言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



ウインクの語源は、ドイツ語・・・親しみの意味としての「ウインク」はある小説に由来する・・10月11日がウインクの日にちなみ、ウインクの語源を調べてみた

今日は、2011年(平成23年)10月 11日 火曜日


10月11日は「ウインクの日」だという。

前日の10月10日は、10と10を横倒しにすると
眉毛と目に見えるので、「目の愛護デー」となっているが、
それと同じように
10月11日を10と11を横倒しにすると
ウインクしているように見えるからだという。

ウインクの日 説明図

10月11日をウインクの日にするきっかけというのは
どうやら女子高生達のおまじないにあったようで、
朝起きた時に、好きな人の名前の文字数分ウインクをすると
その好きな人に会えたり、片思いの人に気持ちが伝わるということらしい。

さて、そのウインクは英語のスペルは
「wink」であるが、それは
ドイツ語のwinkenで、意味は、ただ物理的に「目を閉じる」という意味であったが、
何か合図を送ったり、親しみの意味を込めて、片目を閉じるというふうな
意味が広がったきっかけは、
19世紀のイギリスの小説家
チャールズ・ディケンズ=Charles John Huffam Dickens(1812年~1870年)が
1836年から翌年に連載して執筆した小説
ピクウィック・クラブ(The Pickwick Papers)で、「(親しみのために)ウインクする」
描写をしたことだという。

さて、「wink」は、外来語として、日本では「ウインク」で定着しているが、
漢字表記に和訳すると、片目だけをまばたくことを意味する
片瞬き(かたまばたき)で、読んで字の如くの意味のままである。

参考リンク
小説 The Pickwick Papersのあらすじ
(ディケンズ・フェロウシップ日本支部のページより)


このブログ内の関連記事

チャールズ・ディケンズの自伝を引用したアガサクリスティのエッセイを引用しながら
人の価値を決めるもの~「agreeable」
スポンサーサイト

テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント

11月10日じゃダメだったのだろうか
なんて思ってしまった
【2011/10/11 22:33】 URL | G #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/2179-8f773494
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)