言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



東電の責任否定する与謝野大臣よ、人間としては最高の知恵を働かせて福島原発に大津波が来ると指摘されていたのだよ・・・・そして、与謝野発言は閣内不一致ではないか

今日は、2011年(平成23年)5月21日 土曜日


東電の原発事故の賠償問題に関して、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

福島原発事故は「神の仕業」=東電の責任否定-与謝野経財相
(時事通信 2011年5月20日 11時2分)


 与謝野馨経済財政担当相は20日の閣議後会見で、
東京電力福島
第1原発事故は「神様の仕業としか説明できない」と述べた。
同原発の津波対策に関しても「人間としては最高の知恵を働かせ
たと思っている」と語り、東電に事故の賠償責任を負わせるのは不当
だとの考えを重ねて強調した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、津波は想定外のことで、東電に賠償責任はないということだが、
独立行政法人「産業技術総合研究所」の岡村行信活断層・地震研究センター長が
869年の貞観地震による大津波で
福島第1原発近くの福島県浪江町にも痕跡を確認して、
2009年の審議会で、福島原発を大津波が襲う危険性を指摘していたのだ。

大津波、2年前に危険指摘 東電、想定に入れず被災
(西日本新聞 2011年3月26日 22時48分

)より

そして、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
想定外の大津波「50年以内に10%」 東電06年発表
(朝日新聞 2011年4月24日8時5分)

東京電力は、福島第一原発に、設計の想定を超える津波が来る確率を
「50年以内に約10%」 と予測し、2006年に国際会議で発表していた。
東電は「試算の段階なので、 対策にどうつなげるかは今後の課題だった」と
説明している。

東電原子力・立地本部の安全担当らの研究チームは福島原発を襲う津波の高さを
「確率論的リスク評価」という方法で調べ、06年7月、米国であった原子力工学
の国際会議で 報告した。

(中略)

東電によると、福島第一原発は5.4~5.7メートルの津波を想定している。
だが報告書によると、今後50年以内にこの想定を超える確率が約10%あり、
10メートルを超える確率も約1%弱あった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、東電自身も大津波の可能性を少ない確率ながら想定できていたのだ。
与謝野大臣は
津波対策に関して「人間としては最高の知恵を働かせた」と言っているが、
人間として最高の知恵を働かせて、大津波の危険性を指摘していた人が
いるのだ。その指摘を外部の専門家や東電自身がわかっていたのに
その対策を取れていなかったのは明白だ。

そして、与謝野大臣は「東電に賠償責任はない」と言っているが、
枝野官房長官は、責任は東電にあると言っていて、内閣として
それを前提に対応しているが、与謝野氏は現役閣僚であり
閣内不一致ではないか、ここは国会で突っ込んで欲しい。


このブログ内の関連記事

1%の確率の大津波が福島原発の大事故を・・・営利企業が1%の確率のためにコストをかけるのか否か
スポンサーサイト

テーマ:原発事故 - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/2034-9d3ae371
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)