言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



福島第一原発1号機、津波だけでなく、地震そのもので冷却機能喪失か

今日は、2011年(平成23年)5月15日 日曜日


東京電力が1号機がいわゆるメルトダウンしていた
ことを認めたことを受けて、

一昨日の記事で、
中村審議官の言ってた通りのメルトダウン・・・圧力容器に穴は開いたのは、地震の影響もあるのか
と書いたが、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1号機、津波前に重要設備損傷か 原子炉建屋で高線量蒸気
(西日本新聞 2011年5月15日 2時9分)


東京電力福島第1原発1号機の原子炉建屋内で東日本大震災発生当日の3月11日夜、
毎時300ミリシーベルト相当の高い放射線量が検出されていたことが14日、東電関係者へ
の取材で分かった。高い線量は原子炉の燃料の放射性物質が大量に漏れていたためとみら
れる。

 1号機では、津波による電源喪失によって冷却ができなくなり、原子炉圧力容器から高濃度
の放射性物質を含む蒸気が漏れたとされていたが、原子炉内の圧力が高まって配管などが
破損したと仮定するには、あまりに短時間で建屋内に充満したことになる。東電関係者は「地
震の揺れで圧力容器や配管に損傷があったかもしれない」と、津波より前に重要設備が被害
を受けていた可能性を認めた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということだが、津波の前に地震そのもので、圧力容器や配管に損傷があったということは
もうその時点で、冷却水が漏れていた可能性がある。

NHKの過去のニュースで

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1号機 震災の夜に燃料露出直前
(NHK 2011年4月8日7時17分)*魚拓のページです


1号機から3号機では、地震と津波によってすべての電源が失われ、2号機と
3号機では非常用の装置で原子炉を冷やし、水の高さが4メートル前後に維持
されていました。これに対し1号機では、地震当日の夜までに、すでに安全の
ために最も大切な「冷やす機能」を十分に保てなかったことになります。
また核燃料が水から露出するまで、2号機と3号機では、地震から

1日半から3日程度かかっているのに対し、1号機では18時間ほどしか
ありませんでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、1号機が2号機と3号機よりも燃料棒が水から露出する時間が
早くなっていたということだが、これから見ても、
1号機の圧力容器や配管が地震そのもので損傷して、冷却機能を失って
いた可能性をうかがわせる。

圧力容器に関しては、圧力容器底にある制御棒挿入部分のさや管の溶接部分が
弱くて、そこから水漏れしている可能性も指摘されたりしている。

津波だけでなく地震そのもので冷却機能喪失をしてしまった可能性もあるので
浜岡原発再開をする場合、津波だけでなく、もう一度、耐震でチェックする
必要があるだろう。

2号機と3号機はどうだったかわからないが、地震に耐えたとしても
津波によって非常用電源が喪失してしまったのが致命的になったのだろうと
感じる。

スポンサーサイト

テーマ:原発事故 - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/2028-c8116609
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)