言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



ポッキー ~ 悩み抜いた挙句「チョコなしの持つ部分」を作り、時代と風土の空気を吸収し、新たな価値を提案し続けてきた

グリコのポッキー
これはロングセラー商品である。

ポッキー開発に至るまで前段階があった。

グリコはおまけつきのキャラメルというヒット商品を
出した後、チョコレート菓子市場への参入を図り、
まず1958年にアーモンドチョコレートを発売し
ヒットする。

さらに、ライフサイクルが長い商品の開発を考えていた
ころのある日、
ドイツでビールのつまみに
プレッツェルという菓子を食べるということを耳にした。

20070430035711.jpg

  プレッツェル

このプレッツェルを子供向けに作り
さらに、丸型のプレッツェルを
棒状にして、1963年にバタープリッツを発売する。

そして、その棒状のプリッツにチョコレートをつけることを思いつく。
ところが問題があった。
棒状のプリッツ全体にチョコレートをつけて作ろうと考えたのだが、
そうしてしまうと、手がチョコレートで汚れてしまう。
そこで、チョコ付のプリッツ1本ずつに銀紙で包装する案が出たが、
それではコストと手間がかかる。
どうしようか悩んでいたのだが、
「別に全体をチョコでコーティングする必要はない」と
考え、棒状のプリッツにチョコレートをつける工程で
機械のクリップで挟むとその部分にはチョコはつかない
といことで、チョコのない「持つ部分」が考え出された。
(ただ、試作品の時は手作業で作っていたようだ)

そして、
大阪府寝屋川市の数十軒の菓子屋で
テスト販売にとりかかった。
商品名は「チョコテック」であった。
それは「てくてく歩きながら食べるチョコスナック」
ということに由来している。
その「チョコテック」を
テスト販売したところ
大好評だった。


20070430042222.gif


大好評で生産増をしたかったが
それは難しかった。
なぜなら、当初、この新製品は期待されていたわけでなく、
まな板にチョコレートを流して、
プリッツを横にして指でくるくるまわしながら
チョコをつけるという手作業で
大量生産が困難であった。


さらに、新たな問題が発生した。
その「チョコテック」という名前は
既に別会社により商標登録されていたのであった。
そこで商品名を改めて考えなければならなかった。
すると
食べる時、

ポッキン、ポッキン

という音がするので、
「ポッキー」という名称に決まった。

そして、1966年10月
ポッキーがまずは広島県でテレビ広告をうって
限定販売したところ


20070430063612.gif

 初代ポッキー

若い女性を中心に大好評となり、
1968年から全国販売されることとなった。

この棒状のチョコレート菓子の大ヒットは
それまで板チョコが主流であった業界に
「長い」「細い」「手に持ってもベトベトしない」
というコンセプトを新たにもたらす
画期的な出来事であった。

1973年
第1次石油危機で
日本は不況となり
高度経済成長が終焉し、
消費者の価値観は変化し、
質・量だけでなく、意味的および感覚的な効用が
求められるようになり、
それに合わせてポッキーも新たな食べ方を
提案していくことが求められていた。

ある夜
クラブでホステスが
ポッキーをマドラー代わりに使っていて、
マドラー代わりに使ったポッキーを
食べると「冷たくて美味しかった」

その時、
成人男性向けの商品として売り出すことができると考え、
1976年
ポッキー・オン・ザ・ロックキャンペーンを開始、
キャッチコピーが
「パーティにポッキー・オン・ザ・ロック」

ブランデーのグラスに氷を浮かべて、ポッキーを入れると
素敵なパーティの演出ができるとアピールした。
それは冷たく冷やしたチョコレートの美味しさとおしゃれ感を
印象付け、
東京や大阪などの大都市のバーやスナックから洋酒の
おつまみとして流行り始め
大好評となり、やがて家庭に浸透し、
ポッキーは大人から子供まで楽しめるチョコスティックとして
定着していく。

また、この時
若い女性の間で旅行ブームが起こり、
それに乗じて、
ポッキーの新しい需要開拓を狙い
1977年「旅にポッキー」キャンペーンを開始、
当時、人気を博していた

岡田奈々と竹内真理をCMに起用して、
1981年には、当時の国鉄(現在JR)の
「いい日旅立ち」とタイアップして、
松田聖子の大型ポスターを全国約3000の駅に掲出したりして、
大当たりしてブームを呼んだ。


1980年代になると
多様化するニーズに応え
1986年には
「ポッキー〈ビター〉」「リトルポッキー」を発売、

そして、ギフト市場に参入し、
バレンタイン、クリスマスなどのイベントの時に
ギフト向けに作っていたが、
さらに、年間通じて販売できるギフト向けポッキーとして
考え出されたのが
「ジャイアントポッキー」であった。
ポッキーのようなロングセラー商品であれば
大型化しても問題ないと判断した。

そして、
ポッキーは1970年代から東南アジア市場向けに輸出して
いたが、さらに
欧州で販売を開始した。
欧州販売にあたり
フランスのビスケット会社と提携した
その時、現地のビスケット会社の方が
ポッキーの形が
欧州で昔からある
ミカドゲーム(en:Mikado (game))という遊びに
使う棒に似ているため「ポッキー」よりも
そのゲーム名を用いたネーミングの方が受け入れられる
ということで、
「ポッキー」という名前ではなく、
Mikadoという名前で販売されている。

1990年代に入り、
多様化するポッキー商品のイメージを統一することを
狙い、
1993年から
「ポッキー四姉妹物語」キャンペーンを開始。
それに、
清水美砂、牧瀬里穂、中江有里、今村雅美を四姉妹役で起用し、
彼女らの日常の生活感覚をベースに
各商品と人のキャラクターを同一化させ
物語形式"の広告キャンペーンを行い、
大きな反響を呼び、
1994年には
「ポッキー四姉妹物語」が映画化された。

そして、このころ
地域限定のポッキーが売られ始め
「ジャイアントポッキー<夕張メロン>」
「ジャイアントポッキー<京都抹茶あずき>」
などが売り出されている。

1999年になると
「ムースポッキー」が売り出された。
それは、
贅沢な原材料を使用し、
スティック状のプレッツェルを気泡を含んだチョコで包んだ
もので、
パッケージデザインを豪華にして
ポッキーの高級化路線を打ち出したところ、
んだもので、発売同時に大ヒットとなり
あまりにも売れすぎて、
一時は生産中止に追い込まれるほどであった。


そして、2006年
ポッキー史上最も細い
ポッキー極細が発売された。
プレッツェルが細い分、チョコレートの比率が高く、
女性や子供から支持を得て、
さらに、大人になるに従ってポッキーから離れた人たちを
「細さ」を打ち出すことで
再び取り戻し、ヒットした。

このポッキー極細を作る時、ヒントになったのは
うどん、パスタ、そばなどのめん類であった。
麺類は、太さが違うと食感やつゆ・ソースとのからみ
方が異なり、いろいろなおいしさがある。
それをポッキーにも応用しようということで
ポッキー極細が生まれた。


このようにポッキーは1966年の登場以来、
その時の時代の空気に合わせ、土地の風土に合わせて
吸収し、かつ、他の食品からヒントを得て
新たな価値を絶えず提案し続けて、
ロングセラー商品であり続けている。


スポンサーサイト

テーマ:ヒット商品列伝 - ジャンル:ビジネス


昭和 ~ 全ての人民は明るくなり、全ての国は和やかになる

今日は4月29日、
今年から4月29日は
「昭和の日」という祝日になった。

4月29日は、昭和時代の時は昭和天皇の天皇誕生日として
祝日であったが、平成になって「みどりの日」となったが、
平成19年から
祝日法改正にともない
「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、
国の将来に思いをいたす」
という主旨で「昭和の日」となった。

ちなみに、競馬のGIレースの天皇賞は平成になっても
昭和天皇誕生日が4月29日の近い日曜日に行われてきた。


さてさて、
その「昭和」という元号は
1926年(大正15年)12月25日に
大正天皇が崩御すると
宮内大臣から元号勧進の命を受けた
漢学者吉田増蔵が
中国の四書五経のひとつ書経尭典の
「百姓昭明」「協和萬邦」
という1節から2字を取り、「昭和」という元号を
考案した。
これは、
「百姓昭明なり、萬邦を協和せしむ」
つまり
「全ての人民は明るくなり、全ての国は和やかになる」
という「平和」の願いを込めて考案された
元号である。
そのような願いを込めて
1926年12月25日に
昭和が始まったのであるが、
「昭和」という元号名に込められた
「平和」の願いとは裏腹に、
昭和4年(1929年)には世界大恐慌で
経済は大不況に陥り、
昭和6年(1931年)には満州事変が勃発し
15年戦争に突入し、
その中で、
昭和16年(1941年)12月8日
日米開戦で、第2次世界大戦に参戦し
日本は焼け野原になり敗北する。

第2次世界大戦後は
新憲法により、民主化が進み、
高度経済成長によって
世界第2位の経済大国になり、
豊かな国になり、戦争に再び巻き込まれることなく
昭和64年(1989年)1月7日
昭和天皇崩御とともに
昭和は幕を閉じた。

昭和の時代が、
大戦、焦土、敗戦、占領、民主化、高度成長と
めまぐるしく移り変わっていったことから
「激動の昭和」と言われることが多い。

ちなみに、
昭和の最初の年の昭和元年
昭和最後の年の昭和64年も
たった1週間で終わったのであった。

昭和の元号のもととなった
「百姓昭明」「協和萬邦」は
江戸時代期の元号のひとつ
「明和」が考案されている。
「明和」は1764年~1771年まで。

また、「昭和」の元号を考案した
漢学者吉田増蔵は
今上天皇(現在の天皇)の名である
「明仁」を考案している。


そういえば、4月29日は
ゴールデンウィーク前半の祝日であるが、
このブログでは、
ゴールデンウィークの語源についても書いています。

映画人から生まれた言葉「ゴールデンウィーク」をどうしてNHKは「大型連休」って言うの?




テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


青田買い ~ 青々とした稲の青田の先物買い・青田買いに打ち負かされ続けた就職協定の歴史

春の時期、
就職活動をするリクルート・スーツ姿の学生を
見かける。


日経新聞の2007年4月27日の記事に
「内々定」半数、3月までに・就職活動、日経ネット調査
とあり、調査対象者の3割以上が
3月までに事実上の内定となる「内々定」を得ているという。

日経連は3月までに採用活動を自粛するように求めているが、
企業は無視して、早期の採用活動をしている。

このように要請やルールを無視してまでも
企業が、早期に有能な学生に接して、内定を出すことを
「青田買い」というが、
この語源は稲に関係する言葉である。

稲が未成熟で青々とした状態を「青田」というが、
その状態で、将来の米の収穫量を見積もり、
先物買いすることを「青田買い」という。
その意味の「青田買い」が
就職活動で企業が早期に優秀な学生に内定をだすことにも
使われるようになった。

あまりにも早すぎる就職活動は
大学教育に悪影響を与えるということで、
1953年に
大学・業界団体、関係官庁による就職問題懇談会が学生の推薦開始を
10月1日以降と申し合わせ、「就職協定」が始まったが、
守られることはなく、7月までに内定が決まっていることが
多く、この状況に対して、

『朝日新聞』1961年6月13日の「天声人語」に、
「人間青田買い」を嘆き、
「”大学卒”という資格と実績を重んずるのなら、
、実質的に”卒業”がみのるまで待つ気持ちをほしい」
と就職活動の青田買いを問題視するコラムが書かれていた。


東北大学経済研究科の野村正實氏の研究の周辺(2007年3月2日)書評「中西洋『日本近代化の基礎過程』から引用


日経連は1962年4月
「守られない協定を維持することは、業界の良心が許さない」
とするいわゆる「野放し宣言」をだして、就職協定から離脱したが、
青田買いがよりいっそうひどくなったので、
1972年に日経連は就職協定に復帰し、
文部・労働大臣、経済4団体が「青田買い」防止を申し合わせ、
中央雇用対策協議会が5月1日求人活動、
7月1日採用選考開始の就職協定を11月に決議、
就職協定が復活するが、
守られることはなく、
1981年、労働省が
「協定破りの責任は企業、
大学双方にある行政が監視を強化すればするだけ、
協定と現実のギャップは拡大する」と
就職協定から脱退。

1986年、
8月20日会社訪問開始、
11月1日内定解禁という、
大学と企業
による就職協定が再スタートし、
1992年には、選考開始が8月1日前後目標
内定解禁は10月1日と見直されたが、
やはり、多くの企業は守らず、
青田買いをした。
その協定を真面目に守った学生がいたようで、
10月1日以降に就職活動をはじめたら、
多くの企業は既に多くの内定者を出していたので、
苦労したという例もあったようだ。
これに関しては、
正直者が馬鹿を見るようにしている企業に問題があるとも
言えるし、この学生は周りの学生が就職が早々に決まって
いる状況を知っていながら手を打たなかったこと、あるいは、
そのような情報を得る友人などの人間関係の構築できて
いなかったと言うことも言えるが・・・

まあ、そんなこんなで、
結局は、就職協定を守らないことが当然視され、
青田買いが頻発したので、
1996年に日経連が
「正直者がバカを見る協定は無意味」と主張し、
就職協定は廃止される。
経済界は「倫理憲章」を発表し、
大学は「要請」を発表して、双方が「申合せ」するという
現在のかたちになったが、
その結果、より一層青田買いの時期が早まり、
特にマスコミ業界の青田買いの時期は早いと言われる。

就職協定の歴史を見ると
これほど、ルールが守られないルールはないのではと
思うものである。

罰則なきルールはやはりダメなのか、
あるいは、守れないルールを作ってしまったこと
事態が問題なのか?

就職協定史を振り返ると
「ルール」とは何か?と
「ルール」の在り方について考えたくなるものである。


テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


小泉今日子が歌う中島みゆきの「4.2.3.」

今日、仕事をしながら聞いているFM802から
小泉今日子が歌う中島みゆきの「4.2.3.」が
聞こえてきた。

2007年3月31日、大阪フェスティバルホールで開催された
中島みゆきをトリビュートして、
一青窈、斉藤和義、坂本美雨など様々なアーティストが集うライブ
生きて泳げ涙は後ろに流せ」で
この曲を小泉今日子が
歌っていた。


曲と言うより、朗読で強く訴えかけてくるような
ものであり、

「4.2.3.」とはこのような歌だったのかあと思った。


なぜ、この曲のことが気になったのかと言えば、
この曲は、
ペルー日本大使公邸事件で
1997年4月23日(日本時間)に強行突入が行われた際の
ニュースを見て、中島みゆきが感じたものを歌にしたものであり、
私がこのブログで4日前に書いた

4月23日 ペルー日本大使公邸強行突入 ~ 銃弾に砕かれた少年少女の夢・命を救った誉め言葉

を書く際に調べている途中、
この「4.2.3.」という曲の存在を始めて知り、

歌詞を知ることができ、
その歌詞が、

リポーターは日本人が手を振っていますとだけ嬉々として語り続ける
担架の上には黒く煤けた兵士

腕は担架からぶら下がり 足首がグラグラと揺れる
兵士の胸元に赤いしみが広がる
兵士の肩に彼の銃が ためらいがちに仲間によって載せられる
担架はそれきり全速力でいずこかへと運び出されてゆく


(中略)

しかし見知らぬ日本人の無事を喜ぶ心がある人たちが何故
救け出してくれた見知らぬ人には心を払うことがないのだろう

この国は危い何度でも同じあやまちを繰り返すだろう 
平和を望むと言いながらも日本と名の付いていないものにならば 
いくらだって冷たくなれるのだろう

慌てた時に 人は正体を顕わすね


と何か思わず考えてしまうようなものだったので、
どのような曲に舞っているのか知りたかったのだが、
すぐには聞ける状況でなかったのだが、

その4日後にたまたまFM802で、
この生きて泳げ涙は後ろに流せライブ音源をOn Air していて、
小泉今日子が歌う中島みゆきの「4.2.3.」を
聞けたのであった。


当日、小泉今日子はどのような状況で歌ったいたかは
次のブログで知ることができる。

葵さんのブログ「おもろいことないか~?」によると

そして、キョンキョン。
暗幕から出てきたので最初は分からなかったけど
ライトの下の彼女はとても細く、かわいく、小さな女性で。
思わず「・・・・・」(ご想像にお任せします)と思った。
服装は白のふわっとしたブラウスにジーンズ地の短めのスカート(キュロット?)黒いハイソックスをはいてました。


さらに
クローバーさんの「初恋日記」によると

それから

ステージが明るくなって

KYON2が座っていた。


「4・2・3」(朗読)

かっこよかった。

KYON2の朗読で泣きそうになった。


と、心に強く響く詩であったことがうかがえられる。


中島みゆきがこの「4.2.3.」を作る基となった
ペルー日本大使公邸事件の犯行グループの
メンバー達、特にそのメンバーに加わった
少年・少女達の純粋さと
その後の悲劇を知ると
心に強く突き刺さるものがある。


このブログでのリンク
4月23日 ペルー日本大使公邸強行突入 ~ 銃弾に砕かれた少年少女の夢・命を救った誉め言葉












テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽


すっぱ抜く ~ 日本古来の忍びのスパイに由来

マスコミ関連で、
スキャンダルの情報を掴んでその秘密を暴き
「スクープ」報道することなどを
「すっぱ抜く」というが、

この言葉、実は南北朝時代の武将楠木正成に由来している。

彼は敵の情報を得るため
伊賀忍者を使って敵方に忍び込み
敵方の秘密情報を知り、
戦略を練っていたのだ。
その伊賀忍者の秘密情報を入手する行為が、
予想もしないところから忍び込み、
あまりにも素早く意表をつくものであったので
驚かれた。
当時、忍者のことを「透破(すっぱ)」と呼んでいたが、
その「透破」があまりにも素早く敵の秘密情報を
出し抜くずば抜けた情報収集力に
あやかり
「すっぱのように出し抜く」と言った。
これが「すっぱ抜く」の語源である。

「すっぱ抜く」は他にも
「刀などをだしぬけに抜く」という意味がある。










テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


尾崎豊が亡くなってから15年 ~ 現代社会の仕組まれた自由に人々は気づいているのだろうか?

今日は2007年4月25日
今から15年前の今日の
1992年4月25日12時06分

「若者たちの教祖」「10代の代弁者」と呼ばれた
カリスマ的なミュージシャン尾崎豊が肺水腫により
26歳の若さでこの世をさった。


尾崎豊は、この日の早朝、
東京足立区千住河原町の民家の庭先で上半身裸の姿の
泥酔状態で発見され、墨田区の病院に運ばれ、
一度容態が回復し帰宅するが、帰宅後、
容体が急変すでに呼吸は停止、
文京区日本医科大学付属病院へ運ばれるが、
12時06分死亡した。


私はこの時は大学に入学したばかりのころで、
多分、土曜日だったと思う。
外出していて、夕方にある飲食店で
食事をしていた時に、このニュースを聞いて
驚いた。


尾崎豊の曲で強く心に残っているのは
「卒業」である。

歌詞の中に
「夜の校舎 窓ガラス壊してまわった」とあり、
歌詞の内容も学校や大人に対する反発がある。

私個人としては、そんなに強く学校や
身の回りの大人に反発を抱くことなく
過ごしてきたが、何か、
メッセージの力強さに惹かれるものがあった。

卒業の歌詞の中で強く印象に残っているのは


行儀よくまじめなんてクソくらえと思った


人は誰も縛られたかよわき小羊ならば 
        先生あなたはかよわき大人の代弁者なのか



そしてラストの

仕組まれた自由に
     誰も気づかずに
        あがいた日々も終わる
            この支配からの卒業
                  闘いからの卒業



この曲が発表された1985年
全国で吹き荒れた校内暴力への対策として
服装規制などの校則を事細かに決めて、
管理教育が強まっていったころであった。

私が中学・高校だったのは
1986年度~1991年度であったが、
私の中学校では、中1の時に服装検査などあったが、
その後、厳格に運用することはなくなり、
それほど校則の窮屈さを感じることはなかった。

ただ、私は髪の毛を染めたいと思うことはなかったが、
茶髪は禁止されていたことに対しては
疑問を感じていた。

そのルールの意味がわからないのだ。
私はその時から、他人の権利を侵害しない限りは
何やっても自由ではないかと思っていた。



高校の体育の時、
髪を染めている同級生の男子が
髪を染めているという理由で
欠席扱いされている光景を見て、
何と理不尽なルールなのだと思った。



茶髪や髪の毛を染めたり脱色することの禁止等の
容姿や服装規制をするのは
いざ、大人社会に出た時に社会のルールに適応する
ことができるようにという理由を述べていたが、
それにも疑問を感じていた。

このブログで、昨年の4月6日に
茶髪の職員さん~相関関係・因果関係・自己責任
書いたように、

茶髪などの髪の毛を染める人が排除されたのは、
問題行動を起こすいわゆる「非行少年」に、髪の毛を染める人が
多かったからだろうだろうが、

京都市の四条烏丸の四条駅の
市バスの定期券販売所の若い女性職員は
強めの茶髪の頭髪をしているし、

関西電力本店ビルの受付の女性の頭髪が
黒ではなく、カラーリングしている光景を見ると、

当時の茶髪禁止の校則で学校側が
根拠にしていた
いざ、大人社会に出た時に社会のルールに適応する
という理由は全く的外れであったと思う。


そのような考えが
尾崎豊の
「卒業」に惹かれた背景かもしれない。


尾崎豊の曲は「卒業」は
発売当初は「夜の校舎 窓ガラス壊してまわった」という
歌詞もあるように過激さがから
学校ではタブー視されていたが、
「自己の生き方を模索する代表例」として
現場の教師からの推挙もあり
「高等学校 新倫理 ―人間とは何か 思索の糧に」など
2003年以降の高校の倫理教科書に
尾崎豊の歌詞が引用されるようになった。

しかし、
朝日新聞2007年4月24日の
没後15年尾崎はどこへ 消えた反抗心
によると、尾崎豊の歌詞を用いて授業をしている
現場の教師によると学生達の受けが悪くなってきたという
「尾崎豊の歌に生徒たちが実感を持てなくなってきた」

「容姿にも才能にも恵まれているのに変に反抗して、
早く死んだのはバカだ」 など
最近はきっぱりと否定的な感想が多くなっているという。


現代の10代後半から20代前半の方々には
尾崎豊が感じたような息苦しさは感じなくなったのであろうか?
それとも、息苦しさを感じてもどうすることもできない
諦めを感じてしまっているのであろうか?
その諦めの中で、上手に生き抜けるマインドを持って
いるのであろうか?

