fc2ブログ
言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを
随時更新中です。

https://kuwatea.blog.fc2.com/blog-entry-1.html



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



勢力のごく弱い台風の風速データを見て・・・阪神間は風の通り道になり、台風の中心付近では立っていられない風が瞬間的に吹く

今日は、令和元年(2019年) 7月28日 日曜日

昨日の午前7時ごろ、
勢力としてはごく小さい台風6号が紀伊半島に上陸して、
午後3時ごろには台風から熱帯低気圧になったが、

ごく小さい台風でも、気象データを見てみると
いろいろ気付くことがある。

昨日の午前3時ごろ、
台風の中心は和歌山県の潮岬付近を
中心気圧998hPa
中心付近の最大風速18mと
台風としては最も弱い部類の勢力で通過していたが、

台風進路図 令和元年07月27日03時 1906-00

私が住む兵庫県西宮市では
風が強い時の風音がしていて、
その時間の近畿地方の風速風向図を見てみると
大阪府の淀川周辺から阪神間から神戸付近にかけて
周りの地域に比べて、比較的、風が強く吹いているのがわかる。

風 201907270300-00

今後、より規模の強い台風が潮岬付近を通過している時
大阪府の淀川周辺から阪神間から神戸付近にかけて
風の通り道となり、強い暴風が吹く可能性を示唆している。

台風が紀伊半島南部に上陸する直前の
午前6時ごろの近畿地方の風速風向図を見ると
台風の中心がある紀伊半島南東部沖あたりを中心に
風向きが反時計周りになっているのがわかる。

風 201907270600-00

台風としては最も弱い部類の勢力であっても
台風が通過しているのがわかる気象データである。

昨日の台風が接近していたころの近畿各地の最大瞬間風速を見ると
(風速値 場所 風向 観測時間)


25.0m 潮岬 西 5時19分

14.9m 和歌山 西北西 7時30分

14.5m 大阪 北北東 5時55分

12.4m 神戸 北西  8時38分


台風の中心近くの潮岬で、25.0mと
立っていられず、子供なら飛ばされそうで
場合によっては屋根瓦が飛ばされる強さである。

大阪や神戸では10m以上の風速が観測されたが、
10m以上になると、樹木が激しく揺れ、
歩きにくくなり、雨傘が壊される強さがある。

ごく勢力の弱い台風であっても
瞬間的には歩きにくさを感じたり、
台風の中心付近では立っていらられない風が吹いたりするのである。




スポンサーサイト



テーマ:台風 - ジャンル:ニュース


令和元年の近畿地方の梅雨明け日を7月24日に発表・・・7月24日の梅雨明けは、4年ぶりで5回目

今日は、令和元年(2019年) 7月24日 水曜日

本日、私が住む近畿地方の梅雨明けが発表された。
今年の近畿地方の梅雨明けは
昨年より15日遅く、平年より3日遅い。

近畿地方で
過去に7月24日が梅雨明けになった年は4回あり

昭和28年(1953年) 5月28日
昭和62年(1987年) 6月 8日
平成19年(2007年) 6月14日
平成27年(2015年) 6月 3日


と、7月24日が梅雨明けになるのは
平成27年(2015年)以来、4年ぶりである。

ちなみに最も遅い梅雨明けは、
平成21年(2009年)8月3日である。

近畿地方の
令和元年の梅雨入りは、6月26日と統計史上最も遅い
梅雨入りとなった。

昨年の平成30年(2018年)までの
遅い梅雨入りの順に3つあげて、その年の梅雨明け日を
見ると

6月25日 昭和33年(1958年) 7月12日
6月21日 昭和42年(1967年) 7月13日
6月20日 平成29年(2017年) 7月13日

と、過去に梅雨入りが遅かった3つの年の梅雨明け日を
見てみると、7月12日か7月13日になっていたが、

今年の梅雨明け7月24日とそれらの年よりも
11日から12日遅い梅雨明けになった。

昨年の梅雨と比べると梅雨明け日を含めた梅雨期間の日数は
昨年は35日間であったが、今年は28日間と1週間短い。

雨量を私が住む西宮市の市役所の雨量で比較すると、
昨年は609ミリ、今年は236ミリと、
今年は昨年より373ミリ少ない。

昨年は、西日本豪雨という大災害をもたらした大雨が降り、
梅雨期の1日に最大雨量が210ミリになった日があったが、
今年の1日に最大雨量53.5ミリであった。

平成最後の梅雨は大災害をもたしたが、
令和初の梅雨は昨年と比べると落ち着いた梅雨であった。


当ブログの梅雨関係の過去記事のリンク

梅雨の語源・梅雨発生のメカニズム
梅雨 ~梅の実が熟す頃の長雨は、ジェット気流とヒマラヤ山脈・チベット高原の高山によるもの

梅雨時の大雨から生まれた言葉
集中豪雨はマスコミの造語

*過去の梅雨入り・梅雨明けは速報値の時にアップしたものです。

2019年の梅雨入り
近畿地方の令和初の梅雨入りは最遅の梅雨入りとなる・・・過去に遅かった梅雨入り日の梅雨明け日を見てみると

2018年の梅雨明け
平成最後の近畿の梅雨明けを7月9日に発表・・・梅雨入りの日、平成最後の梅雨が平成最大の大雨災害をもたらすとは考えていなかった 

2018年の梅雨入り
近畿地方の平成30年の梅雨入りを6月6日に発表・・・さて、過去の近畿の6月6日の梅雨入り日は何回あるだろう。この梅雨は平成最後の梅雨になると


2017年の梅雨明け
平成29年の近畿の梅雨明けを7月19日に発表・・・7月19日にの梅雨明けは16年ぶり3回目、もしかしたら今年の梅雨入り日は変更になるかも


2017年の梅雨入り
近畿地方の2017年の梅雨入りを6月7日に発表・・・・6月7日が平年だが、21年ぶりの6月7日の梅雨入りだ、ちなみに近畿で最も早い梅雨入り日と最も遅い梅雨入り日は?

2016年の梅雨明け
平成28年の近畿の梅雨明けを7月18日に発表・・・7月18日の梅雨明けは11年ぶり、観測史上7回目


2016年の梅雨入り
近畿地方の2016年の梅雨入りを6月4日に発表・・・・1951年以来、近畿での6月4日の梅雨入りは初めてである

2015年の梅雨明け
近畿の梅雨明け、平成27年は7月20日に発表・・・私が住む西宮市ではこの梅雨で昨年の梅雨の9倍の雨量を記録し、そのうちの50%は台風11号による大雨であった

2015年の梅雨入り
近畿地方の2015年の梅雨入りを6月3日に発表・・・・6月3日の梅雨入りは過去に6回で、そして、そのうちひとつの梅雨明けは8月になった


2014年の梅雨明け
2014年の近畿の梅雨明けは、梅雨明け平年日に発表される・・・過去に7月21日の梅雨明けは何回あったか

2014年の梅雨入り
近畿の2014年梅雨入り日は6月4日・・・近畿で6月4日が梅雨入り日になるのは統計開始以来初めて

2013年の梅雨明け
2013年の近畿の梅雨明け日は、一昨年と同じ日で統計史上3位の早さ、今年の梅雨は雨量少なめで、梅雨入り日の確定日が変更になるかもしれない

2013年の梅雨入り
近畿の2013年の梅雨入りは5月28日・・・さて、これまでの梅雨入りで、何番目に早い梅雨入りでしょうか?

2012年の梅雨入り
2012年、大阪市で真夏日初日になった翌日に近畿地方の梅雨入りが発表される・・過去10年の真夏日初日と梅雨入り日を見てみる

2012年の梅雨明け
2012年の近畿の梅雨明けは7月17日・・・1984年の梅雨入り日と梅雨明け日と同じになった、ところで、関西の揚水発電所付近の梅雨期の雨量はどうだったか


2011年の梅雨入り
2011年、近畿で5月26日と過去2番目に早い梅雨入り・・・台風も近付いているが、大雨とそして、福島原発方面への接近も気になる

2011年の梅雨に関して、

2011年5月30日
台風育ちの温帯低気圧が嵐をもたらした・・・・近畿で、台風から温帯低気圧に変わった後に、最大瞬間風速を記録

2011年6月20日
梅雨時の雨の日の月曜日

2011年の梅雨明け
近畿、過去3番目に早い梅雨明け、平年よりも梅雨入り・梅雨明けが約2週間早く、それだけ真夏が早まった・・・・ちなみに最も早い梅雨明け日は・・・

