fc2ブログ
言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを
随時更新中です。

https://kuwatea.blog.fc2.com/blog-entry-1.html



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



ディエゴ・マラドーナと船場太郎、この2名の訃報を受け1980年代を思い出す

今日は、令和2年(2020年)11月28日 土曜日

今週の訃報のニュースで2名の方の訃報を触れ
私が小学生から中学生のころの1980年代を思い出した。

その訃報のひとつは
世界的なスーパースターの
ディエゴ・マラドーナ氏の訃報である。

私が初めて、サッカーのワールドカップをテレビで見始めたのは
私が中学1年生の時の、1986年(昭和61年)のメキシコ大会からである。

兄がサッカーをしていた当時、高校1年生の兄が
メキシコ大会を見ていて、私も少しずつ見ていた。

準々決勝で、アルゼンチンとイングランドが対戦する直前、
その4年前の1982年にアルゼンチンとイギリスが
フォークランド紛争で直接戦火を交えたことがあり、
因縁の対決として報道されていたことを覚えている。

その準々決勝のアルゼンチンVSイングランドで
マラドーナ氏の伝説の5人抜きのゴールが生まれたのであった。

私の当時の記憶としては、
その5人抜きの準々決勝よりも
決勝戦が日本時間の午前3時から行われるので
兄と一緒に3時前に起きて、
アルゼンチンVS西ドイツの決勝戦を見た覚えがある。

アルゼンチンが勝利して、マラドーナ氏が
ジュールリメ杯を掲げる光景の中継を見た記憶が残っている、

さて、もうひとりの1980年代を思い出す訃報は
吉本新喜劇元座長の船場太郎氏の訃報である。

小学生から中学生のころ土曜日の午前中のみの授業が終わって
帰宅して、昼食をとりながら、お昼の1時からの
吉本新喜劇を見るのが楽しみで、
船場太郎氏などが出演していたのを思い出し、
帯谷孝史氏の鉄板のポットネタは面白かった。

今週このディエゴ・マラドーナ氏と船場太郎氏の訃報を受け
今から30年前のころをふと思い出したのであった。

YouTube 伝説の名実況 「マラドーナの5人抜き」 NHK山本アナ
https://www.youtube.com/watch?v=7hzCyPUnk6o


YouTube 船場太郎 帯谷孝史 ポットネタ よしもと新喜劇 1988年
https://www.youtube.com/watch?v=nrqdPqnreTQ


スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


8年ぶりの京都、寺町通のパリ21区で、ロコモコをいただき、聖護院近くの泉輪で、ミルクセーキを飲み干す

今日は、令和2年(2020年)11月22日 日曜日

先日の18日、
用事があり8年ぶりに京都市を訪れた。

寺町通を歩きつつ、昼食先を探していると
ハンバーグなどのメニューが展示されているところがあり
2階の入り口に向かった。

パリ21区 入り口

このお店はパリ21区という名前の店である。
(フランスのパリ市の区の数は、実際は20区、店名の由来はわからないが、
パリの21番目の区という思いがあるのだろうか?)

店内に入り、窓際の席に案内された。
窓際から寺町通の様子が見える。

パリ21区 窓から1

パリ21区 窓から2

また、店内用様子を見回した。
パリ21区 内部

さて、
私は、外の展示にあったロコモコが目に留まり
このパリ21区に入った。

パリ21区 ロコモコ
ハンバーグの上の半熟卵、その下に紫蘇の葉があり、
さらに炒り卵があり、そしてシメジが添えられていた。
このロコモコはとてもおいしかった。

ロコモコを食べた後は紅茶をいただいた。

パリ21区 紅茶

紅茶を飲みつつ、持っていた資料に目を通し、
14時ごろまで、パリ21区にいた。

その後、用事先の左京区の聖護院の近くに就いたが、
用事先から予定を30分遅らせて欲しいという連絡があり、
聖護院近くの泉輪という喫茶店で時間をつぶすことにした。

そこでミルクセーキを頼んだ

ミルクセーキ
ミルクセーキを口にするのは久々でおいしくいただいた。

テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


今月(令和2年11月)のある日、当ブログが登録ジャンルで約19000人中1位になった・・・その原因は、私が住む近畿地方で放送していない午前6時50分過ぎの林先生のコーナー

