言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



2008年の3大ニュース「世界金融危機とオバマ氏米国大統領へ」「秋葉原通り魔殺人事件」「毎日新聞Waiwai事件とマスコミ各社の赤字」・・・昭和20年に続き平成20年も激動の年に、金融危機は来年以降の世界史的な大事件になっていきそうだ

今日は2008年12月31日の大晦日
今日で2008年が終わる。

このブログを書き始めて
4回目の大晦日であるが、
過去3回の大晦日のうち2回
その年の3大ニュースを上げているが、
本年の大晦日

今年の3大ニュース

をあげる。


1位 リーマン破綻による世界金融危機とオバマ氏米国大統領へ
2位 秋葉原通り魔7名殺害事件
3位 毎日新聞Waiwai事件とマスコミ各社の赤字・減益決算


以上のその3つである。

今年の3大ニュースを3位から順にレビューしてみる。


3位 毎日新聞Waiwai事件とマスコミ各社の赤字・減益決算

特に、毎日新聞Waiwai事件に関しては、
テレビや新聞のニュースだけしか見聞きしていない人にとっては
この事件の存在そのものを知らず、
どうして3大ニュースになるのかわからない人も
いると思うが、インターネットでニュースを読んでいる人にとっては
有名な事件で、
インターネットとマスメディアの関係性を根底からひっくり返す
歴史的な事件と言えるニュースである。

毎日新聞社の英語報道メディアMainichi Daily Newsの
コラム「WaiWai」において、
外国人記者が、週刊誌から引用した
事実に基づかない
異常な性的嗜好を話題にした記事を長年にわたり配信し
続けていた。そのことが今年の4月過ぎからネットユーザーで
日本の大新聞社が載せている記事を読んだ外国人が、
これが日本の実情だと誤解を招くとして
批判が巻き起こり、
特に2ちゃんねるのニュース速報版や既婚女性のスレットでは
猛烈な批判が巻き起こり、それに対して、
毎日新聞が

「インターネット上には、今回の処分とは全く関係のない複数の女性記者、
社員個人の人格を著しく誹謗(ひぼう)・中傷する映像
や書き込みが相次いでいる。毎日新聞はこうした名誉を棄損するなど
明らかな違法行為に対しては、法的措置を取る方針でいる。

と書いたことが、
ネットユーザーの対しての宣戦布告として捉えられ、
毎日新聞にとって都合の悪い批判をするものに
対して、毎日新聞が言論弾圧をするよう捉えられ
それで強い反発をさらに招いた結果、
毎日新聞の広告主に抗議の電話をする「電凸(でんとつ)」が
200社以上の企業や組織に対して
大がかりで行われ、その結果、
マスコミ各社のウェッブサイトなどに
広告を配信するアドネットワークを運営しているヤフーが、
多くの広告主からの依頼を受け、
毎日新聞のウェッブサイトの毎日jpへの広告配信が停止され、
「毎日jp」の広告が激減し、
毎日jpの広告スペースの大半が自社広告で埋め尽くされる
事態となった。
さらに、広告主の広告出稿停止はウェッブだけでなく
毎日新聞の紙媒体まで広がり、毎日新聞に大きな打撃を
与えた。

これはインターネットという新しいメディアを介して
不特定多数の者たちの自発的な動きにより
旧来のメディアである大マスコミの新聞社に
大打撃を与えるという歴史的な事件である。

この大きなインパクトのある事件がマスコミで大きく報道されて
いない理由は毎日以外の他のマスコミ各社は
「次はうちがやられるのではないか」という不安と恐怖を抱いている
ことが背景にあるとも言われる。

また、毎日新聞への広告が停止された背景には、
景気後退により、広告予算が削減され、かつ、
インターネットメディアの台頭でさらに新聞広告の予算枠が
小さくなっていることがあった。

その景気後退による広告費の削減により
毎日新聞だけでなく、朝日新聞や産経新聞の半期決算が
赤字になるという事態になってきた。

既存メディアがこのまま生き残ることができるのかという
見方も出てきている。

今まで、大不況による痛みとは無縁のように思われ、
高い所得を得てきた大マスコミの社員にも
痛みが襲いかかってくるということになりそうだ。


2位 秋葉原通り魔7名殺害事件

2008年6月8日12時30分ごろ
派遣社員の加藤智大被告が
東京都秋葉原の歩行者天国の道路に
トラックで突入し、人々をひきはね、
さらに、ナイフで次々と人を刺し、
合計7名を殺害する事件が発生した。

