言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



2か月に1度行く、上新庄のミスタードーナッツで、ラジオ文芸館のアンコール放送「尾瀬に死す」を耳にして、前回も同じ場所でそれを聴いていたので、デジャブさを感じた

今日は、2014年(平成26年)11月30日 日曜日

昨日、西宮市の今津の自宅を出て、
2か月に1度、散髪に行くため、19年以上通っている
大阪市東淀川区上新庄駅近くにある美容室に行った。

ただ、その美容室の予約は午前9時40分からで、
美容室に行く前に、駅前のミスタードーナッツに8時前には
入って、ポケットラジオで、
8時05分から始まるNHKのラジオ文芸館を聴き始めた。

すると、昨日はアンコール放送で、
藤原新也作の「尾瀬に死す」 と案内された。

私は、あれ、一度、聞いたことある内容ではと思い、
それも、前回に、それを聴いたのは
昨日と同じく、上新庄駅前のミスタードーナッツだったのでは
ないかと思った。

そして、「尾瀬に死す」のあらすじが説明されはじめた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は、中学校時代の親友の一人・倉本洋司から一通の手紙を受け取る。
そこには、倉本が妻殺しの容疑をかけられ、裁判中であることが書かれていた。
かつて、倉本はガンで余命4か月の妻・芳子とともに尾瀬を訪ねた。
その時、芳子は容体が急速に悪化して死亡した。長い裁判の末、
倉本は無罪を勝ち取る。芳子はどのようにして死んだのか。
人はどのようにして自らの死に向き合うのか…。 

NHKラジオ文芸館のページより
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

それを聴きながら、これって、
夢の中に亡くなった妻が出てきて、それをヒントに
無罪となる証拠を手に入れたのではなかったかなと
おぼろげに思い出した。

ただ、前回、「尾瀬に死す」を聴いたのかを思い出せなかった。
昨年に聴いたのかなあと思いつつ、聴き始めた。

倉本の妻が乳がんが転移して、余命4カ月となっていた。
そのことを倉本は妻の芳子にそのことを告げていなかったが、
妻は尾瀬に行きたいと言った。
尾瀬はふたりにとっては思い出の地で、
尾瀬に行った帰路の時に、倉本が妻に結婚のプロポーズをしたのであった。

芳子は死が近いと悟ったのか、尾瀬に行きたいと言ったのだ。

そして、ふたりで尾瀬に行ったが、散策中に芳子は容体が変化し
動かなくなってしまう。
それは、1993年というまだ携帯電話が普及していないころで、
山奥の尾瀬には人家などなく、
倉本は芳子を背負って、
自分の体に括りつけて運ぼうとしたが、彼女の首が垂れ下がるので
さらに首まわりにも括って人家のあるところまで山を下りて、
妻をヘリコプターで病院まで運んでもらったが死亡していた。

ところが、動かなくなった妻を運ぶため背負った時を
妻の体を括りつけた時、首に内出血の跡ができて、
それにより警察から殺人を疑われて、身柄拘束され、その後起訴された。
前科がないなどから保釈されたが、
倉本が司法解剖を拒否したことから心証を悪くして、
地裁で懲役18年、
そして、高裁でも懲役10年とされ、最高裁に上告したが、
倉本は、実刑が確定してしまうことを覚悟して、
最高裁の判決を前に、もう一度、尾瀬に行く。

そして、最高裁での最終陳述前のある時の
就寝中に妻の芳子が夢に出てきた。

夢の中で、妻の芳子と尾瀬に最後に行った時が出てきて、
その芳子は水筒と魔法瓶を肩にかけて歩いていた。
水筒にはほうじ茶が入っていたが、
魔法瓶は一度も開けなかった。水筒だけあれば何かを飲むには足りるのに
不要に見える魔法瓶を芳子は持ち歩いていたのだ。

そして、夢の中の芳子は倉本にしきりに魔法瓶を差し出していた。

その夢から覚めた倉本はふと、持っていく必要のない魔法瓶を
あの時、どうして、芳子は持っていたのだろうと気になり、
名古屋の芳子の実家に向かい、遺品の魔法瓶を手に取り、振ってみると
何かカサカサと音がする。
魔法瓶を開けてみても、詰まって、その音をするものが取れないので、
分解してみると、それは芳子の遺書であったのだ。

その遺書には夫である倉本への感謝の気持ちと
病院で最期を迎えるのではなく、尾瀬で死にたいと書かれていて、
自殺をほのめかす内容であった。筆跡鑑定で芳子の遺書と認められ、
最高裁で、倉本は無罪となった。

それで「尾瀬で死す」の話は終わらず、
あと、倉本から手紙を受け取った「私」の母の死と
芳子の死についていろいろな会話がなされ、
「命が死をとらえる」というあるひとつの結論が提示される
のである。

さて、それを前回にいつ聴いたのか、
2か月に1度の散髪の日の土曜日であることは確かだが
はっきり思い出せないままに、自宅に戻って
PCでネットで調べると、
今年の1月11日であった。

当ブログの本年の1月12日の記事
大阪市上新庄の美容室にて、「オカムラ君、店にこの前来たよ」という店主の発言を耳にして・・・えっ、あの有名人が?
で、冒頭で以下のように書いている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は、2014年(平成26年)1月12日 日曜日

昨日の朝、西宮市の今津の自宅を出て、
髪を切るために、いつも切ってもらっている
大阪市東淀川区上新庄駅から徒歩5分程の
美容室に行った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と上新庄のミスタードーナッツでラジオ文芸館を
聴いていたことは書いていないが、
その日に、上新庄に行ったことは記述している。

まさか、その日に聴いていたラジオ文芸館の小説を
2か月に1度行く上新庄のミスタードーナッツで耳にするとは
思いもよらなかった。
そのミスタードーナッツで座る位置はいつもほぼ同じところなので、
一度耳にしたラジオ文芸館の同じ小説を同じ場所で
再び耳にしながら、店の窓から見える上新庄駅前の光景を見ながら
デジャブな感じがしたのであった。


このブログ内の関連記事

透明人間とはそういうことだったのか!・・・耳で聞く短編小説ラジオ文芸館、島田雅彦の作「透明人間の夢」を聞いて、ホームレス寸前の彷徨う若い男女の恋の結末は!

人生、思わぬ偶然のできごとでどう変わるかわからない・・・角田光代の「誕生日休暇」を耳で聞く短編小説「ラジオ文芸館」で耳にして

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


温かい湯船に浸かることとアベノミクスとアメリカ経済の景気回復とのつながりを思う

今日は、2014年(平成26年)11月29日 土曜日



昨晩は、21時過ぎに横になって眠ってしまい、
今日の午前2時40分ごろに目が覚め、
お風呂に入らず寝てしまっていたので、
風呂に入った。

温かい湯船につかりながら、ここちいいなあと感じつつ、
ふと、その心地よさを体感したことと
アベノミクスとアメリカ経済の景気回復とのつながりを思った。

どういうことかと言うと、
温かいお風呂にするために、お湯を注ぐが
それはガス給湯器によってそうできている。

そのガスは日本は海外からの輸入で多くはまかなっている。

海外からのガスなどの輸入品は円安になるほど
価格は高くなる。

アベノミクスで、日銀は大規模な量的金融緩和を行うことにより
対ドルに対して円安になった。

そして、一方、ドルを通貨とするアメリカの中央銀行にあたる
FRBは、リーマンショック後から続けていた
量的金融緩和を景気回復にともない終了した結果、
ドル高傾向となり、それにつられて、円安が加速されている。

そうなると、輸入に頼るガス代は値上げされることとなる。
私は夏はガス代節約のためシャワーだけで済ませるが、
晩秋から冬にかけては、寒くなるので、
湯船に浸かることにしているが、
アベノミクスとアメリカ経済の景気回復による円安ドル高によって、
温かい湯船の心地よさを感じるためのコストアップについて
思わざるをえなかったのである。


テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


神戸市役所の地下食堂での昼食で、580円で2食分ボリュームのあるセットを食べたら、夕食なしで済ますことができた

今日は、2014年(平成26年)11月28日 金曜日


昨日、職場近くにある神戸市役所の地下食堂で
昼食を食べた。

たとえば、うどんの大盛りが300円と
ここは価格が安く、おなかいっぱいになることが
できるので、このごろよく利用している。

安くておなかいっぱいにしようと
13時30分ごろにそこに行ったが、

実際には580円と
予定よりも
200円以上支出をした。

予定以上の支出でも食べてみたくなったものがあった。

それは、焼きそばとチャーハンと
点心や春巻き、揚げ餃子、揚げシューマイが
ひとつの大きな皿にもられて、
かつ、コンソメスープがついたセットが
580円であったのだ。

神戸市役所 580円ランチ 141127_1326~001

580円でこれだけ食べることができるのかと
思わず買って食べてしまった。

もうおなかいっぱいいっぱいで、
その後もおなかいっぱいの状態が続き、
夜に自宅に戻ってもおなかいっぱいなので、
夕食を食べなかった。
神戸市役所の地下食堂で
安くておなかいっぱいになって、
ありがたいことである。


このブログ内の関連記事

神戸市役所の地下食堂での昼食について

神戸市役所の地下食堂でハンバーグ定食食べて、ちょっと、近年の国内のハンバーグ生産量を調べてみた

290円の特盛りカレーライスを食べた・・・私にとって久々のカレーであったが、日本人は週に1度はカレーを食べているようだ

テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


参議院選挙での一票の格差違憲判決・・・・国会議員の総数を増やせばいい、地方の定数を減らさず、大都市部の議員を増やせばいい

今日は、2014年(平成26年)11月27日 木曜日

昨日、最高裁で、
参議院選挙での一票の格差の問題で、
4.77倍あるのは、法のもとの平等に反して、
憲法違反であるという判決を出した。

私の結論は、この対策として、
人口の少ない県の議席をなくさず、大都市部の定員を増やせばいいである。

まあとりあえず、この問題を説明する。

まあ、人口の少ない都道府県の選挙区よりも
大都市の選挙区の方が一票の重みが軽くなる。

単純にわかりやすくたとえで言えば
人口の少ない選挙区は
100票でも当選できるが、人口の多い選挙区では
300表獲得しても落選で、477票とってやっと当選できる
という状況である。

