言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



くしゃみは暴風・・・・くしゃみの風速はどのくらいか?

春になると
花粉症の季節となり、
くしゃみをすることが多くなってくるが、

さて、そのくしゃみの風速はどのくらいあるのだろうか?

それは、秒速で80m、時速換算すれば、288kmと
新幹線並みの速さがあるのだ!

くしゃみが出た瞬間の口のまわりは
かなりの暴風となっているのだ。

1回のくしゃみで出てくる飛沫は200万個とも
言われる。

それが秒速80mで、まわりに飛び散るのだ。

そう思うと、大人数がいる屋内などで
くしゃみをすれば、
インフルエンザなどのウィルスが、
あっという間にその空間に広がるので、
すぐに他人の体に入ってしまうのだ。


お気に召したらクリックして下さい
人気サイトランキングへ


スポンサーサイト

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術


海水の満ち引きを引き起こす月と太陽の引力は、海水だけでなく地面も満ち引きさせている

海は潮の満ち引きがある。
それは月と太陽の重力による潮汐力に
より起こる現象である。

太陽からの重力の影響は月の半分ほどであるが、
満月・新月の時期は、太陽と月と地球が
一直線上に並ぶ時に強くなり、
それだけそれだけ潮の満ち引きが大きくなり
この時は大潮と呼ばれる。

実は海だけでなく、地球の地面も
その潮汐力によって引っ張られていて、
1日あたり、約20㎝程度上下に振幅している。

そして、その潮汐力が地震を誘発しやすくなる
可能性があるという研究成果が
防災科学技術研究所の田中佐千子研究員らが
2011年12月に発表している。

エネルギーがたまった断層に
月や太陽からの引力に加わると
地震が起こり易くなるのではということである。

東北沖で36年間に発生した地震について引力との
関係から、東日本大震災の発生に近付くにつれて
月や太陽からの引力の影響が強い時ほど、
地震が集中していて、あの超巨大地震の引き金に
なった可能性があるということだ。

将来発生が予想される東海地震や南海地震など沿岸の比較的
浅いところで起こる地震は、
月の引力の向きに合わせて増減する可能性があるということのようだ。


お気に召したらクリックして下さい
人気サイトランキングへ

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術


飛行機雲ができる理由・・・日本では、かつて、飛行機雲が現れると命の危険を感じた時代があった

空を見上げると、
飛行機が通過した後に
飛行機雲が直線状にできている
ことを見ることがある。

その飛行機雲は
なぜできるとかと言うと
普通の雲と同じく
水蒸気が凝結したものである。

飛行機のエンジンからは、排気ガスとともに
細かなチリがたくさん放出される。

飛行機が飛ぶ上空1万メートルでは
気温がマイナス30℃以下という
とても寒く、水蒸気はすぐに凍って凝結していくが、
その凝結は、チリなどの粒子があるほど凝結しやすく
飛行機から放出されたチリを核にして、
排気ガスにある水蒸気が
凝結して小さな水や氷の粒になり、
それが飛行機雲として、見えているのである。

現代、飛行機から一直線に伸びる飛行機雲を見て、
特に、真っ青な青空の中に、それができあがると
きれいだなあと思ったりしてみたりするが、
かつて、日本で、その飛行機雲を見て
命の危険を感じる時代があった。

それは、第2次世界大戦の時である。
アメリカ空軍による空襲が昼間でも行われていて、
(広島と長崎の原爆投下はお日様が出ている時だった)
上空1万メートルを飛ぶ
B-29のアメリカ空軍機が侵入してくれば、
飛行機雲が見えたが、
まさに、それは空から爆弾の雨が降ってくることを
示しており、
飛行機雲を見れば、命の危機を感じたという。

戦争が無く平和な今、飛行機雲を見て、
命を危険を感じることなく、
綺麗な雲として見ることができている。

お気に召したらクリックして下さい
人気サイトランキングへ

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術


PC遠隔操作事件で、警察が逮捕した片山氏は真犯人ではないかも・・・容疑者の母親に「親子の縁を切る」という調書を書かせようとする警察

今日は、2013年(平成25年) 2月 25日 月曜日 

PC遠隔操作事件で、容疑者として片山祐輔氏が
逮捕拘留されていて、彼が真犯人であると
印象付ける報道が、警察発表によりなされているが、
彼が本当の真犯人か否かは別にして、
この事件で、4人も誤認逮捕をするという大失態をした
警察は過去の失態を反省して捜査に当たっているのか
それを疑問視することが彼の弁護士からの発表から
出てきた。

ちなみに彼の弁護士である佐藤博史弁護士は、
冤罪となった足利事件で菅谷利和さんの弁護人として
DNAの再鑑定を求め、再審で無罪を勝ち取ったこ弁護士である。

さて、その佐藤博史弁護士の発表に以下のようなものがあった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ビデオニュースドットコム ニュース・コメンタリー
遠隔操作ウィルス事件続報
報道されない容疑者側の言い分から見えてくること
(2013年2月23日)


片山氏の母親から聞いた話として、自宅前にメディアが押しかけ自由に動けない氏の
母親のために、警察は日用品の買い出しなどの手助けをする一方で、
母親に対して片山氏と親子の縁を切ると書かれた調書への署名を求めてきたという。
佐藤氏によると母親はこの要求を断ったという。
 4人が誤認逮捕され、うち2人に嘘の自白が強要された遠隔操作ウィルス事件では、
警察が容疑者の一人の父親に対して、親子の縁を切るとの調書に署名させるなどして、
容疑者を嘘の自白に追い込んだことが批判されている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はっ、警察が容疑者の親に親子の縁を切ると
書かれた調書にサインを求めるとはなにごとだ!!!

