言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



政治的テロ事件としての19名障害者殺害事件・・・・経済的な生産性がなき者は価値がないと見なされる現代社会において

今日は、2016年(平成28年)7月 31日 日曜日

7月26日に、神奈川県相模原市の障害者施設で、
そこで勤務していた元職員によって、障害者19名が
殺害される事件が発生した。
日本国内の殺人事件として、確定している事件において、
殺害された方の人数の多さとしては、
昭和13年(1938年)に発生した
津山事件で30名が殺害された事件以来の大量殺人事件である。
(ちなみに津山事件は横溝正史の金田一耕助シリーズの「八つ墓村」のモデルになった)

実行犯が、今年2月に衆議院議長に送った手紙の中で、
重度の障害者は生きている価値がなく
安楽死させるべきであるという主旨の主張を展開していた。

かつて、そのような思想により実際にそのような政策を実行した
政府があった。それはナチスドイツである。

まさに、今回の事件の実行犯はまさにナチスがやったことと同様の
障害者に対する政策を実行するべきだと衆議院議長にアピールして、
その思想に基づき今回の大量殺人を実行したのだ。
(その手紙にはナチスにふれていなが主張はナチスと同じである)

ふと、テロの定義を思い出した。
「政治的な目的を達成するために暴力および暴力による脅迫を用いること」
とテロが定義されることがある。

まさしく、今回の19名の障害者を殺害した実行犯は
彼の障害者に対する思想とそれにもとづく政策を政府が実現する
べきであるということを暴力を用いてアピールしたのであり、
まさしく政治的なテロ行為である。

しかし、このたびの事件の報道を見ると、あまりテロ事件として
報道しているようには思えない。

テロを実行するにあたって、その思想というものが動機の解明の
大きな要素となるが、その思想的に背景にあたっての推察で
日本障害者協議会の藤井克徳代表(この方は全盲者)は
ニュース専門ネット局 ビデオニュース・ドットコムへのインタビューで
次のようにコメントしている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

障害者の多くが、生産活動における効率や生産性が絶対視される風潮の中で、
必ずしも効率よく仕事ができない自分たちが社会から取り残されたり、
そんな自分たちに対して批判的な眼差しが向けられていることを感じていたと、
日本障害者協議会の藤井克徳代表は語る。そうした中で今回の事件は起きた。

 「社会的に生産性が乏しいと、価値がない人間と断定されてしまう。
今の社会にもそんな風潮があるように思います」と自身が全盲の藤井氏は語る。
「今回のような犯罪に対して、社会の中に共感を覚えたり同調する人が
出ることを恐れています。」

 藤井氏はナチスドイツが「T4作戦」で障害者の大量虐殺を図ったことに触れ、
今回の事件の容疑者の考え方の根底には、ナチスの優生思想があることは明らかだという。
T4も最初は障害者から始まり、その対象が病人や同性愛者などに拡大されていった。
そして、最後はユダヤ人600万人の大虐殺にまで行きつくことになる。

ビデオニュース・ドットコム
相模原障害者殺傷事件
日本社会の中に潜む事件の遠因を考える(2016年7月30日)
より

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とコメントしている。
平成になって、日本では市場経済万能、競争重視、生産性向上の新自由主義的な
経済思想が広く広がり、生産性というキーワードから見れば、
障害者の方々は肩身の狭い思いをしており、そのような思いを抱いている中、
今回の事件が発生して、ある意味、起こるべくして起こってしまったという
思いを抱いているいるかもしれない。

ナチスが行った障害者の大量虐殺の対象者に、労働能力無き者も
含まれており、ある意味、カネが稼げん奴はあかん奴という考え方が
極端化され表現されたことが
今回の障害者19名殺害のテロ事件ではないかと感じる。

活動行動能力が低いものまたはその意欲が低いものを順次排除していくと
その組織や社会は結局縮小して、存続が困難になると言われたりする。
それは、「2:6:2」の法則と言われる事象である。

その集団の2割が積極的に活動して、他の6割は普通に活動して、
残りの2割はあまり活動せずに貢献度が低い。

その活動が低い2割を排除して、残りの人間たちで動くと
また、「2:6:2」の法則で、あまり活動せずに貢献度が低い
グループが生じると言われている。

ナチス的な優勢思想が極端化して、弱者や低能力者を
排除していけば、「2:6:2」の法則とされる現象が発生して、
その組織や社会は衰退を招いてしまうのではないかと感じる。