今日は、令和2年(2020年)11月18日 水曜日

当ブログはFC2のブログで
登録ジャンル「学問・文化・芸術」で、サブジャンルで「その他」に
しているが

先日の11月14日6時38分更新で
過去約24時間でのランキングで
「学問・文化・芸術」「その他」ともに1位となった。
ランキング1位 令和2年11月14日

「学問・文化・芸術」では、前日の140位から
19603人中で1位。

「その他」では、前日の25位から
2802人中で1位。

「学問・文化・芸術」
ランキング1位T3 令和2年11月14日

「その他」
ランキング1位T3s 令和2年11月14日

アクセスに関するデータを見ると
1日当たりのデータで、
前日までは、約120から140であったが、
11月13日は1000を超えていた。
日別アクセス

11月13日の9時までの
時間別アクセスに関するデータを見ると
時間別アクセス

通常2桁のアクセス数であるが、
6時代だけ800を超える数に急増している。

どのような検索キーワードでアクセスがあったかを見てみると

検索キーワード

「訪れの由来」で検索されている。


そして、11月13日の6時台に当ブログの記事で
「訪れ」の語源について書いた記事に2つの拍手があった

拍手 6時台 訪れ

11月13日の
都道府県別のアクセスで上位10位を見ると

都道府県別アクセス

東京都、千葉県、神奈川県などの関東地方、
他には、山口県、静岡県、石川県、長野県からのアクセスがあった。
一方で、私が住む兵庫県をはじめ近畿地方の府県がない。

上記の都県では放送されているが、近畿地方では放送されていない
テレビ朝日の「グッド!モーニング」で、いつも
午前6時50分過ぎに放送されている

「林修のことば検定プラス」というコーナーで

今年の11月13日に

「訪れの由来」に関する出題があった。

それで、「訪れの由来」というキーワードで
検索され、私のブログの
「訪れ」の語源について書いた記事がクリックされたのだろう。

当ブログの「訪れ」の語源について書いた記事が
前回に拍手があったのは
2018年(平成30年)11月12日の6時台であるが、
実はこの時も「林修のことば検定プラス」で
「訪れの由来」に関する出題があり、
そして、今年の11月13日に再出題として
「訪れの由来」が出題されたのだ。


当ブログの「訪れ」の語源について書いた記事は
平成20年(2018年)3月23日にアップした記事だが、
それが、マスコミのクイズ出題で、10年後、12年後に
多くの方々から急にアクセスされることとなり、
登録ジャンルで1位になるほどのアクセスとなったのだ。

記事をアップした時に10年後以上先に
そのようなことが生じると全く想像していなかった。

同様の理由で
登録ジャンルで1位になるほどのアクセスは
今年の6月にも
「幼気(いたいけ)」の語源について書いた記事でもあった。
そのことについては、今月2日に当ブログ開設15周年について
書いた記事で説明している。


このブログ内の関連記事

訪れ ~ 音とともに

言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ブログ開設15周年・・総記事数4084本、10年以上前にアップした記事に「拍手」されていると、15年続けてきて良かったなと思う

幼気(いたいけ)、その語源・・・心が痛むほどに

テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


11月15日は第1回先進国首脳会議(主要国首脳会議)が開催された日・・・サミットの歴史を少々振り返る

今日は、令和2年(2020年)11月15日 日曜日

今から45年前の今日の
昭和50年(1975年)の11月15日(土曜日)
第1回先進国首脳会議(主要国首脳会議)が
フランスのランブイエ(パリの南西約50kmの位置にある)で開催された。

