言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



大学のチームが、日本海とオホーツク海の浅い海底にメタンハイドレート発見・・・日本の脱原発議論に影響を及ぼすかもしれない。

今日は、2012年(平成24年)10月31日 水曜日

当ブログの2012年10月7日の記事
日本海のメタンハイドレード(天然ガス資源)を採掘が進めば、脱原発が加速する

で、採掘にまだまだ時間がかかる太平洋側の
メタンハイドレートよりも
すぐに採掘できそうな日本海側のメタンハイドレートに
ついて書いたが、

昨日、その日本海側のメタンハイドレートについて
次の記事があった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メタンハイドレート、日本海・オホーツクにも存在 浅い場所で広範囲
(産経新聞 2012年10月30日0時54分)


次世代のエネルギー源として注目される「メタンハイドレート」が
日本近海の広い範囲で、海底下数メートルの浅い場所に存在する
可能性があることが新たに分かったと、北見工大と明治大などの
チームが29日発表した。オホーツク海や日本海で発見し、回収にも成功した。

 これまでも太平洋を中心に海底下数十~数百メートルで見つかっていたが、
極めて浅い場所で見つかったことで、比較的容易に採掘でき、
経済的にも優位になる可能性があるという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということだが、
北海道の網走市沖のオホーツク海
東北地方の日本海側の秋田県と山形県と
北陸地方の新潟県沖の日本海の海底の浅いところで
メタンハイドレートを発見し、
さらに、島根県隠岐の島周辺の海底でも
メタンハイドレートが存在している可能性が
わかったという。

今、原発停止による火力発電への依存度の高まりにより
石油や天然ガスの輸入が増えて、日本が貿易赤字に
なっていることを心配している傾向があるあが、
日本海側のすぐに採取可能なメタンハイドレートを
用いて、原発よりも発電エネルギーの効率が高い
ガスタービン発電と蒸気タービン発電の組み合わせである
ガスタービンコンバインドサイクル発電が
普及していけば、原発停止による貿易赤字拡大は縮小
するだろう。
この日本海側の浅い海底でのメタンハイドレートの
存在確認が広がれば、日本の脱原発の議論にも
影響を及ぼす可能性がある。


スポンサーサイト

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済


木枯らし1号、近畿地方で吹く、10月29日の木枯らし1号は1993年以降で初めて・・・木枯らしと聞けばあの曲を・

今日は、2012年(平成24年)10月30日 火曜日

昨日、大阪管区気象台は
近畿地方に木枯らし1号が吹いたと発表した。

昨年の10月25日に比べて
4日遅いが、3年連続で10月の木枯らし1号になった。

木枯らし1号の定義は、
「秋の10月半ばから12月上旬ごろにかけて、
西高東低の冬型の気圧配置で北よりの
風速8メートル以上の風が吹く状態が
一番初めに観測された時」

昨日の天気図を見ると

天気図 12102912
天気図 2012年10月29日12時
気象庁より

弱いながらも
西高東低の冬型の気圧配置で
近畿地方で
瞬間最大風速が10m以上の風が吹き
和歌山市と滋賀県高島市で15.1m、
大阪府豊中市で12.3m、
神戸市で11.5mを観測した。


近畿地方で
最も早く木枯らし1号が観測された年は
1993年(平成5年)で、10月23日である。

一方、最も遅く
木枯らし1号が観測された年は
2003年(平成15年)で、12月19日である。


1993年以降から昨年までの
月別の木枯らし1号の回数を見ると

10月  6回
11月 10回
12月  3回

日別で最も多い日は 
10月26日の3回である。
(1996年、1997年、2010年)

10月29日は1993年以降では初めてである。


木枯らし1号のニュースを耳にすると、

♪~出逢いは風の中 恋に落ちたあの日から~♪

木枯らしに抱かれて トップ10 1位

と思わず、小泉今日子の名曲「木枯らしに抱かれて」(1986年)を思い出す。


このブログ内の関連記事


2009年の木枯らし1号について
昨日(2009年11月2日)、木枯らし1号が吹き、急に寒い冬がやってきた

2010年の木枯らし1号について
昨日

(2010年10月26日)、近畿で木枯らし1号吹く・・・約1ヶ月前は真夏日だったが・・「木枯らし」と聞けば、あの曲を聞きたくなる


2010年の木枯らし1号の直後に台風接近
木枯らし1号の寒気直後に台風接近の予想・・・・北からの寒気と南からの台風という熱帯低気圧のせめぎあいに季節の境目とうつろいを感じる

2011年の木枯らし1号について
近畿地方、木枯らし1号、昨年よりも1日早く、2年連続で10月の木枯らし1号・・・さて、近畿地方で最も早い「木枯らし1号」は何日でしょう。

名曲 「木枯らしに抱かれて」について
木枯らしが吹く季節に難解な「謎」??

テーマ:気象 - ジャンル:学問・文化・芸術


台詞(せりふ)の語源は?・・・・役者さんが互いに競って言葉を出し合っているねえ

ドラマや芝居では
演じ手が話す内容を
「台詞(せりふ)」と言うが、
この「せりふ」という表現は
「競り言ふ(せりいふ)」という表現が
略されてできたようである。

「競り言ふ」とは
「互いに競り合って言う」という
ことで、つまり
「言いあう、文句を言い合う」
という意味があったようで、

江戸時代の近松門左衛門の作の
長町女腹切(ながまちおんなはらきり)
という1721年(正徳2年)に出された
人形浄瑠璃の中に

「おやじとのせりふならどこぞ外でしたがよい」

と、争いごとの場面で、「言い合い」という
意味で「せりふ」が使用されている。

その言い合いという意味で使われていた
「せりふ」が芝居の舞台での演じ手の
表現として使われるようになった。

どうしてそうなったかについて
定かではないが、

芝居で複数の演じ手が言葉を掛け合っていく
様子が、「競り言ふ(せりいふ)」ように
見えたからかもしれない。

「せりふ」という漢字表記で
「台詞」と書くが、それは当て字で、
どうして、「台」と「詞」が当てられたかについては

 台帳(台本)に書かれている詞

に由来するとか

 舞台で言う詞(ことば)

から、初めの「舞」が省略された
台詞と表記されるようになったとも言われている。


このブログ内の関連記事

○演劇舞台に由来する語源

2006年7月9日の記事
まさに、「大どんでん返し!」~歌舞伎から生まれた言葉

舞台興行の収支は「トントン」ですなあ

なあなあ・・・・・・・・・歌舞伎のある場面に由来する言葉

二の舞 ~ 雅楽の舞から生まれた言葉

檜舞台に立つ ~ 最高級の舞台で演じることができれた一流だ

テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


オジャンになる・・・語源は江戸時代の「鐘の音」か、当時のある「動詞」に由来する

「ああ~、この計画はオジャンだ」と
物事が途中でダメになってしまう意味で
「オジャン」という表現が使われるが
その語源は、江戸時代にあるようで、
その語源説は2つある。

1つ目は、半鐘(小型の釣鐘)の音に由来する説である。
江戸時代、火事が起きると、半鐘を鳴らしたが、
その半鐘の鳴らし方で、場所が近いのか遠いのか
どうか知らせていたが、
鎮火した時は
「ジャン、ジャン」と2回鳴らした。

そこから、「物事の終わり」の意味で
「オジャン」という表現が使われるようになったという。

2つ目は、「じゃみる」という動詞に由来する説。
「じゃみる」とは江戸時代に使われた表現であるが、
その意味は「途中でダメになる」であるが、
その「じゃみる」の「じゃみ」に
接頭語の「お」がついて、「おじゃみ」になり
「オジャン」になったという。

さて、その「じゃみる」という動詞の語源は
「火事の半鐘、じゃんじゃん」に由来するという説があり、
そうであるならば、おじゃんの語源は1つ目の
半鐘の音に由来するということになる。



テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


はしょる・・・和服の着方に由来する言葉

物事を省略したり、簡略化するという意味で

「はしょる」

という表現がある。

これはもともと着物の着方に由来する言葉である。
着物を着てい歩いている時
歩き易くするため、
また、雨が降ってきた時に着物の裾が濡れないように
着物の端を折った。

その「端(はし)を折る」という行為を
「端折る(はしおる)」と言い、
そうすると、着物が短くなる。

そのことから
短くしたり、省略したり、簡略化するという意味で、
「端折る(はしおる)」が音変化して、
「はしょる」という表現がなされるようになった。




テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


折り紙付き・・・人物を良いように評価する「折り紙付き」という意味の由来は

「あの人の実力は折り紙付きだ!」

というよいうに、

人物を高く評価する表現として

「折り紙付き」と使われたりする。

どうして、そのような表現になったのか?

