が通過したが、
もし、あの時、東京で雨が降っていたら、
福島市や郡山市など福島県中通りの同程度の
放射能汚染になっていたと言われている。

もし、東京がそうなっていたら、
低線量被爆をめぐる報道の仕方が違っているかもしれない。

その福島第一原発だが、まだ危機が去ったわけではない
4号機の問題である。

4号機には、大量の使用済み核燃料がプールに保管されているが、
その4号機の建屋は、事故当時には原子炉が稼働していなかったが
何らかの原因で水素爆発を起こし、
その4号機の建屋の耐震性が心配されている。

東京電力は耐震性に心配がないとしているが、
福島原発付近で
昨年の巨大地震による大きな余震や
誘発された大きな地震により
4号機の建屋が崩壊して、使用済み核燃料の冷却機能が
喪失した場合、昨年の事故直後以上の大量の放射性物質が
飛散するリスクが残っていて、その使用済み燃料プールが
まだ4号機に残ったままの状態である。

Googleで

「4号機 おしまい」

で、検索すれば、それに関するリンクページが
たくさん出てくる。4号機のリスクを気にする方々の
多さがわかる。

そして、その原発事故を引き起こした昨年の超巨大地震によって
新たな巨大地震が引き起こされる可能性は残っている。

今年の3月15日の記事
昨日の東日本大震災震源域南北両端付近を震源とする地震・・・・三陸沖はアウターライズ地震が気になる、千葉東方沖地震の死者は、東日本大震災の死者数に含まれるのかなあ

でも書いたが、昨年の超巨大地震の震源域よりも
東側の海域を震源とするアウターライズ地震による巨大地震が
誘発されるリスクがあり、
アウターライズ地震による巨大地震は
巨大津波をもたらしやすい地震で、
もし、そうなれば、事故の収束作業をしている
不十分な防潮堤しかない福島第一原発を再び巨大津波が
襲うこともあるかもしれない。

また、昨年の超巨大地震の震源域の北側の東北から北海道沖と
その南側の千葉県房総半島沖での巨大地震の懸念が残されている。
それは、2004年のインド洋大津波を引き起こした
スマトラ島沖超巨大地震の後、その周辺海域で数年かけて
次々とM7~M8の大きな地震が誘発された事例があるからだ。

原発事故後の日本のエネルギー政策の方向性に関して、
今年もいろいろ紆余曲折を経ているが、
原発の代替発電として、
ガスタービンと蒸気タービンを組み合わせた
ガスタービンコンバインドサイクル発電が注目されているが、
その燃料源となる天然ガスに関して、

当ブログにて、最近、日本海のメタンハイドレートに関する
記事を2つ書いた。

2012年10月7日の記事
日本海のメタンハイドレード(天然ガス資源)を採掘が進めば、脱原発が加速する

2012年10月31日の記事
大学のチームが、日本海とオホーツク海の浅い海底にメタンハイドレート発見・・・日本の脱原発議論に影響を及ぼすかもしれない。

これらの記事で
ガスタービンコンバインドサイクル発電の方が
原発よりもはるかに発電効率が高く、
そのエネルギー源となる資源が日本海側にあり、
それがすぐに取り出せること、そうすると、電気料金が下がること、
日本が資源大国になること、
そして、日本海側にその火力発電所を作ることは
今世紀中に発生する太平洋側の南海トラフの巨大地震
による発電機能喪失のリスクヘッジになることなどを書いた。

昨年の3・11の大災害の影響と心配事が
今年も続く中、3・11をきっかけに
日本が資源大国になる可能性がある
日本海側のメタンハイドレート開発につながって
くれればと思う。

以上、
ブログを書き始めて7周年の日をむかえての記事でした。

参考リンク
ブログ「カレイドスコープ」の記事
4号機プール-ABCの取材によって新たに分かったこと
(2012年6月27日)


このブログ内の関連記事

○過去の11月2日の記事

ようこそ!「言霊(心豊かに、言葉を生み、経済を潤す) 」へ

言霊 ブログ開設1周年で思うこと ~ 言葉は人生を潤す

言霊 ブログ開設2周年 ~ 世界秩序の変動で日本語の重要性が高まるだろう、情報洪水の中、物語を感じ取るには言葉の力は重要である

言霊 ブログ開設3周年 ~ 歴史の目撃者として現代を記録し、哲学的に本質的なことを探究する欲求が高まりそうだ

言霊 ブログ開設4周年 ~ とにかく、何でもいいから毎日書き続けていたら、誰かの知識吸収のお役に立てて嬉しく思う

言霊 ブログ開設5周年・・・言葉は、時空を超えて言霊を伝え続ける

言霊 ブログ開設6周年・・・時事ネタ記事が多くなり、語源記事の増加は小さくなったが、過去の語源記事に拍手をもらうと嬉しく思う
スポンサーサイト

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/2569-a143e4ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)