それはわからない。


ただ、尾崎豊の「卒業」のラストに


仕組まれた自由に
       誰も気づかずに


とあるが、現代の社会は個人が
自由に選んで生きているように思えて、
それは仕組まれた自由であるかもしれない。


例えば、入店したファストフード店やファミレスで
食事を終えた後、一服したり、誰かと話したりして、
「そろそろ、出ようか」

と、好きな時間に自分の自由意志で退出時間を
決めているように思えるが、
実は、硬いイスが配置したり、
冷暖房機によって、室内の温度の調整したり、
BGMの音量を上げたり、テンポを変えたりして、
店内に客を滞在させず回転率を高めるために
なされている仕掛けによって
動かされてしまっているのだ。
ある意味動物のようにヒトは扱われいて、
現代人はきわめて動物的に管理されているのだ。
これは「環境管理型権力」と呼ばれている。

「30分で食事を終えろ」と命令する社会と、
イスが硬いせいで何となく30分で食事を終えてしまう社会、
その2つの社会では、「管理」
という点で同じ効果が起きている。

そう、尾崎豊が言うように

仕組まれた自由に誰も誰も気づかずに


そして、そのようなことは
選挙の時に起こるかもしれないし、
既に今世紀になっておこっているかもしれない。

自分の自由意志によって投票した候補や政党、
でも、実は、統治権力によって
巧みに仕掛けられた印象操作によって
判断が管理されているに過ぎないのかもしれない。


仕組まれた自由に誰も誰も気づかずに

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

You Tube 動画 尾崎豊 卒業


          
          卒業はラストにあります。

          
   環境管理型権力をコメントする東浩紀氏の著書






テーマ:今日は何の日!? - ジャンル:ニュース


立候補者が選挙中に死亡したら再選挙したらどう? ちなみに、アメリカでは、死亡した立候補者が当選したことがあった!

4月22日に投票が行われた長崎市市長選挙。
選挙期間中に、
立候補していた現職の伊藤一長市長が暗殺されて、
その補充候補として、
伊藤一長市長の娘婿の横尾誠氏と
長崎市職員の田上富久氏が立候補し、

 田上富久氏 78,066 票 
 横尾誠氏  77,113 票 

得票差は953票、総投票数20万802票では
0.5%の差で田上氏が当選した。

今回の長崎市長選では、
無効票が1万5400票余と前回の約3倍で、
総投票数の7.69%になった。
伊藤市長の名前など「候補者ではない氏名」を記載した投票多く、
中には、
  伊藤一長市長今までありがとうございました

         20070424140658.jpg

  

と書かれた表もあった。また、白票も多かった。
突然の伊藤市長の死去と補充候補者による選挙が3日しかないことに
有権者の戸惑いがあったように推測する。

特に期日前投票の扱いについて大きな問題が発生した。

17日までに有権者の約2%に当たる7354人が投票したが、
伊藤市長は18日未明に死亡した時点で候補者ではなくなり、
「候補者でない者への投票は無効」とする
公職選挙法の規定によって市長への票はすべて無効になって
しまうのだ。

おそらく、無効票にはこの期日前投票で伊藤市長で
投票した人が多いだろう。
まさか、17日までに伊藤市長に投票した人達は
伊藤市長が選挙期間中に亡くなることは
想像していなかったし、
また、無効票になるとは知らなかっただろう。


伊藤市長の死亡後、期日前投票を済ませた方から
「再投票できないか」という問い合わせがあったようだ。

総務省は
「同じ選挙で2回の投票はできない。投票権行使と、投じた票が結果的に無効となることとは、別問題」としているが、
他の候補者の票は有効であり、
かつ、補充立候補が正式に受理される前に、
補充立候補予定者の名前を投票用紙に書いて
期日前投票した場合は「結果的に有効となる」というのだ。


誰か、この問題について、憲法の観点から
訴訟したら、裁判所はどのような判断をするかなあと
思ったりする。


また、補充立候補制度で懸念されることは
選挙開始日に立候補しなかった人たちの陣営が、
当初の立候補者をテロで死亡させ、
補充立候補を立てるということが発生することがないだろうか?


ところで、アメリカでは
2000年の上院議員選挙において、
選挙期間中に死亡した立候補者が当選することがあった。


2000年10月16日
アメリカ・ミズーリ州で、
民主党上院候補として選挙活動をしていた
メル・カーナハン知事が飛行機事故で亡くなったのだが、
アメリカでは選挙中に死亡しても、そのまま立候補者として
登録され、なんと、投開票の結果、当選してしまったのだ。

米国の知事は、現職の上院議員が死亡した場合には、
同議員の任期が終わるまで、代わりの人を任命できる権限がある。

そこで、
カーナハン死亡にともない知事に昇格した
ロジャー・ウィルソン副知事は死亡したまま当選した
カーナハン氏の夫人を説得し、彼女を指名し、その結果、
カーナハン氏の夫人が上院議員になった。
(カーナハン氏の夫人は2002年の選挙で落選する)



ただ、この死亡した候補者が当選した場合、
権限を持つ第3者が任命できる制度は
民意から乖離した恣意的な指名が行われる可能性があり、
正当性に問題が出てくるようにも思える。


立候補者が死亡した場合の期日前投票の扱いについては、
一旦、期日前投票をキャンセルして、再投票するという
方法もあると思うが、その場合の投票者の身分確認に
問題が出てきそうで、身分を証明するものを偽造して
不正投票が行われる可能性がある。

選挙期間中に立候補者が死亡した場合、
選挙そのものを一旦中止して、
例えば、2週間から4週間後に
再選挙を行うのが良いのではないかと思う。


ついでに・・・

無効票で思い出した。
大阪府知事選挙に横山ノック氏が出馬した時に
無効票の中に

        たこ

と書かれた票があったという。

「たこ」って、横山ノック氏のことか???


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
このブログでの関連リンク

ダモクレスの剣 ~ 伊藤一長長崎市市長とケネディ兄弟

テーマ:長崎市長射殺 - ジャンル:ニュース


4月23日 ペルー日本大使公邸強行突入 ~ 銃弾に砕かれた少年少女の夢・命を救った誉め言葉

今日は2007年4月23日
10年前の今日の1997年4月23日は
ペルー日本大使公邸占拠事件で
ペルー軍特殊部隊による強行突入が行われた日である。
(ペルー時間では4月22日)


私は当日、朝、5時ごろに目覚め
NHKのニュースは平常通りであり、
久々に散歩でもしようと5時15分ごろ家を出た。

そして、6時10分ごろ、自宅に戻って
テレビをつけて、NHKを見ると

「人質の方々は・・・」というフレーズが聞こえ
画面右下には

        大使公邸強行突入

とテロップがあった。

「うわ!散歩に行っている間に、こんなことが起こっていたのか」
と思った。


さてさて、
ペルー日本大使公邸占拠事件の流れを事件発生から追っていく。

1990年に日系ペルー人のフジモリ大統領が就任した。
経済は混沌し、貧富の格差が激しいペルーを
日本の経済協力もえて経済の立て直しをはかるとともに、
その社会不安の中でテロが続発した
ペルー社会の治安を回復するため
テロ鎮圧政策をすすめてきた中で、事件は発生する。



1996年12月17日(日本時間12月18日)
トゥパク・アマル革命運動(MRTA)の構成員達14名が
ネストル・セルパをリーダーとして
天皇誕生日祝賀レセプションが行われていた
リマの駐ペルー日本大使公邸を隣の空き家から
塀を爆破して、侵入し、襲撃した。
大使公邸が瞬く間に占拠され、数百人が人質となった。


セルパ達の要求は主に以下の4つであった。
 ①収監されているMRTAの仲間の釈放.
 ②フジモリ政権の経済政策の変更.
 ③アマゾン地域までの移動の際の人質の連行.
 ④戦争税(身代金)の支払い.


フジモリ大統領は即時の武力行使を検討したが、
日本政府の「平和的解決」の要望もあり、
12月21日には
「囚人の釈放要求は拒否する。しかし人質全員を解放すれば、武力行使は行わない」とフジモリ大領は述べる。

大使公邸内ではあまりの人質の多さにセルパは困っていて、
ミシェル・ミニグ赤十字国際委員会代表の求めに応じて、

12月22日
セルパは女性や老人など人質225名を解放し、

①大統領のメッセージは「降伏」を求めるもので、受け入れられない。
②政府と無関係の人質をクリスマスの祝意として解放する。
③残る人質の解放は、MRTAメンバーの釈放が条件である。

と声明を出す。

12月23日
新たな人質解放予定者の134名の名が読み上げられるが、
その時リストに入っていたウイッチ司祭の名前を呼ばれたが、
聖職者としての勤めを果たしたいと、人質とともにとどまることを望んだ。この行動は皆の賞賛を呼ぶ。

12月28日
政府代表のパレルモ教育相、国際赤十字のミニング代表、シプリアーニ大司教とセルパとの第1回目の直接対話。

その後、人質達は解放され続け、
1997年1月下旬までに、数名のフジモリ政権閣僚やペルー軍の将校を含むペルー政府関係者と青木盛久大使など駐ペルー日本大使館員、松下電器や三井物産などの日本企業駐在員ら
72名の人質に絞られた。
この72名は事件集結まで、大使公邸で過ごすことになる。
日本人人質は24名。

1月下旬、ペルー国家警察の装甲車が大音量の音楽を流しながら、
大使公邸前を行進することが多くなる。

この間、様々な差し入れが行われたのであるが、
人質のペルー軍出身の大臣が
差し入れにボソボソと語りかける姿が見受けられた。
「あの人、頭おかしくなったのか?」と
思える光景であり、
青木大使はその行動が何を意味するのか分からなかった。
実はこれにはわけがあった。

ペルー軍出身の大臣は
「フジモリ大統領が大使公邸に運び込まれる物資の中に盗聴器を仕掛けないわけがない」
と思ったのだが、何に盗聴器が仕掛けられているかが
わからないので、あらゆる差し入れの品に語りかけていたのだ。

その大臣がある日、差し入れのギターに
「これが聞こえたら合図の曲をかけてくれ」とささやくように
語りかけたところ、その翌日、合図の曲がかかり、
この日から、大使公邸内とペルー当局の盗聴器を通じた
連絡が始まる。


1月27日、日本政府が慌てる事態が発生する。

いつものようにペルー国家警察の装甲車が大使公邸前を
行進を始めた。その行進に参加していた隊員のひとりが
邸内のMRTAの女性に向かって卑猥な動作をして挑発した
ために怒ったMRTAが発砲し、装甲車に命中、
一触即発の事態になる。

武力衝突を懸念した日本政府は、ペルーとの首脳会談を
行うことを判断し、

2月1日
東京・リマの中間地点であるカナダのトロントで
橋本総理大臣とフジモリ大統領の首脳会談が行われ、
その後の共同記者会見で、

 ・平和的解決の追求、
 ・セルパらMRTAとペルー政府の予備的対話の開始、
 ・寺田大使の保証人委員会オブザーバー参加
以上のことで意見が一致し、

2月11日
大使公邸内で、ペルー政府のパレルモ教育相とMRTAの
第1回予備的対話が行われた。

ただ、その一方で、フジモリ政権は武力突入への準備を
着々と進めていた。
1月下旬に、
フジモリ大統領の意を受け、
大使公邸と同じ間取りのセットを造り特殊部隊が
突入のシミュレーション訓練を積み重ねていた。

フジモリ大統領は地下トンネルを掘り
そこから突入することを発案した。
その作戦名は「チャビン・デ・ワンダル作戦」。

ペルーに、世界遺産のチャビン遺跡があり、
そこには地下回廊があり、そして神殿がある。
その構造にヒントを得て、
「チャビン・デ・ワンダル作戦」をフジモリ大統領が考案した。