折り紙とは半紙を横半分に折ったものであるが、
平安時代の終わりころから鎌倉時代にかけて、
命令や訴状などの官公文書に用式で
紙を半分に折るようになってきた。

やがて、江戸時代になると
刀剣や書画・骨董品などの美術品の品質の保証を
証明する鑑定書にも折り紙の用式が使われるようになり、
品質を保証するという意味で
「折り紙付き」という表現が普及し、
さらに、それに由来して、刀剣や美術品だけでなく
人物の実力や資格などを肯定的に評価する表現としても
使われるようになった。


テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


世界初の自動販売機は2000年以上前のエジプトにて・・・数学のある公式を考案した人が考え出したとも言われる

今や当たり前のように見かける
自動販売機であるが、
世界初の自販機は
2000年以上前の
エジプトだったという。

紀元前215年ごろ、
プトレマイオス朝エジプトの
アレキサンドリアの神殿にお祈りの人達が
多く訪れていたが、
そのお祈りの時に使う聖水の
自動販売機があったのだ。

聖水の自販機にコインを入れると
てこの原理によって、コインの重みで
聖水の自販機内の弁が開いて、
聖水が出てくる仕組みになっていた。

その原理図が
当時、アレキサンドリアにいた
科学者の
ヘロンが著した「気体装置(Pneumatika)」に
描かれいる。

聖水自販機の原理図
ヘロンの「気体装置(プネウマティカ)」の中に描かれている聖水自販機の原理図
(イタリア国立図書館蔵)

それはヘロンの発明か、彼の師のクテシビオスによる考案のものかは
わかっていないが、

そのヘロンとは、高校数学で習う
三角形の面積を求める公式である
ヘロンの公式を考案した人物である。

*ヘロンの公式は、三角形の三辺それぞれの長さがわかっていると
三角形の面積を求めることができる公式。

そのヘロンが発明したともされる
自動販売機は、17世紀にイギリスで再度見られるようになり、
欧米に広まった。

日本には明治時代に、日本初の自動販売機がお目見えした。
その日本では、1970年代以降
急速に自動販売機が増え、

1位:日本:  2兆2130億円

2位:アメリカ:1兆0980億円

3位:ドイツ    3725億円

と日本は自販機大国になっている。

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術


信じる者が横につくと「儲かる」~京都の老舗の半兵衛麸の言い伝えと「石門心学」

京都に
江戸時代の元禄二年(1689年)に創業した
半兵衛麸(はんべいふ)
という麩とゆばを専門に製造販売している
老舗がある。

創業して330年以上経つが、
創業以来、材料にこだわり、時代の変化とともに
麸を発展させながら、丹精を込めて
伝統の味わいと技を守り続けている。

麸・ゆばは、
京都の寺院や宮中で育まれた日本の伝統食材で
半兵衛麸は300年以上にわたり
寺院本山や料亭などに納品してきた。

昨今は、
植物性たんぱく質と食物繊維が豊富な麸は
低カロリーで自然の食材だけを用いた健康的な食品としても
注目され、
美容と健康に意識の高い層やマクロビオティックの実践者からも
好まれる食品となっている。

伝統の味と技を守りつつ、時代の変化に対応して、
バターやき麸のホットチョコレート
など様々な麸を用いたスイーツを開発していている。

バターやき麸のホットチョコレート
バターやき麸のホットチョコレート

その半兵衛麸が大きな危機に陥ったのは
十代目の玉置家の四郎之助の時であった。

昭和の戦前、四郎之助は名古屋に支店を出し、
大阪に料亭を出すなど業務を拡大していたが、
第2次世界大戦の中、
1941年(昭和16年)に
戦争に伴う食糧管理法により
麸の原料である小麦が統制品となり
さらに鉄製の釜や機械などが
軍需用に供出させられて事業の継続が困難になった。

終戦直後の物不足の中、
隠れて小麦粉を仕入れて麸を売る
ヤミの麩屋が現れたりしたが、

「闇市の小麦を使用しては麸に失礼」と
休業していた四郎之助は

「うちは真面目な麩屋であり、汚点をつけてはいけない」

とヤミ商売に手をつけることはなかった。
書画骨董などを売ってしのいでいたが、
困窮していった。

1952年(昭和27年)に食糧管理法の撤廃が撤廃され、
その翌年に十一代目 の辰次が事業を再開。
ヤミ製品があふれるなか品質重視を掲げ、

また、戦後は食生活の大きな変化で麩が使われる味噌汁が
作られることも少なくなり、麩への需要が減る中、
高級スーパーや百貨店への販路を拡大して、事業を続けてきた。

終戦直後、苦しい中でもヤミ商売に手を出さなかった
半兵衛麸であるが、半兵衛麸を受け継いできた玉置家の
家訓に

「先義後利( せんぎごり )」がある。

これは、中国の戦国時代の思想家・儒学者である
荀子(じゅんし、紀元前313年? ~ 紀元前238年?)の
「先義而後利者栄( 義を先にして利を後にする者は栄あり)」という
言葉に由来するものであるが、

その「先義後利( せんぎごり )」が
半兵衛麸を受け継いできた玉置家の家訓になったのは
江戸時代後期の三代目の三十郎の時である。

三十郎は、
江戸時代中期の思想家で
商人の倫理を説いた石田梅岩の
思想「石門心学(せきもんしんがく)」を
学び、「先義後利( せんぎごり )」を確立したのであった。

石田梅岩(1685年 - 1744年)は
儒教や仏教、日本古来の神道の思想を取り入れて
「石門心学」を確立。

ちょうど元禄のバブル経済が崩壊した直後、
有力商人が相次いで追放・財産没収され、
士農工商の身分制度で身分が低くされた
商人の営利活動が憎むべきものとされていた時代に
石田梅岩は
買い手に満足してもらえるようなモノを売って
得た利は商人の道であり
商いの利潤は武士の俸禄と同じく正当なものであると説き、
石田梅岩がいた京都の商人たちに強く支持された。

石田梅岩は

商人が
「仁(他人を思いやる心)」
「義(人としての正しい心)」
「礼(相手を敬う心)」
「智(知恵を商品に生かす心)」
という4つの心を備えれば、
お客様の「信(信用・信頼)」
となって商売はますます繁盛する

と説いている。また、

自分が儲かり、相手が損をするのは
本当の商売ではない。
品物(商品)には常に心を込めて気を配って
お客さんに納得して喜んで買ってもらうことで、

適正な利潤を得ることができ、
「福を得て、万人の心を案ずることができる」
とも説いている。

この石田梅岩の思想の影響を受けたのが
明治時代の現代の様々な大企業の起業を手掛けた
渋沢栄一であり、
その渋沢の影響を受けたのが
パナソニックの創業者である
松下幸之助であり、
その松下幸之助の影響を受けたのが
京セラの創業者の稲盛和夫であるとされている。

そのように時代を越えて創業者達の思想に
影響を残している「石門心学」の心を受け継いで
「先義後利( せんぎごり )」を家訓にしてきた
老舗の半兵衛麸の玉置家であるが、
その玉置家に先祖代々からの言い伝えに
次のようなものがある。

「言う」という言葉に
「人=にん偏」が付くと「信じる」という言葉になる。
信じる者が横につくと「儲かる」になる。
つまり「商売の基礎は"信者"」をつくること。


初めから儲けることを考えて事業をすると、失敗する。
お客さんから信じてもらうように努力すること、
それが、儲かることにつながるということである。

半兵衛麸では、
国内に守り手がおらず海外に流出していく貴重な文化財を保護しようと
しており、本店の一角に展示して、次世代に伝えていこうとしている。
また、
伝統的な食文化の素晴らしさを後世まで広く伝えたいという願いから
古いお弁当箱を多数展示している
お辮當箱(べんとうばこ)博物館が本店2階にあり、
見学は無料である。

お辧當箱(べんとうばこ)博物館
お辮當箱(べんとうばこ)博物館

参考リンク
半兵衛麸 ホームページ
画像は以上のページより

このブログ内の関連記事

世界各国の人々が共感する「売り手よし、買い手よし、世間よし」 の近江商人の「三方良し」の哲学

老舗の語源
老舗 ~ 継がれている商売を真似する




テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術


適切な比喩表現が正しい問題解決策を思いつかせる

「笑いが爆発した」という表現を聞けば
「爆笑」になったとわかる。

ただ、厳密に言えば
笑うという感情表現が爆発するという物理的現象を
もたらすわけではないが
「笑いが爆発した」と聞けば、
とてもおもしろくて、大きな笑いが起きている
ことがわかる比喩表現である。

そのようにあることを表現する時に
他のものを喩(たと)えとして借りて
表現することを「メタファー(隠喩)」という。

そのメタファーが、新しいことを発想したり
何かの問題解決のための手掛かりをもたらしたりする。

例えば、医療の放射線治療で
軍事作戦のメタファーを使って、有効な治療法をもたらす
ことがあった。

放射線治療は、ガンの腫瘍を放射線によって破壊して
ガンを治す治療であるが、その放射線を出す時に
正常な組織まで壊してしまう恐れもある。

そのような放射線治療をする複数のチームに
ある軍事作戦の状況を聞かせてそれぞれに違う解決策を提示
した結果、実際の放射線治療の方法も違ってしまうという
実験例があった。

問題解決のためのヒントを与えるための軍事作戦は
次のようなものであった。

戦争に勝つためには、ある敵陣の中心的な要塞をどうしても陥落させる
必要があった。ただ、その要塞からたくさんの道が放射線に出ていて、
さらにそれらの道には地雷が仕掛けられていて、
小さな軍隊なら地雷に触れずに通ることができるが、
大きな軍隊で通ってしまうと地雷に触れて爆発してしまう。

これの解決策として、2つあった。

1つ目は、地雷のない道を探して、全軍を大きな軍隊のまま
その道を進む。

2つ目は、軍隊を小分けして、それらの小さな軍隊を同時に
複数の道を進む。

さて、この解決策のうち1つだけをそれぞれの放射線治療を
するチームは耳にした。

1つ目の全軍を大きな軍隊のまま進ませるという解決策を聞いた
グループは、「食道を通じて放射線を一気に送る」という
解決策を思いつくことが多かった。

一方、2つ目の軍隊を小分けするという解決策を聞いた
チームは
「ガンの腫瘍に対して、周囲からいくつもの弱い放射線を当てる」
という解を思いつくことが多く、それが正しい治療法である。

