言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



福島市に帰省していた女性から、放射能汚染された福島市の現状を、直接耳にして・・・発生確率が低いが発生すると収束不能となる原発大事故

今日は、2012年(平成24年) 9月2日 日曜日

関西のある大学に通う1回生の女性と
少し言葉を交わす機会があった。

その女性は、福島市出身で、
8月は実家に福島市に帰省していた。

福島市では、人々が生活しているが、
福島原発事故後、
福島市内でも放射能の数値が
本来なら普通の人が
許可なく入ることができない
放射線管理区域並みのところ
とか
チェルノブイリ原発事故時の避難権利区域並みの
ところがあるが、
日本政府は、そのままその地域でも過ごして問題ない
としている。

そのような福島市の実家に帰った
その女性によると、

実家では、放射能汚染から守るため
部屋の換気を窓を開けずに空気清浄機を各部屋に配置して
使用していて、
飲料水も水道水は使わず、
ペットボトルの水を買っているという。
東京電力からまき散らされた放射能による汚染のため
余計な支出をしてしまう状況になっている。

その女性は昨年の3月11日の翌日、
福島第一原発の1号機で爆発が発生したという情報を得た後
家族ともども、一旦、福島市から離れたという。

大きな原発事故というのは、
一度発生してしまうとそのような事態を招いてしまうのだ。

原発再稼動問題の時、
電力不足による大停電を回避するため再稼動必要とされた。

原発を動かさないとことによる大停電と
福島原発事故のような大事故の発生確率は
前者の大停電の方が高いだろう。

ただ、大停電が発生して社会的に混乱しても
いずれは事態の収束は可能であり、
事態の進行の予測はつく。

一方、発生確率は低いが一度
原発大事故が発生すると収束不能の状態になってしまい、
事態の進行の予測も難しくなる。

昨年の福島原発事故の被害は、
あの程度で済んだと言えるかもしれず、
もっと事態は酷くなっていた可能性もある。

破損した1号機から4号機のうちで
最も大量の放射能を放出した2号機は、
もっと大きな爆発を起こして、
もっと大量の放射能をばら撒いていた可能性がある。

そして、4号機の使用済み核燃料も危機的状態になったが、
たまたま巨大地震の4日前に工事で、
使用済み核燃料を冷却していた
水の相当量を抜く予定であったが、
工事不手際で水抜きされなかった。

もし、水抜きがされていたら、
4号機の使用済み核燃料も融けてしまって
より大量の放射能をばらまき
より深刻な事態を招いていたかもしれない。

当時の菅首相が、「東日本がダメになる」と言っていたのは
その使用済み核燃料からの大量放射能漏れを恐れたからだ。

まさしく、日本の戦後最大の危機であった。

そして、昨年の3月15日、2号機から放出された放射能雲が
東京を通過したが、
もし、あの時、東京で雨が降っていたら、
放射性物質が地面によりいっそうこびりついてしまって、
福島市並みの放射能汚染になっていたと言われる。

もし、東京がそうなっていたら、
今以上に騒ぎになっていて、外国人は東京在住を嫌がり
ビジネスで家族連れでの東京赴任はできなくなり
国際都市としての地位を大きく低下させかねない事態に
なっていたかもしれない。

そのように原発の大事故というのは発生確率は低いが
一度やってしまうと予測不能、収束不能の事態を招いてしまうのである。

スポンサーサイト

テーマ:原発事故 - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント

Yahoo!Blogから移行してきました。

核の平和利用。でも本当は核爆弾を抱いて寝ているようなもの。福島の貴い犠牲で多くの人気が付けばいいけど。
【2012/09/02 13:15】 URL | そらん #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/2508-397bf28d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)