 (チャビン遺跡については
   世界遺産:チャビン遺跡
   ペルー旅行の写真と観光情報ワラス > チャビン遺跡
   に書いてあります)


「チャビン・デ・ワンダル作戦」実行に向けて、
大使公邸の地下のトンネル掘削作業を着々と進めていた。
そして、大音量の音楽を流す理由は、このトンネル掘削作業の
音をセルパ達に気づかれないようにするためでもあったのだ。

一方で、フジモリ大統領はキューバを訪問し、
カストロ議長にMRTAの14名を受け入れを要請し、
平和的解決も模索していた。



大使公邸内は、人質の72名とMRTAの14名、96名が
過ごし続けているのだが、
長時間同じ場所で、時間と空間を共有すると
自然に人と人との交流が深まってくる。

セルパはペルーが抱えている社会問題を切々と語る。
それに対して、人質の日本人の1人は
「すべてに同意できるわけではないが、考えさせられるものが
あった」と後述している。

国籍の異なる人質達の間で、日本語、スペイン語、フランス語の
語学教室が行われる。それになんと
MRTAの若いメンバーが参加していた。


MRTAの14名のうち6名は
アマゾンの奥地から500ドルで
アルバイト感覚で参加していた。
この仕事はすぐに終わるだろうと思っていたようだ。
彼らはこの仕事の話が来た時、
バスで行けるところだと思っていたようで、
その仕事の代金を
家族のための食費にあてることを考えていた。

また、篭城しているMRTAのほとんどが
12歳から18歳までの少年達で、
うち2人は15歳の女の子だった。
少年らは文字も書けず、
世界地図は見たことがなく、日本がどこにあるかも知らない。

そのような少年少女達は
人質達が持つ知性や文化に惹かれていく。

日本から差し入れられた
カップラーメンに感動して、
「家族の土産にする」と言うMRTAの少女がいた。

そして、MRTAのある少年は日本語教室の勉強会に
熱心に参加し、
ひらがな、かたかな全部と、漢字も少し書けるようになり、
日本の写真集を拾い読みできるまでになり、
「おはようございます」と挨拶するようになっていた。

そして、ある日
MRTAのある少年が絵を描いていた。
それを見たある人質のひとりが、
「君は絵が上手い、勉強すれば画家にだってなれる」と
誉めると、その少年は喜び、目を輝かせた。

そして、MRTAの少年・少女達は
 「もらったお金で小型バスを買い、ミニバスの運転手になりたい」
 「土地を買ってコーヒー園をしたい」
 「事件が終わったら軍に入りたい」
 「キューバでコンピュータを勉強したい」
 「日本の警察官になりたい」

と、将来の夢を語るようになっていた。


事件が長期化してくると、人は日常の楽しみを興じ
たくなってくる。
セルパをはじめとするMRTAのメンバー達は、
何日も同じ場所で留まっていると
気分転換に体を動かしたくなる。
ペルー政府はそのようなMRTAメンバーたちの心理を分析、
ある意図を持ってスポーツウエアやボールを差し入れた。


MMRTAの見張り役の一部のメンバー以外は、
その差し入れのスポーツグッズを
使い、1階の大広間で、
ミニサッカーを日課のようにおこなっていた。
(毎日の場合もあれば、1日置きにする場合もあった)

そして、セルパは、4月12日頃、
大使公邸から10歳の息子に手紙を送る。

その手紙には、

ペルーチームが立ち直り、ワールドカップに出れたらいいね

自分がサッカーをしていることを伝え、

いつの日か、君と一緒に試合がしたい

と、セルパは刑務所にいるMRTAメンバーである妻の釈放を
強く求めていた。

セルパは妻と同じ家で再び過ごし、息子と
楽しくサッカーをすることを夢見ていたのだろうか?

ただ、この手紙が息子へのラストメッセージとなるのであった。

そう、その日、その時は迫っていた。


セルパと篭城したMRTAのナンバー2のロハスらが
ペルー政府の提案に対する返答について
議論をしていたが、セルパが政府の案にやや妥協しようと
したが、ロハスが反対し、議論に参加した
何名かの間で、多数決で採択したところ
セルパの提案は否決された。

その会議を盗聴器で傍受した
ペルー政府はMRTAとの交渉による解決は不可能と判断し、
フジモリ大統領は強行突入による解決を決断する。

4月21日の朝から突入の準備に着手。
その日の午後、
MRTAのメンバーが日課のサッカーを行う。
負けたチームのひとりが「ミエルダ(くそ)」
と大声を上げていた。

その様子をペルー軍は傍受して、
「明日、必ずリベンジ戦がある」と判断した。



そして、4月22日の午後
1階に、ある日本人人質が
歩いていると、階段から
あるペルー人が手招きをして
「2階に上がってこい」と言うので、
2階に上がっていった。
人質のペルーの軍人は、2階廊下を
聖書を読みながら歩いていた。
ただ、読むだけでなく、ボソボソとつぶやきながら
聖書に語りかけていた。

長い人質生活で頭がおかしくなったのかと
思った人もいたようだが、
聖書には盗聴器が仕掛けられいて、
MRTAメンバーの様子を克明に伝えていたのだ。

そして、やはり、この日、
2階にいる見張り以外の
MRTAメンバー達は、
1階の大広間でサッカーを始めた。

その様子は、聖書に仕掛けられた盗聴マイクを
通じて、人質のペルー軍人が伝え、そして、
フジモリ大統領に伝わる。


フジモリ大統領は
「今だ!」
突入にゴーサインを出す。

そして、
1997年4月22日15時23分(日本時間4月23日5時23分)
1階の床の数箇所が爆発!!
チャビン・デ・ワンダル作戦が開始された。


            20070423152015.jpg



爆発とともに、
ペルー海軍特殊作戦部隊(FOES…Fuerza de Operaciones Especiales)が
正面玄関、地下トンネルから
一斉に突入した。


            20070423152137.jpg

               正面からの突入



            20070423152250.jpg

          地下トンネルから出る隊員(赤枠内



1階の大広間でサッカーに興じていた
MRTAのメンバーは爆風で吹き飛ばされた。
大広間にはMRTAのメンバーの多くがいたので、
第1撃で、MRTAの戦力の大部分を無力化できた。
ペルー政府は、これを狙って、サッカーなどの
スポーツグッズを差し入れたと推測されている。


セルパは、
吹き飛ばされされながらも
かろうじて、銃を手に取り立ち上がろうとしたが、
特殊部隊からの一斉射撃を受け、
亡くなった。


      20070423152644.jpg

          脱出する人質


      20070423152922.jpg

         搬送される負傷者



そして、2階に残っていた他のMRTAのメンバーは
政府が強行突入したら、人質を殺害するという
方針のもと人質のいる部屋に向かい、
ある人質に銃口を向ける。

その人質が目にした銃口を向けているMRTAのメンバーは
「君は絵が上手い、勉強すれば画家にだってなれる」と
誉めたたえた少年であった。

その少年は悲しそう表情を浮かべて、
銃口を下ろし、その場を離れた。

その人質曰く、
「彼が撃っていたら、私は死んでいた」と語っている。


この突入の結果、
人質72名のうち71名が無事解放されたが、
人質のうちカルロス・ジュスティ最高裁判事が死亡、

特殊部隊のうち2名が死亡



そして、
セルパらMRTAメンバー14名全員が射殺された。

突入作戦の後、仲介役を務めた
シプリアーニ大司教が

MRTAメンバーもまた神の子である

と記者会見で、涙を流した。

セルパも妻と息子を愛する家族を持つ男で、

家族と再び暮らせる時を夢見て、

MRTAメンバーの少年・少女達も将来に夢を抱いていた。


その彼・彼女らの夢は銃弾によって砕け散った。



MRTAメンバーの少年・少女達は
人質達との交わりが深まり、いろいろ教わり、
敬意と親愛の情を抱くようになり、
人質の命を奪えなくなってしまったのであった。

このように
「犯人の方が人質に感化され、人質に対する態度が和らぐ現象」を
この事件を契機に、この事件が発生したペルーの首都「リマ」にちなみ
「リマ症候群」と呼ばれるようになった。


この事件で最も印象に残ったところは

「君は絵が上手い、勉強すれば画家にだってなれる」と
誉めたたえたられた少年が、
軍の突入後、その誉めてくれた人質に銃口を向けたが、
悲しそうな顔をして、銃口を下げ、去っていったところだ。

自分の良さを認めてくれて
誉め称えてくれて、夢を抱かせてくれた
人を傷つけることはできなかったのあろう。


この場合の彼への誉め言葉が、
この人質の命を救ったのかもしれない。

ただ、
この少年・少女達の死が、この事件の悲劇さを
感じる部分であり、
MRTAメンバーの少年・少女達の死を知った
人質の中には
心に大きなトラウマを抱えた人もいたという。


この事件で、人質となっていた外交官の
小倉英敬氏は、外務省退官後、学者となり、
このペルー日本大使公邸占拠事件に関して、

『封殺された対話:ペルー日本大使公邸占拠事件再考』

という著書を出している。

彼は、人質生活の間、
MRTAのメンバーの声に耳を傾け聞き取ろうとし、
MRTAの方針・手法に異論をあげながらも、
「社会正義を求める」初心には純粋さを感じていたようだ。
そして、対話による平和的解決の方法はあったはずだと主張する。


強行突入止むなしとしても
少なくとも、
人質達との生活で
将来の夢を抱き熱心に学ぼうとしていた
MRTAメンバーの少年・少女達が射殺されることなく
生きて、刑期を終え、社会復帰するチャンスが
与えられなかったことは悲しいことであった。


中島みゆきは、この事件の解決のニュースに触発され、
『4.2.3』という曲を作成、
「私の子供になりなさい」の
ラスト曲で12分19秒という作品大作である。


歌詞の一部に次のようなところがある。


リポーターは日本人が手を振っていますとだけ嬉々として語り続ける
担架の上には黒く煤けた兵士

腕は担架からぶら下がり 足首がグラグラと揺れる
兵士の胸元に赤いしみが広がる
兵士の肩に彼の銃が ためらいがちに仲間によって載せられる
担架はそれきり全速力でいずこかへと運び出されてゆく


(中略)

しかし見知らぬ日本人の無事を喜ぶ心がある人たちが何故
救け出してくれた見知らぬ人には心を払うことがないのだろう

この国は危い何度でも同じあやまちを繰り返すだろう 
平和を望むと言いながらも日本と名の付いていないものにならば 
いくらだって冷たくなれるのだろう

慌てた時に 人は正体を顕わすね

・・・・・・・・・・・・・・

ペルー日本大使公邸占拠事件 You Tube 映像

La operacion: Chavin de Huantar(ダイジェスト的編集26秒)


Rescate Embajada Japón - Japan Embassy Rescue. Perú. MRTA.(現地のマスコミ、映像やや悪い 7分ぐらい)

Fujimori explica la Operacion de Rescate Chavin de Huantarフジモリ大統領インタビューなど 英語字幕)


                  


                  


                  


                  


                  


                  