2つ目の軍隊を小分けにするという方法を耳にしたグループの70%が
正解したが、それを聞いていないグループは10%しか正解しなかった。

また、その軍隊を小分けにして進軍するという話を聞いていない
グループは、
「ガンの腫瘍に対して、周囲からいくつもの弱い放射線を当てる」という
正解を言っても、その有効性に同意する者が少なかったという。

さらに、その軍隊を小分けにするというメタファーを実際の
放射線治療に応用するようにという示唆を受けていなければ、
軍隊を小分けにして進軍するという話を聞いても
30%しか正解していなかったという。

つまり、適切なメタファーを実際の問題解決に応用せよと
伝えなければならないのだ。
そうすると、正しい解決策をもたらす可能性が高まるということを
この実験は示唆している。


このブログ内の関連記事

これも比喩表現のようなことから発想が導かれるお話です
アナロジーを用いた命題化とヒット商品

テーマ:発想法・編集法 - ジャンル:学問・文化・芸術


一枚の落葉を見て、世の大きな移ろいと自然の理を思う

今日は、2012年(平成24年)10月22日 月曜日

今朝5時15分過ぎ、
まだ、星の輝きが見える空の下
朝歩きを始めると、
自宅近くの
色づき始めた葉桜の並木道を歩いていると
その葉桜から一枚の落葉があった。

その一枚の落葉の光景が

一葉落ちて天下の秋を知る

という古代中国に由来する言葉の記憶を
私の脳内のメモリーからクリックした。

「一葉落ちて天下の秋を知る」とは

小さな兆候から世の中の変化や
大きな根本を知るという意味がある。

その何かが落ちて、大きな根本を知った人物として
17世紀から18世紀にかけて存在した
あるイギリス人を思い出した。

その人物の名は、アイザック・ニュートンである。

ニュートンがりんごの木を見ていた時に、
ふと、リンゴが落ちたのを見て、
リンゴの実が落ちることと、
月が地球のまわりを回っていることは
本質的に同じことだと気づき、
自然の大きな根本原理である万有引力の法則の発見に
つながったのだ。

そのようなことを
一枚の落葉を見たのをきっかけに
まだ夜が明けぬ空の下で
歩きながら思っていた。

歩きながらも一枚の落葉を見て、
世の移ろいや自然の理を思うことができるのは
今までの人類の英知の蓄積を
知ってるからだ。

私の場合は、そのようなことを知っているから
思えるわけで、
何気ない現象をきっかけに
大きな根本原理に気づく天才にはあらためて
敬意の念を抱く。


このブログ内の関連記事

一葉落ちて天下の秋を知る


テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術


自ら輝く星と反射して輝く星

今日は、2012年(平成24年)10月21日 日曜日

今朝5時過ぎに、
自宅の南向きの玄関のドアを開き、
まだ暗い南の空を見ると、
明るく輝くシリウスが見える。

東の空を見ると、
シリウスよりもさらに明るく輝く星が見える。
それは明けの明星の金星である。

シリウスは自ら輝く星
金星は太陽という恒星からの光を反射して
輝く星である。

地球から見ると
自ら光る星も反射して光る星も
同じ輝く星に見える。

シリウスは自ら輝く星なので恒星
金星は恒星の周りを公転する惑星
同じ輝く星でも違いがある。

シリウスよりも金星の方が明るく見えるが、
それはシリウスよりもはるかに金星の方が
地球に近いからである。

秒速30万kmの光は
太陽の光を反射させる金星から
数分で地球に届くが、
シリウスからは
秒速30万kmの光が
8.6年かかって、地球に届いている。

暗い空に輝く星、
同じ輝く星でも違いがあり個性があるのだ。

テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


再読の日々・・・・改めて、深く考える機会にして、脳裏に刻み込む

今日は、2012年(平成24年)10月20日 土曜日

このごろ
今まで読んだ本を再読することが多い。
再読することで理解がさらに深まったり、
新たにその本に書き込みをしたりすることがある。

再読している本に、
前に読んだ時に、何か書き込みをしている文字を
見たりする。その書き込み年月日を書いているので、
その時、その本を読んで、そう思ったのかと
思ったりする。

ただ、そのことをその本を再読するまで
思い出せていないというのは
その一瞬だけ思いついただけで、
継続的に、そのことについて深く考えたりして
いないということだ。

また、再読することで、
改めて、思い出して、そのことについて
深く考える機会を得ることができるので、
それを脳裏に刻むまで、思い出したり、考えたりして、
自分の思考を深めたいと思う。


テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術


えっ!ワイロ0円で収賄罪が確定!!!・・・福島原発に厳しい態度を取った前の福島県知事に対する冤罪事件での不当な最高裁判断

今日は、2012年(平成24年)10月19日 金曜日

日本の最高裁は
腐ってるなあと思う判決があった。
これは、原発問題が関係する
ある政治家に対する冤罪事件である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

佐藤前福島県知事、有罪確定へ ダム建設汚職
(東京新聞 2012年10月16日22時38分)


福島県発注のダム建設工事をめぐる汚職事件で、最高裁第1小法廷(桜井龍子裁判長)は
16日までに、収賄罪に問われた前知事佐藤栄佐久被告(73)について、
検察、弁護側双方の上告を棄却する決定をした。懲役2年、
執行猶予4年の二審東京高裁判決が確定する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということで、
前の福島県知事であった佐藤栄佐久氏の有罪が最高裁で確定
ということだが、
この記事だけでは、なぜ、私が「最高裁が腐ってる」
と思うかわからいないと思うが、
実は、佐藤栄佐久氏がもらったワイロの金額は0円で、
なぜ0円でわいろをもらったとなるのか、
最高裁は高裁の有罪判決が妥当としているが、
高裁の判決もおかしな内容であった。

高裁判決で何をワイロと認定したのか?

この事件を扱った
マル激トーク・オン・ディマンドの
第445回(2009年10月17日)
「物言う知事」はなぜ抹殺されたのか

から引用すると

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

二審では一審で佐藤前知事が弟の土地取引を通じて得ていたと認定されていた
賄賂の存在が否定されたにもかかわらず、「無形の賄賂」があったとして、
裁判所が有罪判決に踏み切ったことだ。
 元々その賄賂の根拠というのは、佐藤氏の弟が経営する会社が水谷建設に
土地を売却した際、その売却額が市価よりも1割ほど高かったので、
その差額が佐藤氏に対する賄賂に当たるというものだった。
ところが、その建設会社はその後更に高い値段で土地を売却している
ことがわかり、「市価より高い値段による賄賂」の大前提が崩れてしまったのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということだが、
例えば、100万円の土地を1割増しの110万円で売って、
その10万円が市場価格よりも高いので、それがワイロにあたると
しているのだが、
その売った先の会社がさらに110万円よりも高い価格で
別のところに売っていて、
つまり、その土地は値打ちがあると多くの人が判断しているので、
土地価格が上がっていくという
市場原理にもとづく経済原理が働いているということなので、
佐藤氏の弟が100万円よりも1割増しで売るのは
その土地に値打ちがあるから売値を上げるという
市場原理に沿った取引をしただけなのに、
それが市場価格よりも高いからワイロになるなんて
バカげたことがあるかあ
ということなのだ。

さて、この佐藤栄佐久氏に対して東京地検特捜部が行った
捜査に対して、原発にからみ政治的な疑惑が付きまとっている。

佐藤栄佐久氏は自民党員で、参議院議員を1期目に辞職して、
福島県知事に当選して、知事の5期目を務めていた時に
強制捜査を受けた。

佐藤栄佐久氏は、原発は容認で別に反原発でもなかったが、
東京電力が福島原発でトラブル隠しをしていたことを受けて、
原発に厳しい政策を取り始め、福島にある原発10基を停止に
追い込んだ。
やがて、そのような佐藤氏に対して、贈収賄疑惑での捜査が始まるが、
その経緯いついて、

ドイツの公共放送であるZDF(第2ドイツテレビ)の
特集「フクシマの嘘」で、
佐藤栄佐久氏はインタビューで
語っている。

その文字起こしを
ブログ「カレイドスコープ」の
ドイツZDF報告-原発・悪魔たちの闇のネットワーク
(2012年3月22日)

から引用する。(一部加筆しています)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

18年間福島県知事を務めた佐藤栄佐久氏は当時の日本の与党、保守的な自民党所属だ。
佐藤氏は古典的政治家で、皇太子夫妻の旅に随行したこともある。

始めは彼(佐藤栄佐久氏)も、
原発は住民になんの危険ももたらさないと確信していた。
それから、その信頼をどんどん失っていった。

福島県の原発で働く情報提供者から約20通ファックスが届き
その中には
スガオカ氏(福島原発の中心部材の重大な欠陥を告発した元GE職員)の
告発も入っていました。

経産省は、その内部告発の内容を確かめずに、これら密告者の名を東電に明かしました。

(佐藤栄佐久氏のコメント)
「それからわかったことは、私も初めは信じられませんでした。
東電は、報告書を改ざんしていたというのです。
それで私は新聞に記事を書きました。
そんなことをしていると、この先必ず大事故が起きる、と」。

それでやっと官僚たちもなにもしないわけにはいかなくなり、
17基の原発が一時停止に追い込まれた。

調査委員会は、東電が何十年も前から重大な事故を隠蔽し、
安全点検報告でデータを改竄してきたことを明らかにした。

(中略)

