fc2ブログ
言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを
随時更新中です。

https://kuwatea.blog.fc2.com/blog-entry-1.html



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



阪神タイガースとオリックスバッファローズによる日本シリーズは「阪神なんば線シリーズ」とも称されるが、オリックスバッファローズの歴史的背景を見ると「西宮シリーズ」が隠されている。

今日は、令和5年(2023年)10月30日 月曜日

令和5年(2023年)のプロ野球の日本シリーズは
セリーグの阪神タイガースと
パリーグのオリックスバッファローズと
59年ぶりに関西の球団での対決となり
関西ダービーとも言われている。

また、
セリーグの阪神とパリーグのオリックスの本拠地が
甲子園球場と京セラドーム大阪が
阪神電鉄なんば線を通じて、電車で20分で
行き来可能なので、
「阪神なんば線シリーズ」とも称される。

阪神なんば線は
平成21年(2009年)3月20日
阪神電鉄尼崎駅と大阪難波駅で全線開通して、
それにより難波駅を通じて近鉄との直通が可能となり
阪神電鉄の神戸三宮駅から近鉄奈良駅までの直通電車がある。

さて、近鉄と言えば、かつて近鉄バッファローズという
球団が平成16年(2004年)まで、存在していて、
近鉄バッファローズの営業権がオリックスブルーウェーブを
運営するオリックスに譲渡され、それにともない
オリックスブルウェーブはオリックス・バファローズとなった。

そのようなことをこのたびの
「阪神なんば線シリーズ」とも称されるシリーズで
オリックスと近鉄の合併を思い出すのだが、
西宮市民の私としては、
「阪神なんば線シリーズ」は、「西宮シリーズ」が
潜んでいるとも思っている。


オリックスブルーウェーブは
昭和63年(1988年)までは
阪急ブレーブスという球団であり、
当時存在していた
阪急西宮球場を本拠地にしていたからである。


阪神タイガースの本拠地である阪神甲子園球場と
阪急ブレーブスの本拠地であった阪急西宮球場は
ともに兵庫県西宮市にあった。

そう思うと、
今回の「阪神なんば線シリーズ」と称される
セリーグの阪神タイガースと
パリーグのオリックスバッファローズとの
日本シリーズは
オリックスバッファローズの歴史を見れば、
「西宮シリーズ」が隠されていると思うである。

ちなみに、
もし、阪急西宮球場は取り壊されて
現在は、阪急西宮ガーデンズという大型ショッピングセンターに
なっている。


このブログ内の関連記事

令和5年(2023年)9月14日の記事
祝!阪神タイガース、令和になって、初のリーグ優勝・・・2→21→18→2→18

昨日(令和5年10月15日)、毎週通う西宮ガーデンズにて、開業4年経って初めてガーデンズのスタバに通った・・・昨日、ちょうど15年前のこの日を振り返ったが、西宮ガーデンズも来月で開業15周年になる

言霊・楽習社(がくしゅうしゃ)ブログの目次ページ
https://kuwatea.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
語源や雑学などカテゴリーごとに分類して、当ブログの過去の各記事へのリンクページに誘っています。

スポンサーサイト



テーマ:野球 - ジャンル:スポーツ


今から70年前の昭和28年(1953年)に製造された10円硬貨が手元にある・・・70年前の昭和28年を振り返ると、私の生まれ故郷にとって大きなできごとがあった年でもある

今日は、令和5年(2023年)10月29日 日曜日

私の自宅には
今から70年前の昭和28年(1953年)に
製造された10円硬貨がある。

昭和28年10円硬貨  Screenshot_2023-10-28-12-37-24-56

10円硬貨は、
昭和28年(1953年)1月5日に発行が開始されたが、
製造は昭和26年(1951年)から始まっていたが、
昭和28年の製造となると10円硬貨が世に広まり始めた
ころに作られた硬貨である。

また、この時に製造された10円硬貨は現在発行されている
硬貨と異なり、周囲がギザギザとなっていて、
「ギザ十」とも称されている。

さて、この私の自宅にある10円硬貨が
製造された70年前の昭和28年(1953年)
を振り返ってみる。

この年には、
日本のテレビに関するできごとがあり、
1月15日に 早川電機(現:シャープ)が、国産初のテレビを販売、
そして2月1日には
NHKが日本で初のテレビジョン本放送を東京で開始した。

政治に関して言えば
3月14日に衆議院が解散するが、この解散は「バカヤロー解散」と
言われている、それは当時の吉田茂首相が
国会審議において、社会党右派の西村栄一議員との質疑応答中に
「バカヤロー」と発言したことがきっかになったことに由来する。

海外のできごととして、
5月29日に、
ニュージーランド人の
エドモンド・ヒラリーとネパール人シェルパの
テンジン・ノルゲイが世界最高峰のエベレストの世界初登頂を
果たした。

6月2日にはイギリス女王エリザベス2世が戴冠した。

この年の夏は大雨被害が相次ぎ
6月下旬には九州地方を中心に死者758名を出す大水害が
発生。

そして、7月18日、私の故郷である和歌山県の日高地方を
含む和歌山県中部を中心に大水害が発生して、
死者・行方不明者1046名を出した。

この水害からの復興の過程で、被害が大きかった日高川河口地域
周辺の6町村が翌年に合併して、私の生まれ故郷の自治体となる
御坊市が誕生する。
 70年後の今年の7月18日には、御坊市区域での
死者・行方不明220人を犠牲者を追悼する法要が
行われた。

他の昭和28年の大雨災害として、
8月中旬に京都府の
南部を中心に336名が死亡する南山城大水害が発生
この時の報道で「集中豪雨」の語が初めて使用された。


昭和28年、お金にまつわるできごととして
10円硬貨の発行開始意外に
12月1日に、100円札として最後の新紙幣となった
板垣退助像の百円紙幣が発行された。


さて、このようなできごとがあった
70年前の昭和28年(1953年)に
製造された10円硬貨が私の自宅にあるのだが、
この10円硬貨の存在に気付いたのが
おそらく、今から10年前から15年前の間の
現在の住まいとは異なる前の住まいにいた時であった。

半世紀以上前に発行された10円硬貨の希少性を感じて
手元に残しておこうと思い、保管を続けている。

昭和28年(1953年)に製造されて、
私の手元に来るまでの半世紀以上、私の知らない
多くの誰かさんの手を介して、
製造から半世紀以上経って、私の手元に届き、
それからは10年か15年近く、
私の自宅に留まっているのである。

