言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



ボロくなっても40年使われているソファー・・・愛着を感じるものにはねぎらいの言葉をかけたくなる

今日は、2012年(平成24年) 9月14日 金曜日

昨日の
NHKラジオの「すっぴん」という番組の
その日のテーマの「古いのが好き!」に関して、
リスナーから次のような投稿があった。

その投稿が読まれた始めはきちんと
聞いていないが、
そのリスナーの夫が、
小さい頃に使っていた家具のソファーを
出してきたが、カビなどいろいろついていて
捨ててもおかしくない古いものであったが、

夫がそのソファーを出してきて、
カビもふき取り使うようになったという。

そのソファーは今では
破れた部分はガムテープで貼っているが、
家族がゆったりして坐ったり、
時には横になって寝たりしていて、
家族に愛用されているという。

夫が2歳の時に、
そのソファーに座っている写真を見た
ことがあるという。

破れたりしてボロくなっても、
買い替えて捨てるわけでもなく、
40年以上、大事に愛着をもって
使われてきたようである。

そのように愛着があるものには
いろいろが思いが育まれ、
そのものに魂があるかのように、
名づけたり、
「おつかれさま」とか「ありがとう」とか
声をかけたくなってしまうだろうなあと思う。


このブログ内の関連記事

私が愛着をかんじるもの
20年近く、寒い夜の私の体温を守り続けている毛布くん

愛着を持って長くつかわれるものには神が宿るという
ホームの床下に置き去りにされたミッキーマウスのキーホルダー・・・・・九十九神(つくもかみ)としてのキャラクター
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/2520-1ed3e74a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)