彼ら(東京電力)は佐藤氏に報告書の改竄に対し謝罪したが、
佐藤氏は安心できず、原発がどんどん建設されることを懸念した。

そこで佐藤氏は日本の原発政策という「暗黙のルール」に違反してしまった。

2004年に復讐が始まった。

(以下、佐藤栄佐久氏のコメント)
12月に不正な土地取引の疑いがあるという記事が新聞に載りました。
この記事を書いたのは本来は原発政策担当の記者でした。

この疑惑は、完全にでっち上げでした。
弟が逮捕され、
首相官邸担当の検察官が一時的に福島に送られて検事を務めていた。

彼の名はノリモトという名で
遅かれ早かれ、お前の兄の知事を抹殺してやる、と弟に言ったそうです。
事態は更に進み、県庁で働く200人の職員に
圧力がかかり始めました。
少し私の悪口を言うだけでいいから、と。
中には2、3人、圧力に耐え切れずに
自殺をする者さえ出ました。
私の下で働いていたある部長は、いまだ意識不明のままです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということである。
原発政策担当の記者が、東電福島原発に厳しい態度を取っていた
佐藤栄佐久福島県知事の贈収賄疑惑の記事を書きだし、
首相官邸担当の検察官が取り調べに来るという
まあ、原発に厳しい態度を取る佐藤栄佐久氏を
潰しにかかったと思わせる状況である。

これが、ドイツの公共放送(日本で言えばNHKのようなところ)
で放送されているのだ。日本の普通のテレビ局では放送されていない。
(引用したブログページにこの放送のYouTubeへのリンクがあります)

そのような政治的な疑惑がつきまとう冤罪事件と思われ、
ワイロ0円なのに、
最高裁の桜井龍子裁判長は
収賄罪の有罪を確定させたのだ。
おまえ、まともに最高裁判事の仕事してるんか!と言いたくなる。

この桜井龍子最高裁判事は、
労働省出身の官僚出身の判事である。

彼女は、御殿場事件というこれも冤罪事件だろと思う事件でも
有罪実刑確定させて、無実の国民を刑務所送りにしている。

前回の2009年の衆議院総選挙時の
最高裁判事の国民審査で、
私は、
御殿場事件で有罪実刑判決を出した桜井龍子最高裁判事に
不信任の「×」をつけた。

次の議院総選挙では、彼女は審査の対象にならず
「×」をつけられない!!!!!

それにしても、
最高裁という司法の手続きの最後で
正当な判断がつけられないとなったが、
最高裁だけでなく、行政官僚・国会も含め
権力機関への法的な手続きを取っても
正当な判断が下されないと思うことが
増えてくると、
中には
「法的な手続きでもダメなら、最後は力づくで訴えてやる」
と暴力的なテロを起こす者が出てくるかもしれないし、
もしかしたら、
昭和初期の5・15事件や2・26事件のような
血走った青年将校のような者たちが現れて
「問答無用」で、暗殺される政治家や官僚や裁判官が
出てきたりするんじゃないのと想像することがある。



このブログ内の関連記事

2007年8月23日の記事
御殿場事件再び有罪判決 ~ 日本は近代司法にあらず、日本の司法は腐っている

テーマ:刑事事件・裁判関連ニュース - ジャンル:ニュース


はんなり・・・その語源 「花(華)がありますなあ」

「はんなりしてますなあ」と
陽気で上品な明るさがあり
落ち着いた華やかさを持つ様を
意味する「はんなり」という
京言葉がある。

その「はんなり」はもともとは
「花也(はななり)」で、
「花(華)のようである」という意味に
由来している。

その「花也(はななり)」が撥音化して
「はんなり」と変化していった。

テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


また、警察は自白偏重で調書を作文したのか!・・・PC遠隔操作なりすまし事件で、無実の人が犯行動機を語っている不思議・・やはり、取り調べの全面可視化全面実施が必要

今日は、2012年(平成24年)10月17日 水曜日

PCの遠隔操作によって、
他人になりすまして、
電子掲示板に脅迫文を書き込んだ事件で
真犯人と思われる人物からの
犯行声明文から、
それまで犯人とされ逮捕されたり
未成年で保護観察処分を受けた少年に
対する警察の取り調べに対する問題点が
浮き彫りになった。

::::::::::::::::::::::::::::

PC遠隔操作:逮捕の2人一時否認…「声明」言及の事件
(毎日新聞2012年10月15日23時08分 最終更新10月16日1時11分)


神奈川県警によると、6月に横浜市のホームページに小学校への
襲撃予告を書き込んだとして、男子大学生(19)を逮捕。
当初は「やってない」と否認したが、その後、横浜地検に
「楽しそうな小学生を見て困らせてやろうと思った」と容疑を
認めたという。すでに保護観察処分が決定しているが、
県警は一連の経緯について調査を始めた。

一方、8月に秋篠宮ご夫妻の長男悠仁さまが通う幼稚園への襲撃
予告を送信したとして、警視庁に逮捕された福岡市の無職
男性(28)もいったんは「同居の女性がやった」と関与を
否定していた。しかし、その後は容疑を認め「就職活動で不採用に
なったのでむしゃくしゃしてやった」と具体的に動機を説明。

さらに有名子役タレント事務所への脅迫メールを送信したことも認め、
再逮捕されていた。ただ、地検の調べには否認していたという。

 警視庁はこれまで「容疑を認めており、大阪などの事件とは異なる」と
強調していた。ただ、今回の「犯行声明」は、犯人しか知り得ない詳細な
内容で、実際に送り付けられたメールと全文が一致していた。
捜査の見直しを迫られる可能性もあり、捜査幹部は「動機もきちんと
供述していたのに」と困惑した様子で話した

::::::::::::::::::::::::::::

ということだが、

どうやら、犯人とされてしまった
男子大学生(19)と福岡市の無職男性(28)は
無実のようだが、それなにのどうして

「楽しそうな小学生を見て困らせてやろうと思った」
とか
「就職活動で不採用になったのでむしゃくしゃしてやった」

という犯行動機を語ったとされているのか、
おそらくそれを警察は調書(裁判で証拠採用される)
に書いているだろう。

捜査幹部が
「動機もきちんと供述していたのに」
とのたまっているようだが、
取り調べで、
警察が勝手に想像した動機にもとづいて
取り調べを受けた被疑者に
そのように言うように誘導したり、
調書に作文していたのだろう。

これまで、日本の冤罪事件で
自白偏重の弊害が長きにわたって問題視されているが、
今回の事件で
全くその構造的な問題が残されたままであることが
浮き彫りになっている。

真犯人と思われる人物からの犯行声明の
動機の中に

「警察・検察をはめてやりたかった、醜態をさらさせたかった
という動機が100%です」

とあるが、まさに自白偏重主義による
無実の人の犯行動機のねつ造をしてしまう
警察の醜態をさらす結果になっている。

話は少しそれるが、この真犯人とされる人物からの
犯行声明を見ると
1984年(昭和59年)に
グリコ森永事件を起こして

「けいさつのあほどもへ」

という挑戦状を送り続けた「かい人21面相」を思い出す。

話はもとにもどして、

今回、真犯人と思われる人物の犯行動機通りの
醜態をさらしている警察の取り調べの問題を見ると
先進国標準とされる
取り調べの全面可視化(全面録画)は
日本にも必須と感じる。

それは、自白偏重による冤罪事件への大きな抑止と
なりえるだろう。

またそうすることは、裁判員制度で
普通の国民が刑事事件の判決に関与する状況で
なおさら必要だと思う。

もしかしたら、無実の人間を警察の自白偏重による証拠で
実刑判決を出してしまい、刑務所送りやあるいは死刑に
してしまうことに普通の国民が加担する事態を引き起こ
しかねないからだ。

富山県での少女暴行事件で
無実の人が実刑で刑期を終えた後に
真犯人が判明する事件があったが、
自白を強要され、やっていないのに
誰も信じてくれず、犯行を否認する気力がなくなった
ということがあった。

そのような事例を思うと、
自白偏重主義によって
裁判員裁判で普通の国民が冤罪事件に加担する
事例が起こり得る現状だと思うので、
それを抑止するためにも
取り調べの全面可視化(全面録画)は
早急に全面実施するべきだろう。


このブログ内の関連記事

○IT事件と警察の問題

ウィニー作成者無罪確定・・・47氏の慧眼をつぶした日本、スイスでは非正規ダウンロードでも合法へ

入試ネットカンニングの予備校生は刑事的には無罪・・・・京大の無能対応によってリヴァイアサンという国家権力のモンスターに襲われるはめになった19歳予備校生の悲劇

またもや、冤罪で無辜の人が刑務所に送られようとしている!! ~ 警察の証拠捏造疑惑のある高知白バイ衝突事故の控訴審即日結審
この事件は結局最高裁で実刑となり、無辜の市民が警察の証拠ねつ造で刑務所送りになった

○グリコ森永事件について かい人21面相の挑戦状などを引用しています
「かい人21面相」が暴れ始めた日~日本初の劇場型犯罪「グリコ・森永事件」勃発

テーマ:刑事事件・裁判関連ニュース - ジャンル:ニュース


お開き・・・もともとはお侍さんが使っていた言葉・・「あっ、負けてしまった」

会合や宴会などを終わる時に「お開き」という言葉を使う。
これは、「終わる」「閉じる」と言うと、
せっかくおめでたいことなど良いことが終わってしまう
となってしまうのを忌み嫌ったため、
そのかわりに「お開き」という表現を用いるようになったが、
もともとは、その表現は武士が使っていたようだ。

武士は戦が本業であるが、
武士が戦で形成不利になり退却さぜるえなくなった時
「退却」とか「負けた」などの表現を使うのを忌み嫌い、
敵に土地を明け渡すときに「お開き」と表現を使った。

