言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



メリハリ~高い音と低い音を取りれて、曲にメリハリをつける

メリハリをつけて勉強をする
というように
「メリハリ」という言葉を耳にするが、
その語源は
日本の伝統音楽に由来する。

「メリ」は「減リ」と書いて、
少なくなるという意味であるが、
基本の音より低い音にして下げるという意味になる。
「ハリ」はもともと「カリ」と言われていて、
音を高くするという意味で使われている。

そのようになった説明は
いくつかされている。

例えば、
弦楽器の場合、弦を緩メルと音程が下がるので
「メル」、弦を張ると音程が上がるから
「ハル」で、「メリハリ」となったいう説明がなされたり、

もともとは
尺八で
あごを引いて音を下げ、あごを出して音を上げる」
という首振り技法であるメリカリに由来するという説明がある。

また「メリ」は「乙」と書く。
「甲(カリ)」と書く。これは
甲高い声というように高い音に使われるのであるが
それから「乙甲」と書いて
「メリカリ」と呼んでいたとも言われる。

それが変化して
「減リ張リ」となり、
歌舞伎などで声の強弱の意味を表す言葉として使われ、
やがて一般的に広まったという。



スポンサーサイト

テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


いの一番~「い」の「壱番」の柱を立てましょう

「いの一番に飛びついた」

と「真っ先に」という意味で
「いの一番」という言葉が使われる。


その語源は、大工が使っていた言葉に由来する。

大工さんが家の柱を立てていく前に
それぞれの部材がおさまる位置をはっきりさせるため

図面(手板/板図)に柱の番付を書く。
例えば、縦方向に「い」「ろ」「は」
横方向に「壱(一)」「弐(二)」「参(三)」
と番号を付けていく。

基礎ができて、柱を立て行くとき
「い」の「壱(一)番」の柱を初めに立てる。

それから「真っ先に」「はじめに」という
意味で「いの一番」と言われるようになった。


そう言えば、
サザンオールスターズのデビュー曲の
「勝手にシンドバット」のB面は
「当って砕けろ」の頭の歌詞は

♪~いの一番に 飛んでいきましょ 昔の女なんて おさらば ~♪

とある。私はこの曲のサビの

♪~本当の幸せ あなたは教えてくれたの~♪

という部分のメロディラインは好きである。






テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


「ダメ押し」されたら「ダメ」~囲碁の無駄なマス目から派生してきた言葉

プロ野球中継を見ていると
複数点の点数をリードしているチームが
さらにもう1点追加すると
「ダメ押しの1点が入った」という
言葉を実況のアナが発することを耳にするが、

その「ダメ押し」という言葉は
もともと囲碁から生まれた言葉である。



囲碁の碁盤には将棋のように縦線と横線が
描かれ、マス目が書かれていてる。
(9本~19本の線までいくつかの碁盤があるが
一般的には19本の19路盤が使われる)

線と線が交差するところに黒石と白石を
交差に置き、できる限り
大きな「地」(相手の石が活きることのできない自分の石の一団に囲まれた領域)を取り合うゲームであるが、

どちらの「地」でもない所を「駄目」と言う。
対戦を進めると
自分側にも相手側にも属さない無駄な目ができてくる。
それゆえに「駄目」というようになった。


そのようなどちらの地所でもないマス目に石をおいても
価値がなく無駄である。そのような理由で、
やっても価値がないこと、やっていはいけないことを
「駄目」と言うようになる。

また、
囲碁の対局を終えて、計算しやすいように
駄目に石を置くことがある。
それを「駄目押し」と言うようになる。
そこから転じて「念を押して確かめること」という意味になり、
さらに、すでに勝利を決めるほどの点を取りながら
追加点を取るという意味にも使われるようになった。





テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


9月~秋となり、夜がだんだん長くなっていく月、古代ローマではもともと7番目の月であった!!

9月は、旧暦では
「長月」と呼ばれる。

その語源にはいくつか説がある。
旧暦の9月は現在の10月ごろであるが、
10月にもなれば、
だんだん夜が長くなってくるので、
「よながつき(夜長月)」()と呼ばれて、
それが略されて「長月」になったという説。

次の説としては稲の生育にちなんだ名前に
由来する説である。
「いなかりつき(稲刈月)」、「いなあがりつき(稲熟月)」
「ほながつき( 穂長月) 」から
「長月」という言葉が生まれたという説。

もうひとつは
秋になれば長雨になるので
「 あがめつき(長雨月) 」から
「長月」という言葉が生まれたという説。

以上の説が「長月」の語源としてある。


英語では9月は「September」である。
「Septem」とはラテン語で「7」であり、
英語の「Seven」と同義であるが、
どうして、「7」となっている言葉が
9月に用いられているのか?

暦はローマ帝国の時代に作られたが、
もともと月は1月から10月までしかなく、
現在の3月のMarchが1月にあたっていた。
それまでは、太陰暦を使用していた。
紀元前710年ごろまで
ロムルス・レムス暦という太陰暦を使用していて、
その暦では、1年をMarutius(現在の3月)
からDecember(デセンベル 現在の12月)までの
10ヵ月304日として、残りの余った日々を
「死の季節」とした。

紀元前710年以降は、太陰暦のヌマ暦が採用され、
「死の季節」を2分割したのが、
ローマ神話の守護神ヤヌス(Janus)にちなんで「Januarius」
「清めの祭礼」を意味する語 (Februa)にちなんで「 Februarius」
としていた。

そして、7番目の月を7番目の月として
「September」としていた。

そして、紀元前46年、
ユリウス・カエサルの治世になり、
カエサルは完全な太陽暦の暦を採用した時、

1年の最後の方に用いられていた
「死の季節」の「Januarius」と Februarius」を
1年の初めの方に持って行き、それを1月と2月とした。

そして、もともと1番目の月であった
「Marutius」を3番目の月にした結果、
それまでの月の順番が2つずつ後ろにずれたので、
もともと7番目の月であり「7番目の月」を意味していた
「September」が9番目の月となった。
それゆえに、9月が「September」になったのである。

ちなみに、それまでの5月であった「Quintilis」が7月に
それまでの6月であった「Sextilis」が8月に
なったのであるが、

その2つの月はとある2名の人物の存在によって
名前がかわってしまっている。

それについては、このブログの

7月~日本で文を綴る月は、西洋では英雄の月である

葉月の8月~ローマ帝国初代皇帝アウグストゥスのおかげで、夏休みが1日増えた!!

に書いています。





テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


超A級台風・伊勢湾台風が襲った日~1959年9月26日

今から(2006年9月26日)の47年前の
今日の1959年(昭和34年)9月26日
超A級の台風15号が和歌山県串本町に上陸した
あと伊勢湾の西を通過していき、
伊勢湾湾奥沿岸の名古屋市など
甚大な高潮による被害をもたらした。
伊勢湾沿岸を中心に全国で
死者・不明者5000人を出す
大災害となった。
これは、のちに「伊勢湾台風」と命名された。


1959年9月20日
マリアナ諸島ので1エニウェトック島付近
で発生した
中心気圧が1008ミリバール(当時の単位。ヘクトパスカルに同じ)の弱い熱帯低気圧は
西に進み、翌日、サイパン島付近で
台風15号になった。
そして、その翌日の9月22日~9月23日にかけて
たった1日で気圧が91ミリバールも
下がり、905ミリバールに発達し
中心付近の風速が75メートル
(米軍観測によれば、中心気圧894ミリバール、風速90メートル)
という猛烈な台風となった。

9月26日の午前9時には
潮岬の南南西400キロメートルに達したが
最盛期が過ぎても勢力はあまり衰えず、
中心気圧が920ミリバール
中心風速が60メートル
暴風半径が
東側400キロメートル、西側300キロメートルという
猛烈で超大型の台風のままで日本列島にせまっていた。

かなりの猛烈な台風ということで
当日土曜日の半日通学・出勤の日であったが、
気象庁は午前中に警報を出すようにして
警戒を呼びかけていた。

そして、9月26日の18時13分
和歌山県潮岬の西15キロメートルの地点に上陸した。
その時、中心気圧が929.9ミリバールと
日本本土上陸時の気圧としては
戦後の2番目に低い台風として
上陸した。

その後、奈良、和歌山、鈴鹿峠を経て、
22時に岐阜県の揖斐川上流に達した。
この時、名古屋市の風速は南南東37m/s、
瞬間最大風速は57.7m/s
時間雨量は40~70ミリの激しい豪雨に見舞われた。

このコースは伊勢湾岸にある名古屋付近では
最悪の事態を招いた。

そのコースによって、
伊勢湾沿岸では
最大風速の風向きが南東に吹いた。
それによって、海水が伊勢湾の奥に吹き寄せられ、
また、気圧が低いので、海水面が高くなり、
高潮被害が発生したのだ。

実際には
伊勢湾奥の海岸堤防の高さは3.38メートルから
4.8メートルであったが、
実際の潮位は5.31メートル、さらに
暴風による高波で高さ10メートル以上の
海水が大量に堤防を越えて、
伊勢湾沿岸地域に襲い掛かってきた。

その結果、
海岸堤防の決壊が128箇所、14Km、
河川堤防の決壊125箇所、21Kmに達した。

この地域は、
江戸時代に遠浅の海を干拓してできた新田で、
海面下2~3メートルの土地もあったため、
高潮により一旦海岸堤防が破壊する
と瞬く間に、水没ししてしまったのであった。

特に、名古屋市南区や港区では
港の貯木場から
直径1メートル、長さ10メートル、重さ
7~8トンにもなる木材の大群が
押し寄せてきて、住宅街が破壊されつくした。

それによって
名古屋市南区では、約1500名の死者がでた。


この台風により
全国で死者・不明者が5098名が出た。

ちなみに、この台風が日本海に出て
東北地方を通過する時に
珍しい現象が発生した。

秋田沖に進んだ台風の中心は次第に消滅したのだが、
青森県の東海上に新たな中心が生じた。
それを「ジャンプ現象」と呼ぶようだ。



20060926171610.jpg


高潮被害にあった愛知県木曽川河口地域
http://www.d1.dion.ne.jp/~kwx/isewan.htmより



台風の語源については
このブログの
台風~シチリア島のエトナ火山の下で火を噴く「typhon(テュポン)」
に書いています。


テーマ:今日は何の日!? - ジャンル:ニュース


あまりの速さについていかれへんわ~「東京カワイイ★ウォーズ」を見て

昨日のNHKスペシャルで
「東京かわいい★ウォーズ」という
デザインは されているが日常でも着られる
リアルクローズが、
東京から「かわいい」という感性で
2週間のサイクルで渋谷109の店頭で売らたり、
携帯サイトのネットショッピングで売っていく
様子を放送していた。

ブランド名は忘れたが
かつて、ハイビスカスの模様のブランドで
人気を誇ったが、凋落してしまった
会社の再起をはかって、あるプロモーターのような
方にプロデュースを依頼していた。

そのハイビスカスのブランドの新しい服を
パリのジャパンエキスポのリアルクローズの
ファッションショーに出演させた。
それは5分で終わった。
その会社の社長は5分という短さに
「え~、もう終わったの!」
という感じだった。

そして、携帯サイトで売ることとなり、
その前のファッション誌か何かの紙媒体に
PRしていて、その内容に「パリで先行デビュー」
と書いてあった。
携帯サイトでは21時から売り出され、
なかなか手ごたえのある売上げだったようだった。
でも、そのサイトで、商品として鮮度が保たれるのは
1日ぐらいだという。

この「かわいい」という直感の購買力は
スゴイものを感じるが、

PRに
「パリで先行デビュー」と書いてあったことに
気にかかった。
私の偏見かと思うが、
パリのジャパンエキスポのファッションショーは
ただ、たまたまパリで行われたファッションショーに
出しただけで、「パリ」でしたという
アリバイをただ作ったという感じだった。


また、2週間という商品サイクルも
ある意味では、次々に新しいものを生み出し、
ファッションに対する感性に磨きをかけていく
という面もあるようにも思えるが、
何か、その場限りで、底の浅いものを感じてしまうなあ。
何か水商売みたいな感じだ。


とかいっても、少なくとも消費者達の
服の感性が鋭くなっていくわけで
そういう意味では良いようにも思えるが、
東京ガールズコレクションに出てくる
玉石混合のリアルクローズの中から
歴史のあるブランドは果たして生まれてくるのだろうか?

2週間サイクルで新商品が発売される
リアルクローズを購買している現在の10代後半から20代前半の
客層が10年後どのようなファッションを
しているのかなあとふと思う。

まあ、この番組を見て、
私は33歳のおっさんだが
2週間という速いサイクルについていけん世界だなあ
感じて、何か年老いた気分になってしまった(笑)






テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術


Kanon~心地よさのメロディラインのミーム

パッヘルベルのカノン(kanon)を
聴くととても心地よい。

ドイツの作曲家、パッヘルベルが
1680年ごろに作曲した曲であり、

現代でもよく聞かれる。

その心地よいメロディラインは
「カノン進行」と呼ばれるようで、

それについて
http://club.pep.ne.jp/~masa.w/pkanon.htmから
引用すると


第1パートが演奏した8拍を次の8拍で第2パートが繰り返す、その時にはもう第1パートは別のメロディを演奏している、次の8拍ではさらにもうひとつ新しいメロディが重なって演奏される....以下、8拍ごとに、同時に演奏される3つのメロディのうちのひとつが新しいメロディに変わりながら、音楽が進行していきます。

 こういう形式をとるため、必然的に、コード進行(和音)は、初めの8拍の進行が最後まで同じ形で継続します。

 パッヘルベルのカノンのコード進行は、(本当はニ長調ですが、ハ長調で書くと)

 C-G-Am-Em-F-C-F-G

となる。



という、そして、カノンのコード進行のベースラインの音符は



20060924070629.jpg


カノンのこのベースラインを
コード進行で表すと
C-G-Am-Em-F-C-F-G
となる。

これを「カノン進行」と呼ばれるもので、
このメロディラインはとても
心地よいので、バロック期から現代に至るまで多くの
作曲家が愛用している。

例えば、桑田佳祐は
サザンの名曲としてあげられる「Ya Ya」で
このカノン進行を用いているという。

その他に

また、岡村孝子の
「夢をあきらめないで」

松任谷由実 「守ってあげたい 」

米米CLUBの「浪漫飛行」

岡本真夜「TOMORROW」

ZARD「負けないで」

他に、
最近のヒット曲では、大塚愛の「さくらんぼ」
にカノン進行が用いられているという。

人が聴いて心地よいメロディラインは
時空を越えて普遍的に受け入れられるのだろう。
それが、文化遺伝子「ミーム」となって
後世に伝えられ続けるのだろう。


音楽のミームに関して、このブログで
愛の言霊 ~日本文化のミーム?
で書いています。







テーマ:音楽 - ジャンル:音楽


挙句の果て~連歌の締めの句から

挙句の果てにはどうにもならなくなった

というように、結果や結末を意味する言葉として
「挙句の果て」という言葉が使われる。


これは、連歌に由来する言葉である。

複数の人が参加して、
五七五の長句の七七の短句を交互に読み継ぐ
を連歌という。

初め句を「発句」といい、
最後の締め句を「挙句」という。

それが転じて、最後の結果や結末という意味を持つようになる。
さらに、終わりの意味を強調するために
「終わり」を意味する「果て」が付け加えられ、
「挙句の果て」と言われるようになった。

参考
語源由来辞典

テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


オタクパワーは、日本外交のソフトパワーの源泉?

先の自民党総裁選挙において
オタクの聖地「秋葉原」で
候補者の演説が行われた。
安部氏、谷垣氏、麻生氏の
中でも異彩を放ったのは
麻生太郎氏であった。

麻生氏は冒頭で
「秋葉原のオタクのみなさん」と呼びかけた。
聴衆からドッと笑いが出た。
そして、麻生氏は得意のマンガなどを引用して「文化外交」論を展開
した。


東京のオタクの聖地が秋葉原であれば、
大阪で、そこに相当するのは
電器街である日本橋である。

日本橋のメーンストリートを西に一本入った道路には
メイドカフェやマニア向けショップが並んでおり
「オタロード」と呼ばれている。

そこに「アストロゾンビーズ」という店があり、
フィギアやSF映画やホラー映画で使われた
小道具のレプリカなど販売している。

店主がアメリカに行って、実際、映画で使われた
ものを取り寄せている。

熱いマニアの間で、それらが人気で10万円を超えるものもある。
数に限りのある希少性がファンには大きな魅力になっている。

高額商品として、35万円の米映画「バットマン」シリーズで実際に使用されたバックル部分にコウモリをあしらったゴム製ベルトや30万円のロビン少年のマスクがある。


マニアにとっては、10万円以上出しても
買いたくなるのだろう。

そして、その「オタロード」の近くに
「大阪陳列」というショーケースを売っている店がある。

昨今のコレクションブームの影響で
コレクション用ショーケースを求める人が増えているという。

例えば、
「戦艦大和の大型模型を入れたい」と店には
自分の好みのショーケースを求めて幅広い客が訪れる。
コレクションブームで、マンションの壁一面を

ショーケースにされた若い男性客がいるという。

ショーケースの商品として
高さ180センチ、幅90センチの照明付きケース
があり、価格は29万9千円するが、
それでも売れているという。

自分がこだわって集めたもとはきちんと並べて展示
したくなるのだろう。マニアが集めた
コレクションを展示されていれば、
同趣味の人にとっては
そこはある種のミニ博物館になる。

大阪陳列では
プライベート ミュージアム」作りを
呼びかけている。
同社のページを見ると

これまで集めてきたコレクションの数々を、大事に箱にしまっておくのも一つの楽しみ方かも知れませんが、「コレクションは眺めて楽しまないと勿体ない!」と思うのです。
 
 ぜひ、あなたの宝物がコレクションケースの中に並んでいる姿を想像してみて下さい。
 
 コレクションを眺める至福の時間をあなたにも味わって頂きたいと思います。


と、このようにプライベートミュージアム作りを呼びかけている。

このような個人のミュージアムは
欧米で
「スモール・ミュージアム」と
呼ばれ、退職者が別荘に
自分たちが寝泊まりする場所としてではなく、ぬいぐるみや食器、
おもちゃなどの自慢のコレクションを展示して公開している。
このようなスモールミュージアム・モデルによる文化創造
が欧米では行われている。

日本もそのようなスモールミュージアム・モデルによる文化創造
可能性は大きく秘めているし、また、世界をリードできる
可能性もある。

日本のアニメやオタクなどのサブカルチャーは
「クール(かっこいい)」と海外では受けが良い。

麻生氏の秋葉原での演説に話を戻すと
麻生氏は演説で

世界的人気のサッカー漫画「キャプテン翼」をネタにして
演説を行う。

日本がイラクにODAで提供した給水車に、
キャプテン翼の特大ステッカーが張られている話を披露。
「(ゲリラに)襲われることは一度もなかった。日の丸を掲げるより、よっぽど効果がある」

「日本のサブカルチャーが、新たな日本のイメージとして
アジアの中で広く浸透しようとしている」と
15分間の持ち時間の大半を、持論の文化外交論に費やした。演説が終わると、ひときわ多い拍手とともに「麻生さ~ん」「タロウ~」と野太い歓声があがった。


外交において、軍事力や経済力など物質的な
パワーをハードパワーというのに対して、
国政政治の流れを導く理念構築能力や
海外から憧れや魅力を抱かれる文化力を
ソフトパワーという。

これは、かつて、日本がアメリカのライフスタイルや
ファッション・映画・音楽に憧れと魅力を抱いたのと
同じように、日本のサブカルチャーが
アジアや欧米で受け入れられている。

これが国際社会において
日本の価値を高めることに役立っていくかもしれない。

それは、各個人が趣として楽しむ
ことが、形となれば、コレクションとして集まることもあり
それが、スモールミュージアムとして
各個人の生活が豊かになり、それがひとつの
国力となり、その国のソフトパワーを高め
国際社会での地位向上に役立っていくのだろうとも
感じる。

そう言えば、麻生さんが総理になった場合
マンガ版ノーベル賞を設ける構想があったという。

麻生氏は
鉄腕アトムの原作者である手塚治虫氏の生前、
彼に国民栄誉賞 を贈るよう当時の中曾根首相か、
後藤田官房長官のいずれかに進言したという。


麻生氏は、2ちゃんねるでも人気があり、
その書き込みで

麻生さん、演説で

萌え~~~って叫んだらヲタ支持率99%になるぞ!!


とあった。思わず、笑ってもうた。









テーマ:外交 - ジャンル:政治・経済


健康~体が健やかで心が安らかな状態であり、全体性との調和のとれた癒された状態である

健康への
人々の関心は衰えることはないが、

その「健康」の語源は、

中国の古典『易経』の中にある「健體康心」に由来する。

つまり、體(体)が健やかで、心が康(やす)らかな状態を
意味している。 健康とは、体だけでなく心も良い状態を
表しているのだ。それは、WHO(世界保健機構)が
健康の定義について
「単に体が病気ではないということだけではなく、精神的にも社会的にも良好な状態」
と同じである。

その「健康」という言葉が使われ始めたのは
江戸時代後期から
明治時代からであるとされる。

江戸時代の1832年
高野長英の「漢用内景説」という
高野長英は漢方医学と西洋医学の比較して、
西洋医学の基本である生理学について解説した著書において
「健やか」「丈夫」「身を保つ」「壮健」などという状態を
「健康」と記したのが最初だそうだ。

そして、1849年
緒方洪庵の「病学通論」で
身体内部の構造と機能が正常の調子を失っていないものを「健康」
とした。


そして、
1869年(明治2年)
福沢諭吉が著書「西洋事情初編」で
英語の「health 」の訳として
「健康」という語を使用して、
1873年 年(明治 7 年)「学問のすすめ」で
健康が使われ普及し、西洋医学が広がるにつれて
「健康」という言葉ば一般化した。

さて、英語の「Health 」の語源をたどると
ギリシャ語で「全体」を意味する
「holos」に由来する。

「holos」からは、他にも
heal(癒す)、whole(完全な)、
holy(神聖な)などの言葉が派生している。
そして、
「health 」は「heal(癒す)」に
状態を意味する「th」がついてできた
言葉であり、つまり「癒えた状態」を意味している。

「heal」も全体を表す「holos」であるので、
「全体にもどる」という意味合いを含まれ、
そして、癒されていない状態は
「全体性」との一体感の欠如からくる、
バランスを崩した状態である。






テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


植草氏の痴漢容疑逮捕事件と日米政府とアメリカ資本が関係したインサイダー疑惑

経済学者の植草一秀氏が東京都迷惑防止条例にもとづき
痴漢容疑で逮捕されたことについて

このブログで

植草氏が痴漢で逮捕されたが、前回の手鏡事件はデュープロセス上、無罪だと思う

で、前回の手鏡事件は冤罪か、あるいは、実行していたとしても
デュープロセス上、法的手続き不十分により無罪。
今回の痴漢容疑は実行した可能性もあるが、一方で、
情報が少ないので本当に実行したかどうかまだ不明

という立場で書いていたが、

このような情報がネット上で見つけた。


植草氏は
2003年のりそな銀行処理をめぐって
日米政府およびアメリカ資本が関わった
大掛かりなインサイダー疑惑について
語っていたが、それについて言及した著書を出版
しようとしていたというのだ。

もしかしたら、それを妨害するために
目撃者役と被害者役を使って
植草氏を嵌めようとしたのではないかという
推測である。

その情報について

さるさる日記~文藝評論家=山崎行太郎の政治ブログ 『毒蛇山荘日記』 2006年9月18日付け

で、植草氏逮捕の不可解さについて
国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」メールマガジン
を引用している。 その分をそのまま引用すると



<植草一秀の件>

今回の植草一秀の件は、不可解である。

基本的には、全ての情報は、警察経由の情報である。

前回もそうだったが、警察発表だけの情報は信頼できない。

○なぜ、ここまで拘留するのか?(ずっと本人には弁明の機会を

与えないままマスコミ報道によって徹底的に植草氏の評判を破壊してい

る。)

○該当する電車(9月13日の夜に品川10時08分発で京急蒲田に

午後10時18分についた快速特急久里浜行き下り電車)は、各誌報道では、まるで品川から「始発」のように書いてあるが、事実と異なる。これは都営浅草線がそのまま連絡しているものでる。そのためかなり こんでいたはずである。

○片手にショルダーバッグ、片手に傘を植草が持っていたので、「そんな痴漢なんてできるわけない」と植草が言ったら、「傘の取っ手を手首にひっかけてさわっていた」と女の子が言っていたらしい。しかし、背中をむけているのに、そんな場面を女の子がわかるだろうか?

第一、 傘のとってを手首にひっかけていたら、「スカートの中に手を入れて、おしりをさわっていた」ということに矛盾するのではないか?傘の取ってを手首にひっかけたまま、左の手のひらでスカートに手を入れておしりをさわれるだろうか?普通はすぐに、傘が下に落ちるだろう。それに手首に傘があるなら、手はスカートに入らないし、角度的に、傘が直角になるため、傘があたってしまい、できないのではないか?

傘が邪魔をするはずである。

どうも、「おかしな」話だよなと思うのは私だけだろうか?

○該当する電車(9月13日の夜に品川10時08分発で京急蒲田に

午後10時18分についた快速特急久里浜行き下り電車)は、各誌報道では、まるで品川から「始発」のように書いてあるが、事実と異なる。これは都営浅草線がそのまま連絡しているものでる。そのためかなり こんでいたはずである。

○片手にショルダーバッグ、片手に傘を植草が持っていたので、「そんな痴漢なんてできるわけない」と植草が言ったら、「傘の取っ手を手首にひっかけてさわっていた」と女の子が言っていたらしい。しかし、背中をむけているのに、そんな場面を女の子がわかるだろうか?

第一、 傘のとってを手首にひっかけていたら、「スカートの中に手を入れて、

おしりをさわっていた」ということに矛盾するのではないか?傘の取ってを手首にひっかけたまま、左の手のひらでスカートに手を入れておしりをさわれるだろうか?普通はすぐに、傘が下に落ちるだろう。それに手首に傘があるなら、手はスカートに入らないし、角度的に、傘が直角になるため、傘があたってしまい、できないのではないか?

傘が邪魔をするはずである。

どうも、「おかしな」話だよなと思うのは私だけだろうか?


<亡国のイイジ○が喜ぶ>

今回、絶妙のタイミングで植草一秀氏の事件は、起こった。

一番喜ぶのは、亡国のイイジ○である。ちなみに、亡国のイイジ○は政敵を検察に逮捕させることで葬ってきた。

まさに我々は、攻防戦にいるのである。

今まさに、安部政権という、脳みその軽い軽量内閣ができようとしている。

<悪質な癌細胞に対して、切除しかなかった>

そして、長年の日本経済の「癌細胞」である、竹中平蔵が政界引退を表

明した。この竹中平蔵という頭の悪い経済学者は日本にとって、最悪の人物であった。この人物さえいなければ、多くの人は救われたはずである。

<竹中がやめるという福音を世界に述べ伝えよう。>

竹中平蔵が政界引退を表明した。これはとてもよいニュースである。「GOOD ニュース」キリスト教的にいえば福音(良い知らせ)である。

「竹中平蔵が政界から引退する」という福音(=GOOD NEWS)ということを広く延べ伝えれば、多くの人が明日への希望をもち、よい希望をもつことにつながる。

世界一学歴はよいが、日本一、社会の役に立たない経済学者であった。ハーバード大学という学歴は何の役にもたたないということを日本に知らしめてくれた。しかも米国の金融機関からは、平蔵は、影で馬鹿にされていた。

