言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



HYの「てがみ」・・・♪~置いてきた思い出はふたりでやさしく包んで~♪・・・ふと、久々に「てがみ」を聴いたのは私の夢の中であった

今日は、2015年(平成27年)7月31日 金曜日

昨日の目覚める前に夢の中で、
私は、夕刻の赤らむ空を電車の車窓から
眺めていると、何かFMラジオを聴いていたようだった。

すると、

♪~置いてきた思い出はふたりでやさしく包んで~♪

という歌詞のメロディが聞こえて来た。

あれ、この曲、何という曲名だったかな?

と思い出そうとしていた。

そのような場面で、目が覚めた。

時計の時刻を見ると、午前2時50分ごろ。

すると、目が覚めて、目覚める直前に見ていた夢に
聞こえた曲は、

HYの「てがみ」だ!!!

と思い出した。

HYは、平成12年(2000年)にデビュー、
沖縄県うるま市出身の男性4名、女性1名で結成されたバンドである。

HYとは、平成17年にうるま市になる前の旧与那城町にある
彼らの出身地の地区「東屋慶名(ひがしやけな(Higashi-Yakena))」
に由来している。

そのHYが、平成16年(2004年)7月14日に発売された
HYの3rdアルバム「TRUNK」の(トランク)の
1曲目に収録されているのが「てがみ」である。
「てがみ」を作詞・作曲したのはHYのドラムを担当する
名嘉俊(なか しゅん)氏で、作詞・作曲時は「TUN」と
表記している。

「TRUNK」は前作のアルバムに続いて、
オリコンアルバムチャート1位となり、
メジャーデビューしていないインディーズ系としては、
オリコン史上初の2作1位となった。

私が、HYの「てがみ」を初めて聞いたのは
FM802だった。
10年前に勤務していたところでは、
いつもFM802を聞きながら仕事をしていた。

そんなとき、このHYの「てがみ」が放送され、

サビの部分の

♪~置いてきた思い出はふたりでやさしく包んで
いつかまた会ったなら 互いに理想な人に~♪


というところで、

「良い曲だなあ」と思った。

また、歌詞で良いなあと思ったのは

♪~やっぱり恋には時効などないのかな~♪

と「恋に時効がない」と恋の永続性を
思わせるものである。

ただ、

この曲は、かつて交際し、その後別れた女性を
思い続けつつ、未来に進んでいこうとしている
男の気持ちをつづった曲である。

それを感じさせるのは、やはりサビの部分の

♪~置いてきた思い出はふたりでやさしく包んで
いつかまた会ったなら 互いに理想な人に~♪


である。

ここ1年ぐらいは、
HYの「てがみ」をおそらく聞いていなかったのに、
なぜ、昨日の夢の中で再生されたのかわからないが、
ただ、私が初めてこの曲を聞いた時と同じく
FMラジオを聞きながらという場面であったが。

まあ、私の脳内に置いてきたままにされていた
HYの「てがみ」が夢の中で再生されたことが
なければ、久々にHYの「てがみ」を聴いて、
このように本日のブログ記事にすることも
なかっただろう。


YouTube HY てがみ
 アニメ「秒速5センチメートル」に重ねて
https://www.youtube.com/watch?v=xZ04HRFvqAY


スポンサーサイト

テーマ:今日の1曲 - ジャンル:音楽


出世、その語源・・・・仏教に由来する言葉、仏が世に出て、僧侶がえらいお坊さんになっていく

社会的に高い地位につくこと、組織内で高い役職に
つくことなどを「出世する」という。

さて、この「出世」という表現は仏教に由来する
ものである。

もともとは、仏が衆生救済のために仮の姿として、
この世に現れることを「出世」と表現した。

また、世間的なものを超えているという意味あいから
俗世間の煩悩を越え解脱して悟りを得るという意味の
「出世間(しゅっせけん)」を略して「出世」とも
表現されるようになった。

宮中に昇殿を許された殿上人の子息が
剃髪して寺に出家して僧侶になると
昇進が早く世に出てくることとなる。

そこから僧侶が高い地位に昇進していくことを
「出世」と表現するようになる。

また、位の高い僧侶が着る紫の衣を着用することが
許されたり、大寺院の住職になったりすることも
「出世」と言うようになり、


その表現が一般社会にも広がり、
社会的に高い地位につくこと、組織内で高い役職に
つくことの意味で「出世」が使われるようになった。


仏教に由来する言葉 このブログ内での関連記事

○仏教に由来する言葉

愛敬・愛嬌 ~ 仏様の柔和で慈悲深い表情を見れば

諦める ~ もともとは仏教用語で、「断念」という意味と違う意味であった

足を洗う

おはこんばんちは・・・・・挨拶

以心伝心 ~ 花を捻りて微笑する

一期一会~once-in-a-lifetime encounter

一連托生~同じ蓮の花の上に生命を托す相手を間違うと大変

億劫(おっくう)という表現は仏教に由来する言葉で、もともとは「とてつもなく長~い時間」という意味

覚悟 ~ 真理・正法を悟る 

行儀 ~ 行く・止まる・座る・寝る・・・・仏教の修行

玄関~奥深き道理を悟るための関門

金輪際~大地の最下層の極限の果て

ジャンケンは天の意思である!

食堂~食べる事も修行

しっぺい返し・・・仏教の禅宗に由来する言葉

しょっちゅう ~ 「初中後」・初めも、中ごろも、終わりの時も

図に乗って、お坊さんが声楽を唱える

世界は「時空」 ~仏教から生まれた言葉

そそう(粗相・麁相)・・・・・・・軽率な感じがするこの言葉は、もともとは、仏教に由来することばで、茶の湯の重要なコンセプトになっている

退屈 ~ もともとは仏教後 困難に退き屈してしまうと、やることが無くなる

醍醐味 ~ もともと仏教に由来し、日本のある有名な乳酸飲料の語源にもなっている

台無し ~ 台が無ければ、値打ちが下がる

大丈夫、菩薩様がいるから

コーヒーフレッシュの「スジャータ」~由来は釈迦を救い癒した娘にあり

ダンナさんとデートする ~「ダンナ」と「デート」は同じ語源であった!!

当意即妙~仏教に由来する熟語である「当意即妙」の判断は命を救う事がある

投機~もともとは仏教用語で、師匠と弟子の心機一致の意味である

どっこいしょ~何処へ行くんだ?六根の汚れを清めに山にいくのだ!

ナイショ~もともとは、心のうちで悟りを得た証明という意味だった!!

納豆、その語源・・・お寺さんで作られていたということで


喉仏とアダムのリンゴ・・・・・日本・西洋とも語源は宗教に由来

悲願 ~ 「仏様の願い」が語源

「微塵」の語源は・・・原子と分子の関係に相当する意味のある言葉

秘密 ~ 仏教に由来する言葉・・教義の秘奥深密の真意は隠して伝える

トイレは、お手洗いをして、お化粧して綺麗になれる便利な所・・・・トイレや便所の語源をたどると、不浄を払い、清く美しくなる場ということを感じる・・・ちなみに「W.C」は、「ワシントン・クラブ」ではありません。

何かの「冥利」につきる喜びは、神様・仏様が授けてくれたもの

めっぽう ~ 仏教の滅法に由来。法が滅べば、なんでもありでめちゃくちゃ

シャリ(お寿司の米粒)の語源・・・仏教が生まれた古代インドのサンスクリットに由来する

融通がきく、その語源は仏教に由来する・・・個々それぞれが融けあい通じ合う如く、人々の心も通じ合う

テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


自分の偽物サインが出品されたことに対するキョンキョンのコメントが素敵!・・・関係性の履歴を深めることに価値が発生するのだろうなあ

今日は、2015年(平成27年)7月29日 水曜日

最近、インターネットのオークションに
有名人の偽物のサインを販売して、
詐欺罪で立件されるというニュースがあったが、
何年か前に、タレントの小泉今日子さんが
自分の偽物のサインがヤフーのオークションに
出されているのを知ってのコメントが素敵だった。
次のようなコメントである。

大事にしてくれたら本物も偽物も同じくらいの価値があると思う。

キョンキョンは、それに続けて、

模写したものを売って
お金を得た人だけが罪なんだよね。
なんかごめんって気分にあたしがなる

というコメントを出しているが、

本物を作っている方からすれば、
偽物を出されることは損失を被ることになるが、
偽物を知らず買ってしまっても
それを長い間使っていると愛着が沸いてくる
ことがあるかもしれない。
いざ、それが偽物だと知ってしまっても、
長い間、自分がそれを大切に使ってきたという
ことに価値が生じるということになるのだろうなあ。

いろんなものでも、関係性の履歴を深めるということに
価値が発生していくのだなあと思ったりする。

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術


各家庭からリサイクルされたペットボトルは何の製品になっているの?・・・・みなさんの各家庭でのゴミの分別行為が循環型社会を作っている

今日は、2015年(平成27年)7月28日 火曜日

昨日の弟4月曜日は、私が住む区域では、
ペットボトルの回収日だったので、
ペットボトルのキャップやラベルを外し、そして、
それを潰して、それを収集場所に出した。

さて、そのように各家庭などから出たペットボトルは
最終的に何になってくのか?

日本容器包装リサイクル協会によると

平成24年4月から平成25年6月までの期間において、
全国で16万1256トンが
ペットボトルからのリサイクル製品として販売された。

そのうちの
43.6%が「繊維」になっている。
その繊維を用いて、
自動車の天井・床等の内装材や、吸音材、
また、カーペットなどインテリア製品の資源になっている。

「繊維」の次に多いのが
卵パックや食品用トレイなどに使われる「シート」の
41.5%。

その「シート」の次に多いのが、
飲料用ボトルなどに使われる「ボトル」の11.2%である。

このようにペットボトルなどの資源ゴミなどを再利用して、
再び何かの製品として活用する社会を「循環型社会」という
概念で説明されるが、
皆さんが日々、各家庭などで行っているゴミの分別作業の
積み重ねが、「循環型社会」を作っているのである。


テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術


駆け落ち、その語源・・・・集団から欠けて、駆けて逃げ込む

相思相愛の男女が結婚を許されないなど
何らかの理由でその土地を離れて逃げ出すことを
「駆け落ち」という。

なぜそのようなことを「駆け落ち」というのか?

もともと「駆け落ち」は「欠け落ち」と表記されていた。

「欠け落ち」という表現は中世末ごろから使用されていたようで、

それは戦乱や重税から逃れるためにその土地の集団から
よその土地に逃げることを集団から「欠け落ちる」と言った。

また、江戸時代になると貧困や悪事をして追及されることを
逃亡することにも言うようになった。

やがて、それは結婚を許されない相思相愛の男女が逃避行する
ことに主に使われるようになった。

また、そのように逃げる時は、他の土地に
駆け込む状況なので、

「欠け落ち」から「駆け落ち」という表記になったようだ。


テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


土曜日の午後、カフェギャラリー「Koo」にて、チャイを飲みながら開店3週年記念の作品展を眺めつつ、読書を堪能した

今日は、2015年(平成27年)7月26日 日曜日

昨日の土曜日、西宮市の東鳴尾駅近くにある
小さなカフェギャラリー「Koo」に行ってきた。

そこは現在の私の職場近くにあり
いつも出勤する平日に昼食で
そこでとてもおいしいカレードリアを食べているが、
いつもはいかない土曜日はどうなっているのだろう
と思い、西宮市内での用事を終えて、
15時過ぎに「Koo」に入店した。

いつもはカレードリアを頼むので、
店主の女性の方はカレードリアかと思ったようだが、
私は
「今日は、いつもとは違うものを」ということで、
チャイとチーズケーキを頼んだ。

Koo チャイ 150725_1520~001

「Koo」では、ここ近日中は
開店3周年記念イベントを行っていて、
昨日までは、作品展を行っていた。
(来週は写真展開催)

そして、「Koo」が開業したのが
2012年7月25日だったということを
聞いていたので、ちょうど開店3周年の日に
行ってみようと思った。

3年前の7月25日は水曜日だったが、
毎年7月の弟4水曜日は「Koo」がある
みやこ商店街の夏祭りが行われる日であったので、
その日に合わせて開店したようである。

「Koo」のHPのごあいさつに次のように
書かれている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オープンにあたって、この場所を語らずにはおられません。
ギャラリーのあるこの場所は父の実家であり、私も小学校に
あがるまでここに住んでいました。
祖母は呉服店を、祖父とそれを継いだ母が小鳥店
(のちにペットフード店)を営んでいました。
学校から帰ってくると母の店番の手伝いをしたり、
向かいの「とらや」でお好み焼きやたこ焼きを食べ、
お使いを頼まれて豆腐や野菜を買いに行きました。
夏には商店街で御神輿やパレード、夜店を楽しみ、
年末はお正月の買いだしの人で通るのも大変なほど賑わって、
日常と違う空気が心躍らせるのでした。
しかし、いつしか寂しい風景に変わっていました。

私はその風景を見るたび、閉まったままのお店を見るたび、
何かしないとという衝動に駆られ、いつの頃からか、
自分の夢はと聞かれると「前の家を改装してお店をすること」
になっていました。

赤いアーケードの入口、一方通行の標識をまたいだ敷地、
スーパーの真隣、今も元気に頑張るとらやさん。
今も声を掛け合い、人々が行き交っている様子を見て
、小さい頃自分を見守り育てててくれた温かな人々
のふれあいを懐かしみ、もう一度この環境に帰りたいと思ったのです。
これからギャラリーでの展示やイベントを通じて、
地域の方々との交流の場になれば幸いです

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、自分が育った商店街で店を開くことに強い思いを
持ってこの地にカフェギャラリーを開店したことが伝わってくる。

さて、私がそこでチャイとチーズケーキを味わっていると
女性の方が入店してきた。作品展の鑑賞だけは無料である。

その女性は、今回の作品展に絵を出展している
至高さんの絵を見にきたようだ。

至高さんは、「Koo」から近くのところで
美容院の「Be遊」を営んでいる方で、
その女性はそこのお客さんのようである。

Koo 至高さんの絵 150725_1541~001


至高さんの描いた和服を着た女性を
イメージした絵は私はとても
惹きつけられるものがあった。

その女性が店を出た直後のすぐに
別の男性の方が入ってきて、
出展されている絵を見に来た。

その方も美容院のBe遊のお客さんで
ちょうど、そこで髪を切ったばかりで
至高さんの話を聞いて、
「Koo」に来店したようである。

私はその間、
いつもは仕事のお昼休憩に利用しているので
25分ぐらいしかそこで過ごせないが、
今日は仕事とは関係なく、
ゆっくりすごせることもあり、
チャイとチーズケーキを味わいながら
読書を堪能していた。

