言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



亀井国民新党代表解任の違法性・・・野田内閣は、刑法上の犯罪行為に加担するのか

今日は、2012年(平成24年) 4月6日 曜日

国民新党の亀井静香代表解任騒動であるが、
亀井静香代表に同調する亀井亜希子政調会長は
両亀井議員以外の国民新党6名の国会議員による
亀井静香代表の解任は、国民新党の規約の手続き上
無効であると主張している。

しかし、亀井代表の代表を解任したという6名の
国会議員達の動きに応じて、
国民新党の代表変更手続きを
東京都選挙管理委員会に出して、
総務省にも出すようだが、

それに対して、亀井亜希子政調会長は、

 政党の代表変更届を亀井静香代表の許可なく、代表印を捺印して総務省に
 届け出た場合、これは「文書偽造」すなわち犯罪になります
 
 政党交付金を受け取れば、「横領」が成立して更に罪は重くなると思われます

とコメントしている。

そうすると、両亀井氏側は、刑事事件として告訴することが
考えられる。

さて、その状態で、野田内閣は自見氏を国民新党の代表として
連立内閣を組んでいると言い続けるのか?
野田内閣は、犯罪行為を後押ししている事態になりかねない。


この問題は、野党の自民党や共産党などが
野田首相に鋭く突っ込んでもらいたい。

まあ、国民との約束を反故にして、消費増税に突っ走る野田政権に
正当性はないし、
公約を守るため消費増税はしないという連立政権の約束を反故にした
野田政権から離脱する亀井氏の方が正当性があるだろう。

国民との約束を平気で破る野田政権は、犯罪行為を手助けすることも
平気なのだろうか。



スポンサーサイト

テーマ:政治・時事問題 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/2358-e5ca4faf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)