言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



円高阻止のために日銀の為替介入とアメリカ国債デフォルト懸念騒動・・・・日本政府は、借金をしてアメリカ政府の借金の肩代わりをするくらいなら、日本国内にバラマキをした方が、円高阻止になる

今日は、2011年(平成23年)8月 2日 火曜日

このところ円ドル相場が、史上最高値の円高水準に近づく
展開になっているが、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

円急騰、緊急対応へ 政府が介入を準備
(日経新聞 2011年8月2日 朝刊)


政府・日銀は、円相場が1日のニューヨーク外国為替市場で1ドル=76 円台に突入、
過去最高値(76円25銭)に迫ったのを受け、円高是正に向けた緊急策の検討に入った。
政府は円売り・ドル買い介入の準備を進め、日銀は追加の金融緩和に向け調整を始めた。
米国も日本の円売り介入を事実上容認する姿勢だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということで、
日銀が、円高阻止のため
円売り・ドル買い介入をやろうとしていて、
それをアメリカ政府が容認ということだが、
(アメリカは、景気対策で、輸出促進のためドル安志向であるが)

この背景には、アメリカ国債のデフォルト懸念騒動と格下げ懸念
があるのではないかとも思ったりする。

なんとかアメリカ議会では、
債務上限問題に関して、与野党が妥協して、
デフォルトの危機は回避できたが、
アメリカ政府としては、すぐにでも現金が必要で
国債を発行したらすぐに買ってくれるところが
必要なわけで、格下げ懸念があるなか、
日銀が円売り・ドル買い介入すれば、自動的に
アメリカ国債を買うことになるので、
アメリカ政府としては助かるわけである。

これまでも、日本政府と日銀は為替介入で
円売り・ドル買いをして、アメリカ国債を買ってきたわけだが、
その介入資金は、外為政府短期証券という国債を発行して
日銀に買ってもらって、つまり政府が借金をして
介入してきたわけだが、そうしても何度も介入しても
円高は止まらず、そして、円高ドル安のため
アメリカ国債で為替差損で、損をしていている。
アメリカ国債は、不景気による低金利で、以前ほど利回りは
高くなく、よりいっそう、為替差損が拡大する可能性がある。

そもそも、日本が円高になるのは貿易黒字が大きく、
それは国内の貯蓄過剰=消費と投資の不足=内需低迷
の裏返しで、その状態が解消されない限りは、
何度、日本政府が借金をして、円売り・ドル買い介入して
アメリカ国債を買って、アメリカ政府の借金の肩代わりをしても
結局、日本は損するだけだ。
政府が同じ借金をして国債を発行するなら、
円売りドル買いの為替介入でアメリカの借金の肩代わりをするよりも
日本国内にバラマキをした方が、
内需拡大⇒消費と投資の増加⇒貯蓄減少⇒貿易黒字減少⇒円安
につながって、輸出産業の空洞化を防ぐことになると思う。

今は、震災の復興のため、被災地に膨大な額のインフラ投資が
必要で、けちらず、一気に国債を大量発行して、国内の投資需要を
増やして、内需拡大をするチャンスだと思う。

そんなに借金が嫌なら、政府の借金にならない政府紙幣でも発行すれば
いいだろう。

そして、被災地で、ボランティアにタダ働きさせるよりも
被災地の失業者の方々に、政府がお金を出して、仕事をしてもらって、
給料を与えた方が、消費拡大につながると思う。


このブログ内の関連記事

バラマキ政策が日本を救う ~ 政府紙幣発行でばら撒けば大丈夫

被災地のガレキ処理や清掃はボランティアにタダ働きさせるのではなく、被災地の失業者にお金を払ってやってもらう方が良い

復興計画が遅れて工場再建できない企業に、政府はお金の面倒をみるべきだ


スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/2107-0d5c0c51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)