最高裁は、選挙区を都道府県単位にしていることを改めるべきと
言っている。

それにそって、参議院議員の間で、
人口の少ない鳥取県と島根県を
1つの選挙区にしたり、
人口の多い大阪府と和歌山県を1つの選挙区にしたりという案が
でたりしていた。

私は、現在、兵庫県に住むが、
高校を卒業するまでの約19年近く、和歌山県に住んでいたものとして
まったく、地域の実情を考慮していない、単純思考の選挙区の合区であると
思った。

人口で言えば、大阪府は800万人以上あるが、
一方、和歌山県は人口が100万人を割って、約97万人である。

そうなれば、大阪府と和歌山県の選挙区が合区されると
別に和歌山県の意向を反映しなくても
大阪府の意向を反映した主張をした候補者が当選しやすくなり、
和歌山県の意向は軽んじられることとなる。

そして、また、和歌山県は距離が長い。
たとえば、和歌山県の県庁所在地の和歌山市から
県の南東端にある新宮市まで、
特急のくろしお号で約3時間もかかる。


そのような遠いところでかつ有権者が大阪府よりも
少ないところに配慮されることは少なくなり、
より、地方の人口過疎部の意見が反映されにくくなる。

そうならないためにどうするかとなると、
東京都や大阪府などの大都市部の参議院の定数を大幅に
増やせばいいのである。

今、参議院議員は定数が252であるが、
その倍の500名にすればいい。

国会議員ひとりあたり4000万円かかっていて、
さらに2倍にすれば、さらに1000億円のコストアップにつながり
無駄だという批判が出てくると思うが、
私はそれでいいと考える。

その国会議員削減議論は、財政危機懸念と増税議論で出てくる話であるが、
当ブログで幾度も主張しているように
現在の日本は、金利が史上最低水準のカネ余りで、かつ、
工業設備の推定の実稼働率が70%台後半で、残りの20%以上が
設備が稼働していないという供給力過剰の状態で、
国債の大量発行によるハイパーインフレが起こるとは考えられないので、
日本は財政危機ではなく増税不要であると思っている。

そのような状態で、参議院の定員が2倍になっても
コスト的に問題なとみている。

国会議員が増えた方が私は良いと基本的には考えている。
逆に、今以上に国会議員を減らすと、
ひとりあたりの議員がこなさなにいといけない行政領域がより広くなり、
その分、専門家の官僚に依存しなければならなくなり、
よりいっそう、官僚主導の政治が強まるのではないかと思う。

国会議員が増えるとすれば、大都市部になるので、
国会議員が対象とする選挙区の範囲が小さくなり、
また対象となる有権者数も少なくなるので、
よりきめ細かく、有権者に今よりも触れる機会が増えるのではないかと
思う。

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済


戦(いくさ)、その語源・・・敵を矢で射る

戦いのことを「戦(いくさ)」というが、
なぜ「いくさ」というのだろうか。

昔の戦争では、武器として、弓矢が使われ、
矢を射ることで相手に倒していた。

いざ、戦いの火ぶたが切られると、
矢で相手を射ることを狙って、
矢が飛び交うが、そうなることによって
敵味方双方とも互いに矢に射られてしまう状況になる。

そのような状況を「射交わす(いかわす)」という。
何を「射交わす(いかわす)」と言えば、
「矢」なのであるが、その「矢」の意味として「さ」と
言われたりした。
「射交わす(いかわす)」と「矢」の意味として「さ」の
「射交(いか)わすさ」となり、「射交(いこう)さ」となり、
そして「いくさ」となり、戦争の意味として
「いくさ」と言われるようになった。

そして、その「いくさ」に当て字として
「戦」が使われるようになった。



テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


鷹揚(おうよう)その語源・・・・もともとは「大様」だったが、鷹が悠然と飛ぶ様を見て

のんびりとゆったりとして落ち着いて振る舞う様子を
「鷹揚(おうよう)」と表現したりする。

その意味として、「おうよう」は
もともとは「大様」という漢字で表記されていたが
どうして、「鷹揚(おうよう)」に変化したのだろうか?

「鷹揚(おうよう)」とは中国から伝わってきた表記であり、
それは「武勇に秀で、勇敢である」という意味で用いられていたが、
日本に伝わり、江戸時代のころから
鷹が大空を悠然と余裕をもって飛んでいる様子から
のんびりとゆったりとして落ち着いて振る舞う様子という意味で
使われていた「大様」と混同されるようになり、
鷹のほうが縁起が良いということで、
「鷹揚」という表記が使われるようになった。

テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


増税延期のための解散総選挙にふみきった安倍首相を評価するが、私は自民党には票を入れない

今日は、2014年(平成26年)11月24日 月曜日

安倍首相は、消費増税延期を理由に衆議院の解散総選挙に
踏み切った背景に
財務官僚と自民党増税派との権力闘争があるのではないかと
思わせる分析があった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
増税派たちは「解散」で総崩れ 安倍首相が削除表明した「景気条項」とは何か 
(現代ビジネス 長谷川幸洋「ニュースの深層」 2014年11月21日)


いま与党が衆参両院で多数を握っている。だから野党や増税派マスコミは
景気条項を理由に挙げて「首相が先送りしたいなら、いまの国会で先送り
法案を可決させればいいじゃないか。何も解散する必要はない」と訴えた。
一見、もっともらしいが、きれいごとの建前を言っているだけだ。
本音は別にある。ずばり言えば、安倍内閣を潰したいのである。どういうことか。

まず、与党の中にも増税派はたくさんいた。私の見立てでは、自民党議員の
半分以上が実は増税派だったのではないか。たとえば野田毅税制調査会長は
「絶対増税だ」とテレビカメラの前で何度も強調したし、麻生太郎財務相
もそう、谷垣禎一幹事長だって元祖「消費税10%論者」である。

民主党は、もともと野田佳彦政権のときに増税法を作った張本人だから増税派だ。
重要なのはマスコミである。一貫して増税反対だったのは東京新聞くらいで、
あとは全部増税派だ。表で目立たないようにしながら、国会議員やマスコミの
記者、論説委員、テレビに登場する評論家やコメンテーターたちを絨毯爆撃
して増税を訴えていたのが財務省である。

それは、政府が意見を聞いた有識者たちの7割が増税に賛成だったことから
も分かる。有識者の1人は「財務省の説明攻勢がものすごくて大変だ」と
私に語っていた。世論調査では7割が増税反対なのに、有識者たちは
まったく正反対だった。「有識者」なる人たちが一般の世論を反映
していない証拠である。

さて、そんな状況で安倍首相が先送りを言い出せば、どうなったか。
間違いなく、永田町を揺るがす大政局になった。結果はどうかといえば、
安倍首相が負けて先送りを断念せざるをえない状況に追い込まれた
公算が大きい。そのくらい財務省という役所は力がある。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

という分析である。
「エレクトロニック・ジャーナル」の主宰者の平野浩氏のツィートで

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実は財務省は安倍政権は10%で用済み、次は麻生か谷垣でさらに3%
増税する計画を立てていた。この財務省による包囲網を察知した安倍首相は、
これを跳ね返すために財務省に喧嘩を売り、増税を延長し、解散したのである。
何のこともない。財務省を軸とする自民党内の権力抗争なのである。

2014年11月22日14時59分
https://mobile.twitter.com/h_hirano/status/536292843380146176?p=p


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ということである。
安倍首相はやりたいことと言えば、安全保障のことや憲法を変えることなどであるが、
景気後退の時にさらに増税をすればさらに景気が悪化して、
政権への支持率が下がり、自分がやりたいことができなくなる。
再増税を景気弾力条項で決定しようとしても、それに備える法案を国会で通す
必要があり、自民党内の増税派との間で政局となる可能性が高まり
安倍おろしが強まる可能性もあると見越して、
再増税延期のためには解散総選挙で再増税延期の支持を国民から
取り付けるしかないと考えたのかもしれない。

私は、カネ余りで生産力過剰の日本は財政危機ではなく
増税不要で、景気後退での増税はさらに景気を悪化させるので
増税延期を確実にするために衆議院の解散総選挙にふみきったことは
良かったと思う。
(ただ、一票の格差の違憲性や首相の解散権の在り方に問題はあるが)

そのように増税延期のために解散解散総選挙にふみきった
安倍自民党に私は投票するかと言えば、一票を投じることはない。

まず、自民党の憲法改正案を見ると、
まるで近代国家というものをわかっておらず、
国民の権利を制約する方向になっている。
安倍首相など自民党は
日米同盟を自由と民主主義という共通の価値観を有している
と言っているが、
もし、今の自民党憲法改正案が新憲法になってしまうと
アメリカの価値観よりも離れて、
中国の政治体制の価値観に近づく方向になってしまうと思う。

さらに安倍政権は特定秘密保護法という表現や報道の自由の
制約につながる法案を通したが、
安倍政権が続くとどうなるか心配させるできごとが沖縄であった。
沖縄では、先日の知事選挙で、沖縄県名護市の辺野古への
米軍基地移設の反対を主張する知事が当選したが、
それとは関係なく政府は辺野古基地移設への工事準備を進めているが、
それに反対する住民活動とそれを排除しようとする警察を取材していた
現地の新聞の記者に対して、ある事件が発生した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
県警が辺野古取材妨害 記者、映画監督を排除
(琉球新報 2014年11月21日)


【辺野古問題取材班】名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ前で20日、
県警の機動隊員らが、抗議活動をする市民を取材していた本紙記者らを
力ずくで現場から引き離したり、撮影を中止させたりするなどして取材活動を
度々妨害した。


(中略)

さらに同じ鉄板の上で取材していた本紙の別の記者に対しても、現場指揮役の警察官が、
社名が見えるように首からつり下げていた腕章を無断で手に取り、「琉球新報か」と
問いただした上、現場から出るよう繰り返した。
 その直後に「連れ出せ」と複数の機動隊員らに命令し、隊員らは記者の背後から
腕や肩をつかみ強制的に外に押し出し、戻れないようにした。この記者は座り込んだ
市民の腕を警察官がねじ上げる様子などを撮影している途中だった。
 同じように撮影していた映画監督の藤本幸久さんは機動隊員3人に両手足を
つかまれ持ち上げられた。藤本さんは「撮影している人から真っ先に排除している」と指摘した。

