言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



昨日、近畿地方で、春分の日から10日遅れて、非公式の春一番が吹いた

今日は、2012年(平成24年) 3月31日 土曜日

昨日の京阪神地区は
春らしい気温で、
京阪神三都の最高気温は

大阪 21.0℃(13時35分)
京都 20.9℃(13時14分)
神戸 18.2℃(13時38分)

で、大阪と京都では、
今年初めて気温が20℃を越え、
20℃を越えたのは
大阪と京都ともに
大阪で20.7℃と京都で20.3℃を
記録した
昨年11月30日以来、ちょうど4カ月ぶりで
121日ぶりである。

神戸は20℃を越えなかったが、
今年の最高気温を記録した。
神戸で18℃以上を記録したのは
19.8℃を記録した
昨年11月30日以来、ちょうど4カ月ぶりで
121日ぶりである。

また、
大阪と京都と神戸ともに前日よりも
気温が高く
三都の昨日の最大瞬間風速は

大阪 14.1m/s 南   (16時41分)
京都 12.2m/s 南西  (16時13分)
神戸 12.6m/s 南南西 (15時04分)

と、南の風で10m以上吹いていた。

今年、近畿地方では春一番は記録されなかった。
立春から春分の日までの間に
日本海に低気圧があり、
強い南寄りの風(風向は東南東から西南西まで、風速8m/s以上)が吹き
気温が上昇すれば、
春一番となるのでなるのであるが、
今年は、その期間に、春一番の気象条件にならなかったが、
昨日は、日本海を低気圧が通過している時に、
風速8m/s以上の強い南寄りの風が吹いて、気温が上昇したので、
春一番と同じ気象条件になった。

もし、春一番の期限が3月中であれば、
昨日、近畿地方で春一番となっていた。

昨日、近畿地方では
3月20日の春分の日から10日遅れての
非公式の春一番であったのだ。



このブログ内の関連記事


春一番の語源と名曲「春一番」について
春一番~雪が解けて川になって流れて行きます

2012年3月21日の記事
近畿地方、2012年の春、2年連続で春一番吹かず(平成になって3回目の2年連続なし)・・・ちなみに近畿地方の春一番が最も早い日と遅い日は・・・

2010年3月16日の記事
一昨日(3月15日)、近畿でやっと春一番が吹いた。過去10年では最も遅く・・・・ちなみに神戸の一昨日の最大瞬間風速の最高値は南風ではなかった。

2009年2月15日の記事(春一番が吹いた時の記事)
春一番が吹く日が早い年は気象災害に要注意!・・・・・ちなみに2月15日は「春一番名付けの日」

2007年2月15日(2007年の春一番が吹いた時について)
2月15日は「春一番名付けの日」だって ~春一番が早い年は大きな災害が発生するかもと「みなみ」さんが言ってました

スポンサーサイト

テーマ:気象 - ジャンル:学問・文化・芸術


増税反対のスジを通す亀井氏を支持・・・消費増税したら、耐久財は売れなくなりますよ

今日は、2012年(平成24年) 3月30日 金曜日


野田政権が、消費増税法案の閣議決定に関して、
連立を組む国民新党の亀井代表は、
連立離脱を言っていたが、
亀井亜紀子氏以外の6名が
郵政修正法案のために政権に残るべきだとして、
亀井代表の意向に反して、
国民新党の自見大臣が閣議で増税法案にサインした。

郵政関連は、国民新党の誕生の由来のもので
重要視するのはわかるが、
郵政よりも、より国民生活に打撃を当たる
消費増税に反対する方が重要である。

亀井代表は景気対策の財政出動派であるが、
今の、デフレギャップがあり、需要が落ち込み、国民所得が減少しているなかで、
増税というのは狂気である。

1997年の消費増税の時、
家具、自動車、家電など耐久財という価格の高い商品の
家計消費額は落ち込み増税前の年の水準になるのは2003年まで
かかっているのだ。
(四半期ごと見てもおおよそそうである)

消費増税したら、高いものは売れない、
利益が減る、そうしたら、法人税は減る

となってくるのではないか。

亀井代表は、選挙区の地盤が強いので自身の主張を押し通せるところがある
と思うので、多くの日本国民のために増税反対で頑張って欲しいし、
スジを通して、国民との約束を守ろうとする亀井代表を強く支持したい。

このブログ内の関連記事

生産力過剰とカネ余りの日本は財政危機ではない
バラマキ政策が日本を救う ~ 政府紙幣発行でばら撒けば大丈夫

テーマ:消費税増税・復興税 - ジャンル:政治・経済


桜満開のワシントンで桜寄贈100年記念式典・・・ワシントンより南であるが、関西ではまだまだ桜は咲かず

今日は、2012年(平成24年) 3月29日 木曜日


3月下旬になっても、冬の名残が残り、
関西地方の
桜の開花が遅れている。
大阪では平年3月28日が開花日であるが、
まだ咲いていなくて、予想では3月31日となっている。

過去10年で大阪で最も開花が遅かったのは
2005年の4月3日であったが、26年ぶりに寒い冬で
3月になっても寒く感じる日々が多く、
今年の開花は4月になるかもしれない。

その桜にまつわるニュースで、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

桜寄贈100年:ミシェル米大統領夫人ら植樹 ワシントン
(毎日新聞2012年3月28日9時46分)


日本から米国に桜の苗木が寄贈されてから100年となった27日、
ワシントン市内のポトマック川沿いの公園で記念式典が開かれ、
ミシェル・オバマ米大統領夫人らが新たな桜の木を植樹した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということで、1912年(明治45年)に、
当時の東京市からワシントンに贈られた桜の100年記念の式典が
行われていたが、
ポトマック川沿いの桜は既に満開だという。
ワシントンの緯度は、北緯38度と大阪の34度に比べると北よりで、
仙台市と同じ緯度であるが、
26年ぶりの寒い冬だった関西とは対照的に
今年のアメリカの東海岸で記録的な暖冬で、
桜が早く開花したという。

この冬は
関西をはじめ日本に寒い空気が流れ込みやすい一方で、
アメリカ東海岸は、そうではなかったのだろう。

アメリカ東海岸が暖冬だったことは
そのニュースで初めて知った。


テーマ:気象 - ジャンル:学問・文化・芸術


時の移ろいとともに、町も移ろい

今日は、2012年(平成24年) 3月28日 水曜日

京都市内のとある区域の
平成元年(1989年)と平成23年(2011年)の
住宅地図を見て、
その区域の変化を見ている。

大きな通りは変化が際立っいて、
大きな資本の企業の店舗が林立している。

一方、路地裏のようなところにある
小さな町喫茶で、閉店してしまっているところもあれば、
まだまだまだ続けているところもある。

時の移ろいとともに町の移ろいを感じるのであるが、
時が移ろっても、変わらぬ部分もあると思うのである。

テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


冬の名残の寒さの中、桜は花を咲かす準備を整え

今日は、2012年(平成24年) 3月27日 火曜日

このごろ、
3月下旬であるが、冬の名残で、2月ごろの
気温になったりしているが、
自宅近くの道路の桜の木を見ると、
だんだん蕾が膨らんでいるのがわかる。

今年は冬が寒かったので、
開花が遅くなっているようだが、
桜は花を咲かす準備を整えているようだ。


テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


冬の名残がもたらした強いビル風に体が浮きそうになりながら

今日は、2012年(平成24年) 3月26日 月曜日

昨日、14時半ごろ
西宮ガーデンズに行くため
阪急西宮北口駅南側のバスロータリーを
降りて、芸術文化センターの交差点を東に回って、
8階建のなでしこビルと10階以上はあるプレラ西宮のビルの
合間の道を歩いていると、
急に力を抜くと吹き飛ばされそうな強い西風が吹いてきた。
ビル風である。


風 201203241400-00
風の様子 2012年3月25日14時

昨日は、14時の風は
 大阪 7m
 神戸 9m

と阪神間では
西高東低の冬型の気圧配置により
7~9mのやや強い西風が吹いていて、
その西風が高いところでビルに遮られて、
風が通り易い、ビルの合間の道路に集中して
流れ込んできて、背中から体が浮きそうな強い風が
吹いてきた。

まあ、追い風だったので、その強いビル風を使って
少し駆け足になって、速く歩くことができたので、
信号が赤に変わる前に
西宮ガーデンズに入ることはできたが。

3月下旬の冬の名残の強い西風を感じる時であった。

画像は気象庁より


テーマ:気象 - ジャンル:学問・文化・芸術


今朝、鳥のさえずりで目覚める前に何度も、地震情報の音で・・・まだまだ続く超巨大地震の余震

今日は、2012年(平成24年) 3月25日 日曜日

今朝は、5時半過ぎに
鳥のさえずりで目が覚めた。

のであるが、
昨晩、0時過ぎに眠ってから
5時半過ぎまでの間に途中何度か、
PCにインストールしている
P2P地震情報が鳴り、
目が覚めた。

0時過ぎから今朝の5時半までの間に

1時32分 震源 茨城県沖   M3.7 最大震度1
1時45分 震源 茨城県北部  M2.4 最大震度1  
3時24分 震源 埼玉県南部  M3.7 最大震度2
3時29分 震源 福島県沖   M3.8 最大震度2
5時03分 震源 茨城県北部  M3.1 最大震度1

と、震度1以上の地震が、関東や東北南部で
5回発生していて、そのうち私は
P2P地震情報で2度、目が覚めた。

昨年の超巨大地震であった東北地方太平洋沖地震の
余震がまだまだ続いていることがわかる。


テーマ:東北地方太平洋沖地震 - ジャンル:ニュース


睡魔 ラリホー

今日は、2012年(平成24年) 3月24日 土曜日

昨晩は、とても眠たく、
風呂の湯船につかりながら眠りそうになり、
また、湯船から出て、体を拭いている間も
眠たくて、立ったまま、眠りそうになり、
倒れそうになったりする。
まるで、ドラクエのラリホーの呪文にかけられているようだ。

風呂から出て、服を着た0時過ぎに
すぐに眠りについた。

テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


1万分の1秒の電波君の旅・・・・雨の日の通勤時、電車内で携帯ラジオを聞きながら

今日は、2012年(平成24年) 3月23日 金曜日

今日は、京阪神で雨が降っている。
今朝は、西宮の自宅を出て、
雨の天気の中、
電車に乗りながら
携帯ラジオで、NHK第一やNHK-FMの朝7時ごろの
ニュースを耳にしていた。

バスの中では、AMラジオはきっちり受信できて
聞こえるが、
電車の中だと、AMラジオでは受信状況は悪くなって、聞きとれないので、
朝6時55分からの地域の気象情報と7時からのニュースは
AMのNHK第一と同じ放送をしている
NHK-FMに切り替える。

光子という粒子でありつつ
波でもある
秒速約30万kmの電波が
AMのNHK第一は
堺市美原区の阪和自動車道美原北インターチェンジの傍の送信所から
NHK-FMは、
大東市の飯盛山の送信所から
発せられて、雨の中を括りぬけ、
京都までの通勤に間、
1万分の1秒から1万分の3秒ぐらいの間で
私の携帯ラジオに届いて、
音声変換されて、私の耳の鼓膜に声が伝わってくる。

ふと、雨の中、携帯ラジオを聞きながら、
電波のそのような能力の素晴らしさを改めて
感じたのであった。


このブログ内の関連記事

電波君の旅 ~ 赤道上空3万5786kmから自宅のパソコンに

雨の日の月曜日、携帯メールの電波が、雨粒の中をかいくぐり、言葉を届ける

PCで携帯電話電波でネットを見ていたら、窓の外は大雨・・・・雨粒ををくぐりぬくて、電波君が私のPCに ~ お天気と携帯電話の電波

携帯電話の電波で、伝言が行き交う状況の比喩表現を書いています。
アナロジーを用いた命題化とヒット商品


テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


泉佐野市が市名を売り払う!・・・何度も市名が変わったら住民の負担も増えてくる・・・・日本政府のデフレ放置の悪影響がこんなことに

今日は、2012年(平成24年) 3月22日 木曜日


いくら財政難だからといって、
こんなバカなことはするなと思うニュースがあった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

泉佐野市の名前売ります…財政難で苦肉の策
(読売新聞 2012年3月21日)


財政破綻一歩手前の大阪府泉佐野市は新たな歳入確保策として、
企業から広告料をもらう代わりに市の名称を企業名や商品名に
変更する自治体名の命名権(ネーミングライツ)売却に乗り出
すことを決めた。契約期間は1~5年で、国内外の企業を対象
に6月から11月末まで募集し、広告額は企業から提案してもらう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということだが、
そこまで財政難で追い詰められているのかということだが、
地名というのは、そこで培われてきた長い歴史に由来がある。

泉佐野の「佐野」という地名の由来には、
「狭い原野」を意味する「狭野」が転じて、「佐野」となった説と
神武天皇は東征の戦いの地点のひとつであったので、
天皇の別名である、狭野命の「狭野」の由来しているという説がある。

そして、1948年(昭和23年)に市制施行する時、
「佐野市」とするが、既に栃木県に「佐野市」があったので、
和泉地方の佐野ということことで、「泉佐野」となったのだ。

そのように見ると、泉佐野という地名には、
長い歴史があるのである。

それをカネで売るとはどういうことだ。
命名権(ネーミングライツ)で、野球場の名称が変わっていたりするが、
数年で変わったりする。
例えば、かつてグリーンスタジアム神戸と呼ばれていた神戸総合運動公園野球場は、

2003年に、Yahoo! BBスタジアム
2005年に、スカイマークスタジアム
2011年に、ほっともっとフィールド神戸

と10年のうちに3回、名前が変わっているのである。
泉佐野市は、市名の命名権の契約期間を1~5年ということだが、
5年で、ころころと市の名前が変われば、
市民は、自宅住所の記した家の表札を変えたり、
何かに登録している自宅住所や事業所の所在地の変更届けとか
まあ、市民の実生活での負担が生じてくる。

このように市民に負担をもたらす
地名を変えることを球場名の変更と同じようにしてはならないと
思う。

また、地名がころころ変われば、市民が地元の市に対する愛着や郷土愛の
育成にマイナスになると思う。

まあ、泉佐野市の財政難は関空開港による経済効果を見込んだ
大型プロジェクトの失敗によるところも大きいが、
泉佐野市だけでなく、地方自治体の財政難は
日本がデフレ経済が長引いていることによってもたらされており、
生産力とお金があり余った日本において、財政危機ではないのに
財政危機だと煽られて、財政出動が弱められ、
景気低迷が続き、各自治体の税収減によるところが大きい。

政府によるデフレ政策によるしわ寄せが
このような事態をもたらそうとしていると思える。

このブログ内の関連記事


2011年8月4日の記事 泉佐野市と隣の泉南市でのできごと
小学校のプール水死事故・・・地方の財政難と日本政府のデフレ放置の犠牲者


テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース


近畿地方、2012年の春、2年連続で春一番吹かず(平成になって3回目の2年連続なし)・・・ちなみに近畿地方の春一番が最も早い日と遅い日は・・・

今日は、2012年(平成24年) 3月21日 水曜日

昨日の春分の日を過ぎて、
近畿地方では、2年連続、春一番が吹かなかったこととなった。
近畿地方で春一番が吹かなかったのは
平成になって、10回目である。

近畿地方において、平成で春一番がなかった年は

平成 4年(1992年)
平成 6年(1994年)
平成11年(1999年)
平成12年(2000年)
平成14年(2002年)
平成15年(2003年)
平成18年(2006年)
平成20年(2008年)
平成23年(2011年)

である。今年も春一番はなしであるが、
21世紀になって、12年となるが、
そのうち半分は春一番がない年である。

ちなみに近畿地方の
1950年以降の気象庁による発表が始まってから
近畿地方の最も早い春一番は 1993年(平成 5年) 2月7日 日曜日
近畿地方の最も遅い春一番は 1969年(昭和44年)3月21日 金曜日

1969年3月21日は「春分の日」で、
春一番の定義で、最後の日とされるのが「春分の日」である。
つまり、春一番のリミットの最後の最後の日になって、春一番が
吹いたのである。


このブログ内の関連記事

春一番の語源と名曲「春一番」について
春一番~雪が解けて川になって流れて行きます

2010年3月16日の記事
一昨日(3月15日)、近畿でやっと春一番が吹いた。過去10年では最も遅く・・・・ちなみに神戸の一昨日の最大瞬間風速の最高値は南風ではなかった。

2009年2月15日の記事(春一番が吹いた時の記事)
春一番が吹く日が早い年は気象災害に要注意!・・・・・ちなみに2月15日は「春一番名付けの日」

2007年2月15日(2007年の春一番が吹いた時について)
2月15日は「春一番名付けの日」だって ~春一番が早い年は大きな災害が発生するかもと「みなみ」さんが言ってました




テーマ:気象 - ジャンル:学問・文化・芸術


閏年の春分の日はだいたい3月20日・・・・春分の日の昼と夜は、どちらが長いか

今日は、2012年(平成24年) 3月20日 火曜日

今日は、春分の日である。

昨年の春分の日は、3月21日であったが、
今年は3月20日である。

春分とは
天の赤道と太陽の通り道(見かけ上)を「黄道(こうどう)」が
交わり点うち
太陽が赤道の南から北に移る点を春分点といい、
その春分点を通過する時である。
その時の日を春分の日としている。

それが、その春分の時が
今年は、日本時間で3月20日14時14分である。

1992年から2025年までは
閏年の年とその翌年の春分の日は3月20日である。

ちなみに
2092年から2099年の閏年の春分の日は
3月19日である。

春分の日と言えば、昼と夜の時間が同じというイメージがあるが、
今日の大阪の日の出と日の入時刻を見ると

日の出  6時02分
日の入 18時10分

と昼の時間が12時間06分と6分だけ昼の方が長い、
それは、
日の出と日の入の時刻を太陽の中心が地平線を通過する時ではなく、
日の出は太陽の上の縁が地平線に接した瞬間、
日の入は太陽の上の縁が地平線に沈んで、太陽が全て見えなくなった瞬間
としている。そうすると、太陽の半径分だけ、日の出時刻が早く
日の入時刻が遅くなり、太陽1つぶんだけ昼の時間が長くなるからである。


このブログ内の関連記事

春分の日~天文的な自然現象と明治天皇制と仏教行事の日本的アレンジの編集物


テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術


神社に対するヤクザ寄進の灯篭への警察の撤去指導は反憲法的なふるまいである・・・・・ちなみに、スサノオを神って、ヤクザ顔負けの暴れ者だなあ

今日は、2012年(平成24年) 3月19日 月曜日


この三重県県警の振る舞いは
憲法で保障された信教の自由を踏みにじる行為だろうと
思った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

熊野の神社の灯籠に山口組最高幹部の名 警察は撤去指導
(朝日新聞 2012年3月18日 19時10分)


熊野古道とともに世界遺産に登録されている花の窟(いわや)神社
(三重県熊野市有馬町)にある石灯籠(どうろう)4基に、
指定暴力団山口組最高幹部の名前が刻まれていたことがわかり、
三重県警が撤去を指導している。寄進した氏子は、複数の知人を
介して持ちかけられたといい、「贈り主が暴力団関係者とは知らなかった」と話しているという。

 灯籠は、社殿近くの参道にあり、山口組の篠田建市(通称・司忍)組長と
一字違いの「篠田健市」名、鳥居近くの参道に、ナンバー2の高山清司被告名が刻まれている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということだが、
信仰と言う行為は、善人であろうが、悪人であろうが、ヤクザであろうが、
平等だろうが、
それをただヤクザの組長が寄進したからと言って、撤去を指導するというのは
憲法で保障された信教の自由の基本精神に反するだろう。

おそらく、指導ということなので、神社が従わなければならない理由はないと
思うが、
「神様に対する信心は、尊いもので、それが悪人であろうと尊いものだ」と
警察の指導に断固拒否して欲しいと思う。

この花の窟(いわや)神社は、イザナミを祭る神社であるが、
そのイザナミの子供に、スサノオという神がいて、
そのスサノオは、高天原で暴れまくって、
糞を撒き散らしたり、田の畔を壊して溝を埋めたり、
皮を剥いだ馬を落としいれたりして、ヤクザ顔負けのことを
しているのですが、
そのようなスサノオも神として崇められているわけで、
そのようなヤクザ顔負けのヤクザ的なふるまいをするスサノオが
神とされていて、信仰されていることに対して、
ヤクザ排除条例を率先している警察当局はどう思うのだろう。



テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース


1年前の大震災発生1週間後は、セリーグ開幕問題が議論になっていた・・・・夏の高校野球の決勝、今年も午前中になりそう

今日は、2012年(平成24年) 3月18日 日曜日

今から1年前の東日本大震災発生
1週間後の2011年3月18日の
当ブログの記事は

3月25日のセリーグ開幕はさすがに自粛すべきだろ!!・・・過度の自粛は良くないが、東京ドームの照明は電力需給が厳しい関東で、今、使えないだろう

であった。
関東地方で計画停電が実施されるなか
照明を使う東京ドームの試合を実施しようとすることに
対する世論の強い批判があった。

結局、セリーグもパリーグに合わせて
4月12日の開幕となった。

電力事情に考慮して、
照明を使うナイトゲームでの延長戦は
試合時間が3時間30分を越えた場合、次にイニングには入らないとなった。

そのルールは今年も適用される。

昨年は、東京電力管内における計画停電は
3月28日を最後に実施されなかった。

さて、今年であるが、
この夏、原子力発電がすべて停止して
電力事情が厳しくなる関西地方で
いろいろ照明を使うことにクレームが出てくるかもしれない。

まあ、今年の夏の甲子園の高校野球の決勝戦も
昨年同様午前中になりそうである。


このブログ内の関連記事

3月18日ということで
1984年3月18日勃発
「かい人21面相」が暴れ始めた日~日本初の劇場型犯罪「グリコ・森永事件」勃発



テーマ:東北地方太平洋沖地震 - ジャンル:ニュース


夕刻の微弱な地震、震源は奈良県野迫川村で、同じところを震源とする地震が約1年8ヶ月前にあった

今日は、2012年(平成24年) 3月17日 土曜日


昨日、夕刻のころ、
西宮ガーデンズの丸福珈琲店でパソコンで
ネットに接続して、いろいろ見ていたら、
P2P地震情報の地震感知情報の地図が表示され、
見てみると、関西地方で揺れを感じだした方々が
感知情報を発信していた。

すると、わずかながら揺れを感じたが、
もし、その感知情報を受信していなかったら、
地震かどうかわからないような微震であった。

その地震は
17時55分ごろに発生した
奈良県の北緯34.2度、東経135.7度(野迫川村)
深さ60kmを
震源とするマグニチュード3.5の地震であった。

奈良・和歌山境近く地震 20120316180020491-161755
図は、気象庁より

奈良県、大阪府、京都府、和歌山県で
震度1を観測していた。

震源地といっても
和歌山県との県境に近いところである。

実は、そのところでは、同じ深さで
2010年7月21日6時19分に
マグニチュード5.1の地震が発生して、
奈良県で震度4を観測していた。

参考リンク 消防庁 奈良県を震源とする地震

そうすると、昨日のその微弱な地震は
その時の余震なのか、
それとも、その場所はなんらかの地震が発生しやすい
ところなのかなと思った。






テーマ:地震・天災・自然災害 - ジャンル:ニュース


形式主義が生んだ非劇か・・・釜石鵜住居地区防災センターで、避難者50名以上が津波で亡くなった事例から

今日は、2012年(平成24年) 3月16日 金曜日


東日本大震災で、行政施設に避難して
亡くなった事例があったが、
そのうちのひとつとして、
岩手県釜石市にある
鵜住居地区防災センターである。
そこに避難していた人達のうち50名以上が
死亡している。

その防災センターは、2010年に完成したばかりで、
その鵜住居地区防災センターは、
平地にあるので、津波避難場所ではないが、
最初の危険を回避後に避難生活を送る「拠点避難所」に
位置付けられていた。


ただ、どうして、津波避難所でないところを
地域住民の方々が、避難所と認識してしまったのか。

その背景について、
昨日(2012年3月15日)のMBSたね蒔きジャーナルでの
特集で説明があった。

その説明によると
地域での防災訓練に関しての、成績主義があったという。
少しでも地域の避難訓練を多くするため
地域の方々が避難訓練に参加しやすくするため
高台への避難場所ではなく、
津波避難所ではない、
平地にある地区の防災センターを避難訓練場所にして、
足腰が弱いお年寄りが参加できやすくした。

その結果、いざ、巨大地震が発生した時に
地域の住民は
津波避難場所ではない地区の防災センターを
避難所だと思ってしまっていたので、
そこに避難してしまい、
そこで津波にのまれてしまったのであった。

また、その防災センターは
実際は公民館的に使用されている建物だが、
資金調達の起債にあたり、そのために有利にするために
「防災センター」という名称にして、
資金調達をしやすくした。

そのような行政の形式主義的な運営や命名によって
実質的な避難のための運営がなされなかったことが
非劇を生むことになった。

くだらない成績主義とかでなく、
実際の避難訓練で、お年寄りが参加しにくい
高台への避難訓練がなされていたら、
参加者は少なくても、
いざ、実際に大津波が来襲した場合に
どのような課題があるかわかり、
より実践的な対策がなされていたかもしれない
と思った。

参考リンク

You Tube MBSたね蒔きジャーナル
2012年3月15日 津波を生き抜く力を子どもたちに~被災地取材報告その2

 11分15秒あたりから上記記事に該当する部分を聞くことができます。


テーマ:東北地方太平洋沖地震 - ジャンル:ニュース


昨日の東日本大震災震源域南北両端付近を震源とする地震・・・・三陸沖はアウターライズ地震が気になる、千葉東方沖地震の死者は、東日本大震災の死者数に含まれるのかなあ

今日は、2012年(平成24年) 3月15日 木曜日

昨日、21時過ぎ、
西宮市の自宅周辺を
小型携帯ラジオで、MBSのたね蒔きジャーナルを
聞きながら、散歩している時、
毎日新聞論説委員で
東京から出演している近藤勝重氏が

「今、すごい地震です」と言い、
ガチャガチャと揺れる音が耳に入った。

すると、大阪の水野アナが

「関東では緊急地震速報が出ているようです」

と言っていた。


その後、すぐに
私は、人気がない路地にて、歩きながら、
携帯電話で2ちゃんねるのニュー速のヘッドラインのページに
接続して、どのような地震かの情報を得ようとした。

その地震は、
千葉県東方沖 ( 北緯35.8度、東経141.1度)を震源とする
マグニチュード6.1の地震で、
千葉県銚子市と茨城県神栖市で、この地震の最大震度である震度5強を観測、
震源地に近い利根川河口周辺で最も強く揺れたようである。

千葉県東方沖  2012年3月14日21時05分 地震 a20120314210927491-142105


この地震で、体調を崩した95歳の女性が死亡したという。
この地震について、気象庁は昨年の3月11日の東北地方太平洋沖地震の
余震と見なしている。
東日本大震災のこれまでの死者数には余震による死者も含まれているので、
昨日の地震でお亡くなりになった方は
東日本大震災の死者数にカウントされることになりそうだ。

ところで、昨日の千葉東方沖地震の震源地を見てみると、
東北地方太平洋沖地震の震源域の南端になるかならないかのような位置で、
昨日の地震を東北地方太平洋沖地震の余震にするのか、別の誘発地震とみなすのか
どうなのかなあと思った。

昨日の千葉東方沖地震の約3時間前の18時09分に
三陸沖 ( 北緯40.7度、東経145.2度、北海道襟裳岬の南東210km付近)を
震源とするマグニチュード6.8の地震が発生して、
岩手県、青森県、北海道に津波注意報が発令され、
青森県八戸市で20㎝、北海道えりも町と浜中町、青森県むつ市で10㎝の津波を観測
した。

三陸沖 2012年3月14日18時09分 地震  20120314181441491-141809


気象庁は、この三陸沖の地震について、
東北地方太平洋沖地震の震源域のすぐ北側で
昨年の超巨大地震とは別の地震で、
震源地が日本海溝東側の正断層の地震と発表していた。

それを聞いた時に、
日本海溝東側ということは、アウターライズで、しかも正断層・・・
東北地方太平洋沖地震の後に、日本海溝の外側が発生する
アウターライズ地震が警戒されている。
アウターライズ地震は、正断層の地震で巨大津波を引き起こしやすいと
される。

1896年の明治三陸地震(M8.2)の37年後の
大津波をもたらした
1933年の昭和三陸地震(M8.1)は、
アウターライズ地震である。

そういうこともあるので、
昨日の三陸沖の地震は気になる。

そう言えば、昨年のM9.0の東北地方太平洋沖地震が
発生する2日前に、前震となるM7.2の津波注意報をもたらした
地震があった。
その前震が発生した曜日は、昨日と同じ水曜日であった。

もし、三陸沖の日本海溝の外側を震源とする
アウターライズ地震による破壊域が
昨年の東北地方太平洋沖地震のように大きく南下して、
福島県沖まで達してしまうような
超巨大地震となるアウターライズ地震になってしまうと
福島原発4号機が気になってしまう。

画像は気象庁より


参考リンク

You Tube 2012年3月14日 「放送中に地震!」 京大 小出裕章・たね蒔きジャーナル
5分25秒あたりから、揺れによる音が聞こえ出します。


このブログ内の関連記事
2012年2月16日の記事
福島第一原発4号機問題・・・・福島原発直下型地震と福島沖日本海溝アウターライズ巨大地震によるリスク


テーマ:東北地方太平洋沖地震 - ジャンル:ニュース


深刻なヒヤリ事象と大事故は紙一重の違い・・・韓国釜山の原発であわやと思わせる電源喪失トラブル、東海村の原発もあの超巨大地震の規模がもっと大きければ危うかった

今日は、2012年(平成24年) 3月14日 水曜日

このニュースを耳にした時は
思わずかなりヒヤリとする情報であった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
原発で外部電源一時喪失 韓国・釜山
(サンケイビズ 2012年3月13日19時23分)


韓国原子力安全委員会は13日、南部・釜山市の古里原発1号機で
2月9日に電源が12分間、完全喪失する事故が起きていたと発表した。

(中略)

施設内では機器類の点検、補修が行われていたが、午後8時半すぎ、
緊急時に使われる継電器の試験中に電源が突然、喪失した。
非常用のディーゼル発電機も作動しなかった。

炉心は高温で、使用済み核燃料の貯蔵施設と原子炉内は冷却水が満たされ、
冷却装置で冷やす必要があった。韓国メディアは電源喪失状態が長時間続けば、
炉心溶融(メルトダウン)など深刻な事態に至る可能性もあったとしている。

(中略)

昨年4月には電気系統のトラブルを起こした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということだが、12分間、完全に電源喪失状態になったということで、
短時間で電源回復して、良かったが、
昨年には電気系統のトラブルを起こしていたということで、
もし、長時間電源が回復しなければ、
メルトダウンになっていた恐れがある。

釜山市と言えば、韓国第2に都市で、人口が約340万人の大都会で、
古里原発は釜山市の中心街から40kmということであり、
もし、そこでメルトダウンが発生していれば、
福島原発事故以上の人数の避難する事態となっていたかもしれない。
また、2月のリベリアからの季節風が運ぶ放射能によって
対馬、壱岐などの離島、そして、日本本土の西日本地方に放射能汚染
をもたらしていた恐れがあった。

まあ、今回は、すぐに電源が12分で回復したので良かったが、
さらに、その時、何らかの悪条件が重なっていれば
大事故になっていたかもしれない。

深刻なヒヤリ事象と大事故はあるいみ紙一重と言えるかもしれない。

当ブログの2011年10月24日の記事
東海第2原発、独自水壁対策で、津波による大事故を回避・・・・外部の声に耳を傾ける大切さ

で、茨城県の東海第2原発が4.9mだった防水壁を茨城県からの進言を受け、
6.1mに高くしたため、東日本大震災の時の5.4mの津波をしのげて、
電源喪失によるメルトダウンに至ることを防いだということについて
ふれたが、
あの昨年3月11日の東北地方太平洋沖地震は
マグニチュードが9.0であり、震源域が東北三陸沖から茨城県沖まで
広い範囲であったが、その震源域の破壊の強さは
茨城県沖よりも宮城県沖の方が強かったようで、
もし、茨城県沖が宮城県沖と同程度の破壊がなされていたら、
マグニチュードが9.4ぐらいに達して、
茨城県にも10mの大津波が押し寄せていた恐れがあったとも
言われている。

もし、そうなっていたら、東海第2原発も福島第一原発のような
深刻なメルトダウンに至っていた恐れがあり、
首都圏での深刻な放射能漏れ事故をもたらしていたかもしれないのであった。

まさに、深刻なヒヤリ事象と大事故はあるいみ紙一重と思う。

ちなみに、1年前の今日の3月14日は、福島第一原子力発電所3号機が
水素爆発した日であった。




テーマ:原発事故 - ジャンル:ニュース


電車内、目が覚めると外は雪化粧であった

今日は、2012年(平成24年) 3月13日 火曜日

昨日の朝、
西宮市の自宅を出て、
阪急電車に乗り、梅田経由で職場のある京都市に向かう。

昨日は、真冬に空気が戻って来て
寒く、
阪急京都線の電車内で眠っていて、
ふと目が覚めると、京都市の桂駅であったが、
車窓から雪景色が見えた。

昨日は、私が西宮市を出た後の日中に
西宮市内でも少し吹雪いていた時があったようだ。

昨日の京阪神三都の最高気温は

大阪 7.5℃(15時19分) 大阪の平均最高気温の最低=8.6℃
京都 6.8℃(14時15分) 京都の平均最高気温の最低=8.2℃
神戸 7.9℃(14時07分) 神戸の平均最高気温の最低=8.2℃

と、先週の桜の花の咲く頃の春の陽気から
真冬の空気に逆戻りした。

今日もまだ真冬の空気が残っているが、
朝、会社の近くを歩いていると
日射しがあったので、
昨日よりはましかなと思って、
気象庁の毎日の気温データを見てみると
12時現在の
京都の最高気温が、3.5℃(8時49分)となっていて、
あれ、日が当たっていても、3.5℃はおかしいなあと思って、
京都市のアメダスを見てみると
10時以降のデータが更新されていない。


このブログ内の関連記事

アメダスの語源
アメダスは、「雨出す」ではないです。


テーマ:気象 - ジャンル:学問・文化・芸術


東日本大震災1週年の時刻の時と、その翌日の新聞のトップ記事タイトル・・・そして、1年前の今日は、誘発地震を感じさせる地震があった日である

今日は、2012年(平成24年) 3月12日 月曜日

昨日の14時46分、
西宮ガーデンズにて、
東日本大震災1週年ということで、
西宮ガーデンズ内の阪急百貨店の店員さん達が
10秒ぐらい黙祷をしていた。

私は、その時、ラジオでNHKの東日本大震災の追悼式典の
中継を聞きながら、西宮ガーデンズの2階入り口付近で、
その様子を見ていた。

とこで、昨日の14時46分ごろ
以下のような現象が発生したという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〈震災1年〉ネット通信量、約5%下がる 黙祷影響か
(朝日新聞 2012年3月12日22時35分)


午後2時45分ごろ、日本のインターネット通信量が最大5%ほど下がり、
3時ごろに元に戻ったと見られることが、ネット接続大手「インターネット
マルチフィード」(東京都千代田区)の計測データでわかった。震災発生時間に
ネットの手を休め、黙祷(もくとう)を呼びかける書き込みがツイッターや
掲示板で多くなされており、「影響があったかも知れない」と担当者。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということだという。

様々な方々が、14時46分に様々に感じながら、
その時を迎えたのだろう。

今朝、震災1周年の様子について、
新聞各紙が1面トップで取り上げていて、
どれかの新聞を買おうと思った。

トップ記事タイトルに
「絆」とか、そのような言葉があるものがあったが、

被災地支援に誠心誠意向き合って、被災地の方々と
絆を深めている方々がいると思うが、

何か、そのように美しさを感じさせる言葉を
強く打ち出すことで、
非常に困難な状況と覆い隠してしまうようなことを
感じて、何か、そのようなトップ記事タイトルの新聞には
手は伸びなかった。

その中で、

「涙の1年遠い復興」

という被災地のつらい状況と困難さを伝わる表現を
トップ記事タイトルに用いていた
京都新聞を買った。

まだまだ被災地の生活再建は困難な状況であることが
伝わってくるタイトルである。

今日3月12日、1年前の3月12日午前4時代に
長野県栄村で震度6の地震が連発した。

私はその時の緊急地震速報の連発を耳にして、
誘発地震が起こり始めたと思った。

その栄村も
避難生活などで3名が亡くなり、
仮設住宅の雪下ろしをしていた方が転落して亡くなったりしている。
栄村は
146人が村の外に避難したり、仮設住宅で生活しているという。



このブログ内の関連記事

2011年3月12日の記事
東日本の日本海溝沿いの巨大地震と長野・新潟と秋田沖の地震・・・東北地方太平洋沖地震が日本海側の北米プレートとユーラシアプレートの境界沿い地震を誘発させているのか?

2012年3月11日の記事
東日本大震災1周年の日に、あの日の18時過ぎの原発情報の報道記事を見る・・・人類史上初の原発大事故震災から見える日本のマスコミの構造的問題



テーマ:東北地方太平洋沖地震 - ジャンル:ニュース


東日本大震災1周年の日に、あの日の18時過ぎの原発情報の報道記事を見る・・・人類史上初の原発大事故震災から見える日本のマスコミの構造的問題

今日は、2012年(平成24年) 3月11日 日曜日

1年前の2011年(平成23年)3月11日金曜日 14時46分
東北地方から東関東の太平洋沖を震源域とする
マグニチュード9.0という日本観測史上最大の
超巨大地震である東北地方太平洋沖地震が発生した。

その地震により、北海道から東関東沿岸に巨大津波が
襲来し、幾数多の人達の身体から魂が無くなってしまった。

そして、その巨大津波は、東京電力福島第一原子力発電所の
冷却機能を喪失させ、チェルノブイリ原発事故以来の
大量の放射能漏れをもたらした原発大事故を引き起こした。
原発大事故震災という人類史上初の震災となった。

私は、当日の17時40分ごろ
阪急京都線で十三駅に到着する前、
ソニーのウォークマンのFMラジオ機能で
NHK総合テレビの音声を聞いていた。

すると、東京電力福島第一原子力発電所で
安定的に冷却できなくなったというニュースを
伝える武田真一アナの声が耳に入った。

それを聞いた時

えっ、まじかよ!まずいなあ

と思ったが、

まだ、マスコミは原発の深刻な状況をまだまだ把握できず、
直前に発生した大津波による大災害の事態を伝えることが
メインであった。

その日の18時過ぎの、福島原発の状況を伝える日経新聞のニュースを見てみると

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東電の福島第一原発1、2号機、非常用電源使えず
2011/3/11 18:02

 経済産業省の原子力安全・保安院は11日午後5時10分に会見を開き、
東京電力から福島第一原発1、2号機で非常用電源が使えなくなった
との報告があったと発表した。
地震によって原子炉は緊急停止し、核反応は止まっている。
ただ、崩壊熱と呼ぶ熱は出続けており、原子炉の温度を下げる
ための冷却水をまわす電源が必要になる。

 7~8時間は蒸気で動くタービン用の蓄電池が動くため、
冷却水をまわすことができる。この間に施設外部からの電源の確保を急ぐ。

冷却機能を保つための電源が全く使えない状態になったのは初めて。
保安院は警戒本部を立ち上げた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この報道では、冷却機能の保持と回復を期待させるような内容であり、
また、冷却機能を回復できなかった場合に、
深刻な放射能漏れ事故を引き起こすことを伝えてはいない。

もし、地震と津波ではなく、原発の異常事態だけであれば、
マスコミも原発のことだけを集中的に報道するので、
冷却機能を回復できなかった場合のことを伝えることもあったかも
しれない。

私も、まずいなと思いつつ、福島原発の詳しい構造までわからないず、
その後、報道も地震と津波被害がメインで、
そして、翌日の午前4時ごろには、長野県北部で震度6の地震が連発
したりして、地震と津波の方に関心が向いていた。

ただ、翌日の16時過ぎ、
西宮ガーデンズ内で、
ソニーのウォークマンのFMラジオ機能で
NHK総合テレビの音声を聞いていると

野村アナが

「1号機が骨組みだけになっている」という主旨のことを
伝えていて、
その瞬間

あー、やってしまったなあ

と思った。

福島原発では、3月11日の夜には
メルトダウンになっていて、
大手テレビマスコミは、政府の事故の過小評価発表を
垂れ流すこととなってしまった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「政府発表がないから報じられない」世界が呆れた日本の新聞
(NEWSポストセブン 2012年3月9日16時)


福島原発報道については海外からも批判が出た。
たとえばニューヨーク州立大学オールドウェストベリー校教授として
ジャーナリズムを教えるカール・グロスマン。
四十年以上かけて「環境ジャーナリズム」の分野を開拓した論客である。
米環境専門誌「エクストラ!」の二〇一一年五月号で次のように書いている。

「福島原発事故の影響についての報道はあまりにもお粗末だ。
日本政府が『直ちに健康に影響はない』と説明すると、
記者はそれをオウム返しに報じているだけなのだ」

 なぜこうなるのか。単純化して言えば、発表報道の対極にある調査報道の
伝統が根付いていないからだ。調査報道では権力側の説明をうのみにせず、
独自調査の積み重ねで「権力側が国民に隠している秘密」を暴こうとする。
権力の監視が報道機関に求められる基本機能だとすれば、調査報道こそ
新聞報道の中心に位置していなければならない。

 調査報道が根付かない理由としてよく挙げられるのが記者クラブである。
福島原発報道であれば首相官邸や経済産業省などの記者クラブに張り付き、
政府・東電側の動きを漏れなく報じるわけだ。このような記者クラブ
詰めの記者については「権力側の速記者」と揶揄する向きもある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とある。
以上の引用記事のように
昨年の原発震災は、日本のマスコミの構造的な問題を浮き彫りにした。
調査報道力が低下して
権力側の報道を垂れ流すマスコミの弊害は
生産力とお金があり余った日本において
実際は増税の必要がないのに
財務省による財政危機キャンペーン情報を
垂れ流すマスコミによって、
震災の復興のために復興税という不要な増税が
なされることとなり、
かつ、その復興増税のため
震災の復興が遅れてしまっているという指摘が
なされている。


このブログ内の関連記事

2011年3月12日の記事
東日本の日本海溝沿いの巨大地震と長野・新潟と秋田沖の地震・・・東北地方太平洋沖地震が日本海側の北米プレートとユーラシアプレートの境界沿い地震を誘発させているのか?



テーマ:東北地方太平洋沖地震 - ジャンル:ニュース


超巨大地震が迫っていた1日前からとても寒かった・・・2011年3月10日のブログ記事を振り返り

今日は、2012年(平成24年) 3月10日 土曜日

1年前の今日の2011年3月10日の当ブログの記事を見てみると

タイトルが
真冬に戻った3月上旬・・・1ヶ月後には桜が満開になり、2ヶ月後には初夏を感じていることだろう

であった。

その記事には、
3月10日の朝は、
1月下旬ころの真冬の気温に逆戻りしたことについて
書いてある。

そして、3月上旬に真冬に戻っても、季節が進み、桜が咲き、2か月もすれば
初夏になるということを書いていた。

その翌日の天変地異が迫っていることに全く
わからぬまま、毎年のように繰り返されるであろう
気候について書いていた。

昨年の3月10日は、
真冬並みに寒かったのだが、
翌日の東北地方太平洋沖地震直後の
NHKの津波来襲時の宮城県石巻市の生中継画像を
見ると、

東北地方太平洋沖地震直後 NHK放送 2_6.mp4_001104040


強く雪が舞っている様子がうかがえる。
石巻では津波来襲時に雪が強く降っていたのだ。

3月10日から11日にかけて、
真冬の寒気に日本が覆われていた時に、
あの超巨大地震が発生していのだなあと
東日本大震災1周年の前日に思うのであった。




テーマ:東北地方太平洋沖地震 - ジャンル:ニュース


1年前の3月9日、三陸沖でM7.3の地震あり、まさか、それは実は前震だったとは・・・・

今日は、2012年(平成24年) 3月 9日 金曜日

1年前の今日の午前11時45分、
三陸沖の北緯38度19分、東経143度16分の位置を
震源とするマグニチュード7.3の地震が発生した。

その日、気象庁の横山博文・地震津波監視課長が
「最大で震度4程度の余震が1週間ほど続く可能性がある」と
発表していた。

その地震で津波注意報が発令され、
岩手県大船渡市で60㎝の津波が観測された。

その翌日のニュースで、
三陸沿岸の養殖の筏が津波の被害を受けたニュースがあった。

その前年の2010年2月28日にも
マグニチュード8.8のチリ地震による津波で
その養殖の筏が被害を受け、再びがんばろうとしていたが
再び津波で被害を受けていたという内容のことを耳にした
記憶があった。

翌日の3月10日の午前中、
私はその前年のチリ地震の津波のことが
気になり、再度、チリ地震による津波の動画で
未収集の動画を探して、いくつか保存していた。

その動画には、どうやら岩手県久慈市沿岸の一部で
少し勢いのある津波が堤防を越え道路に流れ込み
車を少し押し流していた動画があった。

その前年のチリ地震の津波の動画を再度集めていた時、
前日の9日の地震が、実は前震で、
翌日に、超巨大地震が発生して、
大津波の映像を目にすることになるとは
全く想像もしていなかった。


テーマ:東北地方太平洋沖地震 - ジャンル:ニュース


毎日、目にしているものでも、興味が薄ければ、記憶があいまい

今日は、2012年(平成24年) 3月 8日 木曜日

雨天でない日の夜の
21時過ぎから、
自宅近所を
小型携帯ラジオでたね蒔きジャーナルを
聞きながら、散歩している。

昨日、
そのいつも散歩コースで、
ある一件の家屋が取り壊されている
ことに気づいた。

一昨日までは、
その家屋は建っていた。

ふと、取り壊されたことの気づいた後、
その家がどのような形の家であったかの
おおまかな輪郭の記憶が曖昧であることに
気づいた。

自分があまり気にしていないことについては
毎日、少し目にすることがあっても、
あまり覚えていないものだなあと思った。


テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


昨日(2012年3月6日)、今年初めての15℃越えで、桜が満開のころの陽気であった

今日は、2012年(平成24年) 3月 7日 水曜日

昨日は、京阪神地区は春らしく気温があがり、
京阪神三都の最高気温はそろって
今年初めて15℃以上になり、

大阪 17.1℃(14時00分) 平年比+5.3℃ 4月 4日の平均最高気温
京都 18.8℃(15時31分) 平年比+7.2℃ 4月11日の平均最高気温
神戸 17.6℃(15時03分) 平年比+7.6℃ 4月11日の平均最高気温

と、4月上旬の桜の花が満開のころの陽気となった。

三都でそれぞれに前回最高気温が15℃になった日は

大阪 2011年12月15日 15.0℃
京都 2011年12月14日 15.7℃
神戸 2011年12月15日 15.2℃

と、昨年の12月中旬であり、

三都でそれぞれに昨日以上の最高気温の前回の日は、

大阪 2011年12月 3日 18.3℃
京都 2011年11月30日 20.3℃ 
神戸 2011年12月 3日 17.9℃

と、昨年の11月末から12月初旬のころであった。

まあ、この冬は26年ぶりの寒い冬であったので、
3月になり、久々の暖かさに嬉しく思うのである。



テーマ:気象 - ジャンル:学問・文化・芸術


NHK、災害時、命令口調で避難呼びかけへ・・・昨年の3月11日の時、命令形で避難を呼び掛けていたNHKアナがいた

今日は、2012年(平成24年) 3月 6日 火曜日

もうすぐ、東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)から
1年になるが、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NHK災害避難呼び掛け放送「命令口調」「断定口調」へ変更
(J-CAST 2012年3月5日14時57分)


NHKは災害時の避難を呼び掛けるアナウンスの内容を大きく変更することを
決めた。とりわけ、東日本大震災で大きな被害を出した津波については、
「高いところへ逃げてください」という呼び掛け口調ではなく、
「ただちに高いところへ逃げること!」と断定口調に替え、
「津波は急に高くなることがあります」という可能性を示唆するのではなく、
これも「急に高くなります」と言い切る。

東日本大震災のときには、「早く逃げてください」ではなく、
「早く逃げなさい」と命令口調の防災アナウンスを流した地域は、
住民の避難が早かったことが明らかになっている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということのようだ。
茨城県大洗町では、昨年の3月11日で、大津波警報が発令された後、
危機意識を強く持った町長は、マニュアル通りでは通用しないと考え、
強い口調で命令形で避難放送するように消防に指示、
その指示を受け、1年目の20歳の消防士が避難放送で

大洗町全域に緊急避難命令。高台に避難せよ

と放送した。その命令形の口調の放送で、事態の異常さを察知した
町民も多く避難して、高さ5mの大津波が襲来した大洗町で
津波による死者はゼロであった。

それを教訓に、NHKも災害報道で、命令口調で呼び掛けるようだが、
実は、昨年の3月11日の時に、命令口調になった時があった。

それは、当日の16時10分過ぎであった。
その時はちょうど、NHKでは、名取市の内陸深くまで入り込む大津波の生中継を
していると、
大津波警報が千葉県内房や和歌山県などの追加された。

東北地方太平洋沖地震直後 NHK放送 3_6.mp4_000032800

それを伝える時、武田真一アナは
以下のように避難を呼び掛けていた。


大津波警報が出ている海岸や川の河口付近の皆さんは
早く、安全な高台に避難すること

「~こと」と命令形になっていたのだ。それまでは、
「~して下さい」という感じの丁寧語での避難の呼びかけであったが、
名取市の大津波の大被害を見て、思わず、命令形になってしまったのだろうか
と思った。


その時の放送の様子は
ニコニコ動画 http://www.nicovideo.jp/watch/sm17061651
の 初めから50秒あたりで聞くことができます。


テーマ:東北地方太平洋沖地震 - ジャンル:ニュース


過ぎたるは及ばざるがごとし・・・老化防止のためビタミンE取り過ぎたら骨が弱くなるようで・・・塩分過剰と胃ガンのことも思い出した

今日は、2012年(平成24年) 3月 5日 月曜日

過ぎたるは及ばざるがごとし
と思うニュースがあった。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

過剰摂取で骨粗しょう症の恐れ 人気サプリのビタミンE
(共同通信47NEWS 2012年3月5日 03時00分)


 老化防止のサプリメントとして人気のビタミンEは、
過剰にとると骨を壊す細胞の能力を高めてしまい、
骨粗しょう症を招く恐れがあることを、慶応大などのチームが
動物実験で見つけ、4日付の米医学誌ネイチャーメディシン電子版に発表した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということである。
何年か前のことだが、
アミノサプリの過剰摂取による副作用で
治療を受け続けているという人のニュースを聞いたことがあった。

人工的なものより天然で摂取するのが良さそうに思える話である。

ただ、地域的な食習慣によって過剰摂取ぎみとなって発病率が
高くなる病気もある。
その例として、東北地方や北陸などは、
胃ガン発病率が他地域よりも高かった。
胃ガンの誘発要因として、塩分の過剰摂取があげられる。
東北地方や北陸などの雪国では、
冬の間に新鮮な野菜を食べずに塩漬けにした野菜を食べる習慣があったので、
塩分が過剰ぎみになり、胃ガン発病率を他地域よりも高くしてしまっていたと
されている。
ただ、現在は、冷蔵庫が普及したことにより、
塩漬けにした野菜を食べることも減ってきたようで、それにともない
胃ガンの発病率が下がっているようである。


テーマ:医療・健康 - ジャンル:ニュース


初春の洗濯物の乾きの良さから太陽の偉大さを思う

今日は、2012年(平成24年) 3月 4日 日曜日

昨日の未明から、
洗濯したズボンを外で日干しした。
夜20時過ぎに帰宅して、
そのズボンをさわると乾いていた。

自宅のある阪神間の昨日の気温は
13℃前後まで上がっていた。

気温が上がるほど、大気中の飽和水蒸気量が
増えるので、蒸発しやすくなり、
乾きやすくなるが、
2月に比べると、昨日は乾きは良くなっていた。

そのように乾きやすくなるように気温が上がって
暖かくなり、洗濯物を乾かす太陽のエネルギーを感じるわけだが、

その太陽のエネルギーによって、水蒸気が発生して
気圧が変化して、風となったり、雨になったりして、
人々の生活に潤いをもたらしたりする。

また、光合成によって、植物の栄養が作られ、
その植物を人間が食べて栄養にする。

初春の洗濯物の乾きの良さから太陽の偉大さを感じるのであった。


このブログ内の関連記事

秋になり、夏よりも洗濯物の乾きに時間がかかるようになった・・・・飽和水蒸気量と洗濯ものの乾き



テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術


3月になって、寒き冬から一転、一気に春らしい気温に、桜の開花が予想より早く咲くかも

今日は、2012年(平成24年) 3月 3日 土曜日

3月になって、気象学的な春になった。
先月までの今回の冬は、
一昨日の記事

大阪での、この冬(2011年12月から2012年2月)は、毎月とも平均気温が平年値以下になり、それは平成初のことである

久々に寒い冬であったということを書きましたが、
3月になって、春らしい気温になってきて、
昨日の大阪の最高気温は
12.0℃(16時06分)で、平年よりも1℃高かった。

そして、大阪の来週の月曜日から金曜日の予想最高気温は
13℃~17℃と3月中旬から下旬の気温である。

先月までの寒き冬で、桜の開花が今年は遅れるということだが、
そのような春の陽気になってくれば、桜の開花は平年並みになってくるのでは
と思ったりする。

テーマ:気象 - ジャンル:学問・文化・芸術


超巨大地震から1年を前に、このごろ関東東方沖でやや強めの地震が発生してますね

今日は、2012年(平成24年) 3月 2日 金曜日

もうすぐ、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)から
1年になるが、その地震の震源域周辺ではこのごろやや強めの
地震が発生している。


2012年2月28日14時20分頃
震源:茨城県沖 北緯36.6度 東経141.0度 M5.1 最大震度4

2012年2月29日23時32分頃
震源:千葉県東方沖 北緯35.2度 東経141.5度 M5.8  最大震度4

2012年3月 1日 7時32分頃
震源:茨城県沖 北緯36.5度 東経140.7度 M5.4 最大震度5弱

ということで、関東地方東方沖で地震が発生しているが、
茨城県沖の地震は、
東北地方太平洋沖地震の震源域で発生しているので、その余震と考えられるが、
千葉県沖は別の地震と思える。千葉県沖もよくM5クラスの地震は
よく発生しているなあというイメージがある。

それらの地震が余震などであれば、まだまだ余震だと思えるが、
もしかして、それが大きな地震の前震かもと思ったりしてしまう。

その大きな地震が最大余震となるような巨大地震なのか
別の誘発された巨大地震なのかといろいろ想像したりする。

まあ、今日の程度で落ち着けば、それはそれで良いが、
M9.0という超巨大地震による地殻変動があったので
東日本は、しばらくは、別の大きな地震や火山活動に要注意と
言われたりしている。

テーマ:東北地方太平洋沖地震 - ジャンル:ニュース