それも過去の誤認逮捕で嘘の自白に追い込んだ手法を
また使っているではないか!
そのような手法を使わないと
自白に追い込めないほど、警察は証拠に自信はないのでは
ないかと思ったりする。

もし、彼が実行犯だったとして、そうでなくても
裁判で有罪が確定されてしまった場合、
彼の更生にとって、親子の縁が切られてしまっているというのは
その妨げになるという考えは全くないのかと思う。

そして、そのように容疑者の親に
親子の縁を切るように働きかける手法は
他の事件で、嘘の自白に追い込んで
新たな冤罪事件を引き起こしかねない。

PC遠隔操作の容疑者になっている片山氏は
2005年のきたいわゆる「のま猫」騒動の時に、
レコード会社の社長らを脅迫したことで逮捕され
実刑判決を受けて、それが警察の恨みになっていると
報道されたりしているが、
片山氏は、「自分が悪いことをしたので、恨みはない」
と語っているという。

ちなみに、この親子の縁を切るように警察が求めたことについて書かれた
ネットの掲示板の

【PC遠隔操作事件】警察が片山祐輔くんの母親に親子の縁を切るように求め、
嘘の自白に追い込む事をまた画策する。※ちなみに前回は誤認逮捕した人にも
同じ事を行い自白を強要
(ハムソクコム 2013年2月24日 7時02分)
で、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

147 名前:ハムスター名無し 2013年02月24日 11:27 ID:opAwMWET0
片山に前科があるから怪しいっていうなら
警察も前科ありすぎだろw

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と書きこまれていて、思わず爆笑してしまった。

さて、片山氏が犯人であると思わせる状況証拠があるという
報道が警察発表からなされているが、
真犯人が江の島の猫に、データ首輪をはめたことに
関して、片山氏が猫に近付いているという映像が写っている
とされ、片山氏もその日に江の島に行き、猫に近づいたかも
しれないと言っているが、事件を起こしたことを否定していて、
また、警察も彼が首輪をつけたという決定的瞬間の証拠は
持っていない。

そして、そもそも片山氏が真犯人ではないのではないかと
思わせる事柄が出ている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【PC遠隔操作事件】被疑者の素顔を弁護人に聞く
(江川 紹子 2013年2月19日 22時19分)


実は、問題のウィルス「iesys.exe(アイシス・エグゼ)」に使われた
プログラミング言語はC#ですが、彼は「僕はC#は使えない」と言うんですね。
ところが、警察が最初に取った身上調書に、
彼が使えるプログラミング言語が列挙してあり、その中にC#が入っていたそうです。
彼は、C#は他人が書いたプログラムがあって、それが実行できるかどうか確かめろと
言われて確かめたことはあるが、自分では書けない、と説明したそうです。

(中略)

ーー彼がC#を使えないというのは、彼にとって有利な事情ですね。

そうなんです。「それだけで、君は真犯人でない、ということになるのでは?」と聞くと、
彼も「そうですね」と答えるんです。でも、彼がその話をしたのは、
逮捕されてから6日後のことなんですよ。
それで、「そんな大事なことを、何でもっと早く言わないのか。このことを、
警察は知っているのか」と聞いたら、最初の身上調書の話が出てきたので、
これは録音・録画をしないと危ない、と思ったのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということだ。
この証言を聞くと、
もしかしたら、片山氏は真犯人ではなく
またもや警察は誤認逮捕をしてしまったという
ことになってしまうのではないかと思ったりするが、
それかどうか別にして、
何度も過去の警察の無理な自白が問題視されるたびに出てくる
取り調べの全面可視化はやるべきだと
今回の事件の警察の捜査手法を見て
より強く確信するのである。

この事件に関して、
他人ごとではなく、警察のこのような捜査手法が
続く限り、いつ自分が冤罪事件の被害者になるかもしれない
と思って関心を持ってもらえればと思う。

このブログ内の関連記事

2013年1月6日の記事
PC遠隔操作の真犯人が今度はネコの首輪に・・・真犯人が動くたびに警察の誤認逮捕の失態が蒸し返され・・それにしても米軍が作ったITツールにふりまわされてるなあ

お気に召したらクリックして下さい
人気サイトランキングへ

テーマ:刑事事件・裁判関連ニュース - ジャンル:ニュース


ゆっくり、その語源・・・緩く、ゆらゆらゆく

急がずにいることを
「ゆっくりする」と言ったりするが、

その「ゆっくり」の語源の説に
主に2つある。

1つ目は「緩(ゆる)」に由来するという説である。
「ゆるい。ゆるやか」を意味する
形容動詞である「緩(ゆる)」の活用形である
「緩なり」が
「急がない」などを意味する
「ゆるり」に転訛し、
それが「ゆっくり」へと変化したというのだ。

2つ目の説は
人が歩くなどを意味する「ゆく」に由来する説である。
「ゆく」と同根の言葉の古語に「ゆくらか」という単語がある。

万葉集第十二巻にある3174の歌に 

 いさりする海人のかぢ音 ゆくらかに 
           妹(いも)が心に乗りにけるかも 


とある。
おおまかな意味として、

 漁師が船をこぐ音のように、ゆらゆらゆっくりと、
            私の心は恋人の心に乗せられている

ということだが、

その「ゆく」と同根の「ゆくらか」が「ゆっくら」となり
そして、「ゆっくり」に変化したと推察する説がある。

お気に召したらクリックして下さい
人気サイトランキングへ

テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


幻日(げんじつ)と現実(げんじつ)・・・同音異義語のおもしろさ

今日は、2013年(平成25年) 2月 23日 土曜日 

昨日、
NHKラジオの午前の
すっぴん」という番組内にある

「朝パチッ」という朝の風景画像を
リスナーから投稿してもらうコーナーで、

埼玉県在住のかおたいまきしんさんという
70代の男性からの投稿で、
次のような画像があり、

幻日(げんじつ) 虹の雲  かおたいまきしんさん(埼玉県 70歳以上 男性)