その時、読んでいた本は
若嶋眞吾氏の
「もう一つの『知』~二つのコスモロジー」
である。

興味あるところに線を引いて書き込んだり
している。その書き込んだ年月日と時刻
そして、それをどこで書いたかの場所を記す
ことにしている。

その本の
「リハビリなども身体的記憶を機能の回復に」
というところに線を引いて、それに対して、
ページの上端にきれいではない字で書き込んだ。

Koo 読書書き込み 150725_1558~001

なんと書き込んでいるかというと、

「身体図式の回復
 2015・7・25 15:45
 Kooにて」

身体図式という言葉は、
フランスの哲学者であるモーリス・メルロ=ポンティが
「知覚の現象学」で活用した概念である。

それをふと思いついたので、そのように書き込んだ。
思いつきなので、厳密さはないが
思い付きから考える機会としたいし、
また、書き込むことで、
再読した時に、また想起する助けになるし、
何処でそれを読んでいたかも思い出すことになる。

ふと、Kooの開店3周年の日の7月25日に
ちなみ、
自分の3年前のそのころは、
翌月に14年間勤務してきた小さなシンクタンクを
原発事故の影響で失業することがわかっていた時で、
仕事を探しをしていたころだ。
もし、その時失業していなければ、
現在の職場で働くこともなく、
このようにカフェギャラリー「Koo」で
過ごすことはなかった。

ちなみに2年前の7月25日は
私は県立西宮病院の病室のベットの上で
過ごしていた。腹膜炎のため入院してのである。

私がいる間、ちょこちょこと
来店者がいて、出店作品を見ていた。

また、私が惹かれた出展していた絵は
西宮市在住の毛利美帆さんの
「イチゴと猫」である。

Koo 毛利さんの猫絵 150725_1634~001

とてもかわいい絵である。
西宮市で出生届けを提出した
保護者の方々に配布される「赤ちゃんへの手紙」
のイラストを担当しているのも毛利美帆さんである。

閉店時間が近づいた16時50分過ぎに
私は「Koo」をあとにした。

いつもは、その最寄り駅の
阪神武庫川線の東鳴尾駅を
使うが、その時は、いつもと違うルートで
帰ろうと、阪神本線の鳴尾駅に歩いていった。

その途中、「Koo」の3週年記念の
作品展に出展していた至高さんが営む
美容室「Be遊」を見つけた。

Be遊 150725_1659~001

その店のディスプレイには
「Koo」の3週年記念作品展を
お知らせするポストカードが飾られていた。


「Koo」の
場所は兵庫県西宮市笠屋町21-2
阪神電車武庫川線「東鳴尾」駅から西へ徒歩約7分、
「鳴尾」駅から徒歩約13分。
TEL 0798-55-8009

営業時間 11時~17時
休業日 日・月・祝
*営業日でも臨時休業していることがあるので、
フェイスブック等で確認してくださいとのこと。



ギャラリーKooのHPはこちら

ギャラリーKooのフェイスブックページはこちら


このブログ内の関連記事

小さなカフェギャラリー「Koo」にて、おいしいカレードリアを食べた・・・西宮市東鳴尾駅近くの小さな商店街の赤いアーケードの端にあるおしゃれなお店

カフェギャラリーの「Koo」にて、「そらみみパレット」をライブを見て・・・・まちに、地域社会に、そして、人々に潤いと豊かさをもたらす小さなカフェギャラリー

テーマ:アート - ジャンル:学問・文化・芸術


アメリカ大統領選挙と対イスラム国戦争・・・・もし、共和党の大統領が就任すれば、自衛隊が対イスラム国戦争に参戦することになるのか?

今日は、2015年(平成27年)7月25日 土曜日

昨今の政治のニュースで大きな話題になっているのが
安倍内閣が進める安保関連法案のニュースであるが、
その法案の中で、
例えば、アメリカ軍の戦争に自衛隊が直接戦闘に関わるわけではないが、
直接戦闘をしているアメリカ軍に、後方支援として、
武器弾薬の提供、アメリカ軍兵士の輸送、
アメリカ軍への食料や水を補給することを可能としている。

そこでふと気になったのが、アメリカの対イスラム国
対策である。

さて、アメリカでは、来年の大統領選挙に向けて
動いているが、対イスラム国政策も争点のひとつとなる。

オバマ政権では、イスラム国に対しては、空爆だけの攻撃に
控え、地上軍の派遣はしないとしている。

アメリカの世論調査機関ピューリサーチが最近行った
対イスラム国政策で、アメリカ軍が地上軍を派遣することの
賛否についての世論調査で次のような結果が出た。

賛成44% 反対49%

と5ポイント反対の方が上回っているが、
政党支持別の賛否の傾向を見ると対照的である。
共和党支持者と民主党支持者別を見てみると、

ピューリサーチ 世論調査 共和党支持者イスラム国地上軍派遣支持 CKipxtqWsAAc6CC

共和党支持者
 賛成63% 反対32%

民主党支持者
 賛成31% 反対63%

と、賛成と反対の数がほぼ逆になっている。

もし、次の大統領が共和党の大統領になれば、
支持者の過半数が、イスラム国への地上軍派遣を支持
しているので、ためらうことなく、
イスラム国での戦闘に対してアメリカ地上軍派遣の行う
ことがあるかもしれない。
そうなると、現在の安倍政権が進める安保法案が成立すれば、
アメリカ政府から日本政府に、
アメリカ軍の後方支援して欲しいから、
自衛隊を対イスラム国戦争のためイラクに派遣して欲しいと
要請されたら、アメリカケツ舐め外交をしている日本は
それを断るということは考えにくい。

敵からすれば、直接戦闘をしていない後方支援とは言え、
武器弾薬を運んでいれば、それは攻撃対象になる。
アメリカの対イスラム国戦争に後方支援に参加している
自衛隊にイスラム国の戦士が自爆攻撃をしかけてくることは
容易に想像できる。そうなれば、自衛隊に戦死者が出てくる
ことになるだろう。

ちなみに、イスラム国を台頭させるそもそものきっかけは
アメリカが2003年に国際法違反で開戦した
イラク戦争である。
アメリカ外交の失策に自衛隊員の命をさしだす
ことになってしまう可能性を持っているが
今回の安倍政権が進める安保関連法案である。


テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済


今年(2015年)の近畿の梅雨明け日は修正されるかも・・・・梅雨明け日の翌々日から2日間、西宮では69ミリの降水

今日は、2015年(平成27年)7月24日 金曜日

今週の月曜日の7月20日に、気象庁から
近畿地方が梅雨明けしたという発表があったが、
その翌々日から2日間、近畿地方ではまとまった雨が降った。

私が住む西宮市の西宮市役所の降水量を見ると、

7月22日は、26.5ミリ
7月23日は、42.5ミリ
と、合計69ミリの雨量を記録していて
しっかりまとまった雨である。

秋ごろに 気象庁では梅雨入り日と梅雨明け日の
確定日を出すのだが、
今年は、近畿地方の梅雨明け日は修正されるかも
しれないなあと思った。

ただ、その日の天気図には日本列島周辺には
梅雨前線がない状態になっていて、
梅雨の雨とみなされなかったら、
7月20日の梅雨明け日が確定となるが、
ただ、昨日、東北地方は梅雨前線がない状態で、
雨が降って、梅雨の状態のままだったことも考えると、
梅雨明け日は今日の7月24日と修正されるかも
しれないなあと思ったりする。

テーマ:気象 - ジャンル:学問・文化・芸術


カフェギャラリーの「Koo」にて、「そらみみパレット」をライブを見て・・・・まちに、地域社会に、そして、人々に潤いと豊かさをもたらす小さなカフェギャラリー

今日は、2015年(平成27年)7月23日 木曜日

私の現在の職場の近くの
西宮市のカフェギャラリーの「Koo」で、
昼食を食べるが、
その「Koo」で、昨日の夕刻18時すぎから、
開店3周年記念の小さなライブが行われて、
私はそれを見に行った。

ライブをしたのは「そらみみパレット」という
女性2名のユニットで、
きだまみさんがピアノを弾いて、
もうひとりのつばささんが
きだまみさんが演奏している間に絵を描く
パフォーマンスをする。

きだまみさんとつばささんは
大学時代の友人で、大学で福祉関係のことを
学んでいたという。
きだまみさんは好きな音楽を
つばささんは好きな絵を描く、
そのお互いの好きで得意なことを
活かした活動をしようと
「そらみみパレット」を結成した。

彼女達はふだんは違う職業に就いていて、
昨日は、仕事が終わってから
「そらみみパレット」としてのライブを
行ったのである。

Kooは通常6席が満席のカフェであるが、
昨日はライブ用に椅子を配置したが、
満員で15名ぐらい見に来ていた。

きだまみさんが作詞作曲した曲の演奏を始めると

歌うきだまみさん 150722_1813~001

つばささんはキャンバスに色をつけ描き始める
描き始め 150722_1810~001

演奏が進むとともに絵はできあがっていった。
描く途中 150722_1816~001

30分~40分ほどして、一旦休憩となり、
その間、「Koo」特製のおいしくて甘口の
カレーがみなさんに配られた。
私はいつもそれを昼食で食べているが、
とてもおいしいカレーである。

カレー 150722_1844~001

休憩が終わり、ライブの後半で、
きだまみさんの演奏の間、
もうひとつ絵を作り上げていった。

きだまみさんの声は透き通っていて、
曲調も癒し系の感じである。

ライブが終わって、つばささんが出来上がった
絵を横にして、カメラ撮影に応じていた。

2枚の絵 150722_1936~001

大きな絵はライブ前半に描いた絵で、
小さな絵はライブ後半に描いた絵である。

大きな絵について、何の意味合いを表現しているか
つばささんに聴いてみると、
「そらみみパレットなどの活動を始めたばかりで
外に向かって」という主旨のことを言っていた。
見てみると、絵に○模様の部分が多く描かれているが、
その部分はそのような意味合いがあるように見えた。
私が「人の顔に見える部分もありますね」と言うと、
「言われてみればそうですね。見てもらった方、
それぞれの感じ方ををしてもらえれば」と言っていた。

ライブが終わって、そらみみパレット2名で撮影に応じる。

そらみみパレット 150722_1938~001

画像右側の絵は、
「Koo」開店3周年記念の作品展に展示している
つばささんの絵。


私は、つばささんが書いた線画のポストカードを
5月に買っていた。

線画 150508_1234~001

Kooで昼食のカレーを食べながら、
その線画に「おっ!」とおもしろいなと思って
購入した。

また、今回のライブでは、
ピアノを演奏していたきだまみさんも
ポストカードを描いていて、
空を飛ぶ大きなくじらの絵がかわいく
購入した。

きだまみさんの絵 150722_2145~001

さて、今回ライブを行った
そらみみパレットのつばささんは
Kooのオーナーの久美子さんとは、
Kooに作品を出展している女性の方との
つながりで知り合い、
Kooで作品を販売したり、そして、今回のライブとなった。
また、Kooに出展している方は
西宮市在住の方が多く、人と人とのつながりのなかで
アートに関することを本業とはしていない人たちの
ネットワークが生まれ、自分が作った芸術作品を
展示している。

ふと、コミュニティデザイナーの山崎亮氏が

「まちが豊かになること、まちが活性化することとは
そこに住んだり、働いたり、訪れたりする人たちが
活き活きしている状態であり、豊かな人間関係を
持っていることである。」

という主旨のことを述べていることを思い出した。

カフェギャラリーの「Koo」がある場所は
昔ながらの商店街の赤い屋根のアーゲードが
あるところである。
そこに、パッとおしゃれなカフェギャラリーにて、
近隣の方々が、自分の芸術的な個性的な創造性を持った
ものを出しているのを見ると、
先に紹介したコミュニティデザイナーの山崎亮氏の
発言内容と重なるなあと思ったりする。

そして、その「Koo」で、
芸術的なものを出している方々が
それを本業にしていないことも良いなあと思ったりする。

最近、お笑いコンビの「ピース」の又吉直樹氏が
芥川賞を受賞したが、彼は小説を本業にしているわけではない。
小説や読書は趣味である。趣味を深めて貫徹して、
高い評価を得る作品を出している。

また、小説家で思い出したのは
作家の山口恵以子氏である。
彼女は自身の小説で松本清張賞を受賞したが、
彼女の本業は食堂のおばちゃんである。
食堂での業務を終えて、その後、小説を執筆していたのである。


自分の生活の糧を得るための本業とは別に、
芸術的なことを深めていくのは、
その動機付けは内発的であり、職業が変わっても、
内発的な動機で行う芸術的な活動は、生涯続けていく
可能性を秘めていて、その方の人生を豊かにしていくものだと思う。

そのような方々の個性的で創造性のある芸術作品を出していく、
小さな商店街にある小さなカフェギャラリー「Koo」は
まちに、地域社会に、そして、人々に潤いと豊かさをもたらす
機能を秘めていて素敵だなあと思う。

場所は兵庫県西宮市笠屋町21-2
阪神電車武庫川線「東鳴尾」駅から西へ徒歩約7分、
「鳴尾」駅から徒歩約13分。
TEL 0798-55-8009

営業時間 11時~17時
休業日 日・月・祝
*営業日でも臨時休業していることがあるので、
フェイスブック等で確認してくださいとのこと。


ギャラリーKooのHPはこちら

ギャラリーKooのフェイスブックページはこちら


このブログ内の関連記事

小さなカフェギャラリー「Koo」にて、おいしいカレードリアを食べた・・・西宮市東鳴尾駅近くの小さな商店街の赤いアーケードの端にあるおしゃれなお店

豊かな「まち」とは、そこに集う人々が活き活きしていること・・・まちの人々の多様な個性を活かせる仕組み、コミュニティデザイナーの山崎亮氏の講演を聞いて・・・

テーマ:アート - ジャンル:学問・文化・芸術


大きな出来事の発生時刻・・・5時46分、14時46分、8時46分、8時15分、11時02分・・・ふと、昨日の小さな地震の発生時刻から思い出した

今日は、2015年(平成27年)7月22日 水曜日

昨日の午前5時50分すぎだっただろうか、
NHKを見ていたら、地震情報のテロップが出て、

午前5時46分ごろ地震がありました

その地震発生時間の時刻を見て、あっと思った。

それは阪神淡路大震災をもたらした
兵庫県南部地震の発生時刻だったからである。

実際、昨日のその地震は
紀伊水道を震源とするM3.8の
小さな地震であった。

平成27年7月21日午前5時46分の地震 c

兵庫県南部地震の時のMは7.3だったので、
それと比べると昨日の地震は
小さな地震であったが、
午前5時46分という時刻で思わず、20年前の
大震災を思い出した。