それが、江戸時代のころには「帰る」という意味で
使われるようになり、
明治時代になると、宴会などを閉じるという意味で
使われるようになった。

テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


テスト・・・語源をたどると「つぼ」。壺を使って何を試していたのか

中高生の学生さん達は、
中間・期末テストの時期になると
テスト対策の勉強で忙しくなるが、

その「テスト」という言葉は
英語の「test」であるが、
その語源は、
ラテン語の「testum(テストゥム)」に
由来するが、それは「土製の壺」を意味する。

どうして、「土のつぼ」が今の試験を意味する
テストになったのか。

この「testum(テストゥム)」という
「土製の壺」をよく利用していたのは錬金術師であった。

錬金術師達は、土製の壺に鉱石を入れて、
壺に火をかけ、鉱石を溶かしていくと
不純物は上の層へ、比重の重いものは
下へたまり純度の高い鉱物が分けていた。

その原理を使って、コインなどの金属製品が
本当に金がどうか試していた。

そこから、「testum(テストゥム)」が
人の能力を調べる試験の意味として使われるようになり、
それが英語の「test」となり、それが
現在の日本でも試験の意味で「テスト」が
使われている。



テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


留守(るす)・・・・もともとは「不在」という意味ではなかった

「今日は、外出するので家を留守にします」
と「留守」と聞くと、不在のことを意味すると思うが、
「留守」とはもともとは不在の意味ではなかった。

「留守」は「留まって守る」ということで
「留まる」ので、不在ではなく、そこにいるということになる。

この留守という言葉は、中国語に由来していて、
「皇帝が都を不在にしている間、都に留まって代わりに政治を行う」
という意味があり、そこから
「主(あるじ)が不在の家を守る」という意味になった。

やがて、主がいない間を守るという意味よりも
「不在」ということに意識されるようになり、
鎌倉時代には、
現在と同じく単に「不在」の意味で「留守」という言葉が
使われるようになった。

さらに江戸時代には、「手もとがお留守になる」と
「他のことに気が取られている」という意味で使われたりするようになった。

中国では現在でも、「留まって守る」の意味で「留守」が使われているが、
日本では意味が変化していったのだ。

テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


奥さん・・・よその夫妻の妻を「奥さん」と呼ぶようになった理由

よその夫婦の妻のことを「奥さま」とか
「奥さん」と呼んだりする。
どうして、そのようになってきたのか。

「奥」という言葉には、入口から離れたところという
意味があるが、
平安時代に、貴族の邸宅の正殿に寝室があったが、
その正殿の裏、つまり、邸宅の入口から離れた奥の方に
ある別棟の御殿に、貴族の正妻が生活することが多かった。

そのようなことから貴族の正妻のことを「奥方」と呼んでいたが、
そのような呼び方が一般にも広がると
「奥さん」とくだけた呼び方になっていった。

テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


KJ法を発明した川喜田二郎の創造的行為の三ヵ条・・・矛盾する概念も実践することで呑みこみ、矛盾を解消する

蓄積された情報から必要なものを取り出し、関連するものをつなぎあわせて整理し、
統合して、発想を生み出すKJ法を生み出した
川喜田二郎の著書「創造性とは何か」で、
創造的行為の三ヵ条として
「自発性」「モデルのなさ」「切実性」をあげている。
それぞれを少し説明すると以下の通りである。

「自発性」
仕事を自発的に行う程、創造性がある。

「モデルのなさ」
その仕事をするのに、こうすればできるという
決まっているモデルやお手本がないほど
創造的である。

「切実性」
その仕事をやることが自分にとって切実であるほど
創造的になる。

その創造的行為の三ヵ条について講演で語った
川喜田二郎に対して、聴衆のひとりが質問で

その三ヵ条は矛盾だらけだという言うのであった。
矛盾点として指摘されたのは次の通りである。

切実であるほど、その仕事をやめるわけにはいかないので
自発性と矛盾する。

モデルやお手本がないほど、人はしりごみするので
自発性と矛盾する。

そのように矛盾撞着・矛盾葛藤を生じるのでまったく合理的でない。

そのように聴衆から言われたのである。
川喜田二郎はすぐに返答できなかったが
夜中、そのことについて考えた
その創造的行為の三ヵ条は川喜田二郎の実体験に基づいて
出した結論であるが、それを一般論にしてしまうと
相互矛盾することについて夜中考えていると

それは当然だと川喜田二郎は思った。

その創造的行為の三ヵ条は何も実践しないままで解釈すれば
論理矛盾に陥るが、
矛盾を起こし得る創造的行為の三ヵ条をあえていっぺんに呑みこんで
実践すれば、その実践的行為のなかで矛盾は解消する。
はじめから合理的な関係が成り立っていることをやっても
全く創造的でない。
そのように川喜田二郎は結論づけている。

相互に対立して矛盾するものは動くことで一体化して
矛盾を解消して行く。そしてまた新たな矛盾が生まれて
それを解消するための創造的行為の必要性が生まれてくる。

川喜田二郎は、創造性と保守性(伝統)は
概念としては相互に対立して矛盾するものであるが、
その創造性と保守性(伝統)は対立しつつ循環していくという。

創造性と言えば、新たのものを吸収して、新たなものを生み出し
それまでの保守的な古いものやことを変えていくと言えるが、
それは新陳代謝とも言いかえることができるが、
例えば、人体は、外部から新しいものを取り入れて
体を作り直していかないと体を保守維持することはできなくなる。

そのような人体と同じように、企業組織も
新製品の開発という創造的行為をしていかないと
従来の古い製品を売るだけではお客様に買ってもらえなくなり
企業組織を維持(保守)することはできない。

そのように創造性と保守性という矛盾する対立する概念は
矛盾しつつ同一性のあるものになるというのである。

川喜田二郎の著書を読むと
「絶対矛盾的自己同一」という難解な言葉を残した
哲学者である西田幾多郎の影響が出ている。

また、日本人初のノーベル賞を受賞し
量子力学の発展に貢献した湯川秀樹が
研究の時に着想のヒントにした
古代中国の老荘思想も川喜田二郎の創造性に
関する議論に色濃く出ている。

日本の哲学や中国の古代思想に
創造性の生み出すものがあるとも感じられるのである。

このブログ内の関連記事

同じ機能を持つモノ同士が結合したら逆の機能をもたらすモノができる・・・火をつける酸素と水素が結合すると火を消す物質ができる



テーマ:創造と表現 - ジャンル:学問・文化・芸術


10月11日のできごと・・・1972年10月11日、ホンダが米国マスキー法(厳しい排ガス規制)を世界で初めてクリアするCVCCエンジンの完成を発表・・・名創業者と若手技術者の対立と克服の物語

今日は、2012年(平成24年)10月11日 木曜日

今から40年前の今日の1972年(昭和47年)10月11日
世界一厳しい排気ガス規制で、
それに合格することは、
どのメーカーも不可能と言われた
米国のマスキー法を初めてクリアする
自動車のエンジンを本田技研工業が発表した。

そのエンジンは
CVCC(Compound Vortex Controlled Combustion)と呼ばれる
ものである。

1970年、アメリカ議会で
アメリカの民主党のマスキー上院議員が提案した排気ガス規制である
通称「マスキー法」が成立した。

マスキー法は1975年からガソリン自動車が排出する
一酸化炭素、炭化水素、窒素酸化物を当時の排出量の
10分の1までに削減することという
当時の自動車メーカーにとっては不可能とも思われる厳しい内容で、
日米のスポーツカーメーカーが姿を消した程であった。

それに挑戦したのは、四輪自動車メーカーとしては
後発であった本田技研工業であった。

本田技研工業はF1レース参戦の経験で得た技術を駆使し、
マスキー法をクリアする低公害エンジンの開発にとりかかる。

このマスキー法をクリアする低公害エンジンの開発にあたり、
本田技研工業の創設者であり、当時社長でもあった
本田宗一郎と若手技術開発者たちの間で開発方針をめぐって
対立が起きる。

本田宗一郎は空冷方式(空気でエンジンを冷やす方式)を
若手技術開発者は水冷(水でエンジンを冷やす方式)を主張。
時間との競争で一刻も早く決める必要があり、
水冷ならできると若手技術開発者たちは考えていた。

その間を調整したのは副社長の藤沢武夫であった。
本田技研工業は創業まもないころから
技術開発は本田宗一郎、経営マネジメント全般は藤沢武夫が
役割分担して、お互いの役割の分野は干渉しないという
ことであったが、藤沢武夫は、本田宗一郎に水冷を主張する
若手技術開発者に伝えた。

この時の様子を、藤沢武夫の著書「経営におわりはない」で
次のように書いている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東京に戻ると、私は本田にこの技術者たちの意見を伝えました。

「いや、空冷でも同じことだ。できないことはないよ。
あんたに説明してもわからんだろうけど」

本田宗一郎は信念の人であり、それが技術にかけてなおさらですから、
その考えを変えさせるのは並大抵ではできないと思った私は、

「あなたは本田技研の社長としての道をとるのか、
それとも技術者として本田技研にいるべきだと考えるのか、
どちらかを選ぶべきではないでしょうか」

といった。

彼はしばらく黙っていましたが、
「はやり、おれは社長としているべきだろうね」
と答えました。

「水冷でやらせるんですね?」

「そうしようそれが良い」

結局、心から賛成してくれました。次の日、本田は研究所の幹部を
集めて、みなの希望をたしかめたうえで、水冷で研究するように
指示したのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

副社長である藤沢武夫の問いかけにより
本田宗一郎は若手技術者たちの意向をくみ取り
水冷エンジンによる
マスキー法をクリアする低公害エンジンの開発に力を注ぐ。

また、本田宗一郎と若手技術者たちの間で
この開発にかける思いの違いが出てくる。

本田宗一郎は
マスキー法をクリアする低公害エンジンの開発で
自動車としては後発メーカーのホンダが
アメリカの大手自動車メーカーの
ビッグ3(GM、フォード、クライスラー)に
並ぶ千載一遇のチャンスだと現場にはっぱをかけつづけた。

一方、若手技術者たちは
当時、深刻な公害問題が発生していた日本で
排ガスなどの大気汚染による光化学スモッグが子供たちを襲い
「どうすれば有害な排気ガスを少なくできるのか。」との思いを
抱いていた。そのように思いを抱いていた若手技術者は
本田宗一郎の
「アメリカの大手自動車メーカーのビッグ3に並ぶチャンス」
という発言に、
「社長はいつもは、社会のためにやれ」とか言っているのに何か違う
と違和感や疑問を感じていた。

その後、専務の河島がエレベータで本田宗一郎と乗り合わせた時
若手技術者たちのその気持ちを率直に伝えた。宗一郎は一瞬驚いた。
そして、その日を境にして、本田宗一郎は
開発プロジェクトから自ら足を遠ざけていった。

そして、若手技術者が中心となって、開発を進め、
1972年(昭和47年)10月11日、
赤坂プリンスホテルで、
米国のマスキー法をクリアするエンジンである
CVCCエンジンの完成を発表。
すぐに大きな反響を呼び、
また、本田宗一郎は公害対策技術は公開するという方針を厳命し、
その年の12月にはトヨタへの技術供与の調印され、
その後、フォード、クライスラー、いすゞへの技術供与されることになる。

CVCCエンジンの開発を発表の翌年の
1973年(昭和48年)、
CVCCエンジン開発方針で
対立した本田宗一郎と若手技術者の間と調整し、
ホンダを本田宗一郎とともに二人三脚で
世界のホンダに育ててきた
藤沢武夫が副社長辞任の意を漏らすと、
本田宗一郎は
「二人いっしょだよ、おれもだよ」
と社長退任を決める。

そして、本田宗一郎が社長退任のあいさつで
CVCCエンジンの開発でのことについて語り

「CVCC開発に際して、私は、ビッグ3と並ぶ絶好の
チャンスだと言った。その時、若い人たちから自分達は、
会社のためではなく、社会のためにやっているのだと
反発された。
いつの間にか私の発想は、企業本位に立ったものになってしまっていた。
若いということは、何と素晴らしいことか。皆がどんどん育ってきている。」

という言葉を残した。

CVCCの開発リーダーであった久米是志は
1983年(昭和58年)に本田技研工業の3代目社長に就任し、
1990年(平成2年)まで社長を務めた。

2003年3月、米国の自動車技術者協会は
20世紀に開発された全世界の自動車の中から、
11台の「20世紀の優秀技術車」を発表したが、
日本メーカーからの車種からただひとつ
CVCCエンジンを搭載したホンダシビックが
選ばれている。


CVCC開発を特集した
NHK「プロジェクトX」第5回目放送分
(2000年4月25日放送)


藤沢武夫の著書


テーマ:今日は何の日? - ジャンル:ニュース


薬指はどうして薬指と言うのか?・・・・薬師如来の指の仕草から、あるいは、薬を使うのにふさわしい指だから

親指から数えて4番目の指のことを
「薬指」と言うが、どうして「薬指」というのだろうか?

その薬指の名の由来について2つの説を紹介する。

一つ目は、仏教の薬師如来に由来するという説である。
薬師如来が悟りや祈りを象徴的に表すのに印相に
親指から数えて4番目の指を使うので、
そこから「薬師」を「クスシ」と呼び、「クスシ指」となり、
それが変化して「くすり指」になったというのだ。
そして、薬指と呼ぶようになったので、
その指で、薬を塗るようになったとされる。

二つ目は、そもそも親指から数えて4番目の指が
薬を塗ったり、薬を溶かしたり、粉薬をなめたりするのに
使われたからという説である。
なぜ、そうなったかというと、他の指に比べて、
最も使われることが少なく、それゆえに汚れが少なく
清潔な指だったので、薬を使う時に使われるようになったというのだ。
そして、その指を薬指と呼ぶようになったそうだ。


このブログ内の関連記事

薬の語源
薬~草を細かくした粉には、不思議で神秘的な力がある

テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


うたげ(宴)の語源・・・酒盛りで楽器を叩き、曲に一区切りをつけて「打ち上げ」

華やかな酒盛りなどの宴会のことを
「うたげ」と言うが、

古くの酒盛りの時に
手や楽器を叩いて音を出したりして
調子をとって楽しんでいたが、
その手を叩いたり楽器をたたいて、
音を出すことを「打ち上げ」と言うが、

その「打ち上げ」の音変化によって
「うたげ」と呼ぶようになったという。

また、「打ち上げ」そもそもの意味に
曲の途中で太鼓などを打つことで、
曲に一区切りをつけるという意味があるという。

その曲で鳴り物を打って一区切りをつけ
そして次に進んでいくが、その区切りをつけるという
意味から、打ち上げは何かひと仕事終えた時の
懇親会や慰労会の意味で使われるようになったという。


このブログ内の関連記事

打ち合わせの語源など
「音頭を取って」もらうようにお願いに、「頭取」のところに「打ち合わせ」に行くよ。えっ、頭取は雅楽に精通してるの!

テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


飛んでいる銃弾を手でつかまえた人がいた!!

飛んでいる物をつかまえたりするのは
難しかったりするが、
なんと、飛んでいる銃弾を手で捕まえた人がいるのだ。

それは、第2次世界大戦中のこと
フランス人のパイロットが
高度2000mで飛行中に、
何か目の前にちいさなものが動いていたので
つかまえてみると
なんと、それはドイツ軍の飛行機から
発射された機関銃の弾丸だったのだ。

ええええ!!!

と驚くようなことだが、
別にそれは不思議なことでなく
起こり得ることだという。

例えば、
秒速800m(時速換算で2880km)で
発射された弾丸は、空気抵抗で速度が落ちていき
秒速100m(時速換算で 360km)に
落ちていく場合がある。

秒速100mはとても速いが、
飛行機は秒速100m以上出ているので、
秒速100mの弾丸でも
ふわふわ飛んでいるように感じるのだ。
だから、飛行中に弾丸が飛んでいても
手でつかまえたりできるのだ。

ただ、その弾丸は空気抵抗の摩擦でかなり
熱くなっているので、素手でさわればやけどするが、
どうやらそのパイロットは厚い手袋をしていたようで
やけどはしなかったようである。


テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術


日本海のメタンハイドレード(天然ガス資源)を採掘が進めば、脱原発が加速する

今日は、2012年(平成24年)10月 7日 日曜日

日本近海の海底の資源開発で、
天然ガスの原料にもなるメタンハイドレードの
採掘で、今年、太平洋側で行われたが、
日本のもうひとつの海での採掘を推進させようという
動きがあった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本海側も開発加速を=メタンハイドレートで要望-10府県
(時事通信 2012年10月3日12時17分)


日本海沿岸10府県で構成する「海洋エネルギー資源開発促進日本海連合」の
山田啓二会長(京都府知事)と泉田裕彦事務局長(新潟県知事)は3日、
資源エネルギー庁に高原一郎長官を訪ね、新たなエネルギー資源として
期待されるメタンハイドレートの開発を日本海で加速するよう要望した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この日本近海、特に日本海のメタンレードの採掘は
日本が脱原発が加速する場合、
重要なことになってくる。

原発の代替発電として、
最近はもっぱら、風力や太陽光の再生可能エネルギーに
焦点があたっているが、
それよりも最有力候補なのが、
ガスタービンコンバインドサイクル発電である。

ガスタービンコンバインドサイクル発電とは
ガスタービン発電と蒸気タービンの組み合わせである。

まず、天然ガスを燃料としてガスタービンを回して発電をする。
その時、ガスタービン発電で発生した排熱を使って
水を蒸気にして、その蒸気によって発電をする。
熱効率(発生した熱量で発電に使われる割合)は最大で59%と
従来の火力発電よりも高いばかりではなく、
原発のそれの30%よりも約2倍近く効率が高い。

ちなみに、反原発の京都大学原子炉実験所助教の小出裕章氏は
熱効率が低い原発のことを「巨大な海水あたため機」と言って
皮肉っている。

もし、原発をやめて、
天然ガスを燃料とするガスタービンコンバインドサイクル発電を
増やすとして、天然ガスの多くが海外から買わざるえない
日本であるが、日本近海でのメタンハイドレードを原料にすれば
良い。日本の天然ガスの年間消費量の100年分があるともされる。

さて、脱原発を加速して
ガスタービンコンバインドサイクル発電に切り替えを早くするには
日本近海からのメタンハイドレードを早く採掘できればいいが、
今年、太平洋側の海底からの採掘実験に入ったばかりで、
海底の土砂とメタンハイドレードが混在していて
まだまだ取りだすのは難しいそうに思えるが、
その一方で、日本海側の海底にあるメタンハイドレードは
すぐにでも、取り出せそうな状況のようだ。

それは、今年、関西テレビのスーパーニュースアンカーで
独立総合研究所の青山繁晴氏が日本海で調査した映像を見たが、
シャーベットのような塊になった純度の高い白い色をした
メタンハイドレードが海底にむき出しになっていて、
今すぐにでも採掘できそうにも見えた。

ただ、日本政府は
採掘が今すぐには難しい太平洋側のメタンハイドレード採掘に
熱心で、
今すぐにでも採掘できそうな日本海のメタンハイドレードの
採掘に熱心ではなかった。

そのようなことがあって、
日本海沿岸10府県の知事が、
太平洋ばかりではなく、日本海の採掘を行うように
要望を出したのだ。

さて、どうして、
日本政府が、今すぐにでも採掘できそうな日本海のメタンハイドレードの
採掘に消極的な理由について、
今年(2012年)2月の
関西テレビのスーパーニュースアンカーで、
青山氏が解説していた。

それについて、当ブログの記事
日本のメタンハイドレート開発の遅れに原発利権は関係しているのか?・・・日本国民に恩恵のある国内資源開発を邪魔する者は国賊だ!!に引用していて、

それを再掲すると


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本政府のメタンハイドレートの開発にあたり、
採掘がやり易い日本海側のメタンハイドレートの開発には不熱心で
採掘が難しい太平洋側ばかりに力を注ぐことに関して、
以下のように青山氏は説明していた。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

アンカー メタンハイドレート 理由 img7888_120208-20riyuu


村西利恵
「太平洋側だけをやってきたと指摘されるのが怖い。日本が資源大国になるのは不都合だ」

青山繁晴
「はい。まずこっち(上)から見ていただくとですよ。その、
太平洋側は実は10年間、500億円かけて、これ自民も民主も
へったくれもないんですよ、自民党政権時代からずーっと
やってきて、なかなか成果が上がらなかった。もっと早く
日本海にも目を向けてたら、もっと早く日本は、今の苦しみを
味わわなかったのにと言われるのが怖いと、いうことなんです。

しかしですよ、例えば僕自身も、こんなにいつもきつい言い方を
してるようでいて、太平洋側悪いって言ったことは一度もないんですよ。
そうじゃなくて、太平洋側には苦しみがあるから日本海に目も向き、
日本海で新たにもう発見できるんだから、日本語でも試行錯誤と言う、
英語でもトライアルアンドエラーと言うように、必ず元の失敗が
あって先に進むんですから、こんな保身にこだわることはないのに、
自分たちはこだわってる。そしてさらにこの日本が資源大国になるのは
不都合だというのは、さっきちらっと触れましたが、
基本的に日本は資源のない、戦争に負けた国でいなさいと。
日本が資源を持って大きな発言したりすると中国や韓国に怒られる、
アメリカも嫌がるって思い込みがあるわけですよ


文字起こし文は


ブログ「ぼやきくっくり」の2012年2月9日の記事
「アンカー」メタンハイドレート世界初の海底発掘へ…
日本を資源大国にしたくない国内の敵

より
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということだが、こんな保身と利権の保持のために
日本国民に大きく利益をもたらす国内での資源開発が遅れている
ことにあきれる。
青山氏の説明によると、日本海側のメタンハイドレートは
簡単に取り出せて、火力発電所のコストは大きく下がり、
日本の電力料金を下げることができるということだ。

もし、そうであれば日本国民にとっては
大きなメリットがあることだが、
そうはさせない背景に、原発をなんとでも稼働させたい
経済産業省の意図があるのだろうか。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

と言うことだが、そのようなしょうもない理由で
日本海側の採掘調査が進んでいなかったが、
政府が動かなければ、地方の自治体が束になって
働きかけていったり、さらに地方独自で
採掘調査をするようになっていき
それを世論が後押しすれば、
動いていくかもしれない。

そして、日本海採掘したメタンハイドレードを
日本海沿岸に新たにガスタービンコンバインドサイクル発電の
火力発電所を作ったりすることは
危機管理上意味がある。
昨年の東日本大震災で関東地方が計画停電になったのは
福島原発だけでなく、複数の火力発電所も
津波や液状化などで発電不能の状態になったことも影響している。
太平洋岸は、今世紀中に南海トラフの巨大地震が必ず起こるので、
それを想定すると、日本海側に危機管理のために
ガスタービンコンバインドサイクル発電の火力発電所を作って、
その原料を日本海で採掘されるメタンハイドレードの天然ガスを
利用することは、大きく日本の国益になる。

また、そうなると、より低コストになるので、
脱原発は加速する可能性が高くなると思う。


このブログ内の関連記事

2012年8月12日の記事
関電、火力発電所を太平洋岸の和歌山市に建設へ・・・南海地震を考えると、日本海側に火力発電所を作るべき

テーマ:原子力問題 - ジャンル:ニュース


台風17号から変わった温帯低気圧はどこに行ったか?・・・約2週間かけて、熱帯から寒帯に移動

今日は、2012年(平成24年)10月 6日 土曜日

今から6日前の前の日曜日に
近畿地方は、台風17号による暴風が吹き荒れたが、
その台風17号は北海道東方沖で
温帯低気圧に変わった後、
さらに東海上に進んでいき、
10月2日の15時にはロシアのカムチャッカ半島よりも
さらに東海上に進み

気象衛星 201210021500-00
2012年10月2日15時
赤丸で囲んだ部分が台風17号から変わった温帯低気圧の雲

その24時間後の10月3日の15時には
もうひとつの温帯低気圧と合体してさらに東に進み

気象衛星 201210031500-00
2012年10月3日15時
赤丸で囲んだ部分が台風17号から変わった温帯低気圧の雲


さらに、その24時間後の10月4日の15時には
ロシアとアメリカのアラスカ州の間にある
ベーリング海を北上。

気象衛星 201210041500-00
2012年10月4日15時
赤丸で囲んだ部分が台風17号から変わった温帯低気圧の雲

また、さらにその24時間後の10月5日にの15時には
ベーリング海をさらに北上していく。

気象衛星 201210051500-00
2012年10月5日15時
赤丸で囲んだ部分が台風17号から変わった温帯低気圧の雲


さて、その10月5日15時の同時刻の
北アメリカ州の天気図を見てみると
天気図の左上に大きな低気圧(赤いLの文字)があるが、
それは、台風17号から変わった温帯低気圧である。

北米 2012年10月5日15時 
2012年10月5日15時(北米)
赤い矢印の低気圧が台風17号から変わった温帯低気圧


前の日曜日の6日前に近畿地方に暴風をもたらした台風は
温帯低気圧に変わった後、アメリカのアラスカ州沖の
ベーリング海上を北に進み、北極圏という寒帯の気候の地帯に
進んできた。
9月21日にフィリピン東方沖の熱帯の海で発生した
台風17号は、日本列島を縦断北上した後に
温帯低気圧になって、北極圏のベーリング海に北上したが、
約2週間かけて、熱い熱帯から寒い寒帯の地域に
移動しているのである。
まさに地球の大気が動いているのがわかるのである。


画像は
上の4つは気象庁より
一部加筆

最も下の画像の北米の天気図は
MSN天気予報より


このブログ内の関連記事

2011年の台風15号から変わった低気圧は北アメリカ大陸方向に進んでいった
台風15号から変わった温帯低気圧、5日後には、どうなっているか・・・偏西風に乗って・・・

2012年台風17号 2009年台風18号を参照
近畿地方、台風の進行方向の右側(可航半円)であっても、神戸⇒関空⇒和歌山のラインで北からの暴風が吹く

テーマ:気象 - ジャンル:学問・文化・芸術


10月上旬、朝5時10分に冬の大三角形が見えるほど夜明けが遅くなり

今日は、2012年(平成24年)10月 5日 金曜日

今朝、朝歩きをしようと
西宮市の自宅の南向きの玄関の扉を
朝5時10分過ぎに空けると
空は夜の状態で、
月の近くに
オリオン座のベテルギウス
おおいぬ座のシリウス
こいぬ座のプロキオン
から成る
冬の大三角形が見えた。

冬の大三角形


だんだん、夜明けが遅くなり、
朝の5時ごろではまだ夜なのだ。

その後、東に向いて歩きだすと、
東の空がかすかに明るくなっているのが
見えた。

今日の大阪の日の出の時刻は5時56分
ちょうど1ヶ月前の日の出時刻に比べると
22分遅くなっている。

歩いているうちにだんだん夜が明けてきて、
5時35分ごろ南向きに歩いていると、
南の空も明るくなり、
冬の大三角形が見えなくなっていた。

朝歩きで、40分ぐらい歩くが、
その合間に、夜から朝に移っていたのだ。


このブログ内の関連記事

シリウスの語源
シリウス ~ 冬の南の夜空に青白く光輝くその星は、何かを焼き焦がすかの如くの輝きであり、獲物を狙うオオカミのようである

2010年1月18日の記事
オリオン座のベテルギウスに超新星爆発の兆候・・・・11世紀以来の2つの爆発以来の明るさに!!・・そう言えば、さそり座のアンタレスも爆発するかもとか、天敵同士お互いで大けがするのかな・・


テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


11年前にふと惹かれたフレーズ・・・怒りのままにふるまうことは危険であり、「今日という授かりもの」を台無しにしてしまう

今日は、2012年(平成24年)10月 4日 木曜日


今から11年以上前の9月末ごろ
FM802のBBSに書かれていた詩のような
フレーズに惹かれた。

To handle yourself,use your head.
To handle others,use your heart.
Yesterday is history.
Tomorrow is mystery.
Today is a gift.




