言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



昨日の東日本大震災震源域南北両端付近を震源とする地震・・・・三陸沖はアウターライズ地震が気になる、千葉東方沖地震の死者は、東日本大震災の死者数に含まれるのかなあ

今日は、2012年(平成24年) 3月15日 木曜日

昨日、21時過ぎ、
西宮市の自宅周辺を
小型携帯ラジオで、MBSのたね蒔きジャーナルを
聞きながら、散歩している時、
毎日新聞論説委員で
東京から出演している近藤勝重氏が

「今、すごい地震です」と言い、
ガチャガチャと揺れる音が耳に入った。

すると、大阪の水野アナが

「関東では緊急地震速報が出ているようです」

と言っていた。


その後、すぐに
私は、人気がない路地にて、歩きながら、
携帯電話で2ちゃんねるのニュー速のヘッドラインのページに
接続して、どのような地震かの情報を得ようとした。

その地震は、
千葉県東方沖 ( 北緯35.8度、東経141.1度)を震源とする
マグニチュード6.1の地震で、
千葉県銚子市と茨城県神栖市で、この地震の最大震度である震度5強を観測、
震源地に近い利根川河口周辺で最も強く揺れたようである。

千葉県東方沖  2012年3月14日21時05分 地震 a20120314210927491-142105


この地震で、体調を崩した95歳の女性が死亡したという。
この地震について、気象庁は昨年の3月11日の東北地方太平洋沖地震の
余震と見なしている。
東日本大震災のこれまでの死者数には余震による死者も含まれているので、
昨日の地震でお亡くなりになった方は
東日本大震災の死者数にカウントされることになりそうだ。

ところで、昨日の千葉東方沖地震の震源地を見てみると、
東北地方太平洋沖地震の震源域の南端になるかならないかのような位置で、
昨日の地震を東北地方太平洋沖地震の余震にするのか、別の誘発地震とみなすのか
どうなのかなあと思った。

昨日の千葉東方沖地震の約3時間前の18時09分に
三陸沖 ( 北緯40.7度、東経145.2度、北海道襟裳岬の南東210km付近)を
震源とするマグニチュード6.8の地震が発生して、
岩手県、青森県、北海道に津波注意報が発令され、
青森県八戸市で20㎝、北海道えりも町と浜中町、青森県むつ市で10㎝の津波を観測
した。

三陸沖 2012年3月14日18時09分 地震  20120314181441491-141809


気象庁は、この三陸沖の地震について、
東北地方太平洋沖地震の震源域のすぐ北側で
昨年の超巨大地震とは別の地震で、
震源地が日本海溝東側の正断層の地震と発表していた。

それを聞いた時に、
日本海溝東側ということは、アウターライズで、しかも正断層・・・
東北地方太平洋沖地震の後に、日本海溝の外側が発生する
アウターライズ地震が警戒されている。
アウターライズ地震は、正断層の地震で巨大津波を引き起こしやすいと
される。

1896年の明治三陸地震(M8.2)の37年後の
大津波をもたらした
1933年の昭和三陸地震(M8.1)は、
アウターライズ地震である。

そういうこともあるので、
昨日の三陸沖の地震は気になる。

そう言えば、昨年のM9.0の東北地方太平洋沖地震が
発生する2日前に、前震となるM7.2の津波注意報をもたらした
地震があった。
その前震が発生した曜日は、昨日と同じ水曜日であった。

もし、三陸沖の日本海溝の外側を震源とする
アウターライズ地震による破壊域が
昨年の東北地方太平洋沖地震のように大きく南下して、
福島県沖まで達してしまうような
超巨大地震となるアウターライズ地震になってしまうと
福島原発4号機が気になってしまう。

画像は気象庁より


参考リンク

You Tube 2012年3月14日 「放送中に地震!」 京大 小出裕章・たね蒔きジャーナル
5分25秒あたりから、揺れによる音が聞こえ出します。


このブログ内の関連記事
2012年2月16日の記事
福島第一原発4号機問題・・・・福島原発直下型地震と福島沖日本海溝アウターライズ巨大地震によるリスク

スポンサーサイト

テーマ:東北地方太平洋沖地震 - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/2336-861f02b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)