(中略)

記者の排除について、県警本部警備2課の担当者は「取材を規制するつもりではなくて、
安全確保の観点から(記者を)外に出す措置を講じた」と話した。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということで、記事の内容を見れば、
ここは日本ではなく中国かと思わせる

県警本部の言い分も笑わせるものである。
安全確保の観点からというのなら、強制的ではなく
言葉で説明すればいいじゃないか。

安倍政権が続くと、沖縄で起こったような表現や報道の自由を制約する
振る舞いが、日本の本土でも起こってくるのではないかと
示唆するできごとである。

そう思うと、増税延期解散のために安倍首相が解散総選挙に
踏み切ったことは、安倍首相にNoを突き付けるひとつの機会であり、
解散に大義がないと批判していた反安倍政権の方々は
安倍内閣を退陣に追い込むひとつのチャンスだと思うことは
できないのかなあと思ったりする。


このブログ内の関連記事

2014年11月19日の記事
消費再増税延期の衆議院解散・・・・5年前の小沢氏周辺への強制捜査以来、検察、外務、防衛、財務官僚など、行政官僚にないがしろにされてきた日本の民主主義を思う

テーマ:衆議院解散・総選挙 - ジャンル:政治・経済


身体で覚えた知識は29年前のものでも、記憶が保存されている脳の海馬からすぐに引き出されるのだなあ・・・あるアニメ主題歌を久々に耳にして

今日は、2014年(平成26年)11月23日 日曜日

昨日の午後、西宮市今津の自宅から少し南に行ったところにある
臨港線と呼ばれる幹線道路の歩道を歩きながら、
ウォークマンを耳にしてランダム再生でいろいろな曲を聴いていた。
1000曲以上は収録されているので、次にどのような曲になるか
わからないまま聴いていて、ある曲が終わり、
その次の曲のイントロが流れ始めた。

そのイントロの音階は

♪シシレレファファミファ シシレファファミファ♪~
(もしかしたら、ファは半音高かったかもしれないが)

さて、何の曲かと言えば、

タッチ 岩崎良美
https://www.youtube.com/watch?v=h60tGniYT7w


あだち充の原作のアニメ「タッチ」の主題歌である。

どうして、イントロの音階を知っているかと言うと、
今から29年前の昭和60年(1985年)の小学校6年生の時に
クラス別の演奏会で、この「タッチ」を演奏することとなり、
私はピアニカを担当していて、
多分、1か月近く、毎日練習していたのだ。

久々に、昨日、「タッチ」を耳にして、イントロの音が始まるとともに、
歩きながら、
イントロの音階を思い出した。

その演奏会以来、タッチを演奏していないけれども、
もう29年前のことでも、
1か月毎日練習してきて、身体で覚えた知識は
脳の海馬に保存されているファイルから
何かのきっかけで、すぐに取り出せる状態になっているのだなあと
思った。


このブログ内の関連記事

2014年11月4日の記事
たまたまドラマ「相棒」の再放送を見て、脳内にたくさんの記憶が引き出されることなく貯蔵されていることを認識する

テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


290円の特盛りカレーライスを食べた・・・私にとって久々のカレーであったが、日本人は週に1度はカレーを食べているようだ

今日は、2014年(平成26年)11月22日 土曜日

このごろ平日の昼食で、職場近くにある
神戸市役所の地下食堂に足を運ぶようになった。

昨日の金曜日は、
特盛りカレーが290円ととても安くなる日である。

その290円のカレーを初めて食べてみた。

290円カレー 神戸市役所141121_1339~001

おいしくいただき、特盛りなので
おなかいっぱい。290円の安さでおなかいっぱいに
なって良かった。

それにしてもカレーライスを食べたのはどのくらいぶりだろう。

前にいつカレーライスを食べたのかを忘れるくらい
久しぶりにカレーライスを口にした。

エスビー食品のHPにある
「日本人はどれくらいカレーを食べているのでしょうか?」

によれば、

各種統計により、
日本人は年間に約78回カレーを食べていて、少なくとも
週1回には1度はカレーを食べていることになるというのだ。

それに比べると、私のカレー消費量ははるかに少ないのだなあと
思うのである。


このブログ内の関連記事

2014年11月20日の記事
神戸市役所の地下食堂でハンバーグ定食食べて、ちょっと、近年の国内のハンバーグ生産量を調べてみた

テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


見えないところでも美しく装うことで心を動かせる女性の心の豊かさはすごいなあ

今日は、2014年(平成26年)11月21日 金曜日

今週の深夜番組で、
女性が下着や靴で隠れて見えなくなる足爪のネイルアートに
お金を注ぎ込んでいることに対して、
男性出演者から理解できないという反応が多かった。

そのような女性の行動について
脳に関する研究をしている女性研究者が、
「見えないところも美しくすることで、美しい、かわいいという気持ちを抱き、
自己肯定感を高めている」とコメントしていた。

男の私が思うに、
人目につかない身体の部分にも
美しく装うことに心を注いで、嬉しい気持ちになって
心を動かせる女性の心の豊かさのすごさを感じた。

男の私からすれば、そんなことしようという発想は
微塵もないし、そんなことしても
心は動かないだろう。

そのようにして、心を豊かにできる
女性は偉大だなあと思うのである。

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術


神戸市役所の地下食堂でハンバーグ定食食べて、ちょっと、近年の国内のハンバーグ生産量を調べてみた

今日は、2014年(平成26年)11月20日 木曜日

昨日、職場近くにある神戸市役所の
地下食堂で昼食をとった。

490円でハンバーグ定食があり、
それを食べた。

ハンバーグ定食 141119_1323~001

ハンバーグに、ポテトフライ少々とスパゲティ少々と
ご飯大盛りにお味噌汁、本当はあと2つ小品がついているが
私の好みでなかったのでそれはとらなかったが、
それで490円と安くておいしかった。

ハンバーグを食べるのは久しぶりだなあと思いつつ、
前にハンバーグを食べたのはいつだろうと思いだせないほど、
ハンバーグを食べたのはかなり前ということになる。

ちょっと、ハンバーグのこと調べてみて、
日本ハンバーグ・ハンバーガー協会での統計資料を見てみると、
ここ5~6年、ハンバーグの年間生産量は

平成20年 5万2550トン
平成21年 5万0655トン
平成22年 4万8836トン
平成23年 4万7296トン
平成24年 4万4152トン
平成25年 4万4527トン

と、近年は減少傾向で昨年は前年よりも若干戻したが、
それでも、平成20年に比べると約15%生産量が少ない。


テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


消費再増税延期の衆議院解散・・・・5年前の小沢氏周辺への強制捜査以来、検察、外務、防衛、財務官僚など、行政官僚にないがしろにされてきた日本の民主主義を思う

今日は、2014年(平成26年)11月19日 水曜日

安倍首相が、消費税再増税の延期を表明し、
衆議院の解散を明後日の21日に行うことを表明した。

消費増税後の2四半期連続で、GDPがマイナス成長になった。

消費税再増税にむけて活発に動く財務官僚の勢いが強く、
その財務官僚に抵抗するためにも
安倍首相は衆議院を解散をしたとも言われたりしている。

それほど財務官僚の力が強いのかと思わせるが、
消費税の8%と10%と2段階増税を法案を成立させたのは
民主党政権時の野田首相であった。
それは公約違反の消費増税法成立であった。
財務大臣を経験した野田首相が財務官僚の言うがままに
増税を推し進めた。
野田首相の前の管首相も財務大臣を経験したが、
その管首相は突如消費増税について言及して、
参議院選挙での民主党敗北につながった。
管首相も財務官僚に取り込まれ、増税推進になった。

管首相の前は、鳩山首相であった。
鳩山首相は、沖縄県の普天間基地の移設を
沖縄の辺野古ではなく、県外移設を公約したが、
政権獲得後、
外務官僚や防衛官僚の抵抗や非協力もあり、
それを果たせず首相退陣に追い込まれた。

鳩山氏が民主党政権発足時の党代表であったが、
任期満了の衆議院選挙が近づくなかで、
当時の民主党代表であった
小沢一郎氏は、行政組織官僚でもある検察の
無理筋な強引な政治資金違反捜査で、
党代表辞任せざるえなくなり、鳩山氏が党代表になったが、
「もし」であるが、
小沢氏が代表のまま総理大臣をしていたら
公約違反の消費増税もなく、
この平成26年の増税不況もなかったかもしれない。

小沢氏は検察という司法行政の官僚の攻撃にされされ、
鳩山氏は、外務官僚と防衛官僚の抵抗にあい、首相退陣に追い込まれ、
管氏と野田氏は、財務官僚に洗脳されて、公約違反の消費増税を推し進め、
今に至っていて、そして、安倍首相が増税先送りを名目に
衆議院解散をすることとなった。

それにしても、消費増税により個人消費は落ち込んだままで、
国内需要の低迷を受けてか、設備投資も落ち込み、
景気後退となり、国民生活は苦しくなるばかりである。

政権交代を控えた時の小沢氏周辺への捜査以来、
政治家が行政官僚に振り回され、公約違反の増税を推し進められ、
結局、消費増税の不景気に国民が追いやられ、
日本の民主主義は、行政官僚にないがしろにされているなと
安倍首相の消費再増税延期のための衆議院解散表明を受けて
思ったのである。



テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済


常連客になってしまうきっかけとは、店員さんの些細なちょっとした心遣いから始まるもの

今日は、2014年(平成26年)11月18日 火曜日

私は、毎週金曜日の18時30分過ぎに、
阪急西宮ガーデンズにある丸福珈琲店にいくことが習わしになっている。

この店に通い始めたのは、
西宮ガーデンズが開業して、3か月ぐらいしたころの
平成21年の2月ごろだっただろうか。

その後、3~4回ぐらいだろうか足を運んで、
そして、いっぱいお茶をして、読書を終えて、
レジで精算を済ました時、
店員の女性が

微笑みながら
「いつもありがとうございます」と
声をかけてくれた。

西宮ガーデンズという大型商業施設でまだ
開業してそれほど立っておらず、多数の客がいるのなかで
たった3~4回ぐらいしか通っていない客の顔をきちんと
覚えてくれているのだなと嬉しくなり、
それがきっかけで、この店に通い続けようと思ったのであった。