特に加藤智大被告が派遣先から契約を切られると
勘違いして、そのことが事件発生のトリガーになったと
言われる。

加藤智大被告は解雇されると思いこんだ後、
携帯電話の掲示板に
次々と書き込みをしていく、

6月5日
06時17分
 作業場行ったらツナギが無かった 辞めろってか

07時44分
 やっかい払いができた会社としては万々歳なんだろうな

12時05分
 『誰でもよかった』 なんかわかる気がする

6月6日
01時44分
 住所不定無職になったのか ますます絶望的だ

02時48分
 やりたいこと…殺人 夢…ワイドショー独占

03時35分
 誰にも理解されない 理解しようとされない 

この一連の書き込みから、彼の疎外感、そして、
真面目に働いてきたが解雇されたと思い込み、
かすかな希望が打ち砕かれ、大量殺人の決意を
膨らませていったように推測する。

これが非正規雇用の問題が強く指摘されるようになり、
派遣法の変更が議論されるようになった。

非正規雇用の問題でさらに深刻なのは
人と人とのつながりが断たれていく社会であることだ。

正社員と違って、
派遣社員・契約社員は、解雇しやすくなる。
解雇された
派遣社員・契約社員達は
不安定な状況で社会を漂流していく。

かつては、地域社会が崩壊していくなか、
企業が地域社会に替わって、人々の共同体的役割の
機能を果たしていたが、
非正社員の増加という労働市場の流動化で
企業も共同体的機能を弱めた。

社会的な動物である人間は、
所属する共同体を失えば、根無し草で、
社会を漂流し、人々のとのつながりが絶たれ、
孤独感・疎外感を増していく。

米国では、労働市場が流動化しているが、
米国では共同体的な機能を教会など
宗教が果たしているが、日本にはそれは弱い。

そのように社会学者の宮台真司氏は言う。

これは日本社会の脆弱性を露にした事件とも
言えよう。

また、
コラムニストの勝谷誠彦氏は
加藤智大被告の行為を「神なき国のテロル」と評し、

加藤被告の行為と動機は、
貧困と結婚できないという将来の希望がなく
自爆テロを実行していくイスラム過激派と
通じるものがあり、

小泉政権下で、製造業での労働派遣が解除
された結果、企業が人をモノのように使い捨てする
労働派遣が横行し、日本の社会を壊していったことを
批判して、

「すべての政治家はこれ(加藤被告の書き込み)を読むべきです。
読む義務がある。もし読まないのであれば国会で朗読しなさい。
どういう状況に国民を追い込んでいるか。
これで加藤は死刑になるけれども、国が殺したのは8人ですよ、
ある意味では」


やがて、財界関係者や政治家が神なき国のテロルによって
殺害される可能性も出てくる。

もしそうなった時、本音では「溜飲を下げる」気持ちになる
日本国民はそう少なくはないと思ったが、
今年11月に旧厚生省の事務次官経験者本人やその家族が
殺害された時、それを讃美する書き込みがネットで相次いだ。

今、世界的な金融危機による大不況により、
非正規雇用者が解雇され、ホームレスになる人が増えてる中、
昭和初期のような深刻なテロが続発する危険性が高まり
つつあるように思う。


1位 リーマン破綻による世界金融危機とオバマ氏米国大統領へ

昨年の3大ニュースで
2007年の3大ニュース「サブプラムローン問題」「参議院選挙」「消えた年金」 ~ 来年以降の情勢にも大きく影響を及ぼす問題である 

1位に「アメリカ、サブプライムローン問題とドル相場」を取り上げたが
まさに、それサブプライムローン問題が
2008年9月15日にアメリカの大手証券会社
リーマンブラザーズの破たんを招き、その結果、
100年に1度とも評される大規模な世界的な金融危機が
勃発してしまった。

アメリカ大統領選挙において、リーマン破綻後に対する
対応の仕方が、共和党のマケイン候補より、
民主党のオバマ候補の方が良かったという評価があがり、
それがオバマ優勢に拍車をかけ、
オバマ氏は11月の選挙において、当選し、
2009年1月20日からアメリカ合衆国の初の黒人大統領と
なることになった。

