言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



2008年の3大ニュース「世界金融危機とオバマ氏米国大統領へ」「秋葉原通り魔殺人事件」「毎日新聞Waiwai事件とマスコミ各社の赤字」・・・昭和20年に続き平成20年も激動の年に、金融危機は来年以降の世界史的な大事件になっていきそうだ

今日は2008年12月31日の大晦日
今日で2008年が終わる。

このブログを書き始めて
4回目の大晦日であるが、
過去3回の大晦日のうち2回
その年の3大ニュースを上げているが、
本年の大晦日

今年の3大ニュース

をあげる。


1位 リーマン破綻による世界金融危機とオバマ氏米国大統領へ
2位 秋葉原通り魔7名殺害事件
3位 毎日新聞Waiwai事件とマスコミ各社の赤字・減益決算


以上のその3つである。

今年の3大ニュースを3位から順にレビューしてみる。


3位 毎日新聞Waiwai事件とマスコミ各社の赤字・減益決算

特に、毎日新聞Waiwai事件に関しては、
テレビや新聞のニュースだけしか見聞きしていない人にとっては
この事件の存在そのものを知らず、
どうして3大ニュースになるのかわからない人も
いると思うが、インターネットでニュースを読んでいる人にとっては
有名な事件で、
インターネットとマスメディアの関係性を根底からひっくり返す
歴史的な事件と言えるニュースである。

毎日新聞社の英語報道メディアMainichi Daily Newsの
コラム「WaiWai」において、
外国人記者が、週刊誌から引用した
事実に基づかない
異常な性的嗜好を話題にした記事を長年にわたり配信し
続けていた。そのことが今年の4月過ぎからネットユーザーで
日本の大新聞社が載せている記事を読んだ外国人が、
これが日本の実情だと誤解を招くとして
批判が巻き起こり、
特に2ちゃんねるのニュース速報版や既婚女性のスレットでは
猛烈な批判が巻き起こり、それに対して、
毎日新聞が

「インターネット上には、今回の処分とは全く関係のない複数の女性記者、
社員個人の人格を著しく誹謗(ひぼう)・中傷する映像
や書き込みが相次いでいる。毎日新聞はこうした名誉を棄損するなど
明らかな違法行為に対しては、法的措置を取る方針でいる。

と書いたことが、
ネットユーザーの対しての宣戦布告として捉えられ、
毎日新聞にとって都合の悪い批判をするものに
対して、毎日新聞が言論弾圧をするよう捉えられ
それで強い反発をさらに招いた結果、
毎日新聞の広告主に抗議の電話をする「電凸(でんとつ)」が
200社以上の企業や組織に対して
大がかりで行われ、その結果、
マスコミ各社のウェッブサイトなどに
広告を配信するアドネットワークを運営しているヤフーが、
多くの広告主からの依頼を受け、
毎日新聞のウェッブサイトの毎日jpへの広告配信が停止され、
「毎日jp」の広告が激減し、
毎日jpの広告スペースの大半が自社広告で埋め尽くされる
事態となった。
さらに、広告主の広告出稿停止はウェッブだけでなく
毎日新聞の紙媒体まで広がり、毎日新聞に大きな打撃を
与えた。

これはインターネットという新しいメディアを介して
不特定多数の者たちの自発的な動きにより
旧来のメディアである大マスコミの新聞社に
大打撃を与えるという歴史的な事件である。

この大きなインパクトのある事件がマスコミで大きく報道されて
いない理由は毎日以外の他のマスコミ各社は
「次はうちがやられるのではないか」という不安と恐怖を抱いている
ことが背景にあるとも言われる。

また、毎日新聞への広告が停止された背景には、
景気後退により、広告予算が削減され、かつ、
インターネットメディアの台頭でさらに新聞広告の予算枠が
小さくなっていることがあった。

その景気後退による広告費の削減により
毎日新聞だけでなく、朝日新聞や産経新聞の半期決算が
赤字になるという事態になってきた。

既存メディアがこのまま生き残ることができるのかという
見方も出てきている。

今まで、大不況による痛みとは無縁のように思われ、
高い所得を得てきた大マスコミの社員にも
痛みが襲いかかってくるということになりそうだ。


2位 秋葉原通り魔7名殺害事件

2008年6月8日12時30分ごろ
派遣社員の加藤智大被告が
東京都秋葉原の歩行者天国の道路に
トラックで突入し、人々をひきはね、
さらに、ナイフで次々と人を刺し、
合計7名を殺害する事件が発生した。

特に加藤智大被告が派遣先から契約を切られると
勘違いして、そのことが事件発生のトリガーになったと
言われる。

加藤智大被告は解雇されると思いこんだ後、
携帯電話の掲示板に
次々と書き込みをしていく、

6月5日
06時17分
 作業場行ったらツナギが無かった 辞めろってか

07時44分
 やっかい払いができた会社としては万々歳なんだろうな

12時05分
 『誰でもよかった』 なんかわかる気がする

6月6日
01時44分
 住所不定無職になったのか ますます絶望的だ

02時48分
 やりたいこと…殺人 夢…ワイドショー独占

03時35分
 誰にも理解されない 理解しようとされない 

この一連の書き込みから、彼の疎外感、そして、
真面目に働いてきたが解雇されたと思い込み、
かすかな希望が打ち砕かれ、大量殺人の決意を
膨らませていったように推測する。

これが非正規雇用の問題が強く指摘されるようになり、
派遣法の変更が議論されるようになった。

非正規雇用の問題でさらに深刻なのは
人と人とのつながりが断たれていく社会であることだ。

正社員と違って、
派遣社員・契約社員は、解雇しやすくなる。
解雇された
派遣社員・契約社員達は
不安定な状況で社会を漂流していく。

かつては、地域社会が崩壊していくなか、
企業が地域社会に替わって、人々の共同体的役割の
機能を果たしていたが、
非正社員の増加という労働市場の流動化で
企業も共同体的機能を弱めた。

社会的な動物である人間は、
所属する共同体を失えば、根無し草で、
社会を漂流し、人々のとのつながりが絶たれ、
孤独感・疎外感を増していく。

米国では、労働市場が流動化しているが、
米国では共同体的な機能を教会など
宗教が果たしているが、日本にはそれは弱い。

そのように社会学者の宮台真司氏は言う。

これは日本社会の脆弱性を露にした事件とも
言えよう。

また、
コラムニストの勝谷誠彦氏は
加藤智大被告の行為を「神なき国のテロル」と評し、

加藤被告の行為と動機は、
貧困と結婚できないという将来の希望がなく
自爆テロを実行していくイスラム過激派と
通じるものがあり、

小泉政権下で、製造業での労働派遣が解除
された結果、企業が人をモノのように使い捨てする
労働派遣が横行し、日本の社会を壊していったことを
批判して、

「すべての政治家はこれ(加藤被告の書き込み)を読むべきです。
読む義務がある。もし読まないのであれば国会で朗読しなさい。
どういう状況に国民を追い込んでいるか。
これで加藤は死刑になるけれども、国が殺したのは8人ですよ、
ある意味では」


やがて、財界関係者や政治家が神なき国のテロルによって
殺害される可能性も出てくる。

もしそうなった時、本音では「溜飲を下げる」気持ちになる
日本国民はそう少なくはないと思ったが、
今年11月に旧厚生省の事務次官経験者本人やその家族が
殺害された時、それを讃美する書き込みがネットで相次いだ。

今、世界的な金融危機による大不況により、
非正規雇用者が解雇され、ホームレスになる人が増えてる中、
昭和初期のような深刻なテロが続発する危険性が高まり
つつあるように思う。


1位 リーマン破綻による世界金融危機とオバマ氏米国大統領へ

昨年の3大ニュースで
2007年の3大ニュース「サブプラムローン問題」「参議院選挙」「消えた年金」 ~ 来年以降の情勢にも大きく影響を及ぼす問題である 

1位に「アメリカ、サブプライムローン問題とドル相場」を取り上げたが
まさに、それサブプライムローン問題が
2008年9月15日にアメリカの大手証券会社
リーマンブラザーズの破たんを招き、その結果、
100年に1度とも評される大規模な世界的な金融危機が
勃発してしまった。

アメリカ大統領選挙において、リーマン破綻後に対する
対応の仕方が、共和党のマケイン候補より、
民主党のオバマ候補の方が良かったという評価があがり、
それがオバマ優勢に拍車をかけ、
オバマ氏は11月の選挙において、当選し、
2009年1月20日からアメリカ合衆国の初の黒人大統領と
なることになった。

今年の元日に
2008年1月1日 平成20年になった ~ 「明治20年」「昭和20年」どうだった、そして平成20年は?・・・・

と平成が20年になったことにあたり、「明治20年」「昭和20年」も激動の年だった
ことを紹介して、平成20年はどうなるかと書いたが、
まさに、この世界的な金融危機による平成20年も激動の年になってしまった。

この
アメリカ発の世界的な金融危機は
日本や世界に大きな影響を与えた。

欧州でも、金融機関にも大きな打撃を与え、
アイスランドが破たん状態に追い込まれた。

また、世界の消費を引っ張ってきた
アメリカ国民の消費が減退し、
その結果、日本や中国のアメリカへの輸出が減り、
景気後退が加速、
特に、トヨタ自動車は前年の2兆円以上の過去最高の利益から
一気に58年ぶりの赤字に転落するという急激な
悪化が進み、それが派遣労働者の解雇の加速と
ホームレスの増大に拍車をかけている。

アメリカ国内でも金融危機がGMの経営危機に
拍車をかけている。

アメリカはこの金融危機に対応するため
多額の財政出動をしているが、
世界最大の債務国であるアメリカが
いつまでも海外から借金をすることが
できるのかという懸念が出ている。

アメリカのドルは円以外にはいったん高くなっているが、
アメリカの財政赤字に強い懸念が高まれば、
一転して、ドル売りが加速する可能性もある。

そして、アメリカが海外から資金を調達することに
貢献してきたゴールドマンサックス、モルガンスタンレー、
メリルリンチ、リーマンブラザーズ、ベアスターンズという
5大投資銀行証券がすべて破綻したり、投資銀行で
なくなったことにより、金融帝国としてのアメリカは
終焉したとも評されている。

また、ドル体制がどうなるのか、世界の通貨システムが
どのようになるのか、
アメリカの覇権は終焉していくのか、世界の安全保障システムは
どうなるのか
この世界的な金融危機をきっかけに
いろいろ課題が突きつけられてくることになるかもしれない。

また、
日本や中国などのアジア諸国、産油国などの余剰資金(貯金)が
国内で十分に投資資金として活用されず、アメリカに流出していた
ことが今回の金融危機の背景にあるともされる。
今回の金融危機をきっかけに
世界の経済システムの在り方も問われてくることになるだろう。

アメリカ一極支配体制の在り方と世界の安全保障システムについて
オバマ大統領就任にあたって、気になることは
12月末からのイスラエルによる大規模なガザ空爆である。

バイデン副大統領やパウエル元国務長官が
オバマ氏が当選する前後に
「大統領の就任直後に国際政治の大きな危機が起きる」と
ポロリと漏らしていたが、
今回のイスラエルによる軍事行動がその国際政治の大きな
危機につながっていくのだろうか?

また、オバマ次期大統領は就任早々
アメリカの金融危機で、困難な事態に直面する可能性もある。

今年1位のニュースにした
「リーマン破綻による世界金融危機とオバマ氏米国大統領へ」は
来年の日本や世界の情勢にも大きな影響を与えることになるだろう。
そして、世界史の大きな転換点を作っていくことになるかもしれない。

このブログ内での関連記事

21世紀、6月8日は「大量殺人の日」になった! ~ 秋葉原大量殺人テロから5・15事件(1932年)を想起する

神なき国のテロルの刃は財界人や政治家に向かうのでは・・・・秋葉原無差別テロ


金融危機で、パキスタンがIMF支援要請 ~ 金融危機の混乱が対テロ戦争に影響してくるのだろうか?


金融危機による1ドル=90円の急激な円高・・・・外貨準備高の損失、日本は「円」決済圏拡大の戦略を!


アメリカは金融危機対策の資金がショートするのか?・・・・・・借金棒引きのため、ドル・ユーロ・円が同時に新通貨発行し、今のお金の価値が半分になる??

天空を舞うバーチャル金融資本主義の終焉 ~ マネーバブル再発防止のため、資金余剰国の日本やアジア諸国の中産階級を厚くすること。

オバマ大統領 = 超大国としての、帝国としての、覇権国家としての最後の米国大統領?・・・ゴルバチョフとチャーチルを回想しながら

この記事を書いている日が大晦日なので・・・・大晦日の語源について
大晦日~お月様がこもって夜は真っ暗

スポンサーサイト

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース


お店で商品を「見せ」て・・・・・店の語源は

さて、いろいろ何かを買うとき、
お店に行く。

そのお店の
「店」はどうして「みせ」と言うのか?