2010年の梅雨入り
2010年の梅雨入りは平年よりも7日遅い6月13日だった・・・・さて、最も遅い梅雨入り日は何日でしょう

2010年の梅雨明け
昨日(7月17日)に、近畿の梅雨明け発表・・・今年の梅雨は雨の日と雨量が多い梅雨だったなあ

2009年の梅雨明け
近畿地方、2009年の梅雨明けは8月3日と最も遅く・・・・阪神間は、8月の最初の2日間に、梅雨末期の集中豪雨が降った


梅雨末期の大災害
長崎大水害の日~咄嗟の判断・命を救ったカーテン

1953年7月18日 ~ 和歌山県地方を襲った大水害の日

梅雨前線を作るジェット気流が西風になる理由は?
コリオリの力~地球の自転によって、ジェット気流が西風になる

梅雨時の花といえば
移り気な紫陽花は七変化して成長する




参議院選挙・・・消費増税をする与党が過半数を維持・・・日本経済の衰退はまだまだ続く

今日は、令和元年(2019年) 7月22日 月曜日


参議院選挙は、事前の予想通り
消費増税を公約にする与党が過半数を占めた。

ああ、消費増税で不景気になることを
この国の国民は選択したのだなあと思った。

現時点で、財政拡張と消費減税または廃止の
反緊縮のれいわ新選組からは少なくとも1名の
当選が決まり、重度の障害者の方が国会議員に
なることとなった。
なかなか、重度の障害者という少数者の当事者の声が国政に反映
されにくいなかで、注目したいことである。

それにしても、なかなか私が今の日本に必要な
財政拡張の反緊縮路線とは反対の増税をする与党が
投票者の過半数を占める事態を見て、
ああ、日本経済の衰退はまだまだ続くのだろうと思った。

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済


「貴重な休みの日に、投票で時間をつぶされたくない」という棄権理由もある意味合理的・・・ご利益があるかどうかわからんことに手間暇をかける意味を感じないのもある意味自然・・・・ご利益があるかどうかわからんけど初詣するような感覚で投票詣でしてもらえれば

今日は、令和元年(2019年) 7月15日 月曜日


今、参議院選挙期間中だが、
私は毎回欠かさず選挙の投票には行くが、

先日、平成元年生まれの女性の方に
選挙の投票に行ったりするかと質問したら、

現在は行っていないということだった。

貴重な休みの日に、投票で時間をつぶされたくない

と言っていた。

かつては、投票に行っていたと言っていた。

なぜかというと、彼女の祖母が生前中に

投票日に電話で「投票に行ったか」とかけてくるほど

だったので、仕方なく、投票に行き、父親が投じる候補に

投票していたといいう。

投票日に祖母からの「投票行ったか」という投票を
行くように言われる電話が苦痛だったという。

そんな祖母がなくなってからは、投票は行っていないようである。

「貴重な休みの日に、投票で時間をつぶされたくない」

という気分は否定する気にはなれない。

普段から政治のことに興味がない方々に
また、日本では政治について話題にすることが忌避されたりする
なかで、
別に自分が投票したからと言って、何か自分の生活に有益な
事態が発生することが約束されているわけでもないないのに
わざわざ足を運ぶ気にならないというのは
ある意味合理的である。

政治は、日常の暮らしや社会の在り方に、ボディブローのように
影響してくるのだが、ふだんから政治に興味のない方々に言っても
あまり響かないだろう。

そこで、ふと、思ったのだが、若い方々でも
ご利益はあるかどうかわからなないが、神社に初詣に行ったりする方々がいる。

例えば、投票所に行けば、投票おみくじや投票占いなどがあったりして
なんかようわからんけど、ご利益あるかわからんし、何かおもろそうやなあ

という企画やイベントがもあったりすれば、いつも投票しない方で、
投票に行ってもええかと思う方がいるかもしれない。

まあ、投票おみくじは、政教分離の関係で実現は難しいかもしれないが。



テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済


比例は、れいわ新選組の山本太郎候補に投じた!!!・・・・今日、第25回参議院選挙の期日前投票に行ってきた

今日は、令和元年(2019年) 7月10日 水曜日


今日、参議院選挙の期日前投票に行ってきた。

選挙区は立憲民主党の候補に
比例区はれいわ新選組の山本太郎候補に投じた。


与党自民党の憲法改正草案に、
基本的人権を現憲法よりも個人の尊重が制約
されるような条項があり、もともと与党自民党に
入れることは考えていない。
また、自民党は消費税増税を止めないとしているので
投票の選択肢にはならない。

