言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



南シナ海で、中越間の緊張高まる・・・日本にとって、他人事でない大きな事態

今日は、2011年(平成23年)6月 16日 木曜日

このごろ、南シナ海の諸島の領有権をめぐって、
中国とベトナムの緊張が高まっている。

先月の5月26日にベトナム東沖の南シナ海で、調査活動中の同国探査船のケーブルを
中国の監視船が切断する 事件があり、
さらに、今月の6月9日に南シナ海のベトナムの排他的経済水域内で
海底地質調査を行っていたベトナムの探査船が中国漁船に妨害されるという事件があり、
それを受けて、ベトナム海軍は
今月の6月13日に中部クアンナム省沖合の南シナ海で実弾を使った演習を行った。
それに対して中国は反発。

そして、ベトナム政府は15日に、1979年の中越戦争以来となる
徴兵令を発して、いざ、中国との戦闘になった場合の備えを整え出している。

そして、来月にはベトナムは米軍と
ベトナム中部ダナン沖の南シナ海で合同演習を行う。

このように南シナ海の緊張が高まって来ている。

この南シナ海の緊張は日本とは2つの意味で大きく影響する。
1つ目は、南シナ海は日本からインド洋への航路であり、
中東からの石油タンカーが通過していて、南シナ海で
大規模な戦闘が発生するとそれらの船の航行に大きく影響する。

2つ目は、中国の領土拡張志向は尖閣諸島の問題に直結する。
ある報道では、尖閣諸島の持ち主の日本の個人に中国関係者が
40億円で買い取ろうと持ちかけていたという情報もある。

それができなくても、いろいろな手段を使って、尖閣を中国のものに
しようてしてくるだろう。

スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/2060-f5a54ec4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)