かつては、何かを売る時、特定の場所に定着せずに
行商のように一時的に売り場を設置して、今で言う
露店のような売り方をしていることが多かったが、

その商売をする人たちは
鎌倉時代になると、京の都に定住して、物を売る時は
並べた木棚の上に商品を置いて、お客さんに見せるようにした。

その「見せる」の「見せ」が、店の語源となる。

「見せ」は「見世」とも書かれていて、
おそらく「世に見せる」ということであるのではないか。

「みせ」と呼ばれるように定着したのは
室町時代からだとされる。

また、
「店」という漢字が用いられた理由は
その「店」という漢字の字源に関係している。

「店」という漢字は
「屋根のある建物」を意味する「广」に
音符「占」が組み合わさって成り立っている。

「占」にはうらなうという意味があるが、
占いで、どの土地に定着して家を構えるかを
決めるということで「店」という文字があり、
特定の場所に居を構えて
物を売る場所があるということで
「店」という漢字が用いられるようになったという。


このブログ内の関連記事

老舗の語源
老舗 ~ 継がれている商売を真似する






テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


世界各国の人々が共感する「売り手よし、買い手よし、世間よし」 の近江商人の「三方良し」の哲学

昨日(2008年12月28日)、
NHKの関西地域で放送されている
ビジネス新伝説ルソンの壺
で、スペシャルの再放送がされていて、関西の10名の経営者が
ゲストで出演されていたが、
市場やスーパーマーケットで使用される「はかり」を製造している
京都の老舗メーカー「イシダ」の社長が
出演されていた。

そのイシダはイギリスに工場を持っているが、
そのイギリスの工場の従業員には
近江商人の哲学である
「三方良し」の言葉と精神が伝わり、
イギリス工場の正面玄関に飾られているというのだ。

近江商人の哲学
「三方良し」の哲学とは

「売り手よし、買い手よし、世間よし」

である。

その哲学を
イシダがまだ小さいハカリメーカーの時の
2代目と3代目の社長の時に社訓として取り入れたものであった。

その経営哲学の原型の思想は
江戸中期の麻布商である中村治兵衛宗岸(1684年~1757年)
が、16歳の養嗣子の宗次郎のため1754年(宝暦4年)に残した
遺言に書かれていたものである。

財団法人滋賀県産業支援プラザ
にその内容が書かれている

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・原文

たとへ他国へ商内に参り候ても、この商内物、この国の人一切の人々、
心よく着申され候ようにと、自分の事に思わず、皆人よき様にと思い、
高利望み申さずとかく天道のめぐみ次第と、ただその行く先の人を大切に
おもふべく候、それにては心安堵にて、身も息災、仏神の事、常々信心に
致され候て、その国々へ入る時に、右の通りに心ざしをおこし申さるべく
候事、第一に候


・意味

たとえ他国へ行商に出かけても、自分の持ち下った衣装等をその国の
すべての顧客が気持ちよく着用できる様にこころがけ、自分のことよりも
先づお客のためを思って計らい、一挙に高利を望まず、何事も天道の恵
み次第であると謙虚に身を処し、ひたすら持ち下り先の地方の人々のことを
大切に思って商売をしなければならない。
そうすれば、天道にかない、
身心とも健康に暮らすことが出来る。自分のこころに悪心の生じないように
神仏への信心を忘れないこと。持ち下り行商に出かけるときは、以上のような
心がけが一番大事なことである。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

近江商人の行商は他の地方に赴き、商売をして、そこで信頼を得て、
その赴いた土地で開店することが多かった。そうすると、
旅先の土地の方々から信頼を得ることがとても重要であり、
それゆえに、中村治兵衛宗岸をそのような遺言を残したと想像される。

その中村治兵衛宗岸が残した遺言は後世に代々伝えられ、
明治になって、

「売り手よし、買い手よし、世間よし」の
「三方良し」という標語にされたという。

短期で一気に大きな利益を狙うのではなく、
地道に小さいながらもコツコツと積み上げ、
長い信頼関係を構築していくことの重要さが説かれている。

その「三方良し」を社訓とするイシダがイギリスで工場を
建設する時のエピソードが

中小企業診断士の阿部将美氏のHP
読むクスリ25(文芸春秋「文春文庫)から
「明日へのアイデア」長い目でみれば


に書かれている。
それを引用してみる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ヨーロッパでの販売拠点になる現地法人を、英国バーミンガム郊外
に置いた。
「まず土地を探させましたが、2エーカー(約2400坪)もある、
かっこうの敷地が見つかったんです」
と社長の石田隆一さん。
 ただ、地主になっているコングロマリット(複合企業)側は、
売るわけにはいかない、150年間の借地契約にしたい、という。

「その期間の長さにも驚きましたが、もっとびっくりしたのは、
地代がタダみたいに安いことでした」

2エーカー分で、日本円にして月3万円ほど。年間36万円そこそこでしかない。
これは、借りてすぐ、どかん、と値上げされるのではないか、
と石田さんは用心した。「そういいましたら先方は、いや、150年間に
1パーセント以内の値上げしかしない、というのです」
 それを聞いて、かえって心配になってきた。
 これでは、あまりに話がうますぎる。こっちばかり得をして、
先方にはまるでいいことがないではないか。
「じつはわが社の社訓は『三方良し』なのです。
相手に損をさせるような契約はできません。かりに、しめた、
と思って契約しても、そんな関係が長続きするはずはないのです」



 『三方良し』の社訓は、二代目社長だった祖父音吉さんと、
三代目の父重成さんが、イシダがまだ小さなハカリ屋だったころに
こしらえた。
 「古い近江商人の教えだそうで、自分を立て、相手を立て、
人を立てて初めて商売は成り立つ、ということなのです」
 ビジネスはむろん、自社が儲けるためにやる。
 しかし同時に、取引先にも利益をあげてもらわなければいけない。
 そして、何よりユーザーに喜んでもらうことだ。
 「この三方が良し、すなわち共存共栄することを目指すのが、
わが社の経営哲学なのです」



 石田さんの経営哲学を聞いた先方のコングロマリットからは、
  「どうぞご心配なく。ただし、三つだけ条件をつけさせてほしい」
といってきた。
 「第一の条件は、この土地に立てるイシダ・ヨーロッパの本社屋は、
関連会社にう請け負わせてもらいたい、というものでした」
 先方は複合企業だけに、傘下に建設会社を持っている。
そこに請け負わせることで利益をあげたい、というのだ。
 むろんイシダ側に依存はない。かえって建設会社を探す手間が省けて助かる。
 「条件の第二は、建設後のビルの補修や庭のメンテナンスも、関連会社に依頼する、
ということです」
これも、むしろありがたい。
 そして条件の第三。
「これには、あきれるような気持がしたのですが、150年たって借地契約が切れるときには、
建物の名義をコングロマリットのほうに変更してほしい、というのです」
 つまり、150年たったら建物はくれ、というのだ。



 日本では、150年後の建物のことを契約条項に入れるなんて、
ちょっと考えられない。
 木造なら20年、ビルでもせいぜい50年で建て直すもの、
と思っているところがあるからだ。
「ところがイギリスでは、そのあたりの感覚、ないし文化がまったく違います。
土地の値段はほとんど上がらないけれど、建物は
古くなるほど価値が出るのです」
 ロンドンでも、バーミンガムでも、十九世紀のビクトリア王朝時代にできた
石造のしっかりした建物が、いま盛んにもてはやされている。
 これは先方は、よほど長持ちする立派な建物にする気だな、とうれしくなった。
「ものすごくスパンの長い、三方良しの精神、といえるじゃありませんか。
すぐに契約に応じて堂々たる建物ができ、現地法人も
大成功を収めています」
 イシダ・ヨーロッパは資本5千ポンド、わずか70万円で設立された。
 それがいま600万ポンド、8億4千万円もの内部留保を誇っている。
 お互い感覚と文化は違っても、『三方良し』でぴったり呼吸が合ったおかげ、
といえるかもしれない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このエピソードから
近江商人の「三方良し」の精神と
イギリスの地主の発想には

短期で一気に大きな利益を狙うのではなく、
地道に小さいながらもコツコツと積み上げ、
長い信頼関係を構築する

というところに共通性があったかもしれない。

イシダのイギリス工場の方が自らの自発的な意思で、
イギリス工場の正面玄関に「三方良し」の言葉の
標語のモニュメントを送ってほしいと
京都の本社に依頼したという。

企業が社会的責任を負うことについての重要性は
経営戦略論でSWOT分析の重要性を説いた
アンドルースは以下の点から語っている。

(以下は、坪井順一 編集 経営戦略理論史 p79-80 より引用)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アンドルースは次のような3つの理由で企業は社会的責任について
充分に配慮して戦略を構築しなければならないと述べている。

①意思決定の質の評価、②メンバーのパフォーマンスへの影響
③企業における顧客と個人の役割

①の意思決定の質を評価するとは、企業が意思決定を行った結果に
ついて評価するのは、株主、銀行や取引相手のみならず、その良し悪しの
判断は社会によっても行われるということを意味している。

②(メンバーのパフォーマンスへの影響)については、
メンバーは企業内のみならず、地域社会などの企業外のシステムからも
影響を受けている。そのため、企業の方向性とメンバーが属している社会
との間に大きな乖離が生じる場合、メンバーのパフォーマンスが
低下することを指している。

③(企業における顧客と個人の役割)については、
顧客などの個人の要求と企業を合致、または収斂させることの
必要性を示している。
もし、このことに対して企業が注意を払わない場合、商品の不買運動などが
生じ、企業のパフォーマンスが低下することになる。

このように企業は戦略を策定する際に、企業内のみならず企業外の社会的
側面を把握する必要がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とアンドルースは企業の社会的責任の重要性を説いているが、
まさに近江商人の哲学である
「三方良し」のひとつ
「世間良し」
の重要性を表していると感じる。

近江商人の「三方良し」の重要性について
読売新聞の記事
「精神 世界に通用」<7> 2007年1月9日


に商社マンが語っている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本を代表する総合商社の一つ、伊藤忠商事の小林栄三社長は
「若い人たちに『自分だけよければいい』という考えが蔓延(ま
んえん)している。そうではないということを、近江商人の精神は
示している。若者の教育という観点からも注目されているので
は」と言う。

小林社長は昨年11月下旬、インドネシアのユドヨノ大統領と面談した
際に、「売り手よし、買い手よし、世間よし」の「三方よし」について
「わが社が150年間実践し、インドネシアでもこの精神で頑張ると
告げたら喜んでいた」と、国際的にも通用する精神だと指摘する。

丸紅の松田章専務は「企業としての社会的責任を果たし、
世間の信頼・信用を勝ち得れば社の社会的価値が上がり、よい社員が
集まる。よい社員がよい製品を作り、社会的に評価される。
こうした良い循環が歴史をはぐくむ」と強調する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このように
近江商人の哲学である
「売り手よし、買い手よし、世間よし」 の
「三方良し」の精神は
世界の方々に共感を持って受けいられるものである。

その精神を大事にして、私も含め多くの方々も
ビジネスをしてもらいたいと思った。











テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス


冬の寒い日、室内の湿度アップで暖房代節約

昨日(2008年12月27日)、
NHKのご近所の底力を見ていると、
不況に負けるな!家計の節約術

ということで、そのひとつとして、
寒い冬に使う暖房費を室内の湿気を高めるだけで
削減することができたという方法が紹介されていた。

どうして、湿気が高くなると暖房費が下がるかと言えば、
それは、湿気が高くなると体感温度が高くなるからである。

ヒトは常に発汗作用が発生しているが、
その発汗の時、汗が蒸発して、その蒸発による気化熱が奪われて、
皮膚の表面温度が下がる。

乾燥するほど、その発汗作用が活発になり、よりいっそう
気化熱が奪われ、皮膚の表面温度が下がり、
寒く感じるが、
逆に湿度が高くなると
発汗量が減り、その分、蒸発による気化熱が奪われることも
少なくなり、
寒さの度合いが減るというのだ。

それをした結果、暖房代が節約でき、
その方法をしている人は
ひと月に灯油40リットル節約(通常250リットル使用する)
できたという。

湿気を高める方法として、
ストーブにやかんを置いて、蒸気を発生させたり、
ストーブのまわりに濡れた洗濯物を干したりすれば
湿度は50%ぐらいに保たれ、暖かくなるという。

一方、あまり湿気は高すぎると結露やカビの原因となるので
湿度50%が目安だという。

湿気を高くすると、暖かさを感じて、暖房費節約だけでなく、
風邪をひかなくなったという。

このブログ内での関連記事

寒くてブルブル震えるよ ―――― ・・・・・ 寒い時、震えるのはなぜ?





テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術


マクドナルドの行列の「サクラ」が問題視されているが、かつて、SONYのトランジスタラジオは「サクラ」を使って成功したけど・・・・今の日本は、清濁併せ持つことを受け入れる度量が小さくなり、清廉潔白さを求める欲求が高くなっているのだろうか?

今日は2008年12月27日、
先日の12月23日に、
日本マクドナルドの新商品である
「クォーターパウンダー・チーズ」が関西で初めて発売
された時、1万5000人が来店して、行列ができたという
ことだが、それに関して、次のニュースがあった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本マクドナルド:新商品に1万5000人来店!…実はバイト1000人動員--大阪(毎日新聞)


「モニター調査だ」
日本マクドナルドの御堂筋周防町(すおうまち)店(大阪市中央区)で23日、
特大のハンバーグをはさんだ新商品「クォーターパウンダー・チーズ」が関西
で初めて発売され約1万5000人が来店し長い行列ができたが、
アルバイト1000人が含まれていたことが25日分かった。
夜中からできた行列の先頭20~30人もアルバイトで、
先頭の女性(24)はイベントコンパニオンだった。売上高は約1002万円となり、
同社店舗の最高記録を更新したと発表されたが、アルバイト分も含まれている。
同社は「最高記録の更新には変わりがない」と訂正しない方針。

日本マクドナルドは新商品のモニター調査をマーケティング会社に依頼し、
同社が人材派遣会社のフルキャストに依頼してアルバイトを集めた。
インターネットでは「楽チン!新商品を並んで買って、食べるだけのお仕事!」の
見出しで募集され時給1000円、勤務場所は「心斎橋駅近く」となっていた。
アンケートは1000人に依頼し、味やサービスなど記入して300人分を集
めた。商品代も支払われた。

日本マクドナルドは「モニター調査は並ぶことを目的にしたものではない。
決して意図的にやったわけではない」と説明している。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

要は、行列にサクラがたくさんいたということであるが、
どうして、新商品のプロモーションで
サクラを使って行列を作ったりすることは古典的な手法として
あることなので、どうして、これがニュース報道に値すること
なのかなと思った。

サクラで有名な例としては、プロジェクトXでも取り上げられていた
SONYのトランジスタラジオ販売の時だ、
SONYが世界でまだまだ無名の時、欧州で売り出そうとした。
品質には自信があったが、
日本製のラジオは見向きもされなかった。

そこでSONYの担当者は
ドイツで高級店にラジオを有料で1週間展示して
もらった。その時、SONYの担当者は
学生バイトのサクラを雇って、SONYのラジオが展示
されている付近に見物しているちょっとした人だかりを
作らせ、さらには、
このラジオは小さいのに音も良い、是非か買いたいと
その店の人に言わせるという作戦を取った。
その結果、店主から沢山の受注を受けた。
そして、クリスマスのプレゼントして
SONYのトランジスタラジオをと新聞広告を打ち出し、
大成功した。

そのようなこともあったので、
はじめにマクドナルドのサクラ使用がどうして
これほど、騒ぎになるほどのものになったのかと思った。

サクラも含めた売上を
1002万円を発表したことは、日本マクドナルドの株を買う
投資家からすれば疑義を持ってしまうことになるだろうなあとは
思ったが、

サクラを使う行為そのものを否定するような印象を受ける
報道であるが、もし、サクラを使う行為そのものを否定するとなれば、
さきに紹介した世界における日本製品の高ブランド化に貢献した
SONYのトランジスタラジオの成功そのものを否定することに
つながるように思えるが・・・・・・。

このマクドナルドのサクラ報道について、
J-CASTの記事によると

とくダネの司会の小倉智昭氏は
「昔から宣伝の手法としてあることで、
お金を使って行列をつくるなんてことは、
いろんなところでやっている。これを叩いてしまってはちょっとかわいそう」と
サクラは使うのはよくあることという認識を示したうえで

「分からないようにするのがプロなんですけど、
わかってしまうのが情けないね」

と言っていたようだが、

まさにその通りだと思う。

どうして、サクラが発覚してしまったのか?

それは、サクラが1000人と多すぎたかもしれない。
その1000人から情報漏洩は起こりえる。
さらに、今は、インターネットで誰もが不特定多数に
情報発信ができる時代。
その1000人のなかから
誰かがサクラであることをネット上の掲示板やブログや
SNSの日記に書いたことから発覚したかもしれない。
そして、そのネット上での騒ぎをマスメディアが嗅ぎつけ、
それをネタとして報道したかもしれない。
広告収入が減って、危機感のあるマスコミは
なんでもニュースになるとなれば、
そのネット上でのサクラ疑惑のネタに飛びついたのだろうか?

このサクラの疑惑の発覚と報道に到るプロセスは知りたいところである。

それにしても、どうして、サクラであったぐらいで、これほど
目くじら立てるほど騒ぐこともあるのだろうかとも
思った。

確かに、サクラを含めた売上高をマクドナルドがプレスリリース
したことは遺憾だが、
サクラを使ったことについては、

バレないようにもっと上手にやれよ

と苦笑するぐらいで軽く流せるようなものだと思うが・・・・

何か、清濁併せ持つことを受け入れる度量が日本社会には
なくなりつつあるのかと思ったりもする。

その一方で、全く、嘘いつわりのない、信頼できる純粋な
清廉潔白な本物を
求める気持ちが強くなっているのかもしれない。


テーマ:マーケティング - ジャンル:ビジネス


西宮ガーデンズ開業1か月、西宮北口駅周辺は繁盛しているようだが・・・・オーバーストア状態、マクロ経済環境悪化で、阪神間の他のお店は打撃被る

今日は2008年12月26日、
私はこのごろ、近所の
西日本最大の大型商業施設
西宮ガーデンズ
行くことが多いが、
その西宮ガーデンズについて神戸新聞で次のような記事があり、
その一部分を引用すると

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

周辺商業施設の影響明暗 西宮ガーデンズ開業1カ月(神戸新聞)

(前略)

入場者数は最初の一週間で計六十五万二千人。
その後は一日平均七万六千人で推移し、
開業初年度の総入場者数の目標は、
当初の二千万人(一日平均五万五千人)から
四割増しのペースという。客単価も当初見込みを
五百円上回る三千五百円と好調で、ポイントカード会員の
居住地も西は姫路、東は高槻までと幅広い。

(中略)

阪急西宮北口駅をはさんでガーデンズと向かい合う
周辺商業施設の「アクタ西宮」と「にしきた商店街」。
当初、客を奪われると危惧(きぐ)していたが、ふたを開けてみると、
混み合うガーデンズでの食事をあきらめた利用者が流れ込み、
飲食店が大繁盛しているという。
 「週末は夕方四時ごろまで(飲食店に)列ができています」と
アクタ西宮の担当者。「これまでは、昼時でも並ぶほどは人が来
なかったのに」。商店街も同様で、「土地勘のある地元の人が
中心だろうが、大幅に増えていて、明らかにガーデンズ効果」とみる。

 打撃を受けているのが、少し離れた場所にある商業施設。
大丸芦屋店(芦屋市)ではケーキなど洋菓子を中心に影響が出ている
という。「行動範囲の広い三十歳代が主な購買層なので、
ブランドの種類の多いガーデンズに買いに行っている」

同じ阪急グループでも影響が出ており、西宮北口駅まで乗り換え
無しで行ける阪急宝塚駅の宝塚阪急(宝塚市)では、「今月中
旬に入り売り上げの二、三割を持っていかれている感じ」

(中略)

対抗策は?

(中略)

「広すぎて疲れるのが欠点。時がたてば、お客の熱も冷める」のを
待つのが実情のようだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と神戸新聞の記事には書かれている。
確かに来場者は多く感じる。

ただ、ガーデンズ内の通路は広いため
ものすごく混んでいる感じはしない。

記事で
阪急西宮北口駅をはさんでガーデンズと向かい合う
周辺商業施設の「アクタ西宮」と「にしきた商店街」の
飲食店は大繁盛だとあるが、
見た感じ、そうだろうと思った。

西宮ガーデンズ内の飲食店はどこも
並んで待つ状態が通常で、
中には150分待ちという店もあった。

私は、「にしきた商店街」には足を運んでいないが、
アクタ西宮は頻繁に比較するため歩いていた。

すると、アクタ西館1階の
飲食エリアでは、
オムライスのポムの樹は時々並んで待つ状態で
ほかにうどん屋の四国
アルバータという店、この3つの店が特に
繁盛している感じがした。

物販で見ると、
アクタ西館4階にあるジュンク堂書店、
ガーデンズにやや規模の大きいブックファーストが
できたが、ジュンク堂では、だいたい100名ぐらいは
お客さんが入店していそうな雰囲気であった。

アクタ西館3階の無印良品は、やや人影は
寂しい感じはするが、
ガーデンズの店の買い物袋を持った人が
無印良品で商品を探している姿が見えた。

実際、ジュンク堂と無印良品の売上高が
ガーデンズ開業の影響をどれだけ受けているか
わからないが。

打撃を受けているのが、少し離れた場所にある商業施設。

と記事にはあるが、
その通りだと思う。

西宮市を含む阪神間は人口や所得に対して
オーバーストア状態だとも言われる。

そして、ここ数年は一般庶民の所得は伸びず、かつ、
この下半期は世界的な金融危機の勃発で
マクロ経済環境が急速に悪化し、
消費抑制の流れが強まる中では
西宮ガーデンズでの売り上げ分は
他の店の売上を奪う
ゼロサムゲームの状態になるだろうと
思った。


対抗策は?
(中略)
「広すぎて疲れるのが欠点。」

と記事にあるが、確かにそうである。
それに配慮して、ガーデンズ内に
椅子が到るところに設置されていて、
多くの人が椅子に座って、休憩している。

また、このブログの記事
ウィンドウショッピングでダイエット!! ~ 野球場跡地の大型商業施設「西宮ガーデンズ」に毎日通って歩きまわると体重が減ったという!!!!
で書いたように、運動不足を感じている人や
ダイエットを考えている人にとっては、
ウィンドウショッピングを楽しみながら運動やダイエットが
できるという利点はある。

阪神間全体からみると、
オーバーストア状態でマクロ経済環境が悪化するなか、
しばらくは
西宮ガーデンズの独り勝ち状態が
続くのではなかろうか?


このブログ内での関連記事


○西宮ガーデンズ 関連
ひと時の雨の止み間に徒歩で傘をさすことなく帰宅して、家に着いた後に雨が降り出した

前日に続き、雨が降りそうな天気だったが、雨に濡れずに外出できた・・・・その後、西宮ガーデンズでお茶をした

apricotのクリスマスライブ in 西宮ガーデンズ ~ 関西出身のバンド、VocalのMakiさんは歌が上手で笑顔がGood!!


○アクタ西宮での出来事
げっ!げっ~!!!!! 首がない人が!!、さらに宙に浮く人が写っている!!・・・・・・心霊写真の謎を暴く

馴染みの場での7年目の気付き


○ダイエット関連

ウィンドウショッピングでダイエット!! ~ 野球場跡地の大型商業施設「西宮ガーデンズ」に毎日通って歩きまわると体重が減ったという!!!!


ダイエット ~ ひとりだけでするか、皆に支えらてするか ? ~ 「私の体験」と「ハーバード大学の社会学的な調査 」から

1年間で20kg以上のダイエット(体重減)に成功~カロリー制限の賜物


テーマ:経済・社会 - ジャンル:ニュース


apricotのクリスマスライブ in 西宮ガーデンズ ~ 関西出身のバンド、VocalのMakiさんは歌が上手で笑顔がGood!!

昨日(2008年12月24日)
西日本最大の大型商業施設
西宮ガーデンズ
また行った。

あいど

14時50分ごろ4階の屋外スペースのスカイガーデンを歩いていると

アブリ 掲示081224_1533~001

apricot (アプリコット)というバンドが
クリスマスライブを
スカイガーデンのイベントスペースで
15時から行うという告知が掲示されていた。

apricotというバンドの存在を昨日初めて知った。


apricotは
2006年3月にVocalの
Maki(東京都調布市生まれ、兵庫県神戸市育ち、同志社女子大卒)
を中心に結成され、
キーボードの
Touch(奈良県奈良市生まれ、大阪市立大学卒)
ベースの
Shingo(千葉県習志野市生まれ、兵庫県神戸市育ち、大阪市立大学卒)
ドラム,カホンの
Pata(兵庫県篠山市、大阪市立大在学中)の
4名からなるバンドである。


apricotは2006年から3年連続
日本テレビの「24時間テレビ」に神戸から出演しているという。

そして、
今年6月に関西で活動するバンドを応援しようというコンセプトで
開催された
「中之島音楽特区デビューオーディション」決勝にて
グランプリ受賞をした。

15時からライブが始まった。

すると、apricotのオリジナルの曲を2曲ぐらい
歌った。

Vocalの女性は歌は上手だなと思ったが、
曲はそれほど強く
印象に残るものではなかった。

ただ、
寒さを感じる屋外ライブであったが
「今日は寒い中ありがとうござます」と
VocalのMakiさんの笑顔が良く
MCをしていて、
感じが良かった。

クリスマスということで、
サイレンスナイトと
マライアキャリーの
恋人たちのクリスマスを歌っていた。

そして、次にまた
apricotのオリジナル曲を2曲歌い、
その2曲目のラストソングが
2008年11月19日に
メジャーデビューシングルとして発売された
「この雪がとけるまで」を歌った。

♪~青白い月明かりの下 柔らかく降りそそぐ雪の中~♪

どこかで聞いたことがあるなあと思ったら、
テレビ朝日の日曜日に放送している
「近未来×予測テレビ ジキル&ハイド」の
エンディング・テーマ曲である。

アプリ081224_1528~001
西宮ガーデンズ4階スカイガーデンで
「この雪がとけるまで」を歌うVocalのMakiさん

アプリ081224_1529~001

アブリ081224_1529~002

アブリ081224_1530~002

この
「この雪がとけるまで」は良い曲だなあと
思った。

この曲は
作詞:Maki 作曲:Touch 
とapricotが作ったオリジナルの曲である。

この曲、年明けからは
関西ローカルで、朝日放送テレビで
木曜日の23時17分ごろから放送している
ビーバップハイヒールのテーマ曲に
採用されることになったという。


ライブが終わった後、
ライブ会場で、CDを
apricotのメンバーが手渡しで
販売していて、
ライブを鑑賞していた
10名ぐらいが列を作っていた。


ところで
VocalのMakiさんのブログ
「笑うネコの生活」の
2008/12/17 00:08作成の「親」


を読むと、親思いのいい子だなあと思った。

引用すると
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつも近くにいすぎて、ありがたみが分からないもの、それが親です。
口うるさくいろんなことを言ってきたり。
当たり前にいてくれるものだと思っていませんか??
先日、父のお誕生日でした。
何をあげようかなぁって思ったんですけど、
いいものが思い付かなくて、久しぶりにケーキを焼いてあげました。
デコレーションケーキ♪♪
作りながらいろんなことを思い出してました。
小さい頃、公園で大きく両手を広げて、『おいで!!』って
言ってくれた父に走って抱き着いたり、眠くてぐずる私をおんぶして
くれた背中のあったかさ。
いつも愛情に包まれていたなぁと思ってちょっとホロッとしちゃいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そのような親思いのMakiさんの笑顔は
とっても良く、
歌も上手で、この
「この雪がとけるまで」も良い曲で、
ブレークしそうな感じもするし、
また、関西出身ということで
応援してあげたいなと思わす
バンドであった。

You Tube apricot ( アプリコット ) 『この雪がとけるまで』(どこかのライブにて)






テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記


卵・牛乳・小麦粉アレルギー対応 「クリスマスケーキ」 を製造するケーキ店の志の高さ

今日は2008年12月24日、
クリスマスイブである。
クリスマスとなればクリスマスケーキを
食べる家庭も多いが、
昨日のNHKのおはよう日本で
3つのクリスマスケーキを販売する店を紹介していて、
最後に紹介されたのが
埼玉県さいたま市浦和区仲町2-5-1の
浦和ロイヤルパインズホテル 内にある
ペストリーショップ ラ・モーラ
その店で製造・販売されている

卵・牛乳・小麦粉アレルギー対応
「クリスマスケーキ」


について紹介していた。

卵や牛乳、そして、小麦粉アレルギーを持つ方は
ケーキを食べることができないので、
その方々にも食べることができるように、
米粉や豆乳で作ったクリームを使用して
クリスマスケーキを作っていた。

製造過程で、普通の卵などで作ったケーキの材料の細かな
粒子などが混じらないようにするため、
アレルギーの方々用のケーキ製造の部屋を別に作って
いるほどの徹底ぶりだった。

その店の方が
アレルギーの方々用のケーキを作るきっかけは

ある家庭で兄弟などに1人でも
卵・牛乳・小麦粉アレルギーの方がいると
家族全員がケーキを食べる機会がなくなる
ということを聞いてショックを受けたことだったという。

そこで、
卵・牛乳・小麦粉アレルギーの方がいる家族の方々にも
ケーキを食べていただきたいという思いから
アレルギーの方々用のケーキを製造販売することに
なったという。

その話を聞いて感じたことは
そのお店では本当にあらゆるお客さんに
おいしいケーキを食べていただきたいという
思いがあるのだなと感じ、志の高さを感じた。

そのお店のHPのトップページの最後の
「シェフ からの一言」のコーナーで

お客さまの笑顔が見たい。私達はその気持ちを第一にしております。

と書いている。

まさにその思いを日々実現しようと邁進されているように
思える。

そのシェフの方の経歴を見れば、

。「クープ・ド・モンド・デ・ラ・パティスリーワールドカップ2001」に
日本代表チームの一員として出場。世界第2位受賞。

とある
さすが、一流の方となれば、志を高くもっているものなのだなあと
思った。








テーマ:ものづくり - ジャンル:ビジネス


前日に続き、雨が降りそうな天気だったが、雨に濡れずに外出できた・・・・その後、西宮ガーデンズでお茶をした

昨日(2008年12月22日)は
一昨日と同じように西宮市南部から帰宅することに
なった。
一昨日のことは昨日の記事
ひと時の雨の止み間に徒歩で傘をさすことなく帰宅して、家に着いた後に雨が降り出した
で書いて、

雨の止み間に自宅に戻ったら、自宅到着の10分後に
雨が降り出し、傘をささずに済んだという
ことを書いたが、
昨日は雨に濡れずに済んだ。

昨日の場合は、
17時過ぎに
西宮市南部から西宮北口駅で下車して、
西日本最大の大型商業施設
西宮ガーデンズ
に行く計画であった。

西宮市南部にある阪急今津駅に向かって歩いていると
濃い灰色の雲があった。

昨日は午前中は前線による雨雲による雨が降っていたが、
夕方の時の雲は冬型の気圧配置による
時雨雲が日本海から流れ込んできたものだ。

出発地から15分ほどあるいて
今津駅についたとたんに
パラパラと時雨が降った。

まあ、濡れずにすんだ。

今津駅から西宮北口に5分程で着き、
西宮ガーデンズに行こうと思ったが、
北口駅2階から西宮ガーデンズの2階を結ぶ
だいたい200mぐらいの連絡通路には
屋根がなく、まだ、パラパラと
時雨が降っていたので、
いったん、
屋根付き通路でつながっていて
雨に濡れずに行くことができる
アクタ西宮に行くことにした。

ガーデンズへの連絡通路は
来年に屋根をつけるそうだが、
どうして、先月のガーデンズオープン時まで
屋根を付けなかったのだろうか?

工期が間に合わなかったのか?
それとも、今津線ホーム高架工事の関係で
屋根の取り付けを遅らせたのだろうか?

それで思ったのが、
屋根の取り付け工事のコストと
西宮北口駅にいる人が
ガーデンズに行こうと思っても
雨が降っているので
ガーデンズに行くのは止めようと思い
それによる機会損失の費用は
どちらが大きくなるのだろうかと
思った。

昨日、私はガーデンズに行きたいなと
思ったので、
アクタで10分ほど歩いて過ごしていたら、
雨が止んでいたので、
西宮ガーデンズに向かった。

このブログで
ウィンドウショッピングでダイエット!! ~ 野球場跡地の大型商業施設「西宮ガーデンズ」に毎日通って歩きまわると体重が減ったという!!!!
で書いたように
広大なガーデンズを1階から4階までループして歩いていた。

すると1.5kmぐらい歩くことになるようなので、
それはそれはいい運動になる。

4階で、休憩かつ読書をしようと思い、
「CAFEbоn!」でお茶をすることにした。

ガーデンズの飲食店はどこも混雑していることtが
多かったが、19時ごろ、その店は空席があって、
初めてガーデンズでお茶をすることにした。

お茶を飲みつつ、哲学者西田幾多郎について論じた
書籍を読み、時折、「CAFEbоn!」から見える
4階フロアの一角を見ていた。

ガーデンズ From cafe bon081222_1902~001
西宮ガーデンズ4階 「CAFEbоn!」より

「CAFEbоn!」は西宮北口駅からの連絡通路の2階から入ってすぐのエスカレーターを
3階から4階とすぐにあがったところの
「ウェルカムガーデン」という一角にある。

行きかう人々を眺めていると
LOFTの黄色い袋を持って歩いている人が
やや目立った。

お茶をする前にLOFTに行ったが、
レジは人が10人以上並ぶほどの賑わいぶりだったが、
クリスマス関係のグッズを買っていたのだろうか?

1時間ほど、
「CAFEbоn!」でお茶をしながら読書と思索にふけった後、
店を出て、4階の屋外部分のスカイガーデンに出て、
夜空を見ると、時雨雲はもうなく
星が見えた。

「CAFEbоn!」での読書での思索でいろいろ
気づきがあり、脳の中がスカッとするような気分であったが、
そのような気分を象徴するかのような
曇りのないきれいな星空であった。











テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記


ひと時の雨の止み間に徒歩で傘をさすことなく帰宅して、家に着いた後に雨が降り出した

昨日(2008年12月21日)、16時過ぎ
西宮市の南部から西宮市中部にある自宅に
戻ろうとしたが、
昨日は雨だったため、バスにしようとも思ったが、
運動のため歩きたいとも
思っていた。

すると、いったん、雨が上がっていて、
気象レーダーを見ると
雲の切れ間になっているので、
徒歩(15分)→電車(15分)→徒歩(20分)の
コースで帰ることにした。

その方がバスよりも60円コストは低くなる。

そのコースで帰ると1時間ぐらいで帰宅することができるが、
17時30分ごろには自宅にたどり着いた。

すると、その10分後には雨が降り出した。

20081221WS000003

大阪市都市環境局の広域オークレーザーのページ

の昨日の16時50分から17時40分の雨雲の推移を見ると
私が西宮市南部付近を16時45分ごろまで歩いていたが、
電車を乗り継ぎ、再び歩いていた17時20分ごろまでには
赤い印をつけている
西宮市付近には目立った雨雲はなく、
ちょうど自宅についた17時30分ごろに
雨雲がせまり
17時40分には
雨雲に覆われ出していた。

まさに降り出す寸前に家にたどり着けたということだった。

昨日は
M-1グランプリの決勝やトヨタクラブワールドカップの3位決定戦や
決勝があったため、
早く帰って、自宅で見ようとしたから
17時30分までに家に帰って
雨に濡れずにすんだのだ。

ちなみのM-1グランプリは
NON-STYLEが優勝したが、
まあ、おもしろいことはおもしろかったが、
昨年のサンドイッチマンほどのインパクトはなかったなあ。

このブログ内での関連記事
大阪市の高層ビルにある気象レーダー ~ オークレーザーにはけっこう助けられています

○西宮市の降雨のことについて
局地的ゲリラ集中豪雨 in 西宮(2008年8月6日)の雨雲の推移と風向 ~ 川の急増水が発生しやすい気候と都市環境

短い急傾斜河川に行く時、ケータイで気象レーダーをこまめにチェックすること、行政がすべきことは・・・・・神戸市都賀川の鉄砲水4名死亡事故から思うこと

西宮市内の自宅付近で豪雨が降っていた時、同じ西宮市内の甲子園球場のナイトゲームの生中継を見たら、ほとんど雨が降っていなかった

同じ市内で(半径5km以内)も、雨の強さが違う! ~ 局地的豪雨の被害に注意
この記事では、西宮市平野部の東西約3~4kmの範囲で雨の
強さが違った
2008年6月22日の雨についてコメントした。


○漫才関係
サンドイッチマン 「メロンパン」「けじめピザ」で M-1優勝

「漫才」の語源について
漫才~ダウンタウンは現代の陰陽師?



テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記


視点によって問題解決の方法が異なる ~ ある問題に対して2億円の解決方法と200万円で済む解決方法を提示したタイプが異なる2人のコンサルタント

昨日(2008年12月20日)、
神戸三宮で演奏会を鑑賞した後、
阪急三宮駅から特急電車で西宮北口に
向かった。

途中、21時45分ごろだっただろうか、
停車駅の岡本駅で
帽子をかぶった若い女性が乗ってきて、
その女性は立ったまま、自分が映っている窓ガラスを
見ながら、
帽子で覆われていない部分の髪の毛を整えていた。

その光景を見てある話を思い出した。

その話とは次のような話である。

それはあるホテル(12階建てで細長く、200室)の
ホテルでエレベーターが1基しかなく、
スピードも遅いために人の流れが悪く、
ビジネスマンが多く利用するホテルであるが、その
お客さんが待たされてクレームが出ていた。

そこでホテルの支配人はあるコンサルタントに
この問題の解決を依頼した。

そのコンサルタントは4つのチームを編成して、

・エレベーターの込み具合の実態調査と分析(オペレーションリサーチ)
・クレームの解析、他社の動向調査(マーケティングリサーチ)
・投資の可能性と実効性の調査(財務分析)
・ホテル改造の可能性調査(建築設計・施工)

まさしく、問題を細かく分けて分析するという
アメリカのMBAで学ぶような典型的な手法で調査して、
その結論として、
「予算2億円でエレベーター1基を増設する」
というものだった。


しかし、その結論に支配人は乗り気にならなかったので、
新たに別のコンサルタントに依頼した。
そのコンサルタントは
半日ずっとエレベーターホールを眺めた結果、
たった200万円の費用で問題解決の方法を編み出した。
それは

エレベーターの前に鏡を設置すること

待っている人に時間を感じさせないことが大事であることに気づき、
鏡を設置することで、「ビジネスマンたちは身なりを整えることで
待たされていると感じることが少なくなる」と考えたのだ。


この2人のコンサルタント
エレベーター設置の結論を出したコンサルタントは
MBAを学んでいて、鏡を設置するという結論を出した
コンサルタントは社会心理学を学んでいた。

どのように問題を解決するか、
その人がもっている知識や視点で
問題設定と問題解決の方法が変わるのだ。

そのようなことを
電車の中で
女性が窓に映る自分を見ながら
髪を整えている姿を見て思い出した。




テーマ:クリエイティブなお仕事 - ジャンル:学問・文化・芸術


小さいころから本に馴染ませる

今日は2008年12月20日の土曜日、
実は、私が勤める会社では、
今日から年明けの1月12日まで
のロング休暇になっている。

たっぷり時間があるので、
たっぷり読書をしたいと思う。

最近、読書離れが進んでいると言われ、
大学などで、本を読みなれていない学生は
文字を読み、情報を処理していくスピードが
遅いそうだ。
そうなると、理解するのに時間がかかったり、
難しく感じて、よりいっそうやる気をなくしていくという。

そう思うと、
子供に小さいころから本に馴染ませることは
重要だと思うのだ。

幼い子供にお母さんが本を読み聞かせすることは
その子の知的能力向上の基盤を作るうえで
とっても重要だと改めて感じるのである。


テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記


蛇口・・どうして蛇口と言うのか?・・・・そうそう、蛇口レバーを下から上に動かして水が出る理由はある大災害がきっかけだという

水道水を出すため
蛇口を捻ったり、蛇口のレバーを上下させたりするが
どうして
「蛇口」というのだろうか。

現代の蛇口を使っての水道水配水システムが
日本で整備されだしたのは明治時代からだが、

はじめはその蛇口は現代のようなものではなかった。

日本で初めて水道が開設されたのは
1887年(明治20年)横浜であるが、
その時の水道は各家庭に配水されているわけでなく、
みんなが共用する「共用栓」が一般的だったが
横浜で設置された水道の共用栓はイギリスからの輸入品で、
イギリス製の共用栓は
ライオンのレリーフがついていて、そのライオンのレリーフの口
から水が出ていた。
それは欧州では水の守護神としてライオンが見なされていたからだ。

ただ、水の守護神は、日本や中国などの東洋では
龍である。
そうすると、
共用栓が徐々に国産化されていく過程で
徐々にライオンから龍に変わって行った。
それではじめは「龍口」と言われていたが、
それが「蛇口」に変化したという。

どうして、「蛇口」に変化したかというと、
2つの説がある。

ひとつは
龍は蛇の姿で地上に姿を現すという伝承にもとづき
「蛇口」になったという説。

もうひとつは
水道が各家庭に普及していくにつれ、
龍の共用栓が小型化して、家庭用の専用栓を作るが、
それが龍よりも小さいので、それが龍の子=蛇となり
「蛇口」となったという説。


そのようにして水道水の栓のことが「蛇口」と
言われるようになったという。

ところで、
レバーを上下に動かす方式の蛇口が増えてきたが、
そのレバー式の蛇口から水を出すとき、

レバーを上から下に降ろす方式と
レバーを下から上に上げる方式がある。

それはある出来事をきっかけに
降ろす方式から上げる方式に変わったのである。

その出来事とは
1995年(平成7年)1月17日に発生した
阪神・淡路大震災である。


阪神・淡路大震災の時、
激しい揺れでいろいろ物が落下したが、
家の中の炊事場や洗面所でも
いろいろ物が落下して、その落下物が
蛇口のレバーを上から下に押してしまって
水が出っ放しになったことが多発したという。

また、特にお湯が出っ放しになると
湯沸し用のボイラーが燃えたままになり、
そのボイラーの火が震災時には火災の原因に
なりかねない。

そこで、
地震の時に上から物が落下して、レバーに当たっても
水が出ないように、レバーを下から上に押し上げる
ことによって水が出るようにしたのだ。


このブログ内の関連記事

「虹」の語源・・・龍と蛇が関係しています
虹とレインボウ ~ 雨上がりの後の空にかかる7色の光の帯、東洋と西洋では違って見えたようだ


○阪神大震災関連

震災時のコミュニケーションの確保 ~ 阪神・淡路大震災から13年 震災時の「赤い伝言カード」
2008年1月17日記述

あれから11年、「風化」が懸念されている
2006年1月17日記述 
「風化」の語源と「震災」の風化懸念、私の地震直後の体験談

地震直後に風呂に水を貯めた人がいた ~ 阪神・淡路大震災から12年
2007年1月17日記述






テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


福井県美浜町にて・・・・ゆっくり歩いて、日本海が見える食堂でランチを食べた

昨日(2008年12月17日)、
仕事の出張で、福井県美浜町に行ってきた。

大阪から敦賀駅まで特急電車で行き、
敦賀駅から1時間で1本しか動いていない
小浜線に乗り換え、15分ほどして、
東美浜駅で降りた。

美浜081217_1100~002


小浜線の電車はワンマン車両で
降車する時は、ドアは自動ドアではなく、
自分で「開」のボタンを押して、降りなければ
ならなかった。

私が和歌山の田舎に住んでいた時でも
そのような経験がしたことがなかったので
新鮮であった。


東美浜駅は無人駅で駅舎らしい駅舎がないと
言っていいような駅だ。

ちょうど、駅についたころ
コミュニティバスが出ていくところだった。

美浜081217_1103~001
東美浜駅を出るライトブルーのコミュニティバス

私は駅から出張先の目的地まで1.2kmを
ゆっくり歩いていくことにした。

歩いてすぐに大きな民家らしい家の屋根に
風車型風向風速計のようなものが見え、
するとそれに看板がついていて
「風力発電」「太陽光発電」という文字が書かれていた。
風速計の下に太陽光パネルがあり、また2階の屋根にも
大きな太陽光パネルがあった。

美浜081217_1105~001


その民家は
NPO21世紀みはま環境ネットに関係する家屋だそうで
雨水を貯めるタンクもあった。

美浜081217_1105~002


小浜線の踏切を渡る時、東美浜駅の方を見ると
懐かしい田舎の光景のようなものを感じた。

美浜081217_1106~002


しばらく歩いていると、
小さな交差点で
何か足型が書かれていた。

美浜081217_1114~001


それは、そこに足を止めて一旦停止して
左右確認するように促すものだが、

それは私が和歌山の御坊に住んでいた時には
見かけたが、西宮に来て16年以上住むようになり
そのようなものを見かけなかったが、
久々に見かけたので、懐かしさを感じた。


2車線の道を歩き続けたのだが、ほとんど
車の通らず、また、人が歩くこともないので、
私は音楽を聴きながら歩いていたが、
思わず、曲を大きな声で口ずさんでも
怪しまれなくていいなあと思った。

ほんとうに大きな空を見ながら歩く
田舎道は懐かしい感じがして、
心地よかった。

ゆっくり、40分ぐらい歩いて、
目的地についた
先方の社員食堂のようなところで
昼食をとったのだが、そのスペースから
日本海が見えた。

美浜081217_1152~001
社員食堂スペースから見える日本海

日本海を眺めながらのランチは
すがすがしい気分でおしいしひとときと
なった。



テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記


駅の待合室は暖かい

寒さが厳しさを増す
冬至近くの12月の中頃、
まだ夜が明けぬ5時から6時の間に
出勤で最寄り駅のホームで電車を待つ間、
待合室で腰を降ろす。

その待合室は暖房で暖かい。

その暖かさにほっとする
思いがする。

暖かいのはその暖房器があるお陰であるが、
誰かが暖房器を発明し、そして、
それを作る技術者たちがいるから
その恩恵にあずかっているのだなあと
思った。



テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記


げっ!げっ~!!!!! 首がない人が!!、さらに宙に浮く人が写っている!!・・・・・・心霊写真の謎を暴く

先日の土曜日(2008年12月13日)、
西宮ガーデンズに行ったあと、
アクタにある書店ジュンク堂に向かい、
その入り口付近で

首なし 081213_1946~001

げっ!げっ~!!!!!

首がない!!!!


と思ったが、すぐに

その人の
頭が前に下がっていて、それがフードによって
隠されているだけであるのがわかった。

この写真を見て、

心霊写真みたいと思ったりするが、

それで思い出したのが、

1980年代に関西ローカルで毎日放送で
平日の14時に放映されていた
「ワイド YOU」という番組の名物コーナー
「心霊写真の謎を暴く」といったコーナーである。
そのコーナーでは、
写真家の楓大介氏が
「実際に存在しないものは写らない」と言っていて、
心霊写真ではないかと不安がる視聴者から
送られた写真
(例えば、いないはずの人が写っていたなど)
を見て、現場に行き、その現場の様子を観察して、
視聴者から送られてきた
写真と全く同じようないわゆる心霊写真を再現していた。

シャッタースピードを変えたり、露出をかえたりするだけで
心霊写真ぽい写真ができあがったりする。

また、現場の状況を写真を撮った人はよく覚えていなくて
背後にいないはずの人が写っているという
それを不気味に思う人が解明してほしいという依頼も
多々あった。


たとえば、この記事の首なし写真で言えば、

首なし 囲み 081213_1946~001

赤枠に囲った部分に宙に浮いているような感じで人物が
写っている。

うわ~、この土地で亡くなった方の霊が写ったのか!!!!

と心霊写真的なネタではそのようなストーリーになりそうだが、

実は、その赤枠に写っている人物は

私である。

その首なしに見えた人を撮影する姿が
ガラスに映っているだけなのだ。

このように現場に行けば、すぐに原因がわかることも
「ワイド YOU」の
「心霊写真の謎を暴く」ではよくあった。

このコーナーで心霊写真の解明をしていた
写真家の楓大介氏は
大阪電気通信大学総合情報学部
デジタルアート・アニメーション学科の教授をしている。



ちなみに「ワイド YOU」で思い出すのが
嫁と姑の関係の相談だが、
その相談内容のタイトルが新聞の番組欄に載っていたのだが
いつも
「・・・・する鬼嫁」と

最後に「鬼嫁」という単語がひっついていて、

「やかんの熱湯を姑に浴びせる鬼嫁」

とか

「姑の頭でスイカを割る鬼嫁」

とか

まあ、これって警察沙汰になるやん!!!

と思うような内容で、それを再現ドラマを交えて

放送していたのを思い出したわ。


このブログ内の関連記事


スィーツどら焼きはおいしいなあ・・・西宮北口アクタにて・・・オープンしたばかりの大型商業施設には行かずに、その近くの既存の商業施設に行った。

ウィンドウショッピングでダイエット!! ~ 野球場跡地の大型商業施設「西宮ガーデンズ」に毎日通って歩きまわると体重が減ったという!!!!

馴染みの場での7年目の気付き

やかんの語源
やかん~薬を煎じるための入れ物





テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術


今年もあと半月(2週間ぐらい)・・・・・あっという間に過ぎる1週間も積み重なると・・・

今日は2008年12月15日、
2008年もあと半月になった。


半月とはだいたい2週間程度である。
1週間があと2回余り過ぎれば
来年になる。

1週間という時間はそれほど長く感じることはなく
短い感じがして、あっという間に過ぎる感じがするが、

そのあっと言う間に過ぎる1週間がだいたい4回終われば
1か月が経ち、52回ぐらい終われば、
1年間になる。

あっと言う間に過ぎる1週間も積もっていけば
1か月、1年間という長い時間になってくる。

そう思うと、あっと言う間に過ぎる1週間を大事に
使っていきたいものだと
思った。

テーマ:雑記 - ジャンル:学問・文化・芸術


正しい原因を作り続けること・・・・・12月中旬の23時の東の夜空に浮かぶシリウスなどの星星を見て、高村光太郎の詩を思い出した

今日は2008年12月14日、
先週の水曜日の23時前に
東の空を見ると、
シリウスが見えた。

このブログで今年の9月に
9月上旬の夜明け前は冬への夜明け前 ~ 9月5日の午前5時の東の空に冬の大三角形
という記事を書いたように、

シリウスが東の空が見えたのは午前5時であったが、
3か月経った、今、6時間、早くなり23時になっている。

1年を24時間で見れば、3か月は1年の4分の1で、
24時間の4分の1の6時間の変化があるのは
妥当な変化だと言える。

シリウスなどの星星を見ていて、
このブログで、2007年2月10日に書いた
正しい原因を作ること
で紹介した
高村光太郎の
「火星が出てゐる」

という詩に次のフレーズを思い出した。


予約された結果を思うのは卑しい 
正しい原因に生きること 
それのみが浄い



最近、その記事に対して、読者の誰かから
「拍手」されていた。
記事をアップして、1年10か月以上経って、
誰かに拍手してもらえるのはうれしいが、

それで、夜空の星を見て、
高村光太郎の詩を思い出したのだ。

何かをするとき、何かの結果を求めてするが、
正しい原因となることを行い続けると、
その原因による何らかの結果をもたらすと思うのだ。

たとえば、受験勉強をして、志望校に合格できなくても、
勉強した知識は身に付き、自分を深めるひとつの
きっかけになる。そうすると、ものごとを深く洞察する
ことができたり、また、同じことを知っている人との
会話を弾む材料になる。

また、新商品開発で、失敗して、すぐに製品化できなくて、
日の目を見なくても、やがて、その失敗作が活きることがある。

3Mのポストイットはその典型だ。
付箋となるポストイットは
もともとは
一度塗るとなかなか外れない強力な
粘着性のある糊を作ろうとしたが、
すぐに外れてしまう失敗作だったのであった。

その後、何年かして、ある出来事に遭遇して、
その失敗作を活用して、付箋として
販売して、大ヒットかつロングセラー商品となった。

それは、やるべきことをやり続け、正しい原因を
作ったから、その何らかの結果をもたらしたのである。

そのようなことを23時前の東の空に浮かぶ
シリウスを見て思い出した。

そのようなことを思い出せたのは日々、
何かの知識を吸収するという正しい原因を行って
きたからである。

何かの知識を吸収し続けると
夜空の星を見ただけで、
いろいろな豊かなことを思い出せたり、
発想を広げたりできるのである。






テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術


至福のひと時 ~ いつまでも聞き続けられる多くの名曲を聴きながら過ごす日々

日々、好きな曲を聞きながら
過ごしているが、
今週、今まで入手したくても
入手していなかった曲を大量にパソコンに取り込んだ。

ほとんどの曲が
最近の曲ではなく、
10年前、20年前、30年前、あるいは40年前の曲である。

40年前と言えば、私は生れていないが、
何十年たっても
次の世代の人間が
聞きたいと思わせ、
いつまでも聞き続けられる曲は
本当の名曲だろう。

そのような多くの名曲を聴きながら過ごせるときは
至福のひと時である。



テーマ:音楽 - ジャンル:学問・文化・芸術


ウィンドウショッピングでダイエット!! ~ 野球場跡地の大型商業施設「西宮ガーデンズ」に毎日通って歩きまわると体重が減ったという!!!!

今週になって、
先月の2008年11月26日に
グランド・オープンしたばかりの
西宮スタジアム跡地に建設された
西日本最大の大型商業施設
西宮ガーデンズに3回行った。

初めていったのは、12月6日の土曜日の
夕食時である。
食べるつもりはなく、どのようなところかなと行ってみたが、
飲食店はどこも並び待ち、
そして、1階のフードコートも超満員状態。
とても、ゆっくり食事できるような状態ではなかった。

昨日と一昨日にもいったが、
4階の飲食店はどこも並び待ちの状態だだった。

ところで、
4階の飲食店フロアの回廊の一部はスカイガーデンと
屋外の回廊になっている。

そこに噴水があるのだが、
その噴水は時間差で水が噴き出たり、出なかったりする。
とても、寒いのにもかかわらず、子供は
その吹き出る噴水に近づき、突っ込もうとするのだ。

西宮ガーデンズ スカイガーデン081206_1818 c

赤枠内に、寒中関係なく噴水柱の中を走る子供

とにかく、かつて、阪急ブレーブス(現、オリックス)という
プロ野球球団のホームスタジアムの跡地だけあって、
広い、1階から5階までの回廊を1階ずつ
ループ状に回って上がっていくと、
運動になる。

ある知り合いの女性は、
この広大な西宮ガーデンズを毎日通っているようで、
ぐるぐる毎日回ってウィンドウショッピングをしているうちに、
体重が減ったという。

まさに、
ウィンドウショッピングでダイエットだ!!