テーマ:今日は何の日!? - ジャンル:ニュース


4月 ~卯の花が開き、愛と美の女神アフロディテに捧げる月

4月は
「卯月」と呼ばれるが、
どうして「卯月」となったのかは
いくつか説がある。

代表的なものは旧暦の4月のころに
「卯の花」(空木)が咲く月であるから
「卯月」になったという説。

           20070422055038.jpg

           卯の花


ちなみに、ホトトギスは卯の花が咲く時期を教えてくれる鳥ということで「卯月鳥」とも呼ばれる。
              20070422055432.jpg

          ホトトギス


一方で、卯の花という花の名前は「卯月」に咲くから
「卯の花」と呼ばれるようになったという説も
あり、卯月の語源は「卯の花」説に異議を唱えられる
ことがある。

他の説としては、

十二干の順で卯は四番目だから卯月になったという説、

ウは、初、産などにつながる音で、1年の循環の境目を卯月
になったという説、

十二干の順で卯は四番目だから卯月になったという説

がある。



4月は英語で「April」である。
語源には諸説ある。

4月はAphrodite(愛と美の女神アフロディテ)
に捧げる月であるから
「April」になったという説。

一方で、Aphroditeは古代ローマでは
「Venus」となっていたので、
その説に疑問と唱えられることがある。

ただ、ローマでは4月のことを
Aprilis(アプリリス)と呼んでいたようであるので、
やはりAphrodite説ではないかとも考えられているかもしれない。


           20070422062431.jpg

          ボッティチェリ『ビーナスの誕生』。



他の説としては、
ローマでは当初3月が1番目の月とされていたので、
その第2の月という意味で
「April」になったという説。

4月は花が咲くころなので、
花が開くという意味のラテン語「Aperire」に
由来するという説。


「大地が開き、やわらかくなる」という意味の
Apriに由来するという説がある。





テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


諦める ~ もともとは仏教用語で、「断念」という意味と違う意味であった

何かの思いを断念するという意味で
「諦める」という言葉が使われる。


この言葉はもともと「思いを断念する」
という意味でもともと
使われていたのではない。

この言葉は仏教用語で
「真理を悟る」という意味があるのだが、
そもそも
「諦める」の「諦」には
「あきらかにする」「つまびらかにする」という意味があり、
仏教では、
「諦」とは「真理を観察して明らかにみる」
という意味があり、「真理を悟る」という意味になっている。


「諦める」という言葉は、日本では、
「諦」という字のそもそもの意味や
仏教用語での使われ方から
真実を見極め明らかにするという意味の
「明らめる(あきらめる)」もしくは
「明きらむ(“明らめる”の文語)」
と記されたと言う。



それがどうして、「思いを断念する」という意味で
使われるようになったのかは定かではないが、

最低山極悪寺 珍宝院釈法伝によると


明治時代の国語辞典「辞林」には
「あきらむ」という語に関して、

 あきらむ 自動詞 あきらかに究める 「明」の字を当てる
 あきらむ 他動詞 思いを絶つ    漢字表記なし

と記されていて、
昭和時代の大漢和辞典には
日本独自の意味として、
思いを断念するという意味合いでの
「諦める」という意味で「諦」の字に関する説明が
書かれているという。

少なくとも
明治には「あきらむ」には思いを断念するという意味があり、
昭和になって「諦」という文字を用いて
思いを諦めるという意味で、「諦」が使われていたようだ。

それが、どうして思いを断念するという意味で
「諦」が使われるようになったのか?

はっきりしたて定説はないようだが、
明きらむが「真理を見極める」という意味があり、
それは「諦」のもともとの意味と同じであるのだが、

その真理を見極めるから「周囲の状況をあるがままに見極め、
見極めようとしている自分自身が認識できる範囲を知り、
能力を発揮できる範囲=限界を悟ること」
という意味で使われ、
それで「限界を悟り、断念する」となり、
それで「思いを断念する」という意味で
「諦める」が使われるようになったのではないか
という説があるという。



参考リンク

合法格物致知山 永徳寺 観音院



テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


メイド検定機関設立 ~ メイド喫茶市場の潮目?

日刊スポーツのニュースに

1級メイド誕生へ、日本メイド協会設立
というニュースがあった。

メイド喫茶が乱立して、本来ならメイドにふさわしくない人も
メイド服を着て働いていることが多くなってきたので、
本来のあるべきメイド姿を講習して、検定を行い、
1級、2級の認定を与えるという。


この検定を行うのが、「日本メイド協会
コスプレ情報雑誌「COSMODE(コスモード)」大門太郎編集長と、メイド服販売店「キャンディフルーツ」などメイド関連店を経営する小野哲也氏が設立したという。

あるべきメイドの姿として

(1)心の底から客らに尽くす「奉仕の精神」がある
(2)メイド服等きちんとした身なり、不快を与えない髪形をしている(3)しっかりした尊敬語、丁寧語を話せ、注文の取り方などのマナーも身につけている


という基準があるようだ。検定は今年の12月から行う予定。

どの新規市場も拡大すれば、参入者が多くなれば、
玉石混合状態になってくるので、
このような評価機関や業界団体が生まれてくる。
メイド喫茶業界もそうなっていくのだろう。

メイド喫茶は、出店の開閉店のサイクルが短いと言われるが、
大阪日本橋に詳しい方によると、
オタロードなどでメイド喫茶がここ2年であっという間に
30店舗近くできたが、ブームが過ぎて、店舗数は減るだろうと
言っていた。

ブームになれば、オタクさんにとって神聖な場であるメイド喫茶に
オタクでないパンピーが来ると、オタクさん達は
そのパンピー達のオタクさんに対する視線を痛く感じるので、
パンピー達が来ないメイド喫茶に行くという。
メイド喫茶ブームが過ぎると、
パンピー達が来なくなり、
市場は縮小し、オタクさん達が常連としている
メイド喫茶だけが残っていくことになるだろうと
その方は見ている。

メイド喫茶市場も
品質維持のための検定ができたり、
ブームもピークを超えたようで、
ひとつの曲がり角に来ているかもしれない。


日本橋界隈のオタク系ショップを案内する
オタマップがある。

このようなオタク系ショップ専門マップは秋葉原より先に
日本橋に登場したようで、萌え系ポータルサイトの
コンテンツのひとつとしてこのオタマップを製作している
このオタク系ポータルサイトを運営している
ああとあいてぃ(大阪市)である。

萌えビジネス評論で有名な経済アナリストの
森永卓郎氏は、
ああとあいてぃの社長の武内博氏のことを
「萌え業界の孫正義」と称えている。

武内博氏は現在27歳か28歳である。


武内博氏インタビュー(大阪日日新聞)




テーマ:最近のちょっと気になるニュース - ジャンル:ニュース


ワッフル ~ 蜂の巣のようなお菓子を無駄話しながら食べて

最近、お昼時に、ローソンで売っている
ワッフルを買う。

そこで、ワッフルの歴史を辿ろうといろいろ
検索してみた。

ワッフルのそもそもの起源は
古代ギリシアにあるのではないかというものがあった。

紀元前400年ごろ
「オボリオス」という
2枚の鉄板で挟んで焼いた小麦粉菓子が
古代ギリシアにあったそうで、
作家アリストファネス(紀元前446年頃 - 紀元前385年頃)
の喜劇のなかにも登場する。

これがワッフルの起源ではないかと言う説がある。

その「オボリオス」が欧州では主に2つのルートで
変化したようで、
「フランスルート」と「オランダルート」があるそうだ。

フランスではその「オボリオス」が
小麦粉と卵で作った生地を、
鉄板の上で焼いた丸く軽い菓子である
「ウーブリー」となり、
そして、18世紀になると、
「ウーブリー」に
凹凸模様をつけて焼くこと方法が編み出され、
「模様を型押しする」という意味の「gaufrer」という
名前がつけられた。これが「ゴーフル」である。


一方、オランダでは7世紀ごろ
「オボリオス」が格子状の模様の鉄板で
形付けられた薄くてパロパリしたお菓子
「Wafel」が作られた。

「Wafel」とは「蜂の巣のような」という意味で、
格子状の模様が「蜂の巣」に見えたので、
「Wafel」とつけられた。

このWafelがwafer(ウエハー)と
英語のwaffle(ワッフル)の語源とされる。


オランダでは堅いクッキーみたいになったが、
イギリスではやわらかいふわふわとしたものになった。

そして、そのイギリスのワッフルを日本に持ち込んだのが
米津風月堂の当主米津恒次郎である。
彼は1891年(明治24年)に
欧州での修行を終えて、帰国する時に
凹凸のある焼き型つきのウエハースの製造機械を購入し
持ち帰って、製造販売し始めた。

当初は、なかなか売れなかったので、
あんをはさんでワッフルの名で売り出したという。


日本でワッフルが大きく脚光を浴びたのは
1986年、梅田にベルギーワッフル一号店が開店し
大阪で人気を得て、
そして、1996年に東京に開店し、あっという間に
全国に広まったことに由来する。




さてさて、
「waffle」のスペルを英和辞典で調べて見ると、
洋菓子のワッフル以外に
「おしゃべりしてむだに過ごす」「無駄話」「中身のない話」
となる。どうして、このような意味の「waffle」が
生まれたのかわからないが、
どうでもいいおしゃべりをしながらティータイムにぴったり
のお菓子に
ワッフルが合っているとも・・・・・


テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


ダモクレスの剣 ~ 伊藤一長長崎市市長とケネディ兄弟

伊藤一長長崎市市長が暗殺された。


私は昨日自宅に戻ったのが21時55分頃で、
今日のトップニュースは「アメリカの銃乱射事件」だろうと
思ったのだが、
既に始まっていた報道ステーションを見ると、
夜の街に多くの赤色灯が回る映像が映った。

「あれ!何か別の大事件でも発生したのか」と
思ったら、
選挙運動から戻った長崎市長が銃撃されたというニュースであった。

選挙運動中に有力な立候補者が銃撃されるという事態に
衝撃を感じた。


伊藤一長長崎市市長は3期12年を勤め、4期目を目指していて、
当選は確実視されていた。

彼は2007年4月17日の朝、
選挙活動のことで頭がいっぱいだったかもしれないし、
当選したら4期目の長崎市政のこと
被爆都市長崎として、核兵器廃絶運動などのことに
思いをめぐらせていたかもしれない、それは
わからないが、まさか、自分が志半ばで
24時間以内にこの世を去ることになることが
迫っているとはは夢にも思っていなかっただろう。

そして、凶弾に倒れた後、病院で息を引き取った後、
伊藤一長長崎市市長の妻が
「長崎を良くしようと、ここまで頑張ってきたのに、
こんな形は残念。大変悔しい」と
語ったという。とても家族の無念さを感じる。

ただ、伊藤市長本人は予期せぬ凶弾を受け、
無念さを感じる間もなかっただろう。

伊藤市長は1945年8月23日と終戦直後に生まれた。
伊藤市長は小学校5年生の時、
「私は政治家になりたい」と将来の夢を話、
高校生の時は長崎市の市長になることを思い描いていたという。
そして、1995年、念願の長崎市市長選に初当選し、就任する。
長崎市長に初当選したばかりの伊藤市長は
戦後50年ということで、オランダハーグの国際司法裁判所
で行われた「核兵器使用が国際法違反」にあたるかどうかの
採択に当たっての会議で、日本政府の証人
として、発言した。

「亡父は被爆者だったが、被爆体験のない私が被爆者の思い、市民の熱い願いを伝えることができるだろうか」と不安を抱きながら、
伊東市長は思いを込めて言葉を放った。

「核兵器使用が国際法に違反することは明らか」

と強調し、

この子供たちに何の罪があるのでしょうか。この子たちが銃を持って敵に立ち向かったとでもいうのでしょうか

すべての核保有国の指導者は、この写真を見るべきであります


涙をにじませ、声を詰まらせながら、
被爆地長崎の思いを込めて言葉を発しながら、
長崎に落とされた原子爆弾によって爆心地近くで
黒焦げの体になって焼死した少年の遺体が写った写真を
掲げた。


その伊藤市長の発言を聞いていた
ベジャウィ裁判長は「感動的な陳述に感謝する」と謝辞を述べた。


そして、伊藤市長は
2000年、ニューヨークの国連本部で開催された
核拡散防止条約(NPT)再検討会議にて、
「核兵器がある限り、人類の恒久平和はあり得ない」と
呼びかけた。

その国連では、1961年、
アメリカ合衆国第35代大統領ジョン・F・ケネディが

地球のすべての住人は、いずれこの星が居住に適さなくなってしまう可能性に思いをはせるべきであろう。老若男女あらゆる人が、核というダモクレスの剣の下で暮している。世にもか細い糸で吊るされたその剣は、事故か誤算か狂気により、いつ切れても不思議はないのだ。

と核兵器の危険性をギリシア神話に登場する
ダモクレスの剣に例えて演説した。

ダモクレスの剣とは次のようなお話である。

ギリシャのシラクサ王ディオニシオスが
臣下のダモクレスがあまりにも王位の幸福を称え
うらやんだので、
ダモクレスを宴席にまねき、
王の玉座にすわらせご馳走を出してもてなした。

ダモクレスが王座に座り、気分良くしていたのだが、
ふと上を見上げると
何と細い羽毛で結ばれた鋭い剣が
釣り下がっているではないか。
今にも糸が切れそうで、剣は落ちて頭を突き刺しそうな
怖さを感じた。

そのようにして、
ディオニシオスはダモクレスに
人のうらやむ王位が、常に危険と紙一重であることを
伝えたのだ。


1961年にダモクレスの剣に例えて、
核兵器のある地球の危険性を演説した
ジョン・F・ケネディは
その翌年の1962年
キューバ危機において、
米ソの全面核戦争という
まさに核兵器というダモクレスの剣が人類を
刺しかねない危機の深淵を垣間見た。

何とかジョン・F・ケネディは
核兵器というダモクレスの剣を落ちることを防いだが、
その翌年の1963年11月22日
暗殺され、まさに人がうらやむ大統領という地位が
常に危険と紙一重であることを示す
ダモクレスの剣によって刺されてしまった。


そして、ジョン・F・ケネディの弟
ロバート・ケネディは1968年6月5日
大統領選挙に向けての民主党予備選挙運動中の遊説先で
暗殺された。
ロバート・ケネディは大統領になる前の選挙の段階で
ダモクレスの剣によって刺されてしまった。
ロバート・ケネディもキューバ危機の時
司法長官で、
核兵器というダモクレスの剣が人類に落ちないように
尽力した。

そして、昨日、2007年4月17日
核兵器廃絶を訴え、
核兵器というダモクレスの剣と無くすという
志をもった伊藤一長長崎市市長も
ロバート・ケネディと同じく選挙の最中に
ダモクレスの剣によって突き刺されてしまった。


民主的に選ばれたリーダーがダモクレスの剣によって
潰されないようにするには民意が重要だろう。

1996年
産業廃棄物処分場建設問題に揺れていた
岐阜県御嵩町で建設反対を政策にかかげていた
当時の柳川喜郎町長に襲撃され
重体になった事件があった。
襲撃した犯人は逮捕されていないが、
産業廃棄物処分場建設問題が背景にあるとされ、
ダモクレスの剣が
柳川喜郎町長を襲ったのだが、
一命は取り留めた。

そして、その襲撃事件をきっかけに、
町長だけを矢面に立たせてはならないと
住民が立ち上がり、住民投票の運動が始まり、
産業廃棄物処分場建設を押し留めている。

民主的に選ばれたリーダーがダモクレスの剣によって
潰されないようにするには御嵩町の住民が
示したように民意の盛り上がりが重要なのだ。

そして、核兵器というダモクレスの剣が
人類に落ちないようにするためにも
民意が重要なのだ。

その民意も何かに激怒して沸騰し戦争に向かってしまう
こともある。戦前の日本はそうであった。

核兵器保有国がある現在、
世論が沸騰して戦争になってしまうと
核兵器というダモクレスの剣が降りかかってくる
リスクがある。

そうならないようにするためにも、
民意が核兵器の使用を認めないという意思を持つことが
重要なのだ。

現実的に核兵器廃絶は難しいと思うが、
その核兵器を使えない状態にして、
核の悲劇を繰り返さないようにするためにも
核兵器を使った時の悲惨さを核兵器保有国の国民に
伝え続けることが
唯一の被爆国に住む日本人の重要な役割であり、
そうすることが、
「核兵器廃絶」という
志半ばで凶弾というダモクレスの剣で
命を失った伊藤一長長崎市市長の思いを
無にしないことにつながり、
人類に核兵器というダモクレスの剣を
落ちない世界にするための一歩であろう。



このブログでの参考リンク
黄金の日曜日(1962年10月28日) ~ 13DAYS・キューバ危機が回避された日



日本で初めて衛星中継がなされた日 ~ その初中継でのトップニュースは衝撃だった!!!ケネディが関係しています。

テーマ:社会ニュース - ジャンル:ニュース


パフェ ~ 究極の「完全な」アイスクリーム

カフェなどで、
若い女性が「パフェ」を食べている光景を
見かけることがある。


パフェが誕生したのは
フランスで
1910年から1920年ごろにかけて
この世に登場したとされる。

当初はフルーツムースであったが、
作業時間短縮のためアイスクリームを
使うようになった。

そのアイスクリームは
卵黄に砂糖やホイップクリームやフルーツピューレなどを混ぜて、
凍らせたアイスクリームである。

それが、
ムースを使ったものに比べても、
引けをとらず、
生クリームを使用した本格的な究極の
アイスクリームということで、
「完全である」という意味で、
フランス語で完全を意味する
「parfait(パルフェ)」と言うようになり、
それが英語圏の国々では
「perfect fruits ice cream」と言われ、
それが日本では「パフェ」と呼ばれるようになった。

もともとのフランスのパフェは
ソースや冷やした果物を添えて皿で供するものであり、

         20070417142423.jpg


今の日本で見られるような
背の高いグラスなどを用いて、
ケーキやプリンなどを乗せている
パフェとは違ったものである。


          20070417143106.jpg


日本に伝わったパフェは進化し、新種のパフェが誕生し、
抹茶パフェが作られ、


          20070417144034.jpg


さらにとんかつパフェなるものが


      20070417145321.jpg


愛媛県松山市のとんかつ専門店「清まる」に登場している。

このとんかつパフェを食べた人が
とんかつレポート」において、
画像および動画で報告している。
どうやらおいしいようだ。

テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


「パニック」と「テンパる」 ~ ギリシア神話と麻雀

突然の不安や恐怖によって混乱する状態を
「パニック(panic )」というが、
その「パニック」という言葉は
ギリシア神話に登場する「パン(Pan)」に由来する。

「パン」は羊と羊飼いを庇護する神で、
父は全能の神ゼウスとされる(他の説もある)
また、笛を携えて山野や林間を歩き回るのを好む。
容姿は、頭と下半身は山羊、上半身は人間の姿をしている。

pan.gif

 図は医療法人 和楽会 パニック障害研究センターから引用

どうして、この羊と羊飼いを庇護する神「パン」が
パニックの語源になったのか?
2つの説がある。


1つ目は、お昼ね邪魔された説

パンはお昼寝が大好きで、
よく、岩かげに横たわって昼寝をしていた。
ただ、お昼寝の時に、
物音を立てられたり、笛を吹かれたりすると
パンは不機嫌になり怒り、なんとも言えない
恐ろしい声を上げ、山々に轟かせ、
石を投げまくった。
その恐ろしい声や振る舞いによって、
羊や羊飼いなどが恐怖で混乱した。
そこから「パニック(panic )」という
言葉ができたという説。


2つ目は、変身中途半端説

ある日、パンはナイル川のほとりを笛を吹いて歩いていたところ、
ゼウスをはじめオリュンポスの神々が宴会を
しているところに遭遇したので、
皆を喜ばそうと笛を吹いていた。
その楽しい宴の最中に
100個の首をもつ海獣「typhon(テュポン)」
が現れた。
テュポンは
ゼウスがクロノスを殺したことに怒ったガイアが
放ったとされ、ゼウス達を急襲し、大暴れした。

それに驚いて、神々は姿を変えて逃げた。
そして、パンもナイル川に飛び込み魚に化けようと
したのだが、あまりの恐怖と混乱で、
濡れた下半身だけが魚の姿で、上半身は山羊のままであった。
これに由来して、「パニック(panic )」という
言葉ができたという説。

その事件の時の
パンの半魚半山羊の姿が滑稽だったので、
それをおもしろがったゼウスが
その姿のままパンを天に上げたことから
山羊座になったという。

ちなみに、
パンやゼウス達を襲った
海獣「typhon(テュポン)」は
台風の語源に関係していると言われる。


さてさて、
最近、パニック状態を意味に近い言葉として
「テンパる」という単語がある。

これは麻雀用語の「聴牌(てんぱい)」に由来すると
されている。

「テンパる」の語源を説明する前に、
麻雀をご存知でない方のために
麻雀のルールを簡単にお伝えしましょう。
(ご存知の方はスルーしてください)

麻雀は4人で行うゲームで
130枚あまり牌を種類ごとに
組み合わせることによって
役というものを構成して、
勝利に必要な役を作り、
それをいち早く作って、
「アガリ」を宣言し、
勝ち負けを競うゲームである。
役には何種類もあって、その役に応じて
点数が決められていて、最後にその点数が
最高点の者が勝者となる。

通常1人13枚保有し、牌山から
牌を取り、その牌が自分が作りたい役に必要なら
取り込み、不要な牌を捨てる。
また、他のプレーヤーが捨てた牌が
自分の役を作るのに必要ならば、捨て牌を
取ることができる。

さて
「聴牌(てんぱい)」とは
アガリのために
もう一歩の状態で、ある牌が来れば
「アガリ」を宣言できる状態である。

「聴牌(てんぱい)」の状態を公言して、
「リーチ」をする場合がある。
「リーチ」を宣言して、アガルことができると
役が1つ増える。
一方、
リーチを宣言すると警戒され、アガリが必要な
牌を他のプレーヤーが捨てない可能性があるので、
「聴牌(てんぱい)」の状態を公言しない場合がある。

これを「闇テン」や「ダマテン」と言う。
これはポイント数が大きい役でアガリができそうな
場合に使われる方法である。

「聴牌(てんぱい)」となれば、
「あと一枚で上がれる状態」なので、
それに由来して、
「準備万全の状態になる」や「目一杯の状態になる」
という意味で「テンパる」が使われ出したようだが、
今世紀になって、
「目一杯の状態になる」という意味から
「余裕がなくなる」とか「焦る」「動揺してあわてる」
という意味として使われるようになった。

麻雀でも最高点の役満狙いの
「闇テン」をしている時に、
不要な牌を捨てようと思うが、
他のプレーヤーの捨て牌から推察すると
他のプレーヤーが
高得点狙いの「聴牌(てんぱい)」を
している可能性があり、
自分にとって不要な牌が他のプレーヤーにとっては、
アガリに必要な牌であるかもしれない。
もし、自分の捨て牌によって、
アガリをされると、自分の得点が大減点になるリスクが
ある。
ただ、もし、その懸念が杞憂に過ぎないのに、
リスクを恐れて、不要な牌を捨てないで、
「聴牌(てんぱい)」を崩して、
高得点を得るチャンスを逃してしまう可能性もある。

どちらを選ぶか瞬時に判断しないといけないが、
考えすぎて混乱してパニックになって、
テンパッテしまう。

危険牌を捨てるか聴牌を崩すかの選択による
パニック状態から「テンパる」という意味で使われる
言葉が生まれたという説もある。

とにかく、麻雀の「聴牌(てんぱい)」が
動詞化して、「テンパる」という言葉が生まれたのだ。

外来語やゲーム用語などから
「○○る」と動詞化するパターンはよく見られるが、
「サボる」もその例である。


ちなみに、私の故郷である
和歌山県御坊市
麻雀牌生産額日本一である。

それは、御坊市には、
国内の麻雀牌生産シェアで70%を誇る
大洋化学」があるからです。
また、同社は全自動麻雀卓のシェアは50%に
なっています。



このブログでの関連リンク

台風~シチリア島のエトナ火山の下で火を噴く「typhon(テュポン)」


「サボる」はフランス語から~ワールドカップ見たさにサボる人続出だという




テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


春日遅々

山笑い、風光る
暖かな日の黄昏時、日が暮れるのが遅くなっている
のがわかると、
春日遅々を感じる。

昨日はまさにそのような日であった。

今日も、そうなりそうだ。

「山笑う」「風光る」
「春日遅々」「春風駘蕩」など
華やか、さわやか、のどかさ、うららかさを
感じさせる言葉が
春には多い。

春はそのような気持ちに人々をさせてきたのだなあと思う。


ただ、来週は雨が降りやすく、気温が下がるという。





テーマ:日記 - ジャンル:日記


しづ心なく花の散るらむ ~ 美しい花の時節から若葉の時節に

今朝は天気が良く、温かくなりそうで
春風駘蕩の日になりそうだ。
ふと
2階にある自宅の窓を見ると、桜並木の木々も花が散り、
多くの花びらが路面をはっている。
たった10日余の花の寿命を終え、葉桜になっていく。
時の移ろいの速さを感じる。

散る花を見ると

百人一首の三十三 紀友則


久方の光のどけき春の日に
         しづ心なく花の散るらむ


という歌を思い出す。


日の光がのどかな春の日に
 どうして、落ち着いた心もなく花は散り急ぐのであろうか


という歌である。

上の句でのどかさな情景で「静」を表しながらも
下の句でせわしない情景で「動」を表現することで、
桜の花が短い寿命を終え、散り急ぐ様を浮き上がらせている。

その美しい桜の花も短いがゆえに味わいが深くなるのだろうと
思う。

美しい花の季節が終わると、若葉の時期になり、
緑あふれる光景があふれていく光景に移り変わっていくと思うと
時はとどまることなく、流れ続けるものだと感じる。

 

テーマ:詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル:学問・文化・芸術


温家宝首相の正式役職名は・・・・・

今朝、職場のある京都市内をバス通勤している時、
バスの窓にお知らせが貼ってあり、

「13日は、温家宝中華人民共和国国務院総理の・・・」と
中国の温家宝首相が京都を訪れるため大規模な交通規制により
ダイヤが乱れる可能性を告げるお知らせであった。


温家宝首相の正式役職名は
国務院総理である。

国務院とは中華人民共和国の最高行政執行機関であり、
その国務院を統括するのが総理である。


国務院総理は国家元首である国家主席による指名に基づき、
全国人民代表大会が任命することとなっているが、
中華人民共和国憲法によると政府は中国共産党に指導を受ける
と規定されているので、中国共産党による指名がそのまま適用
される。

国家元首は国家主席であるが、具体的な行政を統括するのが
国務院総理になる。


日本で言えば、国務院総理は内閣総理大臣に相当するので、
温家宝国務院総理のことを温家宝首相と名称している。





テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース


パンの記念日 ~ 国産第1号のパンが作られたのは国防上の理由から

毎月12日は「パンの日」とされている。
どうして、12日がパンの日とされているのか?

それは、開国前の江戸時代に遡る。

1840年に勃発したアヘン戦争で、清はイギリスに敗北する。
それを知った江戸幕府は、イギリスが日本侵略に来ることを
恐れ、伊豆韮山の代官・江川太郎左衛門に、江戸湾の警備を命じた。

江川太郎左衛門は、米を炊くと、
その煙が敵の標的になることを懸念した、
製造時に煙が立たず、
また、
保存がきき、携帯に便利な兵糧として
パン作りを考えた。


そこで、彼の師である高島秋帆の従者に、
長崎のオランダ屋敷に料理方として勤め、
製パン技術を覚えた作太郎という人物がいた。
その
作太郎を伊豆韮山の江川太郎左衛門邸に呼び寄せ、
パン焼窯を作り、パン製作に取り掛かった。
そして、
1842年4月12日、
試作として焼いたパンができがった。
それが国産パンの第1号となったのである。

それにちなみ
パン食普及協議会が1983年
4月12日を「パンの記念日」とし、
毎月12日をパンの日にしたのであった。




テーマ:今日は何の日!? - ジャンル:ニュース


ガッツポーズの日 ~ 1974年4月11日の出来事から

本日4月11日は「ガッツポーズの日」と
されている。

1974年(昭和49年)4月11日
日大講堂において、
ボクシングWBCライト級タイトルマッチが
チャンピオンのロドルフォ・ゴンザレス選手と
ガッツ石松選手との間で行われた。

チャンピオンのロドルフォ・ゴンザレス選手は
過去5年間、1敗しかしていないという
強者であり、ガッツ石松選手は不利という下馬評であったが、
実際、試合が始まると互角の戦いを演じ、
第8ラウンドにおいて、ついにガッツ石松選手は
チャンピオンをKOした。

その勝利に喜んだ、ガッツ石松選手は
コーナーポストに上り、両手を挙げて
喜びの気持ちを表現した。

それを見た新聞記者がそのポーズを
「ガッツポーズ」と表現したことから
4月11日がガッツポーズの日になったという。

ガッツ石松選手はもともと
鈴木石松というリングネームであったが、
少しでも試合で劣勢になると
試合をあきらめてしまうところがあったので、
ガッツのある選手になって欲しいということで
「ガッツ石松」という名前に変わったという。

ガッツポーズはガッツ石松選手が起源と思われがちだが、
それには反論がある。

当時のボウリング雑誌に「週刊ガッツボウル」というものがあり、
その雑誌の昭和47年(1974年)12月14日号において、
両手を挙げてガッツポーズをしているプロボーラー達が
写っていて、「週刊ガッツボール」がボウリングでストライクを取った時のポーズをガッツポーズと命名したのが最初とされている。



テーマ:今日は何の日!? - ジャンル:ニュース


ダンナさんとデートする ~「ダンナ」と「デート」は同じ語源であった!!

夫のことを「ダンナ」と呼ぶことがあるが、
その語源は遡ると、サンスクリット語までいきつく。

古代インドでは、施しをするという意味で「ダーナ」
という仏教用語があり、もともとは「与える」という意味の
「dana」に由来する。
それが中国に伝わった時、
その訳語として「檀那」と書かれた。

日本では
お寺に施しなどの寄付をする家を檀家と呼んだが
僧侶達はその家の主人を「旦那」と呼ぶようになった。

そのように施しをして面倒見てくれる、お金を出してくれる
ということから、それが一般にも広まって、

丁稚奉公に出ている奉公人が、店主を「旦那」と呼ぶようになり、
そして、家庭でも、主に家族のためにお金や稼ぐ夫を妻が
「旦那」と呼ぶようになった。


さてさて、
サンスクリット語の「dana」は
西洋にも伝わって行き、
「dana」が「do」に変化し、
そこから、
寄付を意味する「donation」という言葉が生まれたという。

さらに「デート」のここから由来している。
ラテン語の
「do」の完了分詞は「datum」である。
「与えられた」という意味になり、
それが名詞化した場合の
複数形「data」である。
 「データ」という言葉もここに由来する。

手紙を書くとき、その冒頭に
日付を書くのだが、その日付の前に
「Data」と書いた。

そこから
(手紙が与えられた)日付として
「data」が使われるようになった。

「date」は「data」を語源としていて、
日付の意味で「date」が用いられ、
それが日付を指定して合う日を約束するという
意味で使われ、やがて
「男女が前もって約束をして、会うこと」を
意味で使われることが多くなった。


「旦那」と「デート」
古代インドのサンスクリット語の「dana」から
生まれた言葉は東洋と西洋で
男女の関係にまつわる言葉として変化していったのであった。


テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


桜の咲き方が中途半端

今年の桜を見ると、
同じエリアに咲いているのであるが、
既に葉が見え始めた桜の木と
未だに蕾が多く残っている桜の木を見かける。

今年は桜が咲く始めた時に寒の戻りがきたので、
開花のスピードが遅くなったことが原因なのだろうか?


そのような状況なので、一気に咲いた感じがせず、
今年は、中途半端な感じがする桜であった。

春には美しい桜の花で覆われる桜並木は
夏になれば、毛虫ロードになるのだろうなあと思うのである。


テーマ:日記 - ジャンル:日記


能登半島地震で、富山湾で、海底地すべりによる津波が発生?

先日の能登半島地震に関して、
このブログで

へえ、地震波で船が転覆したんだって! 海面の揺れには震度やガルは適用されるのかな?

富山市の水橋漁港の沖合い1キロメートルで
プレジャーボートが、海中を伝わった地震波の影響で
転覆したというニュースを紹介したが、

もしかしたら、それは地震波によるものではなく、
津波によって、転覆した可能性も出てきた。

東北大学の調査によって
富山湾では、震源に近い石川県の沿岸より20分以上も
早く津波が観測されていたことがわかった。
どうしてそうなったかというと、
地震の強い揺れによって富山湾の海底で地滑りが起き、
局地的に津波が発生した可能性があるというのだ。

日本ではこの海底地滑りによる津波は
富山湾以外にも
地理的条件から、日向灘、釧路湾で
発生する可能性があるという。

世界で最も高いところまで地点までかけあがった
津波は1958年7月9日
アラスカのリツヤ湾で発生した津波である。
当日に発生した地震により
フィヨルドの岩壁が崩れ,その土砂が一気に湾に落ち込んだ
ことにより津波が発生し、
水膜状になった波が斜面を駆け上がって
海抜520メートルまでかけあがった。

地滑り、山体崩壊による津波で日本で
有名なものは
「島原大変肥後迷惑」である。
1792年(寛政4年)
現在の長崎県島原市において、
雲仙の火山活動が活発化していた最中の
5月21日に地震が発生し、
眉山が山体崩壊を起こし、
その土砂が、有明海に流れ込んだことにより
津波が発生、その津波は対岸の肥後(熊本県)に
押し寄せ、大きな被害を及ぼし、
さらに、その津波の反射波が島原に戻ってきて、
島原に津波の被害を及ぼした。

「島原大変肥後迷惑」による死者は1万50000人以上に
なった。


このように、地震により海底地滑りや
山体崩壊による津波は大きな被害をもたらす。







テーマ:地震・天災・自然災害 - ジャンル:ニュース


めっぽう ~ 仏教の滅法に由来。法が滅べば、なんでもありでめちゃくちゃ

並外れた強さを表す表現として
「めっぽう強い」と言われることがある。
その「めっぽう」とは
並の水準を逸脱して、超越しているような状態を
意味する。

その「めっぽう」は
もともと「滅法」と書き、
仏教に由来する言葉である。

万事、何かの因縁の法則によって生じている
と考えられているが、
法が滅ぶとなれば、因縁の法則から逸脱するもの
となる。法が滅ぶとなれば、何があってもおかしくない。
何かを超越したようなめちゃくちゃさな状態になったりする。

そのような状態も「めっぽう」と表し
普通ではありえないような甚だしい強さを
「めっぽう強い」と表す。つまり「めちゃくちゃ強い」
ということだ。


テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


エベレスト、かつては、もっと高い山だった!!

