言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



「手を離して、目を離さず」  思春期の子を持つ親の心構え・・・ラジオで、思春期の子を持つ母親からの悩みの投稿を受けて、他のリスナーベテランママさんからの投稿より

今日は、2016年(平成28年)10月31日 月曜日

先週の金曜日、NHKラジオの朝の番組で、
思春期の女性を娘にどう接したら良いかという悩みの
投稿が読み上げられていた。

母親として
きちんと躾をしなければないらいところは
強く言わなければならないと娘に接すると、
娘は反発して、口論となるようで、
それによって近所の方から苦情が出るほどのの
口論であるようだった。

それに対して、他のリスナーから
様々な投稿があり、紹介されていた。

そのはじめは、「かつて若いママだった」という方からの
投稿で、次のような内容だった。

否定形で伝えるのではなくという内容だった。

「あいさつしないとだめでしょ」ではなく、

「あいさつをしたら気持ちいいね」という表現をする。

そして、母親が進んで娘にあいさつをする。
子供を躾けるためには、母親が自分の行動するする
姿を見せることである。

という内容だった。

また、別の方の投稿では、

「~しなさい」という命令形ではなく、

「あなたはどうしたいの?」と相手の気持ちを
まずは汲み取るという内容だった。

そして、もうひとつ、子供の年代に合わせた親の心構えが
投稿されていた。

子が児童の時は、
    手を離さず、

子が思春期に育てば、
    手を離して、目を離さず

子が大人になれば、
    目を離して、心を離さず

私は独身で、子育てはしたことはないが、
子育て経験者の方々の言葉に「なるほどなあ」と
感心するものがあった。


このブログ内の関連記事
人生の価値とは何か、偉大なる人生とは、どんな人生を言うのか・・・「子育て」という人生の偉大な事業
スポンサーサイト

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:学問・文化・芸術


木枯らし1号が近畿で10月29日に観測されるのは4年ぶり・・・名曲「木枯らしに抱かれて」が発売されて、今年でちょうど30年

今日は、2016年(平成28年)10月30日 日曜日

昨日、近畿地方で木枯らし1号が観測された。
昨年の10月25日よりも4日遅く、
また、一昨年の10月27日よりも2日遅かった。
一方で、3年前の11月4日よりは6日早い。
ちなみに、4年前の木枯らし1号は、
今年と同じ10月29日であった。
また、10月29日が木枯らし1号だった日は、
昭和63年(1988年)にもあり、
10月29日が木枯らし1号日になるのは
昭和62年(1987年)以降で
3回目である。


木枯らし1号とは、
霜降(そうこう)の10月23日ごろから
冬至の12月22日ごろの間に、

①西高東低の冬型の気圧配置になり
②北よりの風(西北西から東北東)
③最大瞬間風速が8m毎秒以上
④近畿地方では、大阪、神戸、京都、舞鶴、彦根、奈良、和歌山のうち
 3地点で、③が観測されること

以上の4つの条件がそろって、
木枯らし1号が吹いたと発表される。

昨日は

大阪  13.3m(北)   16時02分
神戸  15.8m(北)   11時47分
京都  10.1m(北北西) 16時01分
舞鶴  17.2m(北)   06時47分
彦根  16.4m(北北西) 15時13分
奈良   7.6m(北)   14時39分
和歌山 17.0m(北)   13時30分

(10月29日17時現在)

と奈良以外の観測対象地点で
北よりの風で最大瞬間風速が8m毎秒以上が
観測された。
 昨年の木枯らし1号のときも奈良だけが
8m毎秒未満だった。

昨日の13時ごろ、兵庫県西宮市の
屋内から外に出たとき、私は
西よりの風の強さを感じて、ちょうど
東向きに歩いていたので、追い風で
風に飛ばされそうな感覚になった。

近畿地方で、昭和30年(1955年)からの統計で
最も早く木枯らし1号が吹いたのは
平成5年(1993年)10月23日
一方で、最も遅くそれが吹いたのは
平成15年(2003年)12月19日である。

毎年、木枯らし1号のニュースを聞くと、

♪~出逢いは風の中~♪

と、
キョンキョンの名曲「木枯らしに抱かれて」を口ずさみ、
そして、聞きたくなるが、
「木枯らしに抱かれて」が発売されたのが
昭和61年(1986年)11月19日で、
今年で、それが発売されてちょうど30年になる。

発売から30年経っても、
木枯らしが吹く季節に聞きたくなる名曲である。

You Tube 木枯しに抱かれて 小泉今日子
https://www.youtube.com/watch?v=VArslwDRK0c



このブログ内の関連記事

木枯らし1号について

2009年の木枯らし1号について
昨日(2009年11月2日)、木枯らし1号が吹き、急に寒い冬がやってきた

2010年の木枯らし1号について
昨日(2010年10月26日)、近畿で木枯らし1号吹く・・・約1ヶ月前は真夏日だったが・・「木枯らし」と聞けば、あの曲を聞きたくなる

2010年の木枯らし1号の直後に台風接近
木枯らし1号の寒気直後に台風接近の予想・・・・北からの寒気と南からの台風という熱帯低気圧のせめぎあいに季節の境目とうつろいを感じる

2011年の木枯らし1号について
近畿地方、木枯らし1号、昨年よりも1日早く、2年連続で10月の木枯らし1号・・・さて、近畿地方で最も早い「木枯らし1号」は何日でしょう。

2012年の木枯らし1号について
木枯らし1号、近畿地方で吹く、10月29日の木枯らし1号は1993年以降で初めて・・・木枯らしと聞けばあの曲を・・・

2014年の木枯らし1号について
近畿地方の10月27日の木枯らし1号は12年ぶり・・・木枯らし1号のニュースを耳にすると、脳内ファイルにあるあの名曲をクリックしてしまう ♪~出逢いは風の中~♪

2015年の木枯らし1号について
木枯らし1号が近畿で10月25日に観測されるのは4年ぶり・・・毎年、木枯らし1号をニュースを聞くと、♪~出逢いは風の中~♪と、あのキョンキョンの名曲を口ずさんで


名曲 「木枯らしに抱かれて」について
木枯らしが吹く季節に難解な「謎」??

テーマ:気象 - ジャンル:学問・文化・芸術


「あなたに会いたい」(浅田次郎 作)を耳で聞く短編小説NHKラジオ文芸館で聴いて・・・出世のために若かりし時に捨てた恋人の幻影か・・カーナビからの「あなたに会いたい」の声で誘われた場所は・・・

今日は、2016年(平成28年)10月23日 日曜日

昨日の朝の午前8時05分から
NHKラジオで、「耳で聞く短編小説ラジオ文芸館」を
聴いた。

昨日の小説は、浅田次郎氏の「あなたに会いたい」であった。
私は、これを聴くのは2回目で、アンコール放送であった。

そのあらすじをNHK番組のページから引用する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「あなたに会いたい」2016年10月22日
作:浅田 次郎

2016年7月2日放送のアンコール。
自らの会社を海外展開する企業に成長させた内藤。
東北の地で開催されたシンポジウムでの講演後、
大学進学以来1度も帰らなかった故郷の農村を訪ねる。
レンタカーを運転し、カーナビのおすすめルートに従っていくと、
車は見覚えのある場所へ入っていく…。
内藤には苦い記憶があった。故郷とともに無残に捨て去った女性がいたのだ。
内藤の耳に、長年封印していた女性の声がよみがえる…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということだが、この物語の詳細を以下に書いていく。
少々記憶が曖昧な部分があり、間違っている部分があるかも
しれません。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

58歳の男である内藤は、ディペロッパー企業を起業し、その後大きく成長させ、
海外展開するほどになっていた。
その内藤は東北地方のある農村出身であるが、一度も、その故郷に帰省はして
いなかったが、成功者としての彼は
東北で講演会をすることとなった。

講演会を終え、新幹線の駅で、部下たちと別れ、
久々の休暇を、故郷でレンタカーを走らせて過ごそうと思った。

借りたレンタカーのカーナビに、
「景色を堪能する」「温泉」など
好みに応じたキーワードがいろいろ表示されていて、
それに応じた目的地にナビをしてくれる機能があった。
それをおもしろがった内藤は、ある表示の言葉に目がとまった。

それは「あなたに会いたい」である。

内藤は、それは何かショッピングモールなどに
誘うとしているのではないかとビジネスライクに考えたが、
おもしろいと思って、「あなたに会いたい」を押した。

女性の声でいろいろ案内がされ、内藤はそれに
口頭で応えてみると、音声認識機能もあるようで、
それなりに会話が成り立つような返事がカーナビから
返ってきたりした。

しばらく、ナビの案内に沿っていくと
ショッピングモールのようなところではなく
人里離れた山の道に入る。

その光景に、内藤は見覚えがあった。
そして、故郷を出ると同時に、
捨ててしまったようになった
当時、交際していた「ゆきえ」という
年上の女性のことを思い出した。

内藤は、大学進学で故郷を離れる前に、故郷で
工務店勤務していた。
その仕事を終えた後、なじみの居酒屋に通っていた。
そこに、ゆきえという女性が働いていた。
ゆきえは、その居酒屋のオーナーの姪であったが
いろいろわけありでそこで働いていたようだった。

内藤は、そのゆきえと関係を深め、
田舎の人目を避けるようにある人里離れた
ラブホテルで過ごしたりしていた。

そう内藤が見覚えのある光景が思ったのは
そのラブホテルに行く途中であったからだ。

若き時の内藤は田舎を出てより大きな社会で活躍したいと
大学進学で東京に、ゆきえを捨てるように、出でいった。


その進学先の下宿屋に、誰から住所を聞きつけたのか
ゆきえからの手紙が届くようになった。

その手紙には、「いつまでも待っている」と書いてあり、
文末は「あなたに会いたい」で締めくくられていた。

それからゆきえから毎日手紙が届くようになったが、
内藤は返事はしなかった。
梨のつぶてに業を煮やしたのか
ある日の手紙には
手紙一面にびっしりと「あなたに会いたい」と
書かれていた。
それ以降、内藤はゆきえから届く手紙の封を開けずに捨てた。
やがて、内藤はその下宿屋から別のところに引っ越した。

なぜ、ゆきえを突き放したのか捨てたのか。
別にゆきえには何の落ち度もなかった。
愛していたわけでもなかったが憎くはなかった。

ようやく拓けた未来に、無口で慎ましく、陰鬱で美しいふるさとの象徴を、
まさか曳きずって行くわけにはいかない。
自分自身の非情な行為をあえて説明するなら、そうとでもいうほかはなかった。

内藤はゆきえとの出来事を回想しながら、
さらに「あなたに会いたい」という声が出る
ナビの女性の指示にそっていくと、
ナビが指示する目的地にたどりついた。


そこには、数多の蔦に縛められた
廃屋のラブホテルがあった。

それは、ゆきえと抱き合ったホテルであった。

すると、「あなたに会いたい」という声が
助手席の方から聞こえてきた。

その声はまさしくゆきえの声であった!
そして、ギアを握る内藤の手を握る手の感触がした。

ゆきえがここまで案内してきたのだろうか?
ゆきえがもし生きていれば、今は62歳くらいである。

内藤は、首を振らずに前を向いたまま
ゆきえの声にこうたずねた。

「生きているのか?死んでいるのか?」

すると、

「あなたに会いたい」

ゆきえの声がする。

しばらく、内藤はいろいろ思い巡らせ
このように返事をした。

「俺も同じだ」

すると、内藤の手を握っていたゆきえらしき
手の感触は消え、声も消えていった。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

という感じの物語であったが、
主人公の内藤が、出世して、経営者として成功する人生において
いろいろなものを犠牲にしてきた。

そう若かりし時のゆきえとの関係もそうであった。

その苦い思い出のあるゆきえが
成功者として帰省した故郷でのドライブに
霊なのか幻影なのかわからないが、
現れ「あなたに会いたい」と何度も懇願する。

まあ、現実にはありえないようなストーリーであるが、
理由もわからず突き放されたゆりえ、
そして、己の出世と成功のために
ゆきえを傷つけてしまったという思いを抱く内藤、
この2人が、40年近く経ち、幻影であっても
互いに心の傷を癒すドライブであったように思えた。

浅田次郎 月下の恋人
「あなたに会いたい」収録。




このブログ内の関連記事

○ラジオ文芸館に関すること

「サヤンテラス」(乙川優三郎 作)を耳で聞く短編小説NHKラジオ文芸館で聴いて・・・私の愛するテラスでの亡き夫の声は幽霊か面影か


「仮面パパ」(森浩美 作)を耳で聞く短編小説NHKラジオ文芸館で聴いて・・・偽りの「育メンパパ」に仕組まれたワナは


「車窓家族」(高田郁 作)を耳で聞く短編小説NHKラジオ文芸館で聴いて・・・車窓から見える老夫婦の何気ないほっこりした日常が見知らぬ人どうしの言葉を交わすきっかけをつくり


「曲芸と野球」(小川洋子 作)を耳で聞く短編小説NHKラジオ文芸館で聴いて・・・曲芸師の女性と野球少年という異色の組み合わせの男女の淡くも末永い絆


「はるか」(北村薫 作)を耳で聞く短編小説NHKラジオ文芸館で聴いて・・・天真爛漫の無邪気な女子高生の明るさが潤いと彩りのある豊かな日常にもたらす


「本番、スタート」(ドリアン助川 作)を耳で聞く短編小説NHKラジオ文芸館で聴いて・・・・日の目を見ず、下っ端であろうが、その人の人生の主人公はその人本人なのである


「トオリヌケ キンシ」(加納朋子 作 )を耳で聞く短編小説NHKラジオ文芸館で聴いて・・・・何気ない日常のふるまいが誰かを大きく助けていることがあれば嬉しいですね

「かがやく」(帚木蓬生 作 )を耳で聞く短編小説NHKラジオ文芸館で聴いて・・・・人間は自分が得意として輝いている時のことに関心を持ってもらえることに喜びを感じるのだ


「超たぬき理論」(東野圭吾 作 )を耳で聞く短編小説NHKラジオ文芸館で聴いて・・・・えっ!UFOの正体はたぬきが化けた文福茶釜だってえええ??・・・こじつけと思い込みの想像力・・ちなみに、宇宙人って誰のこと


「イービーのかなわぬ望み」を耳で聞く短編小説NHKラジオ文芸館で聴いて・・・垂直移動のエレベーターで生きてきたイービーの結末から「空間」についてちょっと思う

原田マハ 作の「無用の人」を、耳で聞く短編小説NHKラジオ文芸館で私の人生と重ね合わせながら聴いて・・・無用の人扱いされた他界した父が娘に贈った最後の誕生日プレゼントとは

耳で聞く短編小説ラジオ文芸館 鈴木光司 作「大山」・・・バブルに翻弄された元夫からの復縁の申し出の旅路にて、元妻からの粋な計らいとは

人生という名の自転車は、自力で漕ぎ続けるのだ・・・「耳で聞く短編小説NHKラジオ文芸館」で「自転車を漕ぐとき」、41歳無職の男の物語を同じく41歳で再び無職に戻る私が聴いて

ロバのサイン会・・・消費され消え行くものに過ぎないものが育む絆・・・耳で聞く短編小説NHKラジオ文芸館を聴いて・・・

2か月に1度行く、上新庄のミスタードーナッツで、ラジオ文芸館のアンコール放送「尾瀬に死す」を耳にして、前回も同じ場所でそれを聴いていたので、デジャブさを感じた

透明人間とはそういうことだったのか!・・・耳で聞く短編小説ラジオ文芸館、島田雅彦の作「透明人間の夢」を聞いて、ホームレス寸前の彷徨う若い男女の恋の結末は!

人生、思わぬ偶然のできごとでどう変わるかわからない・・・角田光代の「誕生日休暇」を耳で聞く短編小説「ラジオ文芸館」で耳にして

テーマ:読書メモ - ジャンル:学問・文化・芸術


風に吹かれて(Blowing In The Wind)・・・どれだけ道を歩いたら一人の人間として認められるのか?・・ボブ・ディランは、この名曲を100年前のある曲を元ネタにして、10分で書き上げた!

今日は、2016年(平成28年)10月16日 日曜日

今年(2016年)のノーベル文学賞を
アメリカのシンガーソングライターのボブ・ディラン(Bob Dylan)が受賞した。

彼の代表曲とも言える
「風に吹かれて(Blowing In The Wind)」を私が初めて
知ったのは、私が中学1年生の時の昭和61年(1986年)
であった。
それは、ボブ・ディランのオリジナルではなく、
その年、桑田佳祐が期間限定で活動してた
Kuwata Bandとして出演した
夜のヒットスタジオデラックスで、
ボブ・ディランの「風に吹かれて」を
ハードロック風にアレンジして歌っていた時である。

その後、オリジナルの曲を耳にしたのは
田中義剛のオールナイトニッポンのエンディングソングとして
「風に吹かれて」を放送していた時である。

「風に吹かれて(Blowing In The Wind)」を
ボブ・ディランが作詞・作曲したのは彼が21歳の時の
1962年であった。

当時、アメリカで黒人への人種差別撤廃と
憲法で保障された権利を求める公民権運動が展開されていた。

1962年のある日、ボブ・ディラン達は
その公民権運動などについて議論をしていたが、
議論が煮詰まり、答えが得られず徒労感に覆われた。

その時に、ボブ・ディランが、10分で書き上げて
作ったのが「風に吹かれて(Blowing In The Wind)」である。

このに曲は、元ネタとも言える様な曲があった。
奴隷解放宣言直後の1865年ごろに作曲された
「No More Auction Block」という曲である。

直訳すれば、「セリの台に立たせないでくれ」であるが、
黒人が奴隷としてセリの台に立たされ売られていた時代を
背景に作られた曲である。

「No More Auction Block」を耳にすると
「風に吹かれて(Blowing In The Wind)」にメロディラインは
よく似ている。
そう、ボブ・ディランはその「No More Auction Block」をベースに
メロディ作り、言葉を落とし込んだのであった。

歌詞の冒頭で、

How many roads must a man walk down
Before you call him a man?

どれだけ道を歩いたら
一人の人間として認められるのか?


とある。
まさに、
人間としての基本的人権が侵害されていた
当時の黒人たちの状況をうかがわせるものである。

この曲が有名になったきっかけは、
フォークグループの
ピーター・ポール&マリー(Peter, Paul and Mary)が
カバーしたことである。

ピーター・ポール&マリーも公民権運動に積極的に
関与していた。

ピーター・ポール&マリーのカバーにより、
この曲は広まり、その作者のボブ・ディランの
名は広まった。

そして、
「風に吹かれて(Blowing In The Wind)」は、
公民権運動の賛歌として多くの人々に歌われた。

そして、1960年代後半にアメリカによる
ベトナム戦争に対する反戦運動において、
反戦歌としても歌われたりした。


歌詞に、

How many times must the cannon balls fly
Before they're forever banned?

どれだけの弾丸が飛び交えば、
永久に禁止されるのか?

How many deaths will it take till he knows
That too many people have died

どれだけ数多の人たちが亡くなれば、
余りにも多くの人々が死んでしまったと
わかるのか?


と、反戦歌にも用いられそうな歌詞の内容である。

ボブ・ディランは、この「風に吹かれて」について
「歌われるために作った歌だ」と語っていたそうである。

まさに、彼の狙い通りに、
公民権運動やベトナム反戦運動などで
多くの人たちに歌われる名曲となった。

そして、「風に吹かれて」が歌われた
公民権運動やベトナム反戦運動は
超大国アメリカの政治や社会に大きな影響を及ぼす
こととなった。


「風に吹かれて(Blowing In The Wind)」 歌詞前文

How many roads must a man walk down
Before you call him a man?

どれだけ道を歩いたら
一人の人間として認められるのか?

How many seas must a white dove sail
Before she sleeps in the sand?

いくつの海を飛び越えたら
白い鳩は砂浜の上で安らげるのか?

How many times must the cannon balls fly
Before they're forever banned?

どれだけの弾丸が飛び交えば、
永久に禁止されるのか?

The answer, my friend, is blowin' in the wind
The answer is blowin' in the wind

友よ、答えは風の中に舞っている
答えは風の中に舞っている


How many years can a mountain exist
Before it's washed to the sea?

山は海に流されるまで
何年存在できるの?

How many years can some people exist
Before they're allowed to be free?

人々は何年経てば人々は
自由の身になれるのか?

How many times can a man turn his head,
And pretend that he just doesn't see?

人はどれぐらい顔を背けながら、
見ないふりをしていくのか?

The answer, my friend, is blowin' in the wind
The answer is blowin' in the wind

友よ、答えは風の中に舞っている
答えは風の中に舞っている


How many times must a man look up
Before he can see the sky?

人はどれくらい見上げれば
青い空が見えるのか?

How many ears must one man have
Before he can hear people cry?

どれだけ多くの耳を持てば
人々の悲しみの泣き声が聞こえるのか

How many deaths will it take till he knows
That too many people have died

どれだけ数多の人たちが亡くなれば、
余りにも多くの人々が死んでしまったと
わかるのか?

The answer, my friend, is blowin' in the wind
The answer is blowin' in the wind

友よ、答えは風の中に舞っている
答えは風の中に舞っている



「風に吹かれて」(Blowing In The Wind)by ボブ・ディラン
https://www.youtube.com/watch?v=vWwgrjjIMXA

ピーター・ポール&マリー(PPM)/風に吹かれて
https://www.youtube.com/watch?v=KtdZ-3nlfCQ&feature=youtu.be


Odetta - No More Auction Block For Me
https://www.youtube.com/watch?v=SfbpsmbxE2c&feature=youtu.be



このブログ内の関連記事
「San Francisco 」(花のサンフランシスコ)というスコットマッケンジーのこの名曲は、1967年、ベトナム戦争下のアメリカにおいて、「武器より花を」のスローガンのヒッピー・ムーブメントのなかで生まれた

テーマ:今日の1曲 - ジャンル:音楽


ノーベル賞受賞の大隅良典氏の「役に立つという言葉がとっても社会を駄目にしている」という発言から・・・・100年以上経って、実用性に活用される基礎研究がある

今日は、2016年(平成28年)10月9日 日曜日

今月、今年のノーベル医学生理学賞を東京工業大の
大隅良典栄誉教授が受賞したが、彼は
昨今の日本におけるの基礎研究をめぐる環境を憂慮する
発言をしている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今、科学が役に立つというのが数年後に企業化できることと
同義語になっているのは問題。役に立つという言葉がとっても
社会を駄目にしている。実際、役に立つのは十年後、百年後かもしれない

ノーベル賞・大隅氏 「科学が役に立つのは100年後かも」
(東京新聞 2016年10月4日朝刊 より)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と発言されていたが、昨今の文部科学省の大学への自然科学の
研究費を配分に関して、
目先に技術開発につながるもの、粗っぽく言えば、
「3年で成果を出せ」ということであり、
もし、現在のそのような大学の研究環境では、
大隅良典氏はノーベル賞級の研究成果を出せなかったかもしれない。

彼は、「科学が役に立つのは百年後かもしれない」と発言しているが、
それですぐに思いつくのは数学のオイラーの公式である。

1748年、オイラーと言う数学者が
虚数(マイナス1の平方根)を使うことによって
三角関数と指数関数を統合する数学の公式を発表した。
オイラーの公式と呼ばれる公式である。

そのオイラーの公式を活用することにより
現在のスマートフォンなど電子機器文明を支える
量子力学の基本方程式であるシュレディンがー方程式が
オイラーの公式の発表から約180年後の1926年に発表された。

このように100年以上経って、技術的実用性に応用される
基礎的な学問研究があるのだ。

そんな科学史の教養もないのかと思えるほどの
昨今の文部科学省の短期に成果を志向する態度は
日本の基礎科学研究力を劣化させることにつながるのではないか
と危惧する。

大隅良典氏の
「役に立つという言葉がとっても社会を駄目にしている」という
発言を受けて、
鶴保庸介・科学技術担当相が

「社会に役立つか役立たないかわからないものであっても、
どんどん好きにやってくださいと言えるほど、この社会、国の財政状況はおおらかではない」

とのたまっていたそうだが、
まず、私のここ15年以上の日本の財政に対する認識として、
史上最低の低金利が続き、物価も上昇しない日本は
財政危機ではないと考えている。
(本当に財政危機なら、金利と物価が高騰しているはずである)

そして、まさに大学の基礎研究は未来への投資であり、
国債を発行して財源を当てるにふさわしい分野である。

そんなに借金がいやなら、日本政府の借金にならない
政府紙幣発行を活用して、
大学の基礎研究資金の財源を確保すればいい。

まあ、財務省とその発表を鵜呑みにするマスコミによる
財政危機キャンペーンが、日本の大学の基礎研究力劣化を
誘っているなあと思ったりする。


テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術


学校教師の政治的発言を封じるのではなく、生徒に教師の政治的発言内容を批判できる思考力を養う教育をした方がいい

今日は、2016年(平成28年)10月2日 日曜日

学校教師に政治的発言を封じるのではなく、
教師の政治的発言に対して、生徒たちにその教師の
政治的発言に対して批判できる
能力を養うべきではないかと思った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「アベはウソをついた」政権批判を授業で板書 北海道・道立高校を指導 
道教委「中立性に疑い」
(産経新聞 2016年9月29日 12時14分)


北海道立高校の授業中、教員が安倍政権を批判する内容の板書をしたとして、
道教育委員会が8月、この高校に対して授業内容の改善を求める指導をして
いたことが29日、分かった。
道教委は「政治的中立性を疑わせる点がいくつかあった」としている。

(中略)

道教委は板書内容などが「政治的に偏っているという印象を与える」と判断。
同校の校長に対して、授業内容を改善し、保護者に説明するよう指導した。
高校は8月、保護者に経緯を説明する文書を配布した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということだが、昨今の日本において、
政治的中立性という言論や表現・思想の自由を縛る
魔法の言葉がメディアや教育界に蔓延している感じがするが、
教師が政治に関して中立性を考慮した発言をしないと
生徒がそのまま教師の意見をそのまま鵜呑みにしてしまうという
ことが懸念されているかもしれないが、
それはあまりにも生徒を馬鹿にしていないかと思う。

もしそれが懸念されるのであれば、
政治に対して、多様な見方があり、
自分は様々な多様な見方を取り入れたり賛同したり
反対と思う場合、
なぜ、そう思うのかについての
論理的思考力を高め
思考力を養うようした方が、教師の政治的発言を
中立性を盾に封じるよりも建設的ではないか。

選挙の投票権の年齢が18歳に下げられたが、
若年層の投票率は低い。
そのうちの原因のひとつに政治的無関心があると思うが、
それは政治が身近に感じられないからである。
若者にとって、学校制度や大学受験のあり方、
そして、就職後の権利関係など、
それは政治的決定により決められた法律や政策が
背景にあり、若者にとっても政治的決定は
自分たちにとって無縁ではない。

それが身近に感じられないというのは、
日常の環境で、政治に関する発言や意見を聞く機会が
少ないことがあるように思える。
そう思うと、学校の教師にどんどん政治的発言を生徒の前に
させて、生徒が「あんたの言っていることはおかしい」と
教師の発言を論破できるぐらいの思考力を養う教育を
した方が良いと思う。

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース