言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



再度の巨大地震予測をした北大研究者の地震エコーに変化が・・・・予測が当たるかどうかは別にして、地震国日本では常に大地震と津波に対する備えを

今日は、2012年(平成24年) 1月 6日 金曜日

昨年は、東日本日本をM9.0という超巨大地震が襲い、
今年は、元日早々から、
東北南部から関東地方にかけて震度4の地震が発生して、
何かと地震のことは気になるが、
当ブログの昨年(2011年)11月1日の記事
再び、M9クラスの巨大地震が12月から1月に!!?・・北大の研究者が予想、それはアウターライズ地震になるかもしれないで、

FM放送向けのVHF帯(超短波)を活用した
地震予知研究をされていている北大の森谷武男博士が
昨年の12月から今年の1月にかけて再び巨大地震が
迫っているかもしれないと
その時までの地震エコーの状況の様子を公表していたが、

地震エコーの状況(2011年10月21日ごろまで)
地震エコー erm10-11oct26

昨日、NPO法人国際地震予知研究会に協力している
麒麟地震研究所のツイッター
北大の森谷武男博士から送られてきた
昨年末までの最新の地震エコーのデータを掲載して

地震エコーの状況(2011年12月30日ごろまで)
地震エコー AiYtGeaCIAE_b6x

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NPO法人国際地震予知研究会から北大の森谷先生のデータが発表されました。
下がり始めました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
とコメントしている。
巨大地震の3ヶ月ぐらい前から
長期間継続してきた
地震エコーが減少傾向になった時期に
昨年の3月11日のM9.0の超巨大地震が
発生したことから、
気になる傾向なのだ。

このFM放送向けのVHF帯(超短波)を活用した
地震予知研究は発展途上でどこまで正しい予測ができるか
わからず、FM電波だけで、地震予測を言いきっていいかどうかの
議論もあるが、
その手法による地震予知が適切かどうか
観察するという視点からも
今後、実際に巨大地震が発生するかどうか
注視していきたい。
予想が外れたら、実際に発生しなかったということで
それはそれは良いことであるが、
もし、発生してしまったら、おそらくは
東日本東方沖の日本海溝の外側を震源とする
アウターライズ地震の可能性があり、
巨大津波を引き起こす恐れがあるので、
津波に対する心構えは必要かもしれない。


このブログ内の関連記事


2011年11月19日の記事
再度の巨大地震予想・・・東北沖のアウターライズ地震か、房総~伊豆半島沖か、東京湾も大津波の警戒要す

2012年1月2日の記事
元日早々、深発地震で、東北・関東の広範囲で震度4・・・2011年3月11日の揺れを思い出させるような揺れだったようで

2012年1月3日の記事
クジラが打ち上がるたびに「地震の前兆か」の騒動・・・クジラがどう動こうが関係なく、地震国日本では常に地震に備えを

2012年1月4日の記事
元日の地震で、福島第一原発の4号機の問題がクローズアップされる・・・まだまだ、地震と津波による事故再拡大のリスクは残っている

スポンサーサイト

テーマ:地震・天災・自然災害 - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/2267-2bb53d63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)