昭和48年(1973年)に発生したオイルショックによる世界的不況の対応をきっかけに
フランスのジスカールデスタン大統領が
アメリカ、日本、西ドイツ、イギリスに呼びかけ、また、お呼びされていなかった
イタリアも参加して、6か国の先進工業民主主義国によるサミットが開催され、
参加国の順々を開催国として毎年開催されるようになった。

第2回の昭和51年(1976年)にはカナダが参加した。


そして、平成10年(1998年)には、ロシアが正式参加したが、
ロシアは経済的に先進国と言えない状況なので、
先進国首脳会議から主要国首脳会議と呼ばれるようになった。

そのロシアであるが平成26年(2014年)に、
ロシアがクリミア併合したことにより、その行為は国際法違反と批判して、
ロシアの参加資格停止となった。
参加国は、アメリカ、日本、ドイツ、イギリス、フランス、イタリア、カナダの7か国で
G7と呼ばれる。

一方、第1回から45年経つが、その間にG7以外の国々の経済成長して、
2019年の世界のGDPランキングを見ると

 1位 アメリカ
 2位 中国
 3位 日本
 4位 ドイツ
 5位 インド
 6位 イギリス
 7位 フランス
 8位 イタリア
 9位 ブラジル
10位 カナダ

トップ10のうち2位の中国、5位のインド、9位のブラジルは
参加しておらず、その3か国とロシアが参加するG20に参加しており
G7よりもG20の方が重要と認識される側面もある。

さて、今年のG7サミット(主要国首脳会議)は3月に
アメリカで開催予定であったが、新型コロナの感染拡大で行われず
また8月には、アメリカ大統領選挙後に開催するとトランプ大統領は
言っていたが、大統領選挙の投票後の混乱が続いており
実際開催されるのかどうか未定で、中止の可能性がある。

さて、主要国首脳会議の日本では以下の年と場所で6回開催されている。

昭和54年(1979年) 東京
昭和61年(1986年) 東京
平成 3年(1991年) 東京
平成12年(2000年) 沖縄県名護市
平成20年(2008年) 北海道洞爺湖町
平成28年(2016年) 三重県志摩市


昭和61年(1986年)の東京サミットの時
サミット開催に合わせて
フジテレビの「ひょうきん族」で「東京茶ミット」という
パロディコメディがあったが、ネーミングだけ覚えていて
どのような内容だったか記憶があまりない。

平成 3年(1991年)の東京サミットは
同年7月7日から9日に開催され、
議長は日本の首相は宮澤首相であったが、
その前月の6月18日に選挙制度改革の政治改革法案成立断念により
内閣不信任決議案が可決され、衆議院総選挙実施中のサミット開催であった。
7月18日投票で
宮澤首相の自民党が選挙で負け、非自民連立政権が成立した。


平成12年(2000年)の沖縄サミットは同年7月に開催され
当時の森首相が議長であったが、サミットの沖縄開催を決めたのは
平成12年4月に首相在任中に脳梗塞で倒れ、同年5月に亡くなった
小渕恵三氏であった。

小渕恵三氏は沖縄が第2次世界大戦中からの歴史を鑑み
第二の選挙区、古里と思っており、
サミットの沖縄開催を決断した。

沖縄サミットの首脳会合が開催された沖縄県名護市にある万国津梁館には
小渕恵三氏の銅像があり、彼の座右の銘である

宿命に生まれ
      運命に挑み
         使命に燃える


という言葉が刻まれている。


このブログ内の関連記事

今から、10年前の今日の2000年4月2日 小渕首相、脳梗塞で倒れる・・・「宿命に生まれ、運命に挑み、使命に燃える」という小渕恵三が残した言霊に心が揺さぶられるものがある

