言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



2010年(平成22年)の3大ニュース・・・・菅内閣のていたらく、検察の権威失墜、メディア革命

今日は、2010年(平成22年)12月 31日 金曜日 大晦日

2010年(平成22年)は今日で終わりということで、

このブログ、年末恒例の今年の3大ニュースを書いてみる。

1位 菅直人政権の誕生とその後のていたらく
2位 大阪地検特捜部の証拠改竄発覚と裁判員裁判での死刑求刑に対する無罪判決
3位 メディア革命~ウイキリークス、尖閣ビデオ、大桃美代子のツイッター

3位の
メディア革命~ウイキリークス、尖閣ビデオ、大桃美代子のツイッター
であるが、
マスメディアからインターネットからの情報発信源の大きさが増した
ということである。

特に、ウェッブサイト「ウイキリークス」が各国の外交機密文書を入手して、
それを次々と暴露して、多くの一般人が知ることとなった
ことに、
外交の911だ!
という表現が出るほど、
各国政府は衝撃を受けた。


また、9月に発生した尖閣諸島沖での海上保安庁巡視船に
対する中国漁船衝突事件で、中国漁船が巡視船にぶつけた
様子の動画を
国民の多くが公開すべしと判断していたなか、
菅内閣が非公開としたことに対して、
ある1人の海上保安官が、神戸のマンガ喫茶から
You Tubeに投稿して、
国民の目に触れることとなった。
この、海上保安官は、その動画を
国内のマスメディアではなく、
まず、CNNに無記名で投稿したが、
公開もされなたったため、
自ら、インターネットの動画投稿サイトYou Tubeに
投稿することとなった。
まさに、マスメディアのスクープではなく、
インターネットから政府が非公開扱いした動画が
発信されるという事態になった。

そして、12月、芸能人の
大桃美代子さんが、前夫が麻木久仁子さんと不倫していたことを
ツイッターで暴露して大騒動となった。

大桃美代子さんの会見で、テレビ関係の芸能レポーターが
「ツイッターで、云々」と、ツイッターで暴露したことに
対して、批判的なトーンで詰問することに対して、
インターネット上の掲示版で
「ツイッターで暴露されたことに対するテレビメディアの焦りでは」
という感想を抱く、コメントが多々見られた。


2位 
大阪地検特捜部の証拠改竄発覚
であるが、
まあようやく、特捜検察の冤罪製造体質が
多くの国民の目に明らかになったかと思った。

大阪地検特捜部に逮捕・起訴された
厚生労働省の局長であった村木さんは、
無罪が確定したが、その捜査過程で、
大阪地検特捜検事が
フロッピーディスクの日付を改竄したのであるが、
そこまで露骨なことでなくても、
今まで、特捜検察は、

被疑者やその被疑者の周りの方々を
密室の取り調べの中で、
いろいろな圧力をかけて、
特捜検察が描いたストーリーに
無理やり供述させることをしていた。
無理やり供述させられたことを裁判の公判で
証言しても、それが認められず、
有罪や実刑判決になる場合が多々あった。
それは、村木さんの事件で弁護士をと務めた
弘中弁護士が担当した鈴木宗男事件がそうである。

昨年の3大ニュースの2位は
「足利事件再審と飯塚事件、そして、裁判員制度開始」
と司法関連のニュースであったが、
今年12月に、
奄美大島での老夫婦殺害事件で、検察が死刑を求刑する中
被告人の現場の指紋や細胞片のDNA型を物的証拠としたが
それ以外は被告の生活など状況証拠で、
被告人は否認していた裁判員による裁判で、

指紋の採取活動が写真撮影されていないなど、真相解明に必要な捜査をしたか疑問が残る
有罪を立証するのは検察側の責任であり、それが不十分で疑問が残るなら罰することはできない
という「疑わしきは被告人の利益に」という近代司法の大原則を
貫いたこの裁判員達の賢明さに敬意を表する。
もしかしたら、数々の冤罪事件が無罪判決に影響していたのかなあと
思ったりもする。

1位
菅直人政権の誕生とその後のていたらく

昨年の3大ニュースは
政権交代で、民主党政権誕生、不況感抜け出せない中で
であったが、鳩山内閣が普天間基地問題で躓いて、
7月の参議院選挙での苦戦を心配する党内の声も受け、
総辞職した後に成立した菅直人内閣であるが、
何を思ったのか、唐突に

消費税増税路線とも受け取れる発言をして、
財務省の完全に取り込まれたと感じさせた
菅直人内閣は
その後支持率は降下して、
参議院選挙で民主党は大敗した。

参議院選で大敗すれば、
内閣総理大臣をいずれ辞任すると思われるが
菅直人総理大臣は、続投して、
9月の民主党代表選挙では、小沢元代表と
マスコミの反小沢論調のサポートも受け
当選して、そのまま総理大臣を続けることに
なった最中、
尖閣諸島の中国漁船衝突事件で
外交戦略もないまま、中国に対して強硬路線で
行こうとした結果、、
中国からレアアースの輸出停止など
次々と中国から強硬な外交カードを切られて、
腰砕けになって、
事実上、内閣が指揮権発動をしていたにも関わらず、
責任を那覇地検に押し付けて、中国人船長を
解放して、対中外交敗北を国内外に印象づけるという
最悪の結果を招いたことで、
支持率は急降下していったが、

「石にかじりついてでも総理を続けたい」と
総理大臣という地位に菅直人総理大臣は執着したままの中、
内閣支持率は20%台となり、各地方自治体の選挙で
民主党は負け続けていて、
昨年の総選挙で、10年は政権復帰はできないとも言われた自民党が
次の総選挙で政権復帰の希望を抱かせる状況となってきた。

来年の大晦日の時、恒例の3大ニュースを書く時には、
菅直人内閣が終わったことを前提で書いていることになると
予想するが、
もし、その時も、菅直人内閣が続いていたら、驚きであり、
国民にとって不幸なことだと思う。


このブログ内の関連記事

この記事を書いている日が大晦日なので・・・・大晦日の語源について
大晦日~お月様がこもって夜は真っ暗


過去の3大ニュース

2005年
今年の3大ニュースとアメリカ(新自由主義)

2006年(このときは、1つのニュースのみ)
今年の最注目ニュース~ドル離れが進む世界

2007年
2007年の3大ニュース「サブプラムローン問題」「参議院選挙」「消えた年金」 ~ 来年以降の情勢にも大きく影響を及ぼす問題である 

2008年
2008年の3大ニュース「世界金融危機とオバマ氏米国大統領へ」「秋葉原通り魔殺人事件」「毎日新聞Waiwai事件とマスコミ各社の赤字」・・・昭和20年に続き平成20年も激動の年に、金融危機は来年以降の世界史的な大事件になっていきそうだ

2009年
2009年(平成21年)の3大ニュース・・・・今年は国内ニュースばかり、やはり、1位は皆さんが思う通りのことがらです

スポンサーサイト

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/1893-95ebb621
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)