スポンサーサイト

テーマ:時事ネタ - ジャンル:ニュース


たんごむしはどうして汗をかかないの?・・・子供の不思議さを感じる力の素晴らしさを夏休み子ども科学電話相談を聴いて思う

今日は、2016年(平成28年)7月 24日 日曜日

夏休み期間、
NHKラジオでは、朝の8時05分の午前中、
夏休み子ども科学電話相談を放送している。

昭和59年(1984年)から30年以上放送しているが、
今年も7月21日から始まった。

私は、その日、最初の30分ほど聴いていたが、
最初の質問は、小学1年生の女の子からの質問で、

「どうして、だんごむしは汗をかかないの?」

とあった。

おおこれは、いい質問だなあと思った。
私はこのごろ職場でよく
だんごむしをみかけるが、全くそんなことを
疑問に感じることはなかった。

現在、43歳の私であるが、
日々の当たり前の日常で、当たり前のことに
疑問に感じり、不思議に感じたり感覚は小さくなるが、
そのような不思議を感じる力と
日常を当たり前を新鮮に感じる力が子供には、
あるのだなと思ったのであった。

その質問に答えたのは、
昆虫学者の矢島稔(やじま みのる)氏である。

矢島氏も「いい質問だね」と言っていた。

虫には、空気を出し入れする気門という穴があって、
そこから体で中で熱くなった空気を出したりしているのだよ。

という主旨の回答をしていた。


矢島氏は、この番組が始まった
昭和59年(1984年)から出演していたが、
この日が、この番組出演の最終回であった。

矢島氏は、専門の昆虫のことで、
ふだん気づいていないこと、
子供たちが質問してきて、
もっと勉強しないといけないと思って、
鍛えられたという。


このブログ内の関連記事


2012年8月31日の記事
夏休み子ども科学電話相談最終日・・・人類が培った知を引き継ぐ子どもたちがその次世代に伝えていきながら、新たな発見をしていくのだろう


2012年7月31日の記事
子供が不思議に思うことに答えて、次世代に知を伝える・・・・夏休み子ども科学電話相談を聞きながら

テーマ:発想法・編集法 - ジャンル:学問・文化・芸術


平成28年の近畿の梅雨明けを7月18日に発表・・・7月18日の梅雨明けは11年ぶり、観測史上7回目

今日は、2016年(平成28年)7月 19日 火曜日

昨日、私が住む近畿地方では、梅雨が明けたと気象庁から
発表された。

平年より3日、昨年より6日早い梅雨明けとなった。

今年の梅雨入りは6月4日に発表されたが、
昭和26年(1951年)以来、6月4日の梅雨入りは
初めてあったが、そのような梅雨の終了は7月18日となった。

また、昭和26年以降の
過去の7月18日が梅雨明け日を見ると
(=の後の月日はその年の梅雨入り日)

昭和45年(1970年)=6月10日
昭和47年(1972年)=6月 3日
平成 2年(1990年)=5月31日
平成 9年(1997年)=6月 2日
平成12年(2000年)=6月 9日
平成17年(2005年)=6月11日

と、過去に6回あり、前回の平成17年以来
11年ぶりの7月18日の梅雨明けとなった。

今年の梅雨期間の私が住む西宮市の市役所の雨量を見ると、

390.5ミリと昨年の615.5ミリより少ない。
ただ、昨年は、台風の影響で1日で219.5ミリも
降水した日があり、それを除くと昨年の値に近い降水量になる。
今年最もそこで降水量が多い日は6月23日で、
その日、1時間雨量で41ミリ記録している。
その時間雨量記録は昨年よりも多い雨量である。

ちなみに一昨年のその降水量は59ミリと少雨の梅雨だったので、
その時よりは6倍以上多い降水量である。


このブログ内の関連記事

梅雨の語源・梅雨発生のメカニズム
梅雨 ~梅の実が熟す頃の長雨は、ジェット気

流とヒマラヤ山脈・チベット高原の高山によるもの


梅雨時の大雨から生まれた言葉
集中豪雨はマスコミの造語


2016年の梅雨入り
近畿地方の2016年の梅雨入りを6月4日に発表・・・・1951年以来、近畿での6月4日の梅雨入りは初めてである

2015年の梅雨明け
近畿の梅雨明け、平成27年は7月20日に発表・・・私が住む西宮市ではこの梅雨で昨年の梅雨の9倍の雨量を記録し、そのうちの50%は台風11号による大雨であった