世界最高峰はエベレストである。
ヒマラヤ山脈は、アフリカ大陸から分かれた
インド大陸が、移動して、ユーラシア大陸に衝突して、
大陸同士のぶつかりあいのなかで、隆起し、
標高8000メートルの山々が連なる
ヒマラヤ山脈が生まれ、エベレストもできたわけです。

そのエベレストは実は、かつてはもっと高く
標高1万5000m以上の山だったという説があります。

1998年、エベレストへの日中共同探索隊に
酒井治考教授(九州大学)が参加して、
標高8500メートルあたりの北壁の
地層を分析したところ、
約5000年前、
隆起によってインド側の海底の堆積層が山頂部の上層地層を
形成したのだが、なんとエベレストの標高が
1万5000m以上になっていたことがわかったというのだ。

ところが、約2000年前
その堆積層が、自分の重さによって、
北側に滑り落ちて、風雪の侵食によって
現在の形と標高になったというのだ。





テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術


花冷えは桜花の命を長くさせる

桜の花が咲き誇っている
4月になって、寒の戻りがあり、
花冷えになっている。

東北地方では
花冷えのことを「花こたつ」と呼ぶところもあるという。

花冷えは寒くて、また、冬服を出してこないといけなく
なってしまったりして、早く温かさが戻って欲しいと思うが、
花冷えになれば、咲き始めた桜の花を満開になるのを遅らせ、
満開になった桜の花の寿命を長くなる。


花冷えのおかげで、桜の花を長く愛でることができると
思えば、花冷えもありがたきものにも思える。


このブログの関連リンク

越厳春来・休眠打破 ~ 美しい花を春に咲かすためには厳しい冬の寒さが必要

一句を作ると元気になった!!


花~日本近代音楽史史上屈指の名曲


日本の国花「桜」  桜の語源について書いてます


テーマ:雑記 - ジャンル:学問・文化・芸術


イージス ~ ゼウスが娘に与えた盾 イージス艦建造のそもそものきっかけは日本のあの攻撃であった

海上自衛隊員が、イージス艦の最高機密情報が入った
ハードディスクを自宅に持ち帰ったことが問題となっているが、


さてさて
イージス艦とは何かと言えば、
イージス・システムを搭載する、巡洋艦・駆逐艦であり、
「イージス」という名前は
ギリシャ神話の最高神ゼウスが、
娘アテナに与えた、あらゆる邪悪を払う盾である
アイギス(Aigis)に由来する。
  「Aigis」は英語読みでは「イージス」になる。


イージス・システムで欠かせられないのが
SPYフェイズド・アレイ・レーダーである。
それは、イージス艦の艦橋に8角形のレーダーを
四方に1基ずつ配置していて、1基のレーダーが90°カバーし、
それが4つあるので、360°をカバーして
敵からの攻撃物にを察知する。
それらのレーダーは
ミサイル、航空機、水上艦、潜水艦など数百の多目標を
把握して、脅威が高い順に攻撃できる。

日本には、
「こんごう」「きりしま」「みょうこう」「ちょうかい」があり、
「こんごう」「きりしま」「みょうこう」は三菱重工業が、
「ちょうかい」は石川島播磨重工が建造した。


もともとイージス艦を作るきっかけとなったのが、
第2次世界大戦で、米軍艦船が日本軍の神風特別攻撃隊の攻撃に
さらされたことであった。
神風攻撃防止を元に考え出されたものがイージスシステムである。


You Tube 神風特別攻撃隊 沖縄戦

テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


新幹線「ひかり」と「のぞみ」と「こだま」の由来は?~光さんと望さんの双子姉妹がJR東海に入社したが、「ひかり」と「のぞみ」はかつて大陸で姉妹列車であった。

昨日の入社式のニュースで、
ひかり・のぞみさん入社・JR東海に双子の姉妹
JR東海に
20歳の和田光さん、望さんの双子の姉妹が
入社したというニュースがあった。

和田光・望姉妹は
運輸プロフェッショナル職として
JR東海に入社した。

「のぞみ」が開業したのは今から15年前の
1992年なので、「光(ひかり)」と「望(のぞみ)」
という和田姉妹の命名と新幹線の「ひかり」と「のぞみ」が
同じになったのは偶然の一致だということである。

ただ、
和田光・望姉妹は
1992年の「のぞみ」開業式に参加し、
望さんがテープカットしたという。


さてさて、新幹線「のぞみ」の命名には
なんと、タレントの阿川佐和子さんが大きく関係しているという。

そのことについての詳細は

文春 くしゅん「新幹線と大和言葉」

にて、
週刊文春 2007年3月15日号の
JR東海社長の葛西敬之さんと阿川佐和子さんの
対談を転載して書かれている。


阿川佐和子さんは新幹線の新車種の
名前を決める選考委員になっていた。

阿川佐和子さんは父である小説家の阿川弘之氏に相談した。
(阿川弘之氏は1920年生まれ、山本五十六に出会い、
海軍に入隊、のち海軍大尉になる。終戦後、志賀直哉に師事して、
小説家になる。)

佐和子さんが父から次の言葉を聞いた。

「日本国鉄の列車の名前は歴代すべて大和言葉でつけられてきた。」

と、そして、選考委員会で
「希望」と「太陽」が有力候補として残った。
その時、阿川佐和子さんが

「一応父からの伝言なんですけど、日本の列車の名前はすべて大和言葉で付けられてきたそうです。『希望』を大和言葉にすると『のぞみ』ですね」と最後に言った。それによって、新幹線「のぞみ」の名前が決まったという。


ちなみに
新幹線「ひかり」と「こだま」は
1964年の新幹線開業前に公募で決められた。
もともと愛称を公募にする予定はなかったが、特急列車に「つばめ」などの愛称があったので、公募すべきということになり、愛称を公募することになった。

新幹線は東京~新大阪を4時間で結ぶ超特急と各駅停車のビジネス特急の2つを別々に愛称を公募した。

すると、超特急には約55万9000通もの応募があり、
応募の中には、「はやぶさ」、「いなずま」、「はやて」、「富士」、「流星」、「あかつき」、「さくら」などがあったが、
1位で約2万通あった「ひかり」に決まった。

新幹線開業までに、
超高速という文字を超光速と書いてみたり、
実験段階での取材でも「光のように速い」と書かれていたので、
「ひかり」というのはすんなり受け入れられた。


ビジネス特急の公募には
約93000通あり、
1位は5957票の「はやぶさ」、2位「平和」1076票、
3位 「さくら」692票、
「こだま」は374表と第10位であったが、
在来線のビジネス特急に「こだま」があったこと、
最終選考において、
「こだま」は木霊(山彦)のことであり、
「1日で行って帰ってくることができる」という意見が出たこと、
超特急が「ひかり」となり「光速」とイメージされることに
対比して、「こだま」は「音速」をイメージできるとして、
ビジネス特急に「こだま」が採用されたと言われる。


そういえば、
「ひかり」と「のぞみ」は戦前、
朝鮮鉄道・南満州鉄道の急行の名前であり、
釜山~奉天(現:瀋陽)・新京(現:長春)間を
走る姉妹列車であったが、
21世紀になって、「ひかり」と「のぞみ」という
双子の姉妹が新幹線を運営するJR東海に入社すると
聞くと、不思議なめぐりあわせを感じるなあ。



参考
ひかり 0series 新幹線研究室






テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


黄砂がすごい

今日は、黄砂が舞っている。
私の職場がある京都市内を囲む山並みが
霞んで見える。


黄砂は中国の黄土高原や
楼蘭のあるタクラマカン砂漠から
飛んでくるのであるが、
今年は、中国の砂漠地帯での降雪量が少なかったため
砂が舞い上がりやすく、今年は黄砂の大量発生になるかも
しれないとも言われる。

黄砂によって、
アレルギーを引き起こされることもあるという。

花粉があまり飛んでいない日なのに、
涙目になる場合は、黄砂によるアレルギーが考えられる
ということです。

また、黄砂が皮膚につくことで、
アトピーの悪化もあるという。


温暖化と砂漠化とともに
日本に飛来する黄砂の回数と量が増えるのかなあと
感じる。


気象庁に黄砂情報が載っています。

気象庁黄砂情報

このブログでのリンク

黄砂で先が見えん!!!~中国の自然環境変化の影響か


シルクロードの日 1900年3月28日 幻の国楼蘭発見 ~ 喜多郎のシルクロードは名曲やね!!

テーマ:雑記 - ジャンル:学問・文化・芸術


4月1日生まれの人が早生まれの理由は?→3つの法律が関係している

今日は4月1日である。
今日から新年度で、学校現場では
4月1日からスタートとなる。

しかし、4月1日生まれの方は早生まれ扱いで
前年度の学年が採用される。

それはどうしてか?


その根拠法のひとつが
学校教育法第22条


保護者(子女に対して親権を行う者、親権を行う者のないときは、未成年後見人をいう。以下同じ)は、子女の満6才に達した日の翌日以降における最初の学年の初めから、満12才に達した日の属する学年の終わりまで、これを小学校又は盲学校、聾学校若しくは養護学校の小学部に就学させる義務を負う。


となっている。
そして、学校教育法施行規則により

小・中・高校,大学の「学年」は、

「4月1日に始まり、翌年3月31日に終る」となっている。


小学生なら、
満6歳になった日の翌日以降の学年初日である4月1日以降から
小学校に入学できる。


さてさて、この「満○才」という年齢の決め方はどのように
されているか?


「年齢計算ニ関スル法律」において

1 年齢ハ出生ノ日ヨリ之ヲ起算ス
2 民法第143条ノ規定ハ年齢ノ計算ニ之ヲ準用ス

となっている。
年齢の開始日は生まれた日、さて1つの年齢が満了する日は
「民法第143条」に書かれている。



(1) 期間ヲ定ムルニ週,月又ハ年ヲ以テシタルトキハ暦ニ従ヒテ之ヲ計算ス
(2) 週,月又ハ年ノ始ヨリ期間ヲ起算セサルトキハ其期間ハ最後ノ週,月又ハ年ニ於テ其起算日ニ応答スル日ノ前日ヲ以テ満了ス但月又ハ年ヲ以テ期間ヲ定メタル場合ニ於テ最後ノ月ニ応答日ナキトキハ其月ノ末日ヲ以テ満了日トス


つまり、
誕生日を起算日として応当する日の前日の終了時間である
深夜24時をもって、
満1年になる。
誕生日が4月1日なら、応当する日の4月1日の
前日である3月31日の24時で
満1歳になるということである。
つまり、4月1日生まれの方が
満6歳に達した日は法的に3月31日になる。


前述したように学校教育法により
満6歳になった日の翌日以降の初めの学年日である4月1日以降から
小学校に入学できる。

すると、4月1日生まれの人は、3月31日に
満6歳になっているので、その翌日の4月1日以降から
小学校に入学できるのである。

だから4月1日生まれの人は早生まれになるのである。


このブログの4月1日に関係するリンク


エイプリル・フール~「ウソも100回言えば本当になる」 、「デマ」となるか「ピグマリオン効果」になるか

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術