その中で野党の候補で
立憲民主党の候補に投じた。

比例代表は
もう、反緊縮を掲げる山本太郎氏を選ぶことを
彼がれいわ新選組を立ち上げて、比例で出ると決まった時から
決めていた。

私は、史上最低の低金利水準が供給力過剰でデフレが続いてきた
日本は財政危機ではなくて、財政出動すべきと長年考えてきた

本当に財政危機なら、高金利・高インフレになるが、
平成時代、政府債務が増えども高金利・高インフレになるどころか
その逆の低金利デフレが続いてきたことは、日本が財政危機ではないことを
表している。

山本太郎氏は財務省が煽る日本財政危機説のウソを伝え
国債を財源に消費税の減税または廃止、奨学金徳政令(奨学金借金をチャラ)
経済成長が止まり、所得格差が広がり
国民の多くが生活が楽でないと思うなか
など国民生活の暮らしを潤いをもたらす政策を掲げた。


参議院議員としての山本太郎氏が国民民主党と合流した自由党を離党して
今年の4月に「れいわ新選組」を立ち上げ、選挙資金を寄付で募るという手法を
取ったところ、あれよあれよと多額の寄付が集まり、
選挙前には約2億2500万円あつまり、驚異的な集まり方がであった。

国民の中には、生活の苦しさや経済の行き詰まりに強い危機感を感じている方々が
多くいて、そのような方々の中に、れいわ新選組に寄付した方々がいるのでは
なかろうか?

選挙のアナリストによると、れいわ新選組は比例で1~2人当選する可能性がある
と予測しているが、実は、れいわ新選組で3人以上当選しないと
山本太郎氏は当選できない。

なぜかというと、比例で優先的に当選できる特定枠に
介助が欠かせない重度身体障害者の舩後(ふなご)靖彦氏(61)と木村英子氏(54)を
擁立したからだ。

山本太郎氏は捨て身の背水の陣で選挙に向かったが、
私は、山本氏が自分が議員になれなくても
健常者よりも弱い立場の重度身体障害者の方が国会議員になることで
弱い立場の方々の声が国政や法律に反映され、
より弱い立場の方々への政府からの手当てが拡大されることは
財政拡大による反緊縮政策の象徴にもなり、
また、健常者より弱い立場の方々への手当てが拡充されることで、
健常者への暮らし向きが楽になったり、
また、健常者に対する政策がより手当てされたりする可能性がある。

それをふまえて、重度身体障害者の候補者を優先的に当選できるように
しているかもしれないと思ったりした。

彼は 政見放送で
障害者の方は高齢化社会のフロントランナーと語り、
財政政策でデフレで傷んだ国民生活の底上げを語っていた。


さて、山本太郎議員のエピソードで神対応とも評価される
出来事があった。

何年か前、山本太郎議員が街頭演説をしていた時
聴衆から

「おめえ、議員なんか辞めろよ!」とヤジが飛んだ。

すると、彼は

「ありがとうございます!

そんなあなたのことも守りたい!

と返した.

山本太郎 れいわ新選組 代表 政見放送 
https://www.youtube.com/watch?v=nNWi_E6rqxo

 17分ぐらいですが、最初の2~3分だけでも熱いものを感じます


テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済


仁徳天皇陵の古代工法での建設費と日本一の高い高層ビル「あべのハルカス」の建設費と、どちらが費用が高いか

今日は、令和元年(2019年) 7月7日 日曜日

百舌鳥・古市古墳群が、世界遺産に認定されたが、
その中でも最大の古墳である仁徳天皇陵とされている
大仙古墳があるが、その建設費はいくらかかったかについて
私が小学生6年生の時の昭和60年(1985年)に
試算され、新聞記事に載っていたことを思い出した。

なぜ、思い出したかというと、
小学6年生の時に、クラスの朝礼で
朝のニュースを順番で発表することになっていて、
テレビのニュースや新聞記事で気になった内容を
発表していた。