テーマ:今日は何の日? - ジャンル:ニュース


新型コロナ感染拡大とアメリカ大統領選挙・・・バイデン氏当選確実報道、新型コロナが国際政治に変化をもたらることとなる

今日は、令和2年(2020年)11月 8日 日曜日

アメリカ大統領選挙で、バイデン前副大統領の
当選確実がアメリカの大手メディアで報じられた。

今回のアメリカ大統領選挙は
新型コロナウイルス感染拡大が大きな影響を与えた。

それは、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため
郵便投票の条件が緩和された。

この郵便投票が選挙結果に大影響を与えた。

郵便投票はバイデン氏に投じた票が多いとされる。
まず、バイデン氏の支持者は、
新型コロナウイルス感染拡大対策を重視し、かつ
感染リスクを恐れる人々が多く
その方々が郵便投票をしたとされる。

また、民主党への支持が比較的多いとされる黒人層も
郵便投票はメリットを感じる方々多かったかもしれない。

なぜかというと、黒人に対する投票妨害がアメリカで
見られているからだ。
黒人が多い地域での投票所削減が
共和党が強い州を中心に報告されている。

そのような地域に住む黒人の方々は
郵便投票を利用する動機付けは高くなる。

また、バイデン候補は支持者に
郵便投票を呼び掛けた。

その郵便投票が多くなされてこともあり
今回の大統領選挙は、過去100年で最高の投票率となった。

激戦州の開票で当初トランプ大統領が優勢だった州で
郵便投票分の開票が進むにつれて、バイデン前副大統領優勢となり
アメリカの大手メディアが、バイデン前副大統領の当選確実を報じた。

一方、現職のトランプ大統領は、
その郵便投票に不正があると主張して、敗北を認めていない。

もし、客観的な不正の証拠を提示できた場合は
法廷闘争の訴訟で、なかなか正式な選挙結果の確定できず
混乱が続く可能性がある。

勝利宣言演説でバイデン前副大統領は
分断ではなく団結を呼びかけたが、

トランプ大統領支持者が過激化して
テロや暴動、そのトランプ支持者に対する
反発による暴力事件などで治安悪化の可能性があり
議会の上院で共和党が多数になる可能性が残されており
バイデン氏が思う通りに政権運営ができるとは限らない。

政権交代が実現すれば、アメリカ第一主義から
国際協調路線になると思われる。
トランプ大統領は、温暖化防止のパリ協定や
イラン核合意から脱退したが、
バイデン氏は復帰の方向で考えている。

今回のアメリカ大統領選挙は
郵便投票など新型コロナウイルス感染拡大の影響が
選挙結果に影響し、かつ、それは国際政治にも
変化をもたらすことになる。

テーマ:コロナウイルス感染症 - ジャンル:ニュース


都構想開票特番後、未来少年コナンの最終回を久々に見た!!・・・未来少年コナンとラピュタ、波平さん、そして、のび太君

今日は、令和2年(2020年)11月 4日 水曜日


11月1日の夜、大阪都構想の住民投票の開票速報の
NHKや民放で特番を見ていて、日付が変わって
深夜0時55分頃にNHKにチャンネルを合わすと

未来少年コナンが放送されいて
チャンネルを切り替えたばかりで「最終回」
と画面の上部で表示されていた。

未来少年コナンのデジタルリマスター版が
今年の上半期から放送されいたが、
偶然、初期のころの
ダイス船長がロボットでインダストリアから
ラナを連れ去る回をだけを見たが、
通常、放送時間帯は就寝しているので
その後、全く見ていなかったが、
たまたま、大阪都構想の住民投票の開票速報を
見続けていたので、未来少年コナンの最終回を
たまたま見ることになったのだ。

未来少年コナンが最初にNHKで放送されたのが
昭和53年(1978年)で、
また、宮崎駿氏が全話の演出を担当して、
実質的な監督デビュー作であり
宮崎駿アニメの原点とも評されるものである。

