言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



菅首相、権力維持のためにTPPをネタに解散総選挙をするのはやめてくれ!!・・・負け戦の玉砕でもしたいのかなあ

今日は、2011年(平成23年)2月20日 日曜日 

はあ、菅首相、権力維持のためにTPPをネタに
解散総選挙をするのはやめてくれ!!
まあ、やれるものならやってみろ、大敗して、総理大臣を
辞めさせられるだけだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「一体改革示し解散」 首相、退陣論けん制
(東京新聞2011年2月19日 夕刊


 菅直人首相が、衆院解散・総選挙に関し「社会保障と税の一体改革と、
環太平洋連携協定(TPP)の今後の在り方を示した上で、国民の信を問う」
と周囲に語っていたことが、十九日分かった。民主党内では、首相の早期退陣論が
急拡大している。首相の発言は、自らが一体改革をまとめる決意を示すことで、
退陣観測を沈静化させるとともに、解散をちらつかせて野党をけん制する狙いがある。

 消費税を含めた一体改革とTPP交渉参加については、六月に政府が案をまとめる方針。
各種世論調査では、一体改革やTPP参加を支持する声が多いことから首相は、
これらを争点に解散に踏み切れば、勝機もあるとみている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TPP、そのものが本当に国民にメリットがあるのかないのか
デメリットの方が多いという認識が広まりつつあるが、
そんな国民生活に大きく関わるようなこと、それもデメリットを受ける
可能性があるのに、まあ権力維持のためにそれをネタに
解散総選挙をちらつかせるなんて。

そして、TPPに参加の支持が多いというが、
2月11日のNHKの「そこが知りたい」双方向解説のの番組でアンケートで、
視聴者の62%が反対し、6割ぐらいがTPPで経済成長につながらないと
答えているのを知らんのか。

そして、4月に統一地方選挙を控え、菅内閣の低迷で民主党大敗が予想されているが、
その地方議会で、全国の都道府県と政令市議会で「反対」「慎重」7割に
達しているのは知らんのかね。

TPP推進したら、より一層、統一地方選挙で大敗するよ。
また、特に地方なんかは、地縁、血縁など昔ながらの議員の基礎票が強いのに。

そのようなこと認識できないなんて、菅首相はどのような思考回路を
しているのか。はっきり言って、まともな情勢分析ができなくて、
まともな判断を下せなくなっているのではないか。
増税路線の与謝野氏を内閣に迎え入れたとおもいきや
増税大反対の社民党に協力を求めたり、首尾一貫性がなく
まともな戦略的判断をできなくなっていると思う。

まるで、勝てる見込みがないのに対米戦争に突き進んだ
昭和16年の日本政府みたいだ。
玉砕でもしたいのかね。

こんな判断力がまともではない人が総理大臣をしたら、
さらに、日本は外交で負けまくるよ。
別に総理大臣が玉砕するのはかまわんが、国民を巻き込まんといてくれ!!

菅総理はとっとと総理を辞任することが国益であり、
それは、菅総理のこれ以上の名誉失墜と精神的な病気を
防ぐため、本人のためでもあると思う。


このブログ内の関連記事

民主党16名会派離脱・・菅内閣倒閣運動・・学生は菅内閣の本質を見抜いている・・国民から見放されても辞めないなら、菅総理は、人生の強制終了を招くかもしれないですよ

名古屋トリプル選挙、民主惨敗・・菅内閣倒閣運動になるか?・・・地方議会の課題について

小沢氏政治資金規正法事件での元秘書の議員初公判・・・無罪が濃厚だとされるが、判決が出るころ菅内閣は存在しているだろうか?

スポンサーサイト

テーマ:民主党・菅直人政権 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/1944-39fc6b97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)