私は、新聞記事で仁徳天皇陵の建設費が算出されたという記事を
見つけて、それを切り抜いて発表した記憶があるからだ。

古墳時代の建設当時の費用で400億円で、
現代の工法(1985年時点)で20億円ぐらいだったかなという
記憶があったが、

ネットで調べなおすと

古墳時代の工法で建設すると、
工期は15年8か月で、
のべ680万7000人(ピークで1日約2000人)が働き
費用は796億円。

昭和60年(1985年)時点での最新工法で建設すると
工期は2年6か月で
のべ2万9000人(ピークで1日約60人)が働き
費用は20億円。

とあった。

古墳時代の工法で796億円になるが、
それは日本一の高さがある高層ビルである
あべのハルカスの総工費760億円よりも高い。


テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術


商業捕鯨再開、IWC脱退はやむを得ない・・・反捕鯨論者への反論、欧米からは少数者の権利保護や文化多様性を尊重を意見が多いが、少数の捕鯨者の権利や食文化の多様性は認めないのか?

今日は、令和元年(2019年) 7月3日 水曜日

日本がIWC(国際捕鯨委員会)から脱退したことにより
今月1日から31年ぶりに商業捕鯨を再開した。

私は日本のIWC脱退はやむをえないと思っている。


欧米などの反捕鯨国の反発にも関わらず
日本が脱退したことに対して、
捕鯨の町がある和歌山県太地町を選挙区にもつ
自民党の二階俊博幹事長が集票のために
脱退をゴリ押しする方向に働いたのではないかと
批判的に見る方がいるが、和歌山県出身の私からすると
その言説には違和感を抱いた。

前回の総選挙で二階俊博氏は10万票以上獲得して
2位にダブルスコアの大差で圧勝しているが、
捕鯨の町の太地町の人口は約3000人程で
別に太地町の有権者の票がなくても二階氏は余裕で
選挙に当選できる政治家であり、
太地町からの票を欲しさに、IWC脱退をゴリ押しした
という言説には無理がある。

私が太地町民なら、
「二階先生は、こんな小さな町の思いを大切にしてくれる」と
思うだろう。


日本のIWC脱退批判の言説に、
昭和8年(1933年)に、日本が国際連盟を脱退して、
孤立の道を進んだことを引き合いに出しているが、
それにも違和感がある。

日本がIWCを脱退しても、国連やWTO(世界貿易機関)から
脱退するわけでもない。

また、賛否は別にして、日本は反捕鯨国が多いEUとは
本年2月に自由貿易協定の一種でる経済連携協定を発効していて、
また、同じく反捕鯨国のオーストラリアとも
TPP(環太平洋パートナーシップ協定)という自由貿易協定を締結して、
オーストラリアは日本に「オージービーフを買ってね」と言う関係で
反捕鯨国と経済的な結びつきを強めようとしていて、
IWCを脱退しても日本が国際社会で孤立するわけでない。

また、カナダは1982年にIWCを脱退しているが、
カナダは国際社会で孤立なんかしていない。


さらに、鯨肉需要がかなり少なくなっているなか、
IWCを脱退をしてまでも、商業捕鯨をする必要がないという
意見はあるが、需要が少ないから捕鯨を止めるか否かは
捕鯨事業者が決めるべきことであり、
需要が少ないから商業捕鯨は禁止のままで良いというのは
経済主体の活動が各々の自由意志に任され、
国家などによる干渉や規制を受けない自由経済に反することである。


欧米の反捕鯨の方々が、捕鯨反対の理由として、
クジラのような知能の高い動物を殺すのは野蛮だというが、
そうしたら、豚や牛はどうなんだと思う。

知能の高くクジラを殺すのは良くなくて、
さほど知能が高くないとみなす豚や牛なら殺して良いという発想は
精神薄弱者などを優生学思想で虐殺したナチスの発想と同じではないか。
その発想こそ野蛮とも言える。


人口3000人程度の小さな町である太地町で
江戸時代から続く生業である捕鯨業は地域の生活文化として
機能していて、捕鯨業に由来すると思われる人名があるくらいである。

欧米からは、少数者の権利や文化多様性の尊重を訴える言説が
日本以上に発信されるが、
そうだとすると、小さな町で細々と長年続く捕鯨業を営む
少数者の経済活動の自由の権利はどうなるのか、
捕鯨という食文化をなくせというのは文化多様性尊重の思想に
反するのではないか。


以上、反捕鯨の捕鯨への批判に対すする疑問や反論がいろいろ
思いつくのである。



テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済