太陽から北へ10度ぐらいのところに虹の雲が見えています。
氷に反射しているのでしょうか?伊藤さん教えてください。


というコメントがあった。
伊藤さんとは、このコーナーに出演している
気象予報士の女性の方で、

この現象名を「幻日(げんじつ)」と
説明していた。

実際の太陽が見える位置の高さと同じ高さのところの
別の場所に、雲の中に六角板状の氷晶による
光の屈折のために、あたかも別の太陽があるかのように
見えてしまう現象のことを「幻日(げんじつ)」というようだが、

そのコーナーで、気象予報士の伊藤みゆきさんが
「幻の日」と書いて、
「幻日(げんじつ)」と説明した時に、
金曜日のレギュラーパーソナリティの
作家の高橋源一郎氏が

 まぼろしなのに、げんじつ(現実)

と、すかさず言ったのを聞いて、

ああ、おもしろいなあと

同音意義語による
言葉が成すおもしろさを深く感じるのであった。


お気に召したらクリックして下さい
人気サイトランキングへ

テーマ:ことば - ジャンル:学問・文化・芸術


地球が動いているのに人がそれを感じられないのは・・・そのお話の説明のついでに、相対性理論のお話も少し

今日は、2013年(平成25年) 2月 22日 金曜日 

日の照らない星空の夜から
やがて夜明けをむかえ、太陽が出てきて、
朝となる。

そうなるのは、地球が自転して回っているからだが、
ただ、我々人間は地球が回っていることを自覚できない。

それはなぜか。

そのように自覚できないのは
自分だけでなく、自分のまわりに見える
建物や山、そして、空気も
一緒に、地球の自転とともに
動いているから、
自分が動いているとは感じられないのだ。

それは自分のまわりのものほぼすべてが
一緒に動いているから自分が動いているとは
感じられないが、
例えば、電車の中に乗って、電車が動き出すと
電車の周りの物体は動いていないので、
自分が乗っている電車は動いていると感じられる。

さて、実は、その物体の速度が速くなるほど
時間の進みが遅くなる。
それは、
アインシュタインが提唱した相対性理論により
わかったことだが、我々の実感としては、
時間の進みが遅くなっていることは
感じられない。
例えば、時速200kmの新幹線に乗ったとしても
だいたい1秒当たり、100兆分の2秒程度の遅れで
あるが、遅れたとしても極々極々極々わずかなので、
時間の遅れは感じられない。

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術


アベノミクスに期待する金融関係者・・・景気回復には財政出動は欠かせないと思う

今日は、2013年(平成25年) 2月 21日 木曜日 

最近、金融先物商品を扱う会社の
支社長さんにお会いする機会があって、
お話をうかがったが、
アベノミクスに期待しているようで、
久々に市場が活性化して、
デフレ脱却への期待が皮膚感覚で
感じるという。
そして、物価上昇の方に向かい、
景気は回復していくだろうと
見ていて、
その会社では、採用を増やして行く
方向にしているという。

これまでの日銀のやり方に
不満を抱いているようで、
2%のインフレターゲットに
やっとしていく方向に
なっていたことを評価していた。

ただ、気になるのが、
日銀は実際に2%のインフレ率になるような
金融緩和をまだしていないとも言われる。
期待倒れに終わってしまうリスクは
残っていはいないだろうか?

そして、問題は、
企業の設備投資が増え、国民所得が増え、
個人消費の増加につながっていくかどうかである。

まだまだ企業の設備投資意欲が低い中では、
私は景気回復には財政出動は欠かせないと
思う。

私は、設備の実稼働率が約70%の日本では
大幅なインフレにはなりにくく、
どんどん財政出動すべきだと思っていて、
「コンクリートにも人にもバラまけ」
と思っている。
災害対策のインフラ投資、これまでインフラのメンテナンス
日本近海の資源開発、学校の少人数学級化、
保育所の増設、無認可保育園に通う家庭への補助金、
子ども手当ての増額など
企業の設備投資を促し、家計への所得上昇に
向かうように財政出動する方がよほど
景気回復につながると思う。
政府の借金になるのが嫌なら、
政府の借金にならない政府紙幣発行を活用すれば
良いと思う。

お気に召したらクリックして下さい
人気サイトランキングへ

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済


若い知能と熟年の知能・・・流動性知能と結晶性知能

今日は、2013年(平成25年) 2月 20日 水曜日 

知能に、流動性知能と結晶性知能があると
説いたのは、心理学者のレイモンド・キャッテルである。

流動性知能(Fluid Intelligence)とは、
新しい場面への適応を必要とする際に働く能力で、
柔らかいひらめきや創造する力で、
10代から20代に発達して、25歳ごろに
ピークになるという。

結晶性知能(Crystalized Intelligence)とは、
過去の学習経験を高度に適用して培われてきた
総合判断力で、
30代後半から徐々に上昇していく能力である。

流動性知能は、若い年代で発達するということだが、
量子力学でノーベル賞を受賞した
物理学者達のうちハイゼンベルクは20代後半で
不確定性原理など新しい原理を見出した。
また、アインシュタインが
特殊相対性理論を発表したのは彼が26才の時であった。
このようにそれまでの既成の枠組みを打ち破る新しい
理論を出すような柔らかい創造力は
20代の若いころに見られてたりする。

一方、結晶性知能は
ある課題を解決するために獲得した知識を割り当てて、
組み立ててできた知能とも言えるが、
例えば、おばあちゃんの生活の知恵みたいな
ところもあり、
それまでの長い人生経験が身体に染みついて
身体化された知能とも言える。

私は今年で40才になるが、
これからも知識や経験を積み重ねて
結晶性知能と高めていきたいと思う。

テーマ:発想法・編集法 - ジャンル:学問・文化・芸術


複数の本を拾い読みすることで、脳内思考ネットワークの活性化、そして想起することで、思考を深める

今日は、2013年(平成25年) 2月 19日 火曜日 

引っ越しをして、
今度の住まいの部屋は本棚の配置は
私にとって都合の良い配置が
できて、使い勝手が良い。

約500冊ある
大方の本の整理を終えて、
本棚から目に留まり気になった本を
取って、パラッと見て、
拾い読みをする。

そのパラッと見て読んでいると
その内容から刺激を受けて、
別の本に書いてあることを思い出し、
その別の本をパラッと見る。

そのようにして、
私の脳内にある
思考のネットワークが活性化する。

その活性化した脳内の思考のネットワークは
一瞬のことで、そのまま放置しておくと
すぐに不活性化してしまい、忘却してしまう。

それを再び何度も思いだして、
じっくり味わうことが大事だと思う。
それが思考を深めていくことに
つながっていく。

テーマ:発想法・編集法 - ジャンル:学問・文化・芸術


豊かな「まち」とは、そこに集う人々が活き活きしていること・・・まちの人々の多様な個性を活かせる仕組み、コミュニティデザイナーの山崎亮氏の講演を聞いて・・・

今日は、2013年(平成25年) 2月 18日 月曜日 

昨日の午前、
西宮市の勤労会館で開催された
コミュニティデザイナーの山崎亮氏の講演を聞きにいった。
地域における人と人とのつながりが希薄になった現在、
1973年生まれの山崎亮氏は、
人と人とのつながりを基本に
地域の課題を解決するため仕組みづくりの
アドバイザーをしている。

400人の会場はほぼ満席に近く
山崎氏のおもしろおかしい話しに
会場は何度か笑いが起こるような
楽しくて、惹きつけられる講演であった。

山崎氏の活動でおもしろいのは
普段はまちづくり活動に無関心な
元ヤンキーあがりの社会人や
ブランド品しか興味がないような女性を
まちづくり活動に巻きこんだりしてきたことである。

その山崎氏への質問で

「まちづくり活動に無関心な
都市部のマンション住民に参加してもらうためには?」

という問いに対して、
山崎氏は、その人が興味のあることがらを
きっかけに来てもらうということであった。

その事例として、大阪市住之江区北加賀屋地区での
取り組みを紹介した。
そこでは、不動産会社が空き地を農地にして
テーマ型コミュニティの活動の場所にして、
空き地のマネジメントによって、
エリア全体の価値をあげようとしている。

空き地を農地にして、地域住民が農作業を
楽しむ「北加賀屋クリエイティブファーム」という
活動をしているが、
もともと農作業に関心のある地域住民が主体となって
活動しているが、
農作業には興味はないが、その農地で小屋を作る時に
大工工事のようなことができたり、興味のある人には
その作業に参加してもらったり、
同じく農作業には興味はないが、
料理をするのは好きという人に
その農地から取れたものを料理する時に
参加してもらったりと
そのようにして、まちのそれぞれの趣味や好みをもつ
人々を巻き込む仕掛けを作り、
そのようにして地域のつながりを深めていこうと
している。

山崎亮氏は
まちが豊かになること、まちが活性化することとは
そこに住んだり、働いたり、訪れたりする人たちが
活き活きしている状態であり、豊かな人間関係を
持っていることである。

と述べているが、その北加賀屋での取り組みは
自分の好きなことができて、まさに活き活きしている
と思うし、それが豊かな人間関係を作って行く
ことになるのだろうと思う。


このブログ内の関連記事

山崎亮氏が隠岐の島で取り組んだ事例から
離島で、月収12万円で毎月10万円貯蓄ができた若い女性・・・人と人とのつながりを生み出す第四の消費




お気に召したらクリックして下さい
人気サイトランキングへ

テーマ:社会学 - ジャンル:学問・文化・芸術


ノーコメント・・この表現が広まったのはいつで、誰がそのきっかけを作ったでしょうか?

記者会見などで、
著名人が、記者などから質問されて、
返答したくない質問に対して、

「ノーコメント」

と言うことがある。

さて、この「ノーコメント」という表現が
いつごろ広まったのか?

それは、1951年(昭和26年)の9月であった。

第2次世界大戦で、日本との講和条約を締結するために
サンフランシスコで会議が開かれたが、
その内容に反対していた
ソビエト連邦は会議に不参加と思われていたが
その会議にソ連から全権代表として、
グロムイコ(のちのソ連の外務大臣)が
参加した。

その時、記者から立てつづけに質問攻めをされたが
それに対して、グロムイコは

「ノーコメント」

を連発した。

サンフランシスコの講和会議は
日本の独立を回復するための
会議でもあったので、
日本でもソ連代表のグロムイコの発言は
ニュースとして伝えられるが、

あまりにもグロムイコが
「ノーコメント」を連発したため、
日本でも広まり、

「ノーコメント」という表現が
流行語になった。

そこから、「ノーコメント」という表現が
他の人達にも使われるようになっていった。

お気に召したらクリックして下さい
人気サイトランキングへ

テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


2月16日は天気図記念日

今日は、2013年(平成25年) 2月 16日 土曜日 

2月16日は
「天気図記念日」となっている。
1883年(明治16年)2月16日(金曜日)、
当時のお雇い外国人で
ドイツ人の技師である
エリヴィン・クニッピングの指導により、
当日の午前6時の観測値と天気に基づいて
東京気象台(現 気象庁)において、
天気図を作成した。
それが日本初の天気図作成ということで
2月16日が天気図記念日となっている。

この天気図は試験的に作成したもので、
現存していないが
この天気図は当時の内務卿の山縣有朋や
明治天皇に献上されたとも。

同年3月1日から正式に
天気図を毎日発表するようになり、
同年8月23日からは
新橋と横浜の停車場に掲示され始めた。

現在、気象庁からは
 3時、6時、9時、12時、15時、18時、21時
と、1日7回、天気図が作成、公表されている。

お気に召したらクリックして下さい
人気サイトランキングへ

テーマ:今日は何の日? - ジャンル:ニュース


日々、目にしているものの中で、今は無関係だが、将来大きく関係するものになったりすることがある

今日は、2013年(平成25年) 2月 15日 金曜日 

最近、西宮市の今津駅付近に
引っ越したばかりで、
まだ、自宅の洗濯機の接続ができていなくて
近所にあるコインラインドリーを利用した。

今津に引っ越して来るまで
そのコインランドリーの存在は2~3年くらい前から
知っていたが、
まさか、その時は、将来、そのコインランドリーを
利用することになるとは全く考えていなかった。

先日まで住んでいた西宮市の上甲東園での
住まいも
実は私の大学の母校の前にあって、
大学に通っていた時は、
その建物の存在を認知していたが、
大学を卒業して、約10年後に
その建物の空き部屋を賃貸で住む
ということになるとは
全く考えていなかった。

このような私の人生の中での出来事から
今、日々、目にしているもので
あまり意識していなくても
それらのうちから
将来、自分がお世話になることとなる
ものがあるかもしれないと思い、
人生の巡り合わせのおもしろさを
感じるのであった。

お気に召したらクリックして下さい
人気サイトランキングへ

テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


寒い北風を受けつつ、春に向かう日射しの暖かさを背中で感じながら、不確定性原理を思い出す

今日は、2013年(平成25年) 2月 14日 木曜日 

昨日の午後、
屋外にて、
北に向いて立っていると
寒い北風を感じつつ、
南側の背中には
春に向かって行く最中の
日光の暖かさを感じた。

日光はコートに直接あたるのだが、
その日光を受けた熱がコートや
下着を伝わって
背中の皮膚に伝わってくる。

熱とは分子間の運動の摩擦によるものだ。
波でもあり粒子でもある光が
コートに当たり、そのコートの分子の
運動をさらに活発化させて、摩擦熱がより
強くなって、その分子の振動が
下着の分子に伝わり、そして背中の皮膚に
伝わり、

「ああ、暖かい」と感じるのである。

熱とは分子間の運動の摩擦だということだが、
温度があるということはその温度の物質の分子が
動いているということである。

服はそのものも氷に比べれば暖かいことから
わかるように熱があり、
その服を構成している分子が運動して摩擦熱を
出しているのである。

氷は0℃でできるが、
その0℃の氷も
厳密に言えば、
実は熱を帯びているのである。
氷ができる0℃は
あくまで、摂氏を基準にした
0℃である。

摂氏0℃は
絶対温度では約273Kである。
(絶対温度の単位はK)

氷ができる摂氏0℃よりも
マイナス273.15℃低い温度が
絶対温度での0Kであり、
それを絶対零度と呼ぶ。

さて、絶対零度になると
熱がなく、分子の振動も止まると
20世紀初頭のころまでは考えられていたが、
量子力学の発展に大きく貢献した
ハイゼンべルグが提唱した
不確定性原理(Uncertainty principle)
によって、
実は絶対零度でも実は分子はかすかに動いている
ということがわかったのである。
その現象を「ゼロ点振動」と言う。

不確定性原理とは
電子などの粒子の
運動量と位置を同時に正確には測ることができないことを
意味している。

それにしても、
「原理」と聞けば、しっかりと確固たるものと思ったりするが、
「不確定」なことが原理だというのが量子力学のおもしろい
ところである。

そんなことを
寒い北風を感じつつ
背中に当たる
春が近づくころの
日射しの暖かさから思いだすのであった。

このブログ内の関連記事
温度で、摂氏○℃と言うけど、その「摂氏」の意味は?

お気に召したらクリックして下さい
人気サイトランキングへ


テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


引っ越し終えて・・・18年前の引越しの時を思い出して、時の巡りあわせの循環を思う

今日は、2013年(平成25年) 2月 13日 水曜日 

昨日、引越しを終え
新しい住まいでの暮らしが始まった。

昨日の朝までは
西宮市の上甲東園の関学正門前に
暮らしていたが、
今度の新しい住まいは
同じ西宮市の阪急今津駅から
徒歩1~2分のところに住むこととなった。

家主さんの都合で
引っ越しすることとなり、
上甲東園近くの
甲東園駅あたりで探そうかと思ったが、
いろいろ条件が合わなくて、
今津まで対象を広げると

おっ!これは!!


23㎡で、共益費含めて5万円以下という
私にとってとてもいい物件があったので、
それに決めた。
それも駅から徒歩1~2分とは
なんていい物件と思った。

今回の転居でいろいろ思いだすことがあった。
1995年1月17日まで
関学近くの上ヶ原で
当時、大学3回生の私は
下宿をしていたが、
阪神淡路大震災で居住不能となって
閑静な住宅地のある地域から
その時は、大阪市の上新庄という
駅から徒歩5分ぐらいの
賑やかなところに転居した。

今回の転居は
自然災害ではないが、
自己都合でない転居で、
閑静な住宅地辺りの関学前の上甲東園から
商店が多くあって賑わいのある
駅近くに転居するという
何か時の巡りあわせの人生の
循環みたいなものを
ふと思うのであった。


お気に召したらクリックして下さい
人気サイトランキングへ

テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


引越しの日の朝・・・西宮市上甲東園の最後の朝歩きを終え

今日は、2013年(平成25年) 2月 12日 火曜日 

今日は引っ越しをする日。
西宮市の上甲東園でに住居での
最後の目覚めを迎え、
そして、この地での最後の朝歩き、
30分ほどしばらくは見ることもない
ところもあると思うので、
そこを見ながら歩く。

30分はあっと言う間、
その30分の間に、地球の自転が進んでいるのだな
と思いつつ、近くのローソンで
朝食を買う。
このレジの若い女性の顔を見るのも
もうないのだろうなあと思いつつ。

今日は12時から14時の間に引っ越し作業が
始まる。
この住居での約6年7カ月の住まいを終え、
今夜には新しい住まいでの寝起きが始まる。


お気に召したらクリックして下さい
人気サイトランキングへ

テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


身の回りにあるものをフルに活かしきれていないなあと思うこのごろ

今日は、2013年(平成25年) 2月 11日 月曜日 

引っ越しをする日が近づき、
クローゼットの中のものを出して、
整理。
要らないものは捨てたりする。

引っ越し作業に当たって
物の整理をしていると、

初めは「あっ、これ使うかもしれないから置いておこう」
と思っても、使わないままで結局スペースを占有するだけに
なってしまうものがある。

何か物を買ったり、そのまま保管しておく時には
それを何のために使うのかより明確に具体的にしておかないとと
思うのである。

結局はいまある物をフルに活用して
使いこなせていないのだ。

新居に移ったら、
そう思って過ごそう。


お気に召したらクリックして下さい
人気サイトランキングへ


テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


引っ越し準備が進み、この場所での残り僅かな事を思う

今日は、2013年(平成25年) 2月 10日 日曜日 

このごろは
引越しの準備で、
風呂に入って出てくるのが
深夜1時をまわる。

このごろブログ記事は
何かを調べて書くということが
あまりできていない。

元ネタとなるような
書籍が今は段ボール箱の中にある。

次の新居では、
この本棚は部屋のあのあたりに置いてとか
使い易いような配置にしていこうと
いろいろ思いめぐらしている。

そんなことを思いながら
深夜2時ごろに眠り、
今朝は6時30分ごろに起床。

起きてすぐに温かいコーンスープを
飲み、体の中から暖め
6時55分過ぎから
西宮の上甲東園自宅周りを歩く。

まず東向きに歩き始めると
日の出直後の大きな赤々とした
朝日が目に飛び込む。

このようにしてこの周辺を朝に歩くのも
あとわずかと思いつつ、
今朝は冷えるなあと、近所の消防署の
電光気温表示を見ると-0.4℃。

起床後すぐに
温かいスープを飲んだおかげで
寒さは少ししのげる。

朝歩きの終わりごろに
近所のローソンで朝食を買う。

このところいつも同じ若い女性が
レジにいる。

その女性ともレジで顔を合わすのも
残り少なくなってきたなあと
思う。


お気に召したらクリックして下さい
人気サイトランキングへ



テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


自宅窓前の雪桜・・・・この場所、この位置での雪桜を見るのはもう最後だろう

今日は、2013年(平成25年) 2月 9日 土曜日 

昨日の朝、
西宮市上甲東園の自宅裏

雪自宅裏 130208_0816~001

雪が積もっていた。

西高東低の冬型の気圧配置になり
日本海からの雪雲が阪神間にも
北風に乗って流れ込んできた。

そして、2階にある自宅窓前にある
桜の木に雪が積もっていた。

雪桜 130208_0801~001

当ブログの先月の28日の記事
西宮市の自宅前、雪で白くなっていてで、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここでの積雪の光景を見るのは、
これで最後かなと
感慨にふける。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と書いたが、
もうすぐ今の住まいから引っ越しをするので
先月の28日にそう思ったが、
再び強い寒気で雪となり、
雪が積もった桜木を撮影することができた。

来週の今頃には新しいところで
住まいしていることになっているので、
これこそ、もう
この自宅窓前のある桜木に雪が積もった光景を
見るのが最後になるのだろうなあと思った。

この桜は、春になれば
綺麗な花を咲かせ、自宅の窓からの光景に
華やかさをもたらしてくれた。

その時の光景を記憶に残しつつ、
この住まいの場所から
去って行くことに感慨にふけるのであった。

お気に召したらクリックして下さい
人気サイトランキングへ

テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


ローソン働き盛り世代の賃金アップ・・・賃金アップは売上アップのための投資である

今日は、2013年(平成25年) 2月 8日 金曜日 

ローソンに関して、次のようなニュースがあった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ローソン、社員の年収引き上げ 消費刺激へ、20~40代対象
(東京新聞 2013年2月7日15時15分)

働き盛りで消費意欲の高い世代の年収を増やすことで消費の活性化につなげる。
少子化対策にも貢献する狙いがある。安倍政権が日本経済再生策として
企業に要請している賃金アップの要請に応える。

年収は平均で1人約15万円増え、子どもが3人いる場合には増額され
30万円程度になるという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということだが、
このローソンの動きに追随してくれる企業、
特に内需依存が高い大企業にやって欲しいものだと思う。

このローソンのニュースを聞いて、
アメリカの自動車メーカーのフォードのことを思い出した。
1914年に、フォードは最低賃金を2倍にした。

そうした背景に
労働者がたくさん稼がないと
自動車を買ってくれるお客さんが増えないと考えたからだ。
まさに、賃金アップを売上アップのための投資と考えていたのだろう。

平成になって20年以上
賃金下落⇒消費減退⇒売上減⇒賃金下落のスパイラルが
続いてきた。
売上減少の中、企業が利益を上げるために賃金を下げるという
その企業にとっては合理的なふるまいをしても
どの企業も同じようにしてしまうと
国民所得が減って、消費が減退して、企業の売上が下がるという
合成の誤謬の状態が日本で続いてきたわけである。

ローソンの今回の特に若者や子育て世代の
収入アップという方針になるのだが、
ローソンもフォードと同じように
賃金アップを売上アップのための投資と考えているのだろう。

この動きが多くの企業に広がっていくのかどうか。
ローソンの動きに追随する企業が少なければ、
デフレのままになってしまいそうだが、
賃上げのムードが広がれば
デフレによる所得減少というスパイラルを
抜け出していくと思うが、
そうなって欲しいものだ。

このブログ内の関連記事

1月5日の出来事・・・・1914年1月5日、米国自動車メーカーのフォードが、最低賃金を2倍に引き上げる・・・賃上げは売上アップのため投資

2008年2月14日の記事
責めの賃金アップは企業業績向上のための将来への投資である

お気に召したらクリックして下さい
人気サイトランキングへ


テーマ:経済・社会 - ジャンル:ニュース


ソロモン諸島沖巨大地震で八丈島で40㎝の津波・・・昨年8月の地震で、津波注意報解除後に50㎝の津波があったなあ

今日は、2013年(平成25年) 2月 7日 木曜日 

昨日、南太平洋のソロモン諸島沖で
日本時間の10時12分に発生した
マグニチュード(M)8.0の巨大地震で
14時41分に
気象庁が北海道から沖縄までの
太平洋沿岸に津波注意報を発令した。

最大で40㎝の津波を八丈島で
観測した。他の地点では
10㎝から30㎝の津波が観測された。

八丈島は
フィリピン沖~ニューギニア沖など
日本から見て南の太平洋での
大地震による津波で
50㎝の津波を観測されたりしている。

昨年の8月31日に
フィリピン沖で発生したM7.6の大地震では
津波注意報解除後に八丈島で
50㎝の津波が観測されたりした。

この度のソロモン諸島沖のM8.0の巨大地震による
津波注意報は22時45分に解除されたが、
昨年の事例を思うと解除後もしばらくは海面変動に
気をつけた方が良さそう。

50㎝の津波は
もし夏の海水浴シーズンであれば
すぐに海から陸に上がる必要がある。

50㎝の津波でも海流の流れが強くなるので
泳いでいれば流されてしまう。

また、津波が陸上に上がって
陸上で津波の高さが
30㎝程であっても
もしそれが地下街の階段に流れ込んだりすると
とても、人間がその流れに逆らって
階段を上がることは困難になってくる。

50㎝以下の津波でも状況によっては
あなどれないのだ。

このブログ内の関連記事

2012年9月7日の記事
津波注意報解除後もすぐに海で泳がない方が良さそう・・・津波注意報解除後に50㎝の津波を観測

2009年1月4日の津波注意報発表の遅れ・・・・1996年2月17日のニューギニア沖地震の時の津波警報の遅れを思い出した

阪神大震災で、実は津波が発生していた!・・・大阪湾断層帯大地震で神戸に5分以内に4mを超す大津波が来襲!!

お気に召したらクリックして下さい
人気サイトランキングへ



テーマ:地震・天災・自然災害 - ジャンル:ニュース


雪の予想がはずれ雨になって、ほっ

今日は、2013年(平成25年) 2月 6日 水曜日 

日付が変わって深夜0時過ぎ、
西宮市の上甲東園の自宅付近は
雨がしっかりと降っている。

昨日までの予想では雪であったが、
寒気の流れ込みが予想より弱くて、
雨になっていて、
0時の大阪と神戸の気温は

大阪 4.4℃
神戸 5.3℃

と雪にはあまりなりにくい気温である。

このまま雨のままであってくれたら
と思う。
雨雲レーダーを見ると
ややしっかり雨を降らせる雲もあって、
これが雪だったら大雪になりかねない雲もある。

今朝もこれ以上は気温が下がらないような
予想になっているので、雨のままだろう。

いつも朝にコンビニに行って朝食を買うが、
雨という予報があったので、
雨が降り出す前の昨晩に買っておいた。

それで、今朝はそれを食べ、
雨に濡れずにすんだ。

今朝6時の大阪と神戸の気温は

大阪 4.9℃
神戸 5.8℃

それで、雪にならず雨のままであった。

交通機関が乱れず、いつも通りに
動くことはできそうだ。

テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


立春過ぎて、また寒くなり、積雪の予報が

今日は、2013年(平成25年) 2月 5日 火曜日 

西宮の上甲東園の自宅にて、
深夜0時過ぎ、
外から
冷たい北風が切る音が聞こえる。
2日前は桜が満開のころの陽気であり、
立春の昨日、
九州南部では春一番が吹いたようであるが、
立春の翌日の今日、
西高東低の冬型気圧配置の
冬の気候に逆戻りして、
シベリアからの寒い気団が日本列島に
流れ込み、だんだん気温が下がって来ている。
ただ、今朝は思った程冷え込まず、
気温は6℃ぐらい。

ただ、
明日の予報では兵庫県南部で
雪マークになっていて、雪が積もるという予報で、
さらに寒くなりそうだ。

テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


西宮の上ヶ原台地から見える大阪摩天楼の夜景も、もうあまり見ることが少なくなってくるのだなあと

今日は、2013年(平成25年) 2月 4日 月曜日 

昨晩、21時20分ごろ、
西宮市の阪急甲東園駅を出て、
自宅のある上ヶ原台地に向かって、
階段を上がって行く。
階段を上がりきって、
振り返ると、
梅田スカイビルなどの大阪市北区の
高層ビル群の赤色灯などの灯りが見え、
少し、右に向くと
大阪市弁天町の
オーク200の高層ビル、そして、
今度、日本一高いビルになる阿倍野の高層ビル、
さらに、右に視点を向けると
大阪南港の
大阪府咲洲庁舎となっているコスモタワーの
高層ビルの赤色灯が見える。

上ヶ原台地は標高として30mぐらいと
思うが、
そこからの見る大阪市の夜景は綺麗である。

もうすぐ、この上ヶ原台地からの引っ越すので、
上ヶ原台地から見る
大阪の摩天楼の夜景をじっくり眺めた。
私の携帯電話のカメラでは綺麗に撮影できないので、
私の記憶に画像として残そうと
しばらく眺めていた。