さて、46分の発生時刻でもうひとつ思い出す地震は
東日本大震災をもたらした東北地方太平洋沖地震である。
その時の発生時刻は14時46分である。

さて、46分で思い出す事件がある。
それは、2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件である。
最初にニューヨークのツインタワーに飛行機が突っ込んだ時刻は
現地時間で午前8時46分であった。

さて、あるできごとでの時刻で私が思い出す時刻は2つある。
8時15分と11時02分である。

8時15分とは、昭和20年(1945年)8月6日のできごとである。
それは原子爆弾が広島市で爆発した時刻である。

そして、11時02分は、昭和20年(1945年)8月9日、
長崎市で原子爆弾が爆発した時刻である。


広島平和記念公園にある平和の時計塔では
毎日、午前8時15分にチャイムが鳴っている。

そんな大きな出来事の発生時刻について、
昨日の午前5時46分に発生した小さな地震から
思い出すのであった。


画像は気象庁の地震情報のページより

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術


近畿の梅雨明け、平成27年は7月20日に発表・・・私が住む西宮市ではこの梅雨で昨年の梅雨の9倍の雨量を記録し、そのうちの50%は台風11号による大雨であった

今日は、2015年(平成27年)7月21日 火曜日

昨日の7月20日、私が住む近畿地方が
梅雨明けしたと見られると気象庁から発表された。

近畿地方の梅雨明け日は昨年と同じである。

さて、昭和26年(1951年)以降の
近畿地方の梅雨明け日が7月20日だったのは

昭和26年(1951年)
昭和34年(1959年)
昭和37年(1962年)
昭和49年(1974年)
昭和50年(1975年)
昭和51年(1976年)
昭和55年(1980年)
平成14年(2002年)
平成26年(2014年)

と過去に9回ある。

さて、私の住む西宮市の今年の梅雨期の雨量は
西宮市役所の雨量計の観測では
546.5ミリと昨年の59ミリの
約9.3倍の雨量を観測している。

特に先日の台風11号接近により
7月17日の1日で219.5ミリ観測し、
今回の梅雨期の40%の雨量を記録した。
また、7月16日から7月18日までの
台風11号接近にともなう総雨量は271ミリで
今回の梅雨期の雨量の約50%の雨量を観測している。

台風による大雨がいかに多量の降水をもたらすか
改めて認識するのである。


このブログ内の関連記事

梅雨関係のリンク

梅雨の語源・梅雨発生のメカニズム
梅雨 ~梅の実が熟す頃の長雨は、ジェット気流とヒマラヤ山脈・チベット高原の高山によるもの

梅雨時の大雨から生まれた言葉
集中豪雨はマスコミの造語

2015年の梅雨入り
近畿地方の2015年の梅雨入りを6月3日に発表・・・・6月3日の梅雨入りは過去に6回で、そして、そのうちひとつの梅雨明けは8月になった


2014年の梅雨明け
2014年の近畿の梅雨明けは、梅雨明け平年日に発表される・・・過去に7月21日の梅雨明けは何回あったか

2014年の梅雨入り
近畿の2014年梅雨入り日は6月4日・・・近畿で6月4日が梅雨入り日になるのは統計開始以来初めて

2013年の梅雨明け
2013年の近畿の梅雨明け日は、一昨年と同じ日で統計史上3位の早さ、今年の梅雨は雨量少なめで、梅雨入り日の確定日が変更になるかもしれない

2013年の梅雨入り
近畿の2013年の梅雨入りは5月28日・・・さて、これまでの梅雨入りで、何番目に早い梅雨入りでしょうか?

2012年の梅雨入り
2012年、大阪市で真夏日初日になった翌日に近畿地方の梅雨入りが発表される・・過去10年の真夏日初日と梅雨入り日を見てみる

2012年の梅雨明け
2012年の近畿の梅雨明けは7月17日・・・1984年の梅雨入り日と梅雨明け日と同じになった、ところで、関西の揚水発電所付近の梅雨期の雨量はどうだったか


2011年の梅雨入り
2011年、近畿で5月26日と過去2番目に早い梅雨入り・・・台風も近付いているが、大雨とそして、福島原発方面への接近も気になる

2011年の梅雨に関して、

2011年5月30日
台風育ちの温帯低気圧が嵐をもたらした・・・・近畿で、台風から温帯低気圧に変わった後に、最大瞬間風速を記録

2011年6月20日
梅雨時の雨の日の月曜日

2011年の梅雨明け
近畿、過去3番目に早い梅雨明け、平年よりも梅雨入り・梅雨明けが約2週間早く、それだけ真夏が早まった・・・・ちなみに最も早い梅雨明け日は・・・

2010年の梅雨入り
2010年の梅雨入りは平年よりも7日遅い6月13日だった・・・・さて、最も遅い梅雨入り日は何日でしょう

2010年の梅雨明け
昨日(7月17日)に、近畿の梅雨明け発表・・・今年の梅雨は雨の日と雨量が多い梅雨だったなあ

2009年の梅雨明け
近畿地方、2009年の梅雨明けは8月3日と最も遅く・・・・阪神間は、8月の最初の2日間に、梅雨末期の集中豪雨が降った


梅雨末期の大災害
長崎大水害の日~咄嗟の判断・命を救ったカーテン

1953年7月18日 ~ 和歌山県地方を襲った大水害の日

梅雨前線を作るジェット気流が西風になる理由は?
コリオリの力~地球の自転によって、ジェット気流が西風になる

梅雨時の花といえば
移り気な紫陽花は七変化して成長する

テーマ:気象 - ジャンル:学問・文化・芸術


素粒子の預言者・ノーベル物理学賞受賞の南部陽一郎氏永眠・・・彼の理論のアイデアからヒッグス氏は、質量の起源で「神の粒子」とも称されるヒッグス粒子の存在を予言し、発見された

今日は、2015年(平成27年)7月20日 月曜日

2008年にノーベル物理学賞を受賞した
南部陽一郎氏が今月の5日に大阪府で亡くなっていたことが
明らかになった。享年94歳。

南部陽一郎氏は「素粒子の預言者」とか「物理学の預言者」という
異名がある。

彼がそのような異名がつくのは、
素粒子物理学で、先駆的な理論を次々と発表してたからだ。

そのうちのひとつは
ノーベル賞受賞対象となった
「対称性の自発的破れ」という理論である。
この理論が基礎となって、
ヒッグス氏による質量の起源となるヒッグス粒子の存在の予言と
それの発見(2012年発見)に誘われたのである。
ちなみに、ヒッグス粒子は神の粒子とも呼ばれている。

「対称性の自発的破れ」とは何か?

そのまえに「対称性」がある状態とは何か?
を大雑把に言えば、
「どの向きになっていい状態」とか
「どっちでもない状態」

それが対称性のある状態。

その対称性の状態が破れるというのは
「どちらか一方の方向」あるいは「どちらかの状態に決まる」
という説明になる。

それを比喩する説明で、よく使われる説明が
丸テーブルに複数人が座っていて、それぞれの席にコップが
置かれている話である。

例えば丸テーブルに8人座ったとする。
そのテーブルの上にコップも8個あるとする。
それぞれ席に座ると、自分の右にも左にもコップが
ある状態になっている。

このとき、左のコップか右のコップかどちらも
選べる状態で、つまり、左右対称で、対称性がある
状態になる。

しかし、誰かひとりが右のコップを選ぶと
隣の席の人は、自分にとっては左のコップが隣の人に
取られてしまったので、右のコップを選ぶことになる。

次々と右側のコップを取るので、このテーブルでは「右のコップを取る」
というあるひとつの方向に決まる。これが対称性が破れた状態。

また、また、コップを誰が取り始めるかは決まっていないが、
いつかは誰かが必ずどちらかのコップを「自発的に」取ることになる。
それで、「対称性の自発的破れ」の比喩説明の完了となる。

これが物理での現象で言うと、方位磁石での現象で説明できる。

方位磁石を1つだけおくと、北の方向に向く。
しかし、方位磁石を1000個まとめておくて、
それぞれの方位磁石が影響し合って、北を向かず、
それぞれの近くの磁石どうしが同じ向きを向く状態になる。
1000個の方位磁石全体を見ると、
それぞれの方位磁石があるかたまりごとに
四方八方どの方向かを指していて、
「どの向きになっていいという対称性のある状態」となる。
その対称性が自発的に破れれば、
1000個全ての方位磁石がひとつの方向だけ指す状態となる。

これと同じようなことが、素粒子の世界で発生しているのが
ヒッグス場である。ヒッグス場でも近くのヒッグス場どうしの
向きは揃いつつ、それぞれのかたまりのヒッグス場は
四方八方を向いていて対称性がある状態であるが、
その対称性が自発的に破れひとつの方向に揃うと
素粒子は質量を得るということになる。
ちなみに、ヒッグス粒子は
ヒッグス場が励起している状態である。

ヒッグス粒子を予言したヒッグス氏は
2012年のヒッグス粒子発見によりノーベル賞を受賞するが、
そのヒッグス粒子の予言のアイデアのきっかけになったのが
南部陽一郎氏の論文であると言っている。

そして、南部陽一郎氏は
「対称性の自発的破れ」から
素粒子クォークどうしを結びつける「強い力」の理論である量子色力学の
基本概念を基本概念を提唱した。
 ちなみに原子の中心の原子核を構成する中性子と陽子の中に、
アップクォークとダウンクォークがあり、
そのクォークどうしを結びつける力が「強い力」とされるもの。

また、対称性の自発的破れによって宇宙そのものが誕生したという
可能性が示唆されている。

南部陽一郎氏は、量子力学と一般相対性理論の統合を目指す
「超ひも理論」のさきがけとなった「ひも理論」を提唱している。

さて、南部陽一郎氏が素粒子物理学を志すきっかけは
戦前の時代に、のちの日本人初のノーベル賞を受賞する
湯川秀樹の評判に刺激されたことによるという。

そして、南部陽一郎氏の研究の原点は、
湯川秀樹が提唱した「中間子論」にあった。
(湯川秀樹は「中間子論」でノーベル賞受賞)

湯川秀樹の中間子理論を大きく進化させたのが
量子色力学である。

素粒子物理学の発展に欠かせない理論研究をした
南部陽一郎氏の研究の原点に湯川秀樹にあると知ると、
日本で受け継がれてきた素粒子物理学の知の遺伝子が
世界の素粒子物理学の発展や新発想・新発見につながって
きたことを嬉しく思うのである。

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術


納豆、その語源・・・お寺さんで作られていたということで

ねばねばしている納豆。
その納豆は大豆が納豆菌によって発酵されて
作られる食品であるが、
どうして「納豆」と言うのか?

「納豆」という表記は
平安時代中期の儒学者・文人である藤原明衡によって
書き記された「新猿楽記」に出てくるという。

その納豆の語源について、
江戸時代の元禄10年(1697年)に発刊された
「本朝食鑑」に書かれているようで、
それには、
寺院で金銭や米穀などの出納を行う所である
納所(なっしょ)というところで、
大豆を醗酵させて作られたので、
納所で作られた豆ということで、
「納豆」になったという。

戒律によって肉食を禁じられていた
僧侶にとっては納豆などの豆類は重要な
たんぱく質の食源となっていた。

仏教に由来する言葉 このブログ内での関連記事

○仏教に由来する言葉

愛敬・愛嬌 ~ 仏様の柔和で慈悲深い表情を見れば

諦める ~ もともとは仏教用語で、「断念」という意味と違う意味であった

足を洗う

おはこんばんちは・・・・・挨拶

以心伝心 ~ 花を捻りて微笑する

一期一会~once-in-a-lifetime encounter

一連托生~同じ蓮の花の上に生命を托す相手を間違うと大変

億劫(おっくう)という表現は仏教に由来する言葉で、もともとは「とてつもなく長~い時間」という意味

覚悟 ~ 真理・正法を悟る 

行儀 ~ 行く・止まる・座る・寝る・・・・仏教の修行

玄関~奥深き道理を悟るための関門

金輪際~大地の最下層の極限の果て

ジャンケンは天の意思である!

食堂~食べる事も修行

しっぺい返し・・・仏教の禅宗に由来する言葉

しょっちゅう ~ 「初中後」・初めも、中ごろも、終わりの時も

図に乗って、お坊さんが声楽を唱える

世界は「時空」 ~仏教から生まれた言葉

そそう(粗相・麁相)・・・・・・・軽率な感じがするこの言葉は、もともとは、仏教に由来することばで、茶の湯の重要なコンセプトになっている

退屈 ~ もともとは仏教後 困難に退き屈してしまうと、やることが無くなる

醍醐味 ~ もともと仏教に由来し、日本のある有名な乳酸飲料の語源にもなっている

台無し ~ 台が無ければ、値打ちが下がる

大丈夫、菩薩様がいるから

コーヒーフレッシュの「スジャータ」~由来は釈迦を救い癒した娘にあり

ダンナさんとデートする ~「ダンナ」と「デート」は同じ語源であった!!

当意即妙~仏教に由来する熟語である「当意即妙」の判断は命を救う事がある

投機~もともとは仏教用語で、師匠と弟子の心機一致の意味である

どっこいしょ~何処へ行くんだ?六根の汚れを清めに山にいくのだ!

ナイショ~もともとは、心のうちで悟りを得た証明という意味だった!!