今年の元日に
2008年1月1日 平成20年になった ~ 「明治20年」「昭和20年」どうだった、そして平成20年は?・・・・

と平成が20年になったことにあたり、「明治20年」「昭和20年」も激動の年だった
ことを紹介して、平成20年はどうなるかと書いたが、
まさに、この世界的な金融危機による平成20年も激動の年になってしまった。

この
アメリカ発の世界的な金融危機は
日本や世界に大きな影響を与えた。

欧州でも、金融機関にも大きな打撃を与え、
アイスランドが破たん状態に追い込まれた。

また、世界の消費を引っ張ってきた
アメリカ国民の消費が減退し、
その結果、日本や中国のアメリカへの輸出が減り、
景気後退が加速、
特に、トヨタ自動車は前年の2兆円以上の過去最高の利益から
一気に58年ぶりの赤字に転落するという急激な
悪化が進み、それが派遣労働者の解雇の加速と
ホームレスの増大に拍車をかけている。

アメリカ国内でも金融危機がGMの経営危機に
拍車をかけている。

アメリカはこの金融危機に対応するため
多額の財政出動をしているが、
世界最大の債務国であるアメリカが
いつまでも海外から借金をすることが
できるのかという懸念が出ている。

アメリカのドルは円以外にはいったん高くなっているが、
アメリカの財政赤字に強い懸念が高まれば、
一転して、ドル売りが加速する可能性もある。

そして、アメリカが海外から資金を調達することに
貢献してきたゴールドマンサックス、モルガンスタンレー、
メリルリンチ、リーマンブラザーズ、ベアスターンズという
5大投資銀行証券がすべて破綻したり、投資銀行で
なくなったことにより、金融帝国としてのアメリカは
終焉したとも評されている。

また、ドル体制がどうなるのか、世界の通貨システムが
どのようになるのか、
アメリカの覇権は終焉していくのか、世界の安全保障システムは
どうなるのか
この世界的な金融危機をきっかけに
いろいろ課題が突きつけられてくることになるかもしれない。

また、
日本や中国などのアジア諸国、産油国などの余剰資金(貯金)が
国内で十分に投資資金として活用されず、アメリカに流出していた
ことが今回の金融危機の背景にあるともされる。
今回の金融危機をきっかけに
世界の経済システムの在り方も問われてくることになるだろう。

アメリカ一極支配体制の在り方と世界の安全保障システムについて
オバマ大統領就任にあたって、気になることは
12月末からのイスラエルによる大規模なガザ空爆である。

バイデン副大統領やパウエル元国務長官が
オバマ氏が当選する前後に
「大統領の就任直後に国際政治の大きな危機が起きる」と
ポロリと漏らしていたが、
今回のイスラエルによる軍事行動がその国際政治の大きな
危機につながっていくのだろうか?

また、オバマ次期大統領は就任早々
アメリカの金融危機で、困難な事態に直面する可能性もある。

今年1位のニュースにした
「リーマン破綻による世界金融危機とオバマ氏米国大統領へ」は
来年の日本や世界の情勢にも大きな影響を与えることになるだろう。
そして、世界史の大きな転換点を作っていくことになるかもしれない。

このブログ内での関連記事

21世紀、6月8日は「大量殺人の日」になった! ~ 秋葉原大量殺人テロから5・15事件(1932年)を想起する

神なき国のテロルの刃は財界人や政治家に向かうのでは・・・・秋葉原無差別テロ


金融危機で、パキスタンがIMF支援要請 ~ 金融危機の混乱が対テロ戦争に影響してくるのだろうか?


金融危機による1ドル=90円の急激な円高・・・・外貨準備高の損失、日本は「円」決済圏拡大の戦略を!


アメリカは金融危機対策の資金がショートするのか?・・・・・・借金棒引きのため、ドル・ユーロ・円が同時に新通貨発行し、今のお金の価値が半分になる??

天空を舞うバーチャル金融資本主義の終焉 ~ マネーバブル再発防止のため、資金余剰国の日本やアジア諸国の中産階級を厚くすること。

オバマ大統領 = 超大国としての、帝国としての、覇権国家としての最後の米国大統領?・・・ゴルバチョフとチャーチルを回想しながら

この記事を書いている日が大晦日なので・・・・大晦日の語源について
大晦日~お月様がこもって夜は真っ暗
スポンサーサイト

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/1163-97a771a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)