2015年の梅雨入り
近畿地方の2015年の梅雨入りを6月3日に発表・・・・6月3日の梅雨入りは過去に6回で、そして、そのうちひとつの梅雨明けは8月になった

2014年の梅雨明け
2014年の近畿の梅雨明けは、梅雨明け平年日に発表される・・・過去に7月21日の梅雨明けは何回あったか

2014年の梅雨入り
近畿の2014年梅雨入り日は6月4日・・・近畿で6月4日が梅雨入り日になるのは統計開始以来初めて

2013年の梅雨明け
2013年の近畿の梅雨明け日は、一昨年と同じ日で統計史上3位の早さ、今年の梅雨は雨量少なめで、梅雨入り日の確定日が変更になるかもしれない

2013年の梅雨入り
近畿の2013年の梅雨入りは5月28日・・・さて、これまでの梅雨入りで、何番目に早い梅雨入りでしょうか?

2012年の梅雨入り
2012年、大阪市で真夏日初日になった翌日に近畿地方の梅雨入りが発表される・・過去10年の真夏日初日と梅雨入り日を見てみる

2012年の梅雨明け
2012年の近畿の梅雨明けは7月17日・・
・1984年の梅雨入り日と梅雨明け日と同じになった、ところで、関西の揚水発電所付近の梅雨期の雨量はどうだったか



2011年の梅雨入り
2011年、近畿で5月26日と過去2番目に早い梅雨入り・・・台風も近付いているが、大雨とそして、福島原発方面への接近も気になる

2011年の梅雨に関して、

2011年5月30日
台風育ちの温帯低気圧が嵐をもたらした・・・・近畿で、台風から温帯低気圧に変わった後に、最大瞬間風速を記録

2011年6月20日
梅雨時の雨の日の月曜日

2011年の梅雨明け
近畿、過去3番目に早い梅雨明け、平年よりも梅雨入り・梅雨明けが約2週間早く、それだけ真夏が早まった・・・・ちなみに最も早い梅雨明け日は・・・

2010年の梅雨入り
2010年の梅雨入りは平年よりも7日遅い6月13日だった・・・・さて、最も遅い梅雨入り日は何日でしょう

2010年の梅雨明け
昨日(7月17日)に、近畿の梅雨明け発表・・・今年の梅雨は雨の日と雨量が多い梅雨だったなあ

2009年の梅雨明け
近畿地方、2009年の梅雨明けは8月3日と最も遅く・・・・阪神間は、8月の最初の2日間に、梅雨末期の集中豪雨が降った


梅雨末期の大災害
長崎大水害の日~咄嗟の判断・命を救ったカーテン

1953年7月18日 ~ 和歌山県地方を襲った大水害の日

梅雨前線を作るジェット気流が西風になる理由は?
コリオリの力~地球の自転によって、ジェット気流が西風になる

梅雨時の花といえば
移り気な紫陽花は七変化して成長する

テーマ:気象 - ジャンル:学問・文化・芸術


ニースのトラックテロ、イラク化するフランス、そして、トルコのクーデター未遂・・・ここ2~3年の大事件のニュースが、将来の世界的なさらなる動乱の遠因にならないか懸念する

今日は、2016年(平成28年)7月 18日 月曜日

フランスのニースのフランス革命記念日の祭りで
歩行者天国の道路にトラックが突っ込んで80名以上が
亡くなるという事件が発生したが、
そのニュースを耳にしたとき、
ふと、平成20年6月に秋葉原で発生した7名が殺害された
無差別殺害事件を思い出した。その時も突っ込んだのは
トラックだった。

トラックというのは無差別殺人を引き起こす
テロのための有力な殺人マシーンであることを改めて
認識したのである。

フランスの捜査当局は、
ニースの事件の容疑者は、短期間の間にイスラム過激派の
思想に共鳴してテロを起こしたのではないかという見方を
強めているようで、
実際、この容疑者とイスラム国との関係は
定かではないが、イスラム国関係情報機関が
犯行声明を出している。

昨年以来、フランスで大きなテロが続発するようになっている
状態になっているが、まるで、大きなテロが頻発している
イラクのような状態にフランスがなりつつあるのではないかと
感じてしまったりする。