そのように私の自宅に留まっている
70年前の昭和28年(1953年)に
製造された10円硬貨を見て、
70年前の昭和28年を振り返ってみようと思った。

昭和28年と言えば、私が生まれるちょうど20年前であった。

その年には、私の故郷である和歌山県御坊市にとって
御坊市誕生のきっかけともなった
7.18大水害があった。

その20年後の昭和48年(1973年)に私は
和歌山県御坊市にて生まれるのだが、
その昭和48年に現在の御坊市の市庁舎が完成した。

その現在の市庁舎も半世紀が経ち
老朽化が進み耐震性に問題があることから
来年の令和6年1月から新庁舎が開庁する予定である。

昭和28年(1953年)に
製造された10円硬貨は昭和、平成、令和と存在を続けて
いるのだ。

昭和28年には100円札としての最後の
最後の新紙幣が発行された年でもあるが、
100円は今は硬貨として利用されていて、
今年の令和5年に製造された100円硬貨が既に
流通していて、私の手元に届いた。

それで、
今から70年前の昭和28年(1953年)に
製造された10円硬貨とその70年後の今年の
令和5年に発行された100円硬貨を並べてみた。

昭和28年10円硬貨と令和5年100円硬貨 Screenshot_2023-10-28-12-37-27-96

これを契機に今から70年前の昭和28年(1953年)に
製造された10円硬貨とその70年後の今年の
令和5年に発行された100円硬貨を
一緒に私の手元に残し続けておこうと
思うのである。

このブログ内の関連記事

平成25年(2013年)2月1日の記事
今から60年前の今日の1953年2月1日に、日本初のテレビ放送開始・・・60年後の今、若者のテレビ離れが進む背景とは

平成19年(2007年)5月29日の記事
1953年5月29日 ~ 史上初、世界最高峰に人類が立った日


平成19年(2007年)7月18日の記事
1953年7月18日 ~ 和歌山県地方を襲った大水害の日

集中豪雨はマスコミの造語

当ブログの「何かの歴史」について書いた記事へのリンクをまとめているページです
何かの歴史の目次

言霊・楽習社(がくしゅうしゃ)ブログの目次ページ
https://kuwatea.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
語源や雑学などカテゴリーごとに分類して、当ブログの過去の各記事へのリンクページに誘っています。

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術


BUCK-TICK・・・JUST ONE MORE KISS・・・櫻井敦司さん訃報を受け、35年前に、昭和の終わる直前の私が中学3年生の時に耳にしたこの曲が私の脳内のジュークボックスで再生されつつ、芸術という文化遺伝子(ミーム)についてふと思う

今日は、令和5年(2023年)10月28日 土曜日

今月の10月19日
BUCK-TICKのボーカル・櫻井敦司さんが
ライブ中に体調不良で中止となり、その後、
脳幹出血のため急逝(享年57歳)したという訃報を
目にした。

今年50歳の私からすれば、
BUCK-TICKと言えば、
私が中学3年生の時の
昭和63年(1988年)10月26日に
発売された
JUST ONE MORE KISS
のメロディが脳内のジュークボックスから
再生されてしまう。

櫻井  BUCKTICK JUST ONE MORE KISS

この曲の作詞は
櫻井敦司さんで
作曲は、BUCK-TICKのギターの
今井 寿(いまい ひさし)さんである。

今井BT  BUCKTICK JUST ONE MORE KISS

今井さんは高校生の時に
RCサクセションを聴いて、バンドマンになる
ことを決めたようだ。

この曲を作曲する時、
「バンドっぽさ」「BUCK-TICKぽさ」を
考えつつ、曲調については、
売れることやキャッチ―さを考えずに作曲に取り組み
3日間で作り上げたという。

作詞を務めた櫻井敦司さんは
JUST ONE MORE KISSという曲名は
今井さんが制作したフレーズからすぐに思いついたようだ。
また、櫻井さんは
「退廃的なラブソング」として、
キャッチ―で耳に残る単語やフレーズを多く取り入れる
ことを考えたという。

この曲で

♪~Dream and Dream ~♪

♪~Night and Night ~♪

と、同じ英単語を繰り返し用いて、
その繰り返しの使用とメロディが合っていて、
キャッチ―で耳に残る感じであり、
また、

♪天使のざわめき 悪魔のささやき~♪

♪~キラメキは届かない~♪

♪~トキメキは返らない~♪


と印象に残るフレーズが出てくる。

「トキメキは帰らない」という歌詞について
櫻井さんは
男性と女性のふたりが、交際が長くなるにつれて、
知り合ったばかりのころの感情を忘れてしまう
切なさを感じての歌詞のようだ。

また、「トキメキは帰らない」という歌詞には
「イメージと現実の世界のかけらをひとつのシーンにまとめた」
ものがあるという。

この曲の歌詞を書いて、
櫻井さんは
「甘く切ない世界」の広がりを感じて、
思わず涙が出たという。

そのようなことを経て
JUST ONE MORE KISSが
発売されたのである。

BUCK-TICKと言えば
逆立てた髪型が際立っていた。
私はその見た目が強く印象に残った。
櫻井 ドラム BUCKTICK JUST ONE MORE KISS

また、BUCK-TICKは
ヴィジュアル系バンドとも言われたが、
そのヴィジュアル系バンドに影響を与えたのが
伝説のロックバンドと称され
髪を逆立て、目張りを濃くしたメイクをしていいた
BOOWYであるが、
そのBOOWYのヴォーカルの氷室京介さんと
BUCK-TICKのメンバーの出身高校は
群馬県立藤岡高等学校である。

つまり、BOOWYのヴォーカルの氷室京介さんと
BUCK-TICKのメンバーは同じ母校の
先輩と後輩の関係になる。

昭和60年(1985年)ごろに
あるパーティーの席で
櫻井さんは氷室京介さんに
「お前、顔が良いからヴォーカルやった方がいいよ」
と言われたという。別にこれが櫻井さんが
ヴォーカルをするきっかけになったわけでないと
ようだが、BUCK-TICKがヴィジュアル系バンドとして
日本の音楽シーンに残る結果を見ると
印象的なエピソードである。

櫻井さんは、平成3年(1991年)に
スタイリストの一般女性と結婚するも1年で離婚、
長男の親権はその女性になったが
その長男とは平成生まれの初の芥川賞を受賞する
作家の遠野遥さんである。

ロックバンドのミュージシャンという
音楽という芸術家から
芥川賞を受賞する文芸家という芸術家が生まれ
物理的な遺伝子(gene=ジーン)だけでなく
芸術家という何かの文化遺伝子(meme=ミーム)が
何か伝わっているのだろうかと想像してみたくなる。

文化遺伝子(meme=ミーム)という意味においては、
BOOWYからBUCK-TICKに
何かのミームの継承があったのかもしれない。

さて、JUST ONE MORE KISSが
発売されたのが、
35年前の
昭和63年(1988年)10月26日であるが、
昭和63年10月と言えば、その前月に
昭和天皇の健康状態が悪化して、
昭和の終わりが現実味を帯びていたころであった。

この年の2月には8cmのCDシングルが発売が開始され、
当時既にレンタルCDがあり、
私の故郷の和歌山県御坊市にも
レンタルレコード・CDの「黎紅堂」(れいこうどう)があり、
そこでCDを借りて、自宅でステレオで
CDからテープに録音していた。
JUST ONE MORE KISSも、
「黎紅堂」で借りて、テープに録音して、
ステレオで聴いていたことを思い出す。

そして、JUST ONE MORE KISSが
発売された時に、
35年後には、この曲を作詞して歌っていた
櫻井敦司さんがこの世からいなくなるとは
本人は全く想像していなかっただろう。

BUCK-TICK / 「JUST ONE MORE KISS」ミュージックビデオ
https://www.youtube.com/watch?v=ae_jYCo8x34


言霊・楽習社(がくしゅうしゃ)ブログの目次ページ
https://kuwatea.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
語源や雑学などカテゴリーごとに分類して、当ブログの過去の各記事へのリンクページに誘っています。

テーマ:今日の1曲 - ジャンル:音楽


同じ鉢に菊花とハロウインのお化けかぼちゃ・・・さんちか入り口の階段の秋を彩る和洋折衷

今日は、令和5年(2023年)10月24日 火曜日

昨日の朝、三宮駅に隣接する
神戸交通センタービルから
さんちかへの階段を降りると
階段の通路を分ける真ん中に
花がある鉢があり、
さんちか 階段 Screenshot_2023-10-23-06-30-32-07

その鉢に菊と思われる花があり、
そこには
かぼちゃをハロウインの
お化けかぼちゃにアレンジしていた。

さんちか 階段 菊とおばけかぼちゃ Screenshot_2023-10-23-06-30-22-60

菊とハロウインかぼちゃはともに
秋の季節を彩る
日本の国花である「菊」と
西洋由来のハロウインのお化けかぼちゃ
という和洋折衷でさんちかの階段を
彩っているのだなと思った。


言霊・楽習社(がくしゅうしゃ)ブログの発想法・編集法関連の記事の目次ページ
発想法・編集法関連の当ブログの過去の各記事へのリンクページに誘っています。

発想法・編集法の目次 その1

発想法・編集法の目次 その2


言霊・楽習社(がくしゅうしゃ)ブログの目次ページ
https://kuwatea.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
語源や雑学などカテゴリーごとに分類して、当ブログの過去の各記事へのリンクページに誘っています。

テーマ:発想法・編集法 - ジャンル:学問・文化・芸術


秋の日曜日のある光景にほっこり・・・・河川の久寿川沿いの柵の横で犬が寝そべり

今日は、令和5年(2023年)10月23日 月曜日

昨日の日曜日、
西宮市の阪急今津駅近くの自宅から
東方へ徒歩で、久寿川駅近くの
コインラインドリーを利用した。

洗濯乾燥が60分なので、
その間、コインランドリー周辺を歩いていると、
河川の久寿川沿いの柵の横で
犬が寝そべっているのが見えた。

犬が寝そべり Screenshot_2023-10-22-10-55-07-00

おそらく、この柵の近くの住まいで
飼われているワンちゃんだと思うが、

この秋の日曜日の光景に
ほっこりした


言霊・楽習社(がくしゅうしゃ)ブログの目次ページ
https://kuwatea.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
語源や雑学などカテゴリーごとに分類して、当ブログの過去の各記事へのリンクページに誘っています。

テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


JR甲子園口駅近くの「まんぼうトンネル」・・・頭をかがまないと通行できないトンネル・・・あいみょんさんも利用していたトンネル

今日は、令和5年(2023年)10月22日 日曜日

今年の元日、西宮市の今津駅近くの自宅から
いろいろ遠くの所まで散歩しようと
徒歩で西宮北口やJR甲子園口駅付近への移動
していくと、

まんぼうトンネル 北側(令和5年1月1日) Screenshot_2023-01-01-17-35-07-99

まんぼうトンネル 位置(令和5年1月1日) Screenshot_2023-01-01-13-28-29-34


「まんぼうトンネル」という
JR甲子園口駅の西へ約300mの
JR神戸線の土盛りした高架線下の小さな通路
を久々に通った。

「まんぼうトンネル」と称される
トンネルは、西宮市内に3カ所ある。

どうして、
「まんぼうトンネル」という
名称の由来は魚類のマンボウでない。

その由来は定かではないが、
鉱山の坑道を指す間歩(マンボ)に由来する説や
オランダ語でトンネルを意味する
マンプウに由来するという説がある。

西宮市にある3つの「まんぼうトンネル」のうち
このJR甲子園口駅近くのトンネルが
最も大きさが小さくて
高さ約130cm、横幅約150cmで、
大人が通行する場合は頭をかがめないと
通行できない低さで
かつ、反対側から来たかたとすれ違うことが
できない。

この「まんぼうトンネル」は
明治7年(1874年)に国鉄が開業時に線路の
盛り土の下に農業用の用水路を通すために作られた。

その後、人の通行用に作り替えた。

JR甲子園口駅近くの「まんぼうトンネル」の
構造は、北側はレンガと石によって作られ天井は半円に
なっていて、
南側は四角である。

北側は明治29年(1896年)に国鉄が
複線化工事した時に作られ、
南側は大正15年(1926年)に
複々線工事で線路の本数が増えたことにともにあ
ときトンネルが延伸されたことによるものである。

このJR甲子園口駅近くの「まんぼうトンネル」は
西宮市出身のシンガーソングライターのあいみょんさんが
西宮ガーデンズに通う時に利用していたらしい。

さて、この「まんぼうトンネル」は
今年(令和5年)7月7日に
NHKで放送された
ドキュメント72時間
兵庫・西宮 “マンボウトンネル”にて

で特集されていた。

マンボウトンネル NHK Screenshot_2023-07-07-23-15-09-40

そのJR甲子園口駅近くの「まんぼうトンネル」に
本日の真夜中の午前2時15分頃通り過ぎた時、
他にも利用される方がいた。

まんぼうトンネル 北側(令和5年10月22日) Screenshot_2023-10-22-02-16-03-69

まんぼうトンネル 北の内側(令和5年10月22日) Screenshot_2023-10-22-02-15-27-57

地元の方々にとっては、この小さなトンネルは
必要なトンネルなのである。

このブログ内の関連記事

令和5年(2023年)1月10日の記事
今年の元日に、JR甲子園口駅の南側の商店街にて、ディープで怪しさを感じつつ惹きつけられる建物を見つけた

令和4年(2022年) 1月 4日の記事
あいみょんが、西宮市政ニュース令和4年新年号にエッセイを寄せていた・・・あいみょんは、かつて私の自宅近くにある旧国道を自転車で通って初詣に行っていたようだ

