言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



台風12号、故郷和歌山中部の大雨で、ダムの大きな減災効果を確認・・・ちなみに、兵庫県では、暴風域の中でも、暴風警報が解除された

今日は、2011年(平成23年)9月 4日 日曜日


昨日の午後、台風12号が、高知県に上陸後
だんだん弱まり、私が住む兵庫県西宮市でも
前日よりも風が吹かなくなってきていた。

昨日の17時で、台風12号の中心気圧が985hPaで、
あったが、中心風速が30mで、東側に220kmで
暴風域があったままであったが、


台風進路予報 2011年9月3日17時
2011年9月3日17時

風が弱まっていた兵庫県南部では、
16時35分の時点で暴風警報が解除、

兵庫県の気象警報 2011年9月3日16時35分

さらには、ちょうど、そのころ台風の中心が通過していた
香川県でも16時22分の段階で、暴風警報は解除されていた。

香川県の気象警報 2011年9月3日16時22分

それでも、なかなか台風の中心気圧があがっても
暴風域が残されたままで、
驚いたことに、昨日の20時の時点で、
中心気圧が990hPaと台風としては弱まって高い気圧でありながら、
中心風速が30mで、暴風域も東側に220kmと
そのまま気象庁が発表していたことであった。

990hPaで30mと暴風域


まあ、21時ごろには、台風の暴風域はなくなったが、
私が住む西宮で台風の強い影響を感じはじめたのは
そのころからであった。

強い雨が降り出したのであった。

気象レーダー 2011年9月3日22時10分
気象レーダー 2011年9月3日22時30分
赤丸部分が西宮市

21時から0時までの3時間で、
西宮の気象庁発表に使用されるの観測所で
98ミリ、
私の近所の甲陵中学校で85.5ミリの大雨となった。

大雨の強さは、私の故郷で実家のある
和歌山県御坊を含む和歌山県地方では
阪神間よりも激しい大雨となり、
故郷の御坊市を流れる日高川の上流域の
田辺市龍神村では、3日の24時間で486ミリ
のちの4日の2時までの雨量を追加すると、557ミリの
大雨となり、
龍神村をはじめとして、日高川流域は激しい大雨となり、
日高川の水位があがり、御坊市の隣の日高川町では、
はん濫危険水位を超え、また、御坊市でも
日高川の水位がはん濫注意水位を超え、最高で7.37mとなり、
避難勧告が出ている。

そのため、いろいろ通行規制が出ていて、
和歌山県道路情報を見ると、午前10時40分の段階で、
日高川河口付近で通行止めとなっていた。

和歌山道路情報 日高地方南部の通行止め 
矢印が日高川河口付近

和歌山県道路情報より

おそらく、これは日高川河口にかかる天田橋で、
水位上昇のため、通行止めになったのだろう。
(11時30分には、通行止め解除になっていた)

日高川町では、
町内の冠水した道路で立ち往生した車に水が流れ込み、
乗っていた男性が亡くなったという。

ただ、今回の台風の大雨で思ったのは、
もし、このような大雨が今から50年前に発生していたら
死者は100人以上になっていただろうと思った。

御坊を含む和歌山県中部の日高地方では、
1953年(昭和28年)7月18日に
激しい大雨となり、
日高川上流の竜神で、前日からの雨量が550ミリになり、
日高川下流の御坊では堤防が決壊したりして、
この御坊でも26名が死亡、和歌山県全体で
死者615人、行方不明者431人を出す大災害となり、
現地では、「7・18大水害」と呼ばれるようになった。

その洪水対策として、日高川上流に
高さ56.5メートルの
椿山ダムが作られ、
百年に一度の大雨が降っても
「7・18大水害」のような大水害は発生しないと
言われた。

今回の台風12号の大雨では、
その1953年の7・18大水害のような
大雨となったが、
御坊では堤防を決壊するほどの水位にならず、
まさに、ダムの大きな減災効果を感じさせる
大雨であった。


気象関係の画像は
気象庁より
一部画像を編集

このブログ内の関連記事

1953年7月18日 ~ 和歌山県地方を襲った大水害の日


台風の語源
台風~シチリア島のエトナ火山の下で火を噴く「typhon(テュポン)」

大型台風接近で思うこと ~情報のエントロピー増大が、意味のネゲントロピーの多様性と豊かさをもたらす

台風接近時、ドアの扉には要注意 ~ 台風の強風で閉じられた扉で指切断の事故発生

2009年台風18号
台風18号、西宮市は暴風が夜明けまで続いている・・・久々に台風らしい台風である

2009年台風18号
台風18号、可航半円の近畿地方、特に阪神間が暴風だった・・・・台風通過後の空は綺麗ですね

お空をお掃除した台風

超A級台風・伊勢湾台風が襲った日~1959年9月26日

2011年台風6号について
台風6号から変化した温帯低気圧、温帯低気圧後も台風の時と同じく、北上⇒南下⇒再北上のコースを経て、ベーリング海で生涯を終える

スポンサーサイト

テーマ:気象 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/09/07 20:39】 | #[ 編集]

> 日高川町の旧中津・旧美山地区では、椿山ダムの放流により、家屋の二階まで浸水し甚大な被害が及んだ事を知らないのか?

日高川町民さん、コメントありがとうございます。

椿山ダムの放流により、家屋の二階まで浸水し甚大な被害が及んだ事

は知っています。
そういう意味では、無害にすることはできなかったと思います。
また、
放流のタイミングややり方に問題はなかったのかとも思ったりしますが。

ダムがなければ、昭和28年の大水害のように
御坊市でも日高川がはんらんおよび堤防決壊していたかもしれません。
もし、がはんらんおよび堤防決壊となれば、
御坊市内でも死者が出ていたかもしれませんし、
家屋の流失が発生していたかもしれません。

そのような観点から見れば、減災効果があったと思います。

東日本大震災の大津波で、
岩手県釜石市の湾口防波堤が破壊され、
釜石市で、多数の死者が出ましたが、
湾口防波堤が壊されながらも、
津波が到達する時刻を少しでも遅らせ、
津波の高さを少しでも小さくすることが
できたと専門家は言います。
その効果により、津波にのみ込まれず
命が助かった方、家屋などの財産の
損失を待逃れた方がいたということです。

湾口防波堤は、大津波による被害を無害にするこは
できなかったが減災をすることができたと言えます。
ただ、減災はできても、釜石市では、
多大な被害が出ました。それほどの大津波だったのです。

今回の日高地方の大雨で、
椿山ダムの存在により、減災はできたが、
無害にするこができないほどの50年に1度という
大雨だったと思います。

今後は、ダムの放流のあり方が課題となると思います。

被害にあった方々に対しては、
政府が援助すべきです。

政府にお金がないとか言われたりしますが、
低金利でカネ余りでかつ、生産力があり余っている日本は
財政危機ではなく、増税せずに国債を発行するか、
借金が嫌なら、政府自身が政府の借金にならない政府紙幣を
発行して、被災者援助のためのバラマキを行うべきだと
思います。
【2011/09/08 14:25】 URL | くわどん #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/2142-50ac2a6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)