言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



被災地のガレキ処理や清掃はボランティアにタダ働きさせるのではなく、被災地の失業者にお金を払ってやってもらう方が良い

今日は、2011年(平成23年)6月 19日 日曜日

東日本大震災被災地への
ボランティアが足りないというニュースがあった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ボランティア足りない 参加のべ人数「阪神」の3分の1
(朝日新聞 2011年6月19日07時04分)


被災地でのボランティア減少に歯止めがかからない。震災後の3カ月間に
岩手・宮城・福島の3県で活動したボランティアはのべ約42万人で、
同時期に約117万人が活動した阪神大震災の約3分の1。「もはや関心は
風化したのか」という嘆きも聞こえてくる。

 各県のまとめでは、5月の大型連休には1日に1万人以上のボランティアが
集まった。だがこれがピークで、その後は一貫して右肩下がり。震災3カ月の
節目にやや上向いたが、学生ボランティアが増えると見込まれる7月まで
再び減少傾向が続くと見られる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということだが、東北の被災地では、震災で職を失った方々が多くいる。
例えば、がれき処理を被災地以外の方々のボランティアというタダ働きで
やってもらうのではなく。被災地で職を失った方々に
公共事業として賃金を払ってやってもらう方が、被災者の経済的自立と
経済復旧につながると思う。
被災地で、仮設住宅の入居に当選しても、食料や光熱費を払うお金がないため
仮設住宅に入居しないという事態が発生しているが、ガレキ処理や町の清掃に
そのような方々を雇えばそのような事態の防止できると思う。

そのようにして所得を得た被災者の方々が、地元に日常生活に必要な物資を
購入することで、地元の経済が回り出していくと思う。

そのために、政府はどんどん国債か政府の借金にならない政府紙幣を発行して
お金を供給すべきだ。生産力過剰のデフレギャップが大きい日本で
バラマキをどんどんしても、大幅なインフレは発生しないと思うので、
上記のことはどんどんすれば良いのではと思う。

このブログ内の関連記事

震災復興を遅らせている政府の財政支援の遅さ・・・カネ余りの日本の今、とっとと国債発行すれば良い、借金が嫌なら政府自身が紙幣をすれば良い

ポスト管、野田財務大臣と小沢鋭仁前環境相が浮上、増税志向の野田氏より脱デフレの小沢鋭仁氏の方が良さそうだなあ

バラマキ政策が日本を救う ~ 政府紙幣発行でばら撒けば大丈夫
スポンサーサイト

テーマ:東北地方太平洋沖地震 - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/2063-b0a766a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)