言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



「クリスマス・イブ」 ~ 彼氏を待つ牧瀬理穂 冬の季語になった山下達郎

今日、職場の近くのローソンで昼食を買っていると・・・・


♪~雨は夜更け過ぎに
    雪へと変わるだろう
   Silent night
    Holy night ~♪


と山下達郎の「クリスマス・イブ」が聞こえてきた。

今年も、この曲を耳にする季節になってきたのかあと
思った。




山下達郎の「クリスマス・イブ」は
1983年に収録された彼のアルバム「Melodies」に
収録されていた。その年の12月14日に
12インチピクチャーレコード(限定盤)として
シングルカットされた。そのときのオリコンの
順位は44位であった。

この曲をクリスマスソングの定番にして
しまったのはJR東海であった。

JR東海では、1987年の国鉄分割民営化後の
イメージアップとして、東海道新幹線をPRする
エキスプレスシリーズというCMを展開していた。

そのうちの
シンデレラエクスプレスやホームタウン・エクスプレスは
遠距離恋愛をモチーフに使ってCMを作っていて、若い世代から
好評であった。

そして、1988年
ホームタウン・エクスプレスのクリスマス編として
当時15歳の深津絵里が主演するCMができ、
そのバックミュージックとして
山下達郎の「クリスマス・イブ」が使われた。

そして、1989年
JR東海は、「クリスマス・エクスプレス」として、
牧瀬理穂を起用して作られたCMであった。


CMの頭から
♪~雨は夜更け過ぎに
    雪へと変わるだろう
   Silent night
    Holy night ~♪


と、BGMが流れる中、
クリスマスの日、
彼氏の帰りを待つ彼女役の牧瀬里穂が
名古屋駅の入り口から
新幹線の改札口のあるほうへ向かって、
コンコース駆け抜けていく。
走っていて、途中で、
おじさんにぶつかり、マフラーを落としてしまう。
ぶつかってしまったおじさんに深々と頭を下げ、
マフラーを拾って、再びコンコースを駆けていく。
そして、新幹線の改札口の前について、
多くの人が新幹線のホームから降りてくる階段を見つめると、
彼の姿を見つける。
彼の姿を見た彼女は、とびっきりの笑み浮かべ、帽子をかぶり
彼ををびっくりさせようと柱に隠れて彼氏を待ち伏せる。

そしてナレーションが流れ
「ジングルベルを鳴らすのは帰ってくるあなたです」



このCMの影響で、山下達郎の「クリスマス・イブ」が
一気に売れ始め、1989年12月25日付の
オリコンで1位を獲得した。
これが、山下達郎の「クリスマス・イブ」が
クリスマスの定番曲になるきっかけとなった。

その後、クリスマスエキスプレスのCMは
1990年、1991年、1992年、2000年と
放送されている。

これらCMのVTRは画質は良くないが、

YouTubeの動画を
用いて

みんなのCM JR東海-クリスマス・エクスプレス
で見ることができる。
(ここでは、1988年、1989年、1990年、1991年
1992年、2000年のすべてが見ることができる。
牧瀬理穂主演は1989年)

1992年バージョンは
主演が吉本多香美で、彼女の声は
富田靖子に吹きかえられている。
このバージョンでは、山下達郎自身が出ていると言うが
見つけられない。

ちなみに、2000年バージョンでは、
星野真理が彼女役であるが、
1988年主演の深津絵里と1989年主演の牧瀬理穂が
1988年と1989年のバージョンを少しフラッシュバック
させながら、星野真理を優しく見つめて登場する。



このJR東海のクリスマスエキスプレスのCMの影響で
山下達郎のクリスマスイブは、クリスマスの定番曲と
なったのだ。


この曲は、
2005年12月、
オリコンシングルウイークリーチャートTOP100入り
連続20年(通算21年)の記録を樹立している。

そして、山下達郎は俳句の冬の季語になっているという。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


参考リンク
山下達郎のクリスマスイブの間奏には
パッヘルベルのカノンがモチーフとして使われていることにちなみ
このブログで

Kanon~心地よさのメロディラインのミーム
で、パッヘルベルのカノンについて書いています。
J-POPとカノンについて少し説明しています。

クリスマスソング関連では

幻のクリスマスソング!~ユーミン作詩、桑田佳祐作曲 をご覧ください。



             








 
スポンサーサイト

テーマ:Christmas Song - ジャンル:音楽


食べ物 ~ 自然からの賜り物

毎日、人を含めた生物は
何かを食べながら生きている。

その「食べるもの」を「食べ物」というが、
その語源は、「賜った物」に
由来するという。
それが、「賜ぶ物(たぶもの)」に変化し、
「たべもの」に変化していったという。

賜り物とは、まさに口にして栄養を取っていくものを
自然や祖先や神からの賜り物として考えたからであるとされる。






テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


BRIDGE OVER TROUBLED WATAR(明日に架ける橋) ~ 時代が生み出し、時代を動かし、時代に翻弄された、時空を超えた世紀の名曲

昨日、先日買ったばかりのSDカードのMP3プレーヤーで
いろいろ曲を聞いていると、

SIMON&GARFUNKEL(サイモン&ガーファンクル)の
BRIDGE OVER TROUBLED WATAR(明日に架ける橋)が
聞こえてきた。

この曲の試聴(サビの部分)はここをクリックして
「明日に架ける橋」をクリックして下さい。

セントラルパークコンサートのDVDで見れます。

久々のこの名曲を聴くなあと思い、
耳を澄ませた。

優しく語り掛けるようなメロディに乗せて
歌われる詞には強く心に感じるさせるものがある
曲である。

そして、自宅にて22時過ぎ、テレビのチャンネルを
NHKに合わすと

世紀を刻んだ歌「明日に架ける橋~賛美歌になった愛の歌」

とBRIDGE OVER TROUBLED WATAR(明日に架ける橋)
の特集をしていたのだ。

女優の緒川たまきが番組のナビゲーターだった。
(彼女は「トリビアの泉」内のコーナー「ガセビアの沼」にて「ウソつき」と喋りかける役でレギュラー出演していた。)

彼女がこの名曲の源泉と世界に与えた影響をニューヨークと
南アフリカでの現地取材で辿っていく番組であった。

この曲は、当時の世界情勢を反映して生まれ、
世界情勢と共に歌われ継がれ、
また、世界情勢に翻弄された曲でもある。

この曲は
ベトナム戦争や公民権運動が起こり、
政治家ロバート・ケネディ(ケネディ大統領の弟)が
民主党の大統領候補指名選のための遊説中に
暗殺されたり、
公民権運動の指導者マーティン・ルーサー・キング・Jrの暗殺など
アメリカ社会が大きく揺れた時代に生み出された。

そのようなアメリカ社会の閉塞感や人種間の対立、
ベトナム戦争をめぐる反政府運動など
社会の対立が深まりっていくのを感じる状況であった。

ポール・サイモンとアート・ガーファンクルは
そのような社会状況を憂いつつ、この曲が発表された。


1番の歌詞

WHEN YOU'RE WEARY,FEELIN SMALL
WHEN TERARS ARE IN YOUR EYES,I'LL DRY THEM ALL
I'M ON YOUR SIDE,WHEN TIMES GET ROUGH
AND FRIENDS JUST CAN'T BE FOUND

LIKE A BRIDGE OVER TROUBLED WATER
I WILL LAY ME DOWN
LIKE A BRIDGE OVER TROUBLED WATER
I WILL LAY ME DOWN


(邦訳)

生きることに疲れ果て みじめな気持ちで
ついに涙ぐんでしまう時 その涙を僕が乾かしてあげよう
僕は君の味方だよ どんなに辛い時でも
たよる友が見つからない時でも

荒れた海に架ける橋のように
僕はこの身を横たえよう
荒れた海に架ける橋のように
僕はこの身を横たえよう


とガーファンクルの
優しい歌声が人々の心をつかんでいく。

LIKE A BRIDGE OVER TROUBLED WATER
I WILL LAY ME DOWN
荒れた海に架ける橋のように
僕はこの身を横たえよう


この部分に特に強く惹かれる歌詞である。


ポールサイモンが
この
「BRIDGE OVER TROUBLED WATER(荒れた海に架ける橋)」
という部分はあるゴスペルをヒントに作られた。

その曲を作られた背景を知るには
ポール・サイモンとアート・ガーファンクルの
生い立ちと少し説明する。

ポール・サイモンとアート・ガーファンクルは
ニューヨークのフォレスト・ヒルズで育った
幼なじみであった。

歌うことが好きなこの2人は
16歳の時、トム&ジェリーという名前でプロデビューを飾るが
全く売れずに1年で解散。

そのころ
ポール・サイモンはハーレム地区の教会で
ゴスペルを聞いていた。

そして、彼を癒し、彼の心をとらえた曲があった。
ゴスペルグループ、
「THE SWAN SILVERTONES」(スワン・シルバートーンズ)が歌う
「Oh Mary Don't You Weep」 (マリアよ、泣かないで)
であった。
そして、当時のTHE SWAN SILVERTONESのメンバーであり、かつ
牧師であるクロード・ジーターが
この曲を歌い

「I'll be a bridge over deep water if you trust my name」

あたなが私の名において信じるなら深い海の上に架かった橋になってあげよう


I'll be a bridge over deep water
「深い海の上に架ける橋になってあげよう」

これは、聖書に起源がある。
このフレーズは、聖書で
「励まし」を意味する言葉として登場する。
両手を広げたイエス・キリストが
橋となって、人々を自由で安全な場所へ導くという
話が元になっている。

「困っている人のために自分が架け橋となって助けてあげよう」

この言葉が、ポール・サイモンの心に響き、
インスピレーションされ、

「deep water (深い海)」を
「trable water(荒れた海)」と言葉を変えて、

「BRIDGE OVER TROUBLED WATER」を作曲していくのだ。

「trable water(荒れた海)」とは、まさに当時のアメリカ社会を
表していた。
ポール・サイモンとアート・ガーファンクルは
そのような社会状況のなかで
人々の励ましになるような曲を作ろうと考えたのだ。

そして、ポール・サイモンは賛美歌を意識して、
2番まで歌詞を書き上げる。

2番の歌詞

WHEN YOU'RE DOWN AND OUT
WHEN YOU'RE ON THE STREET
WHEN EVENING FALLS SO HARD
I WILL COMFORT YOU
I'LL TAKE YOUR PART
WHEN DARKNESS COMES
AND PAIN IS ALL AROUND
LIKE A BRIDGE OVER TROUBLED WATER
I WILL LAY ME DOWN
LIKE A BRIDGE OVER TROUBLED WATER
I WILL LAY ME DOWN


(邦訳)

君が落ちぶれて
街角に立つとき
夕暮れが冷酷に立ち込める頃
君を慰めてあげよう
暗闇が立ちこめ
苦痛が君を覆い包む時
僕が身代わりになろう
荒れた海に架ける橋のように
僕はこの身を横たえよう
荒れた海に架ける橋のように
僕はこの身を横たえよう



そして、この「明日に架ける橋」を世界の名曲にしたのは
壮大なピアノ演奏である。

その、ピアノ演奏をしていたのは
ラリー・ネクテルであった。

ラリー・ネクテルが試しに演奏したとき、
2番までしかなかったが、3番まで惹いたという。
それに触発されたかどうかわからないが、

ラリーによると
「最初は2番までの歌詞しかなかったんだ。でも、内容が単調な繰り返しだったから、3番の歌詞を加えたんだ。」と
証言しているが、実は
アート・ガーファンクルが

「未来への希望を歌い上げた3番の歌詞を加えよう」

と提案する。

そして、

3番

SAIL ON SILVERGIRL
SAIL ON BY
YOUE TIME HAS COME TO SHINE
ALL YOUR DREAMS ARE ON THEIR WAY
SEE HOW THEY SHINE
IF YOU NEED A FRIEND
I'M SAILNG RIGHT BEHIND
LIKE A BRIDGE OVER TROUBLED WATER
I WILL EASE YOUR MIND
LIKE A BRIDGE OVER TROUBLED WATER
I WILL EASE YOUR MIND


(邦訳)

出航するのだ 銀色の乙女よ
帆を上げて海を渡っていこう
今こそ君は輝くのだ
君の夢はそこまで来ている
ほら眩しい光で輝いているのが見えるだろう
一人で心細いのなら
僕が後ろからついていってあげよう
荒れた海に架ける橋のように
君の心を和ませよう
荒れた海に架ける橋のように
君の心を和ませよう



そして、
BRIDGE OVER TROUBLED WATAR
が完成した。

この曲は、1970年、アルバム発売とともに
シングルカットされた。
天使の歌声と言われたアート・ガーファンクルから
発せられる
「BRIDGE OVER TROUBLED WATAR」は
当時のアメリカ国民の心を瞬く間につかみ、
全米シングルチャートで6週連続1位、
アルバムは全米チャート10週間連続1位を記録した。

また、イギリスでは7ヶ月間1位を保ち、1100万枚を
売り上げる世紀の大ヒットとなり、
その年のグラミー賞を6個も獲得した。

そして、
この曲を大きく心の支えにした人たちが南アフリカに多くいた。

この曲を黒人女性シンガー「アレサ・フランクリン」が
カバーしたが、当時、アパルトヘイト(人種隔離政策)で
差別を受けていた黒人の心をつかみ、
アパルトヘイト撤廃運動で欠かせない曲となっていくのである。
ポール・サイモンはその運動を支持し、
南アフリカの隣国ジンバブエで
南アフリカからの亡命黒人シンガーとともに
コンサートを行う。

やがて、アパルトヘイト撤廃運動の結果
1991年にアパルトヘイトは撤廃された。


現在、アパルトヘイトは撤廃された南アフリカでは
黒人たちが集う教会では、


BRIDGE OVER TROUBLED WATAR

は賛美歌になっている。


この曲は、21世紀の最初の年、
ある大事件で翻弄されることとなる。

それは、2001年9月11日
ニューヨーク・マンハッタン島にそびえたっていた
摩天楼ツインタワーが破壊された
アメリカ同時多発テロ事件である。

アメリカ同時多発テロ事件後、
テレビ局では様々な歌が放送自粛となった。

そして、
BRIDGE OVER TROUBLED WATAR
も自粛曲になった。

その理由は


SAIL ON SILVERGIRL
SAIL ON BY
出航するのだ 銀色の乙女よ
帆を上げて海を渡っていこう


の歌詞である。

出航というのが、飛行機を連想させ、
ツインタワーに突入した瞬間を思い出させる
という理由であった。

しかし、ポール・サイモンは
テロ事件直後に
アメリカのスーパースター達を集めて開催された
チャリティー番組で

この「BRIDGE OVER TROUBLED WATER」を歌った。
そのメロディと言葉に人々は心を打たれる。

事件現場のグラウンドゼロで
この曲を口ずさむ人もいたという。


ポール・サイモンとアート・ガーファンクルが
心を込めて作った名曲は36年経った今でも
全く色褪せることなく新鮮な感覚で
心に響いてくる。

それにしても、
「BRIDGE OVER TROUBLED WATER」を
「明日に架ける橋」と邦題をつけた人のセンスには感服する。

「明日」とついたのは
やはりはじめはなかった3番目があったからだろうし、
3番目があったから、世界に広がり、
発売から36年経った今でも
心に残る世紀の名曲になっているように思う。



              
          「明日に架ける橋」収録のベスト版


              






テーマ:お気に入りの曲♪ - ジャンル:音楽


やっぱ、ディープは強し!! けど、今年のジャパンカップは外国馬が少なかったなあ

第26回ジャパンカップは
ディープインパクトが圧倒的な強さを見せた。

第4コーナーの手前まで、
馬群の後方で走り、
そこから、外に出て、
一気にごぼう抜きして、優勝する姿は
「やっぱ、ディープは強い!!」と
笑うしかないようなレースだった。

これで、ディープインパクトは
GⅠ6勝で、
6冠達成
(皐月賞、日本ダービー、菊花賞、天皇賞(春)、
宝塚記念、ジャパンカップ)

引退レースとなる有馬記念で、シンボリルドルフ以来、
21年ぶりの史上2頭目の7冠を狙う。


ただ、今回のジャパンカップで気になったのは
ジャパンカップは、外国場招待レースで、
国際GⅠレースであるが、
出走数11頭中、外国馬が2頭だけ、
そのうちの1頭は
ウイジャボードというイギリスの競走馬で
2004年の欧州年度代表馬(カルティエ賞年度代表馬)並びに
同年のアメリカ最優秀芝牝馬(エクリプス賞芝牝馬チャンピオン)を
受賞し、牝馬でありながら、2004年の凱旋門賞3位と
優れた馬であるが、
それにしても外国馬の出場が少ないと感じた。

今年は、ディープインパクトとハーツクライが出場するため
出場を避ける外国馬が多いとも言われるが、

ジャパンカップの賞金の相対的魅力が薄れ、
ジャパンカップと2週間違いで
香港で実施される香港カップなどに
出走する外国馬が増えているという情報もある。

今回、ディープインパクトの強さを感じるレースであったが、
ジャパンカップそのものの国際的価値がどうなるか
不安を感じる面もあったレースであった。







テーマ:スポーツ - ジャンル:ニュース


思考を活性化させるもの~適度な孤独と適度な人との交わり

孤独は思考を活性化するという言葉を目にしたことがある。

昨日のブログに書いたように購入した
パナソニックのMP3プレーヤーの
イヤホンがかなりよく、
それで曲を聞けば、かなり外の世界の音を遮断する。

それで、私の好きな曲を
聞きながら、昨日は特に
Bon Jovi のYou Give Love A Bad Name
を聞きながら、カフェで
松岡正剛氏の「知の編集工学」を読んでいたら、
読書に集中できて、
その本を読みながら、様々な今まで読んだ本などの内容を
思い出し、思考が活性化したのだ。

ある意味、全く外との世界を遮断して、
行きつけのカフェで、カフェのママといつもは会話はするが
ほとんどそれをすることなく、
独りの世界で読書に集中できたことで
思考が活性化した。

時には、独り孤独に思考することは重要だと感じた。

一方で、独りこもるばかりでは思考は澱んでしまう。

今日、梅田で友人たちとお茶をしながら言葉を交わすことで
思考が活性化した。

適度な孤独と適度な人との交わりが
思考を活性化させるのだと
思った日であった。


参照
このブログでは
Bon Jovi のYou Give Love A Bad Nameについて

♪~Shot through the heart  And you're to blame You give love a bad name ~♪・・・巨大なレモンが氷山で凍りつつ
で書いています。


             
                 文庫版


             
                ハードカバー版
      ハードカバー版では、物語マザーの説明について
      文庫版にはない、図を用いた説明があります。


テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術


思わぬ宝が眠っていた!!

昨日、
梅田のヨドバシに1GBのSDカードを
買いに行った。

ポイントカードを出すと、
「ポイントカードのみで
買えます」
ということだった。

全くポイントカードがたまっていることを
知らなかったので、
思わず喜んだ。

すると、SDカードを買っても、
ポイントが13500円残っていた。

私は思った。
メモリー型の音楽プレーヤーが3ヶ月前に壊れて
買っていなかったので、
3階に行き買いに行った。

備品を含めて、パナソニックのSDカード型の
プレーヤーを15000円くらいで買った。

ポイントカードを使ったので、
現金は2000円ほどで済んだ。


パナソニックのSDカード型の
プレーヤーは、SDカードのメモリー容量が増えると増えるほど
取り替えて使えるので良さそうだ。

それにしても
思わぬ宝がポイントカードとして、
私の財布に眠っていたとは
全く気づいていなかった。

ある意味、
机の整理をしていて、
思わぬところから
使っていなかった
1000円札を見つけて嬉しい気分と
同じようなものだ。




テーマ:日記 - ジャンル:日記


11月 ~ 霜降る月、Novemberはもともと9番目を意味する月であったのだが。

11月は「霜月」とも呼ばれる。
その語源は
藤原清輔(1104―1177)が書き記した
歌学書「奥義抄」の中に
「しもつき、霜しきりにふるゆえに、『霜降月』というを誤れり」
書かれているように、「霜降月」の変化した
ものだとされている。

さて、11月は英語では「November」であるが、
その元の意味を見ると
「Novem」は9の意味で、もともとは9月であった。
それがどうして11月になったのか?

暦はローマ帝国の時代に作られたが、
もともと月は1月から10月までしかなく、
現在の3月のMarchが1月にあたっていた。
それまでは、太陰暦を使用していた。
紀元前710年ごろまで
ロムルス・レムス暦という太陰暦を使用していて、
その暦では、1年をMarutius(現在の3月)
からDecember(デセンベル 現在の12月)までの
10ヵ月304日として、残りの余った日々を
「死の季節」とした。

紀元前710年以降は、太陰暦のヌマ暦が採用され、
「死の季節」を2分割したのが、
ローマ神話の守護神ヤヌス(Janus)にちなんで「Januarius」
「清めの祭礼」を意味する語 (Februa)にちなんで「 Februarius」
としていた。

そして、9番目の月を9番目の月として
「November」としていた。

そして、紀元前46年、
ユリウス・カエサルの治世になり、
カエサルは完全な太陽暦の暦を採用するに
あたって、

1年の最後の方の「死の季節」に
ローマ神話の守護神ヤヌス(Janus)にちなんで
命名された「Januarius」が用いられていることに対して

「Januarius」が最後の方になっているのは、
神に対して失礼だ、という事で「Januarius」を
1年の初めとし、そして Februarius」を2月にした。
そのため、
もともと1番目の月であった
「Marutius」が3番目の月になったのであった。

それまでの月の順番が2つずつ後ろにずれたので、
もともと9番目の月であり「9番目の月」を意味していた
「November」が11番目の月となった。
それゆえに、11月が「November」になったのである。

ちなみに、それまでの5月であった「Quintilis」が7月に
それまでの6月であった「Sextilis」が8月に
なったのであるが、

その2つの月はとある2名の人物の存在によって
名前がかわってしまっている。

それについては、このブログの

7月~日本で文を綴る月は、西洋では英雄の月である

葉月の8月~ローマ帝国初代皇帝アウグストゥスのおかげで、夏休みが1日増えた!!

に書いています。

テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


日本で初めて衛星中継がなされた日 ~ その初中継でのトップニュースは衝撃だった!!!

現在、海外の模様を衛星中継で生で見ることができる。
そのため、ワールドカップの決勝戦も
アメリカ同時多発テロ事件の衝撃的なシーンも
ライブ映像で見ることができる。

そのように衛星中継が初めて日本で行われたのは
1963年11月23日であった。

その当時は「宇宙中継」と呼んでいた。

1963年11月23日の早朝に
アメリカから日本に通信衛星を使った
宇宙中継の実験を行うことが決まっていた。

以下の時間で行われることとなった。

第1回:午前5時27分42秒~同48分(20分間)
第2回:午前8時58分~9時15分(17分間)


そして、1回目は
NASAのあるカリフォルニア州の砂漠の風景など
鮮明に通信衛星によって日本に伝わり映し出されていた。
そして、第1回目の実験放送が終わるが、
本来、第1回目の実験放送で放送されるべき
ある内容が大きく変更された。それは
ある人物のスピーチ映像であった。

そして、第2回目
ニューヨーク在住の毎日放送の特派員前田治朗氏が

「初めての宇宙中継で喜ばしいことですが」という
主旨のことを言った直後に

「まことに悲しむべきニュースをお伝えしなければなりません」

と言い出す。
その悲しむべきニュースとは

アメリカ合衆国第35代大統領J・F・ケネディが
暗殺されたニュースであった。

ケネディ大統領はアメリカ時間の11月22日12時30分ごろ
(日本時間11月23日3時30分)にダラスで暗殺された。

そう、第1回目の中継で放送されなかった内容とは
既に録画されていた
ケネディ大統領が宇宙中継開始に関しての
日本向けのメッセージであったのだ。


参考
ケネディ暗殺 と 宇宙中継

また、このブログでケネディ大統領関連として
黄金の日曜日(1962年10月28日) ~ 13DAYS・キューバ危機が回避された
を書いています。


   プロジェクトX 「衝撃のケネディ暗殺 日米衛星中継」
             

テーマ:今日は何の日!? - ジャンル:ニュース


阪急京都線の特急の鎧窓の日除けは中途半端

通勤の時、阪急京都線の特急で京都に向かうのだが、
その時、少々困ったことがある。

特急は2人がけシートが並んでいるのだが、
その通路側に座った時に困ったことが発生するのだ。
ただ、発生するのは、晴れていて、真昼間以外の日中である。

それはどういうことかというと、
阪急電鉄は窓の日除けとして、鎧窓を使っているのだが、
それが、下から上に持ち上げて止める方式である。

ただ、止めるといっても、窓の上から見た目であるが
10センチぐらいのところで止める。
すると、上の10センチの部分は日除けがされない状態に
なったままである。
すると、朝方および夕方であれば、太陽の角度により
そこから日光が通路側の座席に入り込み、また、
ちょうど顔面に日光があたり、熱さとまぶしさを
感じるのだ。

この鎧窓を設計した方々は何を考えてこのような設計をしたのだろう
とふと思う。窓に最も近い人だけに対して、
日除けをできればよいと考えたのだろうか?

それとも、私が感じているようなことは想定外だったのだろうか?

鎧窓は中途半端なところで止めるのではなく、窓を完全に
覆うようにして欲しいと思うが、
コスト削減で、窓から上の10センチ分をケチったのだろうか?

それにしても、あの鎧窓には私は良い印象は抱いていない。

テーマ:日記 - ジャンル:日記


「楽しさ」と「面白い」 ~ 音とともに体を動かせば楽しく、楽しきことに夢中になれば、目の前が明るく開け、顔も白く輝く

何かをしていて、
それが楽しければ、面白いと感じて
より一層そのことに夢中になっていく。

さて、その「楽しい」と「面白い」の語源は何だろうか?

まずは「楽しい」は
「手伸し(てのし)」だという説が一般的である。
また「楽しむ」は「手伸し(てのし)舞う」が変化したものだと
いう説がある。
つまり、喜びを表現するときに、
手を伸ばして踊ったりする気分を表現するときに
「手伸し(てのし)」、手を伸ばしたりするので
それが「たのしい」に変化したということだろうか。

さてどうして「たのしい」に「楽」という漢字を用いたのだろうか?

「楽」はもともとの字体は「 樂 」と「糸」という
字が2つもある。
それについての説明は2通りある。

ひとつめは、
「糸」を2本並べている意味は
鈴とその両脇の糸飾り「幺幺(シ)」を表しているというのだ。
それは、儀式などで、
巫女が糸飾りのついた鈴を振って踊る様子を表現しているというのだ。

もうひとつは、「糸」を2本並べて形であり、
それは楽器の弦を意味し、
「木」は木に張った弦の楽器という意味というのだ。
2つの「糸」の字体に間にある「白」はつめの形をかたどり、
弦をはじいて奏でる意味をしている。そして、弦楽器を
ひいて「たのしむ」の意になったという。

2つの説明とも、音に由来するものであり、
音に出すために体を使い、また、音と共に踊ったりする
そのことと「たのしい」という気分がつながる。
それで、「手伸し(てのし)」が「楽しい」になったのかも
しれない。

そして、次に「面白い」の語源であるが、
「目の前の視界」(=面前)が光で「明るく開ける」(=白い)こと、
つまり、目の前が光などで照らされ、気分が晴れ、
また、その光によって顔が白くなり輝く様子から、
楽しく、気分が優れる状態を
「面白い(おもしろい)」というようになったという。

目の前の何かが楽しければ、顔の表情も明るくなり輝いて
いるように見えますね。










テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


今はなき西宮北口駅のダイヤモンド

私は通勤時などに
よく阪急電鉄の西宮北口駅を使う。

西宮北口からさらに甲東園駅に行くため、
阪急今津線に乗り換えるのだが、
今津方面の路線と甲東園のある宝塚方面の路線は
別々の路線であるのに、
両路線とも「今津線」である。

別路線であるなら、宝塚方面の路線は別の名前を
つけるべきではないかとも思う方もいるだろうが、

今津線の歴史を振り返るとその理由はわかってくる。

阪急今津線は、はじめは今津駅まで
つながっていたのかったのだ。

今津線は
1921年(大正10年)に、宝塚~西宮北口間で開業した。
その時は「西宝線(さいほうせん)」という名前であった。

そして、1926年(大正10年)に、
西宮北口~今津間が開業し、宝塚~今津まで直通で
結ばれ「今津線」と名称が変更された。

そのとき、神戸本線と交差することとなった。
立体交差するには、当時の技術水準では難しく、
また、列車編成が短いこともあり、
神戸本線と今津線は平面交差で交差することとなった。
この平面交差を「ダイヤモンドクロス」と言った。

普通の路面電車で、そのダイヤモンドクロスは
見られたが、高速で走る路線でのダイヤモンドクロスは
極めて稀だとされる。

時代が進むにつれ、人口増加とともに
阪急神戸線の稼動多くなり、
今津線の列車が横切ることが制限されはじめ、
西宮北口~今津の発車間隔が10分~12分と長くなってきた。
そして、阪急神戸線の特急を10両編成にすることとなり、
神戸線のホームを拡張する必要が発生し、
ダイヤモンドクロスは廃止されることとなった。
また、すぐに今津線の高架が困難であったため、
今津線は西宮北口で分断されることとなった。

分断後は、
西宮北口~今津の発車間隔が6分と利用者にとっては
便利になった。


どうして、分断後も
「今津線」のままになっているのかはわからないが、
いずれは、また、分断された今津線を高架によって
接続することを考えたいたともいわれるが
それはどうやら、あまりなさそうな感じがする。



           20061120161505.jpg

        西宮北口駅のダイヤモンドクロス
      今津線の列車が神戸線を横断している光景
O型台風のホームページ「線路のある風景Vol.7「ながぁーい電車」の交差点より 


このブログでは、
他に阪急電鉄にまつわるお話、西宮市関係で甲子園の由来について
以下のページで書いています。

阪神電鉄株を買う阪急電鉄は、かつて、京阪電鉄とくっついていた!~淡路駅1番ホーム欠番の謎の背景がわかる

甲子園~きのえねの生まれの甲子園誕生のきっかけは洪水対策と国道2号線改良工事だった!

           このDVDを見ると
     列車がダイヤモンドクロスを通過するときの
         音を聞くことができるという。
          

テーマ:雑記 - ジャンル:学問・文化・芸術


雷をモチーフに一句 ~ 雷は何かを伝えてきているのだろうか?

昨日、あるカフェで読書しながらお茶を飲んでいると、
隣席のお客さんが、どうやら俳句をしている方で
いろいろ俳句について語っていた。

「雷」は、冬の季語であるという。

それを聞きながら、次の一句を思いついた。
別に、「雷」を用いておらず、
はっきりした季語がないので、
厳密には俳句と言えないとおもうが、
雷をモチーフに次の句を思いつく、


 空を裂き 耳に飛び込む 神の声

「空を裂き」というのは、音が大きい雷鳴が響き渡ることの
比喩表現である。

「神の声」というのは、雷の語源が「神鳴り」に由来する
ことによって、用いた。

ものすごく大きな雷鳴が、
耳に突き刺すように響き渡る。
雷は「神鳴り」であり、
突き刺すような大きな雷鳴がなると、
神が何か強い警告を訴えかけるかのごとくの
イメージを浮かべた。

雷がなれば、強い積乱雲が存在していることがわかる。
積乱雲により竜巻が発生する場合がある。

最近、北海道で大きな被害が発生する竜巻が多発したが、
北海道での竜巻の発生は、日本海の海水温が平年よりも高いことが
関係していると耳にした。
どうして、海水温が高いかわからないが、
温暖化が影響しているのだろうか?

そうであれば、雷が自然という神が、温暖化による
気象変動を警告していることになるのだろうか?


参考(このブログから)

北海道の竜巻多発は、豪雪の予兆?


雷は神の意思表示?




テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術


則天去私 ~ 変化と共に生き、変化した世界と自分を編集させる

秋も深まり、早朝と日中の気温差が大きくなっている。
そのような現象は、暖冬の場合は多くなるという。

暖冬傾向の気配を感じつつも
気温は下がってきているので、

私の自宅の窓から4メートル先にある
桜の木は赤く染まって、紅葉している。

それを見ると、時が移ろい変化していることを
感じる。

日本には春夏秋冬の四季があり、時の移ろいを
肌で感じることができる。

季節の変化に応じて、自然の生物は
変化とともに生きて、粧いを変える。

「変化と共に生きる」
これについて、優良企業の花王の
元会長である常盤文克氏は
夏目漱石の「則天去私」(天に則して、私を去る)
の言葉を用いながら、
大自然の「変化共に生きる」姿勢は
経営にとっても学ぶべきところが多いと語る。

時は移ろい、元のままではあらず、
人の心も移ろい、世の中は変化する。

それを機敏に感じ取って、
変化と共に生きていき、
その変化に応じて、
新たな関係作りを行い、編集していくことを
楽しむ心を持ちたい。



テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術


何かが故障したり、壊れたりする時は、気づかなかった仕組みに気づく時

最近、身の回りでいくつか故障が発生している。

私が勤める会社のオフィスで、
水洗トイレで調子が悪くなった。

それは、水を流すと、水が流れ放しになるのだ。

その解決策として、水洗トイレの水槽へ
水を供給する導管の元栓をマイナスねじで
右に回して、閉じたら、水が止まった。

水を流すときには元栓をマイナスねじで左に回して
ゆるめたらいいだけだ。

我が家のテレビはもう使って16年になるが、
ブラウン管の調子が悪く、
突如映らなくなることが多々ある。

そうなれば、テレビを少し傾けて、たたけば
映るようになる。
ブラウン管からの放射が復旧するのだ。

また、私が使っていたパソコンの調子がおかしくなった。
そこで、自分でいろいろ調べてトラブルシューティングを
すれば、パソコンやソフトの特徴を知ることとなる。


このように何らかの故障が発生したときに、
自分でなんとかしようとすれば、
そのモノの今まで気づかなかった仕組みに気づいたりする。

その仕組みに気づくことは大切だと思ったりする。
普段、自分たちの暮らしがどのような基盤のうえに
なりなっているのかを知らないと、気づかぬうちに
その基盤を壊してしまって、気づけば、
手のつけようのないことになってしまっている場合がある。

消費者利益のために、競争を促進させようということで
アメリカの圧力により、大店法を変更して、
大型店舗が出店しやすくした。

確かに価格破壊に貢献した面もあったが、
大雑把な言い方だが、
地域商店街などがより大打撃をうけやすくなり、
地域社会が壊れ、地域のつながりが薄くなり、
町は寂れ、犯罪が多くなった面もあると言われる。

モノを買う金が安くなった分、治安コストが高くなった
ともいえるかもしれない。

地域の人のつながりが薄れ、人々が根無し草になり
不安と孤独にさいなまれる社会、
それは、全体主義のナチスドイツが誕生した
ドイツ社会はそのような側面があったという。
昨年の小泉自民党の圧勝を見ていると、
そのときのドイツと今の日本がオーバーラップする
部分も感じる。

消費者利益のためにということで、
競争促進のため、アメリカの圧力により、
大店法を変更した結果、
目に見えなかった地域社会の基盤の破壊を促進して
しまった面がある。
アメリカ的グローバル経済化の
競争促進政策の結果、
人々の過剰流動性が高まり、
地域社会や会社組織などに対するつながりは薄れ、
人々のつながりの希薄化を促進させ、
犯罪の増加や全体主義が発生する潜在的リスクの
高まる傾向にあるかもしれないとふと思う。

壊れてみて、はじめて、今まで気づかなかった
見えない仕組みに気づくことがあるなあと
最近の身の回り品の故障から、
社会全体の見えない仕組みについて
思うのであった。












テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術


サービス業の空洞化のなかで生き残って行くのは?

今日、ウイルス対策ソフトがきちんとインストールできないので、
製造元の企業に電話で問い合わせると、

応対した女性の
日本語のイントネーションが中国語なまりだなあ
と思った。

おそらく、中国のコールセンタに繋がっているのだろうなあ
と思った。

かつてなら、これは日本国内で、日本人が対応していたが、
中国の方が人件費が低いことと、通信技術の発達で
日本語を話す中国人が中国で応対するようになったのだなあと
思う。

コールセンターの雇用は、日本でなく中国で行うという
いわゆるサービス業の空洞化の実例を初めて体験したという
感じである。

IT業界では、労働集約型のSEの作業は既に
空洞化が進んでいるとされ、
アメリカでは、事務職、ハイテク関連などホワイトカラーの仕事が
次々とインドなどの海外に下請けに出されているようですね。

アジアで、日本語を習得した有能な方々が増えると、
アメリカと同じように日本もサービス業の空洞化が
深刻な問題になってくるのだろうかと
思ったりする。

生き残っていくとすれば、
Face to Face 的なハイタッチ感覚の
顧客との関係作り、
顧客のかゆいところまで、気がついて、
提案できるようなところ
特定の好みや趣味を共感できる
仲間ができるコミュニティを作っていくところなのだろうか
と思ったりする。


テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術


風呂敷 ~ 風呂で使われた敷物は時代と共に変化する

何か、たくさんの物を入れて運んでいく時、
よく、風呂敷が使われた。

どうして「ふろしき」と言われるようになったのだろう?

かつては「平包み(ひらづつみ」と呼ばれていたが、
室町時代に、一休さんに登場する上様である室町幕府
第3代将軍足利義満が、
室町の館に大湯殿(おおゆどの)を建てて、
大名などをもてなした。

当時は蒸し風呂で、将軍に招かれた大名達が
その大きな蒸し風呂に入る前に、脱衣する時に、
脱いだ服を、家紋を染め抜いた布で包み、
着替え間違えないようにした。

そして、風呂から上がると
その布で足を拭いたり、広げて座ったりしたという。

そして、江戸時代になれば銭湯が普及し、
庶民が利用するようになる。

庶民達は
垢(あか)すり、軽石、手拭い、浴衣(ゆかた)
などを四角い布に包み、銭湯に通うようになる。

すると、それを平包みと呼ぶ一方で、
風呂に敷くということで
風呂敷包みと呼ばれるようになってくる。

江戸時代初期から中期前にかけての文献によると、
元禄・宝永の頃は、平包と風呂敷包みの呼称が混在
しているという。

やがて、風呂敷と統一されるようになってくる。
そして、江戸時代中ごろから花見などが
大衆化したことをうけて、花見に行く時に、
風呂敷で物を持ち運ぶようになってきたことから
わかるように、
銭湯に行くとき以外に、何かの
物を運ぶ時に使われるようになったきた。

また、江戸時代の江戸は火事が多発したので、
布団の下に風呂敷をおいて、
火事になれば、風呂敷に家財を入れてすぐに
逃げる事をできるように準備していたという。


現代では、風呂敷の使い方も多様になってきていて
テーブルクロスあるいはランチョンマットとして
使われることもある。

           20061115165308.jpg

           京都「いーふろしきや」より

このように風呂敷は時代とともに変化していくのである。


また、このブログでは
風呂の語源について

風呂(ふろ) ~ あのランディ・バースは日本でお風呂に浸かっていたのだろうなあ
に書いています。

テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


窓にひびが入って、ガムテープで覆った?

今日は、MY PC のウインドウズの調子が悪くて、
アウトルックの余分な受信ファイルを一気に削除しようと
したら、凍ってしまって、電源切ったら、
HDの不調で、何かのファイルがふっとんだようで、
起動して、画面が表示されるまで40分以上かかったり、
画面表示されても、マイドキュメントが表示されない
事態になったり、大変で、
何度も再起動しては、
ウインドウズによる自動修正を何度か繰り返して、
なんとか、エラーが修正されたようだ。

まだまだ、不安定で気になるが。

Baby I Love You ~ 暖かさを感じるメロディとともに岸田繁が優しく語り掛ける

久々に、
くるりの「Baby I Love You」を聴いた。

この曲を始めて聴いたのは、昨年、職場でFM802を
聴いていると

ゆったりと暖かさを感じるメロディラインとともに

岸田繁が優しく語りかけるように

♪~素直になれると今すぐ笑うよ~♪

と思わず聴き入ってしまった。

そして、

♪~
 いつもごめんね
 今日もごめんね
 いつもごめんね

 Baby I Love You ~♪

とゆったりとサビに入っていく、
良い曲と言っても、サビの部分だけが特に良いとか
その曲の特定の部分が際立って良いという曲があるが、
この曲に関して言えば、
頭だしからサビまで、全てのパートが良い。


くるりは
岸田繁は立命館大学の音楽サークル
「ロックコミューン」出身であり、同級生たちと
結成したバンドである。
(このサークルからメジャーデビューを
果たしたバンドは他にもあり、「京都系バンド」の名門サークル
とされる)

「くるり」の名の由来は
京都市内の地下鉄の案内板の矢印が
「くるり」となっていたのを見て、
それからバンドの名前をつけたという。

私は、あまり「くるり」の曲を聴く事はなかったが、
岸田繁がロンドンで書き下ろした
この曲だけは特に気に入ったので
ゲットした。
聴けば、思わず口ずさみたくなる曲である。

この曲は10年経っても、ふと、
時々、聞きたくなる曲になるだろう。


くるり 「Baby I Love You」 着メロ試聴





テーマ:お気に入りの曲♪ - ジャンル:音楽


寒さ増し、粧う山も 艶やかになりますね

今朝は冷えた。

今日の予想最高気温は15度前後と、

やっと秋らしくなってきた。

今年の10月は比較的暖かく、かつ11月になっても
あまり気温が下がる日が少なく、

一昨日は気温が23度と10月中旬並みの気温であったが、

15度となれば、11月下旬並みの気温で、

一気に1ヶ月以上、秋が進んだことになる。

前の冬は、11月まで暖かかったが、
12月になって、急激に寒くなった。

今シーズンの冬は、予想通り暖冬になるのか、
また、不意に寒くなるのか

ただ、このように気温が急に変動すると
体調を壊しやすくなるので、

少しずつ気温が変化してくれるほうがいいですね。

また、朝と昼の気温差が大きいと
着ていく服に困りますね。

朝はとても寒く、厚着をしていくが、
昼暖かくなると、厚着であれば暑くなる。

寒くなるなら、朝も昼も寒くなるほうが
よかったりする。

だんだん、寒くなると紅葉も深まりますね。

そこで一句

艶やかな 粧う山に ふと惹かれ されど歩まず 目を注ぐのみ

遠くの山並みも紅葉で美しくなり、ふと眺めてしまいますが、
 そこに行く事はなく遠くからただ見つめるだけです。
  それと同じく、素敵な女性をみかけても、
   歩みよることができず、少し視線を向けるだけしか
    できないという感じを重ね合わせています。


このブログで紅葉については
 

みじ~♪秋の夕日に、照る山もみじ~♪ 

に書いています。
  
  


テーマ:日記 - ジャンル:日記


北海道の竜巻多発は、豪雪の予兆?

北海道で、今週、積乱雲による竜巻がいくつか発生している。
積乱雲は、地表または海上が暖かく、上空に冷たい空気で覆われると
発生する。また、その地表・海上と上空の気温差が大きいほど
積乱雲は発達し、竜巻の発生が多くなるという。

今週、どうして、北海道で竜巻が多発するか?

それは、日本海の海水温が平年より暖かいからだという。

そのことで、海上と上空の気温差がより大きくなり、

強い積乱雲が発達し、竜巻が発生しているのだという。

どうして、今年、日本海の海水温が高いかわからないが、

もし、日本海の海水温が平年よりも高い状態が
真冬にも続けば、冬型気圧配置になったとき、
雪雲がより発達することはないのだろうか?

そうであれば、前の冬と同じように豪雪になる可能性はあるかもしれない。


テーマ:地震・天災・自然災害 - ジャンル:ニュース


風呂(ふろ) ~ あのランディ・バースは日本でお風呂に浸かっていたのだろうなあ

アメリカの中間選挙のニュースで
1985年の阪神タイガーズ日本一の貢献した
ランディ・バース氏が
州議会の上院議員選挙で再選したと聞いた。


ランディ・バースで思い出すことは
彼が活躍していたころに
「さんまのまんま」という番組で
C-C-Bがゲストの時、
もし、さんまに子供ができたら
名前を何にするかというネタで盛り上がった。

さんまは、3人子供ができたとして、
そのうちのひとりに
次の字を使って名前をつけるとした。

それは「風呂」という文字である。
それは「ふろ」とは呼ばず、
なんと呼ぶかと言えば、
「バース」なのだ。
それはもちろん、英語の風呂の「Bath」をかけている。

さんまが
「長男はバース」と言ったら、
C-C-Bのメンバーは大爆笑、
さらに
さんまが、紙に「風呂」と書き、「風呂と書いてバース」
という感じのことを言えば、
C-C-Bのメンバーはさらに大爆笑した。

私もそれを見ていて、大笑いしたが、

さて、英語の風呂の「Bath」の語源は、
もともとは「暖める」という意味に由来する。

イギリスに温泉の名所「Bath(バース)」という地名がある。
そこは、ローマ時代の大浴場の遺跡「ローマン・バス」があり、
その地名が、
「Bath」の語源という説が広まっているようだが、

「Bath(バース)」という地名は、
その土地に温泉、つまり天然のお風呂があったから
その地名になったのである。


さてさて、「Bath」は日本語では「風呂」であるが、
その風呂の「語源」は何か?

ただ、風呂の「語源」については
定説はない。

いくつか説はあるが、主な説を2つ取り上げると

①もともと「窟」(いわや)や「岩室」(いわむろ)の意味を持つ室(むろ)が転じたという説

②抹茶を点てる際に使う釜の「風炉」から来たという説

②の説については

江戸時代に発行された国語辞典「和訓栞」で、
茶の湯などに使われる釜である「風爐(風炉)」と
人が浸かる浴槽も釜も、
暖めるためには、下から火をあてるので、
それゆえに「風呂」になったという主旨のことが
書かれているようだ。


①の説については

民俗学者である柳田国男氏が、

古代では、現代のように湯に浸かるのでなく
サウナのような感じで蒸し風呂に入ることが主流であり、
その場所は、岩室(いわむろ)などで作られており、
その「室(むろ)」が転じて風呂になったと主張している。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参考


カクレマショウ やっぴBLOG Bath(バース)の誤解


大浴場「さくらさりょう」 風呂の語源と歴史
 

語源由来辞典「バス(風呂)」

語源由来辞典「風呂」





テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


コンビニでの日常 ~ 商品を先に手渡すか、お釣を先に手渡すか?

毎日、コンビニで何かを買うが、
1円、10円単位なので、お釣をもらうことが多い。

それでふと思うことがある。
店員さんは、先に商品を渡し、そしてお金を受け取り
お釣を渡してくれる。

私は、先にお金を受け取り、お釣を渡して、
商品を渡して欲しいと思うことがよくある。

食べ物となれば、レンジで温めてもらうことが多い。
その間、私は先に財布を取り出し、
テーブルの上にお金をおいておく、
請求額と同じ金額であれば良いが、
たいていは、そうならないので、
お釣をもらうのを待つが、
お釣をもらうため、
出した財布をそのままにしておかないといけない。

店員さんは、レンジから取り出した食べ物を袋に
入れているが、その間、
私としては、財布を持ったままの状態なので、
それをはやくしまいたいが
お釣をもらっていないので、
財布をしまえないのだ。

それで、私は商品を袋に入れる前に
すでに請求額がわかっているので、
先に精算して、お釣を渡して欲しいと思うのだ。

そうしてもらうと、財布をしまうことができて、
そして、最後に買った商品を受け取るほうが
都合よく感じる。

商品の受け取りと御代の手渡しがほぼ同時であれば、
そう思うことはないが、
そう思うのは、特にレンジで温めてもらう間、
次に自分がとるべき行動をしておこうと思うので、
既に財布からお金を取り出し、お釣を待つことに
なるからだ。

ただ、電子レンジで温めてもうらことがなくても、
先にお金を机に置いて、お釣をもうらことを待っているが、
その時でも、店員さんはとにかく、商品を先に袋につめて
お金を受け取るのを後にする場合が多い。


財布をはやくしまいたいから、先に精算してから、
商品を袋につめてくれと思ったりする。





テーマ:ちょっとした出来事 - ジャンル:日記


竜巻 ~ 多くの犠牲者が出るリスクは何処にでも潜んでいる

昨日、北海道佐呂間町で竜巻による被害で9名が死亡した。
それを受けて、大きく報道されている。


トンネル工事関係者のプレハブ宿舎の2階部分が吹きとばされて、
その時に2階の会議室で多くの方がいたので、
9名もなくなるという事態になった。

もし、この時、トンネル工事が行われていなければ、
プレハブ宿舎はなく、今回の竜巻災害による死亡は0
だったのかもしれない。

そうなれば、これほど大きく報道されることはなかっただろう。

もし、そうであったなら、竜巻の危険性について
多くの人たちに伝えられることはなかっただろう。

今年の9月に台風13号により、
宮崎県延岡市で発生した竜巻で3名が死亡していて、
かつ、特急列車が横転していたのだ。

そのことについてこのブログで
強い台風きたら、雨戸を閉めて、電車は止める
で書いているが、

そのことについては、今回ほど大きく伝えられなかったと
思う。

ただ、今回の佐呂間町の場合はプレハブ宿舎という特殊要因が
あったが、今年9月の延岡市の場合は
普通の家屋にいて、死亡している。

また、この時特急列車が走行していたが、
橋上で脱線すれば、川に転覆して、
多くの死者がでていただろう。

竜巻災害によって、多くの犠牲者がでる潜在的リスクは
全国どこにでも潜んでいるのだと感じる。

雷がなり、雲がかなり黒ければ、
竜巻に気をつける必要があるのだろう。
いざ、発生すれば、適当な逃げる場所を
探ることもあっても良いかもしれない。

屋外であれば、鉄筋の建物に逃げることができれば、逃げる。
普通の家屋であれば、窓から遠ざかり、トイレなど
狭い部屋に逃げるなど。

それをしても、生命の危険に晒されることは
避けられないが、人的被害を最小化させるには
そうするしかないのかなあと思ったリス。

テーマ:地震・天災・自然災害 - ジャンル:ニュース


「木枯らしに抱かれてどころ」か、竜巻に吹き飛ばされて、大変だ!

今朝6時前、何か強い音によって目が覚めた。
何の音かと言えば、風の音である。

ちょうどそのころ、私の自宅のある兵庫県西宮市では、
寒冷前線が通過したのか、強風とともに雨が降っていた。

今日は木枯らし1号が近畿地方に吹いたという。

7日午前10時までの
最大瞬間風速は、
和歌山市で26.6メートル、
大阪市と神戸市で21.3メートル、
京都府舞鶴市で20.2メートル

とかなり強い風である。

木枯らしと言えば、
小泉今日子の「木枯らしに抱かれて」を思い出すということで
私のブログで、「木枯らしに抱かれて」について書いた。

木枯らしが吹く季節に難解な「謎」??

とリンクを貼ることで、今日のブログを書き終えるつもりであったが、
その強風による災害が発生したというニュース速報を耳にした。

7日、13時20分すぎ、北海道東部の佐呂間町若佐で
竜巻により住宅などが破壊され、
現在のところ9人死亡、6名不明、15人負傷というのである。

詳しいことはこれからわかっていくだろうが、
どのようなメカニズムで発生したのか?
注目したい。



             Snap_0006.jpg

          NHKニュース画像のキャプチャより


             136410-440001-0000-20061107030000.gif


         2006年11月7日12時 日本の天気図

テーマ:地震・天災・自然災害 - ジャンル:ニュース


商い ~ 秋に実った作物を売る。古代最古の中国王朝の国民の民族名は?

モノやサービスを売ることを商売という。

その商売は「商い(あきない)」ともいう。

もともと、商売という文字は中国に由来する。

古代中国の最古の王朝と言われるのが「殷」であるが、
その殷は別名「商」とも言われ、
その国民は「商人」と言われた。

殷が滅びた後、商人たちは定住地がなくなり、
流浪の民となった。
定住地がないので、農工もできず
交易で生計を立てたという。
そうなれば、ビジネスの才覚を鍛えていくこととなり、
とてもお金儲けが得意となり、また、彼ら抜きでは
ビジネスの話ができなくなったきた。

そのように物を売買することが得意な方々は
もともと商の人であったから、「商人」と呼ばれるように
なったという。

その言葉が日本に来て、
「商い(あきない)」と呼ぶようになる。

それは、秋の季節に農作物が収穫され、それらを売買するが、
それが「秋に行われる」ということから「あきなう」
となり「あきない」になったという説が定説である。

一方で「商人」のことを「あきんど」というが、
それは「あきびと」であったが、音便変化して
「あきんど」になった。







テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


10years ~ あれから10年も この先10年も  現代は過去と未来の交差点

渡辺美里の曲で
「10years」という曲がある。

この曲は1988年に発売された
アルバム「ribbon」のラストソングであり、
作詞は渡辺美里、作曲は大江千里である。

この「10years」は名曲中の名曲だと思う。

この曲は1988年のUCCコーヒーのCMソングとして
使われた。
渡辺美里自身が出演し、「10years」のサビの部分が
流れてくる。

そのCMVTRは
YouTubeの
渡辺美里 - UCC CANCOFFEE HOT
で見ることができる。

この曲は私が中学3年生の時に発売されたので
テープにとって、よく聞いていたものだ。


なんと言っても歌詞が10年という時の流れを
上手に感じさせるものである。

1番の

あのころは何もかも大きく見えた
あのころは何にでもなれる気がした
遮断機ごしのぼやけた景色
気がつけば 母の背を追いこしていた

2番の

大きくなったら どんな大人になるの
周りの人にいつも聞かれたけれど
時の速さについてゆけずに
夢だけが両手からこぼれおちたよ



「気がつけば 母の背を追いこしていた」

というのは、本当に身体大きくなり10年という年月が
経過したことを上手に表現していると思う。

また

「夢だけが両手からこぼれおちたよ」

という歌詞は、夢を抱いていたが、
その夢をかなえることができなかったというのが
切々と伝わってくる。

そして、10年という時の流れのなかで
夢だけが両手からこぼれおちて
何が大切なものなのかを
見つけられず、
必死に探しているという感じが伝わってくる。

それにしても、この曲の
サビの部分の

あれから10年も この先10年も

を聴くと今から10年前のことを思いつつ
これから先はどうなっているのかなあと思う。

また、この部分を聞くと国際政治学者であり歴史学者である
E・H・Carrの次の言葉を思い出す。


現代の人間は、過去のかすかな光が、彼の行く手の闇を
照らしてくれることを望みながら、自分の出現してきた
うすくらがりの中を一心に振り返ってみる。

Modarn man looks eagarly back into twillight out
of whichi has come, in hope that its faint beams
will illuminate the obscurity into which he is going

E・H・Carr「The New Society」より

また、哲学者 西田幾多郎の

過去は現在において過ぎ去ったものでありながら未だ過ぎ去らないものであり、未来は未だ来たらざるものであるが現在において既に現れているものであり、現在の矛盾的自己同一として過去と未来とが対立し、時というものが成立するのである。

という言葉も思い出す。


あれから10年も この先10年も

過去があり現在があるが、その現在はすぐに過去になり、
未だ来たらざるものであるが現在において既に現れている
未来へのつながっていく。

過去の蓄積で自分の未来につなげていくものは何か
ということも考えつつ、
未だ来たらざるものの変化と共に生きていくのだろうなあと
思う。




この曲が収録されているアルバム「ribbon」は
この「10years」以外に

BELIEVE、シャララ、彼女の彼、TokyoCalling、悲しいね

など良い曲が多く、名盤だと思う。

買っても損はしないと思う。

また特に「TokyoCalling」については
また別の機会に詳しく紹介したいと思う。

このブログで
渡辺美里のことについては
他に

My Revolution~小室哲哉の大出世作品

で取り上げています。


             





テーマ:お気に入りの曲♪ - ジャンル:音楽


「盛ん」であるのは神の力のおかげ?

元気な人を「盛んな人」と言ったりする。

その「盛り」は「咲く」「栄ゆ」と同根である。

それらの言葉は「神」に関係する。

「さかゆ」「さかり」「さく」

は「さ」という文字がある。

それは「坂」「崎」という言葉に関係すると言われる。

「坂」は出雲の神話で
死の世界への入り口であるとされる穴を「黄泉の穴、黄泉の坂」
と言われたり、また、別の話しでは
神に出会い、神を迎える場とされ、
「坂」は異界への境界と考えられていたようだ。

また、「崎」は海に突き出た半島を意味するが、
陸地で突き出た場所も「崎」と言ったそうだ。

その「崎」も「神が来る場」とされた。

その「崎」の意味を踏まえて、花が咲くことについて
説明すると

花が咲くところは「枝先」など「先端」の部分である。
突き出たところを意味する「崎」と重なり
となれば、咲いている花は神が来る場とされ
神の来迎を歓迎している。

また、花は「鼻」と同じで、海岸で突き出たところを
「鼻」と呼ぶことがあるが、突き出たところに神が来るという
ことで「花」に神が来ると同じ意味になるそうだ。

「花が咲く」というのは神が訪れる場所ができて、
神の力を感じる。

そして、神が来る場である花がたくさん咲いていると
万葉集で「梅の花今盛りなり」と表現されるように
「盛ん」は神の力が最も強く現れている状態を意味するという。
また、そのようになっていることを「栄ゆ」と表現するという。


「盛り」は「咲く」「栄ゆ」とどれも神の力を感じる
ということに由来するというのである。



「盛んなこと」とは神の力の表れということなのだろうか?

盛んになれば、気分が良いので、笑顔がこぼれるが

「咲く」という言葉は「くちへん」であるが、
それは「笑う」ことを意味しているという。
そうなれば「笑う」も神の力の表現なのだろうか?

「咲く」と「笑う」については
このブログの

言葉に花咲き、笑みを浮かべる

言葉と花の関係については

言葉には蕾(つぼみ)がある

を参照してください。




参考資料 
三浦佑之氏「神話と昔話」d-3「  さ か  」











テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


文化の日に、明治天皇を思い出しつつ、天気の良いこの日には、ピクニックに出て、サンドイッチを美味しく食べる前に、手を洗い、ハンカチーフで手を拭こう

11月3日は「文化の日」である。
1948年の祝日法で制定された。

1946年11月3日は、日本国憲法が公布された日であり、
新憲法が
「自由と平和を愛し、文化をすすめる」ということで
この日が文化の日にされたという言説がなされているが、
戦前には
この日はもともとは明治天皇の誕生日とされ、
「明治節」という祝日であった。

明治天皇が崩御し、明治が終わった後、
11月3日は平日になった。

大正時代に、国民から明治天皇の偉業を讃え、
明治天皇の誕生日を祝日にしようという運動が起こった。
ある新聞では11月3日をどのように保存して行くべきかんいて
アンケートを実施した。そこで多かったのが「明治節」という
名前であった。

1925年(大正14年)に
国民から
「11月3日」を祝日にすることを請願する署名が
2万人に集められ、帝国議会に提出され、衆議院で
満場一致で可決されたが、大正天皇の病気などにより
貴族院での審議が停滞したが、
1927年(昭和2年)に11月3日を明治節として
国民の祝日にすることが決定された。

参照
明治神宮「どうして文化の日は明治節と呼ばれていたのですか」


そして、敗戦後、

11月3日が「明治節」から「文化の日」
に変わった。

その経過について、GHQから圧力によって
明治節を廃止させられ「文化の日」に変えられたという
説を聞くが、

ある説明によれば、
日本側が、11月3日を新憲法公布を記念して
憲法記念日にしようとしたが
GHQが明治節を別の名称で祝うことから軍国主義復活を懸念して
反対した。
それでも、新憲法公布の日を記念にすべきということで
「文化の日」になったという説明がある。

それにしても、明治天皇の誕生日が
何らかの形で記念日になったことは良いと思う。
11月3日を新憲法公布の日にしたのは偶然だったのか
日本政府の意図だったのか?それについて知りたいなと思う。


ちなみに11月3日は
他に
ハンカチーフの日ともされている。

ヨーロッパでは長方形のハンカチが主流であったが、
マリー・アントワネットの進言により、1975年
にルイ16世が、ハンカチのサイズは縦横同一にするという
法令を布告。
それ以降、ハンカチは正方形になった。

そのマリー・アントワネットの誕生日が11月2日であり、
その日に最も近い祝日の11月3日をハンカチーフの日にした。

11月3日はサンドウィッチの日でもあるという。
サンドウィッチ店チェーンの神戸サンド屋が、
サンドウィッチの生みの親でる
イギリスのサンドウィッチ伯爵の誕生日が11月3日であり、
「いい(11)サン(3)ド」の語呂合せも合わせて、
11月3日を「サンドウィッチの日」に制定した。

ちなみに今日は「晴れの特異日」である。
こんな時は、ピクニックに出て
サンドイッチでも食べたいですね。


テーマ:今日は何の日!? - ジャンル:ニュース


言霊 ブログ開設1周年で思うこと ~ 言葉は人生を潤す

本日で、
このブログ
「言霊(心豊かに、言葉を生み、人生を潤す)」を
開設して、満1周年になる。

2005年11月2日以来、
毎日365日欠かさず、更新してきた。

ブログをアップできない日もあるだろうなあと
思ったが、1年間、毎日更新できて嬉しく思う。

ただ、あやうく、毎日連続更新できるかどうか
瀬戸際の日があった。

それは、
2006年1月15日の
テスト前にテスト用紙を配る先生~「知っていること」と「賢い」の違い
の時である。更新時間を見ると「23:58」とあやうく
毎日連続更新が途切れるところだった。

この日は、自宅から電車で1時間半から2時間ぐらいかかるところ
の和泉中央のカフェ「シュクレラール」で
友人達と22時ごろまでお茶をしていた。

そこから中百舌鳥駅まで、友人に車で送ってもらっていた。

ブログの更新のことが気になりつつ、
車の中で「今日のブログのネタを何にしようか、
考えるなあ」と言っていたら、友人達が
「さっき言った話にしたらいいじゃない」
と言われ、あっ、そうかと思って
書いたのが

テスト前にテスト用紙を配る先生~「知っていること」と「賢い」の違い


である。ただ、この時、自宅に戻ったのが
23時45分ぐらいだった。
私のPCはノートンアンチウイルスなど
いろいろなソフトを入れているため
起動してからブログに書き込めるような状態になるまで
5分ぐらいはかかる。

23時50分ぐらいから書き始め
5~6分ぐらいで書いたと思う。

また、この時、住んでいたアパートの部屋では
AirHの通信状態が悪く、接続が切れることがあったので
電波がきちんと届く、アパートの入り口まで
ノートPCを持ち運んで、
更新をクリックした。
その時間が23時58分であり、ギリギリだった。

そのようなこともありつつも
1年間、毎日連続更新ができてきた。

さてさて、
第1回目の
ブログ挨拶のタイトルは

ようこそ!「言霊(心豊かに、言葉を生み、経済を潤す) 」へ
になっている。

もともと「経済を潤す」が今は「人生を潤す」にタイトルが
変わっている。

どうして、変わったのか
そのことは、カテゴリー毎に記された
数からわかる。


ブログ挨拶 (1)
ブログ開設 1周年 (1)
ヒット商品列伝 (19)
お気に入りのうた (27)
ちょこっとメモ (64)
時事ネタ~政治・経済・社会など (90)
語源・名前の由来など (131)
ちょっと、広告です (1)
哲学・思想・人生観・世界観 (5)
花ことば (7)
今日は何の日 (14)
名言・格言・心に残る言葉 (3)
名勝負・名場面 (1)
言葉にまつわるおはなし (2)
発想法・編集法 (1)

もともと、ここでは
ヒット商品のことをたくさん取り上げようと考えていて、
このブログを「ビジネス」で登録していたが、
「19」だけに留まった。
ヒット商品のことを書けば、詳しく書いてしまい、
時間がかかるので、あまり、かかなくなってしまった。

最も多いのは
語源・名前の由来などの「131」である。

それであまり経済のことをかかなくなったので、
「経済を潤す」を止めた。

言葉を知ると、些細なことでも、
感受性豊かにいろいろ心が動くことにつながると
思うので
「言霊(心豊かに、言葉を生み、人生を潤す)」
に変更したのであった。

そしてこのブログのカテゴリーを「ビジネス」から
「学問・文化・芸術」に変更した。

カネやモノがなくても、ないなりに
人生を豊かに
するのは、より多くの言葉を知り、感受性を豊かに
することではないかと思ったりするのだ。

今日のこのブログで、

和泉中央のカフェ「シュクレラール」で
友人達と22時ごろまでお茶をしていた。

と書いたが、

これとは別の日の2006年1月3日に
カフェ「シュクレラール」で1人読書をしながら
感じたことを書いている時がある。
「シュクレラール」とは「芸術を甘くする店」という意味で
あるが、それにちなんで

芸術を甘くする店で人生と社会を感じる

というタイトルで、グローバル経済化するなかで
現代日本の社会と、その社会の中で何を価値にして生きていくか
ということについて書いた。

その人生のコンセプトが
フランス人が好む「Art De Vivre」(芸術的生活術)である。
価格やブランドという外在的な価値ではなく、内発的に自分達の暮らしを手作りで楽しみ、それをもとに創造性に富む豊かな会話をする生活
をしていくことである。

どのような環境におかれても、
人と言葉を交わすことで、
楽しい気分になり、豊かな気持ちになる。

そのようになるには、
より多くの言葉を知り、その語源を知ること
でより、豊かな気分になることがあるように思う。

人と言葉を交わさない時でも、
自分自身の中で、言葉を道具として使うことによって
いろいろ想像力が沸き立つ。
そのことで、人生に潤いをもたらしてくれると
思っている。

このブログが満1周年を迎え、
2年目に入るが、これからも
言葉のことについては探求していきたいと思う。









テーマ:ことば - ジャンル:学問・文化・芸術


料理 ~ はかりおさめること 料理は「料治」だった?

おいしそうな料理を見ると、
食欲が湧くが、
料理は食べ物を作るという意味で
使われているが、
一方で、
物事をきちんと処理するという意味にもなって
いる。もともとはこの意味で使われていたという。

「料理」という意味を辞書で調べると
「はかりおさめること」
とあるが、それはどういう意味だろうか?

「料」という文字は、「米」と「斗」からなっており、
その意味は「米をますで計る」という意味である。

「おさめる」を漢字変換すれば
「治める」という文字が出てくる。

古代中国では、料理は「料治」と表記していたという。
それがどうして、
「料治」から「料理」に変化したのか?

茨城大学の真柳誠教授によると

中国の唐の時代の皇帝「高宗」の名前が
「李治」であった。
古代中国では、諱(いみな)で呼ぶことができるのは
親や主君などのみであり、
それ以外の人間が諱で呼びかける事は極めて無礼な事であった。
それゆえに、
皇帝「高宗」の名前に使われている「李治」を公文書で使う
ことは避けるようになる。
それまで「料治」と使われていたものを「料理」に変えた
のだという。

より詳細は「真柳誠教授の料理の語源」を御覧下さい。


料理の「はかりおさめる」
の「おさめる」が「治める」に由来するかどうかは
定かではない。

ただ、その可能性もあるようにも感じる。
また、
どうして、「治」を「理」に変えたのだろうか?と思う。

「理」という文字は
「玉」とすじめの意と音とを示す「里」から成り立ち、
「玉のすじもよう」「玉を美しくみがく」という意味がある。

「すじ」ということから玉の表面の筋模様を意味するが
そこから「物事の筋道=ことわり(理)」という意味も生じる。

物事を治めるには、筋道があり、理に適うことが
欠かせないが、それゆえに「治」に変わって「理」
という文字を置き換えたのだろうか?
これは推測にすぎないが。

「料理」の語源については気にとめておきたい。




テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術