喉仏とアダムのリンゴ・・・・・日本・西洋とも語源は宗教に由来

悲願 ~ 「仏様の願い」が語源

「微塵」の語源は・・・原子と分子の関係に相当する意味のある言葉

秘密 ~ 仏教に由来する言葉・・教義の秘奥深密の真意は隠して伝える

トイレは、お手洗いをして、お化粧して綺麗になれる便利な所・・・・トイレや便所の語源をたどると、不浄を払い、清く美しくなる場ということを感じる・・・ちなみに「W.C」は、「ワシントン・クラブ」ではありません。

何かの「冥利」につきる喜びは、神様・仏様が授けてくれたもの

めっぽう ~ 仏教の滅法に由来。法が滅べば、なんでもありでめちゃくちゃ

シャリ(お寿司の米粒)の語源・・・仏教が生まれた古代インドのサンスクリットに由来する


融通がきく、その語源は仏教に由来する・・・個々それぞれが融けあい通じ合う如く、人々の心も通じ合う

テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


ゆっくり台風11号通過後にも雨が降り続け、西宮市では24時間毎時間雨が降り、1日雨量が200ミリを越えた

今日は、2015年(平成27年)7月18日 土曜日

台風11号は、今日の午前3時には
能登半島西方沖の日本海で、
台風ではなくなり、普通の熱帯低気圧になった。

私の住む兵庫県西宮市では、
台風11号が午前中に、
岡山県から鳥取県を通過して
日本海に通り過ぎても雨が降り続いた。

私は昨日の夜の20時前、
西宮北口駅で乗車しようとすると、
案内のテレビ画面で、
神戸電鉄が20時以降運休すると表示
されていてそれほどになっているのかと思った。

日本海に抜けた台風に向かって
南からの湿った空気が流れ込む関係で
大阪湾で雲が発生しつづけて、それが
雨を降らせ続けた。

西宮市役所の雨量計では、
昨日は、24時間毎時間雨量が観測され、
昨日の24時間で219.5ミリの大雨となった。

私がここ数年、西宮市の雨量情報を見ているが、
私が知る限りでは、1日の雨量が200ミリを
超えるのを見るのは初めてである。

西宮市の北部の武田尾温泉付近では、
武庫川が氾濫危険水位を超えたことなどにより、
避難指示が出て、また、西宮市内の山沿いでは
土砂災害の危険から避難勧告が出された。

この記事を書いている今朝の6時30分過ぎでも
雨が降り続いていている。


テーマ:気象 - ジャンル:学問・文化・芸術


台風11号、4年前に死者不明94名を出した台風12号よりも強い勢力で上陸・・・・今朝、自宅周辺では台風の雨音の中で鳥のさえずりが響いていた

今日は、2015年(平成27年)7月17日 金曜日

台風11号が、私の住む西宮市のある
近畿地方に近づいてきている。
昨晩はゴォーという風の音が響き続けている。

今回の台風11号の進路予報図と速度を見ると、
4年前に、紀伊半島を中心に
死者・不明94名を出した
平成23年台風12号と似ている。

あの時ものろのろ台風であったため
紀伊半島で長時間大雨が続き、
大きな災害となった。

また、その時の台風の特徴で記憶に残っているのは
台風の中心気圧が990hPaと上がって弱まっても、
気象庁による発表で、中心付近の最大風速が30mで、
暴風域も東側に220kmあったことだ。
それで私の住む兵庫県南部は暴風域に入っていたのだが、
しかし、風が弱まり暴風域に入っているのにも関わらず
暴風警報が解除されるという珍しい事象が起きた。
ただ、その後、私の住む西宮市で大雨が振り出した。

さて、今回の台風11号は
4年前に大きな被害をもたらした台風12号の時よりも
低い中心気圧で上陸した。
つまり、4年前の12号台風よりも勢力が強い。
4年前の台風12号では
高知県東部に中心気圧984hPaで上陸したが、
今回の台風11号は960hPaで上陸している。

朝の5時過ぎで、台風の中心は岡山県の
瀬戸内海付近を通過しているようである。

西宮市の自宅周辺では
今朝は、風はおさまっているようだが、
台風が通り過ぎた後も、
台風に流れ込む南からの湿った空気で
雨は続くようである。

雨が降り続いている。
降り続く雨音の中で鳥のさえずりが響いていた。

2011年9月4日の記事
台風12号、故郷和歌山中部の大雨で、ダムの大きな減災効果を確認・・・ちなみに、兵庫県では、暴風域の中でも、暴風警報が解除された

テーマ:気象 - ジャンル:学問・文化・芸術


安倍首相の7月15日強行採決は祖父の岸内閣総辞職の日へのリベンジ?・・・・違憲立法を推し進める安倍内閣に対して、法の支配を強調するアメリカ政府が支持するって、へそで茶をわかすだわ

今日は、2015年(平成27年)7月16日 木曜日

昨日の7月15日、安倍内閣が提出した安保法案が
衆議院の委員会において、強行採決された。

集団的自衛権行使可能とするこの法案に対して、
多くの憲法学者が憲法違反であると指摘されている
法案である。

さて7月15日という日は、
安倍首相の祖父である岸信介首相が
昭和35年(1960年)総辞職した日である。

岸信介首相が進めた
新しい日米安全保障条約を国民が強く反対して、
国会周辺を10万人以上(主催者発表で30万人)を
取り囲み、国民の強い反発が示され、
そして、アメリカのアイゼンハワー大統領の訪日が
中止され、それらの混乱の責任を取る形で
岸信介内閣が昭和35年7月15日に総辞職したのである。

そのような日に、安倍首相は違憲性が指摘される
法案を強行採決を図ったのである。

さて、今回の安保法案はアメリカの要請があると
されるが、そのアメリカの政府高官が今回の安倍内閣の
法案採決を支持している。

あて、アメリカは日米同盟において、
「自由、民主主義、法の支配という共有価値を有する」
とするが、憲法違反という法の支配に対して、
それを蹂躙するような安倍内閣の動きを歓迎するというなら
アメリカの言う「法の支配」なんて、いい加減なものだ。

さて、今回の安倍内閣の動きに関して、
哲学者の山崎行太郎氏のコメントが興味深かった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何故、安保関連法案に世論は反対多数なのか?
「支持率急落」で慌てている安倍政権は、
アメリカとの約束を優先で、強行採決。
アメリカ政府は歓迎するかもしれないが、
日本国民は、歓迎するのは一部のネット右翼だけで、
安倍政権を見限るのではないか?
日本国民の中の「反米感情」は根深い。ここに火がつくと、
国際的な大事件に発展するだろう。「沖縄の本土化」である。
江藤淳のような「保守派」も、実は「反米」であり、
いわゆる「反米保守」であったことを、忘れてはなるまい。
日本国民に「反米独立」の機運が高まれば、
アメリカ政府も、安倍政権を見放さざるを得ないだろう。

哲学者=山崎行太郎の政治ブログ『毒蛇山荘日記』
2015年7月15日 
より
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2003年のイラク戦争の時、
もし憲法9条がなければ、
日本はアメリカの国際法違反の戦争に引きずり込まて
いたのではないかと思っている。

あの時、フランスとドイツは強くアメリカのイラク戦争に
反対したが、日本は賛成した。
そのようなフランスやドイツと違って、
アメリカケツ舐め外交をしている日本が
アメリカの誤った戦争に引きずりこまれるリスクが
ある状況において、憲法9条を改正したり、それに反する
法律を作ることは危険だと思う。

テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済


「San Francisco 」(花のサンフランシスコ)というスコットマッケンジーのこの名曲は、1967年、ベトナム戦争下のアメリカにおいて、「武器より花を」のスローガンのヒッピー・ムーブメントのなかで生まれた

今日は、2015年(平成27年)7月15日 水曜日

1967年の名曲を紹介する。
それは、Scott McKenzie(スコット・マッケンジー)の
「San Francisco (Be Sure to Wear Flowers in Your Hair)」である。
この曲は、日本では「花のサンフランシスコ」という曲名で販売された。

スコット・マッケンジー(1939年~2012年)は、
のちにママス&パパスのメンバーとなるジョン・フィリップスと出逢う。
そのジョン・フィリップスが
ヒッピーたちの集まるモントレー・ポップ・フェスティバルのための
テーマ曲として、作詞・作曲した曲が「San Francisco 」で、
それをスコット・マッケンジーが歌い
1967年5月13日にアメリカで発売された。

モントレー・ポップ・フェスティバルは
3日間で延べ20万人を動員して、
その年 「Summer of Love」 と呼ばれた
ヒッピー・ムーブメントの一つになった。

そのモントレー・ポップ・フェスティバルで、
ジョン・フィリップスがいるママス&パパスが
最後に歌っている時に、
この「San Francisco 」を歌い、その終わりのほうで、
スコット・マッケンジーが加わり、これを歌った。

この「San Francisco 」が発表された1967年のころの
アメリカ国内では長引き泥沼化するベトナム戦争に対して、
若者達を中心に反戦運動が高まっていた。

その反戦運動において、
「武器より花を」をスローガンに掲げて、
「Love and Peace」(愛と平和)の象徴として
髪や体に花を飾るヒッピー達が各地で集会を開いていた。

この「San Francisco 」の副題に
「Be Sure to Wear Flowers in Your Hair」とある。
その意味は、「髪に花を飾ろうね」となる。

この曲の歌詞の始めの部分で

♪If you're going to San Francisco
 (もし サンフランシスコに行くのなら)
 Be sure to wear some flowers in your hair~♪
 ( 髪に花を飾ろうね)

とある。また、歌詞の中に

♪For those who come to San Francisco
 (サンフランシスコにやって来る人たちへ)
 Summertime will be a love-in there~♪
 (夏には、「ラヴ・イン」があるよ)

love-in(ラヴ・イン)とは、ヒッピー達の
すべてのものを愛することをテーマにした集会である。
そのlove-inのひとつとして、
サンフランシスコで
モントレー・ポップ・フェスティバルが開催されたのである。

歌詞はそれに続いて、

♪In the streets of San Francisco
 (サンフランシスコの通りでは)
Gentle people with flowers in their hair~♪
 (髪に花を飾った優しい人たちがいるよ)


「武器より花を」をスローガンに掲げて、
サンフランシスコに花を髪に飾った人たちが
集まるモントレー・ポップ・フェスティバルを想起させる
内容になっている。

そして、その次の歌詞では
メロディラインが変わり

♪All across the nation,
such a strange vibration
People in motion

There’s a whole generation,
with a new explanation
People in motion,
people in motion~♪

とある。このパートの単語を見ると

nation、vibration、motion、generation、explanation

と全て語尾が「-tion」 で終わる単語を続けて韻を踏む歌詞
になっている。

このパートの歌詞で「in motion」という表現がある。
「in motion」は、直訳すれば「運動中」となるが、

「People in motion」の訳には、ネット上ではいろいろあり、

「みんな (愛と平和の)運動をしている」
「ステキなことをしている人たちの」
「人々は自由を求めて行動し」
とかいろいろや訳され方がなされている。


まあ、ヒッピー達の love-in(ラヴ・イン)の
コンセプトにそった活動のイメージをかんがみて、
翻訳しているのだろうなあと思う。

この曲はアメリカの全米チャート4位を記録、
ヨーロッパでも反戦運動の中で歌われるようになり、
イギリス、ドイツ、アイルランド、フィンランドのチャートで1位を記録
全世界で700万枚が売れる大ヒットとなった。

また、ヨーロッパでは、この曲をヒッピー達の自由を求める
生き方をイメージに重ねて、
若者が自由のために歌として「サンフランシスコ」を採用し
1968年のチェコスロバキアにおいて、
共産党政権化での自由化改革運動の「プラハの春」の運動で
歌われたりした。
 *プラハの春はソ連軍の軍事介入で制圧されてしまった。


私が生まれたのはこの曲が発表されて6年後の
1973年で、この曲を始めて耳にしたのは
25歳から30歳の間だった。
それは、FM802でオンエアされて初めて耳にした。

冒頭の
♪If you're going to San Francisco~♪

から強く惹きこまれて、良い曲だなあと思った。

また、 

♪All across the nation~♪
からの全て語尾が「-tion」 で終わるパートは
リズムがここちよく
そのパートの最後の
「people in motion~♪」から
再び

♪For those who come to San Francisco ~♪
に入っていくところはすごくいい。

また、スコット・マッケンジーの歌声がとてもいい。

1回その時聞いただけで、タイトルも「San Francisco」と
地名ですぐに覚えられた。


さて、この曲は、
アメリカによるベトナム戦争反戦運動の時代に
生まれたが、
アメリカは結局ベトナム戦争では敗北した。

アメリカ軍は「南ベトナム民族解放戦線」のゲリラ戦法に
苦しめられた。まあ、ベトナム人にアメリカは歓迎されず
反発をくらったのだ。
そして、アメリカ国内でアメリカがベトナムで戦争をすることへの
正当性への疑問が高まり、大きな反戦運動となり、
アメリカ社会を分断することとなった。

「武器より花を」をスローガンに掲げた運動で
「San Francisco」という名曲が作られたが、
私は「武器より花を」をスローガンに掲げた運動に
参加するかと言えば、しないだろう。

人類が続く限り、暴力と戦争はなくらず、
それで侵略してくるとなれば、防衛のために
戦争はせざるえないと考えているからだ。

現在、イスラム国との戦闘の最前線で戦うクルド人民兵などは
そのように考えているかもしれない。

しかし、イスラム国の台頭は、
2003年にアメリカによる国際法違反のイラク戦争によって
もたらされたものである。

当時のアメリカでは、911のテロ事件の余韻が残っている中で、
強い反戦運動は起きなかった。

もし、その時に「武器より花を」をスローガンに掲げて、
「San Francisco」を歌い花を髪に飾った人たちが
多数を占めていれば、2003年のイラク戦争もなかったかもしれなし、
現在のイスラム国の台頭もなかったのかもしれない。


You Tube 
Scott McKenzie - San Francisco 花のサンフランシスコ
https://www.youtube.com/watch?v=WTD_7BxML4c




テーマ:今日の1曲 - ジャンル:音楽


太平洋戦争戦争の勝敗の背景、「防御軽視」の日本軍と防御重視の米軍・・・・日本人が開発したアンテナ技術を日本軍が活用するよりもはるかに先にアメリカ軍とイギリス軍が活用して、防御力を高めていた

今日は、2015年(平成27年)7月14日 火曜日

一昨日の午後、用事が終わって自宅に戻り、
テレビをつけると、
NHKアーカイブス 戦後70年 なぜ日本は総力戦に敗れたか
検証シリーズで
NHKスペシャル ドキュメント太平洋戦争
弟3回「エレクトロンニクスが戦を制す」
その番組タイトルを画面の右側の枠でテロップ表示され、
さらにその枠の下に1993というテロップが表示されていた。

そう、その番組は平成5年(1993年)2月7日に放送されたもので、
それを当時19歳で大学1回生でった私は下宿屋で見ていたのを覚えている。

この番組では、日米の兵器の技術開発の思想の違いが克明に描かれていた。

単純に言えば、日本は攻撃重視、防御軽視で、人命軽視であった。
一方、アメリカは攻撃だけではなく防御も重視して、そのために
レーダーによる防御開発に力を入れていた。

第2次世界大戦になれば、戦艦から航空戦闘に主力が移り、
海軍としてはいかに敵国の戦闘機から戦艦を守るかが重要になった。

それをまさしく証明したのは、
日本が太平洋戦争開戦時での日本軍による真珠湾攻撃であった。

それなのに、日本では航空戦力は海軍に付随するもので、
日本の海軍では、艦隊同士決戦で戦争を勝利することを主眼としていた。
それは、19世紀末から20世紀初頭の
日清・日露の両戦争で日本が勝利した時の成功体験に
囚われていたのであった。