昭和48年(1973年)生まれである私は
昭和53年は5歳で、それは見ていなかったが

私が初めて、未来少年コナン見たのは
小学生の時の夏休みに放送されていた
夏休み子供アニメだった。

その後、他に未来少年コナンがどこかの
放送局で放映されていたのを見たりもしていた。

先日、たまたま、未来少年コナンの最終回を見ていた時、
コナンがまだみつかっていない状況から見始めたが、
その後、コナンがラナのアジサシを通じたテレパシーで
コナンの居場所を見つけ、
コナンと再会できた喜びでラナがコナンがいる海に飛び込んだ後
ジムシーも海に飛び込もうとしたら
ダイス船長がジムシーの髪をつかんで
「野暮はよせ」と言って制止した場面も
覚えていて、実際に放送を見たら、
私の記憶が間違っていなかったことを確かめた。


コナン発見後に
ラナのおじいさんラオ博士が亡くなり、
そして、ハイハーバーで
バラクーダ―号の進水式とともに
ダイス船長とモンスリーの挙式を行われ
残され島に向かって出港するが、
残され島のあたりの海域に大きな陸地を
見つけ、よく見ると、地殻変動で隆起した
残され島だった。そこでおしまいになる。

その最終回は過去に見た時の記憶通りだったが
懐かしく思った。

さて、この未来少年コナンが時代設定は
2028年であるが、
2008年に核兵器以上の威力のある
超磁力兵器による最終戦争が勃発して、
五大陸は変形し、世界各地の都市は海中に没した。

今年は、2020年であるが、未来少年コナンの世界では
もうすでに最終戦争によって、世界各地の都市は海中に没した
状態になっているのである。
そして、2016年に生まれたコナンは4歳になっているのである。

現実の2020年は世界最終戦争ではないが、
新型コロナウイルスの脅威で世界的に大混乱している。


昭和53年(1978年)に未来少年コナンを
放送した後に、宮崎駿氏は続編を構想して
「未来少年コナン2」を企画したが実現できず、
その構想をベースに作られた作品が天空の城ラピュタであった。


未来少年コナンの悪役で世界征服を狙うレプカと
天空の城ラピュタで世界征服を狙うムスカと
キャラクターが重なる。

ちなみに、未来少年コナンのダイス船長の声が
なにか聞き覚えあるなあと思ったら
声優さんは永井一郎氏で
亡くなる平成26年(2014年)までサザエさんの
波平の声を務めた。

そして、主人公のコナンの声を務めた
小原乃梨子さんは、未来少年コナンの翌年の
昭和54年(1979年)から平成17年(2005年)まで
ドラえもんののび太君の声を務めている。


さて、私は先日、未来少年コナンの最終回を
久々に見ることになった理由は
大阪都構想の住民投票の開票速報を見ていて
深夜まで起きていたからであったが、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大阪都構想の影響で「未来少年コナン」最終回録り逃し 絶望・・・でも「視聴チャンス」はまだある!
(J-cast 2020年11月2日 14時46分)

「コナン最終回」。2020年11月2日、ツイッターのトレンドワードに入った語句
がユーザーをどよめかせている。
「名探偵コナンの方かと」と、"コナン違い"で驚く人もいるが、
NHKが放送していたアニメ「未来少年コナン」(日曜・深夜0時10分)デジタルリマスター版のことだ。

荒廃した地球で、人類の存亡をかけて立ち上がる少年「コナン」の冒険を描く同アニメは
11月2日深夜に最終回「第26話『大団円』」を迎えた。
ただ、大阪都構想住民投票番組延長の影響で「録画したのに、録り逃した」人たちが、
ツイッター上で恨みつらみを滲ませている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、都構想住民投票番組延長で、
未来少年コナンの最終回を録画できなかった方々が
おそらく関西地方で多くいたようだが、
私は録画も必要がないほど
未来少年コナンの最終回の記憶がしっかり残されている。


このブログ内の関連記事
サザエさん、磯野波平役としての最後の永井一郎さんの声を耳にして・・・最後の台詞は何だったでしょう

声優の永井一郎さん(サザエさんの波平役であった)は、もともと俳優志望であったが、俳優になれず、当時マイナーな職であった声優をすることとなり、それがライフワークとなった

テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ブログ開設15周年・・総記事数4084本、10年以上前にアップした記事に「拍手」されていると、15年続けてきて良かったなと思う

今日は、令和2年(2020年)11月 2日 月曜日

本日で、このブログを平成17年(2005年)11月2日から

「言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~」

を書き続けて15周年になる。

10周年までは、毎日更新して、
それ以降は週1回+αで更新していたが、

13周年から14周年の間の
約4か月間、パソコン故障のため
ブログの更新を休止していたことがあったが、
この1年は無事は週1回+αで更新できて、
この1年は記事数は91本増え
今回の記事を含めては当ブログの開始以来の
総記事数は4084本となる。

10周年までは毎日アップし続けてきたので
10周年目では3655本の記事数だった。

この5年間は、約4か月間をブランクを除いて
週1回+αで更新で、
429本の記事をアップしたこととなる。

もう、4000本以上記事をアップしていたら
それなりに日々アクセスされているようで、

当ブログがFC2のランキングで登録している

日々のランキングで
ランキング 1031
画像は10月31日付のランキング

「学問・文化・芸術」で、約18000人から22000人中で
2桁の順位

サブジャンルの「その他」で、2600人から3200人中で
1桁の順位であることがあるが、


6月13日の6時台更新のランキングで
「学問・文化・芸術」と「その他」でともに1位であったことが
翌日の6月14日に知った。

ランキング1位 c
画像は6月14日付の翌日のランキングで「昨日」の順位が1位

6月12日の6時台から6月13日の6時台の間でのランキングが
1位であったということだが、
6月12日の6時台と7時台に3つ拍手をいただいた記事があった。

それは
幼気(いたいけ)、その語源・・・心が痛むほどに

という「幼気(いたいけ)」の語源について書いた記事であった。

ちょうど6月12日の午前6時50分過ぎに
テレビ朝日の「グッドモーニング」で
に関する出題をする
放送をしていたのだ。

その出題を受け、おそらく、グーグルで
「幼気(いたいけ)」について検索がなされ
私のブログの記事がアクセスされ
それで、この日の6時台と7時台にかけて3つの拍手がつき
「学問・文化・芸術」と「その他」でともに1位になるほどの
アクセスがあったのだろう。

ちなみに、この「幼気(いたいけ)」の語源に関する記事には
2017年6月12日の6時台にも2つの拍手があった。

それも今年と同じ6月12日、

それは、今年の6月12日に
テレビ朝日の「グッドモーニング」で林修先生の
ことば検定で「幼気(いたいけ)」の出題は
3年前の6月12日に出題された「幼気(いたいけ)」を
再出題したものであった。

マスコミでの放送の影響で、記事への拍手やアクセス数が
増えたりすることもある。


この「幼気(いたいけ)」の語源の記事は
2014年(平成26年)1月8日にアップした記事であったが、

先日の10月28日の8時代に拍手された
この

時雨の語源は?・・・・時雨の時って、しばらく空が暗くなり、一時的に雨が通り過ぎ、時には強い風もともなうこともありますね

と「時雨」の語源について書いた記事は
11年前以上の
2009年(平成21年)1月3日にアップしたものであるが、

10年以上前にアップした記事でも、
誰かの目に留まり、何か有益に感じてもらい、拍手をいただくと
このブログを15年続けてきて良かったなと思う。


このブログ内の関連記事

言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ブログ開設14周年・・・この1年、4か月の中断はあったが、平成から令和の変わり目にも記事をアップできた、令和時代も「歴史の目撃者」として、ブログに書くことになるのだろう

言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ブログ開設10周年、10年間毎日書き続けて、様々な知を吸収してきた。知という文化遺伝子(ミーム)を残すことを果たせたらと思う 



テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術