言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



4月2日の出来事・・・1951年の今日、500円札登場・・・500円札を知らない世代が増えてトラブルも

今日は、2012年(平成24年) 4月2日 月曜日


昨日の記事
4月1日の出来事・・・1982年500円硬貨登場・・・500円硬貨が生まれてもう30年

で、昨日で、ちょうど500円硬貨が登場して30周年の日であることを
書いたが、

今から51年前の今日の
1951年(昭和26年)4月2日(月曜日)と
今年と同じ曜日であるが、
その日に、500円札が発行されたのであった。
肖像は岩倉具視である。

この時に発行された500円札はB券と呼ばれ、
1971年(昭和46年)1月4日に支払い停止された。

1969年(昭和44年)11月1日から
肖像はB券と同じ岩倉具視であるが、
デザインを変更したC券と呼ばれる500円札を発行し始めた。

500円硬貨が発行された1982年(昭和57年)4月1日以降も
発行され、支払い停止になるのが
1994年(平成6年)4月1日であった。

500円札はもう見られなくなったが、
実は、2007年12月の時点で、
500円札の方が、2000円札の流通枚数よりも多いとあった。

2000円札も500円札並みに希少紙幣となったようだ。

ちなみに、500円札は、
今も使えます。

昨日、1981年生まれの女性の方に
「今日は、500円玉が登場して30周年である」

というお話をしたら、

「へえ、まだ30年しか経ってないのですか、その前はお札だったのですか?」

と聞かれた。1980年(昭和55年)以降にお生まれになった
方々の多くとっては、

500円札があったことも知らないのである。


そして、500円札を知らない世代が増えてきたが故にこんな
トラブルがあったようだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

500円札って今でも使えますか@nifty教えて広場
投稿日時 - 2011-12-31 01:15:57


今日、バイト先で初めて500円札なるものの存在を知りました。
お客さんが商品を買った時に出してきたので、
最初は千円札の偽札かと思いました。

それでお客さんと口論になって・・・色々と説明した頂いたのですが、
店長不在でバイト先の店員も若い子ばっかりでさっぱり。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということで、昨年に500円札で支払いをしようとしたが
店員の方々は、500円札の存在を知らない方々ばかりだったようだ。

ちなみに
古いお札では、
1946年(昭和21年)3月19日に発行された
二宮尊徳を肖像にした1円札も、現在使用できる。



このブログ内の関連記事

100円硬貨の発行記念日
12月11日は「百円玉記念日」・・・1957年(昭和32年)12月11日、100円硬貨発行開始・・・2009年現在、約1兆円の100円玉が流通・・・さて、100円札はどうなっているか・・

当ブログの2012年4月2日の記事
今から、10年前の今日の2000年4月2日 小渕首相、脳梗塞で倒れる・・・「宿命に生まれ、運命に挑み、使命に燃える」という小渕恵三が残した言霊に心が揺さぶられるものがある

スポンサーサイト

テーマ:今日は何の日? - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/2354-0bab6e04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)