私は、ここ1年で20kg体重が減ったが、
時々、カロリーを摂取し過ぎたなと思う日があるので、
そのような時は、
西宮ガーデンズのループ回廊を歩いて上がっていくのは
いい運動になる。
さすが、元スタジアムの広さはある。


このブログ内の関連記事


ダイエット ~ ひとりだけでするか、皆に支えらてするか ? ~ 「私の体験」と「ハーバード大学の社会学的な調査 」から

1年間で20kg以上のダイエット(体重減)に成功~カロリー制限の賜物


スィーツどら焼きはおいしいなあ・・・西宮北口アクタにて・・・オープンしたばかりの大型商業施設には行かずに、その近くの既存の商業施設に行った。


テーマ:雑記 - ジャンル:学問・文化・芸術


霧に覆われて、2008年12月11日の近畿地方の朝、交通機関が乱れて・・・・そういえば、瀬戸大橋建設はあの霧による事故だったな。

昨日(2008年12月11日)、京阪地帯は濃霧に覆われた。
私が自宅のある西宮市を出た時は、霧を感じなかった。
午前6時で、暗かったので霧を感じなかっただけかもしれないが・・・・

すると、梅田駅から阪急京都線に乗り、正雀駅を過ぎたあたりから
なんやら霧で覆われて視界が悪くなった。


昨日の霧は
前日の雨により湿度が高い状態の空気が放射冷却で冷やされたことにより
発生した放射霧だという。


それにしても、10月から11月にかけて新幹線で大阪から京都、そして滋賀沿線を
3回ぐらい、早朝に乗ったが、その時も、
京阪間や滋賀県のところどころで濃霧で覆われていたのを見た。

個人的には、なんか今年は濃霧に遭遇するなあと思った。

昨日の霧により、近畿地方では
JRなどでダイヤが大幅に乱れたほか、高速道路で速度規制が実施されたり、
大阪空港では滑走路南側の視界が不良だったので、
北側からの進入に変更した。

このように農務は交通機関に影響をあたえるが、
私が先日、初めて電車で渡った瀬戸大橋(児島~坂出)は、
1955年(昭和30年)5月11日に
宇高連絡線「紫雲丸」が農務の影響で視界が悪化したため、
連絡船同士が衝突し、修学旅行の児童100名以上を含む
168名がなくなったことがひとつのきっかけとなり
建設された。


テーマ:雑記 - ジャンル:学問・文化・芸術


職場の京都から自宅の西宮への帰宅時に雨雲の動きをチェック・・・・・京都にいる時、西宮にあった雲は、帰宅時には西宮にはなく、京都上空にあった

昨日(2008年12月9日)は、雨だった。

京都市左京区南部にあるオフィスを
18時過ぎに出ようとしていたが、天気の行方が気になったので、
気象レーダーで雨雲の様子を確認した。


このブログで2008年3月15日に
大阪市の高層ビルにある気象レーダー ~ オークレーザーにはけっこう助けられています

という記事で紹介した
大阪市都市環境局の広域オークレーザーのページを見た。

広域オークレーザーは、大阪市を中心に
大阪府、兵庫県南部、京都府南部、奈良県北部、
滋賀県の大津市付近、和歌山県紀ノ川地方などの
雨雲の様子がわかるのであるが、

それを見ると、京都府と兵庫県の境界付近から
私の自宅のある兵庫県西宮市付近を通り、大阪湾にかけて、
細長い雨雲が南北に斜めに表示されていた。

その時、私がいた京都市は雨雲がなく雨は降っていなかったが、
雲は東に移動してくるので、1時間もしないうちに京都市では雨は降りだすが、
その時は、私の自宅のある西宮市は雨は止んでいるだろうと思った。

18時15分過ぎに、オフィスを出て、近くのバス停に行った。
その時は雨は降っていなかった。

やがて、京都市の阪急河原町駅から特急電車に乗った。
19時10分過ぎに高槻市を過ぎたころに、電車の窓に雨粒が
つき始めたので、1時間ほど前にレーダーで見た雨雲がかかってきたのだなあと
思った。

やがて、電車が大阪市内に入り、南方駅を過ぎたころ、車窓から見える
街行く人を見ると、濡れた路面の上を傘を差さずに歩いているので、
もう雨は上がっているのだなと思った。

やがて、十三駅で阪急神戸線の西宮北口に向かう特急電車に乗り、
塚口駅を通過する前に
携帯電話で気象レーダを見ると、
19時30分時点の京阪神地域の雨雲の様子が表示され、
オフィスを出る前に西宮市を含む兵庫県南部で観測されていた雨雲の帯は
兵庫県南部にはなく、京都市付近にかかっていた。

あと、1時間から1時間半以上、仕事が終わるのが遅かったら、
バス停に行くまでに雨に降られていたなと思った。

そして、西宮市の最寄り駅に着いた時には、雨は降っていなかった。

基本的に雲の大きな流れは
コリオリの力による偏西風の影響で、
西から東に移動するので、
その通りになった。



このブログでの関連記事リンク

コリオリの力~地球の自転によって、ジェット気流が西風になる

アメダスは、「雨出す」ではないです。

雨宿り

木の葉の下で雨宿り

テーマ:雑記 - ジャンル:学問・文化・芸術


1998年12月9日・・・・・宇多田ヒカル衝撃のデビュー・・・・彗星の如く現れた15歳の歌姫

今日は2008年12月9日、
今から10年前の今日である
1998年12月9日は、
彗星の如く現れ、J-POPに衝撃をあたえた
宇多田ヒカルが「Automatic」で
デビューした日である。

つまり、今日は、宇多田ヒカルのデビュー10周年の日である。


宇多田ヒカル Automatic PV


私が、「Automatic」を初めて耳にしたのは
12月1日であった。
職場でFM802を聞いていたら、
新しい月の始まりということで、12月度のヘビーローテーションが
On Air された曲が宇多田ヒカルの「Automatic」であった。

その曲を耳にした瞬間
お~、歌うまいなあと思った。

すると、その曲を歌っているのは


なんと15歳の少女!!!!!!

そして、作詞、作曲も歌っている本人と
と聞いて、
ぶったまげた。

それほど、強烈なインパクトのあるデビューであった。

1990年代半ばの日本のJ-POPは
小室ファミリー系の曲がヒットしたり、
他のアーティストでもテレビ番組のタイアップと結びつけて、
ミリオンセラーが出てはいたが、
ミリオンセラーとなっても、特定の層だけに受けて、かつ
瞬間的な息の短いヒットというその消耗品的なセールス方法に
嫌気を感じていた時に、

これは、ホンモノだ!!

と感じたのであった。


宇多田ヒカルは1983年1月19日、
音楽プロデューサーである宇多田照實と
1970年代前半にヒット曲を連発した歌手の藤圭子の間に
生まれた。

宇多田ヒカルは両親がアメリカで音楽の作曲活動などをしていた
影響もあり、音楽漬けの日々を過ごし、
10歳の時に、レコーディングで、コーラスとして参加した時、
スタジオのエンジニアから
「作曲してみては」と言われ、父の勧めで
作曲して、スタジオで披露したところ、
その曲と彼女の歌声の
あまりのレベルの高さに
レコーディングスタッフの顔色が一変したという。

そして、1997年の秋、
アメリカでCubic Uとしてソロデビューを控え、
東京でレコーディングをしていた時、
隣のスタジオにいたディレクターの三宅彰が
宇多田ヒカルのルックスと歌唱力に才能を感じ取り、
日本デビューを勧めた。
すぐには宇多田ファミリーはO.Kをしなかったが、
三宅の熱心な勧誘に
父の照實は宇多田ヒカルの日本デビューを決意。

1998年10月、東芝EMIが毎年の春と秋に実施している
新人デビュー紹介のイベント「ミュージックトークス」に
音楽業界の関係者がいる中、
宇多田ヒカルはデビュー曲となる
「Automatic」を披露した時、
会場にいた音楽関係者達は
彼女の歌声と才能に驚愕した。
今までにない本格派シンガーの登場であった。

ちなみに当初の予定としては、
デビュー曲は「Automatic」ではなく、「Automatic」の
カップリング曲の「time will tell」になっていた。
ラジオ局には「time will tell」のテープを配っていたが、
最後になって、「Automatic」になったのだ。

そして、1998年12月9日の衝撃のデビューとなるのである。

私はこれは正解だったのではないかと個人的には感じる。
「time will tell」では、まあ、上手いなと思うぐらいで、
「Automatic」ほどの衝撃はなかったと思う。

それほど、「Automatic」はパンチの効いた
心に揺さぶりをかける曲であったのだ。

宇多田ヒカルは全く
テレビ出演をしなかったが、
「Automatic」は全国各地のFM局の
ヘビーローテーションやパワープレイで
採用され、それを聞いた全国のリスナーは
突如、彗星の如く現れた15歳の歌姫に
驚き、「Automatic」は徐々にオリコンヒットチャートを
上昇していく。

宇多田ヒカルが15歳の少女であること、
帰国子女であること、
藤圭子の娘であることなどからマスメディアでも話題と
なり始めても、全くテレビに出演することがなかったが、
それに関係なく、売れ続け、


結果的にはデビュー曲「Automatic」は
200万枚以上売り上げる
ダブルミリオンセラーとなった。

そして、1999年3月10日、
ファーストアルバム「First Love」は
爆発的なモンスターヒットとなり、
760万枚以上売り上げる
日本音楽史上最高売上のアルバムとなり
未だに、その記録は更新されていない。

ファーストアルバム「First Love」の収録にあたり、
東芝EMIは宇多田ヒカルの抜群の歌唱力を
活かすようにレコーディングをした
「First Love」の収録曲のコーラス部分の95%を
宇多田ヒカル本人が担当。
また、手の込んだコーラス収録を行った。
同じ音程のコーラスを3回に分けて取り直し、
それらを重ね合わし
て全体では80人が歌っているときと同じ奥行きを持たせた。
 バラード曲では、宇多田ヒカルの感情をより強く出すために、
歌の収録時間をわざと深夜にずらした。
「疲れ切った体」と「ざらついた声」で録音することで、
のちにシングルカットされた「First Love」を
16歳の歌とは思えない成熟したバラードに仕上げたのであった。

そして、デビュー当初の東芝EMIのメディア戦術は
宇多田人気に拍車をかけるものになった。
デビュー半年後まで、一切、テレビ出演をしなかったのであった。

東芝EMIのPR戦術としては、
デビュー前からプロモーションに関しては
「FMラジオ」と「クラブ」中心で行くと決めていた。
クラブには最新の音楽やファッションに敏感な若者が集まってくる。
FMラジオの音楽を聴く若者も同様であった。
テレビのCMや歌番組を見てから気に入った歌手のCDを買うのは
「受け身」型の消費者であった。
それに対してクラブにかようなような若者はテレビ的な仕掛けを嫌う
半面、自分が「これだ」と気に入った商品には
その良さを積極的に伝えようとする傾向が強かった。
東芝EMIの宣伝担当者は彼らを「2次プロモーター」として位置づけ、
彼らの
情報発信力を活用した。
 
「FMラジオ」に関して言えば、
FM802でデビュー月のヘビーローテーションにして
、プロモートをはかった。
デビュー曲の「Automatic」はテレビのCMソングでも番組
の主題歌でもなかった。
そのような曲がミリオンセラーを獲得するのは、
当時ではかなり珍しかった。
 
また、PR戦術で見逃せないことは
「飢餓感」を醸成したことであった。
宇多田ヒカルを
テレビには一切出させない・映らせないことで
「威光効果」を高め、
宇多田ヒカルに少しでも早く触れたいという欲求を
高めることでCDの売り上げを伸ば
させた。

そのようにして、
宇多田ヒカルは衝撃的なデビューをし、
瞬く間に、ビッグスターになったのであった。

その宇多田ヒカルがデビューしてから10年経つが、
宇多田ヒカルのような衝撃デビューをする
アーティストは宇多田ヒカル以降はいない感じがする。

You Tube 宇多田ヒカル 「Automatic」 PV


 





テーマ:今日は何の日? - ジャンル:ニュース


電車内で、まぶしいにも関わらず向い側の空席に移動しようとしなかった女性を見て思ったこと・・・なかなか変えられない習性と思考パターンに柔軟性をもたらすためには・・・・・

一昨日(2008年12月6日)、
午前7時46分過ぎに、最寄り駅から電車に乗った。
その電車の路線は南北方向の路線で、南向きに動く電車であった。
その電車の車両は、両側に8人ぐらいが座ることができる長いシートの
ある車両である。
その時、太陽の位置の関係上、西側のシートに座ると、
東側の窓からの直射日光でまぶしいので、
東側のシートに座り、太陽を背にして、かつ、窓の鎧戸をあげて、
日光を遮った。

2分ぐらいして、隣の駅に着き、
20代前半ぐらいの女性が私の斜め向かいの西側のシートに座った。
直射日光がまぶしいのか、目の上に片手をかぶせ、日光を遮っていた。

私が座っている東側のシートは、あと6人ぐらいは座ることができるほど
空いていたのたので、ほんの1秒ぐらいでこちらの東側のシートに移動
できるのだが、動かないのだなあと思った。


電車が動き出し、一瞬ビルの陰で日光が入らなくなると、その女性は
目の上にかぶせていた片手を下ろした。
すると、電車が移動するので、再び、その女性の顔全体に
日光が差し込むと、まぶしそうに眼をつぶった。

その姿を見て、まぶしかったら、こちらの東側のがらがらの空席に移動すれば
いいのにと思った。


終点の駅は次の駅で3分もしないうちに着くので、動かなかったかもしれないが、
その女性の様子を見て、ほんの1秒ぐらいの動作で、まぶしいという不快な状態から
解放されるのに、動かないのはどうしてなのだろうかと思った。

その女性が
向かいの席に移動するという選択をしなかったこと理由は
向かいの席に移動するという選択肢が思考されたが、
たった3分ぐらい我慢すればいいと思ったので動かなかったかのか、
それもとも、一度、席に座ると、目的地の駅まで移動するという習性がないので
向かいの席に座るという選択肢が全く浮かんでこなかったのかもしれない。

とにもかくにも、その女性は
たった1秒ぐらいでできる行動をしなかった結果
3分ぐらいまぶしいという不快な状況が継続されたわけだが、
彼女は、まぶしくても座り続けるという思考から解放されなかったわけであり、
それでふと思ったことは、人はある習性や思考のパターンにはまると
すぐに変われない、よりよき選択肢を思い描けないかもしれないという
ことである。

そうならにないためには、普段からいろいろ選択肢を思い浮かべられるような
柔軟性を保ち、いろいろな方面の知識や情報を得ていたり、また、
同じものでも、言い換えることで活用法の幅を広げることがあれば
いいのではないかと思った。

