言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



6月14日・・今から30年前の今日の1982年6月14日はフォークランド紛争の停戦日・・・早朝の紛争停戦のニュース速報を思い出す

今日は、2012年(平成24年) 6月14日 木曜日

今から、
30年前の今日の1982年6月14日、
南大西洋のアルゼンチン沖にある
フォークランド諸島をめぐって、
同年3月19日から4月2日にかけて勃発した
イギリスとアルゼンチンの間での戦争が
停戦した日である。

アルゼンチン沖にある
イギリス領のフォークランド諸島をめぐって、
イギリスとアルゼンチンの間で、領有権問題があったが、
アルゼンチンの軍事政権を引き継いだ
ガルチェリ大統領が、
国内の政治的混乱やインフレーションの進行など国内経済の不振などによる
国民の不満をそらすため
アルゼンチンでマルビナスと呼ばれているフォークランドの領有問題を煽って、
ついに、フォークランド諸島への軍事力を行使して、
4月2日にフォークランド諸島に軍を上陸させて
占拠した。

それに対して、イギリスのサッチャー政権は、
ただちに、武力での反撃を決断。

4月12日には、イギリスは、
フォークランド諸島の半径200海里(370km)を封鎖海域にした。

4月中旬から下旬にかけて、イギリス軍が本格的に
反撃を始めるが、アルゼンチン空軍の攻撃で、
イギリス海軍の駆逐艦が沈められたりして、
苦戦した。この時、アルゼンチンはフランス製の
エグゾセミサイルを使用して、話題になった。

ただ、その後、イギリス軍は盛り返し、
フォークランド諸島に上陸し、
海軍がアルゼンチンの攻撃に苦しむ中、
陸上の進攻は続けられ、
6月14日に、フォークランドの中心地の
ポート・スタンレーに進み、アルゼンチン軍がその日の正午に
降伏して、イギリスはフォークランド諸島を奪還し、停戦となった。

私は、このフォークランド紛争の時、9歳で小学3年生であった。
その時は、朝6時前に起きて、
関西テレビをつけていた。
それは、6時から放送されていた「マチャアキ海を行く」という
海の中の生物などの様子を伝える番組で、堺正章がナレーターをする
番組を見るのを楽しみにしていたからだ。
(この番組は、もともとはテレビ東京の番組のようだ)

6時前に、テレビを関西テレビをつけていたが、番組が始まる前で
試験放送の画面になっていて、

試験放送

このような感じの画面であるが、
すると、おそらく、日本時間の6月15日だったと思うが、
朝5時57分ごろ、全く無音声の中、
ニュース速報音がテレビから聞こえ、
試験放送の画面の上に
ニュース速報のテロップが出て、

「フォークランド紛争が停戦」という内容であった。

そのテロップを見た瞬間、驚いたことを覚えている。

その後、6時から「マチャアキ海を行く」が始まったが、
その番組の間も、何度も「フォークランド紛争が停戦」の速報テロップが
流れていた。
その後、6時30分からの、関西テレビの「ザ・モーニング630」という
ニュース番組で、フォークランド紛争が停戦のニュースが伝えられていた。

フォークランドは再び、イギリス領となったが、
その4年後の、1986年のFIFAワールドカップメキシコ大会で、
アルゼンチンとイングランドが準々決勝で対戦した。

この準々決勝のアルゼンチンとイングランドの対戦は、
試合前から、フォークランド紛争のしこりが残る
両国の因念の対決として、世界の注目を集めたが、
この試合で、アルゼンチンのマラドーナがいわゆる神の手ゴールや
ハーフウエイラインからの5人抜きによるゴールなど
ワールドカップの歴史に残る試合になった。
また、この時、アルゼンチンの勝利に首都ブエノスアイレスでは、
フォークランド紛争=マルビナス紛争の敗北の雪辱を晴らすような
勝利に歓喜にわいたという。

そのフォークランド紛争から30年経つが、
アルゼンチンは、フォークランド諸島の領有権を主張したままで、
フォークランド諸島のまわりに油田があり、イギリスが
フォークランド沖で油田開発を進めていることに
アルゼンチンが反発していて、
フォークランド諸島の帰属をめぐる議論が再燃しており、
両国間の緊張が高まっていて、
1990年の国交回復以降、最悪の状態とも言われている。
スポンサーサイト

テーマ:今日は何の日? - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/2427-acafdd53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【6月14日・・今から30年前の今日の1982年6月14日はフォークランド紛争の停戦日・・・早朝の紛争停戦のニュース速報を思い出す】

今日は、2012年(平成24年) 6月14日 木曜日今から、30年前の今日の1982年6月14日、南大西洋のアルゼンチン沖にあるフォークランド諸島をめぐって、同年3月19日から4月2日にかけて勃発したイギリスとアルゼンチンの間での戦争が停戦した日である... まとめwoネタ速neo【2012/06/18 20:16】