言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



病院の売店で、懐かしい飴を買って

今日で、入院と手術から10日目。入院している病棟は、本館の7階であるが、そこから本館1階までエレベーターで降りて、そこからさらに、50メートルぐらい渡り廊下で2号棟の1階エレベーターに乗り、2号棟地下1階の売店に買い物に行く。そこには、純露やカンロ飴などなつかしい甘くておいしい飴が売られていて、思わず買ってしまい、ベッドの上でおいしくなめまくって、袋を空にした。
スポンサーサイト

入院中、看護婦さんとの会話に花咲かす

今日で、入院と手術から9日目。入院の日日、お世話になっている看護婦さんといろいろ会話するようになる。ある若い看護婦2年目の方に、看護婦になろうとした動機を聴いたら、彼女が高校生の時の進路選択で、ちいさい子供が好きで保育士になろうと考えたが、まわりの方々から「保育士は生活が不安定」と強く反対され「看護師の方が収入はあって、看護師になったらいつでも保育士になれる」と言われて、看護婦さんになったという。彼女は、看護婦はあってないなあと言うが、患者さんへの接し方に温かみが親切である。また、昨日、もう一人のある看護婦さんとふとした会話から、32歳くらいかなと思っていた看護婦さんが、実は、私と同じく昭和48年生まれの40歳と知って驚いた!その看護婦さんとは、ジェネレーションギャップネタで、話しの花を咲かせた。入院の日日、看護婦さんとの会話に花咲かすのは楽しいひとときである。

県立西宮病院の入院中食事はめっちゃうまい!

今日で、入院と手術から8日目。県立西宮病院の患者用食事はめっちゃうまい!かつて、そこに入院された方から、食事は美味しいと聞いていたが、まさにその通りである。私の食事は、盲腸で整腸中ということもあって、ご飯はお粥で、食べる量は半分に抑えている。食事で、出てくるおかずには、肉じゃがスープ、かぼちゃの煮物、魚の煮物、この魚の煮物は本当においしい。昨日の昼には、ホタテの貝柱が20個くらいあって、これまたおいしかった!入院中の食事の方が、普段の食事よりも健康的かつおいしい食事をしている。

手術後、腹部についていたチューブも外されて

今日で、入院と手術から7日目。昨日までに、腹部についていたチューブは外され、点滴もしない時間も多くなり、身軽になってきた。そして、昨日は入院後初めて、シャワーを浴びることができて、さっぱりできた。また、昼には、デイルームで、量子化学の化学結合に関する電子軌道についてのペーパーにじっくり目を通した。だんだんと身体は復調にむかっている。

入院中のテレビとポケットラジオ

入院、手術から今日で6日目。          患者各位のベッドにはテレビがあるが、それは1枚1000円のカードを買って視聴する有料テレビである。昨日初めてそれを利用してNHKスベシャルのシリーズ東日本大震災として、福島原発事故の帰還可能地域と帰還困難地域での方々の各々の困難を特集していた。それが入院後、有料テレビで見た番組である。 入院中はボケットラジオをよく聴いている。今朝8時過ぎからは、毎週聴いているNHKラジオの「耳で聴く短編小説ラジオ文藝館」を耳にした。今回はアンコールで、戸板康二作のグリーン車の子供という作品であった。番組冒頭のあらすじの紹介で、聞き覚えのある内容だった。ベッドに横たわりながら聴いた。結末はどうなるか覚えていたが、途中の詳細を、もう一度聴くことで、きちんと記憶することができた。途中、少し大事なシーンで、お医者さんが話しかけてこられたので、聴きそびれてしまった。         このように、入院生活でも、ポケットラジオは私の時間潰しに役立てっている。

入院後、トイレに引きこもりも、それは、正常化へのワンステップ

今日で、入院と手術をしてから5日目。昨日は正午ごろまで、1時間に1回か2回、液体の大便を出すような状態で、まるで、トイレに引きこもり生活をしているようであったが、それはお医者さん曰く、悪性盲腸による腹膜炎で、機能がマヒした腸が、手術後、機能回復する過程で生じる現象で、想定内のことだという。少しずつ、腸が、正常化しているのだなあと思った。

歩けるようになった。美人看護婦さんのパワー

今日で、入院と手術から4日目である。昨日、手術後初めて歩行訓練をした。まあ、その時、付き添ってくれた看護婦さんが、美人でかわいい、愛嬌のある女性で、「一緒に、頑張りましょう」と、楽しく歩行訓練できて、昨日の昼には、人手を借りずに、トイレ等歩けるようになった。最初の歩行訓練で、美人看護婦さんの励ましで、モチベーションがあがった!それは、まさに美人看護婦さんのパワーの賜物であった。

当たり前のすごさ

入院生活が、続くが、トイレに行くにも、人手を借りたりする。そう思うと、日常の当たり前がなんてすばらしいことかと思う

入院、初めての手術

昨日、県立西宮病院に、救急車で搬送され、緊急入院、緊急手術を受けた。腹膜炎、悪性盲腸で、3時間の手術はお陰様で成功した。2週間程入院の予定。

体調不良改善せず

今日は、2013年(平成25年) 7月 22日 月曜日 

体調不良改善せず、
腹部の痛みが残ったまま。
お医者さんにもてもらおうと。

テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


体調不良になると、健康で元気でいられることのありがたみを感じる

今日は、2013年(平成25年) 7月 21日 日曜日 

体調不良になると、健康で元気でいられることの
ありがたみを感じる。

昨日の早朝から腹部が痛みが強くて、
現在も残ったままである。

昨日は横になっていたが、
一旦起き上がると、立ち眩みがするような
感じになった。

夏の暑さもあってか、
横になっているだけでも
体力を消耗すると感じた。

体調が良くないと
何もしようという気力がわかない。

元気があれば何でもできるという表現が
よくわかるのである。

テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


参議院議員通常選挙の期日前投票に行ってきた 投票基準は、消費税、憲法、TPP

今日は、2013年(平成25年) 7月 20日 土曜日 

昨日、西宮市のアクタ西宮で
参議院議員通常選挙の期日前投票に行ってきた。
また、兵庫県知事選挙の投票も行った。

いろいろ考えてというかほぼ投票する政党などは
決めていた。
ちなみに自民党・公明党・民主党・みんなの党・維新の会以外の
政党に入れた。
判断材料として、マクロ経済政策、消費税、憲法、TPPが
基準となった。

マクロ経済政策で言えば、生産力とカネがあり余っている
日本は、財政危機ではなく、国債発行あるいは政府の借金にならない
政府紙幣の活用で、どんどん財政出動すべきと考えていて、
ましては、増税なんてとんでもないと思っている。

2009年の総選挙で、消費増税しないという国民との公約を
守り抜こうとして、逆に、与党の少数派に追いやられて分党
さざるえなくなったところに入れた。当時の与党主流派の
増税路線に抵抗して、国民との約束を守るという筋を通したために
冷や飯を食わされるという理不尽にもめげず
少数政党として頑張っているところは応援したくなる。

消費税増税ついでにマスコミ、特に大手新聞社に対して
何考えてんねん!ということ思い出した。
散々、消費増税は必要だと国民世論を煽って、
増税法案成立したら、新聞は国民にとって必要なものだから
新聞は消費増税するなという
これまた、自分勝手なこと言いやがって!!
ほんまに腹立つわ!!
消費増税で大不況になって、失業したり
首吊ったりする人が増えたらどう思うんやと思う。
そう言えば、戦前のマスコミは戦争煽って、
多くの日本国民死なせてしまったことあったなあ。
それにしても野田政権の時の消費増税の時
増税という公約違反をお勧めするマスコミは
民主主義というものをどう考えてんねんと思ったわ。

この話はこれくらいにして、
憲法に関して、抑止力としての自衛権をはっきり
させることは必要だが、
なんか、憲法は国民が政府の義務を課す、権力に足枷をはめるという
近代国家の基本原理をわかってない憲法草案を出す政党には
絶対入れたくないと思った。

TPPは単なる関税の問題ではなく
日本の社会経済システムを変えることになってくる
それが本当に多くの日本国民にとって
利益をもたらすのかどうか疑問に思っている。

まあ、そんなこと考えて、投票してきた。
でも、私が入れた候補者は落選するんだろうなあ。

このブログ内の関連記事

日本の立ち位置について・・・米中2大国の緊密化が進む中で、中国にはない日本の強みは基本的人権の尊重、ただ、自民党の憲法改正案を見ると、心許ないなあ・・・


お気に召したらクリックして下さい
人気サイトランキングへ

テーマ:2013参議院選挙 - ジャンル:政治・経済


日本の職人の世界的に見たレベルの高さ・・・欧州の建築家に日本での仕事が最高の仕事だったと思わせてしまうもの

今日は、2013年(平成25年) 7月 19日 金曜日 

先日、NHKラジオの「すっぴん」という番組のゲストに
建築家の隈研吾氏が出演していた。
隈研吾氏は、東京銀座の新・歌舞伎座を設計した建築家である。
その隈研吾氏が、建築現場の日本の職人の世界的に見て
レベルの高さのすごさを語っていた。

欧州などで、隈研吾氏が設計した建築物を
現地の職人に作ってもらおうとすると
日本の職人が当たり前のようにやっていてくれている
ことをしてもらえないようなことがあり、
その時、いかに日本の職人が世界的に見てレベルの高い
職人であるのかということを認識したという。

また、海外の建築家が設計した建築物を日本で
作った場合、
彼らは口を揃えるが如く
「あの時が、俺のピークだった」と
あまりにも日本の職人が良く作ってくれるので
そう感じてしまうそうだ。

それも、日本の職人達は、その質の高い仕事を
低価格でやってくれるというのだ。

それを聞いて、
日本で日々、我々が暮らしている中で、
当たり前にサービスしてもらっていることで
実は世界的に見て、とても素晴らしいサービスを
受けていることがあるかもしれないと思ったりする。

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術


2000年の太古の眠りから蓮の花が咲いた日・・・1952年7月18日、2000年前の地中から発見された蓮の実から花が咲いた

今日は、2013年(平成25年) 7月 18日 木曜日 

今から61年前の今日の
1952年(昭和27年)の7月18日(金曜日)
2000年の太古の眠りから
目覚めたある蓮(はす)の花が開花した日である。

千葉県にあった東京大学検見川農場では、その泥炭地地中に
1947年(昭和22年)に縄文時代の丸木舟が
発見されたが、その発掘物の中に、
植物学者でハスの権威者でもある大賀一郎博士は
蓮の果托があることを知り、

1952年の前年の1951年(昭和26年)3月に
大賀博士は
地元の小・中学生や一般市民などのボランティアに
協力してもらいながら、地中深くに
太古の蓮の実がないか発掘した。
なかなか実はみつからなかったが、発掘作業日期限の前日に
ある女子中学生が、地中6mのところに蓮の実をみつけ
発掘作業を延期して、合計3粒の蓮の実を見つけた。

大賀博士は5月から自宅で3粒のハスの実の発芽育成を
試みたが、2粒は失敗したが、3月30日に発見された実は
発芽に成功して、それを
千葉県農事試験場・千葉公園・畑町(はたまち)の
伊原茂氏宅に分根して成長させたところ
1952年(昭和27年)の7月18日(金曜日)の早朝
最初に美事な淡紅色の花を咲かせた。

そのことは日本だけでなく世界に伝えられ、
アメリカのライフ誌に「世界最古の花・生命の復活」と
掲載された。

その蓮の実は、年代分析の結果
約2000年前の弥生時代のものであることがわかった。

ハスの実は皮が厚く, 長期間保存しても発芽能力を
保持することができるので、2000年の太古の眠りから
目覚めることができたのだ。

その2000年の太古の眠りから目覚めた蓮は
大賀博士に由来して、「大賀ハス」と名づけられた。

大賀ハス kemigawa

画像は 千葉市の文化財 検見川の大賀蓮より

大賀ハスは、それ以降
毎年6月中旬から7月半ば頃まできれいに
咲き誇っている。

このブログ内の関連記事

7月18日の出来事
1953年7月18日 ~ 和歌山県地方を襲った大水害の日

テーマ:今日は何の日? - ジャンル:ニュース


水分貯蔵庫としての筋肉・・・高齢者と熱中症の関係

夏の暑い日、熱中症のニュースを耳にする。
特に高齢の方の発症を耳にするが、
その背景に筋力の低下がある。

実は、筋肉の80%近くが水分で、
筋肉は水分貯蔵庫である。

年齢が高くになるにつれ、運動量が落ちると
それとともに筋肉が減り、それにともない
体内の水分量が減ってくる。

それで、高齢の方が暑い時に脱水症、
そして、熱中症に若い人より発症しやすく
なってしまうのである。

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術


わが故郷和歌山県御坊市と福島原発事故・・・あの原発事故が他人事には思えなかった理由

今日は、2013年(平成25年) 7月 16日 火曜日 

先日、故郷の和歌山県御坊市に帰省した時、
ふと、東京電力福島原子力発電所事故のことを思い出し、
あの福島原発事故は自分にとって他人事ではなかったと
改めて思った。

まあ、私は以前の職業で、
原発におけるヒューマンエラー防止活動に関する調査に
関わってきた。
そして、前職の企業の顧客が電力会社であったが、
福島原発事故の影響で、受注が激減して、私は退職せざるえなくなり
失業してしまった。

そのような意味で、あの事故は他人事ではなかったが、
故郷が和歌山県御坊市であることも
あの福島原発事故が他人事ととは思えなかった
ひとつの理由である。

かつて、和歌山県御坊市の隣町の日高町で
原発建設計画が持ち上がり、町を二分する事態となった。
最終的に、地元の漁協の原発建設反対派の意向が強く
また、チェルノブイリ原発事故の影響で
地元の原発反対の意見が高まったこともあり
結局、日高町における原発建設は白紙になった。

もし、福島原発事故後、
その日高町に原発ができていて、
その後、南海トラフの巨大地震で想定外の大津波が
襲ったらどうなっていただろうと思った。

日高町に原発が稼働し始めて、
東日本大震災がなかったとして、
南海トラフの巨大地震で想定外の大津波が襲って、
地震と津波で電源喪失になってメルトダウンが
発生して、大量の放射性物質がばら撒かれていたら
わが故郷の御坊は、もう住めないまちになっていたかも
しれないと想像した。

御坊は、南海トラフ地震で17mの津波が想定されているが、
大津波で一度、まちが破壊されても、再建はできるが
放射性物質が大量にまかれて、人が住めない土地になってしまえば
再建はできなくなってしまう。

福島原発事故は、津波がなくても、地震の揺れだけでも
冷却機能喪失があったのではないかと見られてもいるが、
南海トラフ地震の震源域は、陸地にも及んでいて
日高原発の予定地も激しい地震の揺れが起きて
地震の揺れだけでも冷却機能が喪失して
メルトダウンを招いていた事態になっていたかもしれない。
そうなってしまっていれば、故郷喪失の事態を招いて
いたかもしれない。

そのような意味でも、
私にとって、福島原発事故が他人事には思えなかったのであった。

このブログ内の関連記事

福島原発の吉田元所長の病死のニュースを聞いて・・・所長就任前のある思い込みと事故後の命がけの陣頭指揮

吉田元福島第一原発所長の死から・・・事故の背景に株主代表リスクはあったのか、そして、まだまだ事故原発に残る大津波リスク



テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術


わが故郷にある日本屈指のミニ鉄道である紀州鉄道と将来の南海トラフ巨大地震

今日は、2013年(平成25年) 7月 15日 月曜日 

先日、私の故郷の和歌山県御坊市に帰省していたが、
私の実家から徒歩30秒のところに
日本屈指のミニ鉄道である紀州鉄道の最終駅の
西御坊駅がある。

西御坊駅 130713_1457~001

JR御坊駅~西御坊間の2.7kmを結ぶ鉄道であり、
「長らく日本一の短い私鉄」と言われてきた。
(2002年に千葉県に、2.2kmの芝山鉄道が開業して、
現在は、日本一ではないが、芝山鉄道の延伸計画があるので、
再び紀州鉄道が日本一短い私鉄になる可能性がある)。


紀州鉄道は
1931年(昭和6年)御坊 - 御坊町(現在の紀伊御坊)間が
御坊臨港鉄道として開業し、
1934年(昭和9年)までに、日高川駅まで開業した。

それは、当時の国鉄が現在の御坊市の中心地域である
旧御坊町でないところに御坊駅を建設することとなったので、
旧御坊町に鉄道を建設しようということで、
御坊駅から旧御坊町を通過する鉄道として、
御坊臨港鉄道が設置されたのであった。

それで、地元ではいまでも「りんこう」と呼ばれている。

1989年(平成元年)に、
西御坊から日高川駅の間が廃線となったので、
私の実家から徒歩30秒のところにある
西御坊駅が紀州鉄道の最終駅になっているのである。

昨日の朝、西御坊駅を通ると
車両が停車していた。

りんこう 西御坊駅 130714_0823~001

そして、昨日の夕刻、JR御坊駅にて、
大阪方面の特急を待っていると、
JR御坊駅の0(ゼロ)番ホームにて、
紀州鉄道の車両が停車していた。

りんこう 御坊駅 130714_1859~001

紀州鉄道は、JR御坊駅ではホームが
0番なのである。

その紀州鉄道は
昭和20年代に2回、大きな損害を受けた
1945年(昭和20年)3月4日に、
米軍による空襲で駅舎が機関車・油倉庫が全焼。

また、
1953年(昭和28年)7月18日、
和歌山県中部地方に大きな被害を出した
7・18大水害により日高川の堤防が決壊し、
旧御坊町などが浸水、その影響で
御坊臨港鉄道のほぼ全線の路盤が流失した。

そして、将来、また大きな損害を受ける可能性もある
私の実家らから西御坊駅までの間にこのような
表示がある。

海抜表示 130713_1453~001

海抜1.6mという表示であるが、
そこは海岸線から1kmほどの地点であるが、
もし、南海トラフで
マグニチュード9クラスの巨大地震が
発生すると、御坊には17mを超える巨大津波が
来襲すると予想されている。
そうなれば、紀州鉄道はおそらくかなりの部分が
流出する可能性がある。

もし、そうなった場合、
人口減少が続く御坊で、紀州鉄道が
再び路線を作って再開されることは
難しくなってしまうかもしれないなあと
思ったりする。


このブログ内の関連記事

3月31日の出来事・・・・・ミニ鉄道である紀州鉄道、西御坊~日高川駅間廃線(ちなみに西御坊駅から徒歩1分に私の実家があります)

2009年10月28日の記事 
お疲れ様「キハ603」・・・・1960年製造の紀州鉄道名物車両のラストラン

テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


まさに至福のひととき・・・故郷帰省時の恒例の喫茶みはるのホットケーキを食べながら読書をするとき

今日は、2013年(平成25年) 7月 14日 日曜日 

昨日、ほぼ1年ぶりに、西宮の自宅から
故郷の和歌山県御坊市の実家に帰省した。
祖母の三回忌の法事があるからだ。

私の実家は日本屈指のミニ鉄道である
紀州鉄道の最終駅の西御坊駅からすぐの
ところで、隣町の美浜町には徒歩2分に行ける
ようなところである。

実家に帰省すると、徒歩3分で行ける
「みはる」という喫茶店に行って、

みはる 130713_1501~001

そこでおいしいホットケーキを食べるのが
私の慣わしである。

私が小さいころから、そのみはるの
厚みのあるホットケーキが大好きで、
一旦、実家に着くとすぐに
みはるに行くのだ。

そのホットケーキを食べる前に
いちごシェイクを注文した。

みはる いちごシェイク 130713_1510~001

昨年、帰省した時に初めて注文したが、
気に入ってしまったからだ。
いちごの味が、あのかき氷の時に使う
シロップの甘いいちご味と同じで、
それが大好きなので、いちごシェイクを
注文したのだ。ホットケーキが来る前に
いちごシェイクを堪能していると、
お目当てのホットケーキがやってきた!!

みはる ホットケーキ 130713_1516~001

生地は厚みがあって、ボリューム感があり、
また、その生地、そのものに甘みを帯びているので、
シロップをかけなくても甘くおいしく食べることが
できるが、シロップをかけて食べると
なおさらおいしさが増す。

このみはるのホットケーキを食べると
あまりのおいしさに、他の店のホットケーキを
食べれなくなってしまうほどである。

さて、私はホットケーキをおいしく
いただいた後、ゆっくり読書をしていたが、
店内では、お客さんの流れが一段落すると、

みはるのママさんとバイトの店員さんと
常連のお客さんがカウンター前の
同じテーブルに座って、
高校野球の和歌山県予選の中継を
見ていた。

みはる くつろき 130713_1622~001
左側の黒い服を着ている方がみはるのママさん
背を向けている方がお客さん。

昨日は、私はひとりでゆっくり読書を
していたので、ママさんが座っている
カウンター前のテーブルに座らなかったが、
何回か、そのカウンター前のテーブルに
座って、ママさんと一緒にお話ししながら
お茶をしていたこともあった。

みはるには昨日は15時過ぎから18時前まで
3時間ほどゆっくり、
素粒子や元素と人体の関係などについて記述している
書籍を読みながら過ごしつつ、
高校野球で、地元の御坊市の高校が出場していて、
それも点の取り合いのゲームになっていたので、
テレビの方を気にしつつ過ごした。

すると、他のお客さんは出て行き、
私だけになったが、
すると、ママさんの娘さんがやってきて
そのカウンター前のテーブルに座って
何か作業をし始めた。
私が店を出る時、娘さんに聞くと
友人の結婚式に用いる
キャンドルライトに使うステンドグラスを
作るための作業をしているということだった。

もうステンドグラス作りを始めて
2年以上になるという、
手間がかかる作業であるが、
できあがって、キャンドルライトの灯りによって
映えるステンドグラスがとても綺麗に見えるので、
それを楽しみに時間をかけてコツコツ作業を
しているようであった。

そんなアットホームなみはるの雰囲気が好きで、
また、そんなお店でこれまた
とてもおいしいホットケーキを食べて
そして、大好きな読書ができて、
まさに、至福のひとときを過ごしたのであった。


喫茶みはる の情報
〒644ー0041
和歌山県日高郡美浜町大字田井566-1
TEL 0738-22-1747
営業時間はAM6:30~PM19:00(定休日は第2、4火曜日)

喫茶みはるの情報ページ

喫茶みはるのGoogle Mapページ(クリック)


このブログ内の関連記事

2011年6月13日の記事 
6年ぶりに食べた、とてもとてもおいしいホットケーキ・・・故郷の喫茶「みはる」のホットケーキ、おいしかったので追加注文した(和歌山県美浜町)

2011年8月26日の記事  
故郷に帰省すると、必ず食べるおいしいホットケーキ・・・喫茶みはるのホットケーキ

2012年7月15日の記事 
故郷帰省時の恒例の喫茶みはるのホットケーキ

テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


契り・・・その語源、お互いに手を握り合って

「契り」「契る」と言う表現は、約束という意味でも
特に、男女が結ばれ、将来の変わらぬ愛を誓うという意味で
使われる。

その「契る」という言葉の語源に関して、
「手握る(てにぎる)」がその語源であるという説がある。

お互いに手を握り合うことで、絆の深まりを
感じたりすることもあるが、
そうすることで、変わらぬ愛を感じたりしてきたのか。

ただ、人の心はうつろいやすく
その将来の変わらぬ愛を続けるというのは
難しいとも思えるが、
気持ちがお互い離れそうになっても
手を握り合うことでまた ちぎり(契り)を
感じて、再び、気持ちがよりそえたりするのだろうか。
熟年夫婦でも手をつないで歩いている姿を見ると
契りが続いているのだなあとも思える。


このブログ内の関連記事

鴛鴦の契り(えんおうのちぎり)~相思相愛の木

テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


北海道南西沖地震から20年・・・1993年(平成5年)7月12日、地震3分後に大津波に襲われた奥尻島

今日は、2013年(平成25年) 7月 12日 金曜日 

今から20年前の今日の
1993年(平成5年)7月12日(月曜日)の22時17分
北海道南西岸沖の奥尻島の北方の日本海を震源とする
マグニチュード7.8の北海道南西沖地震という大地震が
発生した。震源に近かった奥尻島には地震発生から5分もしない
うちに大津波が来襲して、奥尻島を中心に
死者202名、不明者28名を出す大災害となった。

この地震があった時、
私は当時20歳の大学2回生であったが、
NHKTVを見ていると、
ピロピロピロ~という緊急警報放送の音がなり
大津波警報発令の表示が出た。

緊急警報放送 北海道南西沖地震 大津波警報 再
北海道南西沖地震の時の「大津波警報」の表示

私個人としては、緊急警報放送を生放送で聞くのは
初めてで、それも大津波警報の発令であった。

大津波警報が発令されたのは
1983年(昭和58年)5月26日の日本海中部地震以来
10年ぶりであった。

地震発生から5分後の22時22分に気象庁が
大津波警報を発令し、その2分後の22時24分に
緊急警報放送がなされたが
もうその時には奥尻島には大津波が押し寄せていて、
特に、最大の被害が出た奥尻島南端の青苗地区には
地震発生後3分で大津波が来襲した。

この地震は津波被害が目立ったが、
実は地震の揺れだけでも人命が奪われている。
奥尻島東北部で地震によって発生した
崖崩れでホテルが倒壊して、28名が亡くなっている。

主な被害要因は津波であったが、
奥尻島では5m以上の大津波が押し寄せ
遡上高で30.6mを記録している。

最大の被害が出た奥尻島南端の青苗地区は
地理的特徴が大津波に翻弄される要因となった。

青苗地区は島の南端に半島のように突き出る形に
なっていて、東と西と南の三方を海に囲まれていて、
震源より直接到達した津波、島を回り込んだ津波、
そして、北海道本土で反射した津波と
複数方向からの津波に翻弄された。
そして、その大津波で地区の住居が潰されるなかで
火災が発生し、風速10mを超える風によって
あっという間に地区全体に火の手が
青苗地区全体に広がって行く。
津波の漂流物で消火が困難を極める中
延焼拡大を防ぐため、破壊消防を行った。
まだ燃えていない家屋を延焼拡大を防ぐため
破壊して、破壊した家屋の風下の家屋への
延焼を防ぐ方法である。
その破壊された家屋にとっては壊され損にも
見えるが、そうでもしないと
破壊せずともその家屋は燃え、さらに
その風下の家屋も燃えてしまう事態になるので
やむをえない選択であった。
その破壊消防の結果、青苗地区では、
青苗1区の17棟だけは焼失を免れた。

青苗地区被害
地震翌朝の青苗地区
画像は 地震予知と防災グッズを知るサイトより

このような津波火災は、東日本大震災でも見られた。

この地震による死者は奥尻島が中心であったが
北海道本土の西岸の地域でも津波で亡くなる方が出た。
また、青森県でも1名亡くなっている。
また、ロシアでも3名が不明になった。

その北海道南西沖から20年
奥尻島では、地震が、復旧が急ピッチで進んだが、
人口は地震前から4割近く減り、高齢化が進行した。
その奥尻島には
2年前の東日本大震災で被災を受けた地域から
復興の先行例として注目されて視察がなされたりするが、
寂れように驚きの声が出ているとも言う。

そのような中でも、若い漁師が
カキの種類の養殖で新たな商品開発の
研究に取り組んだりして、
少しでも漁業を活性化しようとしている。


このブログ内の関連記事

1983年(昭和58年)5月26日の日本海中部地震について
津波が来ないと言われていた日本海に大津波が襲った日~日本海中部地震

テーマ:今日は何の日? - ジャンル:ニュース


吉田元福島第一原発所長の死から・・・事故の背景に株主代表リスクはあったのか、そして、まだまだ事故原発に残る大津波リスク

今日は、2013年(平成25年) 7月 11日 木曜日 

当ブログの昨日の記事
福島原発の吉田元所長の病死のニュースを聞いて・・・所長就任前のある思い込みと事故後の命がけの陣頭指揮
で、東京電力福島第一原子力発電所の事故当時の所長であった
吉田昌郎氏が逝去したことを受けて書いた記事で、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

吉田元所長が、所長になる前の役職の時、
社内で福島原発の津波想定よりもより高い津波が来襲する
おそれがあるという研究結果が出た時、
吉田元所長らは、「そんなことありえるのだろか」と
思ったようで、念のため、外部の識者に聞いてみようとした
という情報を目にした記憶がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と書いたが、昨日の関西テレビのニュースアンカーで放送された
青山繁晴の“ニュースDEズバリ”で、
吉田昌郎氏が逝去したことを受けて、事故後初めて、
福島原発第一発電所構内にビデオカメラで撮影した
青山繁晴氏が、吉田氏がさらなる津波対策を取らなかったことについて
対策を延期したようであった。そのことについて
昨日の放送の文字起こしを
ブログの「ぼやきくっくり」の
7/11付:「アンカー」吉田元所長が青山さんを通じて国民に送ったメッセージ
から引用する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

村西利恵
「去年7月23日に出された政府の原発事故調の最終報告書には、吉田さんが、
2008年に大津波の試算結果を知りながら、福島第一原発の津波対策を
行わなかったと書かれています」

青山繁晴
「はい。実は2008年の段階で、えー、東京電力の内部の試算で、
15.7メートルの高さの津波が、福島第一原発を襲う可能性があるっていうことは出た。
で、その時に、吉田昌郎さんは、東京電力本店の、原子力施設管理部長だった。
部長として、これは、最悪の想定に過ぎると言って、実は、対策を行わずっていうか、
少なくとも延期したんですね。で、吉田さんの悔いは実はこれだけじゃないん
ですけれども、
吉田さんが生前、常に心配されてたのは、自分で全部責任取れればいいけど、
その、この判断も実は1人でしたんじゃないですから、
その、他の人間のことまで言われるので、自分が責任をちゃんと
かぶれるようになってから、国会で証言したいっていうのが、
ほんとは吉田さんの願いでした。それが果たされないままでしたが、
この津波対策をやらなかった、あるいは延期したことについては、
部長という職にありましたから、直接の、従って政府事故調の、
事情聴取にもそれは明らかにされたんです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということであった。社内の試算で、それまでの想定を大きく上回る
津波の高さが指摘されたが、
どうして津波対策が延期されたのか
吉田さん1人ではなく、集団で意思決定の結果
津波対策を延期しているようだ。

その試算が、すぐに受け入れられなかったのは
なぜかということであった。
その背景のひとつに東京電力が
民間の株式会社ということにあったかもしれない
とふと思った。

ある原発に関係している方の発言を思い出した。
それは次のような発言である。

福島の事故の背景に、政府の基準さえ満たしていれば良いという
発想があった。もし、政府基準以上の安全対策を取るために
設備投資などすると、株主から、どうして、必要以上の
安全対策のコストをかけるのかと非難され、
株主代表訴訟のリスクを恐れたことにあるかもしれない

ということであった。
その発言を聞いた時、
もし、原発を日本で今後も続けるとするならば、
民営ではなく、フランスのように国有化しなければ
いけないのではないかと思ったが、

東京電力が、2008年の
15.7m津波想定という社内試算に対して
その対策に消極的になった背景に
株主代表訴訟のリスクということがなかったのか
また、コスト優先ということはなかったのかと
思った。

その津波対策の弱さの問題は
実は現在も事故処理が続いている福島第一原子力発電所に
残ったままだ。
昨日の青山繁晴の“ニュースDEズバリの文字起こしの続きを
載せると

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

吉田昌郎所長は、きのう午前に亡くなる時の無念に加えて、
あるいはひょっとしたらそれ以上に
おととし、2011年の12月1日付で、所長を去る時の悔いの方が
強かったんじゃないかと思うんですよ。それはなぜかというと、
その当時から今に続く、大きな大きな問題が、福島第一原発の構内に、
今もあるからです。そのうちの、最大のものはこれです」

村西利恵
「防潮堤も、冷却・汚染水処理施設備も、全て仮設のまま」

(中略)

福島原発仮説防潮堤 img11018_130710-36kasetu

とこれ今、写ってるのはですね、おととしの、2011年の6月30日につくった
仮設の防潮堤なんです。ここ(右図)に書いてるように、
これ、かごって言っても金属のかごですけど、
そこに石を入れてですね、これ積み上げて、こうシートを入れてるだけなんですよ。ね。で、これ、おととしの6月末に作ったまま、
今も仮設のままでやってんですよ?」

山本浩之
「うーん」

青山繁晴
「だから吉田さんは、僕に電話で、これはメールじゃなくて電話で
何度もおっしゃったのは、これを本物の、その、防潮堤にしなきゃいけない。
私がやらなきゃいけない。何で吉田さんでなきゃできないかというと、
後任の所長さんたちは普通の東電の官僚主義の中にある人だから、
信じがたいことに役所はですね、書類を出せと。中に新しい構造物つくるん
だったらその書類を出して、その書類審査に1年かかると。で、
東電は東電で、それを聞いて、じゃあこれは先送りだと、
他の、メディアが注目してることやりましょうって言って、
これ仮設のままなんですよ。じゃあ今日津波が来たらどうなるんですか。
この冷却システム、壊れて、また熱くなって溶け出す。汚染水、今、
どっちゃりためてるものが、全部壊れて海に流れ出たら、漁民の生活どうなるんですか。
それが吉田さんの無念なんですよ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、聞いて、えっ、まだ本格的な津波防潮堤を作っていないのかと
思った。それは散々、アウターライズ地震による大津波リスクが
指摘され続けているからだ。

2011年3月11日に東日本大震災をもたらした
東北地方太平洋沖地震の震源域は
日本海溝の西側、つまり、陸地に近い内側であったが、
その日本海溝の東側、つまり陸地から遠い海溝の外側を
震源とするアウターライズ地震発生のリスクが指摘されて続けている。
1933年(昭和8年)に、大津波で
3000人を超える死者・行方不明者を出した
昭和三陸地震は、アウターライズ地震であったが、
それは、1896年(明治29年)に発生した
明治三陸地震が誘発した地震であったとされる。
明治三陸地震は日本海溝の内側を震源とした巨大地震であったが、
昭和三陸地震は海溝の外側を震源とした巨大地震であった。
つまり、海溝の内側を震源とした巨大地震が発生した後、
海溝の外側を震源とした巨大地震が誘発されて大津波が
発生する可能性があるのだ。
東海大学地震予知研究センター長の長尾年恭氏は、
数か月以内に東北沖をアウターライズ地震が襲う可能性があると言っている。

今の福島第一原発にはまだまだ大津波のリスクがあり
一昨年の大津波ではコンクリートで固めた防潮堤さえ破壊したのに
単純に石を入れた金属のかごを積み上げただけでは
あっという間に大津波に流され、汚染水貯蔵タンクが破壊され、
冷却システムも破壊され、再び、熱暴走が発生して
危機が再発する。
まだまだ、福島第一原発の危機は去っていない。

さて、昨日の青山繁晴の“ニュースDEズバリで
吉田元所長が、事故当時の現場でいかに大きな存在であったかを
うかがわせるエピソードが語られれていた。
その部分を引用して終わりにする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その座ってる作業員って、僕が確認しただけでも、一番若い人19歳、
まだ。だから一番年上の方は67歳で、その、定年になってるのに、
吉田さんが頑張ってるなら、そして日本のために頑張ってるんだって
この言葉を言われました、日本のために頑張ってるんだと思って、
俺も日本のためにやろうと思ってここに来たんですって人たち。
そして、その19歳の人はですね、これあの、全ては言えないんですが、
要するに、暴力団の関係者だと自分で名乗って、俺は高校を中退してから、
ずっともう、曲がった人生やってきましたよと。
で、俺は、組の手配でここに来ましたけど来てから人生変わったっすよと。
青山さんと一緒にいるその吉田さんとか、あのオヤジ、
このオヤジもね、自分のためにやってる人、一人もいないっすよと。
みんな人のためにやってるんっすよと。チェルノブイリと違うってことを
証明しようとして、みんな一生懸命やってるんですよ、
俺、人生変わったんですよと言ったんです。僕は吉田さんだけじゃなくて、
吉田さんていうリーダーの下にいる人たちが、
その19歳の作業員の方まで、どれほど、いわば良い感化を受けてるか。
そしてですね、その、これ、いかに座ってる人たちが、
その大きな吉田さんの背を、こう見上げてますよね、
その目がね、本当に、憧れの目で見てるんですよ」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このブログ内の関連記事

2012年2月16日の記事 福島原発の核燃料プールからの放射能漏れリスク
福島第一原発4号機問題・・・・福島原発直下型地震と福島沖日本海溝アウターライズ巨大地震によるリスク

テーマ:時事ニュース - ジャンル:ニュース


福島原発の吉田元所長の病死のニュースを聞いて・・・所長就任前のある思い込みと事故後の命がけの陣頭指揮

今日は、2013年(平成25年) 7月 10日 水曜日 

東京電力福島第一原子力発電所の事故当時の所長であった
吉田昌郎さんが、昨日、食道がんで永眠した。

吉田元所長は、2011年3月11日の
巨大地震と巨大津波で、原子炉が次々とメルトダウンする中
死ぬことを覚悟して、事故対応に当たった。

その吉田元所長、命がけで事故拡大を防ごうとした
ことの背景のひとつに所長になる前の
役職に就いていた時の、ある判断があったのだろうか?

吉田元所長が、所長になる前の役職の時、
社内で福島原発の津波想定よりもより高い津波が来襲する
おそれがあるという研究結果が出た時、
吉田元所長らは、「そんなことありえるのだろか」と
思ったようで、念のため、外部の識者に聞いてみようとした
という情報を目にした記憶がある。
その後、外部の識者に聞いたかどうかわからないが、
結果的に、その研究結果が活かされることなく
あの巨大津波によって、全交流電源喪失となり
メルトダウンを招くこととなった。
ただ、津波がなくても、あの地震の揺れだけでも
冷却機能を喪失する事態になっていたかもしれない。

2011年3月11日の巨大地震と巨大津波で
冷却機能を喪失して、次々とメルトダウンの危機が
迫る中、吉田元所長は、命をかけて事故拡大阻止に
奮闘した。

事故対応で、いろいろドラマがあった。
当時の菅首相が、専門家の意見を誤解してしまって、
原子炉への海水注入を中断するようにと指示が出て、
それを東電本社が、そうするように吉田所長に指示が
出た時、普通では考えられないような指示に吉田所長は
海水を投入しないと冷却できずにいっそう危険になると
考えた。
東電本社とのテレビ中継で、吉田所長の指示が映る状態に
なっている中、
吉田所長が、耳元で部下に
海水注入を停止する指示を出す振りをふるが、そのまま海水注入を
継ぐけるように指示を出した。

冷却機能が喪失して、奮闘しても事故の拡大は進み
1号機のメルトダウンと建屋の水素爆発
3号機のメルトダウンと建屋の水素爆発(小規模の核爆発説がある)
そして、2011年3月15日の夜、
シミレーション結果で、2号機の格納容器が爆発すると、
放射能が一気に現場に致死量を超えるように吹き出てくる
危険性が出てきた。

その時、吉田所長は死を覚悟したとも言われる。
その2号機の危機が迫る中、
部下達に次のように語った

「皆さん今までいろいろありがとう。努力したけど状況はあまり良くない。
皆さんがここから出ることは止めません」

このままでは、部下達は死んでしまうと思って、そのような
言葉を発したのだろう。部下達が出て行っても
自分は残って、現場で死ぬつもりでいたように思える。

2号機は、16日の朝に、格納容器の下部の圧力抑制室で
何らかの破損が発生したと思われ、そこから大量の放射性物質が
出てしまい、福島県浜通り地域で今も居住不能の地域を
作ってしまった。

ただ、あの時、もし、現場に人が残らず、全員退避していたら、
さらに使用済み核燃料プールの水が空になってしまって、
さらに大量の放射性物質がばらまかれることになり、
当時の菅首相が「東日本がダメになる」と言ったような事態に
なっていた恐れがあった。
吉田元所長は、現場で奮闘しなければ、
史上最悪の原子力事故であったチェルノブイリ事故の10倍
の規模になっていただろうと語ったようだ。
もしそうなっていれば、本当に、東日本の多くの地域で
人が住めなくなり、東京も危うくなっていたかもしれない。

そう言う意味では、
まさに、原発事故を招いた東日本大震災は
戦後日本の最大の危機であった。

ただ、
吉田元所長が、もし、所長になる前の
津波リスクの研究を思いこみなく受け入れて
対策を取っていたら、東日本喪失リスクを招くような
そして、自らの生命の危機を招くような
原発事故はなかったかもしれない。

一方で、実際、地震と津波で冷却機能が喪失して
次々と原子炉がメルトダウンして、さらに
使用済み核燃料プールからの更なる大量の放射性物質の
放出の危機が迫る中、
命をかけて、吉田所長は陣頭指揮を取った。
現場で吉田所長の指示を受けて動いた方々は
福島県の地元出身の方々で、
吉田所長だからついていけたという要素もあったようだ。
実際、危機が発生した中、
吉田元所長が現場に残って陣頭指揮をとり、
東日本喪失の危機を命をかけて防いだことは
歴史に残ることだと思う。



テーマ:原発事故 - ジャンル:ニュース


2013年の近畿の梅雨明け日は、一昨年と同じ日で統計史上3位の早さ、今年の梅雨は雨量少なめで、梅雨入り日の確定日が変更になるかもしれない

今日は、2013年(平成25年) 7月 9日 火曜日 

昨日、近畿地方の梅雨明けが発表された。
昨年よりも8日早く、平年に比べ13日早く
2011年の7月8日に梅雨明けとならぶ
統計史上3位タイの早さとなった。

1951年以降、梅雨明けが早い日の上位3位

1位 7月3日 1978年(昭和53年) 
2位 7月4日 1973年(昭和48年)
3位 7月8日 2011年(平成23年)

である。
2011年の梅雨入り日は、5月22日と
統計史上最も早い梅雨入り日であったが、
今年の梅雨の梅雨入り日は
5月28日と3番目に早い梅雨入り日であって、
梅雨入り日も梅雨明け日も
ともに統計史上3位タイの早さとなった。

ただ、今年の梅雨は梅雨入り発表日以降
6月上旬は、ほとんど雨が降らず、晴天が続いて
梅雨入り日の確定日は変更になる可能性がある。

また、雨の日が少なかった分、雨量は少なめで
西宮市の気象庁のアメダス観測地点の梅雨期の雨量は
281ミリで、これは
昨年の448ミリ、一昨年の506ミリに比べると
かなり少ない雨量であることがわかる。

少雨の梅雨で、今後、水不足などにならないか
気になるところである。


このブログ内の関連記事

梅雨関係のリンク

梅雨の語源・梅雨発生のメカニズム
梅雨 ~梅の実が熟す頃の長雨は、ジェット気流とヒマラヤ山脈・チベット高原の高山によるもの

梅雨時の大雨から生まれた言葉
集中豪雨はマスコミの造語

2013年の梅雨入り
近畿の2013年の梅雨入りは5月28日・・・さて、これまでの梅雨入りで、何番目に早い梅雨入りでしょうか?

2012年の梅雨入り
2012年、大阪市で真夏日初日になった翌日に近畿地方の梅雨入りが発表される・・過去10年の真夏日初日と梅雨入り日を見てみる

2012年の梅雨明け
2012年の近畿の梅雨明けは7月17日・・・1984年の梅雨入り日と梅雨明け日と同じになった、ところで、関西の揚水発電所付近の梅雨期の雨量はどうだったか

2011年の梅雨入り
2011年、近畿で5月26日と過去2番目に早い梅雨入り・・・台風も近付いているが、大雨とそして、福島原発方面への接近も気になる

2011年の梅雨に関して、

2011年5月30日
台風育ちの温帯低気圧が嵐をもたらした・・・・近畿で、台風から温帯低気圧に変わった後に、最大瞬間風速を記録

2011年6月20日
梅雨時の雨の日の月曜日

2011年の梅雨明け
近畿、過去3番目に早い梅雨明け、平年よりも梅雨入り・梅雨明けが約2週間早く、それだけ真夏が早まった・・・・ちなみに最も早い梅雨明け日は・・・

2010年の梅雨入り
2010年の梅雨入りは平年よりも7日遅い6月13日だった・・・・さて、最も遅い梅雨入り日は何日でしょう

2010年の梅雨明け
昨日(7月17日)に、近畿の梅雨明け発表・・・今年の梅雨は雨の日と雨量が多い梅雨だったなあ2009年の梅雨明け

近畿地方、2009年の梅雨明けは8月3日と最も遅く・・・・阪神間は、8月の最初の2日間に、梅雨末期の集中豪雨が降った


お気に召したらクリックして下さい
人気サイトランキングへ

テーマ:気象 - ジャンル:学問・文化・芸術


韓国の航空会社がアメリカで事故を起こしたニュースを見て、「追及」と「追究」の違いの意味を考えると、日本の国際標準から外れた航空機事故調査の問題が見えてくる

今日は、2013年(平成25年) 7月 8日 月曜日 

昨日の早朝(日本時間)、アメリカのサンフランシスコで
韓国のアシアナ航空が、着陸に失敗して2名が亡くなる事故が
発生した。

過去にヒューマンエラーの事故に関する調査などの
研究に携わった者として、
事故が発生したのが、韓国ではなく、アメリカで発生したことで、
事故原因の背景要因までより深く追究されるなと思った。

なぜ、そう思ったが、私が使った「追究」という文字に
注目してもらいたい。

「追究」には、真理を追究など、真相を「明らかにする」
という意味がある。

一方、「追及」には、責任を追及するなど、「追い詰める」
という意味がある。

アメリカでは、航空機事故の調査では、責任追及ではなく
原因追究が優先される。

それはどういう意味か。

もし、事故を起こしたパイロットなどを
過失などで刑事責任を追及すれば、なかなか真相を語らなくなることで、
事故原因の真相と背景要因などまで追究の妨げとなり、
結果的に再発防止につながらず、同じような原因による事故で
新たな犠牲者が発生することになりかねない。
そこで、アメリカでは、航空機事故の調査で、
故意や認識ある過失でない限り、
ミスをした当事者個人には、
事故の状況について
真実を隠すことなくあるがまま話してもらうために
刑事責任は免責となる。

韓国の航空機事故に関する免責などについては
わからないが、
風土として気になる過去の事例があった。
航空機事故ではないが、
韓国で、192名が死亡した
大邱(テグ)地下鉄放火事件(2003年2月18日発生)で、
火災への対応をめぐって、
運転士や、指令センター職員などが
業務上重過失致死傷容疑で逮捕された。

その事例を見ると、
昨日のサンフランシスコ空港での航空機事故が、
もし、韓国で発生していたら
事故調査はどうなってしまうのだろうと思った。

日本でも、航空機事故は責任追求型の傾向が強く
2001年1月31日に発生した
日本航空機駿河湾上空ニアミス事故で
5名が重傷したが、それで
ミスの誘導をした
国土交通省東京航空交通管制部の管制官2名への
業務上過失傷害罪での有罪が確定してしまった。

この判決は、航空機事故調査における
国際標準から大きく外れるものであり、
国際航空管制官協会連盟から非難された。

もし、アメリカの航空会社の
アメリカ人パイロットが日本国内で
死者を出す航空機事故が発生して、
日本の検察が、そのアメリカ人を刑事訴追すると
日米の大きな外交摩擦に発展する可能性が高く、
国際的に強い批判にさらされるだろう。

そのようなことを
昨日の韓国の航空会社が
アメリカで航空機事故を起こしたニュースを見て
思ったのであった。


このブログ内の関連記事

航空事故調査は、責任追及ではなく、原因追求・対策志向型にするべき ~ 中華航空機炎上事故を受けて

今日で、JR福知山線脱線事故から5年・・遺族は処罰よりも事故真相究明を望んでいる・・・事故の刑事責任追及型の日本の慣習が遺族の真相究明の希望実現を妨げている

お気に召したらクリックして下さい
人気サイトランキングへ

テーマ:時事ニュース - ジャンル:ニュース


昨日、エレベーターホールにてひっくり返っていた蝉の蛹を助けたら、無事に羽化していた・・・空蝉(うつせみ)は魂の抜け殻ではなく、2億年以上続く種の保存への出発のための魂の刻印

今日は、2013年(平成25年) 7月 7日 日曜日 

当ブログの昨日の記事
羽化を目指す蝉の蛹・・・自宅マンションのエレベーターホールにて・・・はかなさと悠久さをもつ蝉で、

昨日の朝
西宮市今津の自宅マンションのエレベーターホールで
蝉の蛹がひっくり返ってもがいていたので、
午前6時過ぎに
それをマンション入口の木にその蛹を置いたことを
書いたが、


蝉蛹 130706_0608~001

実はそのブログ記事をアップした後、
午前8時過ぎに
仕事のために外出したところ
その蛹から蝉がちょうど羽化をし終えて
飛び立つための準備をしていたところだった。

羽化 130706_0812~001

ああ、エレベーターホールでひっくり返っていて
そのままでは、羽化できずに死んでしまうと思って、
木に置いて、すぐに無事に羽化できて良かったと思った。

その蝉は、はかなき成虫の間に、天敵に襲われることなく
次の世代に命のリレーをしていってくれるかなと思う。

今朝、その木を見ると、
無事、羽化を終えて、背中の割れた
空蝉(うつせみ)が残されていた。

羽化後の抜け殻 130707_0610~001

空蝉(うつせみ)は、
魂の抜け殻としてのむなしい存在として、
日本人に受け取られてきた。
空蝉を残して、成虫となり、
あと、1週間から1ヶ月の寿命であるが、
2億年以上、地球上に存在してきている
蝉という種族の悠久の歴史をつなぐための
最後の大事業への出発の証としての
魂の刻印として、空蝉(うつせみ)が
あるようにも思えた。


このブログ内の関連記事

蝉の語源
蝉・・・・語源は鳴き声に由来

蝉の亡骸を見て・・・・羽化後1ヶ月未満の短い命の間に、2億年以上受け継いできた遺伝子を次世代に残していく

はかなき命の蝉の大合唱を聞いて・・・種としての蝉は億年単位、生命の情報を伝える遺伝子の悠久さと水素結合の素晴らしさを思う

お気に召したらクリックして下さい
人気サイトランキングへ


テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


羽化を目指す蝉の蛹・・・自宅マンションのエレベーターホールにて・・・はかなさと悠久さをもつ蝉

今日は、2013年(平成25年) 7月 6日 土曜日 

昨晩の22時50分ごろ、帰宅しようと
西宮市今津の自宅マンションのエレベーターホールで、
下を見ると
蝉の蛹が動いていた。

蝉蛹 130705_2252~001

羽化でもしようと場所を探そうと
しているのかなと思った。

そして、夜が明け、朝歩きをしようと
今朝の5時20分過ぎに
エレベーターホールに出ると
蝉の蛹が動いていた。

蝉蛹 130706_0523~001

昨晩見かけた蝉の蛹が
ここで一夜過ごしたのだろうか。

そして、自宅周辺を歩いて
6時過ぎに戻ってくると
蝉の蛹がエレベーターホールの角で
ひっくり返って足をバタバタさせて
もがいていた。

おそらく、壁を上がろうとしたが
すぐにすべって転落してしまって
ひっくり返ってしまったのだろう。

せっかく、地中で数年かけて蛹になるまで
生きてきて、いざ成虫になろうとしたのに、
このままここで、ひっくり返ったまま
息絶えてしまうのはかわいそうと思い、
マンションの入り口の木に
その蛹を運んでいった。

蝉蛹 130706_0608~001

このまま、天敵に襲われることなく
また、転落してひっくり返って
干からびることなく、無事、羽化でもして、
羽を広げて飛びまわればと思う。
成虫になって、生き続ける期間は
1週間から1ヶ月ぐらいで
はかなき命を終える。その間に
次の世代に命のリレーをしていく。
蝉の化石には2億8000万年前のものがあるという。
蝉は羽を広げて飛び、鳴き続ける成虫になることは
生の終幕へのカウントダウンが始まって行くのだが、
そのはかなき成虫の生の期間で
億年単位で、命のリレーをしてきたのだなあと
はかなさと悠久さを兼ね備えた蝉の生命について
羽化を目指す蝉の蛹を見ながら思うのであった。


このブログ内の関連記事

蝉の亡骸を見て・・・・羽化後1ヶ月未満の短い命の間に、2億年以上受け継いできた遺伝子を次世代に残していく

はかなき命の蝉の大合唱を聞いて・・・種としての蝉は億年単位、生命の情報を伝える遺伝子の悠久さと水素結合の素晴らしさを思う


テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


放題、やりたい放題、その「放題」の語源は、和歌や俳句に由来している

やりたい放題、食べ放題など
他人のことを考えることなく好き勝手に振る舞ったり、
何も制限なく自由に行動する様子を表現する言葉として
「放題」という単語がある。

さて、その「放題」の語源は
実は和歌や俳句に由来している。

和歌や俳句で、主題(テーマ)から外れた事物を
詠むことを「傍題(ほうだい)」と言った。

まあ、テーマから外れたものを詠んだりするので、
自由に好き勝手に詠んだりするということになる。

その「傍題(ほうだい)」が
自由に好き勝手に振る舞う、制限が無くできるという意味の
「放題」に変化した。


このブログ内の関連記事

連歌に由来する言葉
挙句の果て~連歌の締めの句から
で、書いたように

お気に召したらクリックして下さい
人気サイトランキングへ



テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


日々、使っている日本語の表現に、日本の歴史の光景や面影が刻まれている・・・日本の伝統文化、風習、宗教の由来の表現が日常用語として使われ続けている

今日は、2013年(平成25年) 7月 4日 水曜日 

このブログを7年半以上毎日書き続けて、
そのうち語源について書いた記事は480記事になる。

主に日本語の語源について書いているが、
語源を知っているにつれて、
日本の歴史の光景や面影を
クリックして、垣間見る感じがする。

例えば、
結果や結末を意味する
「挙句の果て」の語源は
挙句の果て~連歌の締めの句から
で、書いたように複数の人が参加して、
五七五の長句の七七の短句を交互に読み継ぐ
を連歌に由来している。

他に、
共に一緒に仕事をしたり何かをしたりする仲間を
意味する「相棒」は、
相棒 ~ 語源はある人力乗り物に由来・・・・相棒とエッサホイサ
で、書いたように

江戸時代の人力で人を運ぶ駕籠(かご)に
由来している。

また、日本の主な宗教である仏教に由来する言葉として
愛敬・愛嬌 ~ 仏様の柔和で慈悲深い表情を見れば
で、書いたように、「あいきょう」は、仏像の柔和な顔に由来している。

このように
日本の現代社会の日常においても
用いられている表現には、
日本の伝統文化や宗教、そして当時の風習などに
由来しているものが見られる。

私は、語源に興味を持って調べるまで
そのようなことに由来しているとは知らないままに
それらの表現を使っていた。

今、アメリカ発のIT系の言葉が日本に流れ込み
日本語の単語に外来語が多く含まれるようになってきていて
それをカタカナを用いて表現することが多くなっているが、
日々、現代でも使われている表現の中に
日本の伝統文化や風習や宗教などの面影が
日本の歴史として刻印されて
当時のその言葉が、今でも継がれている。
現代、その言葉の面影について知らないまま
多くの方々が、その表現を使っていると思うが、
その表現の成り立ちを知ると、
日本の歴史を光景や面影を
クリックして、垣間見れ、
その言葉が何百年も残っている歴史の重みを感じるのである。


お気に召したらクリックして下さい
人気サイトランキングへ


テーマ:ことば - ジャンル:学問・文化・芸術


歪(いびつ)の語源・・・昔の炊いたご飯を入れる容器は楕円形だった・・不正なことはいびつですね

形が整っていないものや、心がゆがんでいることを
「歪(いびつ)」と言う。
さて、どうして、「歪(いびつ)」と言うようになったのか。

江戸時代以前に、お米を炊いたものを移す容器として
飯櫃(いいびつ)というものがあった。

その飯櫃(いいびつ)は、楕円形であった。
楕円形は、まるい円形と比べると
きれいではなく、ゆがんでいるように見えるので、
江戸時代ごろから
形が整っていないものや、心がゆがんでいることの意味として
飯櫃(いいびつ)が短縮化した「いびつ」が用いられるように
なった。
「いびつ」の漢字として「歪」が用いられているが、
その「歪」という字源は
「不」という文字と「正」という文字が合成されたものである。
まさしく「不正」なことという意味で
「いびつ」の漢字表記に「歪」が用いられている。

お気に召したらクリックして下さい
人気サイトランキングへ

テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


コキア・ほうき草・・・その花言葉は「恵まれた生活」

今日は、2013年(平成25年) 7月 2日 火曜日 

今朝、西宮市今津の自宅周辺を歩いていて、
時折、家々の花壇を見ると
目を引き付ける草があった。

コキア(ほうきぐさ) 130702_0549~001
ある民家の道端

コキア(ほうきぐさ) 130702_0551~001
別の民家の道端の

これは、コキア(Kochia)で、
日本名で、箒草(ほうきぐさ)と呼ばれる植物である。

Kochiaという名の由来は
ドイツの植物学者であった
ヨーゼフ・コキア(Joseph Koch)から。


箒草(ほうきぐさ)とは、
まさに箒(ほうき)のように見えるからでもあるが、
実際に、茎を乾燥して、
箒として利用されることもあった。

学名のバッシア・スコーパリア(Bassia scoparia)の
「スコーパリア」とは「ほうき状の」という意味がある。

原産地は、南ヨーロッパなどが原産とされ、
日本には平安時代中期に中国からもたらされた。

ほうき草は、夏になると茎に小花を咲かせ、
秋になると赤く紅葉して、
その後、実がなっていく。
その実は食用として使われ、
秋田県の名産のとんぶりは
ほうき草の実を加工したものである。
そのとんぶりは
プチプチした食感と色合いから「畑のキャビア」
とも言われる。

そのほうき草の花言葉のひとつに
「恵まれた生活」があるが、
なぜ、その花言葉がつけられたか
わからないが、ほうきに用いられたり
畑のキャビアと呼ばれるような食材になったりと
日々の暮らしに役立ったり、観賞用に見ていても
楽しめることから、その花言葉がつけられたのかも
しれない。

このほうき草は、もこもことして
何かとなりのトトロにも出て来そうで、
真っ黒くろすけを緑にしたような
親しみを感じる形で
なにかほのぼの感を感じるが、
その気持ちも
花言葉の「恵まれた生活」とつながるものを
感じる。


お気に召したらクリックして下さい
人気サイトランキングへ


テーマ:花ことば  - ジャンル:学問・文化・芸術