お気に召したらクリックして下さい
人気サイトランキングへ

テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


立春前の桜が満開のころの陽気・・・・冬至から約40日、日光をより多く受け出した北半球の大気の分子活動が元気になってきたのだな

今日は、2013年(平成25年) 2月 3日 日曜日 

立春2日前の昨日、
私が住む西宮は暖かかった。

昨日の大阪と神戸の最高気温は
ともに

大阪 17.1℃(14時37分) 4月4日の平均最高気温
神戸 17.1℃(13時55分) 4月8日の平均最高気温

となり、桜が満開のころの
陽気となった。

南からの暖かい空気が
日本に流れ込んできたのだろう。

冬至から約40日が過ぎ、
冬至の時に比べて、
北半球への日光が降り注ぐ量が増えてきている。

熱・温度は、分子活動の摩擦熱であるが、
波でもあり粒子でもある太陽からの光が
大気中の窒素や酸素などの分子に当たると
光からのエネルギーでさらに
それらの分子活動の摩擦は強くなり、
温度が上がってくるのだ。

冬至が過ぎて、北半球における
大気中の分子活動が活発になって
それで温まった空気が増えて、
それが2月上旬のまだまだ真冬の日本に
一時の春の陽気を
昨日もたらしてくれたのだろう。

昨日のその暖かさによって
私は動き易くて助かった。
今の住まいはエアコンなき部屋で
冬はとても寒い。
今、引越しに向けた準備をしているが、
昨日は寒くなくて
桜が満開のころの陽気だったおかげで
引っ越し準備が進んでとても助かった。


お気に召したらクリックして下さい
人気サイトランキングへ

テーマ:気象 - ジャンル:学問・文化・芸術


立春2日前の暖かい朝

今日は、2013年(平成25年) 2月 2日 土曜日 

雨上がりの曇り空の
西宮の今朝は暖かい。

立春2日前の今朝
昨日からの南からの暖かい空気が
日本列島に流れ込み
過ごしやすい朝となった。

今朝7時までの
大阪と神戸の最低気温は

大阪  9.1℃
神戸 10.5℃

この冬の寒さを思うと
10℃前後の気温であれば
寒さは感じず、
体も動き易くなる。

まだまだ気象学的には冬なので
また寒さが戻ってくるだろうが、
立春2日前の体が動き易くなる
暖かさを嬉しく思う。

お気に召したらクリックして下さい
人気サイトランキングへ

テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


今から60年前の今日の1953年2月1日に、日本初のテレビ放送開始・・・60年後の今、若者のテレビ離れが進む背景とは

今日は、2013年(平成25年) 2月 1日 金曜日 

今から60年前の今日の
1953年(昭和28年)2月1日(日曜日)
日本で初めてのテレビ放送が始まった日であった。

その日の14時、
東京・内幸町の東京放送会館から
「JOAK-TV、こちらはNHK東京テレビジョンであります」の
第一声が放送された。

1926年(大正15年)12月25日という大正最後の日に
高柳健次郎が、世界で初めてブラウン管に画像を映し、
そして、1931年(昭和6年)から
NHK技術研究所でテレビの研究開始されて以来
約20年以上の歳月を経て、
やっと、日本でテレビ放送が始まった。

当日のテレビ放送の最初の番組は
歌舞伎役者の尾上梅幸、尾上松緑らの舞台劇であった。
その日は放送は4時間で終了。

当時の受信契約数は866件で、
テレビ台数は東京都内で、手作りテレビも含めて
1200台から1500台ぐらいだったという。

ちなみにその契約件数のうち東京都内が
664件で、そのうち482件が
アマチュアによる手作りのテレビだったという。

そのように、日本で
テレビ放送が始まって60年経つわけだが、
昨今は若者のテレビ離れが進んでいると言われる。

私は今年40歳で若者でもないが、
私はここ2年近く
テレビ離れになっている。

20年近く使っていたテレビが壊れて、
別に無くてもいいかということで
テレビを自宅で見ていない。

インターネットが普及して、
別にテレビがなくてもなあと思ったりする。
ネットの方がとんがった報道をしているところがあったりして、
テレビがなくてもなと思ったりする。

若者のテレビ離れの背景に、次のような見方がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なぜ若者はテレビ離れしているのか、制作会社から見たテレビの現在
(Business Media 誠 2011年9月9日20時20分)


視聴率至上主義がもたらす悪循環

 番組制作の環境を悪くしているのは、こうした経済的要因だけではない。
それは番組視聴率だ。日本の民放テレビが、企業などのスポンサーシップに
よって成り立っている以上、その番組が1人でも多くの人に視聴される
ようにすべきことは言うまでもない。

 しかし、そのことが番組制作の自由度を著しく低下させ、結果的に
「最近のテレビは面白くない」と言われる状況を招く一因になっているのではないか。
その辺の事情について、霜田さんは次のように説明してくれた。
 *霜田さんは制作会社大手ザ・ワークスの常務

 「テレビ番組は、私が関わるドラマに限らず視聴率をとることが
目的で制作されます。テレビ番組がほかの映像コンテンツと異なる
点はまさにここにあります。テレビ以外の映像コンテンツは、
コンテンツそれ自体を購入してもらうことで成り立っていますが、
テレビ番組は不特定多数のお客をたくさん集めて、そこで広告を見て
もらうことで成り立ちます。

 そのため、単一の個人の価値観に賭け、作家性を追求するという
アートとしての側面は失われ、ボリュームゾーンを狙った
個性の薄い作品になってしまう傾向があるのは事実です」

(中略)

こうしたとがった番組を作れないことが、若い世代のテレビ離れを
一層加速させているのだと霜田さんは嘆息する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スポンサーのお金が欲しいばかりに
個性のない番組ばかりを作ってしまい、
テレビがじり貧化していく。

そのスポンサーもテレビで
自分達のCMを見てくれる若者が少なくなって
しまって、自分で自分の首を絞めているのかもしれない。


テーマ:今日は何の日? - ジャンル:ニュース