まあ、その女性が美人でかわいいということもあったが、
とても愛想が良いのだ。
その女性のイニシャルはMさんである。

また、お店の店員さんの接客もよく、
Mさんがホールのリーダーをしていたのだが、
ある年の西宮ガーデンズ内の全店舗への覆面調査により、
約250店舗以上ある中で、接客ナンバーワンの店と評価され、
西宮ガーデンズの方から、どのような指導や工夫をしているのか
ヒアリングされたという。

いつも通うようになると、いろいろ私の好みなども把握して下さり
いろいろ気を利かせてもらえるようになって、
ますます足を運ぶようになった。

そのMさんは平成24年の8月にその店を退職されたが
Mさんの退職後も、私は西宮ガーデンズにある丸福珈琲店に
通い続けている。

常連客になってしまうきっかけとは
本当に些細なちょっとした心遣いから始まるものである。


このブログ内の関連記事

2009年7月8日の記事
丸福珈琲店の感じの良い接客から思ったこと・・・・・社会基盤としての感じの良いささやかな心遣い

2013年4月23日の記事
引っ越し先の地にて、そのMさんと、思わぬ再会について
寒の戻りの春の日の暮れなずむころ、西宮今津にて8か月ぶりの思わぬ再会・・・1年前には、お互いに今津に住まいしていなかった者どうしの再会

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術


母校の正門前で、かつ、前の自宅前のところで仕事をすることに・・・・人生のうつろいとはおもしろいものである

今日は、2014年(平成26年)11月17日 月曜日

昨日、仕事の用事で、
昨年の2月まで自宅であったところで、かつ、
母校の大学に行くことになった。

そこに行くのは約1年9か月ぶりである。

そこは、西宮市にある関西学院大学の正門前である。

昨日の午前10時45分過ぎに、
西宮市の今津の自宅を出て、
阪急今津駅から阪急西宮北口駅で
関学の最寄り駅である甲東園駅に向かうため、
久々に7番ホームに向かった。

いつも、通勤で、西宮北口の2階通路を使い
神戸三宮方面に向かうホームに降りるが、
関学前に住まいしていた時は、
7番ホームはいつも使っていたのに、
今津に引っ越してから、
西宮北口の2階通路から1階にある
7番ホームに全く行かなくなり、
7番ホームに行くのも約1年9か月ぶりであった。

7番ホームはほとんど、前回使った時と変りなかった。

そして、西宮北口駅から5分ほどして、
甲東園駅に到着し、久々に、甲東園駅前を歩くと、
1年9か月前にはみかけなかった鍼灸整骨院があった。

そして、甲東園駅から関学に向かって歩いて、
関学のある上ヶ原台地に行くための階段を上がりきって、
関学の学舎が遠くに見える学園花通りにさしかかると、
おや、道がなにか綺麗になっているなと思った。

関学 141116_1134~001

そう、車道が舗装し直され、また、
歩道と車道の境界を明確に分けるブロックが置かれていたのだ。

1年9か月前には、そうではなかった。

さらに、関学に向かって、学園花通りを歩くと、
道路工事の標識が見えてきた。

そう、ちょうど、車道の舗装が古いところと
新しいところが境になっていて、
歩道も車道の境界の工事をしているようであった。

関学 141116_1137~001

そして、関学正門前にたどりついた。
私が、1年9か月前の
昨年の2月12日の午前中まで、住まいしていたところだ。
そこは、今、建て替えられて、
コンビニのセブンイレブンが入居している。
セブンイレブン入居にともなう建て替えのため
私はここから引っ越しをすることになったのだ。

関学 141116_1201~001

建て替えられて、セブンイレブンが入居している
実際に肉眼でこの光景を見るのは、初めてである。
(このような表現を使ったのは、先日、
この店で強盗事件があって、それを伝えるNHKニュースで
この建物の遠景を目にしたから)

ここが建て替えられる前の北側の2階に、
(画像の左側)に、私は住んでいたのであった。

関学正門前で配布の作業を始めるまでに
時間があったので、大学のキャンパスに入って見ると、
中央芝生では、近隣の方々だろうか
子供を連れて、日曜日のお日様のもとで
遊んで楽しむ家族の姿が多く見られた。

関学 141116_1147~001

そして、関学正門前に戻ると、
結婚式に来たのだろか、装いを整っている
若い数名の男女がいた。

関学にはチャペルがあって、そこで
結婚式が行われるが、
その結婚式に参加しようとしていたのだろう。

それを見つつ、
配布の作業をしようと
準備をしていたら、その数名のうちの男性1人が
関学正門を背景に、みんなで撮影をしたかったようで、

「お忙しいところ。すみません、撮っていただけますか」と
スマートフォンを持ってきて、これで撮影して欲しいという
ことだったので、それに応じて撮影した。

配布作業をしていると、正門に
今日、挙式をあげた新郎新婦が現れて、
記念撮影をしていた。

ウエディングドレスに着飾った新婦が新郎の横に立って
カメラに目を向けて立っている様子を
近所の方だろうか、歩いていた初老の女性が
一緒にいた孫娘に向かって、
「お嫁さんきれいだね」と話しかけていた。

その後も配布作業を続けていると、
正門前にタクシーが止まって、
着飾った若い女性4名ほどが降りてきた。

おそらく、その服装から結婚式に参加するのだろう。

すると、その女性のうち1名が
「あれ、セブンイレブンができている!変わっているね」
と驚くように友人に話しかけていた。

おそらく、その女性は関学出身で、
このキャンパスに通っていたのだろう。

また、新郎新婦の両方かどちらかが
関学出身者かもしれない。

母校の正門前で、かつ、1年9か月前まで
自宅前であったことろでの仕事の作業をしながら
そこでの人々の様子から、
その人の人生のひとこまがうかがえたりした。

また、そのように思っている私も
まさか、1年9か月前に、その地で、
失業中でありながら、引っ越し準備をすることとなり、
今の会社に入って、その関係で、
1年9か月後に、そこで、配布の仕事をしているとは
全く想像だにしていなかった。
1年9月前は、どのような会社に就職するかわからず、
その年の8月に翌年3月までの契約の会社に就職し、
契約終了して、また、仕事探しをして、
今の会社に入社して、
昨日の母校の正門前かつ前の自宅前での仕事と
なったのである。

人生のうつろいとはおもしろいものである。


このブログ内の関連記事

2014年2月12日の記事
引越しの日の朝・・・西宮市上甲東園の最後の朝歩きを終え

2014年2月13日の記事
引っ越し終えて・・・18年前の引越しの時を思い出して、時の巡りあわせの循環を思う

2010年4月 7日の記事
関学前の400mの桜並木は、実はひとりの市民の植樹で作られた・・・・この尊い公共心の偉業を多くの人に知らしむべき


テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術


「銀座でバイト」理由に女子アナ内定取り消した日テレ・・・・日テレ社員は、銀座のクラブでホステスさんのお世話になったことがないのですかねえ。

今日は、2014年(平成26年)11月16日 日曜日


なぜ、日テレは、職業差別だと批判を招くような内定取り消しと
敗訴する可能性が強い訴訟に応じたのだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日テレ訴えられた…「銀座でバイト」理由に女子アナ内定取り消し
(スポニチ 2014年11月15日)


 日本テレビの来年4月入社のアナウンサー採用で内定を受けていた
大学4年の笹崎里菜さん(22)が、東京・銀座のホステスのアルバイトを
理由に内定を取り消されたのは不当として、同社に地位確認を求めた訴訟を
14日までに東京地裁に起こした。同日の第1回口頭弁論で、日本テレビ側は請求棄却を求め、争う姿勢を示した。
次回以降に具体的な反論をするという。

 笹崎さんは「2011年ミス東洋英和」に選ばれ、ファッション誌「JJ」の
読者モデルとしても活躍したロングヘアの似合う美貌の持ち主。テレビ関係者の
間では「アドリブもうまく、将来性がある」と
の評価があり、本人もアナウンサーへの夢を膨らませていた。

 代理人の緒方延泰弁護士は「本人はアナウンサーとして日テレへの入社を
希望している」とし、通常の入社時期の「来年4月までに(裁判の)決着が必要」と
語った。訴状によると、笹崎さんは昨年9月に日本テレビのセミナーに参加し、
内定通知を受けた。だが、今年3月、人事担当者に
「母の知り合いが経営するクラブで短期のアルバイトをしたことがある」と
伝えると5月に内定取り消しを告げられた。「傷がついたアナウンサーを使える番組はない」と
も言われ、通知書には「アナウンサーには高度の清廉性が求められる」などと書かれていたという。

 笹崎さん側は「クラブで働く人は清潔さに欠けるというのは独自の偏見だ」と
批判し、内定取り消しを無効にするよう主張した。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もし、これで、裁判所が日テレの主張を認めたら、
裁判所が職業差別のお墨付きを与えたということで、
法の下の平等の精神からして、裁判所は強く批判されることとなり、
日テレの主張が認められることありえないと思う。


そてにしても、
日本テレビは、国民の財産である公共の電波を使って放送をしているが、
その公共の電波を使っている企業が、
「銀座のホステスをしていたので、清廉性に欠けて、
 内定取り消し」というあからさまな職業差別の行為行うのは
いかがなものか。
それも、法廷に持ち込まれても、その職業差別の主張を
取り下げないのは。
また、日テレの法務部も何考えているだと思う。
裁判所が職業差別的な理由を認める可能性はとても低くて、
日テレにとって、不利なのに、和解を社内で提言しなかったのだろうか。

ほかのネットの記事で、
日テレが銀座のホステスをしていたことを理由に
内定取り消しにした背景に、ホステスをしていたことが明らかになって、
スキャンダルになり、その対応のリスクを恐れたからという
ことが書かれていたが、

もし、そのような理由で内定取り消したとしたら、
「はあ、なんてみみっちい」と思う。

時々、「銀座ママが見た伸びる男と伸びない男」というようなネタがあって、
銀座ママをポジティブに取り上げたりすることもあるが、
そのようにして、銀座のホステスの経験があったことを逆手に使って、
ポジティブに売り出そうという発想は日テレにはなかったのかねと思う。

そして、また、日テレの社員さんは
銀座のクラブに行ったりしないのだろうか?

もし、日テレの社員が
銀座のクラブに行って、銀座のホステスのお世話になっていたとしたら、
自分自身が不清廉なところに行っているという自己否定になりませんかね。

また、お世話になっている銀座のホステスさんに対して、
不清廉な職業というレッテル貼りをして貶めるのは
人でなしと思う。

銀座のホステス業は不清廉だというレッテル貼りをする
日テレ社員が、銀座のクラブに来ても、

「お断りだ!」と塩をまいて拒否すればいいと思う。



このブログ内の関連記事

2014年10月29日の記事
SMバーは「汚らわしいところ」という職業差別の発言をした菊田真紀子衆院議員は即刻、国会議員を辞すべきだ

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース


XPからVistaへ・・・OSが起動できなくなって、とりあえず、ブログをPCで更新できてよかった

今日は、2014年(平成26年)11月15日 金曜日

PCのOSをXPからVistaに切り替えた。
それはやむを得ずであった。

このところ、PCの電源を起動しても
最初の画面が出てくる前に動作が止まってしまい。

その後、コンセントを抜いて、バッテリーを外して
もう一度、電源を押すと、
XPまでの表示が出てくるが、XPの立ち上がり中にも
電源が切れてしまう事態が発生していた。

また、昨日、
同様の症状が出ていたが、なんとXPの最初の画面の表示後
すぐに、青い画面に変わって、いろいろ英語の表現が出てきて、
なにやらアンチウイルスソフト等さまざ要因で
XPの起動がそこで止まってしまう事態が繰り返された。

これは、OSを再インストールするしかないと決めた。
ほとんどのファイルは数日前に
バックアップの外付けハードディスクに保存していたので、
再インストール作業にとりかかったが、
それは、XPではなく、Vistaにした。

今使っているPCは平成20年の秋に購入したが、
このPCは製造元では、もともとVistaでインストールされていたものだが、
Vistaが使いにくいとあまりにも不評のため
XPのインストールを提案されたので、XPにしたのであった。
ただ、もともとVistaでのPCであったため、
XPとVistaの再インストール用CDが付属品としてついていた。
Vistaは不評であると認識があったが、
XPの更新が終わっているため、Vistaをインストールした。

実際、Vistaを使うことになって、その使いづらさを感じた。
まず、画面移りが大きくなって、見えづらく
特に、多数のファイルを入れているフォルダで、ぱっと見て、
表示されるファイル数が少なくなってしまうので、不便だなあと感じてしまう。

まあ、とりあえず、PCを使うことができる状態になって、
PCからブログの更新ができて良かった。

ただ、Vistaの再起動はできてはいるが、
いったん、電源を落として、数時間以上、その後に電源を点けての
起動を試していないので、不安がある。

まあ、とりあえず、ブログを更新できてよかった。


テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


行方不明になった飼い主の居場所を空飛ぶ警察ヘリに知らせた愛犬?

今日は、2014年(平成26年)11月14日 金曜日

犬をかわいがって飼っているところも
多いと思うが、
その愛犬によって、倒れた飼い主が助けられることもある。

それは、愛媛県の宇和島市でのできごとであった。

平成19年(2007年)5月6日の14時ごろ
宇和島市に住む88歳の農業を営む男性が、
自宅近くのミカン山に、飼っている愛犬を連れて
自宅を出た。

しかし、夕方になっても帰宅しないことから
家族は警察に捜索願を出す。

翌日、警察はヘリコプターを出して、
空から行方不明になった88歳の男性を捜索していた。

すると、行方不明になった山から1kmほど離れた
ミカン山で、犬が走り回っている様子が
ヘリコプターから見えた。

すると、その犬が走っていく先を追跡すると
地面に横たわっている男性のそばに駆け寄っていった。
それにより、行方不明になっていた男性を発見することが
できたのである。

まるで、捜索で飛ぶヘリコプターを男性を発見できるように
犬が誘っているようにも思える光景であった。

この犬は、時々、飼い主の主人を置き去りにして、
自宅に戻ってくることもあったが、
行方不明になった夜は雨も降っていたというが、
主人に寄り添い続け、結果的に
空から捜索する警察が発見できるようにしてくれたのである。


テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術


蒸気機関車で猫がひなたぼっこ・・・神戸駅近くにある蒸気機関車は昭和19年生まれ

今日は、2014年(平成26年)11月13日 木曜日

昨日、仕事で用事があって、
JR神戸駅を出て、東に歩いていると、
そこに置かれている蒸気機関車があるのが見えた。

プレートナンバーは D511072

SL神戸駅 141112_1000~002

「でごいち」の愛称で親しまれている
蒸気機関車である。

この神戸駅近くに設置されている
この蒸気機関車は
第2次世界大戦中の
昭和19年(1944年)に、
日本車輛名古屋工場で製造され、
その後、北海道内などの
岩見沢、旭川、函館などを
約30年以上駆け巡り、
昭和51年(1976年)に引退した。

引退後の昭和53年(1978年)に、
大阪鉄道管理局長と神戸市長との間で
その蒸気機関車の無償貸与契約締結がなされ、
同年7月に、
三越百貨店神戸店前の元町西広場に保存設置された。

その時、当時の神戸市長から次のメッセージが贈られている。

昭和19年から昭和50年まで30余年の
長いあいだ活躍した君を、神戸市民は
東海道本線、山陽本線の起終点近く
相生橋跡のこの地に迎える。

 近代の鉄道史に不滅の功績を残した
君の雄姿は地域の象徴としていつまでも
神戸市民に賞賛され親しまれ続けることだろう。

昭和53年7月15日 
神戸市長 宮崎辰雄


その後、西元町広場の再整備にともない
移動することとなり、現在の位置に
平成4年(1992年)に移設された。

そのことについて、石碑で説明されていて、

元町西広場の再整備にともない
D51型蒸気機関車を、高架化以
前は線路敷であったこの場所に移
設します。

平成4年8月


とある。
このD511072の蒸気機関車は
現在地に設置された後、
錆が目立って荒れた姿になっていたようだが、
ボランティアの方が塗装作業をして
綺麗な姿になっている。

昭和19年生まれということで、
今年で70歳であるが、
その蒸気機関車を昨日見てみると、
白い猫が蒸気機関車に乗って、ゆったりと
ひなたぼっこをしていた。

SL神戸駅 141112_0959~001

蒸気機関車でゆったりする猫(赤丸

北海道の大地を駆け巡ってきて
引退後は、都会の駅近くでゆったり
余生を過ごしている
D511072の蒸気機関車、
猫にゆったりとひなたぼっこをする場を
与えている。



テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


小学校の集団登校なんて面倒くせえと思ってしまう・・・・誰よりも早く、学校に行けねえじゃねえかあ

今日は、2014年(平成26年)11月12日 水曜日

あるネットの小学生の子供の集団登校でのことで
次のような投稿があった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝の見送りをやめさせたい
(発言小町 大手小町 読売新聞 2014年11月4日 21時54分)


我が家はマンション住まい。小学校1年の息子がいます。

マンションには10人ほどの小学生がおり、一つの登校班で皆で小学校に登校しています。

この登校班の集合時間に、必ず決まったお母さんが二人、
子供たちの見送りに出てくるのです。
誰かに頼まれたというわけではないようです。
自主的に出てきて、子供たちに声掛けをし、集合時間に来ていない子は、
他の子に呼びに行くよう促します。子供たちが出発した後は、
しゃべるわけでもなく、すぐに引き上げます。

この行為がとってもプレッシャーなのです。
我が家は集合時間に間に合わないことも多く、
下で「○○君(息子の名前)が来ていないから呼びに行こうね」という声が聞こえたり、
実際呼びに来られても、焦るばかりです。

また、高学年のお母さんが出てるのに、低学年の我が家が出なくて
申し訳ないとプレッシャーを感じることもたびたびです。
ですが、我が家には下に幼児が二人もおり、朝の忙しい時間に
見送りに出るなど、とてもできません。
 
ボランティアの見送りなど、恩着せがましく、周りにもプレッシャーを
与えるだけかと思います。
何とかこの二人に朝の見送りをやめてもらういい方法はないでしょうか

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

というトピ主の投稿に対して、
読者は非難轟々の嵐であったが、
私が違和感を感じてしまったのが、
集団登校が当然という前提で、次々と回答が
なされていたことであった。

なぜ、違和感を感じてしまうかというと
私は、小学校および幼稚園の時は、
集団登校や集団登園をしていなかったからである。

集団登校しなければならないなんて、
面倒くせえなあと思ってしまう。

集団登校のメリットとして、
朝はきちんんと起床して、規則正しく生活のリズムが
できるとあるが、
私は小学生のころから家族で最も早く起床していて、
早く学校に行き、しまいには、
朝の7時前には小学校に登校して、
校舎入口のシャッターが開くのを待つということが
多くなってきた。
つまり、集団登校なんてなくても早起きができて
いたので、規則正しい朝の生活をするために
集団登校なんて私には必要なかった。

もし、集団登校なんてあったら、
朝、誰よりも早く学校にいって、
学校で過ごすということはできなかったと思う。

さて、私は小学校に入る前の幼稚園の時も
けっこう、早く家を出て、ひとりで幼稚園に向かって
歩いていた。

そのようにして、早く家を出て、
全く人通りのない通園路を歩いていると
急にお腹が痛くなってきて、がまんできずに
どこかで便を出したくなってきた。

誰もいないので、道端でしようと思った時、
同級生のお父さんが、朝の散歩をしていたのか、
私を見つけ、
「早く出てえらいねえ」と褒め言葉をかけてもらったが、
お腹が痛くて痛くてたまらず、
とにかく、道端で今すぐにでも、うんこをしたかった私にとっては
「そんなのいいから、早くどこか行ってえええええええ~」と
悲鳴が出そうな感じであった。
その同級生のお父さんの姿が見えなくなり、誰もいない道端で
やっと、うんこを出せて、腹痛から解放して、
安堵して、そして、誰もいない幼稚園にたどりついた。

さて、幼稚園では、通園時は各自、各々の通園であるが、
帰宅時は集団で帰ることになっていた。

幼稚園の時間が終わり、集団で2列に並んで、歩いていると、
「ああ、このへんだったかな、朝に、うんこをしたところは」と
思って、道の端の方を歩いていると、
何か、やわらかいものを感じた。

そう、そのやわらかいものとは、
その日の朝、自分が出したうんこであった。

誰よりも朝早く家を出る私にとっての
ひとつの事件であった。



テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


そばめしは、神戸市長田区発祥、さて、そばめし誕生の経緯は・・・冷たいご飯も温かくして食べたい、鉄板で温めよう・・・

今日は、2014年(平成26年)11月11日 火曜日

昨日、職場の近くにある神戸市役所の地下食堂で、
そばめしとおみそ汁を食べた。

そばめし 141110_1335~001

そばめしは、私の好みからすれば、
味は薄めだったかなと思ったが、
おなかはふくらんだ。
また、おみそ汁は私の好みの味にあい、
おいしかった。
この2つのセットで、390円と安い。

私がそばめしの存在を知ったのは
阪神大震災の年に、西宮市内で
お好み焼のアルバイトをしていた時、
焼きそばも作っていたが、
ある人が、焼きそばにご飯をまぜて
「そばめし」にしてと言ってきた。

へえ、そんなのあるんだ~と初めて知ったが、
実は、そばめしの発祥はそのような状況だったという。

昨日は、神戸市役所でそばめしを食べたが、
実は、神戸市がそばめしの発祥の地である。

昭和32年(1957年)、神戸市長田区で
「青森」というお好み焼屋にて、焼きそばを作っていたが
まわりは工場地帯で、昼食時に、その工場の工員が
焼きそばを食べていたのだが、その時、持参していた
お弁当のご飯も一緒に食べていた。
冷えたご飯よりも温かいご飯を食べたいと思ったので、
焼きそばを焼く温かい鉄板の上にご飯を乗せて
ご飯を温めて食べていた。
そのようなことをしていたある時、
鉄板の上にあるご飯と焼きそばを別々に食べるのは
面倒ということで、
焼きそばとご飯を一緒に混ぜて炒めて欲しいという
リクエストが出た。
それが、そばめし誕生の時だったという。

*「青森」だけがそばめし発祥の店ではなく、
その近隣界隈のお好み焼店などで
当時多発的にそばめしが誕生したのではないか
という説もある。

昭和32年にそばめしが生まれたが
神戸でも長田の発祥の地以外にはあまり広がらず、
徐々に神戸で少しずつそばめしを作る店が出てくるように
なっていたようだったが、
そばめしが脚光を浴びたのは、
平成7年(1995年)の阪神大震災の後であった。

長田区は阪神大震災で大きな被害を受けたが、
そのお好みき屋の「青森」が営業再開をする時に、
そばめしがテレビで紹介され、そばめしが普及し始めた。

その後、大手冷凍食品メーカーから
次々とそばめしが発売され、
神戸市長田区発祥のそばめしが、
全国区の食べ物になっていった。

何か新しい物が作られる時というのは、
お客さんからの「こんなのして欲しい」と
作る側が思いつかないリクエストから生まれてくるものである。

混ぜるつもりがなかったが、
たまたま、冷たいものも温めて食べたいということで、
鉄板の上に置いてみたら、
混ぜてしまえ~となったのだろう。


テーマ:発想法・編集法 - ジャンル:学問・文化・芸術


安倍内閣が、消費増税先送りのための年内衆院解散総選挙へ?・・・・消費の落ち込みは前回の消費増税よりも大きいよ

今日は、2014年(平成26年)11月10日 月曜日

昨日から、大手新聞社の報道で、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
増税先送りなら解散、年内にも総選挙…首相検討
(読売新聞 2014年11月9日 3時00分)


安倍首相が、来年10月に予定されている消費税率10%への引き上げを先送りする場合、
今国会で衆院解散・総選挙に踏み切る方向で検討していることが8日、分かった。

 17日に発表される7~9月期の国内総生産(GDP)などの経済指標を踏まえて
増税の可否を決め、解散についても最終判断する方向だ。首相は、こうした考えを
公明党幹部に伝えたとみられる。年内に解散する場合、衆院選は「12月2日公示・14日投開票」か
「9日公示・21日投開票」とする案が有力だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということで、衆議院の年内解散があるという報道があり、

また、ジャーナリストの田中稔氏の昨日のツイッターに

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自民党総裁から同党本部の選対幹部に総選挙対策を急ぐよう水面下の指示が下された、
との話し。あすから数日中に表面化か。

https://twitter.com/minorucchu/status/531313881516236800
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とつぶやかれていて、解散風が吹き始めたのかという印象を
抱かせる情報が出てきている。

その衆議院解散の理由が、消費増税の先送りだというのである。

先週の水曜日の関西テレビの夕刻のニュース
「アンカー」で、青山繁晴氏が、

安倍首相の本心は既に消費再増税延期で固まっているが、
野田政権時代の消費税の2段階増税を決めた
自民党・公明党・民主党の3党合意に基づいた
法律を変えて、増税延期をするのには
大きな政治的エネルギーがいる。
また、予算配分の権限をもつ財務官僚の力は強いと
安倍首相は青山氏に漏らしていたという。

増税延期の法案を通すための政治的エネルギーを得て、
増税推進をする財務官僚の影響を凌いで、
増税延期をするためには、国民に信を問うしかないと
考えているというのが、
青山氏が先週の水曜日でテレビで言っていたことである。

また、青山氏によると、
共産党がその安倍首相を察知して、
比例代表候補の1次公認候補を決めて、選挙にそなえた動きを
取り始め、また、NHKが年内解散総選挙に向けた
番組編成に取りかかっているというのだ。

実際に、消費増税延期のための衆議院解散総選挙を年内に
するかどうかわからない。

ただ、前回の平成9年(1997年)の消費増税時よりも
増税後の負の影響が、今回は大きいのではないかと感じさせる。

消費増税直後の
今年の4月~6月期の実質GDP成長率は、年率換算で
マイナス7.1%で、
前回増税時のマイナス3.9%よりも大きく悪化している。

前回増税時の7~9月期の実質GDP成長率の年率換算は
プラス1.7%であったが、今回はどうなるか。

はっきり言って、今回の7~9月期の消費の回復力は
前回の増税時に比べて弱そうに見えるというか、
やはり、4月~6月期の消費支出の落ち込みが、
前回の時よりもかなり大きくなっていて、
7~9月期に消費支出の回復もたいしたことがなく、
4月~6月期の消費支出の大きな落ち込みをひきずったままに
なっている。

このように個人消費が落ち込んだままでは、
設備投資も控えられるようになる。

GDPの約6割を占める個人消費が弱いままでは、
GDPの成長率は良くない数字が出そうに思う。
そうなると、報道の通りだと解散総選挙となる。

個人の所得が増えない中、消費増税はすべきではないと思う。
よく財政赤字が大変で、政府の債務は1000兆円を超えて大変だと言うが、
政府が保有する金融資産を差し引いた純債務となると600兆円となる。

また、長期金利が歴史的に低い状態が続き、政府債務の利払い額は
減少する傾向が続いている。

かねがね、当ブログでは、
工業設備の推定の実稼働率が70%台後半という生産設備の過剰な
状態に日本において、政府債務増加によるハイパーインフレは考えらない
状態であり、私は日本は財政危機でないと考えており、
消費増税は現在不要だと考えている。



テーマ:消費税 - ジャンル:政治・経済


ケニア、のどじまん大会で、現地の若い女性が五輪真弓の「恋人よ」を歌っていた・・・日本語を理解してくれる人が広がるは嬉しきこと

今日は、2014年(平成26年)11月 9日 日曜日

昨日、NHKのニュースおはよう日本で、
アフリカのケニアで歌で広がる日本文化の特集をしていた。

ケニアでは、日本のアニメなどの日本文化が広がった結果、
3年間で日本語を学ぶ人が1.7倍になったという。

そこで、日本大使館が主催して、日本の曲を歌う
のどじまん大会を現地で開催した。

ケニアの若い女性たちが出場して、
日本のアニメをきっかけに
J-P0Pに興味を持ったあるグループは、
宇多田ヒカルの「光」を歌い、特別賞に選ばれた。

別のケニア人女性は、日本の歌謡曲に興味を持ち
1980年に発表された
五輪真弓の「恋人よ」を歌っていた。

おお~、渋い曲を選ぶなあと思った。

それにしても30年以上前に日本で大ヒットした曲が
アフリカ大陸で現地の方に気にいられて
それも日本語で歌われることに
なんだか嬉しい気分になる。

アニメや音楽を通じて、日本語を理解できる人が
海外に少しでも広がることは
日本の思想や文化を理解してもらえる可能性が
広がるので、良きことだと思う。


このブログ内の関連記事

2007年10月19日の記事
日本語が世界の標準語となる日 ~ 表意文字と表音文字を持つ日本語が、中国の台頭とIT化で、世界の公用語になる?

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース


だんまりを決め込む、その語源は、歌舞伎にあり

話しかけても全く話してくれず、黙りこんでしまう様子を
「だんまりを決め込む」と言ったりする。

さて、その「だんまりを決め込む」という意味について、

「国語辞書 - goo辞書」で調べてみると、次のような説明がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3 歌舞伎の演出で、暗やみの中で、登場人物が無言で探り合うようすを
様式化したもの。また、その場面。暗闘。暗挑。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そう、この「だんまりを決め込む」という表現は
もともと歌舞伎に由来するものである。

歌舞伎の暗闇の中で、無言で探り合ったり、奪い合ったりする様子を
「だんまり」と言い、漢字で表記すれば「暗闘」と書く。

その「だんまり」が転じて、「黙り」に変化して、
まったく話さず黙秘を貫く様子を「だんまりを決め込む」と表現するようになった。

「だんまりを決め込む」という表現が、男女の中で、
お互いに意見が合わず衝突して、その後、男性の方が
だんまりを決め込んでしまうという相談をネット上でみかけるが、
もともとの漢字表記の「暗闘」に「闘い(たたかい)」という表現が
あり、「だんまりを決め込む」というのは、
ある意味「闘い」をしていると言えるかもしれない。


このブログ内の関連記事

○演劇舞台に由来する語源

まさに、「大どんでん返し!」~歌舞伎から生まれた言葉

台詞(せりふ)の語源は?・・・・役者さんが互いに競って言葉を出し合っているねえ

舞台興行の収支は「トントン」ですなあ

なあなあ・・・・・・・・・歌舞伎のある場面に由来する言葉

二の舞 ~ 雅楽の舞から生まれた言葉

檜舞台に立つ ~ 最高級の舞台で演じることができれた一流だ

テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


昨日のNHKのクローズアップ現代で、ウクライナ危機をロシアの視点から番組が構成されていて良かったと思う

今日は、2014年(平成26年)11月 7日 金曜日

昨日のNHKのクローズアップ現代で、
「ベルリンの壁崩壊から25年②
 “新たな冷戦”は避けられるか」

で、欧米とロシアの対立がウクライナ問題で
深まっていることを受けての特集をしていて、
特に、ロシアがなぜアメリカに反発しているのか
その視点で、番組が構成されていた。

ベルリンの壁崩壊後の
東西ドイツ統一で、NATO(北大西洋条約機構)を
東欧に拡大させないという
アメリカがロシアに約束したことを反故にした。
そのことにロシアが反発を
抱いていることがあげられていた。

NATOは、東西冷戦で
旧ソ連に対抗するための軍事同盟であるが、
この25年の間で、NATOが東欧に広がり、
ロシアにとっては脅威に感じていて、
そのNATOがロシアの隣国のウクライナまで拡大しそうに
なれば、国家の安全保障上の危機として、
強く動いたということになる。


昨日の番組では、
2004年のウクライナの大統領選挙でのオレンジ革命で
親欧米派の大統領が就任し、
その時に、その大統領を支援のため活動した青年が
インタビューに登場した。
彼は結局、それが裏でアメリカの特務任務を受けた者たちが暗躍していて、
かつ、別にウクライナ国民が本当に良くなることを考えて
動いていないことに幻滅したことを語っていた。

ロシア政府は、アメリカの一極支配が強まり、
そのアメリカが世界各地の政変に介入して、
混乱を招いていると批判している。

私は、そのロシアの主張はその通りだと感じる。

ウクライナ危機の原因のひとつは
アメリカがNATOなどの勢力圏をウクライナまでに
拡大させようとしたことにもある。

日本の報道を見ると、ウクライナ問題をめぐり、
アメリカ発の情報に影響されているのか、
ロシア批判の論調が強いが、
昨日のクローズアップ現代は、
ロシアの視点にほとんど時間を割き、
ベルリンの壁崩壊から25年経ち、
ウクライナ危機で、欧米とロシアとの対立が深まり
新たな冷戦が懸念される背景を
ロシアの視点から伝えたことはとても
良かったと思う。




テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済


米中間選挙、オバマ民主党敗北・・・共和党政権時代のイラク政策の失政の尻拭いをしていたオバマ大統領を共和党が批判して勝利

今日は、2014年(平成26年)11月 6日 木曜日

アメリカ連邦議会の中間選挙で、
オバマ大統領の民主党が上下両院で敗北し、
両院とも民主党が過半数を割り、対する共和党が
過半数を制した。

今回の選挙で、共和党は
シリアとイラクで勢力を拡大する「イスラム国」への
対応をめぐり、オバマ大統領の対応を弱腰で対応が遅れたと
批判した。
そのような批判がオバマ民主党の敗北のひとつの要因に
なったと言われたりするが、
ただ、そのオバマ大統領の対イスラム国政策を批判する
共和党もなんだかなあと思ったりする。

イスラム国の台頭は、共和党政権の時にブッシュ大統領が
強引にイラク戦争を引き起こして、フセイン独裁政権を倒したが、
ただ、イラク国内は混乱しただけで、
フセイン大統領よりもよりもっと残酷なことをする
イスラム国の台頭を招いたのである。

ある意味、オバマ大統領は、
共和党政権の対イラク政策の失政の尻拭いをしてしようたが、
うまくいかないのだ。
はっきり言って、イスラム国の対応は共和党政権になっても
困難だろう。地上軍を投入して一時的にイスラム国を抑えても、
莫大な戦費と駐留費がかかるため、攻め込んでも撤退せざるえず、
また、混乱を招くだけのように思える。

イラク戦争で中東の混乱のパンドラの箱を開けてしまって、
もうどうしようもない状態になっているようにも感じる。

イスラム国台頭のきっかけを作ってしまった共和党が
オバマ大統領の対イスラム国政策を批判だけするのは
「はあ、お前が言うな」と思ってしまう。


テーマ:国際政治 - ジャンル:政治・経済


ヒトの体内にある血管を全部つなげるとどれだけの距離になる?・・・ジャンボジェット機で約4日かかる距離

このブログで、
血液が体内をひと循環するのにどのくらいの時間がかかっているのか?で、

ヒトの体内を血液は1分ぐらいで循環して、早くて23秒の時があると書いたが、
さて、そのような速さで体内を血液が循環するが、
血が流れる血管の距離はどのくらいあるのだろうか?

血管には、動脈・静脈・毛細血管などのの血管がある。
そのうち毛細血管は、太さは0.006ミリで、
毛細血管の1本の長さは、0.5ミリから1ミリであるが、
そのように1本としては短い毛細血管を体内のある全てを
つなげると、なんと10万kmになるという。
地球の赤道の円周は約4万kmであるが、
体内の毛細血管全てを合計した長さは
赤道上の地球2周半になるのである。
時速1000kmのジャンボジェット機で100時間かかる
距離である。

さて、0.5ミリから1ミリの毛細血管の全距離が
10万kmということは、
10万km=1000億ミリメートルということで、
体内に毛細血管が1000億本以上あるということである。

1000億本ある毛細血管のある体内を血液が
約1分で駆け巡って循環しているのである。



テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術


たまたまドラマ「相棒」の再放送を見て、脳内にたくさんの記憶が引き出されることなく貯蔵されていることを認識する

今日は、2014年(平成26年)11月 4日 火曜日

昨日は休日で、16時からABCテレビで
「相棒season11」が放送されていたのを見た。

捜査一課の伊丹が合コンに参加したところ、
山根みちるからの誘いを受け一緒に飲んだところ、
翌日、「デイリー東和」という夕刊紙に岸倉治美議員
の秘書の田所千枝子が不審死した事件の
マスコミが知るはずはない捜査情報が掲載された。

山根みちるはデイリー東和の系列の東和新聞の
記者であった。

真相は、田所千枝子が現職の外務大臣の
葉村比呂臣を打算で近づいたが本気で恋してしまい、
彼と無理心中しようとしたが、
葉村は彼女が自殺するのをわかりながら去ってしまう。
また、その日はある外交問題で重大な問題が発生していた日であった。
そのような時に、私用で女性と会っていたとすれば問題であった。
その真相について、山根みちるは知ってはいたが、
そして、みちるは情報操作の記事を出してまで
そのことを隠ぺいしようとしていた。

右京はそれこそ新聞記者として報道すべきことではないかと
みちるに問う。

葉村は将来の日本にとって必要な政治家で、
そのようなスキャンダルで葉村をダメにしてはいけないと
みちるは考えそのことを報道しないでいた。

そのような考えのみちるに対して、
右京は葉村は国のリーダーになるべきではないと言う。
目の前に自殺をしようとしている人間を放置して
去っていったことは政治家以前に人としての資質が問われる
とみちるに問う。

それでも、みちるは考えを変えない。

右京は、一連のできごとの報告書を
警視庁の監察官の大河内に渡し、その扱いをどうするか
大河内に委ねる。

大河内はその内容をみちるがいる東和新聞以外の
新聞社にリークして、各社は真相を公開した。
つまり、みちるの東和新聞は特落ちとなり、
はみごにされた。

私は、番組の最後に近いこのシーンを見て、
あれ!一度見たことがあると、
最後に近づいてやっと思いだしたのだ。

この回が放送されたのは
昨年(平成25年)1月16日(水曜日)である。

私はこのころは
失業中で、かつ、翌月に控えた引越しの準備をしていた
ころであったが、
その時の1月16日に番組が放送されていたころ
ブログの記事で翌日の阪神大震災の記念日にちなんだ
記事を書いている途中で、番組放送時間に
それに関する画像ファイルの保存がなされているので、
それを書きながら相棒を見ていたので、
番組初めから途中のころまでの記憶が曖昧だったのか、
それもとも報道ステーションが始まる5分ぐらい前に
テレビをつけてたまたま相棒の最後の方を見ていただけ
だったかもしれない。それで、最後の方の部分の記憶が
残っていただけだったかもしれない。

昨年の1月16日に見たその内容はすぐに
忘れてしまって、全く思いだすことはなかったのだが、
それから656日後の昨日に、同じ内容を見て、
脳内の海馬の片隅に残っていた記憶が引きずり
出された感じである。

何かのきっかけに記憶が蘇ることに
脳内の記憶というのはたくさんあるが、
ただ、それが引き出されることなく貯蔵された
ままなっているのだなあと思った。

ここからあらためて、記憶力を高めるには
何度も思いだしておいて、すぐに引き出せるように
していくことの重要性を思うのである。



テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


保育園の迷惑施設化にみるファシズム・全体主義の萌芽・・・子供の声がうるさいというのは共同体の空洞化によるもので、かつて、共同体の空洞化がファシズム・全体主義の要因となった。

今日は、2014年(平成26年)11月 3日 月曜日


当ブログの先日の記事で
大都市での保育園の迷惑施設化・・・そもそも大都市に人口集中し過ぎ、もし子育てするなら大都市よりも田舎の方が良さそうにも思える

大都市で保育園の子供の声がうるさいという苦情が
多くなり、園児らが遊びが制限されていたりしている場合もある。

さて、それと同じようなニュースがあった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
浜松の生活環境苦情 絆薄れ増える  
(中日新聞 2014年11月2日)


◆運動会の声も許せず
 トルルルル…。浜松市環境保全課の電話が鳴る。
「運動会の子どもの声がうるさい。やめさせろ」。
担当者は「子どもの声を騒音というのはちょっと…。
運動会は一時的なものですし、ご勘弁を」と、苦しそうに言い返した。

 担当者は吐露する。「こういう電話は最近、多い。
特に、秋は野焼きや運動会シーズンで、騒音や悪臭の苦情はひっきりなしです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とある。
保育園や小学校など子供にまつわる施設が騒音の苦情となる現象が
目立つようになってきているが、
そのことと今回のブログ記事のタイトルの
「保育園の迷惑施設化にみるファシズム・全体主義の萌芽」
というふうにつけたが、
さて、その保育園の子供の声が騒音として苦情が増えていることが
どうして、かつてのナチスドイツのような
ファシズム・全体主義の萌芽と考えるのか。
別にファシズム・全体主義に日本が陥るということではないが、
そのリスクがあるということであるが、
そう思うひとつのキーワードして、引用した中日新聞の記事タイトルある
「絆薄れ」という言葉である。

もし、自分の子供、また、自分の子供でなくても
馴染みのある近所の方の子供という地域社会とのつながりを
感じている人であれば、保育園の園児の子供が大きくても
運動会の音が大きくても、うるさい、騒音であるとは感じる度合いは
低くなる。
しかし、全く自分とは無関係の人のことがやっていると感じると
それがうるさくてたまらない騒音と感じる。

このことが示すのは、
地域共同体が空洞化して、その絆が薄れているということである。
そして、地域共同体が空洞化がファシズム・全体主義のひとつの
要因になると分析したのがドイツのフランクフルト学派である。

そのフランクフルト学派のひとりである
エーリッヒ・フロムは、彼の著書「自由からの逃走」で
共同体などから集団から解放された個人が、
どうして、ヒトラーのファシズム政権を支持するようになったかを
分析している。

ヒトラー率いるナチスは選挙で議会第1党となり、民主的な手続きで
政権を獲得し、その後、議会で全権委任法が可決し、
ヒトラーの独裁が法的に確定した。

さて、そのヒトラー政権を支持したのは
小さな商店主、職人、ホワイトカラー労働者などの
下層中産階級である。
そして、彼らがヒトラーを支持した理由は
個人の自由が拡大した結果、集団から解き放たれた故に
それがもたらす孤立と不安にあったとフロムは分析している。

近代社会は、個人の自由を拡大させてきたが、
その結果、
宗教や伝統的な道徳の衰弱、家父長的な家族制度の解体と
いった自由への動きは結果的に
様々な集団の中で、下層中産階級は
安全感と自己満足的な誇りを獲得していたが、
その集団が個人の自由が拡大されていくなかで、
地域共同体などの集団が解体されていくと、
彼らは孤立と不安を感じていた。
さらに、1920年代から30年代初頭にかけて、
ドイツではハイパーインフレと世界大恐慌で経済が悪化し、
それにより中間層から没落した下層中間層が増えた。

一方で、国民が経済苦境に陥ってるなか、
ドイツ議会は民主的な政治の理想として
完全比例代表制の多党分裂で、政治的決定がなかなかできあい。

そのような下層中産階級が、政治に不満を抱く中、
ヒトラーが民主主義とは無責任な政治であり、
独裁によってドイツ民族を復興に導くと訴えて、
そのヒトラーの主張に、下層中産階級が賛同し、
ナチスの政権獲得につながった。

集団から切り離され、かつ、経済的苦境に追いやられた
孤立と不安を感じた下層中産階級の方々は、
民族という大きなかたまりに一体化を感じる
断固・決然としたヒトラーの主張に魅力を感じたのであった。
また、ドイツ民族の復興を妨げる敵として
ユダヤ人をターゲットにした。

それが、1930年代のドイツのヒトラー政権誕生の
社会的背景の分析であったが、
現在の日本において、
バブル崩壊後の経済不振とグローバル化による産業の空洞化で
中間所得階級が没落し、また、地域共同体が
空洞化するなかで、日本においても
ファシズム・全体主義政権が誕生する可能性があるということである。

実際に、そうはならなくても、そうなる可能性がありえることを
思ったのが、平成17年(2005年)の小泉郵政民営化総選挙である。

はっきり言って、郵政民営化なんて、日本経済の復興に大きく
関わるようなことでもなく、総選挙のメインテーマになるような
ことでもなかったが、
このころには、日本はバブル崩壊後の経済不振と
グローバル化による産業の空洞化で
中間所得階級が没落し、また、地域共同体が空洞化するしていて、
なかなか生活が改善されないなか、
抵抗勢力という敵を作って断固・決然と郵政民営化を主張する
小泉総理の自民党を国民が支持し、かつ、小選挙区制の特徴もあいまって
自民党が圧勝をした。

まるで、抵抗勢力を敵としたことは、
ヒトラーがユダヤ人を敵としたことと重なったりもした。
1930年代のドイツにおいて、
集団から切り離され経済的に没落した下層中間層が
ヒトラーの断固・決然とした主張と実行力に歓呼したごとく
平成17年の日本において、
なかなか経済的によくならなず、地域共同体や会社共同体から
切り離された方々が、小泉総理の断固・決然とした姿勢に歓呼した
ように思えた。

もし、ヒトラーのようなファシズムの指導者が現れた時に
日本でも選挙によって、ファシズム政権が誕生する可能性は
全くゼロとは言い切れないのと思う。

そのようなことを、地域共同体の絆が薄れた現象として表面化している
保育園の迷惑施設化から思うのである。


テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術


言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ブログ開設9周年・・・9年間、毎日書き続けてきた。所属企業変わろうとも「楽習社」の人間として書き続けて行きたい

今日は、2014年(平成26年)11月 2日 日曜日

本日で、このブログを書き始めて、9周年になる。
9年間、毎日欠かさず、何かの記事を書き続けてきた。

昨年のブログ開設記念日の11月2日は、
入院中であったため、病床で携帯電話から書き込んで、
短めのコメントで済ましたが、
今回は、お陰様で健康で過ごしていることができて、
自宅でPCからの書き込みである。

語源について書いたり、ちょっと雑学なこと、
少し深く考えたいこと、その時々の時事ネタなど
いろいろ書き続けていて、いろいろ知っていくことも
増えた。

ブログのタイトルの中にある
楽習社(がくしゅうしゃ)というのは、
私の脳内にある架空の企業である。
それは、
現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、
古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたい。

という思いから考えたものである。

実際、このブログを書いている間、
所属企業は3回変わった。その3回というのは
この2年余りの間のことである。

実際、現在は、
昨年の11月2日とは違う企業に所属している。

所属企業が変わっても、
このブログは毎日書き続けてきた。
もし、1年後のこの日まで、書き続けることができたなら
10年間、毎日となる。
少なくとも、あと1年は毎日連続を続けたいと思う。
その達成に向かって、今の不安材料が、
今使っているいるPCがいつ動かなくなるかということである。
薄給の私には、買い換えの安い中古PCも買うことが難しいので、
あと1年は、今のPCに頑張ってほしいなあと思っている。


このブログ内の関連記事

言霊 ブログ開設1周年で思うこと ~ 言葉は人生を潤す

言霊 ブログ開設2周年 ~ 世界秩序の変動で日本語の重要性が高まるだろう、情報洪水の中、物語を感じ取るには言葉の力は重要である

言霊 ブログ開設3周年 ~ 歴史の目撃者として現代を記録し、哲学的に本質的なことを探究する欲求が高まりそうだ

言霊 ブログ開設4周年 ~ とにかく、何でもいいから毎日書き続けていたら、誰かの知識吸収のお役に立てて嬉しく思う

言霊 ブログ開設5周年・・・言葉は、時空を超えて言霊を伝え続ける

言霊 ブログ開設6周年・・・時事ネタ記事が多くなり、語源記事の増加は小さくなったが、過去の語源記事に拍手をもらうと嬉しく思う

言霊 ブログ開設7周年・・・この1年、時事ネタ記事の書く回数は減ったが、昨年の3・11を受けての時事問題については書き続けているなあ。

ブログを初めて8周年を病床で迎え 

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術


アメダス運用開始40周年・・・昭和49年(1974年)11月1日、気象庁がアメダス(地域気象観測システム)の運用を開始

今日は、2014年(平成26年)11月 1日 土曜日

テレビで天気コーナーで、
ここ1時間の各地の降水量でアメダスが
表示されたりする。

そのアメダスが運用され始めて、今日で40周年になる。
気象庁が、アメダスの運用を始めたのが、、
昭和49年(1974年)11月1日(金曜日)である。

さて、そのアメダスという名称については、
当ブログの記事
アメダスは、「雨出す」ではないです。
で次のように説明した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アメダスだが、雨量のことを表示するので
「雨出す」と思っている人もいるかもしれないのだが
アメダスは、日本語でいうと「地域気象観測システム」のこと。
英語では

utomated
Meteorological
ata
cquisition
ystem

直訳すると 自動・気象・データ・獲得・システムで、 その
英語の頭文字とって並べると
「雨ダス」とぴったり語呂があってしまった。
当時の気象庁の担当の人は東北出身だったようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということで、自動的に気象データを収集するシステムである。

どうして、自動的に各地の気象データを収集しようとなったのか。

1960年代、各地の気象観測所では、人力で、
観測が行われていたが、そうすると、報告時間に差が出たり、
誤差が出たりして、速度と正確性に限界があった。

そこで、観測を機械化させて、自動的に気象データを観測する
システムを構築して、1974年11月1日から
アメダスの運用が開始された。

現在、
降水量を観測する地点は約1300カ所、
さらに、そのうち
21km間隔で、降水量以外に
風向・風速、気温、日照時間を観測する地点が約840カ所
また、雪が多いところの約310カ所では、積雪の深さを観測している。

amedas.jpg

画像は、金沢地方気象台の地域気象観測(アメダス)のページより



テーマ:今日は何の日? - ジャンル:ニュース