言霊・楽習社(がくしゅうしゃ)ブログの目次ページ
https://kuwatea.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
語源や雑学などカテゴリーごとに分類して、当ブログの過去の各記事へのリンクページに誘っています。

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術


いつもあるものがないことで、違った選択肢を増える・・・月3~4回通う西宮ガーデンズの丸福珈琲店でいつも頼むものが品切れでなくて・・

今日は、令和5年(2023年)10月21日 土曜日


毎月、3~4回、金曜日に西宮ガーデンズの
丸福珈琲店に行くが、
その時、いつも
ミックストーストサンドとホットの薄めのミルクティを
頼むが、昨日(10月20日)、そこに行くと
紅茶の茶葉が在庫切れでないというとだった。

実は、私はコーヒーは苦手な方なので、
メニュー表にぱっと見えた、
クリームソーダでも頼もうかと思ったが、
ココアが目に入り、また、店内はやや暑さを
感じたので、アイスココアを頼んだ。

丸福アイスココア Screenshot_2023-10-20-18-39-17-65

アイスココアをおいしくいただいた。
いつもの頼むものがないことで、
いつもとは違うものを頼むことで
それの良さを感じ入ることができた。

私は、食べるものの選択がワンパターンに
なりがちだが、
いつもの丸福珈琲店利用において、
これからは、紅茶だけでなく
心理的にココアという選択肢が増えた感じである。

いつもあるものがないことで、
違った選択肢を増えるきっかけを得たのであった。



平成21年(2009年)7月8日の記事
丸福珈琲店の感じの良い接客から思ったこと・・・・・社会基盤としての感じの良いささやかな心遣い


言霊・楽習社(がくしゅうしゃ)ブログの発想法・編集法関連の記事の目次ページ
発想法・編集法関連の当ブログの過去の各記事へのリンクページに誘っています。

発想法・編集法の目次 その1

発想法・編集法の目次 その2

言霊・楽習社(がくしゅうしゃ)ブログの目次ページ
https://kuwatea.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
語源や雑学などカテゴリーごとに分類して、当ブログの過去の各記事へのリンクページに誘っています。

テーマ:発想法・編集法 - ジャンル:学問・文化・芸術


音の速さは気分次第ではなく気温次第・・・ある日の夜、自宅から1.4km離れたところから大歓声が約4.068秒(気温が21.1℃の場合)で伝わってきて

今日は、令和5年(2023年)10月20日 金曜日

一昨日(10月18日)20時36分頃、
西宮市の今津駅近くの自宅にて、
過ごしていると、何やら遠方から大歓声らしき
音が聞こえた!!

その時、私の自宅から約1.4km離れた
甲子園球場では、

セントラルリーグ
クライマックスシリーズ
ファイナルステージ第1戦
阪神タイガース対広島東洋カープの
試合が行われていて、
テレビを点けるとちょうど8回裏
阪神の攻撃の時であった。

令和5年甲子園CSファイナルステージ第1戦 Screenshot_2023-10-18-20-36-30-40

さて、私の自宅から甲子園球場との距離は
約1400m。


音速は秒速約340mとされるが、
実際の
音の速さは気温によって違いがあり、

音の速さ=331.5+0.6×[気温](m/s)

という公式がある。

そのころの西宮市に近い神戸の気温が

21.1℃だったので、

331.5+0.6×21.1=344.16

と秒速344.16m

私の自宅から甲子園球場との距離は
約1400mなので、
甲子園球場から約4.068秒で到達したことなる。

もし、気温が15℃なら

331.5+0.6×15=340.5

音速は秒速約340mとされるのは
気温が15℃の場合なのである。

気温が15℃
気温が21.1℃の場合より6.1℃低いと
音速は約4m小さくなり、
私の自宅から甲子園球場との距離は
約1400mなので、
甲子園球場から自宅に届くくまで
約4.112秒で0.044秒到達が遅くなる。

一方で、
もし、気温が30℃と21.1℃よりも
8.9℃高い場合は、

331.5+0.6×30=349.5

と、
音速は約5.34m大きくなり、つまり、遅くなる。

私の自宅から甲子園球場との距離は
約1400mなので、
甲子園球場から自宅に届くくまで
約4.006秒で0.106秒到達が速くなる。

つまり、気温が低いほど、音速は遅くなり、
反対に、気温が高いほど、音速は速くなる。

その理由を知るには、
気温つまり、温度とは、粒子の熱運動の程度ということを
理解することがポイントとなる。

空気中には、窒素や酸素などの粒子があるが、
それらの粒子の熱運動=粒子の振動が大きいほど
気温が高くなるが、
その時、粒子の振動が大きくなることで、
より隣の粒子に振動が速く伝わり、そのため
気温が高いほど、音速は速くなり、
その逆に粒子の振動が小さくなる=気温が低くなると
隣の粒子に振動が伝わるのが遅くなり、
音速は遅くなるのである。

〇当ブログの雑学関連記事の目次へのリンク

ちょっと雑学の目次 その1

ちょっと雑学の目次 その2

ちょっと雑学の目次 その3

ちょっと雑学の目次 その4

〇言霊・楽習社(がくしゅうしゃ)ブログの目次ページ
https://kuwatea.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
語源や雑学などカテゴリーごとに分類して、当ブログの過去の各記事へのリンクページに誘っています。

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術


1日の気温差が10℃以上の日・・・真夏の8月と昼間は夏の名残がある10月とでは、感じ方が異なる

今日は、令和5年(2023年)10月19日 木曜日

昨日の午前5時ごろ、
西宮市の自宅を出た時、少々肌寒さを感じる気候で
半袖のワイシャツの上に長袖の秋物のTシャツと
長袖の羽織るシャツの装いだった。

昼間は気温が上がるので、半袖の服装で過ごしていた。

昨日、西宮市に近い大阪市の気温を見ると


最低気温 14.7℃( 6時23分)
最高気温 26.5℃(13時27分)

と、1日の気温差が11.8℃あり

朝は長袖シャツが2枚以上必要な気温であるが、
昼は25℃以上の夏日で半袖でないと暑さを感じる
気温で、夏の名残を感じる日中である。

1日の気温差が10℃以上ある日は10月だけでなく
8月にもあり
例えば、今年の
令和5年(2023年)8月10日の
大阪の最低気温と最高気温を見ると

最低気温 38.0℃
最高気温 28.0℃

と、ちょうど、1日の気温差が10℃であったが、
最低気温が熱帯夜で、最高気温が猛暑日と
夜明けから蒸し暑く、昼間は猛暑となってしまう。

同じ、1日の気温差が10℃以上あるとしても、
8月と10月では全く感じ方が異なるのである。


言霊・楽習社(がくしゅうしゃ)ブログの目次ページ
https://kuwatea.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
語源や雑学などカテゴリーごとに分類して、当ブログの過去の各記事へのリンクページに誘っています。

テーマ:気象 - ジャンル:学問・文化・芸術


3日前の(令和5年10月15日)の日曜日の午前7時前、思わぬ光景に遭遇した!!・・・なんで、こんなところにあるんだ!!!

今日は、令和5年(2023年)10月18日 水曜日

3日前の(10月15日)の日曜日、
午前6時58分頃、
自宅近所の阪急今津駅ビル1階にある
ロッテリアに行こうと思い、
ロッテリア前の駐輪場に着くと

おや?

と思わぬ光景に遭遇した。

精算機に靴 Screenshot_2023-10-15-06-59-04-57

駐輪場の精算機の上部になぜか

靴が揃えて立てかけらていたからだ!!

なんだ、これは????

と思った。すると、

その精算機のすぐ隣の機器がある
柱を見ると、その柱にあるパイプに
女性用と思われる傘がかけられていた。

当日の15時過ぎに、その場所を通った時は
靴も傘もなかったが、
なんのために精算機の上部に置かれていたかは
わからないが、
思わぬ光景に心が動いたのであった。


このブログ内の関連記事


昨日(令和5年10月15日)、毎週通う西宮ガーデンズにて、開業4年経って初めてガーデンズのスタバに通った・・・昨日、ちょうど15年前のこの日を振り返ったが、西宮ガーデンズも来月で開業15周年になる


言霊・楽習社(がくしゅうしゃ)ブログの目次ページ
https://kuwatea.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
語源や雑学などカテゴリーごとに分類して、当ブログの過去の各記事へのリンクページに誘っています。

テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


昨日、17時30分過ぎ港町・神戸三宮にある職場を出て、1時間後、西宮市の自宅にて、テレビで18時30分から始まった神戸港での花火イベントの中継を見ることとなった

今日は、令和5年(2023年)10月17日 火曜日

昨日(10月16日)の月曜日、
17時30分過ぎに神戸三宮の職場を出て、
18時20分過ぎに、
西宮市の今津駅近くの自宅に着き
NHKテレビを見ていて、
18時30分からNHK兵庫のローカルニュース
『Live Love ひょうご』の放送が始まると、

花火が打ち上げられている様子が映されていた。

Live Love ひょうご みなとHANABI IMG_20231016_18384389

Live Love ひょうご みなとHANABI IMG_20231016_18384974

神戸港で、18時30分から10分から花火が
打ち上げられていて、ちょうど
『Live Love ひょうご』の放送のオープニングに
時間が重なるので、その様子が中継されていた。

この花火は「みなとHANABI -神戸を彩る5日間」という
イベントで、

みなとHANABI -神戸を彩る5日間

そのホームページの概要説明がある。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

みなとHANABI-2023-神戸を彩る5日間は、1,000万ドルの夜景と言われる
ポートタワーや海洋博物館など様々な神戸を代表するランドマークを
借景にダイナミックな花火を5日間連続で打ち上げます。
メリケンパークから間近で観る迫力のある花火。
さらに音楽にあわせて打ち上げる音楽花火です。

開催予定日時 2023年10月16(月)~20日(金) 18:30~18:40
概要 約700発の花火を短時間(10分程度)打ち上げます

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の職場近くで、10分花火が開催されていることは
知らず、その職場を出て、
自宅に戻って、1時間後に、
職場近くの港での花火の様子をテレビで
見ていることに不思議なものを感じた。


言霊・楽習社(がくしゅうしゃ)ブログの目次ページ
https://kuwatea.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
語源や雑学などカテゴリーごとに分類して、当ブログの過去の各記事へのリンクページに誘っています。

テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


昨日(令和5年10月15日)、毎週通う西宮ガーデンズにて、開業4年経って初めてガーデンズのスタバに通った・・・昨日、ちょうど15年前のこの日を振り返ったが、西宮ガーデンズも来月で開業15周年になる

今日は、令和5年(2023年)10月16日 月曜日

昨日(10月15日)の日曜日、
前日の夕方過ぎからの雨は
夜明け前の午前6時までには
止んだ。

午前7時、西宮市の自宅近くの今津駅のロッテリアで
朝食を取るために行った。
午前8時過ぎまで過ごして、自宅に戻るつもりが、
ふと、天気も良いし、徒歩で、用事のため
JR西宮駅前まで歩き、そして、そこから
徒歩で西宮北口のアクタの
100均で買い物をしようと予定を変更した。

午前8時30分過ぎに、今津駅のロッテリアを出て、
徒歩でゆっくり歩いて午前9時頃には
JR西宮駅前に着き、そこで5分ぐらいで用事を済ませ、
そこからゆっくり30分程歩いて、
西宮北口前の西宮ガーデンズに到着。

山手幹線から
先月、開業した西宮ガーデンズの別館である
西宮ガーデンズプラスの階段を上がり、
午前9時36分ごろその通路から
北方に見える
アクタ西宮東館と西館の間からの空を見ると

アクタ西宮東西館の間からの青空 Screenshot_2023-10-15-09-36-53-70

少々雲はあるが、雨上がりの日の空という感じの
青空と感じた。
前方に見える西宮ガーデンズプラスと本館をつなぐ
連絡デッキには、開店30分前だが、
本館に向かう人たちの姿が見えた。

私も連絡デッキを渡り、
西宮ガーデンズの北西側にある
ウェルカムガーデンから入る。

ウエルカムガーデン Screenshot_2023-10-15-09-38-59-25

店舗テナントが並ぶところまでは
開店前でも入ることができる。

午前10時の開店とともに
西宮ガーデンズ内にあるスターバックスに入店した。
私は西宮ガーデンズの1階にある丸福珈琲店に
毎週金曜日に通うのが習わしになっているが、
西宮ガーデンズにあるスターバックスを利用するのは
同店がまさに平成が終わる直前の
平成31年(2019年)4月26日に開業して以来
初めてである。

ちなみにスターバックスそのものを利用するのは
今年(令和5年)1月25日に
神戸三宮にて
健康診断の帰りに、サンキタ通り沿いにある
EKIZO神戸三宮店を利用して以来であった。

また、西宮ガーデンズにあるスターバックスを利用
しょと思った理由は、
令和3年(2021年)6月29日まで
大阪市の京橋で何年間か勤務していたが
その時に出勤前のそこにあるスターバックスを
利用していて、その時利用していた
スターバックスカードに1099円残っていたからである。

スターバックス阪急西宮ガーデンズ店は
西宮ガーデンズ本館の3階の南西側の
クリスタルガーデンにある。

スタバ ガーデンズ内から Screenshot_2023-10-15-10-06-38-16

スタバでは
2年前まで通勤前に飲食しえいた時と同じ
イングリッシュブレックファーストティーラテと
あらびきソーセージパティ&スクランブルエッグ イングリッシュマフィンを
頼んだ。

スタバ イングリッシュラテとマフィン Screenshot_2023-10-15-10-08-08-16

イングリッシュマフィンを
おいしくいただき、
そしてラテを飲みながら
図解 身近にあふれる「元素」が3時間でわかる本を
読む。

元素が3時間でわかる本 Screenshot_2023-10-15-11-10-49-42

そして、この本の133ページに
元素本 書き込み スタバガーデンズ Screenshot_2023-10-15-11-12-27-78

2023 10 15 
11:08
スタバガーデンズ


と2023年10月15日の11時08分に
書き込んだという記録である。

また、「微量ミネラル」の記載されている
次の元素
銅、亜鉛、セレン、コバルト、ヨウ素、モリブデン
赤○囲みしたり、赤線でつないだりして、
超新星」と書きこんだ。

これは、
自ら光を放つ恒星のうちその最後を
超新星爆発で終わる現象を指していて、
元素番号27のコバルト以降は
超新星爆発での核融合で生まれる元素と
されていることによる。

その「超新星」と書き込んだ文字に
下から左に
→字源」とさらに書き込んだ。

ふと、「超新星」という3文字の漢字の字源を
帰宅した後に調べようと思ったからだ。

その後、
スターバックス阪急西宮ガーデンズ店を出た。
久々に、4階の噴水のある屋上庭園に行き、
午前11時30分過ぎ、
30分に1回の噴水が高く上がる
大放出を久々に見た。

ガーデンズ 噴水 Screenshot_2023-10-15-11-35-44-93

噴水の向こう側にある
木の葉のステージが見える。


その後、西宮ガーデンズの1階に降りた時、
4歳と5歳ぐらいの姉妹が抱き合っている
光景が目に入った。

それを当ブログの
平成24年(2012年)8月6日の記事
幼い姉妹の微笑ましい光景・・・・西宮ガーデンズにて
を思い出した。

その記事を再掲すると
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は、2012年(平成24年) 8月 6日 月曜日

一昨日、
西宮ガーデンズにて、
3歳と4歳か、あるいは4歳と5歳ぐらいの
姉妹がいて、2人は5mほど離れていたが、

お姉さんが、笑顔で、
妹の方を向いて、両腕を前で広げると
妹が、嬉しそうに走り込んできて、お姉さんに抱きつくと、
お姉さんは飛び込んできた妹を抱きしめていた。

なんだか、心が和む
微笑ましい光景であった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日
4歳と5歳ぐらいの姉妹が抱き合っている
光景を見て、かつての心が和むガーデンズにて
幼い姉妹が走って飛び込んで抱き合う心が和んだ
光景を思い出した。

その後、西宮ガーデンズを出て、
アクタ西宮の100均で買い物をして
帰宅したのは13時15分ごろだった。

昨日の記事
15年前の今日の平成20年(2008年)10月15日に東京に過ごした日を思い出す

と15年前の10月15日に東京出張していたことを書いたが、
15年前の10月15日は、まだ西宮ガーデンズは開業していなかったが、
翌月の11月26日に開業を控えていたころであった。

昨日の朝、今津のロッテリアで、予定をしていなかった
西宮ガーデンズに行くことを思いつき、
毎週通いながらも
開店してから4年経って初めて
ガーデンズのスタバに通い
元素に関する本を読んで、書き込みをしたり
かつてのガーデンズで幼い姉妹が抱き合う光景を見て
心が和んだことを思い出したりして、
かつ、15年前の10月15日をちょうど振り返ったら
西宮ガーデンズが今年で開業15周年になることを認識して
15年の時の経過をしみじみと感じるのであった。





このブログ内の関連記事


平成21年(2009年)11月26日の記事
今日(2009年11月26日)で、西宮ガーデンズ開業1周年・・・・・・・・西宮市の新しい顔・新名所となっている

平成30年(2018年)11月26日の記事
西宮ガーデンズ開業10周年!!・・・平成20年(2008年)11月26日の開業から10年・・・私にとっても毎週通う親しみの場(庭)である

令和5年(2023年)9月24日の記事
やっと秋らしい気候になっ彼岸の中日に、西宮ガーデンズプラス館の増築館新規開業のマクドナルドで月見バーガーを食べて、一首思いつく


令和5年(2023年)9月25日の記事
特異な変化と蓄積された記憶の蘇生が想像を活性化させる・・・・西宮ガーデンズプラス館の増築館新規開業のマクドナルドで月見バーガーを食べて、一首思いたことから思ったこと


〇スターバックス関連の記事

令和5年(2023年)1月25日の記事 
令和5年1月25日 神戸は、雪化粧で、この日の最高・最低気温は絶対値2.9。最低気温はマイナス2.9℃、最高気温は2.9℃・・・・ちょうど5年前の1月25日もとても寒い日であった。

昨日(令和3年12月9日)、161日ぶりに京橋 松下IMPビルのスタバに行ったら、店員さんが私の好みを覚えてくれていた

令和3年(2021年) 6月29日の記事 
私と大阪京橋 平成元年、平成28年、平成30年、平成31年、令和へ・・・高校1年の時、やがて京橋が縁深い場所になるとは全く想像していなかった・・・昨日、3回目の京橋勤務最終日を迎え

平成30年(2018年)6月18日の記事  
JR京橋駅のスタバで大阪府北部地震に遭遇、地震があった1日を振り返り・・・早朝出勤のおかげで電車内で取り残されずに済んだ 

プラスのリンク記事

言霊・楽習社(がくしゅうしゃ)ブログの目次ページ
https://kuwatea.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
語源や雑学などカテゴリーごとに分類して、当ブログの過去の各記事へのリンクページに誘っています。

テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


15年前の今日の平成20年(2008年)10月15日に東京に過ごした日を思い出す


今日は、令和5年(2023年)10月15日 日曜日

今から15年前の平成20年(2008年)10月16日の
午前0時13分
当ブログにて、

久々に東京に来ている。

という記事をアップして

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

久々に東京に来ている。しかし、携帯のバッテリがすくない。これで、終わり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、当時、携帯電話からこのブログの短い記事を書き込んでいた。

10月16日の前日の
平成20年(2008年)10月15日(水曜日)に
おそらく平成18年(2006年)1月25日(水曜日)以来の
東京来訪をして、ホテルの宿泊先から書き込んだものであった。
 ちなみにその1月25日の2日前にライブドア事件でホリエモンが逮捕されていた。

平成20年(2008年)10月15日
当時勤務していた小さなシンクタンクの業務出張で
東京に行くこととなった。

当日の午前3時ごろには
当時、住まいしていた兵庫県西宮市の上甲東園の関学正門前の
自宅から、徒歩で上ヶ原台地を降りて、約3km歩いて
阪急の西宮北口駅前に着いたのは午前4時ごろだっただろうか。

駅前の広場で、駅構内に入れる時間まで
時間つぶし座って、携帯をからネットで、
ニューヨークダウの株価情報を見ていた。
ちょうど、1か月前にリーマンショックが発生して
世界経済が大不況に突入しだして、株価が不安定な
ころであった。

しばらくして、西宮北口駅構内の入場できる時間となり
午前4時36分ごろの西宮北口始発の一番電車で
梅田駅に向かい、そして、JR大阪駅から新大阪駅に行き、
午前6時発の新幹線で東京駅に向かった。

午前9時前には東京駅に着き、
午前10時から、千代田区の神保町にある
大手化学メーカーにて、ヒアリングを行った。

ヒアリングは午前中に終了したが、
翌日には羽田でのヒアリングの予定となっていたので
宿泊することになっていた。

翌日、浜松町からモノレールで羽田に行くことを考え、
芝公園近くのホテル三田会館での宿泊の予約を取っていた。

午後の早くにはホテル三田会館にチェックインして、
近くの芝公園に行き、そこから見える東京タワーを眺めていた
記憶がある。
そして、ホテルに戻り、15時代だったと思うが
テレビを点けると、テレビ朝日で

相棒 season6 第6話「この胸の高鳴りを」の再放送
(初回放送は 平成19年(2007年)11月28日)
心臓移植を受けた女性が被疑者となるストーリーで
あった。

そのような15年前の10月15日の東京での日を
思い出したのであった。


言霊・楽習社(がくしゅうしゃ)ブログの目次ページ
https://kuwatea.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
語源や雑学などカテゴリーごとに分類して、当ブログの過去の各記事へのリンクページに誘っています。

テーマ:思い出 - ジャンル:その他


マグニチュード不明の地震?で、津波注意報・・・伊豆諸島で津波情報が出たら、日本列島南岸沿岸は津波警戒要

今日は、令和5年(2023年)10月 9日 月曜日

今朝の6時40分頃、
関西テレビを見ていたら、
津波情報のテロップが表示され、
伊豆諸島近海と出て、
その時、何か地震でもあったのかなと思い
テレビのチャンネルをNHKに変えて、
地震情報のアプリ「ゆれくるコール」で
地震情報を見てみると

ゆれくるコール 鳥島近海地震 Screenshot_2023-10-09-06-46-46-82_

最大震度:不明
マグニチュード:不明

と表示されていて、なんだこれ?
と思った。

気象庁のホームページ

この
地震情報のを見てみると

気象庁の地震情報 鳥島近海 令和5年10月9日5時25分

マグニチュードの情報が表示されていなかった。

また、詳細情報においても

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

地震情報(震源・震度情報)
令和5年10月9日06時41分 気象庁発表

9日05時25分ころ、地震がありました。
震源地は、鳥島近海(北緯29.7度、
東経139.9度、父島の北西370km付近)で、
震源の深さはごく浅いと推定されます。

津波警報等(大津波警報・津波警報あるいは津波注意報)を発表中です。

この地震では、震度1以上が観測されていません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、ここでもマグニチュードの情報の発表がない。

しばらくすると、
NHKで
午前6時25分に
八丈島八重根で40cmの津波観測と報じられが、

八丈島八重根 40cm Screenshot_2023-10-09-06-48-10-44

その時間を見て、津波情報が出される前に
観測されていて、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【津波注意報】伊豆・小笠原諸島に発表 ただちに海岸から離れて (6時40分現在)
Yahoo 10/9(月) 6:49配信
ウェザーニュース 提供:ウェザーニュース


10月9日(月)5時25分頃に鳥島近海で発生した地震により、
八丈島八重根で0.4mの津波が観測されたため、
6時40分に伊豆・小笠原諸島に津波注意報が発表されました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、津波が観測されたので、津波注意報を出したのだなと思った。
地震発生直後に、気象庁は、津波が発生すると判断できなかっただなと
思った。
さらに、津波情報が更新され
午前6時45分に
八丈島八重根で50cm Screenshot_2023-10-09-07-02-37-55

八丈島八重根で50cmと20分前より、さらに津波は上昇して、
また、伊豆諸島各所や小笠原諸島でも津波が観測され

そして、午前7時17分に
八丈島八重根で60cm Screenshot_2023-10-09-07-22-44-58

八丈島八重根で60cmが観測され、
さらに津波は上昇。

すると、7時48分頃

高知県にも津波注意報 Screenshot_2023-10-09-07-48-31-98

高知県にも津波注意報が追加され
それは、7時34分に

土佐清水で30cm Screenshot_2023-10-09-07-50-37-09

高知県の土佐清水で30cmの津波を
観測したことによる発表であった。

すると7時52分頃には
千葉県にも津波注意報 Screenshot_2023-10-09-07-53-25-26
千葉県にも津波注意報が追加され

これも千葉県館山市で7時43分に
館山 20cm Screenshot_2023-10-09-07-55-33-37

20cmの津波の観測したことによる
発表であった。

その後、津波注意報は
午前8時25分頃には
宮崎県や
鹿児島県の種子島屋久島
奄美大島、トカラ列島にも拡大した。

テレビ朝日のモーニングショーの
放送中に
八丈島で船が転覆した映像が伝えられ

船が転覆 Screenshot_2023-10-09-08-40-50-57

防波堤の中の港内に津波が押し寄せる
映像を見ると、

流れが強い Screenshot_2023-10-09-08-45-45-73

検潮所で
60cmの津波であっても
流れが強く、危険さが伝わる映像である。


津波注意報は正午に解除されたが、

40cm以上観測されたところを見ると

60cm・・・東京都八丈島八重根(7時17分)
50cm・・・東京都三宅島坪田(8時11分)
50cm・・・東京都神津島神津島港(8時00分)
40cm・・・高知県土佐清水(8時09分)
40cm・・・鹿児島県トカラ列島中之島(8時26分)


