言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



世界初の自動販売機は2000年以上前のエジプトにて・・・数学のある公式を考案した人が考え出したとも言われる

今や当たり前のように見かける
自動販売機であるが、
世界初の自販機は
2000年以上前の
エジプトだったという。

紀元前215年ごろ、
プトレマイオス朝エジプトの
アレキサンドリアの神殿にお祈りの人達が
多く訪れていたが、
そのお祈りの時に使う聖水の
自動販売機があったのだ。

聖水の自販機にコインを入れると
てこの原理によって、コインの重みで
聖水の自販機内の弁が開いて、
聖水が出てくる仕組みになっていた。

その原理図が
当時、アレキサンドリアにいた
科学者の
ヘロンが著した「気体装置(Pneumatika)」に
描かれいる。

聖水自販機の原理図
ヘロンの「気体装置(プネウマティカ)」の中に描かれている聖水自販機の原理図
(イタリア国立図書館蔵)

それはヘロンの発明か、彼の師のクテシビオスによる考案のものかは
わかっていないが、

そのヘロンとは、高校数学で習う
三角形の面積を求める公式である
ヘロンの公式を考案した人物である。

*ヘロンの公式は、三角形の三辺それぞれの長さがわかっていると
三角形の面積を求めることができる公式。

そのヘロンが発明したともされる
自動販売機は、17世紀にイギリスで再度見られるようになり、
欧米に広まった。

日本には明治時代に、日本初の自動販売機がお目見えした。
その日本では、1970年代以降
急速に自動販売機が増え、

1位:日本:  2兆2130億円

2位:アメリカ:1兆0980億円

3位:ドイツ    3725億円

と日本は自販機大国になっている。
スポンサーサイト

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/2561-78947588
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)