言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



5月15日・・・五・一五事件と沖縄返還が同じ日であること・・・2012年、五・一五事件から80年、沖縄返還から40年

今日は、2012年(平成24年) 5月 15日 火曜日


今から80年前の今日の
1932年(昭和7年)5月15日(日曜日)に
五・一五事件が発生し、
その40年後で、今から40年前の今日の
1972年(昭和47年)5月15日(月曜日)
アメリカ軍施政下の沖縄が日本に返還された日である。


1932年(昭和7年)5月15日、
海軍の青年将校を中心とする反乱により
犬養毅首相が暗殺された。

五・一五事件の後、
多数派政党が内閣を組閣する政党政治が崩壊していき、
軍部の発言力がさらに増し、やがて、
日米開戦につながっていく。

日本はアメリカとの戦争に敗れ、
沖縄が日本本土で唯一の地上戦の戦場となり、
終戦後も、沖縄はアメリカ軍の軍政下におかれた。

アメリカ軍政下の沖縄県人は経済的にも苦労する状況が
続く中、日本本土では高度経済成長で豊かになっていき、
日本本土と沖縄の経済格差はさらに広がり、
沖縄ではなかなか職に就けずに、大阪などの日本本土に
就職していく方々が増えて行く。
そのような状況で、沖縄では日本復帰を願う声が強くなっていく。

そして、第2次世界大戦後も沖縄に駐留するアメリカ軍基地の
米兵達の不法な行為に対して、琉球警察は取り締まれず、また、
米軍の憲兵の捜査も手ぬるいことがあり、それに対する沖縄人の
不満は高まり、
1970年12月20日、アメリカ軍人による交通事故をきっかけに
それまでに貯まっていた不満が爆発して、ゴザ暴動が発生、
この暴動により、沖縄をアメリカの軍政に置くことは無理と認知され、
沖縄の日本返還の流れが強まり、
1971年(昭和46年)6月17日、
日本と米国との「沖縄返還協定」が東京とワシントンで同時に調印され、
1972年(昭和47年)5月15日の午前0時を
発効し、沖縄の施政権がアメリカから日本に返還され、
沖縄県が発足した。

沖縄県が日本に返還されて40年、
今もなお、沖縄県に日本のアメリカ軍基地のほとんどが集中し、
沖縄県と日本本土の経済格差は残ったままである。

80年前に、五・一五事件で
政党政治が崩壊し、軍部の発言力が高まり、
戦線を拡大する方向で進み、やがて、日米開戦となり、
その結果、沖縄県が米軍軍政下となり、
40年前に日本に戻っても、
今もなお、沖縄はアメリカ軍の存在が大きく影響する
地域のままになっている。


スポンサーサイト

テーマ:今日は何の日? - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/2397-96e4ffa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)