そのようなフランスのニースのテロ事件の衝撃の翌日に
イスラム教徒が多く住むトルコで
軍の一部によるクーデター未遂事件が発生した。
クーデターは鎮圧されたが、
この事件の背景には、エルドアン大統領の強権政治と
近代トルコの国是である政教分離の世俗化に反するような
エルドアン政権の姿勢に批判的な勢力との対立があると
されている。

エルドアン政権はクーデター勢力の反対勢力に対する
弾圧を強めるだろう。
しかし、それがさらに反発を招き、将来、トルコを
さらに不安定化させ、政情不安化させ、隣国のシリアの
イスラム国関係者につけ込む隙を与えてしまうことに
つながるかもしれない。

エルドアン大統領は、このクーデターの首謀者として
アメリカにいるギュレン教団の指導者の引渡しをアメリカに
要請しているというが、アメリカ政府はこの問題への対応を
慎重にしないと、将来、大きな禍根を残すことになる恐れもある。
(将来、エルドアン政権が打倒され、反乱勢力が政権を握った場合、
アメリカはトルコの協力を得られなくなる)

フランスのニースのテロはイスラム国との関係が懸念され、
そして、その対イスラム国戦争の拠点のひとつのトルコが
政情不安定化するリスクを背負っているのがうかがえる。

これらのここ2~3年、中東や欧州で続く政治的な不安定化が
5年後、10年後、いや20年後、さらなる世界的な大きな動乱に
つながることになっていかないかふと懸念する。

たとえば、1939年の第2次世界大戦の火種は
その20年前のベルサイユ条約にあったと言われるが、
そのような世界史の過去のことを思うと、
今日(こんにち)、日々、ニュースで報道される事件が、
将来のさらなる世界的な動乱につながるかもしれないと
思いながら見る必要があるかもしれないと思ったりする。

テーマ:国際政治 - ジャンル:政治・経済


天皇陛下の生前退位が実現したら、新元号変更を国民的議論、または、国民投票で元号名を選択するのもいい

今日は、2016年(平成28年)7月 14日 木曜日

今上天皇陛下が生前退位のご意向という
ニュースが昨日かけめぐったが、
私の当ブログの平成25年12月23日の記事、

天皇誕生日としての12月23日はいずれは終わる・・・天皇終身制を見直してもいいのではで、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今は、天皇は終身制で
御存命の限りは、何歳になっても天皇のままである。

天皇の終身制を取っているが、
加齢に伴う体力的な負担を考えると
ある年齢をラインにして、例えば75歳をラインにして
それ以上の年齢の時に、いつでも退位できるように
した方が良いのではないかと思ったりする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と書いたが、そう思うと、天皇陛下の生前退位ができるように、
皇室典範を変更するのはいいと思う。

あらかじめ、いつ退位するかわかっていると
突然の元号変更にともなう混乱はなく、
前もって元号変更の準備はできて、
新年の元日から元号変更ということはできるだろう。

天皇陛下の生前退位にともなう
元号変更の準備ができるのであれば、
新元号も前もって公募などできて、
国民的議論、あるいは、国民投票による
選択ということもあってもいいのではないかと思う。

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース


参議院選挙の比例区で、私が投票した政党の候補が、投票日の翌朝の最後の1議席で当確した

今日は、2016年(平成28年)7月 12日 火曜日

先日の参議院選挙の比例区で、
私が投じた候補が、投票日の翌朝の6時ごろに
当選確実のテロップが出た。

その候補とは、生活の党の青木愛候補である。

青木氏は、衆議院や参議院の議員を務めてきたが、
平成26年の総選挙で落選していて、元議員の立場であった。

旧民主党が政権奪取したとき、次の総選挙までは
消費増税しないという公約をしたのに、
野田政権が公約違反の増税法案を通そうとしたときに、
それに反対したのが、当時の民主党にいた青木愛氏である。

それで、公約を守ることを貫き通すために、
民主党を離党して、小沢一郎氏らとともに
生活の党に加わった。

その後、生活の党は弱小政党となってはいるが、
増税をしないという公約を守り通すために
弱小政党の境遇に追い込まれつつ、
それでも、今回の選挙で、生活の党という当選できるかどうか
わからない状況でありながらも、
生活の党から立候補してことに感銘して
青木愛氏に投票をした。

開票速報で、当初、生活の党は0議席で、
翌朝の5時になっても、0のままで、
今回は、比例で議席獲得できないのかなあと思っていたら、
最後の1議席をめぐって、
午前6時ごろに、
「生活の党」で青木愛氏に当確が出て、
「おお!!」と嬉しくなった。

テーマ:参議院選挙 - ジャンル:政治・経済


人の人生の縁、運命の縁というは、目先の結果ではなく、長い目で見ないとわからないことがありますね

今日は、2016年(平成28年)7月 10日 日曜日

先日のNHKラジオの朝の番組の「すっぴん」という
番組で、リスナーからの投稿で、運命的な縁という
ものを感じてしまう物語(実話)があった。

そのことは以下のような物語である。
(少々記憶があやふやなところがあって、少し違っているかもしれません)


ある女性が学生の時(高校生or大学生)、
とある楽器屋でバイトをしている学生の男性に好意をもって、
3年近く、その店に、客としてだが、通い続けた。

ただ、その男性は、他の女性に好意を持っていて、
彼はその女性と交際することとなり、
3年間通い続けた女性は、
彼に、「縁がなかったんだね」と言われ、学生時代が終わり、
その後、その男性と音信がなくなった。

やがて時が過ぎ、その男性が結婚したということを知り、
また、その女性もある男性と結婚した。

しかし、やがて、彼女は離婚した。

そのようなころ、その男性を知っている知人からの
情報で、その彼が離婚したという話を耳にした。

彼女は、SNSで彼の名前を検索して、かれにメッセージを送ると、
久々に会うこととなった。それは12年ぶりの再会であった。

再開した時、彼との会話は弾んだようで、
その後、彼と会い続け、それから2年ほどして、
彼と結婚することとなり、今は、彼との間に、2人の子供がいる
という。

12年前に、彼から「縁がなかったんだね」と言われたのだが、
ただ、その時、縁がなかっただけで、いずれは
結び合う縁だったということであったのだ。

いやあ、人の人生は、
いつどのような巡りあわせ、再会などを経て、
どのように結ばれるか、どのような運命を歩むか、
長い目で見ないとわからないことがありますね。

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術


ダッカ人質事件で7名の日本人が殺害されたことをうけて・・・イスラム国との力と力の衝突(戦争)の中で、安倍首相の「戦争ごっこ」の後始末のリスクを背負う日本人

今日は、2016年(平成28年)7月 3日 日曜日

バングラデッシュの首都ダッカで、外国人が多く利用する
飲食店が武装集団によるテロ攻撃を受け、日本人7名を含む20名
の人質が殺害される事件が発生した。

イスラム国関係組織が犯行声明を出していて、関係者の
ネットサイトに、殺害された人質の方々が流血の床の上で
倒れている様子の画像が掲載されていて、
西洋系の方々(おそらくイタリア人)の遺体が写っていた。


報道によれば、襲撃時の目撃者の証言で
英語で「私は日本人だ。撃たないでくれ」と言ったとされるが、
20年以上前であれば、それで救われたかもしれないが、
対イスラム国戦争を展開している有志連合を支持している
日本の国民は、イスラム国からすれば敵国民である。

昨年、ジャーナリストの後藤健二さんが殺害された時、
哲学者で保守反動の立場の山崎行太郎氏が
安倍首相の言動はイスラム国に対する宣戦布告であり、
安倍首相の「戦争ごっこ」の後始末は高くつくだろう。

とコメントしていたが、
今回、7名の日本人が殺害されたことを受けて、
そのコメントのことを思い出した。

また、山崎行太郎氏は、欧米とイスラム国の戦争について、
正義はどこにもない、力と力との衝突である。

ともコメントしていたが、
シリアとイラクのイスラム国の支配地域がが、
欧米ロシアなどの空爆や現地の政府軍の攻勢で
減少していっている一方で、
世界各地に拡散しているイスラム国関係者や
その共感者が、テロ攻撃を続発させている。

その世界各地に拡散するイスラム国との
力と力との衝突の中に、イスラム国から
敵国民とみなされている日本人も攻撃対象でありつづける。

世界各地にいる日本人にとって、
安倍首相の「戦争ごっこ」の後始末のリスクを背負うことに
なっているとあらためて、今回のダッカで
多くの日本人が殺害されたことを受けて思った。


このブログ内の関連記事

2015年2月2日の記事
後藤さん殺害、安倍首相は、人道支援をイスラム国との戦争の文脈で言う必要があったのか?・・・勝ち戦ができそうには思えない安倍首相のもとで、イスラム国に宣戦布告することへの不安

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済