言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



TPP反対の民主党議員は、米国議会議員にロビー活動をすれば・・・「日本とのTPP交渉判断慎重に」、米超党派議員がオバマ政権に要請

今日は、2011年(平成23年)11月10日 木曜日


TPP(環太平洋連携協定)で、民主党内で、
賛否両論が対立する中、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

民主党PT、TPP提言を最終決定
(中日新聞 2011年11月10日1時51分)


民主党は9日夜、環太平洋連携協定(TPP)の交渉参加問題の是非を
検討するプロジェクトチーム(PT)の総会で政府に対する提言を
最終決定した。交渉参加への慎重意見が強かったことを明記し、
政府に対し慎重に判断するよう求めているが、政府が判断すること自体は認める内容に落ち着いた。

 野田佳彦首相は提言を受けて10日に政府・民主三役会議で
交渉参加方針を決め、記者会見し表明する意向だ。

 提言では「PTの議論では時期尚早、交渉参加を表明すべきではない、
参加すべきだとの両論があったが、前者の立場の発言が多かった」と
慎重論が強かったことを指摘。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということで、与党民主党内のTPP交渉参加反対・慎重論が多数にも関わらず、
野田首相は、TPP交渉参加を決定するという非民主的な行為を行うようだ。

TPPの日本の交渉参加に関して、米国の国会議員の中には

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「日本とのTPP交渉判断慎重に」、米超党派議員がオバマ政権に要請
(ロイター 2011年11月9日14時28分)


[ホノルル 8日 ロイター] 米下院歳入委員会と上院財政委員会の幹部を
務める超党派議員4人は8日、オバマ政権に対し、日本が今週環太平洋経済
連携協定(TPP)交渉に参加する意向を表明した場合、議会との事前
協議なく早急に決断することがないよう要請した。

(中略)

「日本は長い間、国内市場を意味のある競争から保護してきた」と指摘し、
米国は日本政府が本気で市場を開放し、米自由貿易協定(FTA)が求める
高い水準を満たす用意があるのかを十分確認する必要があるとしている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということで、まあ、米国が要求する水準の市場開放をする準備は
日本はできていないと思うし、そうなると、日本国内で反対する人も多く
出てくるし、米国の要求を受け入れられる状況ではないと思う。

今回、野田首相が与党民主党内の反対を押し切って、
TPP交渉参加をするようだが、
日本の民主党内のTPP反対派議員は、
米国議会の日本のTPP交渉参加慎重派に
「政府が勝手に、TPP交渉で約束しても、国会は批准しないので、
それだけ、日本がTPP交渉参加すると無駄な時間になるだけなので、
日本の交渉参加を認めないようにして欲しい」
と、ロビー活動をすれば良いと思う。

このブログ内の関連記事

野田内閣が、アメリカに媚びて、TPPと復興増税にのめり込むほど、支持率は下がり、長くても2年しかもたないだろう

TPP賛成のマスコミは、自ら痛みを伴う御覚悟はあるのだろうか?・・・最後は、マスコミよ「お前が言うな」と言われるのが落ちになったりして



スポンサーサイト

テーマ:TPP - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/2210-1a4918cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)