アメリカ海軍は敵国の航空戦力から防御するために
レーダーの開発に力を入れた。
一方、日本はあまりレーダーを重視せず、
使い物にならない役立たずとも思う傾向があった。

その日米の差が出たのが、
昭和19年(1944年)6月のサイパン島をめぐる
マリアナ沖海戦である。

その海戦で、日本軍は、当時の戦闘機の航続距離では
日本軍の方がアメリカ軍機よりも長かったので、
アウトレンジ戦法という敵機が日本の艦隊に攻撃する前に
先にアメリカの艦隊を攻撃する作戦を実行した。

当時の日本の海軍の隊長はその作戦で勝てると考えていた。
しかし、レーダーで360度の遠方での敵機接近発見をできる能力を
高めていたアメリカの艦隊は、日本軍のゼロ戦戦闘機の集団の接近をすぐに
レーダーで察知して、日本軍の戦闘機が到達するよりも先に
アメリカの戦闘機を空母から出撃させて、空の上で待ち伏せして
攻撃をしかけた。その空中戦で日本の戦闘機の多くが撃墜された。
その空中戦をしのいで、なんとかアメリカの艦隊に近づいた
日本の戦闘機はアメリカの戦艦からの対空砲火にずたずたにされたのである。

アメリカの戦艦もレーダーを活用した対空砲火の防御兵器を開発していた。
それは、VT信管(近接信管)というレーダーを活用して、
砲弾が目標物に命中しなくとも、一定の近傍範囲内に達すれば
起爆させられる砲弾である。
日本の戦闘機からすれば、的からの砲弾に命中していないのに、
爆発してしまう砲弾にとまどい、アメリカの艦隊を攻撃できなかった。

そのVT信管の砲撃の攻撃を受けた多くの日本の戦闘機は、
火を噴いてマリアナの太平洋に沈んでいった。

そして、日本の戦闘機のゼロ戦は、攻撃力を高めるため
軽量化した結果、鉄板が薄くなり、一度、攻撃を受けると
簡単に火を噴いて破壊される構造であった。

それに対して、アメリカはゼロ戦を研究して、
ゼロ戦を上回る攻撃力を持つヘルキャット戦闘機を開発。
また、それはパイロットの命を守るために
操縦席後部の鉄板を厚く頑丈にする構造であった。
アメリカ軍は、パイロットを養成するのに2年かかり、
また、そのコストは現在の価格(1993年当時)で2億円要する
ことからパイロットを失うことのダメージ回避を重視していたのだ。

それに対して、日本は人命軽視の方向になり、
戦争の終末期には、神風特攻隊というパイロットによる
自爆攻撃で多くの若者が命を失っていった。


アメリカは終戦後、日本の科学技術に関する分析を行い、
次のように分析を報告している。
日本には優秀な技術者がいるのに、それを軍部の独善と過信により
活用していなかった。

レーダーの活用が日米戦争での戦力差のひとつとなったが、
レーダーの活用にあたり、アメリカやイギリスは
ある日本人技術者が開発したものを活用していた。
それは、大正14年(1925年)八木秀次が宇田新太郎とともに
開発した八木アンテナである。
(八木アンテナは21世紀の現在でもテレビ受信用アンテナの世界標準である)

アメリカやイギリスは、日本がアメリカとの戦争を始めるよりも前に
八木アンテナの技術を活用してレーダー開発にとりかかっていたが、
日本軍がそれに力を入れだしたのはアメリカとの開戦のあとだった。

それに関して、こんなエピソードがある。
昭和17年(1942年)に日本軍がイギリスの植民地のシンガポールを
占領した時、イギリス軍の対空射撃レーダーの書類を押収して分析すると
「YAGI」という文字があり、それを分析した日本軍の人物は意味もわからず、
その発音が「ヤギ」なのか「ヤジ」なのかもわからずイギリス軍の捕虜に
質問すると
彼に「あなたは、本当にその言葉を知らないのか。
YAGIとは、このアンテナを発明した日本人の名前だ」
とつっこまれたという。

そんなギャグにもなるような実話があるほどに
日本軍は自国民が開発した優れた技術を知らず、
敵国に先に活用されてしまうという状態で、
アメリカと戦争をしていたのである。



テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術


融通がきく、その語源は仏教に由来する・・・個々それぞれが融けあい通じ合う如く、人々の心も通じ合う

機転を利かせて、臨機応変に対応したり、
必要なお金や物品を互いにやりくりしたりして、
滞りなく円滑に事態が進むようにすることなどを
「融通がきく」と言うが、
その「融通がきく」という表現は仏教に由来する表現だと
言われる。

融通とは、
異なる別々のものが融け合い、通じあい、
あらゆるものの対立や境目がなく一体となる
という意味である。

もともとは、仏教における
「融通無碍」という表現に由来し、
それは、宇宙の万物は個々一つひとつに
孤立した存在ではなく、
すべてが互いに関わり、一つの調和ある世界を保つ状態に
なっているという意味である。
それは人どうしも同じで、
それぞれが融けあって気持ちが通じ合い、
互いに支えあい助けあ調和した世界となり順調に物事が進む。


そこから転じて、臨機応変に対応し、
滞りなく物事が順調に進んだり、気持ちが通じあったり、
物品などを互いに助け合ってやりとりすることなどを
「融通がきく」と表現されるようになった。


このブログ内の関連記事

○仏教に由来する言葉

愛敬・愛嬌 ~ 仏様の柔和で慈悲深い表情を見れば

諦める ~ もともとは仏教用語で、「断念」という意味と違う意味であった

足を洗う

おはこんばんちは・・・・・挨拶

以心伝心 ~ 花を捻りて微笑する

一期一会~once-in-a-lifetime encounter

一連托生~同じ蓮の花の上に生命を托す相手を間違うと大変

億劫(おっくう)という表現は仏教に由来する言葉で、もともとは「とてつもなく長~い時間」という意味

覚悟 ~ 真理・正法を悟る 

行儀 ~ 行く・止まる・座る・寝る・・・・仏教の修行

玄関~奥深き道理を悟るための関門

金輪際~大地の最下層の極限の果て

ジャンケンは天の意思である!

食堂~食べる事も修行

しっぺい返し・・・仏教の禅宗に由来する言葉

しょっちゅう ~ 「初中後」・初めも、中ごろも、終わりの時も

図に乗って、お坊さんが声楽を唱える

世界は「時空」 ~仏教から生まれた言葉

そそう(粗相・麁相)・・・・・・・軽率な感じがするこの言葉は、もともとは、仏教に由来することばで、茶の湯の重要なコンセプトになっている

退屈 ~ もともとは仏教後 困難に退き屈してしまうと、やることが無くなる

醍醐味 ~ もともと仏教に由来し、日本のある有名な乳酸飲料の語源にもなっている

台無し ~ 台が無ければ、値打ちが下がる

大丈夫、菩薩様がいるから

コーヒーフレッシュの「スジャータ」~由来は釈迦を救い癒した娘にあり

ダンナさんとデートする ~「ダンナ」と「デート」は同じ語源であった!!

当意即妙~仏教に由来する熟語である「当意即妙」の判断は命を救う事がある

投機~もともとは仏教用語で、師匠と弟子の心機一致の意味である

どっこいしょ~何処へ行くんだ?六根の汚れを清めに山にいくのだ!

ナイショ~もともとは、心のうちで悟りを得た証明という意味だった!!

喉仏とアダムのリンゴ・・・・・日本・西洋とも語源は宗教に由来

悲願 ~ 「仏様の願い」が語源

「微塵」の語源は・・・原子と分子の関係に相当する意味のある言葉

秘密 ~ 仏教に由来する言葉・・教義の秘奥深密の真意は隠して伝える

トイレは、お手洗いをして、お化粧して綺麗になれる便利な所・・・・トイレや便所の語源をたどると、不浄を払い、清く美しくなる場ということを感じる・・・ちなみに「W.C」は、「ワシントン・クラブ」ではありません。

何かの「冥利」につきる喜びは、神様・仏様が授けてくれたもの

めっぽう ~ 仏教の滅法に由来。法が滅べば、なんでもありでめちゃくちゃ

シャリ(お寿司の米粒)の語源・・・仏教が生まれた古代インドのサンスクリットに由来する

テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


新国立競技場の建設批判への異論を封じようとする安倍政権には、絶対戦争をさせてはいけないと思った、なぜなら、客観視できず負け戦をやりかねないからだ

今日は、2015年(平成27年)7月12日 日曜日

新国立競技場の建設費が大幅に膨らんでいることに対して、
批判やゼロからの見直しを求める世論が強まる中、
与党自民党内でこんなことがあったという。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
自民「新国立競技場」でも異論封じ 「揚げ足取ると…」
(朝日新聞 2015年7月9日19時32分)



新国立競技場の総工費が2520億円に膨らんだ問題について、
自民党細田派の9日の会合で、批判的な発言の自粛を求める場面があった。
同派は安倍晋三首相や森喜朗・東京五輪・パラリンピック組織委会長、
下村博文文部科学相の出身派閥。身内からの異論で野党の追及が
強まるのを封じる狙いがある。

出席議員らによると、9日昼に党本部であった定例会合で、
首相側近の萩生田光一・党総裁特別補佐が(中略)

「すでに決定したこと。今から党内で揚げ足を取ると、
野党にとって『しめた』という話になる。その辺を含めて
支えていただきたい」と訴えた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということである。
もし、現在のデザインの設計案通りに新国立競技場を
建設すれば、その後の維持管理に大きな負担がかかり、
赤字運営が続き、また、ある専門家の試算で、
廃棄までのライフサイクルコストは1兆円になると
懸念が示されている。

そのような懸念があっても、
今見直すと、「間に合わない」と安倍政権は耳を
批判に耳をかたむけない。
何に間に合わないかというと、
2020年の東京オリンピックではなく、
2019年にラグビーW杯日本大会というのである。

別に、ラグビーのW杯の決勝は
2002年のサッカーW杯の決勝と同じく
横浜ですればいいじゃないかと思う。

なぜ、そうしないのか、
安倍首相の出身派閥と同じ
森喜朗元首相が今回の東京オリンピックと
ラグビーW杯の招致活動で大きな影響力をもったいて、
森元首相が決定に関わったことをひっくり返すことに
遠慮があるのではないかと推測する意見もある。

もし、そんな理由で、将来に禍根を残す恐れのある
決定がなされていいのだろうか?

首相側近の萩生田光一・党総裁特別補佐の

「すでに決定したこと」と異論を封じて、
見直しの反論に耳をかたむけないことに、
70年以上前の日本でのできごとを思い出す。

それは、日米開戦決定に至る状況である。
当時、アメリカとの対立が深まり、
対米戦争準備の気運が強まる中、
日本国内の総力戦研究所で
「日米開戦日本必敗」という結論も出され、
また、日米開戦の意思決定に関わった者たちの中に、
本音は、アメリカとの戦争は避けるべきだと思いながらも
対米戦争やむなしの空気に逆らえず、
もう大勢は決まってしまったと、
日米開戦を避けるべきという意見に耳を傾けず、
結果的に、日本の大都市を焦土と化し、
日本国民だけでも300万人以上を死なせる結果となった。

そんな過去の日本の歴史をかんがみ、
今回の新国立競技場建設問題で
将来に禍根を残すかもしれないと反論が強まる中、
「すでに決定したこと」と耳を傾けない
安倍政権には絶対戦争をさせてはいけないと思った。
それは、負け戦をしかねないと思うからだ。


テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済


決壊、その語源・・・・「決」という文字の字源をたどると

「大雨で川が増水して、堤防が決壊する。」
と、堤防が壊れるようなことを「決壊(けっかい)」と言う。

なぜ、そのような事象のことを「決壊」というのだろうか。
「決壊」の読みの「けっかい」とは音読みであり、
それぞれの漢字の字源に語源を知ることができる。

「決壊」のうち「決」と言う文字は、
左側は「さんずい」に「夬」という文字からなる。


「夬」には「刃器などで物を切ってえぐりとる」という意味があり、
その意味の「夬」と水を意味するさんずいにより、
水によってえぐりとるという意味になり、
川が増水して堤防などがみずによってえぐりとられるとなる。

さて、「壊」には、「土がこわれる」という意味があり、

そして、水によってえぐりとるという意味の「決」と
土がこわれるという意味の「壊」で、
堤防が洪水でこわれるという意味で「決壊」という表現が
使われるようになった。

テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


天津飯の発祥説に、東京説と大阪説がある・・・和製中華料理天津飯は中国に逆輸入されている・・シーフード天津飯という英語と漢字の混成された料理名が日本で発案されるおもしろさ

今日は、2015年(平成27年)7月10日 金曜日

一昨日の昼食で、職場から5分ほど歩いたところにある
中華料理屋で、
シーフード天津飯を食べた。

天津飯 150708_1214~001

えびとあさりといかが適量に含まれた
天津飯で、価格は580円であった。

さて、そもそも「天津飯」という名の
中華料理は本場の中国では存在しなかった名前の
料理で、日本で命名された和製中華料理である。

天津飯の起源の説として、
大阪説と東京説があるが、
ともに発祥時期は第2次世界大戦が終戦して、
まもないころである。

さて、その2つの説を説明する前に、
天津飯に起源と関係する料理は
中華なので、中華料理の本場の中国にある。

それは、「かに玉」である。中国では「芙蓉蟹」と
呼ばれるものである。

日本では、大正時代の料理雑誌にて、
中華料理として、「芙蓉蟹」が紹介され、
そのレシピまで掲載されていたようである。

昭和初期のころの雑誌を調べて見た人によると、
その戦前の「芙蓉蟹」の特徴として、
現在の天津飯と違って、あんかけがなかったという。


そして、第2次世界大戦が終わって間もないころ、
東京駅八重洲口に出展した来々軒にて、
客から何か早く食べるものを作ってと言われて、
その時、メニューにはない特別なものとして、
芙蓉蟹(かに玉)を丼飯に乗せて、それに
醤油から作ったあんかけをかけた料理を作り
それを「天津丼」と呼んだ。
当時、中国の天津から中国に出兵していた
復員兵を乗せる船が出ていることが知られていたので
当時の東京人にとても受けたという。

それが1つ目の東京説。
もう一つ目の大阪説は、大阪城近くの馬場町で開業していた
中華料理屋の大正軒である。
その店の近くでは陸軍の大阪八連隊があったところである。
さて、第2次世界大戦が終わって間もないころの
日本は食糧不足に喘いでいたのであったが、
大正軒の山東省出身の亭主が、
食料不足で売り物がなく、そこで思いついたのが、
天津の食習慣である皿盛りの飯におかずを乗せた
「蓋飯」である。
天津で多く取れたワタリガニを使って
かに玉を作り、それをご飯の上に乗せ、
さらにとろ~りとしたあんかけを乗せた
「芙蓉蟹蓋飯」を作ったが、かにが高価で採算が合わず、
大阪の土佐堀川河口で取れたえびを使って、
それを「天津飯」という名称で出した。


そのように東京説と大阪説の2つがある。
ただ、2つの説においてもなぜ「天津」という地名が
つけられたかについては謎があるという。

ここから、
東京大学文学部の中国人留学生の殷晴さんの小論文
「天津飯」の由来

を参照して説明していくと、

かに玉である芙蓉蟹の発音の
「フーヨーハイ」は広東語であり、天津の発音ではない。

また、「蓋飯」は天津地方独自のものでもなく、
中国各地で見られるものである。

そうすると、なぜ天津飯という命名になっていったのか?

