言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



11月30日は、日本で最も遅く台風が上陸した日・・・その台風で冬休みが短くなったよ、同じ年に同じようなところに4回も台風が上陸

今日は、2011年(平成23年)11月30日 水曜日


今から、21年前の今日の1990年(平成2年)11月30日、
台風28号が、和歌山県白浜町に上陸した。

台風上陸日が、11月30日で
日本の台風で最も遅い上陸日となり、現在もその記録を維持している。

私は、当時、17歳の高校2年生で、和歌山県御坊市に住んでいた。

その年は、白浜町とその隣の田辺市に次々と台風が上陸した年であった。

台風19号  9月19日 水曜日 白浜町上陸 
台風20号  9月30日 日曜日 白浜町上陸
台風21号 10月 8日 月曜日 田辺市上陸
台風28号 11月30日 金曜日 白浜町上陸

台風19号は、沖縄近海で910hPaと猛烈に発達し、
第2室戸台風以来の台風になるとも言われたりして、
警戒が広がった。
結局、白浜には、945hPa(戦後日本の台風の気圧の低い上陸台風10位)で、
上陸した。

白浜の近くの御坊市の私の実家の裏の川は、河口から1km以上はあるが、
台風の高波が1mぐらいの高さになって逆流してきていた。

その日は、午前7時に暴風警報が発令されて学校が休校になった。

台風20号の時は、その日は、日曜日で何かの用事があって、
友人のいとこの方の車に乗せてもらって、移動していて、
山道を通過している時、木々が風に強くなびいていて、ラジオで
午前9時30分に白浜に上陸したというニュースを耳にした。

台風21号は、田辺市に上陸した時は、暴風域はなかったが、
和歌山県北部に大雨洪水警報が発令されて、その日は月曜日で、
学校は休校になった。

そして、台風28号、
この台風が上陸する2日ぐらい前だっただろうか、
沖縄南方海上を通過している時の気象衛星の画像を用いて
テレビの気象情報で、
もしかしたら、台風が日本に上陸するかもしれないということを
言っていたよう記憶がする。

そして、11月30日、朝から暴風警報が発令されて、
学校が休校になった。

台風がその日の14時に白浜町に上陸して、その後、
東海地方に向かうが、
その日の夕方のニュースで、琵琶湖から台風中継をしていて、
琵琶湖も暴風のため湖面の波が高くなっていて、
波しぶきが上がるなか、その波しぶきをバックにして
強風の中、レポーターが中継していた記憶がある。

台風が通り過ぎた翌日の12月1日の土曜日に
学校に行くと、(まだその時は学校週休1日制)

「今学期(2学期)は、3回も臨時休校になり、また、期末テストまでの
授業日数が足りないため、期末テストの開始日を1日遅らせる」

と発表があった。つまり、冬休みが1日減ってしまったのであった。


もし、この1990年台風28号の最も遅い上陸記録を破る台風が
現れるとすれば、12月の台風上陸となりえる。

さて、今後、12月に日本本土に上陸する台風は出現するのだろうか。


このブログ内の関連記事

台風の語源
台風~シチリア島のエトナ火山の下で火を噴く「typhon(テュポン)」

大型台風接近で思うこと ~情報のエントロピー増大が、意味のネゲントロピーの多様性と豊かさをもたらす

超A級台風・伊勢湾台風が襲った日~1959年9月26日

お空をお掃除した台風

2011年台風12号
台風12号、故郷和歌山中部の大雨で、ダムの大きな減災効果を確認・・・ちなみに、兵庫県では、暴風域の中でも、暴風警報が解除された

2011年台風12号
台風12号被害、避難準備情報の重要性・・・尾鷲市では、台風接近の2日前から高齢者に避難促して、成果出る。尾鷲市の防災アドバイザーはあの教授

2011年台風12号
大被害をもたらした台風12号が温帯低気圧になった後、その後どうなったか・・・おお~、そのように変化するのか!

2011年台風6号の温帯低気圧の動きについて
台風6号から変化した温帯低気圧、温帯低気圧後も台風の時と同じく、北上⇒南下⇒再北上のコースを経て、ベーリング海で生涯を終える

2011年台風15号
台風15号から変わった温帯低気圧、5日後には、どうなっているか・・・偏西風に乗って・・・

2009年台風18号
台風18号、西宮市は暴風が夜明けまで続いている・・・久々に台風らしい台風である

2009年台風18号
台風18号、可航半円の近畿地方、特に阪神間が暴風だった・・・・台風通過後の空は綺麗ですね







スポンサーサイト

テーマ:今日は何の日? - ジャンル:ニュース


大阪ダブル選挙・大阪維新圧勝と君が代・・・・君が代こそが、護憲・平和にふさわしい国歌では

今日は、2011年(平成23年)11月29日 火曜日


大阪ダブル選挙で、大阪市と大阪府のトップが
大阪維新の会が占めたが、
大阪維新の会は、教育基本条例案を提出し、
その条例で、結果的に、
式典で、国歌斉唱を3回しなかった職員は免職にできるという
ことで、今の君が代の国歌を好まない先生方がクビにされることも
ありえるのではないかとされる。

さて、日教組の方々が、君が代の「君」は天皇のことで、
主権在民の現憲法にそぐわないとか、また、軍国主義を象徴
していると主張したりしていて、その方々は、
護憲・平和を主張することが多いと思うが、

君が代こそが、護憲・平和にふさわしい国歌ではないかと思ったりする。

君が代の歌詞を見て見ると、

君が代は 千代に八千代に
さざれ石のいわおとなりて 苔のむすまで

とその意味は、

君が代は、千年も八千年も、細石が大きな岩になってそれに
さらに苔が生えるほどまで、長く長くずっと続きますように

という意味で、
小さな石が大きくなって岩になり苔が生えるまでと
自然の風景を比喩表現に使って、君が代が長く続くようにという感じで
全く、戦闘的な血なまぐさい歌詞ではない。
なぜ、そういうかと言うと、他の主要国の国歌と比較すればわかる。

アメリカとフランスと中国の国歌の一部分を書くと


アメリカ国歌 星条旗

敗走の恐怖と死の闇の前では
どんな慰めも傭兵や奴隷達の救いたりえず
勝利の歓喜の中、星条旗は翻る
自由の地 勇者の故郷の上に!


フランス国歌 ラ・マルセイエーズ

市民らよ 武器を取れ
軍隊を 組織せよ
進め! 進め!
敵の汚れた血で
田畑を満たすまで


中国国歌 義勇軍進行曲

起て! 起て! 起ちあがれ!
我々すべてが心を一つにして、
敵の砲火をついて進め!
敵の砲火をついて進め!
進め! 進め! 進め!


と、まあ、荒々しい戦争を歓呼するような歌詞である。
それに比べれば、君が代には全く、戦争を感じさせる歌詞はない。

護憲・平和を主張する先生方は、憲法9条という平和主義を守るために
憲法を変えない護憲を主張しているが、
憲法を変えないということは、

日本国憲法第1条

天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、
この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。

という象徴天皇は維持することであり、衆議院の解散など
内閣の助言と承認に基づいて、行ったり、
国会の指名に基づいて、内閣総理大臣を任命する役割がある。
護憲で憲法を変えないということは、
その天皇の役割をそのまま維持しつづけることを認める
ことである。

そうなると、君が代の「君」が天皇であることは
現在の象徴天皇を規定する現憲法を維持することからみても
そうなんら違和感はないのではないか。

橋下徹氏の政治手法で、「独裁的」だと主張するが、
過去の日本の歴史に置いて、政治的実権を武家政権が握っても
最後の承認の手続きは天皇がすることになっていて、そのように
天皇制があるから独裁政権を防いできたという見方がある。


以上のことを踏まえると

君が代こそが、護憲・平和にふさわしい国歌

だと思ったりする。

私としては、君が代は日本の国歌であることはなんら違和感もない。
ただ、式典で君が代で起立斉唱したがらない教師に強制することには
反対である。

たがが、君が代反対の教師が式典で起立斉唱しなかったぐらいで
国歌としての君が代の正当性が揺らぐようなことがあれば、
多くの国民に君が代が国歌として認められていないのであり、
多くの国民が君が代が国歌であると深く思われているのであれば、
君が代反対の教師が式典で起立斉唱しないぐらいで、揺らぐこともないし、

そのような教師に対して、

「あの先生変わってんなあ」とうしろ指をさせばいいだけである。


国歌の強制に反対するのは、
もし、日本で極端な親中国政権が誕生して、
日教組の方々の主張が反映されて、君が代が国歌ではなくなり、
中国の国歌のような国歌が日本の国歌にされたりして、
(中国の国歌は、対日戦争の時にできたものである)
それが強制されるようなことがあったらとても嫌だからである。
まあ、今は現実に、そのようなことは発生しないと思うが。


そう言えば、2004年の秋の園遊会で、

東京都教育委員を務める将棋の米長邦雄永世棋聖が
天皇陛下に
「国旗を掲げ、国歌を歌わせることが私の仕事」と言ったら
天皇陛下からの
「やはり強制にならないことが望ましいですね・・・」というお言葉に対して、

「もちろんそれはそうでございます」と米長邦雄永世棋聖が焦っていたが

君が代を反対する先生方、今の天皇陛下はあなた方の味方じゃないですか(笑)


このブログ内の関連記事

橋下維新圧勝は、小泉郵政選挙のデジャブ・・・教育基本条例でエリート教育を進めるなら、渋沢栄一のような公益追求の人材を育成して、富める者も富なき者も安心して暮らせる社会を作る人材を育ててもらいたい

自民党の「君が代」替え歌への刑事罰案・・・自民党こそ、日本文化の和歌の「本歌取り」を侮辱する反日的な輩だ!!



テーマ:大阪府知事選 - ジャンル:政治・経済


橋下維新圧勝は、小泉郵政選挙のデジャブ・・・教育基本条例でエリート教育を進めるなら、渋沢栄一のような公益追求の人材を育成して、富める者も富なき者も安心して暮らせる社会を作る人材を育ててもらいたい

今日は、2011年(平成23年)11月28日 月曜日

大阪市長と大阪府知事のダブル選挙は、
橋下徹氏が代表をする維新の会の候補が圧勝した。

大阪市長選の投票率は60.92%と
1971年(昭和46年)の大阪市長と大阪府知事のダブル選挙の
61.56%以来の60%越えで、50%越えもその時以来の
高い投票率だった。

これは、いつもの選挙では、投票にいかなかった方々が
投票したのだろう。
特に、いつもは、若い世代程投票率は低くなるが、
おそらく、若い世代も投票に行き、


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大阪ダブル選:橋下氏、幅広く集票…本社・MBS出口調査
(毎日新聞 2011年11月28日2時45分)


性別では男女それぞれ6割が橋下氏を選んだ。
年代別では、20代、30代の7割が橋下氏を選び、
40~60代でも6割が支持した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、若い世代ほど、橋下氏に投票した人が多かった。

この構図は、 déjà-vu(デジャブ・既視感 )で、
2005年9月の小泉郵政選挙の時と同じである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

若年層をひきつけた『改革』のメッセージ
~第44回衆議院選挙世論調査から~
(NHK放送文化研究所)


9月11日におこなわれた第44回衆議院選挙は、郵政民営化の必要性を前面に押し出して
選挙戦に臨んだ自民党が、解散時の議席を大幅に上回る296議席を獲得して圧勝しました。
有権者の関心も高く、投票率は、現在の選挙制度下では最高の67.51%を記録しました。

(中略)

中でも大きな特徴は、若い年齢層で、選挙への関心や投票意欲が高まったことです。
一般的に20・30代は、他の年層に比べると政治や選挙との関わりが薄いと指摘されています。
しかし今回は、3週前の調査時点で、「選挙に(非常に+ある程度)関心がある」
人が20・30代男性で79%、「投票に必ず行く」が 45%に達するなど、
前回の選挙での同時期調査に比べると、関心も意欲も高くなっていました。
さらに、この年層での自民党支持率が上昇していることもわかりました。
若年有権者の関心が高まり、同時に若い人たちの中で、自民党の存在感が
これまでより増していたことが調査結果からうかがえます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということで、
2005年の郵政選挙は、既得権益をぶっこわす、
郵政改革で、国債ばかり買っている郵貯のお金を民間に回して
景気を良くする
という主張が普段は、投票に行かない若い世代に受けて、
小泉自民党圧勝につながった。

まあ、若い世代は、好景気の体験がなく、
就職活動も厳しく、正社員になれない人が増えている中で、
何かを敵を作って、対決型の選挙をする小泉首相の手法が受けた。

しかし、今となっては、郵貯の金が民間投資に回ることもなく、
さらには、大手都銀の貯蓄も民間投資への貸出は増えず、
カネ余りで、預金者への利子払いのためにも
どんどん国債を買っている状況で、
全く景気はよくならず、若い世代の就職・雇用環境は不安定なままである。

小泉構造改革・規制緩和路線を支える経済思想をベースに
派遣業など非正規社員化が進められてきて、
その不安定雇用の中に若い世代が巻き込まれていて、
小泉改革でもっとも犠牲になる若者たちが、小泉を熱烈に支持した郵政選挙で
あったが、
もしかしたら、郵政選挙で小泉自民党に投票した非正規社員の若い人の中に
2008年のリーマンショック後の派遣切りに遭遇した人はいるかもしれないと
思ったりする。

今回の大阪ダブル選挙でも、有権者が最も重視しているのは
景気・雇用や社会保障のことで、大阪都構想はそれに比べると
有権者の優先順位は低い。

郵政選挙で、解散総選挙までして、郵政制度を変えたからからといって、
全く、景気回復につながらず、国民生活は厳しいままであるが、

それと同じように、大阪都構想を実現したからといって、
有権者が期待するような
景気回復や雇用安定や社会保障の充実にはほとんど寄与しないだろう。

日本における景気や雇用の問題の根本原因は、
生産力とカネがあり余っているのに民間消費と投資が少ない状況で、
政府が財政出動をしないからだ。

そういう状況で、大阪市と大阪府の制度をいじくったところで、
有権者が最も望む景気回復や雇用安定にはつながらない。

また、大阪都構想は実現するとしても、数年先だろう。
そして、維新の会はすぐにでも、できる政策として、
教育基本条例を推進するようで、
その条例には、
定員割れが3年続いた府立高が統廃合となっているが、
もし、その府立高校がいわゆる底辺校と認知され、
それゆえに、不人気になれば、定員割れして、統廃合となった時、
そうなったがゆえに、
なんとか高校に行けた学生が行けなくなったりすることはないか
心配するが、もう実際には、教育基本条例制定をにらんで、
弊害が出ているという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まだ可決されていない教育基本条例のせいで早くも悪影響が出ている事態をメモ
(ブログ Afternoon Cafe  2011年11月25日)


stayfoolish_me masaki tomita
しかし彼は更に、「3年連続で定員割れした府立の高校は
(つまり競争に負けた高校は廃校にする」とまで言ってしまった。

stayfoolish_me masaki tomita
そのため府内の高校は定員割れする事を恐れて、定員そのものを減らし始めた。
その結果約3000人の生徒の行くべき高校が無くなってしまったということ。

stayfoolish_me masaki tomita
橋下元知事は当初から「ダメな教師も、ダメな生徒も退場してもらう」と言い切っていたが、
今回のような約3000名の中3生たちは、「退場すべき生徒」だったのか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、これが実際に発生していたら、
教育を受けられず、就職にも不利になり、よりいっそう格差は広がって行く恐れがある。

成績不振でいわゆる底辺校にしかいけなくなる生徒の中には、
家庭の経済事情の悪化のゴタゴタで、受験勉強どころではなかったという
生徒もいるかもしれない。
そのような状況の生徒も、今まではなんとか高校に行けたが、
教育基本条例の定員割れ統廃合の流れの中で、
定員減少などで、高校に行けなく事態も起こりえるかもしれない。

もしかしたら、今回、大阪維新の会に投票した20代~30代の若い世代の方々で、
自分の子供が中学3年生の時に、失業や倒産などで、家庭が混乱して、
子供の受験科目の成績が低下して、
教育基本条例の定員割れ統廃合の流れの中の中で、高校の定員が減少したがゆえに
子供が高校に行けなくなるという事態を迎える人がいることもあるかもしれないと
懸念する。

教育基本条例では、競争が激しいグローバル経済に勝てる人材を育成していき、
エリート教育をしていく方向になるようだが、
そうするのであれば、
欧米のエリートのようにノブレスオブリージュ(noblesse oblige)で、
社会に対する責務の精神を涵養させてもらい、
また、企業家でありながら公益を追求した
渋沢栄一のような精神をもった人物を育ててもらって、
富める者も富なき者も安心して暮らせる社会を作る人材を育んで
もらいたいものだ。



テーマ:大阪府知事選 - ジャンル:政治・経済


「バスに乗り遅れるな論」は、日本の宿命か・・・古代、戦中、現代の日本・・・TPP加盟で、神仏習合のような日本的編集は守れるのか


今日は、2011年(平成23年)11月27日 日曜日

昨日

日本文化論キーワード

という書籍を読んでいた。

その書籍は、2009年3月に発売された書籍であるが、

その書籍で、古代日本に仏教が伝来する時の状況と
それを今風に言い変えた文言があった。

それを以下に引用すると

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大陸から経典と仏像が贈呈されたとき、排外派すなわち攘夷・国粋主義者たちは、
国つ神(日本の神々)が立腹されるであろうという理由で反対し、
拝外派すなわち開明派は、近隣諸国が皆信じているという理由で賛同した。
今日よく聞く「バスに乗り遅れるな」とか「皆で渡れば怖くない」
という理由である。
日本人のコミュニケーション文化は不変である。

引用元
日本文化論キーワード p43 執筆者 遠山淳

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

古代日本での外国からやってきた仏教という新しい宗教を取り入れる理由を

今日よく聞く「バスに乗り遅れるな」

という文言、
まさにTPP(環太平洋連携協定)への参加でよく耳にする言葉である。

その書籍が出版されたのが2009年3月と2年前で、
まだTPP議論がほとんど日本で行われていなかった時期で、
2年後の出来事を予言しているかのような書き方であるが、
それは過去の日本で言われてきたことで、
どうやら、日独伊三国軍事同盟への参加でも

「バスに乗り遅れるな」

という文言が使われていたようだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

空気を読んだらTPP、米国に首を差し出した日本
(ラジオ日本 「マット安川のずばり勝負」2011年11月18日放送
 ゲスト 南丘喜八郎氏のコメント)


日独伊三国同盟と同じ、無責任な政治家連中が日本を破滅に導く

昭和15年、大東亜戦争に突入する前の年に、何が起きたか。ヒトラーのドイツが
パリを占領し、フランスが降伏した。そしてドイツは連日イギリスを空爆し、
イギリスも降伏するだろう、だから日本はドイツと手をつながないとたいへんだ、
「バスに乗り遅れるな」という議論があったんです。

ソ連が下りてくる、アメリカが西に向かってくるという状況で、
ドイツと手を握ればわれわれは安全なんだと。
つまりヒトラーの運転しているバスにわれわれも乗ろうと。
どこに行くか分からないバスにですよ。

当時もほとんど議論がなく、みんなバスに乗っちゃった。
それで昭和15年に日独伊三国同盟を結び、
その結果、翌年昭和16年に大東亜戦争が勃発し、
4年後の昭和20年に日本は無条件降伏するわけです。
その間に何人死んだか。民間人400万人、軍人百数十万人です。

兵隊のうち7割から8割は敵の弾に当たって死んだんじゃない。餓死です、病死です。
そういう戦争に引きずり込んだのは、「バスに乗り遅れるな」という議論をやった当時の政治家連中です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということで、「バスに乗り遅れるな」とナチスドイツと同盟を組んだら
アメリカとイギリスを敵に回してしまって、
日本は焼け野原になってしまった。
これは、まさに「バスにに乗り遅れるな」論が招いた悲劇である。

古代の外国からの仏教導入時に、
当時には、「バス」という言葉がないから、
「バスに乗り遅れるな」という文言はなかったと思うが、
それと同じ意味合いの文言が使われていたのだろうか。

日本になかった仏教が日本に流れ込んできた結果、
日本にあったもともとの神々は駆逐されることなく、
なんと、仏教と交わって、神宮寺など神仏習合していていった。

文明が進んだ大陸からの宗教が流れ込んできても、
それを日本的に編集して、日本化していくなかで
日本の神々は守られ、力強く続いてきた。

さて、TPPであるが、
ISD条項の運用やその公平性などで疑義があり、
日本の主権や文化が守られるのかどうかという不安があり、
神仏習合のような日本的な編集ができないようにしてしまうのではという
懸念はある。





神仏習合など日本的編集についての書籍



テーマ:TPP - ジャンル:政治・経済


揺れが弱くても長い揺れの地震には津波注意・・・「揺れの強かった地域では念のため津波に注意」という表現だけでは不十分

今日は、2011年(平成23年)11月26日 土曜日


今週の21日に、広島県で震度5弱の地震があったが、
その前に緊急地震速報がなり、
その後の地震速報で、震度5弱が出ていたが、
まだ震源地が確定していない時、

NHKでは、

「揺れの強かった地域では念のため津波に注意して下さい」

とあったが、確かにその通りだが、その伝え方だけでは
盲点があると思った。

津波発生の地震は、必ずしも揺れが強くない場合でもありうるのだ。

その典型が、
1896年(明治29年)6月15日に発生した
明治三陸地震である。

この地震による大津波で、2万1915名の方が亡くなったが、
この時、宮古などの三陸沿岸では、震度は2~3ぐらいであったが、
実際には、M8.2~M8.5の巨大地震が三陸の東方沖約200kmの
地点で発生していたのであった。

その地震で、揺れはさほど大きくなかったが、宮古では
地震の揺れが5分ほど継続したという。

そう、地震の揺れが強くなくても、揺れの時間が長ければ、
巨大津波が襲ってくる可能性があるのだ。

この度の東日本大震災で、揺れそのものも震度7と強かったが、
巨大な断層がずれ動く時間も長かったため、地震の揺れは長く続いた。

地震の揺れが長く続くということは、巨大な断層のズレ動いているので、
それで巨大津波発生の可能性を示しているのだ。

明治三陸地震の場合は、巨大な断層のズレが
ゆっくりと進んだため、揺れが強くなかった。
それでも、ゆっくりと長時間に揺れたのだ。

そのような事例を踏まえると、

「揺れの強かった地域では念のため津波に注意して下さい」

という表現だけでは不十分で、

「揺れの強かった地域 、または揺れが強くなくても長い時間の揺れを感じたい地域は
では念のため津波に注意して下さい」

と揺れが小さくても長い揺れには津波注意を促す伝え方が必要ではないかと思った。





テーマ:地震・天災・自然災害 - ジャンル:ニュース


枝野経産大臣はマクロ経済の国民所得の恒等式を御存知ないようで・・・・「消費控えて貯蓄に回すと貿易赤字国になる」って、そんなの初耳だよ

今日は、2011年(平成23年)11月25日 金曜日


枝野経産大臣が、読売新聞へのインタビューで
次のように回答していた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本やせ我慢の経済、破滅への道…枝野経産相
(読売新聞 2011年11月24日8時48分)


――日本経済の現状は。

 「破滅への道を進んでいる。企業は設備投資を抑えてコストを減らす。
家計は収入が減り、消費を控えて貯蓄に回すという『やせ我慢の経済』だ。
このままでは貿易赤字国となり、財政も(危機に陥った)
ギリシャがひとごとではなくなる」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

消費減少⇒貯蓄増加⇒貿易赤字 ????

となった。

マクロ経済で、国民所得の恒等式を知っている者からすると、
と、

枝野経産大臣の発言に、?????

となるのだ。

国民所得の恒等式は次のようになる。
その前に、恒等式の
各アルファベット記号を

Y:国内総生産(GDP)
C:民間消費
G:政府財政支出
I:民間投資
X:輸出
M:輸入

と定義すると、総支出面から表すた国民所得は、

Y = C+G+I+(X-M) ・・・①

となる。

貯蓄は、所得から消費を引いたもので、
貯蓄:S
と定義すると、

S = Y-(C+G) ・・・②

Gの政府支出は、政府の消費なので、②の式になる。

②式を①式に代入すると、

Y-(C+G)=I+(X-M)
左辺 Y-(C+G)=Sなので、

S=I+(X-M)となる。さらにI:投資を左辺に移行して、

S-I =X-M

となる。

もし S=Iなら、 S-I=0となるので、
X-M=0 言いかえると 輸出-輸入=0となり、
貿易収支は均衡する。


もし、S>I であれば、S-I>0 となり、故に
X-M>0 言いかえると 輸出-輸入>0
となり、輸出の方が多い、貿易黒字状態となる。
つまり、投資より貯蓄が多いと貿易黒字となるのだ。

貯蓄そのものは
 Y-(C+G) 言いかえると 貯蓄=所得-(民間消費+政府支出)
なので、民間消費や政府支出が小さくなるほど、貯蓄が増えることになる。

これらのことから、
消費や投資が小さいほど、貯蓄過剰状態になり、
貿易黒字が大きくなるということである。

ということので、

枝野経産大臣の


消費を控えて貯蓄に回すという『やせ我慢の経済』だ。
このままでは貿易赤字国となり

という発言には、???????????

となり、枝野経産大臣はマクロ経済の国民所得の恒等式を
御存知ない方なのだなあと思うし、
そして、誰がいったい、

消費減少⇒貯蓄増加⇒貿易赤字

というマクロ経済の国民所得の恒等式からみて間違った
ロジックを枝野経産大臣にふきこんだのかと思ったりもする。

このような誤った経済知識を持っている方が
内閣の主要な大臣を務めているとなると、
適切な経済政策が行われず、国民にとっては
困ったことになると思う。




テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース


実はそれは最後の1本であった・・・自販機でココアを買った直後の売切表示点灯

今日は、2011年(平成23年)11月24日 木曜日


昨日、
何か飲み物を買おうと思って、
コカコーラ社の自動販売機を見て見ると、
「贅沢ココア」が3つ並んでいた。

贅沢ココア 

寒かったこともあり、暖かいココアを飲もうと
「贅沢ココア」のボタンを押した。

取り出し口から「贅沢ココア」を取り出して、
その自販機の近くで飲んでいて、
その自販機を見て見ると、

3つ並んでいる「贅沢ココア」の下部は
すべて「売切」の表示。

そう、私が買った贅沢ココアがその自販機で、
その時点での最後の贅沢ココアの1本だったのだ。

何か、そのような光景に遭遇して、
妙に嬉しくなった。

買う前から
贅沢ココアが売切表示で飲めなくても、
別に残念とか全く思わないが、
自分が買った直後に、
売切という結果がわかると、というか、
そのような経験が自分にとって、
38年の人生の中での初体験だったので、
嬉しく思えた。

このような嬉しい体験をしてしまうと
贅沢ココアをまた買おうと思ってしまった。

何がきっかけで、その商品がお気に入りになるか
わからないものだ。


このブログ内の関連記事

ココアということで、

黒豆ココアのヒットについて
黒豆ココア~事業ドメインと開発の深い掘り下げ、そして、新しい関係の発見

このカフェは閉店してしまいましたが、
カフェ「生粋(いきいき)」で(西宮市)で、タピオカ入りココアを飲んだ・・・関学生の絵画の展示もあって

チョコレートとはもともと「苦い水」であった・・・チョコの語源は?


テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


井川前大王製紙会長の逮捕・・・「足るを知る」の心がなかった故の不幸

今日は、2011年(平成23年)11月23日 水曜日


大王製紙の井川意高前会長が、
会社から巨額の金を借り、
自分の借金返済のため使ったことで、
特別背任の疑いで逮捕されたが、

それは、カジノにカネをつぎ込んで、
そのカジノによる借金返済のために使ったと
本人もコメントしているが、
そのカジノにはまるきっかけが

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「カジノの深みにはまった」井川前会長がおわびコメント
(朝日新聞 2011年11月22日14時55分)


カジノにはまったきっかけは、「株式の先物取引やFX取引で多大な損失を
出した後に、たまたま訪れたカジノでもうけ、当初、大きな利益を得ること
もあったこと」だったという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということで、
FX取引で多大な損失ということだが、
どれだけの損失を出したのだろう。

大王製紙は、年間約4000億円の売上のある大企業で
その会長さんだから、年収は億単にになりそうだと思うが、
FX取引で多大な損失というのは、
その時の生活水準を維持するには困ってしまう程の損失
だったのだろうか?

投資をするなら、無理をせずにというのが無難だと思うが、
FX取引にどれだけつぎこんでいたのだろう。

年間約4000億円の売上の企業の会長さんの年収だけでは
もの足りず、もっと一気にお金儲けをしたいと思って、
FXで多大な損失が出てしまうような取引をしてしまったのだろうか。

大金持ちであったが、投資で巨額の損失を出して、
犯罪に走ってしまった人物として
小室哲哉氏を思い出すが、

小室哲哉氏も井川前会長も

もうこれだけお金があれば十分だと

思って満足していたら、社会的信用を失う犯罪行為に
走ることにならなかったと思うが、
ある意味、お金があるゆえの不幸ということかもしれんが、

この事件で、改めて
老子の

足るを知る者は富む

という言葉の大切さを思い出す。

そこから

みずからの分(ぶん)をわきまえて、それ以上のものを求めない

という「知足」という言葉が生まれるが、

当ブログの記事
少欲知足 ~アノミーな時代、亢龍有悔の人生ではなく、桃三李四の気持ちで、過ごすで、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もしもいろいろな苦しみ・悩みから脱したいと思うならば、まさに足るを知ること(知足)を
観察すべき。足るを知る教えは豊かで楽しく穏やかな世界である。足るを知る人は地面に
寝ていても安楽だ。満足することを知らない人は、天上世界の宮殿に住んでいても満足ない。
満ち足りない人は物があっても、心は貧しいのです。足るを知る人は、物はなくても
心は豊かです。足ることを知らない人は、常に、欲望に引きずられて、
足るを知る人から哀れみの眼で見られることになる。これを「知足」という。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、中国で作られた仏遺教経(ぶつゆいぎょうきょう)で
釈迦の最後の説法とされる内容を引用したが、

満足することを知らない人は、天上世界の宮殿に住んでいても満足ない。

というのは、井川前会長に重なってくる。

井川前会長は、「足るを知る」という心がなかったために
莫大な借金をして、検察に身柄を拘束される事態になって
しまった。

少欲知足・足るを知る

という言葉の奥深さを改めて感じるし、
今ある中で満足し、今ある中のものを活用していくことで
豊かになっていくのだろうなと思う。



テーマ:経済・社会 - ジャンル:ニュース


放射冷却でこの秋一番の冷え込みだが、昼間になれば日射しで鉄の扉は熱膨張

今日は、2011年(平成23年)11月22日 火曜日


自宅のある西宮では、
昨晩から寒くなり、
今朝は放射冷却でさらに冷え込んだ。

今朝の大阪の最低気温は、
6.3℃(5時42分)
と、平年より1.8℃低く、12月上旬並の
最低気温で、
この秋一番の冷え込みで、
6.3℃まで下がるのは、
今年の4月21日の6.2℃以来、
215日ぶりである。

まあ、放射冷却が発生して
寒くなる朝の日は、晴れているので、
昼間は暖かくなってくるが、
12時過ぎ、私の自宅の鉄製の扉は、
太陽の直射日光による熱膨張のためか、
カギの閉まり具合は悪くなっている。

晩秋でも、鉄は日射しを浴びれば
熱膨張するのだなと思うのであった。


このブログ内の関連記事

放射冷却の仕組み
今朝は放射冷却現象で寒かったよ

テーマ:気象 - ジャンル:学問・文化・芸術


母校での昼食にて・・・19年前の母校で昼食をとる過去の私に話しかけるとすれば・・・ただ、正しい原因に生きることのみ

今日は、2011年(平成23年)11月21日 月曜日

今日は、職場の京都ではなく、
西宮市の自宅で仕事をしている。

自宅近くにある
私の母校でもある関学の学食のBIG PAPAで
昼食をしてきた。


関学 BIGPAPA 111121_1115~001


かぼちゃの煮物
冷ややっこ
たれ付き肉団子
ササミチーズカツ
ライスLサイズ

を食べた。計540円、学食では多くの品を安く
食べることができて良い。

それにしても、現在38歳の私であるが、
19年前の大学1回生の時に、
関学の学食のBIG PAPAで
よく食事をしていたものだが、
もし、19年前のその時の私に出逢うことができるとすれば、

「将来、今の人生の2倍の年齢の時、あなたは
母校の近くに住み、同じ学食で昼食をとったりしているのだよ」

と言ってしまうかもしれないが、

「19年後の未来は、こうなるから、こうこうしておくこと」

と言ってしまうかもしれない。

もし、そうしてしまうと、私の人生は変わってしまい、
今の私でなく、今、出逢っている方々との出逢いはなくなって
いるかもしれない。

どんな時でも、将来のことはわからない。


高村光太郎の
「火星が出てゐる」

という詩に


予約された結果を思うのは卑しい 
正しい原因に生きること 
それのみが浄い


という言葉があるが、

ただ、将来の結果を思うのではなく、
日々、正しい原因に生きることをしていくしかないなと
ふと思うのであった。


このブログ内の関連記事

高村光太郎の「火星が出てゐる」をすべて書いています。
正しい原因を作ること

「出会い」と「出逢い」の言葉の意味
「出会い」と「出逢い」



テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術


11月の生温かい夜

今日は、2011年(平成23年)11月20日 日曜日

昨日は雨で、昨夜は生温かさを感じた。
先週はやっと晩秋らしく寒さを感じる気候になったが、
南から、分子活動が活発な空気が流れ込んできた。

まあ、しばらくすれば、冬に向かって、北から、
分子活動が相対的に弱い空気が流れ込んできて
寒くなって行くのだろう。

テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


再度の巨大地震予想・・・東北沖のアウターライズ地震か、房総~伊豆半島沖か、東京湾も大津波の警戒要す

今日は、2011年(平成23年)11月19日 土曜日

当ブログの
2011年11月1日の記事
再び、M9クラスの巨大地震が12月から1月に!!?・・北大の研究者が予想、それはアウターライズ地震になるかもしれない
で、

FM放送向けのVHF帯(超短波)を活用した
地震予知研究をされている
北海道大学地震火山研究観測センター研修支援推進員の
森谷武男博士(元北大助教授)が、
現在、東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)の前と同じパターンの
VHF帯(超短波)の地震エコーが観測されているということを書いたが、

その予想震央を
森谷武男博士のHP内で、

森谷武男博士のHP
再びマグニチュード9の地震が発生する確率が高くなってきました
で、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

震央は東北地方南部沖から関東地方沖の日本海溝南部付近であろう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、書いていて、今日現在もそのHPは残ったままであるが、

昨日の森谷武男博士の地震予想を紹介しているZAKZAKの記事を読むと

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大震災“的中”の博士「関東近海でM9」と警告!その恐るべき根拠
(ZAKZAK 2011年11月18日)


「M9だと、東日本大震災の震源域で起きる最大余震にしてはあまりに大きすぎる。
新たな地震と考えたほうが自然。3・11の後も地下が壊れていない海域
として南は房総沖から伊豆半島沖、北は青森沖から十勝沖で、
巨大地震の発生リスクが高まっているとみている」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と 北は青森沖から十勝沖、南は房総沖から伊豆半島沖となっている。

私は、今月初めに
「東北地方南部沖から関東地方沖の日本海溝南部付近」
と見て、
日本海溝外側で発生するアウターライズ地震かなと思ったが、


青森沖から十勝沖、房総沖は、
M9.0の東北地方太平洋沖地震の誘発地震として、
引き起こされる可能性があると言われて続けてきたものである。

ただ、引き続き、東北地方太平洋沖地震の震源域の東側になる
日本海溝外側のアウターライズ地震が発生する可能性はあるかもしれない。

もし、房総沖から伊豆半島沖で巨大地震となれば、震源域は相模湾沖に
広がってくるということで、相模湾に大津波が襲う恐れがある。

また、東京湾だが、3月11日には、東北・茨城沖で発生した津波で
東京湾は房総半島をはさんで、津波発生海域の反対側であったが、
東京湾の木更津で2.83mの津波を観測している。

そのことをふまえると、震源域が相模湾沖の巨大地震の場合、
東京湾には、3月11日以上の津波が押し寄せる恐れもあり、

神奈川県による新たな津波予想では

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
津波予測、鎌倉14m・藤沢10m…県部会試算
(読売新聞 2011年11月18日15時38分)


東京湾に面する横浜、川崎両市でも、これまで2~3メートルの想定が、
新試算では4メートルを超える

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とされていて、4mにもなれば、陸地に浸水してくる。

森谷武男博士の予想が当たるかどうかはわからないが、
北海道から関東沿岸で新たな巨大地震が発生することは
2004年のスマトラ島沖巨大地震の例もあるので、
巨大地震があった場合、どうするかという備えは必要だろう。


このブログ内の関連記事

2011年11月18日の記事
福島第一原発の仮設防潮堤、また巨大津波が来たら壊れそうだ・・・再び、1~2か月以内に巨大地震発生の予想があるなか

2011年11月7日の記事
12月に再度の巨大地震予測と福島第一原発4号機・・・・北大の研究者がまた東北南部太平洋岸に巨大地震再発を予測しているが、使用済核燃料プールが気になる



テーマ:地震・天災・自然災害 - ジャンル:ニュース


福島第一原発の仮設防潮堤、また巨大津波が来たら壊れそうだ・・・再び、1~2か月以内に巨大地震発生の予想があるなか

今日は、2011年(平成23年)11月18日 金曜日

先日、福島第一原発に、報道陣が、
東日本大震災の事故後、初めて入ったが、
その中で、石積みの仮設防潮堤が目に入った。

仮設防潮堤 temporary_460x378

画像は、
防災ブログ 福島第一原子力発電所仮設防潮堤
(2011年7月24日)
より

この石積みの仮設防潮堤は今年の6月末に完成したものだが、

先日も同じような石積みの仮設防潮堤のままで、
それを見た時、

あ!また、巨大津波が来たらもたない

と思った。

当ブログの
2011年11月1日の記事
再び、M9クラスの巨大地震が12月から1月に!!?・・北大の研究者が予想、それはアウターライズ地震になるかもしれないで、

北海道大学地震火山研究観測センター研修支援推進員の
森谷武男博士(元北大助教授)が、
FM放送向けのVHF帯(超短波)を活用した
地震予知研究から、
今年の12月から来年の1月にかけて、
東北地方南部沖から関東地方沖の日本海溝南部付近を震央とする
再び、M9クラスの巨大地震が発生する恐れがあるという予想を
紹介したが、
その通りだとすれば、
溝の陸から見て外側(アウター)の海底で
発生するアウターライズ地震で、
巨大津波を引き起こしやすい地震が再び
福島県沖で迫っているかもしれないという状況で、
報道陣に公開された
福島第一原発の石積みの仮設防潮堤を見た時、
これは、まずいなと思った。

もし、再び巨大津波が福島第一原発が襲来すれば、
あの石積みの仮設防潮堤では、押し流されて
福島第一原発敷地内に津波が流れ込み、
汚染水循環システムの冷却装置が破壊される
恐れがあり、また、その敷地内の
大量の汚染水が海に流出する恐れがあるなと思った。



このブログ内の関連記事

2011年11月7日の記事
12月に再度の巨大地震予測と福島第一原発4号機・・・・北大の研究者がまた東北南部太平洋岸に巨大地震再発を予測しているが、使用済核燃料プールが気になる



テーマ:原発事故 - ジャンル:ニュース


TPP、物価が下がると聞いて年金生活者は賛成するかも、しかし、手術代が上がるとなればどう思うか

今日は、2011年(平成23年)11月17日 木曜日


TPPの賛否について、
マスコミ各社の世論調査では、
賛成と反対では、賛成の方が多い。

その年齢別の賛否の比率を見ていないから、
わからないが、
退職をして、年金生活者の方々は、
TPPで、物価が下がればありがたいと
TPPに賛成しているかもしれない。

また、マスコミ各社はTPP賛成一色であるが、
TPP反対論の多いインターネットの意見を見る
年代に比べ、
年金受給者で、年齢が高くなるほど、インターネットの利用率は下がり、
マスコミからの情報を主な判断材料になると想像すれば、
年金受給者の年代の方々のTPP賛成の割合が多く
なっているかもしれないと想像する。

少子高齢化で、高齢層の有権者の割合が高くなり、
さらに、若い年代ほど投票率が低くなるので、
政治家は、若い年代よりも高齢層の世論を重視すると
思われるので、
もし、高齢層ほどTPP賛成が多ければ、
TPP賛成に政府が突き進むことを後押しすることになるかもしれない。

一方、アメリカはTPPの知財で、手術の特許を認めるように
要求しており、それがTPPの条約で決まってしまうと、
手術代が上昇する可能性があり、
そうなると、若い年代よりも手術などのお世話になりやすい
高齢層にとっては、デメリットになる。
この手術台上昇の恐れの情報が高齢層に広がったら、
TPPに対する賛否の世論はどう変わだろうか。


このブログ内の関連記事


TPP、カナダから原油の関税撤廃で、カナダ産原油が安くなるメリットと手術代がアップするかもしれないデメリットをどう考えるか・・・TPP議論は、日本社会の仕組みと国益を理解する機会

TPP参加で、エコポイント廃止?・・・TPPの大枠合意後に日本が参加してもねえ、アメリカ自動車業界が日本加盟に反対しているし・・・

野田内閣が、アメリカに媚びて、TPPと復興増税にのめり込むほど、支持率は下がり、長くても2年しかもたないだろう

TPP賛成のマスコミは、自ら痛みを伴う御覚悟はあるのだろうか?・・・最後は、マスコミよ「お前が言うな」と言われるのが落ちになったりして

TPP反対の民主党議員は、米国議会議員にロビー活動をすれば・・・「日本とのTPP交渉判断慎重に」、米超党派議員がオバマ政権に要請


テーマ:TPP - ジャンル:政治・経済


うりふたつ・・その語源・・瓜を真っ二つに割ったら・・

親子や兄弟姉妹で、顔や容姿が
似ている時に、「瓜二つ」と言うが、
これは、瓜を縦に真っ二つに割った時に、
切り割られた両方の瓜が似ていることに
由来している。


このブログ内の関連記事

へちまの語源 
へちま ~ 江戸時代の洒落心により、「糸瓜(いとうり)」が「へちま」になった


テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


TPP、カナダから原油の石油石炭税が撤廃されるとしたら、カナダ産原油が安くなるメリットと手術代がアップするかもしれないデメリットをどう考えるか・・・TPP議論は、日本社会の仕組みと国益を理解する機会

今日は、2011年(平成23年)11月15日 火曜日


TPPに、一度は参加をアメリカ議会から断られたカナダが
参加したいとAPECホノルル会議での、米加首相会談で
カナダの首相が表明したようだ。

そのカナダのTPP参加の理由について、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Canada to push to join trade group, sell oil to Asia
(canada.com 2011年11月14日)


HONOLULU — Prime Minister Stephen Harper signalled a shift
in his government's economic and trade policies Sunday,
announcing Canada will apply to join the Trans-Pacific Partnership
and will further look to sell its oil and gas to Asian countries
following American delays in approving the Keystone XL pipeline.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どうやら、アジアにカナダの石油を売りたいようだ。

following American delays in approving the Keystone XL pipeline.

とあるが、

カナダと米国を結ぶキーストーンXL(Keystone XL)パイプライン計画が
米国内で、環境保護活動家が、
これまでのキーストーンパイプラインでの原油流出事故を踏まえて、
新たな石油パイプラインでも原油流出事故が発生すれば、
米中西部の大平原の帯水層に大きな環境破壊が生じると抗議していて、
オバマ政権も、この地域の生態系の詳細な追加調査が必要として、
このパイプラインの是非を次の大統領選挙後までに延期してしまった。

それで、カナダはさらに米国に石油を売ることが難しくなったので、
アジアへの原油輸出拡大をするためにTPPに参加したいということに
なったようだ。

カナダは、オイルサンドから得られる原油量を含めると、
原油埋蔵量はサウジアラビアに次いで世界第2位なのだ。

石油はカナダにとって、重要な輸出品である。

例えば、日本の原油に対する関税はなくなってはいるが、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

石油石炭税法

課税標準)
第八条  石油石炭税の課税標準は、その採取場から移出した原油、ガス状炭化水素若しくは石炭又は保税地域から引き取る原油等の数量とする。

(税率)
第九条  石油石炭税の税率は、次の各号に掲げる区分に応じ、当該各号に定める金額とする。
一  原油及び石油製品 一キロリットルにつき二千四十円

(総務省 法令データ提供システムより)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、実際には、原油の輸入時点で
石油石炭税がかかってしまう状態になっている。
もし、これをカナダ政府が事実上の関税だとみなすようなことを言いだすとすれば、

1リットル当たりにすれば、2.04円となる。

日本は原油の約85%を中東から輸入しているが、

もし、この石油石炭税がTPP加盟国となった場合の
カナダから輸入される原油で撤廃されれば、
中東産の原油より低下で仕入れおよび販売することが
可能となり、カナダ産の石油のシェアが日本で拡大する
期待もあるかもしれない。

もし、カナダも日本もTPPに加盟した場合、
カナダから1リットルあたり2円安い原油を仕入れることが
できるようになる一方で、
日本の農業・医療・金融サービスなども国民生活に関わる分野での
制度変更が迫られる可能性があるわけで、
知的財産では、なんと、米国が、医療の手術方法の特許を求めてくる
事も考えられ、それだけ、手術コスト上昇ということも起こるかもしれない
など、
海外から安い品物が入ってくる一方で、国民生活に関わる制度変更の
デメリットを国民の多くがどう判断するか。

TPP賛成であろうが、反対であろうが、この議論がオープンにされることによって
日本国民の多くが、日本の社会の成り立ちや制度や仕組みを深く認識する機会になれば、
何が、大事な国益なのかについて、確認できる機会になれば良いと思う。


このブログ内の関連記事

TPP参加で、エコポイント廃止?・・・TPPの大枠合意後に日本が参加してもねえ、アメリカ自動車業界が日本加盟に反対しているし・・・

野田内閣が、アメリカに媚びて、TPPと復興増税にのめり込むほど、支持率は下がり、長くても2年しかもたないだろう

TPP賛成のマスコミは、自ら痛みを伴う御覚悟はあるのだろうか?・・・最後は、マスコミよ「お前が言うな」と言われるのが落ちになったりして

TPP反対の民主党議員は、米国議会議員にロビー活動をすれば・・・「日本とのTPP交渉判断慎重に」、米超党派議員がオバマ政権に要請


テーマ:TPP - ジャンル:政治・経済


TPP参加で、エコポイント廃止?・・・TPPの大枠合意後に日本が参加してもねえ、アメリカ自動車業界が日本加盟に反対しているし・・・

今日は、2011年(平成23年)11月14日 月曜日


TPP(環太平洋連携協定)に、野田首相が日本が交渉に向けて
参加する方向で、発表したことを受けて、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「TPP、日本参加で交渉遅れ許されぬ」マレーシア首相
(日経新聞 2011年11月13日12時35分)


環太平洋連携協定(TPP)拡大交渉の参加国、マレーシアのナジブ首相は12日、
将来の日本の交渉参加について「原則的に賛成だが、交渉を遅らせることは
許されない」と述べた。
アジア太平洋経済協力会議(APEC)が開かれた米ハワイのホノルルで、
共同通信などの会見に応じた。

交渉に参加するには現在拡大交渉中の9カ国の同意が必要。
ナジブ首相は「すでに合意された事項について再交渉はありえない」として、
これまでの交渉で9カ国が合意した通商ルールを受け入れることが
日本参加の前提だと強調した。


TPP交渉参加9カ国:協定大枠合意と声明…首脳会合
(毎日新聞 2011年11月14日11時23分)


環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の交渉に参加する9カ国は
12日朝(日本時間13日)、ハワイのホノルルで首脳会合を開き、
協定の大枠合意に達したとする共同声明を発表した。オバマ大統領は会合で、
来年中の最終合意を目指す意向を示した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、TPP交渉賛成の方々が、
交渉に参加することで、日本に有利なルールメイキングに関与できると
言っていたが、これでは、日本に有利なルールメイキング
は難しいだろう。

日本の交渉参加の承認には、米国議会の了承が必要だが、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

米自動車業界団体、日本のTPP参加に反対声明
(読売新聞 2011年11月12日11時14分


米自動車大手3社でつくる業界団体「米自動車通商政策評議会」は11日、
日本が環太平洋経済連携協定(TPP)交渉に参加することに反対する
声明を発表した。

(中略)

米国では、自動車産業が集積するミシガン州知事や同州選出の上院議員も
日本のTPP参加に反対する声が出ている。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、アメリカの自動車業界が日本のTPP参加に反対で、
アメリカ自動車業界の労働組合である全米自動車労組(UAW)は、
米国の民主党を支持していて、前回の米国大統領選挙でも
オバマ大統領を支持した。

そのアメリカ自動車業界が、日本のTPP参加反対を言っているので、
アメリカの自動車業界が納得できるような利得をTPPで、
日本から得る必要がある。

そうなると、「環境性能によって対象製品を限定する」エコポイント制度は、
日本の自動車は環境技術で米国メーカーより優位にあるが、
それが、米国メーカーの日本市場進出をさらに困難にさせることから、
エコポイント制度は、非関税障壁であり、
エコポイント制度撤廃を日本参加の条件にすべきだという意見が
米国議会で出てきて、オバマ民主党政権もエコポイント制度撤廃を
強く求めてくることもあるかもしれない。

そのような状況で、
ほぼ、ルールの大枠が決まった状況で、日本がTPP参加を表明した
ところで、日本に優位なルールメイキングに関与できるどころか、
エコポイント制度など、日本で重視されている政策撤廃に追い込まれる
事態になりうるかもしれない。



このブログ内の関連記事

野田内閣が、アメリカに媚びて、TPPと復興増税にのめり込むほど、支持率は下がり、長くても2年しかもたないだろう

TPP賛成のマスコミは、自ら痛みを伴う御覚悟はあるのだろうか?・・・最後は、マスコミよ「お前が言うな」と言われるのが落ちになったりして

TPP反対の民主党議員は、米国議会議員にロビー活動をすれば・・・「日本とのTPP交渉判断慎重に」、米超党派議員がオバマ政権に要請


テーマ:TPP - ジャンル:政治・経済


静寂な朝の鳥のさえずり

今日は、2011年(平成23年)11月13日 日曜日


日曜の早朝、日が昇るころ、
静寂の中を鳥のさえずりが響きわたる。
その響き渡る鳥のさえずりが
日曜の朝の静寂さをよりいっそう
強く感じさせるのである。

テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


吐息が白く見えるのはなぜ?・・・見えないものが見える時

今日は、2011年(平成23年)11月12日 土曜日


昨晩、自宅付近を歩いていると、
大きく息をすると、
吐息が白くなっていた。

吐く息が白く見えるのは、
この秋初めてであった。

その前日までは見えなかった吐息が見え、
可視化された。

近くの消防署の電光気温表示を見ると、
15.8℃であった。

その前日で、同じところで、
気温が14℃近くであったが、
息は白く見えなかった。

吐息が白くなるのは、気温が低くなればなるほど
見えるのだが、
気温が低かった前日には見えなかった。

さて、なぜだろうか?
前日の天候は曇りであったが、
昨日の天候は雨上がりの夜であった。

吐息が見えるのは、
息に含まれた水蒸気が空気中に広がるときに
冷やされて水滴に変わっているからである。

空気には、
空気中に溶け込める水分(水蒸気)の量である
「飽和水蒸気量」というものがあるが、
それは気温によって変化する。

人間の体温に近い36℃では、
飽和水蒸気量では、41.7g/m3であるが、
16℃では、13.6g/m3と気温が小さくなるほど
1m3に含むことができる水蒸気量が小さくなる。

人間の体温の36℃の息では、含むことが水蒸気量は
大きくなるので、息に含まれる水蒸気は水蒸気のままで
見えないが、それが急に気温の空気に吐かれると
その気温の飽和水蒸気量以上の水蒸気の空気が出されてしまうので、
飽和水蒸気量以上の水蒸気は、水的になってしまう。
それが、吐息が白く見える理由である。

さて、気温が低くなればなるほど、
飽和水蒸気量が小さくなるので、息に含まれる水蒸気が
水滴に変わる量が増えて、よりいっそう、吐息が白く見えるわけだが、
この秋、初めて吐息が白く見えた昨日の気温が
15.8℃であったが、
その前日の気温が14℃近くと気温が低かったのに
吐息が白く見えなかったのは、
湿度の差によるものである。

気温が14℃で、吐息が白く見えなかった
前日の天候は曇りであったが、
気温が、15.8℃で
昨日の天候は雨上がりの夜の方が湿度が高かったのだ。

湿度=(空気 1m3 中に含まれる水蒸気(g))÷(飽和水蒸気量(g))×100 (%)

さて、気温が14℃の時で、その時の湿度が低ければ、
飽和水蒸気量までの水蒸気の幅が大きくなり、
水蒸気の含んだ吐息が注がれても、飽和水蒸気量以内であれば、
水滴にならず、吐息が白く見えることがないが、

気温が15.8℃で湿度が高いと
湿度が高いということは、その空気に含まれる水蒸気が多いということで、
気温が低い程が飽和水蒸気量が小さいので、気温が低いほど、
より小さな水蒸気でも、湿度が高くなり、
飽和水蒸気量までの水蒸気の量の幅が小さくなり、
その時に吐く息で新たな水蒸気が増えると、その大気中の
飽和水蒸気量以上の水蒸気に
なってしまい、飽和水蒸気量以上の水蒸気が水滴になってしまって
白く見えるのである。

それで、気温が低かった前日よりも
気温が高かった昨日に吐息が白く見えたのである。

そのようにして、見えない吐息が見えたのである。


テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術


11日の金曜日・・・東日本大震災から8カ月、内閣総理大臣も変わり、再び近いうちの巨大地震発生の予測が出ているが

今日は、2011年(平成23年)11月11日 金曜日


ということで、1が4つ並ぶ1年で唯一の日であるが、
今日で、東日本大震災から8カ月となるわけだが、
2011年3月11日も金曜日であった。

その時の内閣総理大臣は菅直人氏であったが、
民主党の小沢対反小沢の対立が尾を引く中、
ちょうど、外国人献金問題で
直前に辞任した前原外務大臣に続き、
菅首相への追究が厳しくなりそうな時であった。

あの時は、NHKで国会中継をしている時に
緊急地震速報が鳴り、その後、M9.0の
超巨大地震が発生し、大津波が襲い、原子力発電所の大事故に
つながっていくのだが、その大きな出来事の列挙を書いていたら
ひとつの映画の脚本のあらすじのようなことが
実際に起きてしまったのであった。

あれから8カ月のあの日と同じ
11日の金曜日、
内閣総理大臣が上島龍平ではなく、
野田佳彦氏に変わり、
その野田首相が、強引にTPP交渉参加に突き進もうとして
民主党内だけでなく、国論を二分する状態で
今日も国会がある。
被災地の農業や漁業、それも原発事故の放射能汚染のネガティブイメージが
つくなか、TPPなんて言ってられそうにもないと思うが。

あれから8カ月経つが、また、再び巨大地震が間近に
迫っているという地震学者の方もいる。
それに関することは
このブログでも紹介している。

2011年11月1日の記事
再び、M9クラスの巨大地震が12月から1月に!!?・・北大の研究者が予想、それはアウターライズ地震になるかもしれない

2011年11月7日の記事
12月に再度の巨大地震予測と福島第一原発4号機・・・・北大の研究者がまた東北南部太平洋岸に巨大地震再発を予測しているが、使用済核燃料プールが気になる


テーマ:東北地方太平洋沖地震 - ジャンル:ニュース


TPP反対の民主党議員は、米国議会議員にロビー活動をすれば・・・「日本とのTPP交渉判断慎重に」、米超党派議員がオバマ政権に要請

今日は、2011年(平成23年)11月10日 木曜日


TPP(環太平洋連携協定)で、民主党内で、
賛否両論が対立する中、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

民主党PT、TPP提言を最終決定
(中日新聞 2011年11月10日1時51分)


民主党は9日夜、環太平洋連携協定(TPP)の交渉参加問題の是非を
検討するプロジェクトチーム(PT)の総会で政府に対する提言を
最終決定した。交渉参加への慎重意見が強かったことを明記し、
政府に対し慎重に判断するよう求めているが、政府が判断すること自体は認める内容に落ち着いた。

 野田佳彦首相は提言を受けて10日に政府・民主三役会議で
交渉参加方針を決め、記者会見し表明する意向だ。

 提言では「PTの議論では時期尚早、交渉参加を表明すべきではない、
参加すべきだとの両論があったが、前者の立場の発言が多かった」と
慎重論が強かったことを指摘。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということで、与党民主党内のTPP交渉参加反対・慎重論が多数にも関わらず、
野田首相は、TPP交渉参加を決定するという非民主的な行為を行うようだ。

TPPの日本の交渉参加に関して、米国の国会議員の中には

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「日本とのTPP交渉判断慎重に」、米超党派議員がオバマ政権に要請
(ロイター 2011年11月9日14時28分)


[ホノルル 8日 ロイター] 米下院歳入委員会と上院財政委員会の幹部を
務める超党派議員4人は8日、オバマ政権に対し、日本が今週環太平洋経済
連携協定(TPP)交渉に参加する意向を表明した場合、議会との事前
協議なく早急に決断することがないよう要請した。

(中略)

「日本は長い間、国内市場を意味のある競争から保護してきた」と指摘し、
米国は日本政府が本気で市場を開放し、米自由貿易協定(FTA)が求める
高い水準を満たす用意があるのかを十分確認する必要があるとしている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということで、まあ、米国が要求する水準の市場開放をする準備は
日本はできていないと思うし、そうなると、日本国内で反対する人も多く
出てくるし、米国の要求を受け入れられる状況ではないと思う。

今回、野田首相が与党民主党内の反対を押し切って、
TPP交渉参加をするようだが、
日本の民主党内のTPP反対派議員は、
米国議会の日本のTPP交渉参加慎重派に
「政府が勝手に、TPP交渉で約束しても、国会は批准しないので、
それだけ、日本がTPP交渉参加すると無駄な時間になるだけなので、
日本の交渉参加を認めないようにして欲しい」
と、ロビー活動をすれば良いと思う。

このブログ内の関連記事

野田内閣が、アメリカに媚びて、TPPと復興増税にのめり込むほど、支持率は下がり、長くても2年しかもたないだろう

TPP賛成のマスコミは、自ら痛みを伴う御覚悟はあるのだろうか?・・・最後は、マスコミよ「お前が言うな」と言われるのが落ちになったりして




テーマ:TPP - ジャンル:政治・経済


11月9日は「119番の日」・・・もともと消防通報は「112番」であった・・・その時の教訓が警察通報「110番」に活かされたのだろう

今日は、2011年(平成23年)11月 9日 水曜日


今日は、「119番の日」である。

消防庁が、1987年(昭和62年)
消防署に緊急に呼び出すための
電話番号として、119番を使うので、
消防庁が制定した。

さて、どうして、火事など緊急に呼び出す時に
119番を使うのだろうか?


もともとは119番ではなかったそうだ。

電話で火事の報告する仕組みが始まったのが、
1917年(大正6年)である。
その時は、そのまま電話の交換手が消防につなぐ
ようになっていたが、
1926年(大正15年)に電話がダイヤル式になり、
「112番」で、火事などの消防につながるように
した。
電話がダイヤル式になり、「112番」になったということだが、

ダイヤル式電話と言えば、黒電話。
30代以上の方々は、黒電話は馴染みがあると思うが、
若い世代では見たことがない人もいるだろう。

黒電話 20080109232954


1のとなりに2があり、112とダイヤルを回せば、
緊急時にすぐにかけるには、ダイヤルが回るのは短い方が良い
ということで、「112」になったのですが、

しかし,「1」と「2」はとなり合っていて間違いやすいため
翌年の1927年(昭和2年)に、
ダイヤルを回す距離が長く、かつ使われていなかった地域番号「9」を
入れて、119番にしたのである。

ちなみに、当ブログの2008年1月10日の記事
1月10日は「110」番の日 ~ 警察通報が「110」番になった理由は?・・・・黒電話が懐かしいで、

警察通報が110番になった理由について書いたが、
消防の119番と似た理由で、110番になっているのである。
110番通報制度は、1948年(昭和23年)と、
119番よりも後に始まったので、
おそらく、119番制度の教訓を参考にしたのだろう。

ちなみに、韓国も台湾も消防通報は「119番」である。
理由はきちんと調べていないが、戦前の日本統治のためなのだろうか?

このブログ内の関連記事

同じ11月9日ということで、
2009年11月9日の記事
ベルリンの壁崩壊から今日で20年・・・・・1989年11月9日ベルリンの壁崩壊・・・11月9日になった理由は偶然か意図的か?


テーマ:今日は何の日? - ジャンル:ニュース


国民は野田総理に消費税増税を白紙委任したとは思っていないのだろう・・・G20での野田総理の消費税増税表明は国内で言ってきたことを言っただけと釈明はするが・・

今日は、2011年(平成23年)11月 8日 火曜日

野田首相が、消費税増税を勝手に国際公約したと議論
されていることに対して、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
野田首相:消費税10%表明、「国内でも言及」と釈明
(毎日新聞 2011年11月8日 朝刊)


野田佳彦首相は7日の衆院予算委員会で、主要20カ国・地域
(G20)首脳会議(サミット)で消費税を10年代半ばまでに
段階的に10%まで引き上げると「国際公約」したことについて、
「『いきなり国際公約』と(の趣旨を)今日の本会議(の質疑)
でも言われたが、そうではない。所信表明演説や国会の質疑、
記者会見でも言っている」と述べ、国内でも説明した内容の
繰り返しに過ぎないとの考えを強調した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということだが、
「所信表明演説で言っている」ということだが、

野田首相は、総理就任後、国会で9月13日と10月28日に
所信表明演説を行っているが、

10月28日の所信表明演説全文を
西日本新聞の記事
野田首相の所信表明演説全文
(2011年10月28日13時10分)

で見てみると、消費税増税の話は全くない。

9月13日の所信表明演説全文を
産経新聞の記事
【野田首相所信表明】
(2011年9月13日14時56分)

で見て見ると、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

将来世代に迷惑をかけないためにさらなる
国民負担をお願いする歳入改革の道。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とは言ってはいるが、消費税増税という具体的な文言はない。
国民負担とは、消費税だけでなく、所得税・相続税・法人税などがあり、
逆進性が高くなるとされる消費税とは限らない。

まあ、所信表明演説で、消費税増税とは直接は野田首相は言っていない。

「記者会見でも言っている」ということで、
総理就任会見では、日経新聞の記者の質問を受けて、
消費税増税にはふれている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Business Media 誠
日本社会の中間層の厚みを増していきたい――野田首相就任会見全文
(2011年9月3日6時42分)


(日本経済新聞・犬童)
税と社会保障の一体改革なんですが、これに関連して2010年代半ばまでに
消費税率を10%までに引き上げる、という関連法案ですね、税法の付則に
書いてある通り、来年の3月までに法案を国会に提出するという、
その考え方に変わりはないのか。そしてその法案は来年の通常国会に出す
という決意に変わりはないのか、

(野田首相)

(中略)

税と社会保障については、いろいろ侃々諤々の議論がございましたけれども、
成案をまとめました。その成案の中に付則104条に基づいて、
税制の抜本改革については2011年度中に法律を提出をするということになっています。
2011年度中ということは来年の3月までに、その準備はきちっとやっていきたいと思います。

 この法律の整備をすることが、即なんとなく増税というイメージを持たれる方が
いらっしゃいますけれども、これは成案に書いてある通り、2010年代半ばまでに
段階的に実施をするわけです。いつから実施をするということは、この成案の中に
書いてある行革の取り組みであるとか、経済状況が好転するかどうかとか、
そういうことを勘案をするわけですので、法律を作ったから即実施だと
勘違いをしている方がいらっしゃいますが、そういう今申し上げた成案に
書いてあることを法文に書くことが大事であるということで、これは誤解が
無いようにお願いしたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、平成21年の所得税法の一部を改正する法律付則104条
に基づいて、
今年度中に、消費税増税を含めた法案を出すことにしていること
総理就任記者会見では確かに述べているが、
これは自ら言いだしたわけでなく、聞かれたので答えたという感じである。

ただ、総理就任記者会見よりも国権の最高機関たる国会での所信表明で
具体的に消費税増税を言っていない。

そして、国民の多くが、勝手に消費税増税を
国際公約したと思うのは、
野田総理に消費税増税を託したとは思っていない国民が多いからでは
なかろうか。

2010年の参議院選挙で、消費税増税を言いだした管首相の民主党が大敗していて、
民主党政権に消費税増税を白紙委任した覚えはないと国民の多くは思っているのではないか。
それだけ、国民の多くは、経済が好転せず生活が苦しい中、増税などあり得ないと
思っているのではなかろうか。

そのような時に、野田総理が、日本国内で言ってきたことを
海外で言っただけだと言っても、
民主党政権に消費税増税を白紙委任した覚えはないと思っている国民から
すれば、「勝手に言うな」と思うし、
ましてや、消費税増税法案を出す前に衆議院解散はしないという野田総理の
発言で、さらに

「勝手にするな!!」とさらなる反発が強まり、
野田内閣で消費税増税法案を可決させても、次の総選挙民主党は大敗する
だけだろう。


このブログ内の関連記事

小沢叩きで盛りあがったら、野田独裁内閣を生み出してしまったでござる・・・・野田首相、国会審議も経ずに勝手に増税を国際公約

小沢氏秘書有罪と復興増税

今の安住という財務大臣は国民との約束を軽んじる男だな・・・・選挙を経ずに消費税増税法案を出すとのたまう財務大臣・・・政府紙幣を使えば増税は必要ないと思うが

野田内閣が、アメリカに媚びて、TPPと復興増税にのめり込むほど、支持率は下がり、長くても2年しかもたないだろう

子育てにカネがかかかるので少子化進む・・・子供手当など教育関係の教育支出は必要で、それが、現在の内需と将来の内需のためにもなる・・・内需拡大すれば円高対策にもなるよ

復興財源は消費税と主張する財界人は日本の内需を軽視しているのか?・・・・復興にあらゆる増税は不要、日本は財政危機ではない

財政危機キャンペーンが国民の生命を危うくしないか・・・東日本大震災被災地で防災無線機能せずを知ってから思うこと




テーマ:野田内閣 - ジャンル:政治・経済


12月に再度の巨大地震予測と福島第一原発4号機・・・・北大の研究者がまた東北南部太平洋岸に巨大地震再発を予測しているが、使用済核燃料プールが気になる

今日は、2011年(平成23年)11月 7日 月曜日

当ブログの先日の2011年11月1日の記事
再び、M9クラスの巨大地震が12月から1月に!!?・・北大の研究者が予想、それはアウターライズ地震になるかもしれない

で、北大の地震研究者が、
再び巨大地震が
東北地方南部沖から関東地方沖の日本海溝南部付近を震央として
今年の12月から来年1月にかけて、発生するかもしれないと予測
していることを紹介したが、

プレート境界型の巨大地震となれば、3月11日のように強い揺れが長く
続くこともあるかもしれない。

東北地方南部となれば、福島県は該当するが、
そこで気になるのが福島第一原発4号機のことである。

福島第一原発4号機に関して、
京都大学原子炉実験所助教の小出裕章氏は、
11月3日のMBSたね蒔きジャーナルにて
以下のように発言している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小出「(笑)。えーっとご心配になるのはもっともであって。
4号機の使用済燃料プールの中には、大量の使用済燃料がありました。
たしか……炉心の中にある、通常ある分の3倍くらいあったんじゃない
かと思いますが。それが使用済燃料プールのそこに今はある、わけですね」

千葉「はい」

小出「ただ、それの冷却に失敗するようなことになると、また……
水素が発生して燃料自身も融けていくと、いう可能性はもちろんあります。
それで……一番私が恐れているのは使用済燃料プールが、実は宙吊りの
ような状態になっていたのです」

千葉「はい」

小出「3月の中頃の爆発によってですね、使用済燃料プールの更に下にある、
下の階までが爆発で吹き飛んでしまっていて、使用済燃料プールが支えを
失っている状態でした」

千葉「はあはあ」

小出「んで……東京電力の方ももちろんそれに気がついていて、余震で
プールがひっくり返ってしまうようなことになれば、もうそれで、
どうにもならなくなると。いうことで東京電力は、え……補強工事をすると、
言いましたし。多分それは何がしか、進んで多分終わったんだと思います。
えーただし、補強工事をしたと言っても元々の構造物のように強固ではないはずで。
余震が来て使用済み燃料プールがひっくり返ってしまうようなことになること
を私は今でも恐れて、います。えーそうなると大量のほう……使用済みの燃料が、
え……融けてしまうということになると思いますし。大量の放射性物質が空中に
噴き出してくるということになると思います。


文字起こし文は
ブログ「ざまあみやがれい!」の
小出裕章が説明する、4号機(使用済燃料プール)が倒壊した場合の危険性 11/3(2)
より

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということで、福島第一原発4号機の使用済核燃料プールが
地震でひっくり返って、水が無くなって、熱で溶けて、
大量の放射性物質が空中に放出される事態を小出氏は恐れているわけだが、
北大の地震研究者による再び、海溝型の巨大地震がまじかに迫っているかもしれないと
なると、3月11日のような巨大地震がきても、
使用済み燃料プールがひっくり返らないように
東電や政府には対応しておいてほしいものだ。

参考リンク
You Tube 音声 2011年11月3日
たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教の小出裕章氏の原発ニュース解説



テーマ:原発事故 - ジャンル:ニュース


小沢叩きで盛りあがったら、野田独裁内閣を生み出してしまったでござる・・・・野田首相、国会審議も経ずに勝手に増税を国際公約

今日は、2011年(平成23年)11月 6日 日曜日

野田首相が、
国会でろくすっぽ審議ないいまま、かつ、
国民の多くが反対している消費税増税をG20で
勝手に国際公約して、
また、衆議院解散は、消費税増税法案成立後と実施の間と
のたまう始末。

また、TPPも国会議員の多くが反対して、
1000万人以上の反対署名が集まったにも
関わらず、TPP参加を表明しようとしている。

国民や主権者の代理たる国会議員の意見を無視して、
勝手に国際公約など、ある意味独裁政治のようなことを
やっている。

野田内閣は、菅内閣を継いで発足したが、
その時の民主党代表選で、
小沢グループが押す海江田氏が落選して
野田氏が党代表になって、総理大臣になったが、
2009年の政権交代前の小沢一郎氏周辺への強制捜査以来
小沢叩きが続き、反小沢世論に傾き、
小沢グループの勢いが削がれ、
野田政権の誕生につながってくるが、
野田首相が勝手に増税を国際公約したり、
TPPを強引に押し切る姿に、主権者無視、独裁政治と
批判をしている方々の中で、
小沢叩きを支持していた方々がいるかもしれないが、
小沢叩きの結末で生まれた野田政権が
よもやこんなに酷い国民無視の独裁政治をやるとは
夢にも思わなかったのかもしれない。

このブログ内の関連記事

野田内閣が、アメリカに媚びて、TPPと復興増税にのめり込むほど、支持率は下がり、長くても2年しかもたないだろう

TPP賛成のマスコミは、自ら痛みを伴う御覚悟はあるのだろうか?・・・最後は、マスコミよ「お前が言うな」と言われるのが落ちになったりして

今の安住という財務大臣は国民との約束を軽んじる男だな・・・・選挙を経ずに消費税増税法案を出すとのたまう財務大臣・・・政府紙幣を使えば増税は必要ないと思うが

子育てにカネがかかかるので少子化進む・・・子供手当など教育関係の教育支出は必要で、それが、現在の内需と将来の内需のためにもなる・・・内需拡大すれば円高対策にもなるよ

小沢氏秘書有罪と復興増税

復興財源は消費税と主張する財界人は日本の内需を軽視しているのか?・・・・復興にあらゆる増税は不要、日本は財政危機ではない

財政危機キャンペーンが国民の生命を危うくしないか・・・東日本大震災被災地で防災無線機能せずを知ってから思うこと


テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済


34年ぶり、大阪・京都・神戸の三都の気象台でそろっての11月の夏日を記録

今日は、2011年(平成23年)11月 5日 土曜日

昨日(2011年11月4日)、大阪、京都、神戸で
夏日を観測した。

大阪 26.3℃(14時05分)
京都 26.2℃(13時45分)
神戸 25.4℃(15時06分)

大阪で11月に夏日を記録するのは、
今月の1日に続き今月で2回目だが、
(今月1日での11月の夏日は2009年11月1日以来2年ぶり)

京都で、11月に夏日を記録するのは
2000年11月7日の25.0℃以来
11年ぶり。

神戸で、11月に夏日を記録するのは
2000年11月2日の25.5℃以来
こちらも京都と同じく11年ぶりである。

大阪と京都では、昨日の最高気温は
26℃を越えたが、
11月に26℃以上になるのは
大阪で、
1989年11月8日の26.3℃以来
21年ぶり、
京都で、
1977年11月1日の26.0℃以来
34年ぶりである。

ちなみに1977年11月1日には
大阪と神戸でも夏日を観測していて、
大阪、神戸、京都の三都が
11月にそろって夏日を観測するのも
34年ぶりである。

この1977年11月1日の大阪の最高気温は
27.2℃で、大阪の戦後の11月で最も気温が
高かった日になっている。

また、神戸でもこの1977年11月1日の最高気温は、
26.2℃で
統計データのある1960年以降で、
最も気温が高かった日になっている。

ちなみに京都で
戦後の11月で最も気温が
高かった日は、
1964年11月1日の26.3℃で、
昨日の26.2℃は
戦後の11月で2番目に気温が高い日となる。

大阪と京都の戦後最も遅い夏日は
ともに11月8日

大阪
1989年 11月8日 26.3℃

京都
1947年 11月8日 25.3℃
1989年 11月8日 25.4℃

である。

ちなみに
神戸は昨日の夏日は
統計データのある1960年以降で、
最も遅い夏日となった。


参考データ
大阪と京都の戦後の11月の夏日
神戸は、1960年以降の11月の夏日
一覧

大阪管区気象台
(*1968年に同気象台が、大阪市内で移転している)

1950年 11月4日 25.5℃
1977年 11月1日 27.2℃
1977年 11月7日 25.0℃
1979年 11月2日 25.1℃
1989年 11月5日 25.0℃
1989年 11月6日 25.6℃
1989年 11月7日 26.6℃
1989年 11月8日 26.3℃
2003年 11月1日 25.6℃
2009年 11月1日 25.2℃
2011年 11月1日 25.4℃
2011年 11月4日 26.3℃

京都地方気象台
1947年 11月8日 25.3℃
1964年 11月1日 26.3℃
1966年 11月7日 25.0℃
1969年 11月2日 25.0℃
1977年 11月1日 26.0℃
1989年 11月6日 25.8℃
1989年 11月8日 25.4℃
2000年 11月7日 25.0℃
2011年 11月4日 26.2℃

神戸海洋気象台
(*神戸海洋気象台 1999年に移転)
1977年 11月1日 26.2℃
2000年 11月2日 25.5℃
2011年 11月4日 25.4℃

データは
気象庁より

テーマ:気象 - ジャンル:学問・文化・芸術


大都会に鳩が多い理由は?・・・・電車の屋根から鳩が飛び立つ瞬間を写したついで、調べてみた

今日は、2011年(平成23年)11月 4日 金曜日

一昨日、20時過ぎ
阪急西宮北口駅の7番ホームで、
電車に乗ろうとしたが、
その電車は人が多く乗っていたので、
次の電車を待つことにした。

すると、その電車の屋根の上に2匹の鳩を見かけた。
その鳩は、
皆さんが、よく目にする鳩であるが、
それは、「ドバト(土鳩・堂鳩)」である。

鳩 西宮北口駅 111102_2001~001

2匹仲良くその屋根の上に止まっていた。
すると、その電車は発車時刻となり、
ドアが閉まり、動き出した。

多分、鳩は飛び立つだろうと思って見ていると、
電車が動き出して、ほんのちょっとの間だけ
止まっていたが、すぐに飛び立った。

鳩 西宮北口駅 111102_2001~002
1匹目が飛び立つ瞬間

まあ、駅には、土鳩はよく見かけるが、
ドバトは、もともと
中央アジア・アフリカ・ヨーロッパ等に分布する「カワラバト(河原鳩)」を
祖先とする鳩で、そのカワラバトを改良したのされて生まれた鳩である。

そのカワラバトは、食用や観賞用や伝書鳩などで家禽化されて、
「家鳩」とも呼ばれたりした。

その伝書鳩が元のところに戻らず、街中にとどまったりして、
野生化していったが、繁殖能力が高く、
また、カワラバトは岩場に住んでいた鳥なので、
都市部のコンクリートの隙間に巣を作ることもできて、
それが、天敵からの身を守る場所にもなるので、
都市部で、鳩が多くなっていったとも言われる。

鳩には、地球磁場を感知できる能力があり、
その能力によって、自分の現在の所在地がわかるので、
元にいた場所に戻る帰巣能力も備わることとなり、
その性質を活用して、人間が、伝書鳩として
活用してきたのである。




テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術


大阪、2年ぶりの11月の夏日・・・戦後、大阪の最も遅い夏日はいつでしょう

今日は、2011年(平成23年)11月 3日 木曜日


11月になったが、夏の名残りの空気が残っていて、
一昨日、大阪市の大阪管区気象台では、
気温が
25.4℃(13時53分)となり、
夏日となった。

同所で、11月に夏日を記録するのは
2009年11月1日以来2年ぶり。

戦後の大阪管区気象台の11月の夏日を見て見る
(*1968年に同気象台が、大阪市内で移転している)

1950年 11月4日 25.5℃
1977年 11月1日 27.2℃
1977年 11月7日 25.0℃
1979年 11月2日 25.1℃
1989年 11月5日 25.0℃
1989年 11月6日 25.6℃
1989年 11月7日 26.6℃
1989年 11月8日 26.3℃
2003年 11月1日 25.6℃
2009年 11月1日 25.2℃

戦後、11月の夏日が、10日あり、昨日で戦後11回目の
11月の夏日となった。

夏日が最も遅かったのは、
1989年11月8日で、11月で最も気温が高かった日は
その前日の1989年11月7日の26.3℃で
1989年は11月5日から8日まで4日連続で夏日を記録するという
夏の空気が残った11月上旬となっていた。

今週の予報を見ると、まだ大阪は夏日が続くようで、
1989年以来の夏の11月上旬になりそうだ。

テーマ:気象 - ジャンル:学問・文化・芸術


言霊 ブログ開設6周年・・・時事ネタ記事が多くなり、語源記事の増加は小さくなったが、過去の語源記事に拍手をもらうと嬉しく思う

今日は、2011年(平成23年)11月 2日 水曜日

今日で、このブログ
言霊(心豊かに、言葉を生み、人生を潤す)

を書き始めて、ちょうど6周年にあたり、
毎日欠かさず書き続けてきた。

もともといろいろな語源について書こうと思って
ブログを始め、語源に関して書くことが多く、
最初の1年間は、ブログ記事に占める語源関係の記事の
割合は、35.7%あったが、
6周年になると、総記事数2194記事に占める
割合は18.4%と2割を切った。
この1年間では、語源関係の記事は4記事しか書いていない。

その一方で、時事ネタについて書くことが多くなり、
総記事数に占める割合は32.4%と
時事関係のことについて、書くことが多くなった。

今年は、2月に北アフリカの政変があり、
そして、3月11日以降は東日本大震災と福島原発事故
それにともなう政治の混迷などがあり、
それについて思うことを書き綴ったりしている。

もともと、語源について書き始めたので、
語源について、また書かないといけないと思いつつ、
語源関係は他の方々のサイトで詳しく書いているので、
もうあまり書くこともないかと思いつつ、
自分の勉強のためにまた、気が向いたら書こうと思いつつ
以前に語源について書いた記事に関して、
拍手してもらったりする。

2007年2月24日に、「稽古」の語源について
書いた記事
稽古 ~ 古に学ぶこと
に、つい最近の2011年10月28日に拍手があり、
記事を書いて4年以上経って、拍手をしてもらったりすると
その時に書いたことが、少しでも誰かのお役に立てているかも
と思うと嬉しく思うので、また、語源についても
少しは書こうかなと思う。


○過去の11月2日の記事

ようこそ!「言霊(心豊かに、言葉を生み、経済を潤す) 」へ

言霊 ブログ開設1周年で思うこと ~ 言葉は人生を潤す

言霊 ブログ開設2周年 ~ 世界秩序の変動で日本語の重要性が高まるだろう、情報洪水の中、物語を感じ取るには言葉の力は重要である

言霊 ブログ開設3周年 ~ 歴史の目撃者として現代を記録し、哲学的に本質的なことを探究する欲求が高まりそうだ

言霊 ブログ開設4周年 ~ とにかく、何でもいいから毎日書き続けていたら、誰かの知識吸収のお役に立てて嬉しく思う

言霊 ブログ開設5周年・・・言葉は、時空を超えて言霊を伝え続ける

テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


再び、M9クラスの巨大地震が12月から1月に!!?・・北大の研究者が予想、それはアウターライズ地震になるかもしれない

今日は、2011年(平成23年)11月 1日 火曜日

えっ、再び、M9クラスの超巨大地震があるかも!!
という予測をしている学者さんがいる。

その方は、北海道大学地震火山研究観測センター研修支援推進員の
森谷武男博士(元北大助教授)である。

森谷博士は、FM放送向けのVHF帯(超短波)を活用した
地震予知研究をされていて、その方が、
現在、東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)の前と同じパターンの
VHF帯(超短波)の地震エコーが観測されているということです。

森谷博士は、
通常では
200キロ以上離れた場所や山などの障害物がある地域では受信できない
FM放送向けのVHF帯(超短波)が地震発生前になると、
到達しない地域にまで届くようになることに注目して、
「地震発生前の岩盤破壊で電磁波が発生し、その影響で電波が散乱する」
という仮説を立てて、2002年から観測していて、
M7.1を記録した2008年の十勝沖地震では、地震発生10日前までの約40日間
通常の2倍の強さの電波を観測。

東日本大震災が発生する約8ヶ月以上前の
2010年6月27日から8ヶ月の間、地震エコーの総継続時間が
20万分を越え、M8以上の地震が起こると森谷博士が予想していた
ところ巨大地震前の前震が発生し、その解析中に、M9の超巨大地震が
発生したのですが、
今回は、今年の4月に福島県いわき市でM7クラスの地震が発生した後、
現在まで、継続的に地震エコーが観測されていて、
地震エコーの総継続時間は16万分を越えていて、
もし、3月11日のM9の超巨大地震と同様の経過をたどると、
超巨大地震のが今年の12月から来年の1月にかけて、
東北地方南部沖から関東地方沖の日本海溝南部付近を震央とする
再び、M9クラスの超巨大地震の可能性があるという。

地震エコーの状況
地震エコー erm10-11oct26
森谷武男博士のHP
再びマグニチュード9の地震が発生する確率が高くなってきました

より

もしかしたら、それは、
アウターライズ地震になるかもしれない、
アウターライズ地震とは、
海溝の陸から見て外側(アウター)の海底で
発生する地震のことで、その地震は陸側から離れているため
陸地での揺れは比較的小いが、それによる津波は
規模の大きくなる。
アウターライズ地震は、プレート境界型地震によって断層が破壊された影響で
引き起こされることが多く、
1933年(昭和8年)の昭和三陸沖地震はその37年前に発生した
明治三陸地震の影響を受けて発生したと見られている。

2004年12月のM9.1のスマトラ島沖地震の約3カ月後に
最初の巨大地震の震源域のすぐ近くで
M8.6の巨大地震が誘発されたが、
それは、アウターライズ地震であった。
森谷博士が
東北地方南部沖から関東地方沖の日本海溝南部付近を
震央と予想する巨大地震が発生するとすれば、
アウターライズ地震になるかもしれない。


テーマ:東北地方太平洋沖地震 - ジャンル:ニュース