言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



井川前大王製紙会長の逮捕・・・「足るを知る」の心がなかった故の不幸

今日は、2011年(平成23年)11月23日 水曜日


大王製紙の井川意高前会長が、
会社から巨額の金を借り、
自分の借金返済のため使ったことで、
特別背任の疑いで逮捕されたが、

それは、カジノにカネをつぎ込んで、
そのカジノによる借金返済のために使ったと
本人もコメントしているが、
そのカジノにはまるきっかけが

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「カジノの深みにはまった」井川前会長がおわびコメント
(朝日新聞 2011年11月22日14時55分)


カジノにはまったきっかけは、「株式の先物取引やFX取引で多大な損失を
出した後に、たまたま訪れたカジノでもうけ、当初、大きな利益を得ること
もあったこと」だったという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということで、
FX取引で多大な損失ということだが、
どれだけの損失を出したのだろう。

大王製紙は、年間約4000億円の売上のある大企業で
その会長さんだから、年収は億単にになりそうだと思うが、
FX取引で多大な損失というのは、
その時の生活水準を維持するには困ってしまう程の損失
だったのだろうか?

投資をするなら、無理をせずにというのが無難だと思うが、
FX取引にどれだけつぎこんでいたのだろう。

年間約4000億円の売上の企業の会長さんの年収だけでは
もの足りず、もっと一気にお金儲けをしたいと思って、
FXで多大な損失が出てしまうような取引をしてしまったのだろうか。

大金持ちであったが、投資で巨額の損失を出して、
犯罪に走ってしまった人物として
小室哲哉氏を思い出すが、

小室哲哉氏も井川前会長も

もうこれだけお金があれば十分だと

思って満足していたら、社会的信用を失う犯罪行為に
走ることにならなかったと思うが、
ある意味、お金があるゆえの不幸ということかもしれんが、

この事件で、改めて
老子の

足るを知る者は富む

という言葉の大切さを思い出す。

そこから

みずからの分(ぶん)をわきまえて、それ以上のものを求めない

という「知足」という言葉が生まれるが、

当ブログの記事
少欲知足 ~アノミーな時代、亢龍有悔の人生ではなく、桃三李四の気持ちで、過ごすで、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もしもいろいろな苦しみ・悩みから脱したいと思うならば、まさに足るを知ること(知足)を
観察すべき。足るを知る教えは豊かで楽しく穏やかな世界である。足るを知る人は地面に
寝ていても安楽だ。満足することを知らない人は、天上世界の宮殿に住んでいても満足ない。
満ち足りない人は物があっても、心は貧しいのです。足るを知る人は、物はなくても
心は豊かです。足ることを知らない人は、常に、欲望に引きずられて、
足るを知る人から哀れみの眼で見られることになる。これを「知足」という。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、中国で作られた仏遺教経(ぶつゆいぎょうきょう)で
釈迦の最後の説法とされる内容を引用したが、

満足することを知らない人は、天上世界の宮殿に住んでいても満足ない。

というのは、井川前会長に重なってくる。

井川前会長は、「足るを知る」という心がなかったために
莫大な借金をして、検察に身柄を拘束される事態になって
しまった。

少欲知足・足るを知る

という言葉の奥深さを改めて感じるし、
今ある中で満足し、今ある中のものを活用していくことで
豊かになっていくのだろうなと思う。


スポンサーサイト

テーマ:経済・社会 - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント

会長とされていた井川氏の眼球は、相容れない視線とも親しい関係かと思えたほどでした。

お金に関しては
http://www.thinker-japan.com/PDF/a4_thinker_mini_book_vol3.pdf
を参照したところ理解しやすいです。


【2011/11/23 12:36】 URL | #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/2223-51308fae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)