言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



今日から2011年2月、先月は平年よりも寒い1月であったが、昼間の時間が長くなり、お日様の熱でだんだん春にむかっていくだろうなあ

今日は、2011年(平成23年)2月1日 火曜日 

今日から2月、今から1ヶ月前の今日は、
「あけましておめでとう」と言っていたが、
今年も1ヶ月過ぎたわけである。

その先月の1月はとても寒かったが、
私の生活圏にある
京都市、大阪市、神戸市の1月の
各日の平均気温、最高気温、最低気温の平均値が平年値よりも
低かった。

3都市の今年の1月の平均気温、最高気温、最低気温の平均値
を見てみる。平年値との差は、各気温表示の後のカッコ内に示す。

京都
 平均気温  2.8℃(-1.8℃)
 最高気温  7.5℃(-1.4℃)
 最低気温 -0.7℃(-1.7℃)

大阪
 平均気温  4.4℃(-1.5℃)
 最高気温  8.1℃(-1.3℃)
 最低気温  1.0℃(-1.5℃)

神戸
 平均気温  4.2℃(-1.5℃)
 最高気温  7.8℃(-1.2℃)
 最低気温  1.1℃(-1.5℃)

と、各都市とも平年値よりも1℃以上気温が低くなっている。

京都市、大阪市、神戸市の1月の各日の最高気温で、平年値を越えた日と
10℃以上になった日を見ると、

京都
 10℃以上  2日
 平年以上   4日

大阪
 10℃以上  1日
 平年以上   4日

神戸
 10℃以上  2日
 平年以上   8日

10℃を越えた日は、京都市、大阪市、神戸市の3都市では1~2日、
平年以上の日が、神戸が8日、京都と大阪が4日と
1か月のうち4分の3以上の日が、最高気温が平年以下ということで、
いかに今年の1月が寒い1月であったかを示している。

今日から2月であるが、冬至であった昨年の12月22日に比べて、

大阪を基準にして、
日の出時刻が 
 2011年 2月 1日  6時57分
 2010年12月22日  7時01分  
と4分早くなり、

日の入時刻
 2011年 2月 1日 17時27分
 2010年12月22日 16時51分
と36分遅くなり、

合計で40分、日が出ている時間が長くなっており、
それだけ、北半球で太陽からの受ける熱量が増えてきて、
分子活動が活発化して、気温が高くなっていく準備ができていて、
予報では、明日以降は最高気温が10℃以上の2月下旬~3月半ばころの
最高気温まで上がると予報されていて、
この2月は、先月の寒い1月から一転して、春の到来を予告させるような月に
なりそうで、だいたい2月になれば春一番が吹くので、南からの暖かい空気が
持ち込まれるくるだろう。


このブログ内の関連記事

2011年1月16日の記事
阪神間で、氷点下2度以下まで冷え込む、7~8年ぶりの寒さ

2011年1月31日の記事
2011年の寒い1月の晦日の朝は、寒い月を締めくくるようなとっても寒い朝であった

2月 「如月」と「February」の語源は? そう言えば、2月はどうして28日までなのか?

春一番~雪が解けて川になって流れて行きます


スポンサーサイト

テーマ:気象 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/1925-ec210603
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)