言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



国民は野田総理に消費税増税を白紙委任したとは思っていないのだろう・・・G20での野田総理の消費税増税表明は国内で言ってきたことを言っただけと釈明はするが・・

今日は、2011年(平成23年)11月 8日 火曜日

野田首相が、消費税増税を勝手に国際公約したと議論
されていることに対して、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
野田首相:消費税10%表明、「国内でも言及」と釈明
(毎日新聞 2011年11月8日 朝刊)


野田佳彦首相は7日の衆院予算委員会で、主要20カ国・地域
(G20)首脳会議(サミット)で消費税を10年代半ばまでに
段階的に10%まで引き上げると「国際公約」したことについて、
「『いきなり国際公約』と(の趣旨を)今日の本会議(の質疑)
でも言われたが、そうではない。所信表明演説や国会の質疑、
記者会見でも言っている」と述べ、国内でも説明した内容の
繰り返しに過ぎないとの考えを強調した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということだが、
「所信表明演説で言っている」ということだが、

野田首相は、総理就任後、国会で9月13日と10月28日に
所信表明演説を行っているが、

10月28日の所信表明演説全文を
西日本新聞の記事
野田首相の所信表明演説全文
(2011年10月28日13時10分)

で見てみると、消費税増税の話は全くない。

9月13日の所信表明演説全文を
産経新聞の記事
【野田首相所信表明】
(2011年9月13日14時56分)

で見て見ると、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

将来世代に迷惑をかけないためにさらなる
国民負担をお願いする歳入改革の道。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とは言ってはいるが、消費税増税という具体的な文言はない。
国民負担とは、消費税だけでなく、所得税・相続税・法人税などがあり、
逆進性が高くなるとされる消費税とは限らない。

まあ、所信表明演説で、消費税増税とは直接は野田首相は言っていない。

「記者会見でも言っている」ということで、
総理就任会見では、日経新聞の記者の質問を受けて、
消費税増税にはふれている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Business Media 誠
日本社会の中間層の厚みを増していきたい――野田首相就任会見全文
(2011年9月3日6時42分)


(日本経済新聞・犬童)
税と社会保障の一体改革なんですが、これに関連して2010年代半ばまでに
消費税率を10%までに引き上げる、という関連法案ですね、税法の付則に
書いてある通り、来年の3月までに法案を国会に提出するという、
その考え方に変わりはないのか。そしてその法案は来年の通常国会に出す
という決意に変わりはないのか、

(野田首相)

(中略)

税と社会保障については、いろいろ侃々諤々の議論がございましたけれども、
成案をまとめました。その成案の中に付則104条に基づいて、
税制の抜本改革については2011年度中に法律を提出をするということになっています。
2011年度中ということは来年の3月までに、その準備はきちっとやっていきたいと思います。

 この法律の整備をすることが、即なんとなく増税というイメージを持たれる方が
いらっしゃいますけれども、これは成案に書いてある通り、2010年代半ばまでに
段階的に実施をするわけです。いつから実施をするということは、この成案の中に
書いてある行革の取り組みであるとか、経済状況が好転するかどうかとか、
そういうことを勘案をするわけですので、法律を作ったから即実施だと
勘違いをしている方がいらっしゃいますが、そういう今申し上げた成案に
書いてあることを法文に書くことが大事であるということで、これは誤解が
無いようにお願いしたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、平成21年の所得税法の一部を改正する法律付則104条
に基づいて、
今年度中に、消費税増税を含めた法案を出すことにしていること
総理就任記者会見では確かに述べているが、
これは自ら言いだしたわけでなく、聞かれたので答えたという感じである。

ただ、総理就任記者会見よりも国権の最高機関たる国会での所信表明で
具体的に消費税増税を言っていない。

そして、国民の多くが、勝手に消費税増税を
国際公約したと思うのは、
野田総理に消費税増税を託したとは思っていない国民が多いからでは
なかろうか。

2010年の参議院選挙で、消費税増税を言いだした管首相の民主党が大敗していて、
民主党政権に消費税増税を白紙委任した覚えはないと国民の多くは思っているのではないか。
それだけ、国民の多くは、経済が好転せず生活が苦しい中、増税などあり得ないと
思っているのではなかろうか。

そのような時に、野田総理が、日本国内で言ってきたことを
海外で言っただけだと言っても、
民主党政権に消費税増税を白紙委任した覚えはないと思っている国民から
すれば、「勝手に言うな」と思うし、
ましてや、消費税増税法案を出す前に衆議院解散はしないという野田総理の
発言で、さらに

「勝手にするな!!」とさらなる反発が強まり、
野田内閣で消費税増税法案を可決させても、次の総選挙民主党は大敗する
だけだろう。


このブログ内の関連記事

小沢叩きで盛りあがったら、野田独裁内閣を生み出してしまったでござる・・・・野田首相、国会審議も経ずに勝手に増税を国際公約

小沢氏秘書有罪と復興増税

今の安住という財務大臣は国民との約束を軽んじる男だな・・・・選挙を経ずに消費税増税法案を出すとのたまう財務大臣・・・政府紙幣を使えば増税は必要ないと思うが

野田内閣が、アメリカに媚びて、TPPと復興増税にのめり込むほど、支持率は下がり、長くても2年しかもたないだろう

子育てにカネがかかかるので少子化進む・・・子供手当など教育関係の教育支出は必要で、それが、現在の内需と将来の内需のためにもなる・・・内需拡大すれば円高対策にもなるよ

復興財源は消費税と主張する財界人は日本の内需を軽視しているのか?・・・・復興にあらゆる増税は不要、日本は財政危機ではない

財政危機キャンペーンが国民の生命を危うくしないか・・・東日本大震災被災地で防災無線機能せずを知ってから思うこと



スポンサーサイト

テーマ:野田内閣 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/2208-85987dcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

消費税とはって知ってます?

●国民は野田総理に消費税増税を白紙委任したとは思っていない ... ... 国民負担とは、消費税だけでなく、所得税・相続税・法人税などがあり、 逆進性が高くなるとされる消費税とは限らない。 まあ、所信表明演説で、消費税増税とは直接は野田首相は言っていない。 「記者... 身から出た秋刀魚【2011/11/10 04:14】