言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



西日本での過度な自粛は、結果的に、東北関東大震災の復興のためにならないのでは

今日は、2011年(平成23年)3月14日 月曜日

東北関東大震災で、私が住む西宮市を始め
阪神間など西日本でもいろいろなイベントが中止になる
自粛ムードが広がっていて、
今日は西宮ガーデンズの西宮阪急で開催予定の
ファッション誌関係のイベントが中止されていた。

西宮市で直撃の体験を受けた阪神大震災での
個人的な体験を思い出した。

1995年1月17日に西宮市の下宿屋が
傾いて、翌日に電車で、30分もかからない
大阪梅田に出たが
大きな被害がない大阪の中心地は
いつも通りの賑やかさであった。

そのいつも通りの賑やかな
大阪に住む先輩の部屋にお世話になった。

そのいつも通り賑やかな大阪から
被災地の阪神間に多くの方々が救援にきた。

いつも通り賑やかな町は
被災地よりも元気があり、
人を助ける余裕がある。

例えば、ファッションショーのイベントは
イベント開催の場所代やそれに触発されて
服を買ったりして経済活動につながってくる。

いつも通り賑やかな町のイベントでは
いろいろな消費がなされ、消費税となったり、
事業収益の法人税となったり、お給料で所得税となって
政府のお金になる。

税金で集められた政府のお金は被災地の救援・復興の
お金になる。

そう思うと、あまり過度な自粛は
被災地の復興のお金の元を小さくしてしまうことに
なるのではと思う。

何かいつも通りのイベントなどを開催したら
たくさん人が集まるのだから、そこで
被災者のための募金をすればいいのではないかな。

私は阪神大震災の時、義援金のお世話になった。
募金箱に募金しようっと。


このブログ内の関連記事

東日本の日本海溝沿いの巨大地震と長野・新潟と秋田沖の地震・・・東北地方太平洋沖地震が日本海側の北米プレートとユーラシアプレートの境界沿い地震を誘発させているのか?
スポンサーサイト

テーマ:東北地方太平洋沖地震 - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/1966-3228b22a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)