と、高知県や鹿児島県の薩南諸島まで、今回の津波において
比較的高い高さを観測した。

さて、この津波をもたらした可能性がある
午前5時25分発生の鳥島近海の地震について
マグニチュードなどの詳細がわかっておらず、
その地震の規模がわからないため
津波の情報について、実際に津波が観測されてからの
発表となった。

その原因について、
鳥島近海は観測所が少ないためだそうだ。

もしかしたら、地震ではなく海底火山の活動や
津波を引き起こすような海底地すべりかもしれない。

鳥島には、かつて気象観測所があったが、
昭和40年(1965年)に、
火山活動による群発地震で閉鎖された。

無人観測所でも設置できないのだろうかと
思ったりする。


伊豆諸島で津波が観測されて、
その後、その他の鹿児島県などの沿岸に
津波が観測され、高知県の土佐清水や
鹿児島県のトカラ列島で40cmの津波が観測された。
40cmの津波であっても、もし、夏に海水浴で
海水に入っていると流されて、生命の危機に晒される。

今回の教訓としては、日本近海のどこかで津波情報が
発表されたら、津波の影響がありそうな地域では
その地域で津波情報が発表される可能性があると
考えた方が良さそうだ。

当ブログの地震・津波・噴火関連の記事の目次
地震・津波・噴火関連の記事の目次

言霊・楽習社(がくしゅうしゃ)ブログの目次ページ
https://kuwatea.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

テーマ:地震・天災・自然災害 - ジャンル:ニュース


黄花秋桜(キバナコスモス)の花言葉、「野性的な美しさ」と「幼い恋心」・・・「幼い恋心」という可憐さと「野性的な美しさ」という強さを兼ねた美しさの遺伝をアゲハ蝶が伝えていく

今日は、令和5年(2023年)10月 8日 日曜日

今月の1日の日曜日、
西宮市の自宅近くを歩ていると、

黄花秋桜(キバナコスモス)が咲いているのを
見かけた。

黄花秋桜 Screenshot_2023-10-01-11-27-16-27

黄花秋桜 Screenshot_2023-10-01-11-27-09-70

キバナコスモスはキク科コスモス属の植物で
メキシコが原産地とされ、
欧州に渡り、その後、大正時代に日本に
園芸用として渡来したという。

黄花秋桜(キバナコスモス)の学名は
Cosmos sulphureus(コスモス・スレフレウス)である。

これは
「美しい飾りや秩序」を意味するギリシア語の
kosmosと
同じくギリシア語で、「硫黄色の」を意味する
sulphureusに由来する。

黄花秋桜という和名は
花がコスモスの花に似ていて、
黄色やオレンジ色の花を咲かすことに由来する。

黄花秋桜(キバナコスモス)の花言葉には
「野性的な美しさ」がある。
これは、
キバナコスモスはとても暑さに強く、
また、乾燥にも強く
病気や害虫も簡単には寄せ付けず野生でも
育つ
自生力も強いこの特徴に由来している。

また、他に
「幼い恋心」という花言葉がある。
これは、夏から秋にかけて
長い期間花を咲かせる姿が可愛らしく姿に由来するとされ
その姿が幼い少女の恋心を連想させたかもしれない。


今月の10月1日(令和5年)に見かけた
黄花秋桜(キバナコスモス)の花にアゲハ蝶が
止まっていた。

黄花秋桜とアゲハ蝶 Screenshot_2023-10-01-11-27-39-66

赤丸内にアゲハ蝶

そのアゲハ蝶が
「幼い恋心」という可憐さと
「野性的な美しさ」という強さを兼ねた美しさの
遺伝を伝えていく。


当ブログで、他の花の花言葉について書いた記事への目次ページで各記事へのリンクがあります。
花ことばの目次

言霊・楽習社(がくしゅうしゃ)ブログの目次ページ
https://kuwatea.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
語源や雑学などカテゴリーごとに分類して、当ブログの過去の各記事へのリンクページに誘っています。

テーマ:花ことば  - ジャンル:学問・文化・芸術


本日(令和5年10月3日)の夜明け前、西宮の自宅を出る時、久々に長袖服を羽織って外出した・・・この5日前は熱帯夜で真夏日だったが

今日は、令和5年(2023年)10月 3日 火曜日

今日の夜明けの前の午前5時前
仕事にゆっくり時間をかけて出勤するため
西宮市の今津駅近くの家を出ると、
もう長袖の服を半袖服の上に羽織らないと
寒く感じてしまう気温であった。

6時25分ごろには
神戸三宮駅に着いたが、
神戸の本日の最低気温は18.2℃(午前5時08分)
と平年より0.9℃低い
最低気温となった。

5日前の9月28日の
最低気温が25.7℃の
熱帯夜であったことを思うと
この5日間で一気に秋めいた
気候になった。

ただ、日中はまだ暑く
今日の最高気温は26.2℃(14時05分)と
夏日で、平年の最高気温より0.7℃高い。

ただ、5日前の9月28日の最高気温が
31.3℃と真夏日だったことを思うと
先日の日曜日の雨をもたらした前線が南下
したことを経緯に秋の空気に切り替わったと
思うのである。

言霊・楽習社(がくしゅうしゃ)ブログの目次ページ
https://kuwatea.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
語源や雑学などカテゴリーごとに分類して、当ブログの過去の各記事へのリンクページに誘っています。

テーマ:気象 - ジャンル:学問・文化・芸術


10月1日の18時で1年のうち4分の3を経過・・・10月1日は夏日だが今年が終わるころには冬の寒さを感じているだろう

今日は、令和5年(2023年)10月 1日 日曜日

本日の18時で、1年のうちの4分の3を経過したこととなる。

1年=365日=8760時間であるが、

その8760時間4分の3は6570時間であるが、

1月1日の元日の午前0時からの
6570時間後は、10月1日18時となる。

地球が1月1日0時にあった位置から
太陽の周りを4分の3週したこととなる。

今年のうちの4分の3を経過したことを思うと
月日が経つ早さを感じてしまう。

今年はあと、10月1日18時現在で
2190時間=91日と6時間。

私が住む西宮市に近い神戸市の
今年の10月1日の16時までの
最高気温は27.0℃と
平年のそれよりより1.1℃気温が高い
夏日であったが、
あと91日も経てば、
大晦日の
平均最高気温は10.3℃なので
寒い冬に
なっているだろう。


言霊・楽習社(がくしゅうしゃ)ブログの目次ページ
https://kuwatea.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
語源や雑学などカテゴリーごとに分類して、当ブログの過去の各記事へのリンクページに誘っています。

テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術