fc2ブログ
言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを
随時更新中です。

https://kuwatea.blog.fc2.com/blog-entry-1.html



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



令和2年になってから1か月になる・・・1週のうち約8.33%を進むことが続き、季節が変わり、年月が進む

今日は、令和2年(2020年)1月31日  金曜日

令和2年になってから1か月になる。
今から1か月前はまだ令和元年の去年だった。

1ヵ月が過ぎるのは早いなあと思う。
地球が太陽の周りを12分の1週≒0.0833週 
1週のうち約8.33%を進んだに過ぎないが、
また、地球が太陽の周りを1週のうち約8.33%進み
1ヵ月が過ぎ、また、それが同じように続き
季節が変化して、年月が進んでいくのである。

スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


連日、中国での新型肺炎の報道が盛んな中、日本でのインフルエンザによる年間死者数を見てみた

今日は、令和2年(2020年)1月26日  日曜日

主に中国で発症している
新型コロナウイルスによる新型肺炎の報道が連日報道され、
特に発症者が多い人口1000万人を超える大都市
中国の武漢市では、封鎖状態になっている。

さて、日本国内でも中国国籍の方が発症しているが、
現時点では、感染力は通常のインフルエンザ並みとも
言われるが、さて、そのインフルエンザによる
日本国内での死亡者数のデータを見てみる。

平成29年(2017年) 2569人
平成30年(2018年) 3323人

 データは、厚生労働省 平成30年(2018)人口動態統計月報年計(概数)の概況  P34より

と、近年では、年間、2500人から3000人が
インフルエンザにより、亡くなっていているが、
あまり報道もされないので、大騒ぎになることはない。

現時点では、新型コロナウイルスによる新型肺炎の
感染力や致死率は通常のインフルエンザ並みとされているので、
毎年、みなさんが、インフルエンザ対策でするような
手洗い、うがいなどの対策をするぐらいでいいのではと思う。

ただ、新型肺炎のウイルスが変異して、
強毒化して致死率が上がったり、感染力が増すことがない
とは言い切れないので、最新の情報は注目
しておけばと思います。


テーマ:医療・健康 - ジャンル:ニュース


昨日もまた、2週連続で土曜日の19時頃、いつもは混雑しない自宅近くの最寄駅のホームが混雑していて、制服姿の方々がホームに多くいて

今日は、令和2年(2020年)1月19日  日曜日

ちょうど、当ブログのちょうど1週間前の記事

昨日、いつもは混雑しない自宅近くの最寄駅のホームが混雑していて、「あっ、残りの日だったなあ」 で、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日の19時過ぎ、仕事帰りで
西宮北口駅の
自宅からの最寄り駅の阪急今津線の(南線)の
電車に乗ると、いつもの土曜日にしては人が多いなと思った。

(中略)

私の自宅からの最寄り駅である阪急今津駅に到着すると
また、ホームもいつもの土曜日以上に混雑しているのが見えた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と書いたが、昨日の土曜日も19時前も
同様に2週続けて、いつもの土曜日にしては人が多いなと思った。

先週の場合は、えびす神社の総本山である西宮神社の残り福の
参拝の関係で多かったのだが、
昨日の場合は、ホームに立って待っている多くの方々は
未成年に思える方々で、かつ、学校の制服を着ていた。

昨日は、大学入試センター試験1日目が行われ
外国語のリスニング試験が18時過ぎに終わっていたが、
今津駅のホームにいた多数の学生の方々は
試験に参加した方々だろうと思った。

西宮市では、関西学院大学、大手前大学、神戸女学院大学、武庫川女子大学が
試験会場となっていて、阪神今津と阪急今津の乗換駅で、人が多いとなると、
おそらくは、阪神沿線の武庫川女子大学、大手前大学で受験した方々だろう。