東京説と大阪説の2つの説とも共通するのは、
発祥時期が第2次世界大戦が終わったばかりころである。

終戦後、中国からの居留民や復員兵達が
天津の塘沽港から多数、日本に戻ってきた。

その天津に滞在していたことのある人物が
コックとなって、天津飯なる料理を発案したか
それとも、客として、たまたま
かに玉を丼に乗せて、それにあんかけをかけた料理を
食べた時に、天津滞在中の思い出して、
それを「天津飯」と言い出した。

そのように殷晴さんは推測している。

殷晴さんの論文の最後に以下の主旨のことが書かれている。

天津飯という名の料理はもともと中国にはなかったが、
現在の中国には存在している。
現在の天津に、日本人客に出す中華料理のメニューとして、
「天津飯」を出すホテルがあるという。
また、中国版のクックパッドである「下厨房」にも、
「天津飯」のレシピが掲載されている。

つまり、日本で発祥した「天津飯」が中国に逆輸入され、
名高い中華料理に変容しつつあるというのだ。

そのようなことを殷晴さんの論文で書かれていたのを読み、
ふと思いつくのが、
幕末から明治の日本において、西洋語由来の様々な概念を
漢字を用いた翻訳した言葉が、その後、中国にもたらされたことである。

さて、一昨日食べた天津飯の名前は
「シーフード天津飯」である。
「SEA FOOD」という海の食べ物を意味する英語と
中国由来の漢字が混成された料理名が日本において、
発案されたことのおもしろさを思う。
それを見ると、日本は世界各国から取り入れたものやことを
日本で編集して、新たなものを生み出してきた歴史をおもいつく。

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術


スポーツ新聞の編集者は駄洒落という言葉あそびの達人

今日は、2015年(平成27年)7月9日 木曜日

スポーツ新聞のタイトルを書く人って
駄洒落の言葉あそびに長けたものがあるなあと思う。

先日のある日、コンビニの新聞置き場を見ると、
あるスポーツ新聞のタイトルに

「セ界恐慌」

とあった。

世界恐慌と言えば、
1930年代の世界的な大不況のことを言うが、
それを駄洒落で
「セ界恐慌」と記していた。

それは何を意味しているかというと、
プロ野球のセ・リーグの全球団が負け越しに
なってしまった事態であった。

その原因は、セパ交流戦で
セ・リーグが交流戦でパ・リーグに対し、
44勝61敗3引き分けと負け越したことである。

勝ち越している状態を「貯金」
負け越している状態を「借金」という比喩表現を
使うが、経済的に恐慌状態になれば、
借金が膨らむ企業が多くなるが、
まさに、セ・リーグの全球団が借金状態となり、
恐慌だということで、
世界恐慌の駄洒落で、「セ界恐慌」と表現したのだろう。

そのようなスポーツ新聞の駄洒落タイトルで
記憶に残っているのは、
平成16年のプロ野球開幕したころのある
スポーツ新聞のタイトルである。

それには

「白い巨倒 ○○○」(白い○3つは3連勝を意味する)

これは、阪神が巨人に3連勝した時のことであるが、
そのころ、
ちゅうど、高視聴率のあるドラマが終わったころであった。

そのドラマとは「白い巨塔」である。

それを駄洒落で、「白い巨倒」という表現を用いて、
うまいなあと思ったことがある。

スポーツ新聞の編集者は
駄洒落という言葉あそびの達人だなあと思う。


テーマ:ことば - ジャンル:学問・文化・芸術


なでしこジャパン、W杯準優勝おめでとう・・・主将の宮間選手が海外オファーを断り、岡山県の小さな町を本拠地とするチームにいる理由とは

今日は、2015年(平成27年)7月8日 水曜日

女子サッカーなでしこジャパン、
女子W杯準優勝おめでとう。

決勝戦で、アメリカには
5対2で敗れ、連覇はならなかったが、
女子サッカーがおかれた環境での
日米の格差を見ると、
なでしこジャパンは2大会連続で
W杯の決勝戦まで進んだことは
とても素晴らしいことだと思う。

女子サッカーにおいて、
日本とアメリカでは、
女子サッカーの競技人口のボリュームに
圧倒的な差があり、それだけ選手層の厚みがあり、
代表選手クラスではアメリカでは
プロ選手が当たり前という状況である。

一方、日本では女子サッカーの
競技人口が少なく、
今回のなでしこジャパンの代表選手の中には、
昼間は別の仕事をして、夜に練習をするという
選手がいる状況である。

今回のW杯のなでしこジャパンの
主将を務めた宮間あや選手は
なでしこリーグの
岡山湯郷Belle(おかやまゆのごうベル)
という本拠地が人口が3万人もない
美作市(みまさかし)という小さな山間の地にある
チームに所属し続けている。

彼女には、海外の女子サッカーのプロチームから
オファーがあったが、それでも岡山湯郷Belleに
所属しつづけている。

そのことについて、今回のW杯前のインタビューで
次のように答えている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

宮間は海外という選択肢を捨てチームがある岡山にこだわってきた。
「お誘いを頂くことはあるので考えないことはないんですけど、
今私の中でテーマじゃないですけど現役女子サッカー選手としてやっていく
中で何度かあった女子サッカーブームを文化にしたいっていう思いがある」と
その理由を明かした宮間は
「世界にある強豪国はどの国もリーグが盛り上がっている。
日本にはまだそれが足りない。
それは優勝したことのある私達にしかできないこと」と続けた。

(中略)

「4年間で徐々にですけど注目度や観客数が多少減ってきてしまっているので、
今後の女子サッカーのためにも自分達が結果を残さなければならない」
と使命感に燃えた。

「女子サッカーブームを文化に」 使命感に燃える宮間あや
 ライブドアニュース スポーチウォッチ 2015年6月5日 より

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

彼女は2009年から2010年にかけて、
アメリカのチームに移籍して、そこでプレーをしていたが、
アメリカの女子サッカーの厚みと裾野の広さが、
女子サッカーの文化が定着していることを肌で感じていた。
そのアメリカでの経験を通じて、
日本でも女子サッカーの裾野を広げ、文化として定着させねばと
思っているのだ。

なでしこリーグの観客数が減るなか、
なでしこの選手達が、W杯で勝ち抜こうとするモチベーションのひとつに
なでしこリーグの存続と活性化思いがあるからである。

テーマ:スポーツ - ジャンル:ニュース


宇宙戦艦ヤマトの主題歌は名曲やね!あのイントロからいい・・・ヤマトの歌詞と311の原発事故を重ね合わせて・・・

今日は、2015年(平成27年)7月7日 火曜日

先日の当ブログの記事で、
少々、宇宙戦艦ヤマトのことをネタ的に書いて、
ふと、YouTubeで、
アニメ宇宙戦艦ヤマトのオープニング曲を
聞いたら、うわあ、懐かしいと思いつつ、
よく聴いたら、やっぱり名曲だなあと感じて、
何回もリピートして、聴き入ってもうた。

宇宙戦艦ヤマトは
昭和49年(1974年)10月から翌年の3月まで
日本テレビ系で放送されたが、視聴率は1ケタ台と低迷して
終わった。

しかし、昭和50年(1975年)の下半期からその翌年にかけて、
全国各地の地域ごとのキー局で、
宇宙戦艦ヤマトが再放送されだすと反響が大きくなり
関東地区では視聴率が20%超えるようになり、
宇宙戦艦ヤマトは大きなブームとなった。
宇宙戦艦ヤマトは
後々のアニメのクリエーターに影響を与え、
新世紀エヴァンゲリオンの作者の庵野秀明氏は
「ヤマトが無ければ、今の自分は無かった」と語っている。
ちなみに、その庵野秀明氏は
平成24年(2012年)からその翌年にかけて
劇場公開およびテレビ放送された
「宇宙戦艦ヤマト2199」のオープニング絵コンテを
担当している。

宇宙戦艦ヤマトはストーリーのあらすじは
西暦2199年の地球では異星人のガミラス帝国の侵略を受けて、
地球上の海の水は干上がり、放射能汚染で地上の生物は死滅し、
地底で人類が生き延びている中、
地球から14万8000光年の宇宙の彼方の大マゼラン星雲にある
イスカンダル星から
「放射能除去装置 コスモクリーナーDを受け取りに来るように」
とメッセージを受け、
1年以内に人類が滅亡するという
タイムリミットがある中、イスカンダル星にコスモクリーナーDを取りに行くため
第2次世界大戦で沈んだ日本海軍の戦艦大和を改造した
宇宙戦艦ヤマトを宇宙に飛ばして、そのなかでガミラス帝国と戦いながら
イスカンダル星でコスモクリーナーDを受け取り、地球に帰還し、
地球の環境を回復させる物語である。

私は、昭和48年(1973年)生まれで、
1970年代のブームの時は乳幼児の段階なので、記憶にないが
小学生になった1980年代前半に、なにかにつけて
宇宙戦艦ヤマトの再放送が幾度かあったので、
それを見ていて、あのオープニングテーマの
耳にこびりついていた。

そんな私がふと、久々に
「宇宙戦艦ヤマト」のオープニングテーマ曲を
聴いてみると、
あのイントロの始めの冒頭部分の

♪~ド、ド、ファ、ラ、ファ、ソ、ド、ド~♪

の軽快なマーチであるが、重量感と迫力を感じる
雄壮なメロディからものすごく惹きつけられ、
この段階で、「やはり名曲だなあ」と感じる。

この「宇宙戦艦ヤマト」を作曲したのは
宮川泰(みやがわひろし)である。

宮川泰は、和製ポップスの開拓者のひとりと言われ、
昭和30年代後半にザ・ピーナッツの
「恋のバカンス」や「銀色の道」などを作曲していた。

宮川泰は、「宇宙戦艦ヤマト」のプロデューサーの西崎義展から
主題歌は鉄をイメージする曲にして欲しいと言われ、困惑して、
マーチ調の雄壮なメロディを考えていたが、
西崎からはバラード調にして欲しいと言われ、そのバラード調にしたが、
宮川は、1回目放送を見て、
オープニングの映像とバラード調では合わないこと、
そして、エンディングソングもバラード調なのに
オープニングソングもバラード調では暗くなってしまうと
そのことを宮川は西崎に言うと、西崎も納得して、
第4話からマーチ調の雄壮なメロディが変わった。

私は、
あのイントロから惹きつけられることを思うと、
その宮川泰のイメージ通りに変更されて
良かったと思う。

さて、この「宇宙戦艦ヤマト」のオープニングソングの
作詞をしたのが阿久悠である。
それまでに阿久悠は
尾崎紀世彦のレコード大賞受賞曲「また逢う日まで」を
作詞していた。

1番の歌詞は

♪~さらば地球よ 旅立つ船は
宇宙戦艦ヤマト

宇宙の彼方 イスカンダルへ
運命を背負い 今とび立つ
必ずここへ 帰って来ると
手をふる人に 笑顔で答え

銀河をはなれイスカンダルへ
はるばるのぞむ宇宙戦艦ヤマト~♪


と、ヤマトの航海の目的を示す
内容になっている。

作曲した宮川泰は曲を作った時のイメージを
次のように語っている。

Aメロの

♪~さらば地球よ~♪のパートは

ヤマトに改装する前の戦艦大和が海底に沈んでいるイメージで
キーを低くした。

Bメロの

♪~宇宙の彼方 イスカンダルへ~♪のパートは
乗組員が隊列を組んで行進しながら
ヤマトに乗り込むイメージで軍歌調にした。

サビのパートでは
ヤマトが地上から宇宙へ飛び立つイメージで、
だんだんとキーを高くしている。

ということである。

そして、この宇宙戦艦ヤマトを歌ったのが、
ささきいさお
である。

ささきいさおは
プロデューサーの西崎義展からは
「想いをこめて男のロマンを」と依頼され、
作曲した宮川泰からは
「いさましく」
と指示され、ささきいさおは困惑したという。
いざ、録音となれば、なかなかO.Kは出ず、
NG連発で、何度も録音し、歌いなおしているうちに
ささきいさおの声が嗄れだした。
その嗄れた歌声で録音したところ
悲壮なロマンを彷彿とさせるということで決定となった。


さて、2番の歌詞は、

♪~さらば地球よ愛する人よ
宇宙戦艦ヤマト

地球を救う 使命を帯びて
戦う男 燃えるロマン
誰かがこれを やらねばならぬ
期待の人が 俺たちならば

銀河をはなれ イスカンダルヘ
はるばるのぞむ 宇宙戦艦ヤマト~♪


とヤマトの航海目的の使命達成に向かっての
それをやり遂げる信念を示す内容になっている。

さて、ヤマトの航海目的とは
放射能汚染された地球を浄化するため
イスカンダル星にある
放射能除去装置コスモクリーナーDを
受け取ることであったが、
それにからめてか、
YouTubeにある
「宇宙戦艦ヤマト」のオープニング曲をアップしている
ページへのコメントに

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

hughug909
今もし宇宙戦艦ヤマトが実在するのなら、
俺は志願してでもイスカンダルへ向かう。
今の日本には放射能除去装置が絶対に必要だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

平成23年(2011年)3月11日の
超巨大地震と巨大津波津波によって発生した
福島原発事故による放射能汚染を受けてのコメントがある。

あの時、首相官邸では
最悪のシナリオでは、首都圏3000万人計画が語られ、
それに備えた総理大臣声明の下書きが書かれていた。
また、事故現場の陣頭指揮にあたった
吉田所長は、最悪の場合、
東日本が人が住めなくなってしまうと考えて
死ぬつもりで事故対応に当っていた。

本当に最悪のシナリオ通りになってしまっていたら、
宇宙戦艦ヤマトを作って、イスカンダルへ
放射能除去装置コスモクリーナーDを取りに行こうという
コメントが多数、ネット上に書き込まれていた
事態になっていたかもしれない。

(あの超巨大地震で、発電所が停止して、
首都圏では、計画停電がなされ、節電が呼びかけられた時に
新世紀エヴァンゲリオンで、対戦相手のラミエルを倒すため
EVA初号機に日本全体の電力を集中するため
節電や計画停電をさせた「ヤシマ作戦」を拝借して、
地震後の節電キャンペーンを「ヤシマ作戦」と語って
呼びかけるコメントが多数見られた)

また、同ページのコメントには、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

山本 一
特に2番の歌詞は、福島の原発に残った現場の皆さんの姿と重なる。
彼らに捧げるべき歌

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とある。
2番目の歌詞に、

♪~誰かがこれを やらねばならぬ
期待の人が 俺たちならば~♪


とあるが、福島原発事故発生時、
冷却機能を喪失した3つの原子炉のメルトダウンが止まらず、
使用済み核燃料プールが干上がりかねず、
最悪、東日本に人が住めなくなるかもという危機が迫るなか、

死ぬつもりで事故現場に残って対応にあたった発電所の職員、
冷却機能回復のため
線量の高い放射能物質が漂う中、
放水作業にあたった東京消防庁の方々などの姿を
宇宙戦艦ヤマトの主題歌の2番目の歌詞と
重ね合わせてみたくなる気にもなる。

さて、宇宙戦艦ヤマトが発表された
その後、作詞と作曲にあたった2人は活躍し続けた。

作詞した阿久悠は

沢田研二の「勝手にしやがれ」を作詞、
ピンクレディーの「UFO」を作詞、この曲では、
10週連続オリコンチャート1位となり、ミリオンセラーとなる。

「勝手にしやがれ」「UFO」ともにレコード大賞を受賞している。

さて、ヤマトを作曲した宮川泰は
ズームイン!!朝!のテーマ曲など数多くのテレビ番組の
テーマ曲の作曲を担当。
また、サザンオールスターズの「心を込めて花束を」で
桑田佳祐から編曲の依頼を受け、宮川はそれの編曲を担当した。

また、宮川泰は
平成5年(1993年)から平成17年(2005年)までの
大晦日には、
NHK紅白歌合戦の最後の蛍の光を指揮を担当した。

平成18年3月、宮川泰は永眠をする。

彼は生前、知人の葬儀に参列した帰りのタクシーで
一緒に乗車した息子の宮川彬良に

「俺の時は(俺が死んだら)、『ヤマト』な」

と、自分の葬式の時には、
自分が作曲した「宇宙戦艦ヤマト」を演奏するように遺言を
残していた。

そして、宮川泰の遺言通り、彼の葬儀の出棺の時、
50名からなる吹奏楽バンドにより、
「宇宙戦艦ヤマト」が盛大に演奏され、見送られた。

(ちなみに彼の息子の宮川彬良は有名になった
マツケンサンバIIを作曲している)

宮川泰の死後も
「宇宙戦艦ヤマト」は
海上自衛隊の海外派遣の際には見送り時の演奏曲として使用され、
実際に、戦艦大和が建造された造船所があった広島県呉市にある
JR西日本の呉駅の接近メロディーにも採用され、
阪神タイガース 大和選手登場曲として使われ、
高校野球の応援などブラスバンドの定番曲となり、
日本国民に多く聞き継がれる曲となっている。

You Tube 宇宙戦艦ヤマトOP Full Ver (歌詞付)
https://www.youtube.com/watch?v=8Y_JM9XA4Oc



テーマ:今日の1曲 - ジャンル:音楽


「超たぬき理論」(東野圭吾 作 )を耳で聞く短編小説NHKラジオ文芸館で聴いて・・・・えっ!UFOの正体はたぬきが化けた文福茶釜だってえええ??・・・こじつけと思い込みの想像力・・ちなみに、宇宙人って誰のこと

今日は、2015年(平成27年)7月6日 月曜日

一昨日、私の土曜日朝の習慣になっている
午前8時05分からNHKラジオ第一で放送される
耳で聞く短編小説ラジオ文芸館を聴いた。

一昨日の小説は
東野圭吾氏の作品の「超たぬき理論」であった。

このタイトルを見たとき、
物理学をかじっている私からすれば、
量子力学と一般相対性理論の統合をめざす
「超ひも理論」を思いつくが、

「超たぬき理論」って、何じゃこりゃ!と思った。
その小説のあらすじについて、ラジオ文芸館のHPには

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「超たぬき理論」2015年7月4日
作:東野 圭吾

少年時代、薄暗い倉庫の窓から外に飛び立つ小動物を見た主人公の空山一平。
目撃の瞬間、飛び立ったのはタヌキだと確信する。それ以来、一平は、
“タヌキは空を飛ぶ。UFOもタヌキが化けたものだ”
と考えるようになり、その研究に生涯をかけることになる。
テレビ番組で「UFOは宇宙人の乗り物説」を唱える宇宙人研究家と激論。
一平はユニークな持論を展開し、宇宙人研究家を圧倒したが…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

という説明だが、どんなお話であったか詳しく説明していこう。
そして、これを聴いていて、耳で聞く小説の面白さを感じた。
ここから詳しく物語の説明をするが、
細かいところは覚えておらず、少々、内容について
不正確なところがある。


主人公の空山一平が小学生の入学する直前、
母に和歌山県にある母の実家に連れてこられた。
その実家は山間にあるよろず屋の酒屋であった。
テレビを見ていてもつまらないので、暇つぶしに
実家の倉庫に入った。

その倉庫には商品在庫の段ボールや酒のケースが
あるのが、一平の目に入った。

すると、何か小さな動物が倉庫にある業務用の冷蔵庫の裏に
隠れるのが見えた。

一平が冷蔵庫を叩くと
「きゅうー、きゅうー」と鳴く。

そのことは一平の秘密で誰にも言わなかった。
食事の時、おじさんに
「この辺り(実家辺り)に何か動物でもいるの」
と聞くと、おじさんは
「きつねやたぬきがいる」と言った。

一平は、冷蔵庫に隠れた小さな動物はたぬきではないかと
思い始める。

次の日に、冷蔵庫の近くに、何か食べ物を置いたりした。
そんなこんなで、一平が母の実家にいる間、
倉庫に行っては、冷蔵庫の裏に隠れている
たぬきと一平が思っている小動物と交流が続く。
そして、母の実家を離れる日、
倉庫に行くと、冷蔵庫の裏からたぬきらしい小動物が
勢いよく走り出し、そして、壁を駆け上り、天井近くの
小窓から飛び出した。そのまま下に落ちるかと思ったら、
山のほうにむかってふわっと飛んでいったのだ!
それは、鳥ではないのは確かだった。
一平は、たぬきが空を飛んだと思った。

その後、空飛ぶたぬきのことが気になり続けた
一平は、たぬきに関する童謡などの文献を読み漁った。
そして、一平は、たぬきがいろいろなものに化けて
人を騙すという話をいろいろ知り、
小学生の時、一平は、たぬきにはいろいろなものに
化ける超能力があると考える。
そして、たぬきが化けたという
「文福茶釜(ぶんぷくちゃがま)」のお話の
文献をいろいろ読み漁っていた。
たぬきが化けた文福茶釜が綱渡りをするお話など
いろいろ調べているうちに
一平が大学生の時、
たぬきが化けた文福茶釜が空を飛ぶ何かと形が似ていることに
気が付いた!!
そう、UFOだ。
UFOでも、アダムスキー型UFOと文福茶釜と似ている。
つまり、UFOの正体はたぬきが化けた文福茶釜だったのだ!!
と一平は確信する。

ちなみに、この場面が読まれたとき、効果音として
映画「スターウォーズ」のテーマ曲が流れた時には
思わず笑ってしまった!

しかし、一平はUFOに関する文献を読むと、
目撃されたUFOとされる物体の95%は見間違いであると
知りったが、
ただ、よく考えてみると、残りの5%は見間違いとは決まっていないわけで、
5%でも分母が大きいので、相当な数になる。
それで、一平はUFO=たぬきが化けた文福茶釜説に全く揺らがなかった。

ちなみに、この場面では効果音として、
SFテレビドラマの「トワイライト・ゾーン」のテーマ曲が流れる。
なんか、この番組の編集者も、滑稽な荒唐無稽な小説に乗り乗りだなあと
思いつつ、朗読を聴き続ける。

一平は、たぬきを英語で「raccoon(ラクーン)」と呼ばれていることから
ふとあることを思いつく、
綱渡りをするたぬきが化けた文福茶釜が綱の上でくるくる回転するが、
回転することを英語で「turning(ターンニング)」と言うが、

「turning raccoon」=ターニング・ラクーン

この「ターニング・ラクーン」が省略されて、「たぬき」という
表現が生まれたというたぬき英語語源説まで一平は考える。

一平は30歳の時
「UFOはたぬきだった」という本を出し、世間の話題となる。
そして、一平は、テレビ番組で
「UFOは宇宙人の乗り物」説を唱える大矢真(おおやまこと)と
一騎打ちの討論に挑む。

大矢真が威厳のある雰囲気で少し良かった様な口調で
一平のUFOたぬき説に対して反論をしてくるが、
一平は落ち着いてひょうひょうとして、
「超能力を持つたぬきが化けてUFOになっている」という持論で
大矢真の論を論破していく。

UFOが宇宙人乗り物説であるということを大矢真に対して、

一平
「超能力を持っていると自称している人間はいくらでもいますよ。だったら、
超能力を持っているタヌキがいても不思議ではないと思いますが。
それに、実在が証明されていないものを出しているのは、
あなただって同じじゃないですか」

じたばたあせりながら大矢真が
「宇宙人はいるっ、それはもう証明されているんだ。宇宙人と会ったという人は大勢いるし、
コンタクトして不思議な体験をしたという人もいる」

一平 「ははあ、よその星に連れていかれたとか、奇妙な手術をされたとかですね」
大矢 「そうだ」
一平は、はははと笑いながら
「それはね、タヌキに化かされたんです」とひょうひょうと大矢の論に切り返す。

大矢は、UFOが何かが燃えている炎の説を言う人がいるが、それはどう説明するのだと
一平に詰問しても、一平はひょうひょうとしながら
たぬきの置物を見ればお腹が膨れているが、それはたぬきのお腹にメタンガスが
貯まっているから。
人間のおならでおならにあるメタンガスで燃えるという話があるが、
それと同じで、たぬきのお尻からでるおならのメタンガスが発火したものだ
と説明する。

そのような主旨のことを言った一平に対して、

「なんでもかんでも、自分につごうのいいようにこじつけているだけじゃないか」

と大矢は罵りながら反論すると、一平は全く変わりなくひょうひょうとして

「あなたをはじめ、多くの超常現象研究家のやり方を見習っているつもりですが」

と切り返す。

さらに、一平は、たぬきのお腹にあるガスには、人間に幻覚させるガスがあり、
それでたぬきが化けているように見えるという。

この討論番組の女性アシスタントも一平の論に惹かれていき、
UFOが宇宙人乗り物説を主張する大矢は形成不利になり、
鳴きながら主張していくような状態に。

その番組の収録の後、
一平は、母の実家の隣に家を建てた。
そこで、たぬきの研究をするためだ。
そして、裏山の木にカメラを置いて録画を続けた。
それは、小学生に入る前に見た飛んで滑空するたぬきと
思った動物をきちんと確認しようとしたからだ。

そして、録画した映像を見ていると、
飛んでいる動物があった!
それは、モモンガであった。
(♪~ちゃん、ちゃん~♪ と音がなる)

ここでこの小説は終わる。

この小説は、東野圭吾氏が
平成5年(1993年)から平成7年(1995年)まで、
小説誌「小説すばる」と「小説新潮」に連載した
「怪笑小説」のひとつで、
この「超たぬき理論」は
小説すばるの1995年7月号に掲載された。

「怪笑小説」は平成7年10月に集英社から出版された。

この「超たぬき理論」で印象に残ったのが、
UFOたぬき化けた説の一平に対して、
UFO宇宙人乗り物説の大矢が、
「こじつけだ」と罵りながら反論すると

「あなたをはじめ、多くの超常現象研究家のやり方を見習っているつもりですが」

と一平が切り返すところである。

一平の論も大矢の論もこじつけである。
お互い、思い込んで信じたストーリーに都合の良いように
あらゆる情報を組み込んで、自分の理論を作っていくので、
論理の組み立て方や根拠の使用方法は似ているものになる。

これって、刑事事件の目撃証言や警察の見込み捜査も
きちんと思い込みを排して、証拠を検討すれば、
事実とは異なるのに、思い込みに沿ったストーリーに
こじつけて作り上げて、
冤罪事件を作ってしまうのと似ているなあと思う。

人間はいろんな妄想力や連想力や想像力があるので、
こじつけで、科学的にみれば、おかしなことでも、
おもしろい物語を作れるわけで、それを人間は楽しんでいて、
今回の「超たぬき理論」を聴き入った私も
その人間のうちのひとりである。

「超たぬき理論」というフレーズから私は
「超ひも理論」という物理学の理論を連想したが、
この作者の東野圭吾氏は
大阪府立大学工学部電気工学科卒業ということだが、
もしかしたら「超ひも理論」を拝借し、
そして、化ける能力を持つ「超能力のたぬき」ということで、
「超たぬき理論」というタイトルを考えたのではないかと
思ったりする。


さて、「超たぬき理論」で
「UFOは宇宙人の乗り物」説を唱える大矢真が登場するが、

宇宙人ということで、ちょっと、
このブログの筆者であるわたくしについて正体を告白しよう。

実は私は宇宙人なのです。

また、私は、日本国に住む日本国籍を持つ日本人です。

さらに、また、私は、日本がある惑星の地球に住む地球人です。

さらに、もっと説明すると、
その私が住む地球がある宇宙にいる宇宙人です。

つまり、我々地球人はみんな、宇宙人なのです。

UFOとは未確認飛行物体のことだが、
その未確認飛行物体がきちんと政府や国際機関などに
報告せず無許可で、どこかの地球人が乗って飛んでいるものであれば、
宇宙人でもある地球人がUFOたる未確認飛行物体を飛ばしている
ことになるので、
大矢真のUFO宇宙人乗り物説は成り立つわけであり、
一平のUFOたぬきが化けた説よりも説得力を持ちます。

あっ、こんなこと書いてたらあること思い出した。

私が小学生の時に、和歌山県の実家に
私の兄あてに、兄の友人から年賀状が届いたが、
そのうちのひとつにに、わが実家へのあて先住所に、

宇宙銀河系太陽系第三惑星地球日本国
和歌山県御坊市○○-△△番地

と書かれていたが、郵便さんは我が実家に
届けてくれていた。


このブログ内の関連記事

こじつけ その語源は・・・・・「美女に囲まれ四面楚歌」って、言ったら、それって使い方が違うやろとつっこみたくなる

○ラジオ文芸館に関すること

「イービーのかなわぬ望み」を耳で聞く短編小説NHKラジオ文芸館で聴いて・・・垂直移動のエレベーターで生きてきたイービーの結末から「空間」についてちょっと思う

原田マハ 作の「無用の人」を、耳で聞く短編小説NHKラジオ文芸館で私の人生と重ね合わせながら聴いて・・・無用の人扱いされた他界した父が娘に贈った最後の誕生日プレゼントとは

耳で聞く短編小説ラジオ文芸館 鈴木光司 作「大山」・・・バブルに翻弄された元夫からの復縁の申し出の旅路にて、元妻からの粋な計らいとは

人生という名の自転車は、自力で漕ぎ続けるのだ・・・「耳で聞く短編小説NHKラジオ文芸館」で「自転車を漕ぐとき」、41歳無職の男の物語を同じく41歳で再び無職に戻る私が聴いて

ロバのサイン会・・・消費され消え行くものに過ぎないものが育む絆・・・耳で聞く短編小説NHKラジオ文芸館を聴いて・・・

2か月に1度行く、上新庄のミスタードーナッツで、ラジオ文芸館のアンコール放送「尾瀬に死す」を耳にして、前回も同じ場所でそれを聴いていたので、デジャブさを感じた

透明人間とはそういうことだったのか!・・・耳で聞く短編小説ラジオ文芸館、島田雅彦の作「透明人間の夢」を聞いて、ホームレス寸前の彷徨う若い男女の恋の結末は!