  己を助けるために 己の頭を使え
  人を助けるために 己の心を使え
  昨日という日は 歴史であり
  明日という日は 神秘であり
  今日という日は 授かりものである


訳は私がしたので、
合っているかどうかは自信はないが・・なぜかわからないが、惹かれるものがあった。
惹かれたのは、過去・未来・現在を 歴史・謎・授かりという表現があったからかもしれない。

これは、アメリカ合衆国第32代大統領の
フランクリンルーズベルトの妻
エリノア・ルーズベルトが
「親愛なる友人たちへ」という文章に書いた
言葉の部分部分をつなぎ合わせたものである。

11年前の9月末と言えば、
2001年9月で、アメリカ同時多発テロ事件直後で
さらにアメリカ国内で
炭そ菌という生物兵器によるテロが続発し、
アメリカがアフガニスタンへの戦争に突き進もうとしている
ころであった。

そのような世界情勢の時、
このエリノア・ルーズベルトの
「親愛なる友人たちへ」という文章がチェーンメールで
広がっていた。


その日本文の全文を載せると

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

親愛なる友人たちへ

次の言葉はあなたが時を過ごすのに興味深い言葉です。


多くの人々があなたの人生を通り過ぎていくが
本当の友だけがあなたの心に足跡を残す

自分に対しては頭を使い
他人に対しては心を使いなさい
怒りと危険はたった一文字違い

誰かがあなたを一度裏切ったら、それは彼の責任
彼が再びあなたを裏切ったのなら、それはあなたの責任

優れた人々は思想を語り
並の人々は出来事を語り
愚かな人々は人を語る

富を無くすと多くを失い
友を無くすとより多くを失い
信頼を無くすと全てを失う

美しい若者は偶然の産物だが
美しき老人は芸術作品

他人の過ちから学びなさい
全てを経験するほど人生は長くない

あなたと私は友達
あなたの友達が加わればみんなで3人
私たちのグループができた 私たちの友達の輪
輪のように  始まりも終わりもない

昨日は過去
明日は神秘
今日こそが贈り物


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

という文章である。

印象に残ったのは

怒りと危険はたった一文字違い

という部分である。

英語で「怒り」は(anger)危険は(danger)で

「anger」の前に「d」がつくと
「danger」になるというのだ。

怒りのままに振舞うと危険であるというのでだろうか。

そのフレーズを読むと
ニューヨークとワシントンというアメリカ中枢部を
大規模テロ攻撃されたアメリカは怒り沸騰で、
その怒り沸騰の世論がアフガニスタンへの戦争を
強く後押しした。

そのアメリカがアフガニスタンへの戦争を
対テロ戦争の名目で始めてから
11年経つが、アメリカはアフガニスタンの治安維持に
苦心していて、タリバンなどからの
度重なるテロ攻撃に消耗している。

対テロ戦争、それに連なるイラク戦争とその後の治安維持による
多額の軍事予算がリーマンショックという大不況後の
アメリカにとって大きな重荷になっていて、
アメリカの力の低下を進めている面もある。

怒りのままにふるまって、国家の運営にとって
危険な状態になっているかもしれない。

そう言えば、
1979年、当時、米ソ冷戦で、アメリカと対峙していた
超大国のソ連が、アフガニスタンに侵攻して1998年まで
駐留していたが、
現地のゲリラの抵抗に苦戦して、ソ連の弱体化を進め、
そのソ連は1991年に消滅したのであった。

それを思うと
怒りの沸騰の世論でアフガニスタンへの戦争に踏み切った
アメリカはどうなっていくのだろうと思う。

怒りのままにふるまえば

Today is a gift=今日という授かりものは

台無しになって、将来をつぶることになるのだろうなあと

ふと思うのであった。

参考に
エリノア・ルーズベルトのその文書の
英文は以下の通り


Dear my Friends,

Following is very interesting words just for passing your time.

Many people will walk in and out of your life,
But only true friends will leave footprints in your heart

To handle yourself, use your head;
To handle others, use your heart.

Anger is only one letter short of danger.
If someone betrays once, it is his fault;
If he betrays you twice, it is your fault

Great minds discuss ideas;
Average minds discuss events;
Small minds discuss people.

He who loses money, loses much;
He who loses a friend, loses much more;
He who loses faith, loses all.

Beautiful young people are accidents of nature,
But beautiful old people are works of art.

Learn from the mistakes of others
You can't live long enough to make them all yourself.

Friends, you and me.......You brought another friend....
and we started our group....our circle of friends.....
and like a circle.....there is no beginning or end......

Yesterday is history. Tomorrow is mystery.
Today is a gift.


テーマ:言霊(格言・名言・自分の考え) - ジャンル:学問・文化・芸術


パキスタン(Pakistan)の国名の由来に興味のある方が多いのかな?

今日は、2012年(平成24年)10月 3日 水曜日

私のブログの記事で
読者の方々から
「拍手」ボタンを押していただくことが
いろいろあり、嬉しいことで、
御礼申し上げます。

昨日、私のブログの記事

パキスタン(Pakistan)の国名の由来は・・・・パンジャブ州・アフガニア州・カシミール州・シンド州・バローチスターン州から成るイスラム教徒の清らかな国

というパキスタンの国名の由来についての記事に
拍手があった。その記事への拍手は昨日で19回目になる。

その記事は、2008年8月19日にアップしたものであるが、
その記事への初拍手は、約8カ月後の2009年6月13日であり、
2011年末まで3つの拍手であったが、
今年になって、16回の拍手があり、
特に5月は9回、6月には4回と
その2ヵ月間で13回の拍手があり、
異常な拍手のペースであった。

どうしてそうなったのかわからないが、
パキスタンの国名の由来に関心のある方々が、
集中的に私のその記事に拍手してくれたのだろうか?

パキスタンの国名に急に関心のある方が増えるきっかけが
あったのかな?

パキスタンの国名を知りたい方は、
上記の「パキスタン(Pakistan)の国名の由来は・・」という
リンクをクリックして下さい。



テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


10月2日は豆腐の日・・・世界に広がるヘルシーな「豆腐」の歴史をみてみる

今日は、2012年(平成24年)10月 2日 火曜日

10月2日は、豆腐の日である。

これは、
「とう(10)ふ(2)」の語呂合せで、
日本豆腐協会が1993年(平成5年)に制定したものである。

豆腐は東アジアや東南アジアに古くから
食されている。
その豆腐の起源ははっきりしていないが
中国だともいわれていて、
紀元前2世紀、前漢の淮南王で優れた学者でもあった
劉安の創作にあるという説がある。

その豆腐がいつ日本に伝わってきたか
それも定かではなく、奈良時代に伝わってきたとも
されたりするが、明確な記録がない。
記録に登場するのは、1183年(寿永2年)の
奈良春日大社の神主の日記で、御供えものとして
記載されている。

その豆腐は、寺院の僧侶等の間で広がり、
その後、精進料理の普及で、貴族や武家の社会に
普及していき、室町時代には全国に普及していく。

ただ、豆腐は一般庶民の間ではいつも食べるものでなく、
江戸時代初期には、特に農民の間では、
祭りやお盆、お正月、あるいは冠婚葬祭などの特別の日に
食べるものであった。

そして、なんと、江戸時代の3代目将軍の徳川家光が、
1649年(慶安2年)に発布した慶安の御触書に、
ぜいたく品として、農民に豆腐を製造すること
禁じていのだ!!!

しかし、江戸時代中期以降は、
庶民の食卓に日常の料理として豆腐は出されるようになり、
1782年(天明2年)に刊行された豆腐料理の本「豆腐百珍」は、
大ベストセラーとなり、
翌年「豆腐百珍続編」、翌々年「豆腐百珍余禄」が出版され、
当時流行した「百珍物」(料理本)のさきがけともなった。

その豆腐は健康的な食として現代人の多くが食べている。

豆腐は健康的だとされるのは脂肪が植物性であることにある。
脂肪でも動物性の脂肪には、
体内で固まりやすく、血液の粘度を高めて流れににくくする
飽和脂肪酸があり、またそれによって、
中性脂肪や悪玉コレステロールの合成が促進されて、
血管壁に入り込みやすくなり、それによって
動脈硬化、心筋梗塞や脳梗塞などの生活習慣病をもたらしたりする。

一方、豆腐に含まれる植物性の脂肪は、
不飽和脂肪酸で、コレステロールを少なくする機能があって、
それによって、コレステロールが減り、血液の循環も良くなり
生活習慣病の予防につながる。それで、豆腐は健康的な食と
されるのである。

そのような健康的な豆腐は西洋社会にも広がる。

20世紀の半ば以降
アメリカでは、肉の食べ過ぎによる肥満、動脈硬化、心臓病、脳卒中、
糖尿病などの生活習慣病が増加して、
そのためには食生活の改善の必要性が認識され始めた。
1970年代に、
アメリカ上院議会が「健康を守るには日本食がよいモデルになる」
という報告を出して、日本食がブームになったが、
そのブームで豆腐もアメリカで食されるようになり出したが、
豆腐はまだ料理店で食べる特別なものであった。

それを一変させたのが、豆腐の作り方を図解で説明している
「THE BOOK OF TOFU」(1975年)が、
アメリカでベストセラーになったことである。
それによって、ほとんどのアメリカのスーパーに
豆腐が置かれるようになり、普及が促進された。

豆腐は「TOFU」として、欧米に健康的な食として
広がったのであった。

世界に広がった豆腐であるが、美肌にも良いとされる。

皮膚はたんぱく質から成り、皮膚にはたんぱく質が絶えず
たんぱく質を供給することが必要であるが、
動物性のたんぱく質を取ると、同時に飽和脂肪酸を含む脂肪も吸収され
それによって、過剰な油が皮膚から分泌されて、毛穴が大きく開いてしまうが、
植物性たんぱく質や脂肪では、そうならずになめらかな肌にすることができる。
そのような植物性たんぱく質や脂肪を含む豆腐は
美肌にも良いとされるのである。


テーマ:今日は何の日? - ジャンル:ニュース