それにしても、
いつもは土曜日の19時ころなら、それほど混雑しない
阪急今津駅のホームが
2週連続で土曜日の19時頃が混雑していて驚いたが、

何かの大きなイベントがあると混雑するものだなあと思った。



テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


阪神淡路大震災から25年・・・当時大学3回生の私は下宿屋で被災した。住処を選ぶことは生死を分けることにもなるのだ

今日は、令和2年(2020年)1月17日  金曜日


今日で、平成7年(1995年)に発生した
阪神淡路大震災から25年になる。

25年で改めて思うことは
2年前のこの日のブログ記事

2018年1月17日の記事
人生とはいつも死と隣りあわせで、現在、元気で生きていることが奇跡かもしれない・・・・阪神淡路大震災で被災して23年で思うこと

と内容が重なる部分はあるが、

当時、関西学院大学法学部政治学科の3回生であった私は
西宮市上ヶ原二番町の下宿屋に住んでいた。

上ヶ原番町一番町にある関西学院大学の上ヶ原キャンパスから
すぐ近くで、法学部があるA号館やB号館には徒歩5分ほどの
ところに下宿屋があった。

あの地震で
下宿屋の傾きは5度から10度の間ぐらいで
あったが居住危険と判断され全壊認定された。

被災後の後片付けに実家から手伝いに
きてくれた父が、
傾いた下宿屋の崩れた外壁の中に見えた
筋交いを見ていた。
すると、材木屋で働いていた父が

「この筋交いが無ければ完全につぶれていたかもな」

とつぶやいた。

全壊扱いだが、ただ少々傾いただけで大破することがなく
生命に危険が及ぶことはなかったのだ。


一方、関西学院大学の上ヶ原キャンパスから
徒歩で約15分前後、自転車で約5分ぐらいの距離にあり
上ヶ原四番町や上ヶ原五番町にて、
1階が押しつぶされて大破した下宿屋に居住していた
関西学院大学の学生の数名が亡くなっていた。


ふと、今になって思ったのが、
私が関西学院大学に合格した半月後の
平成4年(1992年)2月下旬にて、
下宿屋選びが人生の分かれ目になていたのだなと思った。

私は、和歌山県御坊市に住む高校生であったので、
上ヶ原近辺のことはあまりわからず、
大学のキャンパスから離れたところまで
歩いて下宿屋を探す気にもならず、
法学部が主に利用するA号館やB号館から
徒歩5分ぐらいのところにあった、
ちょっど出窓があって、四畳半一間の部屋でも
少し広くなるかな思って、
上ヶ原二番町の下宿屋を選んだのだ。

その土地の地質や下宿の構造などが影響して
震度7に近い震度6の激しい揺れにも耐え
倒壊することもなく、私は無傷で済んだ。

あまり土地勘がなく、いろいろキャンパスから離れてまで
歩いて探すのは面倒だから、近くの下宿屋に決めた
そのずぼらさと楽して探したいという気持ちが
結果的に、生命の危機に遭遇することを回避したのであった。

もし、下宿探しの時期が遅れていたら、
大学のキャンパスの近くの下宿屋は満室になってしまい
キャンパスからやや離れた下宿屋を選び
そこで、人生を終えていたのかもしれない。


住処を選ぶということは
生死の境目を選ぶことにもなるのだと

当ブログの
阪神淡路大震災リンクを載せますが、特に「2010年1月17日の記事」は
あの日、私が被災地の真っただ中にいた時の様子を


2010年1月17日の記事
阪神淡路大震災から15年・・・・被災地の真っただ中にいた私の地震直後の経過と私が見れなかった発生直後の地震報道の経過を振り返る

にて、詳しく書いています。


関西学院大学生が亡くなった被災下宿について

神戸大学ニュースネット 特集 震災から2年 被災下宿は今…【関西学院】


に、詳しく記載されています。



このブログ内の関連記事


阪神淡路大震災リンク

2006年1月17日の記事  「風化」の語源と「震災」の風化懸念
あれから11年、「風化」が懸念されている

2007年1月17日の記事
地震直後に風呂に水を貯めた人がいた ~阪神・淡路大震災から12年

2008年1月17日の記事
震災時のコミュニケーションの確保 ~ 阪神・淡路大震災から13年 震災時の「赤い伝言カード」

2009年1月17日の記事
大地震による地滑り災害の脅威 ~ 阪神淡路大震災から14年、西宮市仁川の地滑り災害が埋もれた記憶にならないように

2010年1月17日の記事
阪神淡路大震災から15年・・・・被災地の真っただ中にいた私の地震直後の経過と私が見れなかった発生直後の地震報道の経過を振り返る

2012年1月17日の記事
阪神淡路大震災から17年・・・2つの7連覇チームと平成の2つの大震災・・伊勢湾台風から17年後を比べつつ

2013年1月17日の記事
阪神大震災で、実は津波が発生していた!・・・大阪湾断層帯大地震で神戸に5分以内に4mを超す大津波が来襲!!

2014年1月17日の記事
阪神淡路大震災から19年、被災地だった西宮はあの大災害の面影は今はなく・・・・前回の東京五輪は終戦から19年後だったなあ

2015年1月17日の記事
阪神淡路大震災20周年・・・20年で様変わりし、震災の面影なき西宮北口を見ると、東日本大震災での震災遺構保存は記憶の伝承のために必要だと思う


2018年1月17日の記事
人生とはいつも死と隣りあわせで、現在、元気で生きていることが奇跡かもしれない・・・・阪神淡路大震災で被災して23年で思うこと



2014年2月13日の記事
私の人生と平成の2つの大震災・・・2月13日は、その2つの大震災の中間日

1月17日のもうひとつの大きな出来事
2011年1月17日の記事
砂漠の嵐作戦が始まったのは、今から20年前の今日の1991年1月17日・・・湾岸戦争開戦


テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術


昨日、いつもは混雑しない自宅近くの最寄駅のホームが混雑していて、「あっ、残りの日だったなあ」

今日は、令和2年(2020年)1月12日  日曜日

昨日の19時過ぎ、仕事帰りで
西宮北口駅の
自宅からの最寄り駅の阪急今津線の(南線)の
電車に乗ると、いつもの土曜日にしては人が多いなと思った。

あっ、「今日は、残り福だなあ」思った。

そして、西宮北口駅を出て、約3分ほどで、
終点かつ私の自宅からの最寄り駅である阪急今津駅に到着すると
また、ホームもいつもの土曜日以上に混雑しているのが見えた。

阪急今津線は阪神電鉄の今津駅と隣接していて、
阪神の今津駅から西にひと駅行けば、
えびす神社の総本山である西宮神社の最寄り駅の
阪神西宮駅がある。

阪急今津駅の3階ホームから、2階の入り口絵行くため
階段を降りようとしたら、上っている方々の人が多くいて、
なかなか降りれなかった。いつもはこんなことはない。

それは、おそらく、西宮神社から戻ってきた方が上が
阪神電鉄の今津駅から降りて、阪急今津駅に移動してきた
方々だろう。

いつもはスムーズに移動できる駅が
混雑していると驚くものである。

ちなみに、阪急今津駅が混雑している時は他にもある。
それは、阪神の今津駅の東方面に2つ目の駅である
阪神甲子園駅から来る方々。

阪神タイガースの試合が終わった後などは
混雑している時がある。


テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


米軍によるイラン革命防衛隊司令官殺害事件は、21世紀史を大きく左右するできごとになるかもしれない

今日は、令和2年(2020年)1月 5日  日曜日

新年早々、国際政治を大きく揺るがすニュースが飛び込んできた。
それは、もしかしたら、今後の展開次第では、21世紀史を
大きく左右するできごとになるかもしれない。

それは、米軍が、イランの国民的英雄でもある
イラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官を
殺害したことで、両国関係は一気に緊張が高まり
一触即発の状態になっていることである。

両国の軍事衝突はあるのか?
軍事衝突した場合、短期的で限定的になるのか?
大規模な戦争に発展するのか?

今後、どのような展開になるか不測である。


ただ、中東地域の大規模な戦争に発展する可能性はゼロでは
ないかもしれない。


イランはシリアのアサド政権を支援、
そして、イランの影響と密接な関係があり、
レバノンに拠点を持つ、度々、イスラエルと交戦をしている
民兵組織ヒズボラがあるが、
今回のソレイマニ司令官殺害を受けて、
ヒズボラの指導者ナスララ師は
米国への報復を警告。
また、イエメンで活動をしている親イラン武装組織「フーシ派」も
米国への報復を示唆した。

そして、イラクのシーア派の地域、そして、バーレーンで
親イランの義勇軍的な活動が活発化するかもしれない。

ヒズボラ、シリア、イランは長年、イスラエルと対立関係にあるが、
米国のトランプ政権はかなり親イスラエル政策を取ってきており、
米国対イランの戦争が勃発して、中東情勢が不安定化するなか、
イスラエルを交えた戦争になる危険もないわけではない。

そんなドミノ倒し的に戦火が拡大するリスクがあるなか、
イランは、今回のソレイマニ司令官の殺害は開戦に等しい行為とみなしていて、
米国に対する報復を実行すると言っている。

一方、米国のトランプ大統領は、イランが報復をすれば、
イラン関係の52カ所に攻撃をすると言う。

主戦場は、イラクになるかもいれないが、
ドミノ倒し的に戦火が中東全域に拡大するリスクがある。

そして、気になるのがロシアの存在である。
親イランのシリアのアサド政権支持でシリアに軍を駐留させているのが
ロシアである。

ロシアはイランを友好国としており、
ロシアはアメリカと戦争をするイランを
何らかのかたちで軍事支援をするかもしれない。

今から、4~50年前のアメリカが敗北した
ベトナム戦争では、アメリカと対立していた
北ベトナムを当時のソ連が軍事支援などをしていたが、
ロシアがアメリカと戦争をするイランを支援続けて、
イランはベトナム戦争の時のようにゲリラ戦で
米軍を苦しめ、泥沼化するかもしれない。

そして、それは終わりなき戦争になるのかもしれない。

そうなると、それが米国の足枷となり、
米国の国力や国際政治における影響力低下につながり、
超大国化する中国に、米国から覇権国移動につながる
一里塚のできごとになってくるかもしれない。

21世紀の歴史の大きな変わり目に
我々は遭遇しているのかもしれない。

そんな国際政治の危機が発生しているのに
我が国の内閣総理大臣はゴルフ三昧であった。

テーマ:国際政治 - ジャンル:政治・経済


カルロスゴーン氏出国・・・日本社会が国際社会から問題視されてきた司法の問題を放置してきたことが、ゴーン氏出国の正当性を与える隙を作り、日本社会の自業自得である

今日は、令和2年(2020年)1月3日  金曜日


日産元会長のカルロスゴーン氏が
海外渡航禁止にも関わらずレバノンに出国していた問題で
日本国内ではゴーン氏への批判が高まっている。

別に私はゴーン経営を礼賛しない立場であるが、
ゴーン氏に日本からの逃亡を正当化を許してしまう
日本の司法の問題があると思う。

それは、日本社会が、今まで、、国連や欧米メディアから批判されてきた冤罪を
生み出す人質司法など被疑者に対する扱いを改善してこなかった。

人質司法とは否認すれば身柄拘束が長期化することをさす表現であるが、
身柄拘束されると、
罪を認めないと釈放されないので、罪を犯していないのにも関わらず
「罪を犯した」とことを認める自白をして冤罪事件を生み出している。
例えば、パソコン遠隔操作事件で誤認逮捕された方が自白したり、
逮捕から約20年獄中にいたが、無罪判決を勝ち取った東住吉放火事件の
冤罪事件も人質司法の状況下でやっていないのに自白をしてしまった。

ゴーン氏は日本の司法制度の問題点を批判して国際世論に訴えるだろうが
おそらくゴーン氏を支持する意見はけっこう多くあるだろう。

そうなるのは、そのような日本の人質司法など被疑者・被告人に対する扱いに批判があり、
日本社会がその問題をあまり改善してこなかったことが、
ゴーン氏逃亡の正当性を与える隙を作っていて、日本の自業自得でる。

また、日本では検察発表やリークを垂れ流すマスコミ報道により
ゴーン氏を有罪視している国民が多く、海外に移動した
ゴーン氏への批判が強く出ているが、
元東京地検特捜部検事の郷原信郎氏、
今回のゴーン氏への東京地検特捜部の捜査に疑問を呈しているが、
それはあまりマスコミでは報道されていない。

そんな日本のマスコミ報道の中で
レバノンに出国したゴーン氏を批判する意見が強く
もし、レバノンがゴーン氏の引き渡しに応じなければ
レバノンに経済制裁しろとか断交しろとかいう意見もあるが、
それをしたらレバノンの貿易の輸入元の国として2位になっている
中国がレバノンにアプローチをして、
日本よりも中国を支持する国を増やすだけである。

日本のマスコミ報道が内向きな視点でしか報道しないなか、
日本が特に司法においておかれた国際世論の状況を客観視
できなくなっているのではないか。
それは、まるで、戦前に日本を国際社会の中での立ち位置を客観視
できず、日米開戦に踏み切り、亡国の危機を招いた時と
変わらないなと思ったりする。


テーマ:刑事事件・裁判関連ニュース - ジャンル:ニュース


祝!ヴィッセル神戸 天皇杯優勝・・・同じ兵庫県民として嬉しく思う・・今年で、ヴィッセル神戸発足、阪神淡路大震災から25年

今日は、令和2年(2020年)1月2日  木曜日

昨日の元日に
新国立競技場でこけら落としのスポーツイベントとしても
第99回天皇杯全日本サッカー選手権大会の決勝が行われた。

ヴィッセル神戸が2対0で鹿島アントラーズを破り
初のタイトル獲得となる天皇杯優勝を果たした。

いつもヴィッセル神戸の様子をウォッチしているわけではないが、
兵庫県西宮市に住む私からすれば、
同じ兵庫県に本拠地にあるチームが優勝することは
うれしいことである。

ヴィッセル神戸が平成7年(1995年)1月1日にスタート
発足から25周年で初タイトルの獲得であるが、
25年前の1月17日に、ヴィッセル神戸として初練習の日にしていたが、
当日の午前5時46分に発生した兵庫県南部地震による
阪神淡路大震災が発生した。

ちょうど、その大震災から25年という節目の年で、
神戸を本拠地をチームが、チームの初タイトルとして、
また、新国立競技場でこけら落としのスポーツイベントたる
天皇杯を制覇したことにいろいろ思うことがる。

一昨年に、2010年のW杯サッカーで優勝した
スペイン代表の選手として、決勝戦で決勝点をあげた
イニエスタ選手をヴィッセル神戸は獲得、
そして、昨年は、2010年のW杯の代表の選手として、
5得点の得点王であったビジャを獲得、
なかなかヴィッセル神戸は彼らを獲得しても
なかなか勝利できなかったが、昨年、何度か監督交代を経て
リーグ戦でもチームは勝つようになり、
そして、天皇杯の栄冠をつかんだ。

そして、ビジャ選手は現役引退の試合として
天皇杯決勝の後半のアディショナルタイムに
ピッチに立ち、有終の美を飾った。


そんないろいろな意味合いがあった試合で
私が住む県と同じ県を本拠地とする
Jリーグチームが、チーム初タイトルとして
天皇杯優勝を飾ったことは嬉しく思う。



テーマ:スポーツニュース - ジャンル:ニュース


令和改元後初の元日 今年は、153、109、95、32、2・・・この数字を何を意味するでしょう?

今日は、令和2年(2020年)1月1日  水曜日

ブログのタイトルで
今年は、153、109、95、32、2

という5つの数字を並べたが、何を意味しているか?

それぞれの数字の後に、

153年、109年、95年、32年、2年

「年」を書き加える。

さて、これで意味がわからないとなれば、
各数字の前にアルファベットつける

M153年、T109年、S95年、H32年、R2年

さて、これでも意味がわからないとなれば、



明治153年、大正109年、昭和95年、平成32年、令和2年

つまり、

明治153年=大正109年=昭和95年=平成32年=令和2年=西暦2020年

西暦2020年である今年は、

もし明治が続いていたら153年

もし大正が続いていたら109年

もし昭和が続いていたら 95年

もし平成が続いていたら 32年

となる年なのである。

日本の近代以降の元号は5つあるのだが、各元号の元年を
西暦に置き換えると

明治元年=1868年
大正元年=1912年=明治45年
昭和元年=1926年=大正15年
平成元年=1989年=昭和64年
令和元年=2019年=平成31年

ちなみに、
今から150年前は、明治 3年、
今から100年前は、大正 9年
今から 50年前は、昭和45年
今から 30年前は 平成 2年

30年前の
1990年は平成2年であるが、

今年の
2020年は令和2年、

平成と令和はちょうど30年ずれているのであり、
また、
平成と令和は西暦の下一桁と同じ数字になるのである。

平成元年 1989年
令和元年 2019年

平成5年 1993年
令和5年 2023年

平成7年 1995年
令和7年 2025年

令和初の元日にあたり、
近代以降5つの元号が続いていたらという
お話をしましたが、和暦の元号と西暦の置き換えを
思い出すことに少しでも役立てたらと思います。


テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術