人生、思わぬ偶然のできごとでどう変わるかわからない・・・角田光代の「誕生日休暇」を耳で聞く短編小説「ラジオ文芸館」で耳にして




テーマ:読書メモ - ジャンル:学問・文化・芸術


ええええ!「ギリシアが各国に「民主主義」特許使用料請求」と虚構新聞が報道・・・そうそう、お隣の大国の国営テレビが日本の自衛隊について「虚構新聞か!」とつっこみたいくなるようなニュース映像使っていたようで

今日は、2015年(平成27年)7月5日 日曜日

今日、財政危機の経済不振で揺れる
ギリシアで、EUからの
金融支援とは引き換えに緊縮財政政策の要求に
関する国民投票で行われるが、
そんなギリシアに関して、虚構新聞が次のような
報道をした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「民主主義」特許使用料、各国に請求 ギリシャ
(虚構新聞 2015年7月3日)


事実上の債務不履行(デフォルト)に陥ったギリシャ政府は2日、
同国発祥の「民主主義」を国際特許として出願、政体として採用する
世界各国に使用料を求めていく方針であることが分かった。
年間数兆円規模の特許収入が見込まれることから、財源確保と健全化に
道筋をつけたい考えだ。

(中略)

古代ギリシャ文明が生み出した政治制度「民主主義(デモクラシー)」を
特許申請することで、各国から特許使用料を徴収する案が浮上したと報じている。

 ギリシャ政府では民主主義の年間使用料を各国GDPの0.1%で想定。
世界最大の民主主義国家であるアメリカからの特許収入だけでも年間153
億ユーロ(約2.1兆円)にのぼる見通しだ。

政府関係者の発言によると、中国やキューバなどの社会主義国や、
独裁体制を採用しているアフリカ諸国には使用料を請求しない一方、
国名に「民主主義」を含んでいる北朝鮮からは商標使用料のみ請求したいとしている。
また日本についても当面使用料は請求できないだろうと伝えている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

虚構新聞らしいネタであるが、
ひねりがあるねえと思ったのが最後の一行の

「日本についても当面使用料は請求できないだろう」

というところだ。
民主主義の発祥の地のギリシアからすれば
現在の日本は民主主義国とはみなされていないという
ことだを示唆していることとなる。

虚構新聞のサイトの最下段に
「この記事はフィクションであり実在の人物・団体とは関係ありません」

とあるが、日本には民主主義の使用料は請求できないというのは
近年の日本の政治を見るとフィクションとは言い切れんなあと思ったり。

さて、虚構新聞でふと、思ったのが、
お隣の国の国営放送が虚構新聞化してるんじゃねえかと思ったのが、
このニュース

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
中国国営テレビの「自衛隊資料映像」にガンダムが登場!
=中国ネット「吹いたわ!」「日本がガンダム持ってるなら、もう負け決定」
(レコードチャイナ 2015年7月2日9時13分)


2015年7月2日、中国網によると、中国中央テレビ(CCTV)が6月30日に放送した番組で、
日本の自衛隊を紹介する資料映像の中に「ガンダム」が映っていたことが、
ネットユーザーの間で話題になっている。

(中略)

これを受け、中国のネットユーザーからは次のようなコメントが寄せられている。

「ガンダムが自衛隊に配備された!(笑)」

(中略)

「日本はガンダムという恐ろしいものを実用化した!(笑)」

(中略)

「日本軍がガンダム持ってるなら、もう負け決定だな」
「投降しよう」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私も思わずふいてしまったが、
そこまでするならさらに

日本軍は、ホワイトベースという宇宙空母を建造し、
さらに、宇宙戦艦ヤマトを建造した。
そのヤマトには、
時空間を歪ませ、オーストラリア大陸と同じ大きさのものを
破壊する波動砲という強力な兵器を備えており、
中国だけでなく全世界の脅威になっています。

って、伝えたら、まさしく虚構新聞だなあ。

それにしても、なぜ、中国国営テレビの
ニュース編集者は、日本の自衛隊の資料映像に
「ガンダム」を入れたのだろう。
日本の自衛隊にガンダムがあると本気で思っているのだろうか(笑)

ちなみにその時使われたガンダムの映像は
東京のお台場にあるガンダムだそうです。

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース


ひまわりの花言葉「敬慕」「あなたを見つめる」・・・太陽の神を慕い、世界至るところで「太陽の花」と人々は思ってきた

今日は、2015年(平成27年)7月4日 土曜日

一昨日、
西宮市今津の自宅周辺を朝歩いていると
公園沿いに東の方向に咲く
ひまわりがあった。

ひまわり 150702_0534~001


ひまわりには次のようなギリシア神話の
お話がある。


海神の娘である海の精クリティがいた。
彼女はとても美人で、彼女の歌声はとてもここちよく
彼女があげる水しぶきでの木の妖精たちが喜ぶのであった。

ある日、空をみていたクリティは
馬車に乗って空を翔けて行く太陽神のアポロンを見て
彼に恋をしてしまった。

しかし、アポロンは女神カイアラピに夢中になっていて
クリティには目も暮れず、
彼女は思いを聞いてもらえなかったため、
黒い長い髪を肩に打ち流し、地上に直立したまま
九日九夜の間、食べ物を口にも通さず、
空を見つめ、太陽を見つめていた。

そのようなクリティを見かねた彼女の姉達が
彼女を連れ出そうとしたが、彼女を引っ張ったが、
全く動かない。
よく見ると、クリティの足は根となり、
黒髪は葉となり、そして顔は太陽を
かたどったひまわりの花になった。

そのようなお話から、
ひまわりの
「敬慕」、「あなたを見つめる」や「熱愛」という
花言葉がつくられたという。

そのような太陽にまつわる神話の花言葉がある
ひまわりという花のには「太陽」に関係している。


ひまわりの学名は
「Helianthus annuus」であるが、
「annuus」は一年草という意味、
そして、「Helianthus(ヘリアンサス)」は
ギリシア語の
「helios(太陽) + anthos(花)」で、
まさに「太陽の花」という意味である。

その花が16世紀にイギリスに伝わった時
花の形が太陽を連想させることから
イギリスでも「太陽の花」と呼ばれ始めた。

そして、英語では「sunflower」で
まさに「太陽の花」である。

その花は、中国から
17世紀の中ごろ、日本に伝わってきた。
当初は「丈菊(じょうぎく)」と呼ばれていたようだが、
元禄年間(1688~1704)のころには
「ひまわり」と呼ばれるようになる。

ひまわりは、日(太陽)を追って花の向きが変わって
廻るので、日廻り(ひまわり)となった。

実際のひまわりの花が太陽を追って向きが変わるのは
茎が柔らかい若いときまで、成長して茎が固まってくると
花の向きは固定され、東向きに咲いていることが多い。
ただ、茎はより多くの養分を取るため太陽を追って回る。

ただ、小さなひまわりである白妙(しろたえ)ひまわりの花は
太陽の方向にあわせて向きを変えているのが確認されているようだ。

さて、ひまわりの漢字の「向日葵」は漢名の「こうじづき(向日葵)」を
拝借したのであるが、それを訓読みして、日本では
ひまわりのことを「ひゅうがあおい」と呼ぶことがある。

そのように花言葉から名前まで、
世界のいたるところで、
「太陽の花」として、ひまわりは見なされてきたことが
わかる。

昨日の朝、雨上がりの曇り空の下、
自宅周辺を歩いていて、
公園沿いに咲くひまわりの花には
水滴がしたたっていたが、
太陽が雲に隠れていても、
日が出る東の方向を向いていた。




テーマ:花ことば  - ジャンル:学問・文化・芸術


永眠した猫の「たま」駅長・・・廃止の危機にあった鉄道を支えた熱心な沿線住民活動がなければ、「たま」という駅長としての猫は存在しなかった

今日は、2015年(平成27年)7月3日 金曜日

先月、和歌山県にある
和歌山電鐵貴志川駅の人気者の駅長
三毛猫のたま駅長が永眠し、
その社葬になんと和歌山県の仁坂知事まで
弔辞を述べられるほどであった。

その和歌山電鐵は一度廃線濃厚になった
路線であったのだ。

現在の和歌山電鐵は
以前は南海電鉄貴志川線であった。
昭和49年(1974年)には、
年間で延べ約360万人が利用していたが、
自動車の普及と道路の整備、
そして、少子高齢化により定期利用者も減り、
平成14年(2002年)には、
年間利用者数が199万人と200万人を割り、
南海電鉄は貴志川線の廃止の検討を始めた。

すると、沿線住民が
もし、廃線になれば、これから高齢化が
進むのに交通手段がなくなりとても困るなどの理由で、
存続運動を展開、
NHK総合テレビ「難問解決!ご近所の底力」に
出演した団地住民が中心になって、
「貴志川線の未来をつくる会」が正式に設立され、
6000人を越える会員が集まった。
行政へのお上頼みの従来型発想から、
「地域のことは地域で考え自ら行動する」という動きが
活発となった。

住民主導の存続活動に行政もバックアップを図り、
地元の自治体も存続の意思を固め、
鉄道用地などを南海電鉄から買い取ることなどを決めた。
一方、運営会社を公募で応募することなった。
最終的には岡山電気軌道(岡電)に決まった。
同社は応募するかどうか迷っていたが、
和歌山の市民団体から応募依頼状が届き、
同社の小嶋光信社長は
地元住民の熱心な活動に心を打たれ
貴志川線の運営に名乗りを上げ、
岡電が事業を引き継ぐこととなった。

そんなおり、貴志川線の終着駅の貴志駅の売店と隣接する倉庫の間に
住まいしてたいたのが三毛猫のたまであった。
貴志駅改装工事でたまの住処が失われることとなった。
すると、飼い主の売店の女性が、
小嶋光信社長に「猫たちを駅の中に住まわせてもらえないか」と
お願いしたことをきっかけに、猫の駅長「たま」が就任することとなった。

猫のたま駅長の話題は全国にさらには海外にも広まり、
貴志川線の集客向上に貢献した。

貴志川線の運営には、
行政、商工会、高校、住民・NPOなどから構成される
貴志川線運営委員会があり、鉄道沿線で年間50を越える
イベントを提案し、ボランティアなどで実施に協力している。

そして、同鉄道のユニーク車両である
いちご電車・たま電車への改装、貴志駅の建替えに
沿線の個人・企業からそれぞれ1000万円前後の
支援が寄せられた。

このように地域住民の熱心なサポートをもとに
廃線危機のあった鉄道が存続し、
そして、海外にも話題が広まった
「たま」駅長が登場することになったのだ。

沿線住民主導の貴志川線存続活動がなければ
駅長としての「たま」は存在しなかったのである。

テーマ:社会ニュース - ジャンル:ニュース


新幹線での焼身自殺放火事件・・・リニア新幹線でのトンネルで車両火災が発生したら、それにしても列車へのテロ・放火は防ぎようがない

今日は、2015年(平成27年)7月2日 木曜日


営業運転走行中の新幹線車内で、
焼身自殺での放火で、自殺した者を含めて
2名が死亡する事件が発生した。


それでふと思ったのが、
もし
トンネルで発生したら
どうなったのだろうと思った。

煙がさらに充満して
一酸化炭素中毒で亡くなる人が
多くなることはなかっただろうか?

そして、建設が予定されている
東京名古屋間のリニア新幹線は
南アルプスを貫く長いトンネルなど
走行部分の多くがトンネルで、
トンネル内で車両火災が発生した場合の
対策など考えられているのだろうかと
ふと思った。

今回の新幹線車両の放火で
テロ対策として、新幹線乗車時に
飛行機搭乗時と同様の手荷物検査をする
ことが議論されそうだが、
もし仮にそれが実施されたとしても、
新幹線以外の在来線の鉄道で、
何らかのテロや放火をやろうとすれば、
防ぎようがない。

日本では、1995年に東京地下鉄サリン事件が発生し、
海外では、
2002年に韓国の大邱(テグ)の地下鉄車両で
自殺志願者による放火で192名が死亡した。
他に、2004年3月11日に
スペインのマドリードで
アルカイダ系による人物による爆破テロで
191名が死亡。
2005年7月7日には、
イギリスのロンドンで
これもアルカイダ系の人物による
地下鉄やバスへの爆破テロで56名が死亡した。

このように、列車へのテロや放火をしようという
動機を持った人物がいれば、
乗客への手荷物検査などは現実的にはできないので、
防ぎようがないのである。



テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース