言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



リビアの凄惨な激闘・・・狂犬(強権)を打倒達成すれば、経済大国となった一党独裁国に波及するだろうか?


今日は、2011年(平成23年)2月22日 火曜日 

チュニジア、エジプトと民衆による革命で政変が発生した国の
間に挟まれたリビアで、カダフィ大佐退任を求めるデモと
それを鎮圧するカダフィ政権との衝突が激しさを増し、
リビアの東側は、反政府側が支配する一方で、
首都トリポリでは、デモ隊に対して、軍が空から攻撃を加えたり、
外国からの傭兵を雇って、デモ隊を殺戮している。

この政府の強硬姿勢に反発して、リビアの各地の大使が
辞任したり、国民を攻撃することを拒否した空軍のパイロットが
空軍機で亡命したりとリビア政府内でカダフィ大佐への離反が
強まっている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
カダフィ大佐、退陣拒否=将校団が反乱か-リビア
(時事通信 2011年2月22日12時32分)


ロイター通信が中東の衛星テレビ局アルジャジーラの報道として21日
伝えたところによると、リビア軍の将校団は声明を出し、兵士に対し、
カダフィ大佐を排除するため、民衆に合流するよう呼び掛けた。将校団が
反乱を起こしたとすれば、カダフィ体制は危機的な状況を迎えることになる。
将校団は声明の中で、全軍にトリポリに向けて進軍するよう求めた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、軍で、カダフィ大佐への反乱を呼び掛ける動きが出てきたが、
カダフィ大佐もこれほどの虐殺をすれば、敗北すれば命がないと
考えているだろうと思われ、また、カダフィ大佐の指示に従っていた
傭兵達も同様に考えているだろう。そうなると、
双方ともに激烈な戦いになり、
さらに相当な流血の事態となりそうだ。

もし、狂犬と言われ、国民に対して空軍を投入して弾圧をするような
独裁者が民衆によって倒されたとしたら、他の中東諸国にさらに革命が
波及する可能性が高まり、かつ、共産党の一党支配の
中国でも、民主化を求める動きが出てくるかもしれない。


このブログ内の関連記事

ムバラク大統領辞任、エジプト革命の花火の映像は、もし21世紀末にも「映像の世紀」が放送されたら、2011年の歴史的事件の記録として、使われそうだなあ

イラン艦隊、1979年イスラム革命後初のスエズ運河通過でイスラエル反発・・・エジプト革命後、早速、中東戦争のリスクが表面化

スポンサーサイト

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/1946-30fa5710
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)