言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



日和(ひより)の語源・・・・日光は太陽がある方向から・・・「日和」という表記になった理由はを知れば・・・

良いお天気のことを「日和(ひより)」と言うが、
どうして「ひより」と言うのだろうか?

そのもともとの語源は「日寄り(ひより)」だという。

「寄り」は、天気予報で
「東の方からの風」という意味で、「東よりの風」と言われるように
「より」には「方向」という意味がある。

つまり、
「日寄り」というのは、
「太陽の方向」で、太陽が出ていることから、
海で天気の良い時に、「日寄り」という言葉が
使われていたそうだ。


さて、その「日寄り」が「日和」という漢字表記になったのか?

その説明のためには、万葉集を見る必要がある。

万葉集の歌で、

飼飯(けひ)の海の 庭好くあらし 刈薦(かりこも)の 
                   乱れ出づ見ゆ 海人の釣船 
  (巻3-256) 

と柿本人麻呂の歌がある。「飼飯(けひ)の海」とは兵庫県の
淡路島の東の海のことで、

飼飯の海の海面は穏やからしい。刈りとった鷹のように
海人の釣り船が数多く入り乱れて漕ぎだしていくのが見える


そのような意味文を見ればわかると思うが、
「庭」という文字は「海」の意味であり、
その「庭」を万葉仮名では「日和」という字があてられていた。

ところが、後世の人たちが、その「にわ」の意味の万葉仮名「日和」を
海面をいふ場合に於いて特に
「日の和げる」というように解釈を誤ってしまい、それにより
「日が穏やか」という意味に勘違いしてしまい、
海で天気の良い時を意味する
「日寄り」と同じ意味として「日和」があると思ってしまい、
海の良い天気の意味として「日和」という表記がなされるようになった。

やがて、海の天気を意味するものだけから、次第に、
天気一般のこととして、
「日光が注ぐ良い天気」の意味として
「日和(ひより)」と言うようになったそうだ。


このブログ内の関連記事

天気の語源
天気 ~ 天に満ちている霊気・精気

「晴れ」「曇り」「雨」の語源
雨は天の恵み、天照大神様が籠もると曇りになり、雲が払われると晴れてくる

「風」の語源
風・wind  ~ 風は神の息吹  風の語源は・・・・・ 

スポンサーサイト

テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント

こんにちは、書き込みさせていただきます。

娘が生まれまして、名づけ時に
 海 にちなんだ名前が付けたい

などと密かに思っておりましたが
海の近くに住んでいるわけでもなく
主人と自分が海のある地区の出身者
というわけでもなく

なんだかんだとありまして
結局 海 にちなんだ名前にすることなく

よく晴れた正月生まれだったので
和風な名前を付けようとなりまして
日和 と名付けました。


それから数年経った昨年
「日和」の検索をしていてこのページを見つけました。

~*~*~*~

「庭」という文字は「海」の意味であり、
その「庭」を万葉仮名では「日和」という字があてられていた
~*~*~*~

という部分を読んで

本当に偶然というか、たまたま付けた「日和」という名前が直接ではないかもしれませんが
「海」の意味を表すと知り

本当に嬉しかったというか

何も知らなかったけれども、
海にちなんだ名前をつけていたということなんだなと知りました。

由来を書いてくださってありがとうございます。
知らずに「海にちなんだ名前つけたかった」とか
思いながら暮らさずに済みました(笑)


本来の意味とは違っているのかもしれませんが
日和が海を表す ということを知ることができて良かったです。

これから先は日和の名前の由来を言う時

日和というのは…
万葉集の柿本人麻呂が詠った…

というような説明を加えてみたりしたいと思います。

いつか「飼飯(けひ)の海」を見に行けたらと思います。

ありがとうございました。
【2016/05/15 00:37】 URL | PIYORI #-[ 編集]

PIYORIさん、思いのこもったコメントありがとうございます。
自分の楽習(がくしゅう)のため趣味のためやっていたことが、
このようにPIYORIさんのお役に立てて光栄です。
娘さんは「日和」さんというお名前なのですね。

その「日和」という言葉を見聞きすれば、
穏やかで和やかという印象をいだきます。

ちなみに、海に関することで、当ブログで
「太平洋」の語源に関することを書きました。
世界最大の海の「太平洋」の語源をたどると
まさに、穏やかで和やかという感じがします。
ただ、昭和16年から昭和20年までのあいだ、
その語源の由来とまったく反対の出来事がありました。
太平洋の語源を知ったとき、そのことをすぐに
思い出しました。
世の中、荒れても、穏やかで和やかな日を照らす
ような気持ちはもっていたいですね。

太平洋の語源については次のページにあります。
ご興味あればごらんください。
http://kuwadong.blog34.fc2.com/blog-entry-445.html
【2016/05/15 18:19】 URL | くわどん #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/1355-946fb4d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)