このブログで、ヒット商品のことを紹介することがあるが、
それで、頻繁に「言い換える」ことの重要性について触れてきた。

このブログ内の記事で、

甘栗むいちゃいました~言い換えれば・・・・


では、
「甘栗むいちゃいました」を
カネボウフーズが開発したのであるが、
同じようなものをカネボウに
先行開発して岡山県の中小企業が売ったが売れなかったことについて、

岡山県の中小企業が、栗がお惣菜であるという固定観念から離れられなかったが、
カネボウフーズは
「栗はお菓子である」と発想を柔軟にして言い換えることによって
ヒットしたことについてコメントした。


そのようにヒット商品の開発には言い換えることにより思考の柔軟性が重要であるが、
そのためには、普段から当たり前の習性や思考パターンにどっぷりつかってしまって
いる状態から発想をずらし、行動に柔軟性をもたらすことの重要性を
その電車内のまぶしいにも関わらず、たった1秒でできる行動をせず、
不快な状態に陥ったままの女性を見て改めて思うのであった。

もし、思考と行動の柔軟性があれば、不快から快適さを得れたり、
新たな気づきを得て、より、多くのものを自分にもたらしてくれ、
人生を潤すものになるのだろうなと思った。


このブログ内での関連記事


情報を分かるとはどういうことか? ~ 自分の言葉で言い換えて説明できること

砂糖の短所を「あるがまま」のものと言い換えて・・・・
あるがままを

「芳香剤」を言い換えて、応用や逆転の発想をもたらした
風水彩香~新しい意味を持たせる(言い換えと逆転の発想)

「甘栗むいちゃいました」「伊右衛門」のヒットも「言い換え」にあり
アナロジーを用いた命題化とヒット商品

入浴剤を「親子のコミュニケーションツール」と言い換えて・・・
びっくらたまご~入浴剤を使う風呂場の機能に着目し、フィギアを入浴剤に混ぜるという発想が生まれる

「黒豆」と「ココア」、関係なさそうなものを「言い換え」により、関係づける
黒豆ココア~事業ドメインと開発の深い掘り下げ、そして、新しい関係の発見

6月を言い換えると
風待月 ~ 風が待ち遠しい6月

「分かる」ということは「賢さ」につながるが・・・・・・
テスト前にテスト用紙を配る先生~「知っていること」と「賢い」の違い



テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術


初冬のころの落葉した家の隣の桜の木・・・・半月前に、その桜の木にひかかっていたマフラーの運命はいかに?

このブログで
2008年11月15日に書いた

秋が深まるころの家の隣の桜の木

で、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


家の隣にある桜の木の枝で、
高さ3mぐらいのところに
オレンジ色と白色のチェックのマフラーが
ひっかかっている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、桜の枝にひっかかり、
放置されたままのマフラーについて、
コメントしたが、

最近、そのマフラーが桜の木から見えなくなっていた。
先月の15日には、桜の木に
まだ赤く色づいた葉が多く残っていたが、
今は葉は完全に落葉していて、
そのマフラーがなくなっていることにも気づいた。

そのマフラーはどうなったのだろうか。

もう、誰の首に巻かれることなく廃棄されて
しまったのだろうか。

それとも、誰かが、使えると思って
取り去り、使っているのだろうか。

そのマフラーの運命が気になるのであった。

テーマ:日記 - ジャンル:日記


台地の桜と平地の桜・・春だけでなく、初冬の今、再び、「生命の繊細さ」を感じた ~ 標高50m差の気温差でも、桜の紅葉と落葉速さが違ってくる!!

今日は2008年12月6日、

自宅近くの桜並木の桜は
落葉して、枝のみになってきた。

ただ、その落葉している桜を見て、
わずかな気温差に敏感な桜を感じるのである。

このブログで今年の2008年3月31日に書いた
生命の繊細さ ~ 標高50m差の気温差でも、桜の咲く速さが違ってくる!!
という記事で、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の自宅の横5mぐらいの歩道にある桜はまだ
5分咲き程度である。
私の自宅は標高50~60mぐらいの台地にあるのだが、
徒歩で20分ぐらい歩いて、台地を降りて
平地の最寄駅に行くと、その駅の近くの民家の庭にある
桜はほぼ満開であった。

標高が100m高くなると、
0.6℃気温が下がるというが、
標高差50m差ぐらいでも、
桜の開花スピードに差が出るほどの
気温差になるのだろうかと思ったりする。
標高差50m差で、単純に0.3℃の気温差があるとして、
たった、0.3℃の気温差でも、
桜には大きな影響を及ぼす気温差のだろうか?
そうであるならば、
生命というものの
繊細さを感じるものである。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
と書いたが、
冬になった今、
その標高50~60mぐらいの台地にある
自宅隣の桜の木と
平地の最寄駅近くの民家の庭にある
桜の木を比べると差があった。

台地にある自宅横の桜はほぼ落葉してしまっていたが、
平地の民間の庭にある桜はまだ多くの葉が残っていた。

標高50~60mぐらいの台地の桜に比べて、
平地の民間の庭にある桜の紅葉と落葉の
スピードが遅いのだ。

その台地の桜と比べて、その平地の桜は
春は早く花を咲かせ、秋から冬にかけての
紅葉と落葉はゆっくりしている。

やはり、
標高差50m差による
たった、0.3℃の気温差で
その違いが出ているのかもしれない。

そうならば、
花が咲く春だけでなく、紅葉と落葉の季節の
晩秋から初冬にかけての今、
再び、
生命というものの
繊細さを感じたのであった。


このブログ内での関連記事

落葉は次の春への準備





テーマ:日記 - ジャンル:日記


夜明け前の空のシリウスの位置変化・・・地球の位置が動いている、もうすぐ1年が終わる。

このブログで、
先月の2008年11月14日に、
夜が明けぬ早朝通勤、南の空にはシリウスの輝き、北の空には北斗七星
の記事で、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日(2008年11月13日)、
午前5時23分に自宅を出た。

日の出が遅くなり、午前5時30分ごろは
まだ夜という感じで、空には、星の輝きが見える

最寄り駅に行く時、南を向いていく時には、
南の空に輝くシリウスが見えた。

道の向きが変わり、北を向いて歩くと
北斗七星が目に飛び込んできた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と書いたが、
12月上旬の今、同じ時間帯に出勤して、
南の空を眺めたら、
シリウスの位置が西に移動しているのがわかる。

シリウスは
だいたい南西の位置にあった。

9月上旬の夜明け前は冬への夜明け前 ~ 9月5日の午前5時の東の空に冬の大三角形

を書いたときは、
午前5時代の
シリウスの位置は
東から東南東であった。

その様子を確認すると、

地球の位置が動いているのだなあ、
そして、もうすぐ、あと1か月もしないうちに
今年の1月1日の位置に地球は移動していくのだなあと
思う。

移動していても、
すぐに「シリウス」だとわかる
星の明るさである。

そのシリウスの近くにシリウスとともに
冬の大三角形を構成するこいぬ座のプロキオン
オリオン座のリゲルが見える。

早朝寸前の夜空に見る
冬の大三角形は壮大である。



このブログ内の関連記事

シリウスの語源
シリウス ~ 冬の南の夜空に青白く光輝くその星は、何かを焼き焦がすかの如くの輝きであり、獲物を狙うオオカミのようである

オリオン座のベテルギウス・リゲルから連想した私の詩
空には星が綺麗~Blue is short Red is long

オリオン座の正座構成を用いて「コンステレーション」
という発想法を紹介しています。
言霊 ブログ開設2周年 ~ 世界秩序の変動で日本語の重要性が高まるだろう、情報洪水の中、物語を感じ取るには言葉の力は重要である





テーマ:雑記 - ジャンル:学問・文化・芸術


橋下知事の携帯電話学校使用禁止方針には絶対反対である・・・・・・・・行政が自己管理できている児童・生徒の自由を侵害すべきではなく、各個人および各家庭の判断に委ねるべきだ

橋下知事が
府内の全公立小中学校で携帯電話の持ち込みを禁止および、
府立高校では校内での使用を禁止する方針という
ニュースがあった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

橋下知事「学校にケータイ必要ない」、府立高で使用禁止に
(2008年12月3日22時27分 読売新聞)


大阪府の橋下徹知事は3日、政令市(大阪、堺両市)を除く
府内の全公立小中学校で携帯電話の持ち込みを禁止する
方針を明らかにした。

府立高校では校内での使用を禁止する。

携帯サイトの利用をきっかけにした犯罪やいじめの
増加などを受けての判断で、順次、禁止する学校を増やし、
来年3月までには全校に広げる。文部科学省によると、
携帯電話の校内への持ち込みや使用を都道府県単位で禁じるのは初めて。

橋下知事はこの日の記者会見で「学校に携帯電話は
必要ない」と強調。「携帯電話への依存度が高くなれば、
学習時間が短くなるのは当たり前」と学力向上策でもあると説明した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は、橋下知事のこの方針に反対である。
これは個々の個人およびその保護者の家庭の判断に
委ねる事項であり、授業中に携帯電話で音声会話をしたりなど
明らかに授業の妨害をしない限りは使用を認めるべきだと
思っている。
携帯電話の使用で授業を妨害した場合は
取り上げればいいだけのことだ。
極端なことを言えば、
妨害がない限りは授業中のメール使用は禁止できない
と思っている。
それは、個人の自由だからだ。しかし、そのことによって
授業が理解できなくて、成績が良くなく、単位が取れなかったりして、
留年した場合は、その個人の責任である。
そのようにすればいいだけではないかと思う。


「携帯電話への依存度が高くなれば、
学習時間が短くなるのは当たり前」と学力向上策でもある

という理由を述べているようだが、
学校での使用を禁止したからと言って
携帯電話依存が減るとは思えない。

学校での使用を禁止しても
携帯電話依存の児童・生徒達は
学校にいる時間以外で
何時間も使うことが想像できる。

仮に学校以外で携帯電話を使用できないように
したからと言って、
携帯電話依存の児童・生徒達が学習時間を増やす
という根拠は何もない。
携帯電話がなければ、テレビを見たり、ゲームをしたり、
街に出かけたりして、学校の勉強をするとは限らない。


「学校に携帯電話は必要ない」
と言っているが、必要ないから持ち込み禁止という論理には
納得がいかない。
明らかに、ナイフなどの危険物を持ち込むことを禁止することは
他人への危害を防止するということで合理的だが、
必要ないから持ってきてはいけないというのは
おかしい。

私が小学生の時、一時、勉強に必要がないということで
ランドセルにつけるおもちゃのアクセサリーをつけるのは
ダメということがあった。
全く、馬鹿げたルールであった。
そんなルールはすぐになくなった。

小学校の時、学校の勉強に必要がないものを
いろいろ皆持ってきていた。
私が小学校4年の時、
クワガタムシの小クワとヒラタクワガタを持ってきている
同級生がいて、
休憩時間の度に廊下で1つだけ色が違うタイルをリングに
見立てて、その小クワとヒラタクワガタのバトルをさせていた。
(そのローカは校舎の端にあったので、通行人がいない廊下であった)

そのクワガタバトルを見るため、
いつも、15名ぐらいのひとだかりができていた。
いつも小クワが5倍も体が大きいヒラタクワガタに飛ばされていたが、
あるとき、その小クワがそのヒラタクワガタを投げ飛ばしたことがあり、
その瞬間を見ていた私も含めた15名以上の同級生達は

お~~~~!!!

と大きくどよめいた。

そのような楽しい休憩時間を過ごしてたが、
そのクワガタムシは、学校の勉強に必要がないもので
あるが、そのクワガタムシ遊びに興じたからと言って、
授業が妨げられることもなく、
私も学校のテストの成績は下がることもなかった。
そして、その廊下でのクワガタ遊びで
校舎の端にあり、誰も迷惑をしていなかったので、
先生に注意されることもなかった。

同じ学校に不要のものでも、
クワガタはO.Kで、携帯電話は禁止というは
どうなのだろうか?

もし、クワガタを使って授業を妨害したり、
クワガタの鋏の部分で誰かを傷つけたり
していたら、取り上げられていたと思うが、
それはなかった。

きちんと、自己管理していたからだ。

そのように、授業を妨害したり他人に迷惑や害を及ぼさない限りは
学校にどのようなものを持ち込むことを禁止理由が見当たらない。

携帯電話により、
授業の妨害などしない限りは校内の使用を禁ずるべきでないと
思っている。

児童・生徒の中には、
休憩時間に、携帯のネットから知りたいことを調べようとする人も
いると思うし、
もし、私が、今、小中高生だとして、学校に携帯電話があれば、
私は小さいころからニュースを見ることが好きだったので、
休憩時間に、ニュースサイトを見ていただろう。

特に、朝、学校に出かける前に、大事件のニュースがあったら、
休憩時間にニュースサイトをチェックしていただろう。 
また、気象おたくなので、気象情報を見て、1時間毎の気温変化や
雨量や風速のチェックを
休憩時間にしていかもしれない。

もし、夏に夕立で、学校から帰る頃に雨が降っていたら、
雨雲レーダーをチェックして、しばらく学校に残るべきかどうかの
判断をしていただろう。

そのようなIT機器を用いての楽習(がくしゅう)機会は
もし、学校での携帯電話の持ち込み禁止や使用禁止になれば、
できななかっただろう。


携帯電話の使用をきちんと自己管理できる児童・生徒から
すれば、一律に禁止されるのは不条理なもので、
不当な個人の自由への侵害である。

携帯電話の使い方に問題がある児童・生徒がいるから
という理由で、携帯電話の学校への持込や使用を禁止するのは
飲酒運転をする人がいるから、お酒の販売を禁止しろという
暴論に言っているのに等しいと思う。

そのように思うのは、私の中学校の体験に由来している面がある。
私の通っていた中学校は
問題児にあふれていて、休憩時間は煙草の煙で煙たくなるわ、
授業中に廊下をウロウロする人もいた。
(荒れていたというより、コミカルなレジャーランド状態だった)

制服の服装規定もあったが、有名無実化していた。
当時、ビーバップハイスクールが流行った頃でその影響もあり、
多くの男子学生の制服は、短ラン、2タックのボンタンズボンを着ていた。
問題児達はもちろん、そのような服装であったし、私も
そのような制服を着ていた。
逆に、くそ真面目に校則通りの標準服を着ている方が珍しかった。
形式上校則違反の服装をしていても、
取り締まりはなかった。

服装規正の理由として、中学生らしい服装をすべきで、
服装の乱れは心の乱れという理由であったが、それには
疑問を抱いていた。

私は、形式的には校則違反の制服を着ていて、かつ、
いわゆる問題児グループと休憩時間や休日に遊ぶこともあったが、
学校に遅刻することはなく、授業をサボることはなく、
病欠以外学校は休むことはなかったし、
また、
私は、煙草も吸ったことはないし、万引きなどの反社会行為は
しなかったし、深夜徘徊もしなかった。
まあ、友人達の喫煙行為は黙認していたが・・・・・・・。

学校の学業の成績は、国数英理社という公立高校の受験に
必要な5科目の定期テストは、15回のうち13回は
平均点90点以上であった。
(高校卒業してからは、当時、代ゼミの偏差値65の
私立大学に現役入学した)

まあ、何を言いたいかと言えば、
中学生の時に、形式上校則違反の服装をしていても、
私の学業や生活にほとんど悩ましい問題がなく、
その校則ははっきり言って、意味がなかった。

つまり、自己管理できるかどうかが問題であって、
きちんと自己管理している人間からすれば、
問題児が着るような制服だからという理由で
そのような無意味な服装規正などの校則には
反発を感じ、迷惑な話だ!!

それと同じ様に、
きちんと、携帯電話の使用について
自己管理できる児童や生徒からすれば、
自己管理できない人がいるからという理由で
一律規制されるのは
迷惑なことで、携帯電話を用いた
有益な利用という自由の侵害である。

学校に携帯は必要がないという理由で
橋下知事の方針に賛同する意見も多いが、
そう思うのであれば、各家庭独自で、子供に持たせないとか
学校に持って行かせないとすべきで、
それを他の家庭に押し付けるのは筋違いである。

親が子供に持たせるのであれば、
携帯電話のリスクやマナーをきちんと教育すればいいだけだ。
そして、持たせて、問題がなければ、そのままで良いし、
何か問題が発生すれば、制限させればいいだけのことだ。

2ちゃんねるの掲示板
【教育】 橋下知事「小中学生、学校への携帯電話持ち込み禁止」「高校では校内での使用禁止」発表…子供ら、携帯依存で勉強時間低下★2 で、


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

108 :名無しさん@九周年:2008/12/04(木) 12:59:09 ID:zuEPjkzn0
どっちかっつーと携帯禁止云々より
こういう規制関係の話が

知事の一言

で決まるっつー状態の方が恐ろしいわけだが

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とあったが、まさに同感である。
児童や生徒が、学校でも
きちんと自己管理して、授業を妨げず、他人の迷惑もかけずに
使っている人からすれば、たった、知事のひとことで
学校内での携帯電話の持込や使用が制限されることは
独裁的で危険なことである。

行政が私生活に介入するきっかけを与えるものであり、
回避すべきである。
橋下知事は自己責任原則や小さな政府の思考のものだという
イメージがあるが、
自己責任原則や小さな政府思考は、社会が政府に頼らず、
社会の厚みを作り、社会で解決するというものであると思うが、
橋下知事の今回の方針はそれと矛盾するものだろう。

また、行政への私生活の介入はやむ得ないという意見もあるが、
いざ、リヴァイアサンたる国家権力が私生活に介入することが
当たり前になった時の、息苦しさや恐さをわからないのだろうと
思う。


このブログでの関連リンク

茶髪の職員さん~相関関係・因果関係・自己責任

公立学校における茶髪強制の校則と茶髪生徒への授業不可は、憲法と教育基本法違反でへないか

尾崎豊が亡くなってから15年 ~ 現代社会の仕組まれた自由に人々は気づいているのだろうか?

リヴァイアサン




テーマ:学校での出来事 - ジャンル:学校・教育


電気・electricity その語源は・・・・・古代ギリシアの哲学者タレスが見つけた琥珀の不思議な力の正体を構成の欧州科学者が解明し、その言葉を中国人が翻訳し、日本にやってきた

現代の生活に不可欠な
「電気」であるが、
その「電気」は英語では

electricity

と単語である。

この「electricity」が電気をこの意味で使うようにしたのは
物理学者であった
ウィリアム・ギルバート(Gilbert, William、1540年~1603年)である。

ギルバート
電気や磁気の研究を行い、
近代電気磁気学の先駆的役割を果たした人物である。

ギルバートは
古代ギリシアの哲学者タレス(BC624年~BC546年ごろ)が
発見した
コハク(琥珀)をこすると物を引きつける現象について、
その正体が静電気であることを発見した。

琥珀が古代ギリシアでは
λεκτρον(elektron)=エレクトロンと呼ばれていたことにちなみ
「電気」の意味として、
近代ラテン語単語 「electricus」 という表現を用い、
やがて、それが英語の「electricity」となった。

その言葉は、日本において
江戸時代の1776年に、平賀源内が「エレキテル」を
修復復元したとあるように、
日本では「越歴」と書いて「エレキ」と使われていた。

さて、いつから「電気」という言葉が使われるように
なったのか。

実は、それは中国で生まれた言葉である。

財団法人 日本学術協力財団
学術の動向2007年5月
誌上科学史博物館の
「電気のはじまり」(八耳俊文) PDFファイル

によると、

1851年に中国で発行された
「博物通書」に

「electricity」の意味として
「電気」という言葉が用いられていて、

「博物通書」の第一章「引言」の始めに

雷電之気、磅(石薄)乎宇宙万物、一気流通
  *(石薄)で一文字
 
 雷電之気、磅(石薄)乎として、宇宙万物一気に流通す

と文があり、そのことから八耳氏は

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

雷電の気は遥か広大で宇宙万物に流通しているというのだが、
雷電とはかみなりのことである。
かみなりは音の「雷」と光の「電」から成るが、
この「雷電之気」が省略されて「電気」になったのではないだろうかと
考える。
雷電之気を省略する場合、「雷気」と「電気」が原理的にありうるが、
電気実験は放電現象として火花の発生がしばしば伴うので
「電気」のほうが適後となる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と推測している。

「電」という漢字は
「雨」+音符「申」の合成文字であるが、
「申」は稲妻をあらわしたものである。

電気は光をもたらすもで、「雷電之気」の省略として
「電気」となった説明は合理的だろう。

中国では「電気」を「diànqì」と発音するが、
その中国での「電気」が日本に伝わり、
「electricity」の訳語として
「電気(でんき)」が明治時代中期には定着するようになった。


このブログ内の関連記事

雷の語源
雷は神の意思表示?

天気の語源
天気 ~ 天に満ちている霊気・精気

古代ギリシアに由来する言葉
経済・Economyの語源 ~ 世を治め、家を治める。 1万円札の人が翻訳して・・・

カリスマ


ダイヤ ・・・時刻表のことをどうして「ダイヤ」って言うの?

少欲知足 ~アノミーな時代、亢龍有悔の人生ではなく、桃三李四の気持ちで、過ごす
 アノミーは古代ギリシア語が語源

古代ギリシアから続く「パロディ」はおもしろいですなあ。


「メートル」「キロ」「リットル」と言う単位表記の語源は何処の国の言葉?


4月 ~卯の花が開き、愛と美の女神アフロディテに捧げる月

イージス ~ ゼウスが娘に与えた盾 イージス艦建造のそもそものきっかけは日本のあの攻撃であった

「パニック」と「テンパる」 ~ ギリシア神話と麻雀

台風~シチリア島のエトナ火山の下で火を噴く「typhon(テュポン)」

エイプリル・フール~「ウソも100回言えば本当になる」 、「デマ」となるか「ピグマリオン効果」になるか
エイプリルフールの語源でないが、「ピグマリオン」がギリシア神話に由来する。


テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


琴線に触れる・・・「知音」「高山流水」「断琴の交わり」・・・・優れた音楽は心を通い合わせ、真の友人を作る

琴線に触れる

という美しい言葉がある。

これは、

人間の心の奥底にある感じやすい心情を
弦楽器である琴の糸になぞらえて表現している
言葉である。

この言葉の由来を遡ると、
古代中国にたどり着く。

古代中国に
伯牙(ハクガ)という琴の名手がいた。

その伯牙に鐘子期(ショウシキ)という友人がいて、
鐘子期は伯牙が奏でる琴の音を聞いただけで、
その調べにどんな思いが託されているのか、
そこに込められた曲趣を違うことなく見事に聴き分け
伯牙の心情・曲の趣旨を理解したという。

その様子は
春秋戦国時代に存在したと伝えれている(実在したかどうか不明)
列御寇の著書とされる
「列子」があるが、
その列子八編の第五編に湯問の章
十二話に次のように書かれている。
*書き下し文の次の口語訳を書いています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
○書き下し文

伯牙善く琴を弾き、鍾子斯善く聴く。
伯牙琴を鼓(ひ)きて、志 高山に登るに在れば、
鍾子斯曰く、善い哉、峩峩(がが)として、泰山の如しと。
志 流水に在れば、
鍾子斯曰く、
善い哉、洋洋として江河の若しと。
伯牙の念う所、鍾子斯必ず之を得たり。

伯牙 泰山の陰に遊び、
卒(にわか)に暴雨に逢い、
巌下に止りて心悲しむ。
乃ち琴を援きよせて之を鼓く。
初め霖雨の操を為り、
更に崩山の音を造る。
曲奏する毎に、
鍾子斯 輒(すなわ)ちその趣を窮む。
伯牙 乃ち琴を舎(お)いて歎じて曰く、
善い哉 善い哉、
子の聴くや、
夫れ志の想像すること、
猶吾が心のごとし。
吾 何に於てか声を逃れんやと。


○口語訳

むかし、伯牙は上手に琴を奏で、
鍾子斯はそれを聴き分けたという。
伯牙が高山に登ったときの心境を表現しようと琴を弾けば、
鍾子斯は
「ああ、素晴らしい。
その音色はまるで高くそびえ立つ泰山のようだ」
と言った。
また、大河の流れを表現しようと琴を奏でれば、
鍾子斯は
「ああ、素晴らしい。その音色は広々としていて、
まるで揚子江か黄河の流れのようだ」と言った。
このように、伯牙の表現しようと思うことを、
鍾子斯は必ず理解していた。

あるとき、伯牙は鍾子斯と泰山の北に出かけ、
思いがけず暴雨に遭遇し、岩陰で雨宿りをしていたが、
心は悲しみに閉ざされた。
そこで琴を引き寄せて、これを即興で弾きはじめた。
はじめ「霖雨の曲」を作り、
つづいて「崩山の音」を奏でた。
演奏するたびに、鍾子斯はその心境を言い当てた。
伯牙は演奏の手を休めて、感嘆してこう言った。
「ああ、なんと素晴らしいことだろう。
君が僕の琴の音を聴いて、
そこに込められた真意を感じ取ること、
すべて僕の意図と一致している。
君にはいつまでも僕の琴の音を聴いていて欲しいものだ」と

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このように、伯牙の親友である鍾子期は
伯牙が奏でる琴の音を聞いただけで、
その歌の趣意や、彼の心情を理解した。
この様子から、
心の底から共鳴し、理解して、感動する様子を

琴線に触れる

という言葉が生まれてきたのだ。

さらに、この伯牙と鍾子期のエピソードから

知音

高山流水

という言葉が生まれてきた。


「知音」は、
鍾子期が伯牙が奏でる琴の音だけで
伯牙の心情を理解したことから

心の通じ合った真の友人

という意味で使われるようになった。


「高山流水」は
伯牙が、
高い山に登る気持ちを琴の音に託せば、
鍾子期が
「ああ、素晴らしい。
その音色はまるで高くそびえ立つ泰山のようだ」
と伯牙の思いを理解し、

また、
伯牙が、
大河の流れを表現しようと琴を奏でれば、
鍾子期は
「ああ、素晴らしい。その音色は広々としていて、
まるで揚子江か黄河の流れのようだ」

と必ず、伯牙の思いを鍾子期が
違わず理解したことから

「優れた絶妙な音楽の演奏」
「自分を理解してくれる真の友人」

という意味として用いられれるようになった。


そして、
伯牙は鍾子期が亡くなった時、
奏でる琴の音を真に理解してくれる真の友を
亡くした悲しみから、
弦を断ち切り、二度と琴を奏でることをしなかた。

そのエピソードから
極めて厚い友情によって結ばれた、親密な交わり
という意味で、

断琴の交わり

という意味が生まれた。


中国湖北省武漢市に、
この伯牙は鍾子期の逸話を記念した「古琴台」という
記念碑がある。

古琴台
古琴台の伯牙の彫塑


このブログでの関連リンク
 「音楽および歌」関係から生まれた言葉


挙句の果て~連歌の締めの句から

乙な味 ~ ベテラン歌手の低音には趣と味わいがあるなあ

「音頭を取って」もらうようにお願いに、「頭取」のところに「打ち合わせ」に行くよ。えっ、頭取は雅楽に精通してるの!

図に乗って、お坊さんが声楽を唱える

「段取り」「十八番」「かぶきもの」~歌舞伎から生まれた言葉

付き合い~歌と歌で人をつなぐ

トコトン ~ 日本舞踊由来の言葉・・・そして、品川弥二郎と大村益次郎が・・・・

二の舞 ~ 雅楽の舞から生まれた言葉

派手やねえ~三味線から生まれた言葉

漫才~ダウンタウンは現代の陰陽師?

メリハリ~高い音と低い音を取りれて、曲にメリハリをつける








テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術