言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



商売人が次々と生み出す新しい恵方巻で、季語化するまで定着するものは生まれるか

今日は、2011年(平成23年)2月3日 木曜日 

今日は節分の日、
節分の日に、あほう巻ではなくて、恵方巻を
食べる習慣が、21世紀以降全国的に急速に
広がったが、

1月26日に、ローソンに行ったら、


まるで恵方巻ロール

というロールケーキがあったので

まるで恵方巻 110126_1205~001

買ってしまい
お昼に食べた。

まるで恵方巻 110126_1207~001

表面の海苔部分は竹炭入りの生地になっていて、
またそれをソフトなスポンジ生地に、
粒チョコとホイップクリ―ムとともに巻き込んで
いて、食べてみたら、まあおいしかった。

まあ、恵方巻にちなんで、いろいろな商品を考えるもんだと
思うが、
恵方巻が21世紀以降全国的に急激に広がったのも
当ブログの記事

節分 ~~ 鬼は外!は陰陽五行が由来! 恵方巻は大阪商人とセブンイレブンの商売根性が普及させた!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恵方巻の行事は、明治の中期ごろには、一旦廃れたのであった。ところが、
1977年に大阪海苔問屋協同組合が道頓堀で行った海苔の販売促進行事で、
恵方巻が復活する。その行事で「節分の丸かぶり」を取り入れた「巻き寿司早食い競争」
が行われ、それがマスコミに取り上げられて全国に知れ、全国主要都市の「海苔祭り」
でも宣伝されるようになる。

ただ、節分の恵方巻の行事を全国的に広めたのは、コンビニのセブンイレブンである。
1989年に、セブンイレブンの広島県の加盟店オーナーが、「節分の日の恵方巻」
を発案し、販売を開始したところヒットした。翌年より販売エリアが広がり、
1995年には関西以西の地区、1998年には全国エリアで販売するようになる。
このヒットを受けてローソンが2001年より、
ファミリーマートが2003年より全国販売を開始し、
2003年以降、主要コンビニで全国販売が行われることとなった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と書いたように、商売人が儲けたいための動きにより、
バレンタインデーチョコのように日本全国で習慣化したようなもので、

「まるで恵方巻」というロールケーキも出てくるわけで、
もし、これが定着するようなものになると、
マクドナルドの月見バーガーのように季語に
なってくるかもしれない。


ちなみに、恵方巻は、歳徳神(としとくじん)という
美人な神さんがいる方向に食べるのですが、
今年は、「十干(じっかん)」と「十二支(じゅうにし)」の
第28番目の辛卯(かのとう・しんぼう)
の年であるが、辛(かのとう)の年は
南南東やや右に、美人な神さんがいるようだ。


このブログ内の関連記事

十干・十二支にちなみ甲子園の名前の由来
甲子園~きのえねの生まれの甲子園誕生のきっかけは洪水対策と国道2号線改良工事だった!

2月3日ということで、
2月3日の出来事・・・1972年(昭和47年)2月3日 アジア初の冬季オリンピック「札幌オリンピック」開会       

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/1927-669c2366
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)