つまり、我々は、亡国の経済学者をついに討ち取った。彼がいなくなればなるほど日本人は、幸せになる。

うわさだが、竹中は、最近22億円もするマンションを購入したらしい。

最近竹中平蔵の金銭重大疑惑がある。

http://accessjournal.jp/modules/weblog/index.php?user_id=0&cat_id=80
<りそな銀行救済のときのインサイダー疑惑>

いうまでもなく、植草一秀が最近主張していたことは、大規模な、インサイダー取引が政府内にあったはずだいうことだ。りそな銀行救済のときである。これは竹中も入る。

<検察に知られた、竹中のクレデイスイスの銀行口座残高>そして、ライブドアの幹部の宮内の取調べで、どうも、宮内が、検察に言った。クレデイスイス ジュネーブ支店にある、口座に竹中などはいくら振り込まれているかなど。これを検察に知られるようになって、竹中は夜に眠れなくなった。

亡国のイイジ○も、竹中平蔵も、クレデイスイスのジュネーブ支店にある口座に、残高があるという。これはすべて没収するべきである。

<宮内が出てくると不安になる竹中>

宮内公判の初日の今日に、竹中平蔵は辞任した。

今日はライブドア宮内初公判だった。

それはライブドア宮内のほうが、竹中の秘密をばらす可能性が高いからである。

しかし、こういった植草の事件というのは、不思議である。

我々がとらなければいけない態度は、近刊で、植草が出版する予定だった本をそのまま発売せよと意見をいうべきであ

る。

とにかく、植草がやろうとしていた小泉批判をさせるべきであり、出版する予定だった本は必ず早期に出版させるべきである。

あなたがもし不況を回避したいのであれば、植草の本を出版させることに全力を尽くすべき。最初に植草が、小泉政権のでたらめを証明していたが、そうなると困るから亡国のイイジ○が暗躍して植草をわなにはめてきたのである。


(「亡国のイイジ○」の○には「まみむめも」のうちどれか一文字入ります。)


と書いている。さらに
国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」メールマガジンのバックナンバーを見ると
更に詳しく書いている。

それをそのまま引用すると

今回植草氏がまた、やられてしまった。

2度ある陰謀は3度ある。

事情に詳しい人なら知っているが、実は亡国のイイジ○政権は
気に入らない政敵をすべて、冤罪にはめて葬り去ってきた政権なのである。
郵政民営化に反対した議員→造反議員→政治生命をとる
藤井道路公団総裁→亡国の総裁→解任
内田道路公団副総裁→談合をやっていたというでっちあげで解任。
佐藤優→不正な経理処理をしたという容疑で逮捕、裁判で敗訴。→佐藤氏の反撃。
植草一秀→前回、次期財務大臣という打診をもらって、雑誌にものった矢先に、
のぞき容疑で失脚。



そしてせっぱつまるとあからさまに相手をはめるのをやってのけるのが特徴なのである。

<親父狩り>
たとえば、ある大学教授を痴漢容疑で冤罪ではめようとする。

なるべくセンセーショナルな話題にしようと亡国の○○○○は考えた。

「絶対にあの男は許せない。このままでは、りそな銀行処理の
インサイダー取引まで表にでてしまう。」


絶対にしとめろ。

ちなみに、小泉の以前の選対本部長は、稲川会横須賀組というヤクザ出身の人物だった。
横須賀組

女子高生には、「とにかく、さわられたって言って泣いていればいいから」と命令する。


亡国の○○○○は
、そうだ、センセーショナルな話題にするために
「スカートの中に手を入れてずっとお尻をさわっていた」

という話題にしよう。これはスポーツ新聞もとびつくに違いない。いやあ
うれしいなあ。これで政権も安泰だ。


そして当日、予定通り、植草の前に女子高生が立つ。
実は自分の方から、植草の前あたりにぴったりと立っておく。そして1分ぐらいたつ。

女子高生が突然「きゃあ
何をするんですか!やめてください!」と言い出す。

植草は何が周りで起こったのかさっぱりわからない。そのため
しらんぷりをしていて、うつむいていたのではないか?


ところが、植草は、傘を左手に持っていた。
右にショルダーバッグ。

「僕はさわっていない。傘をもっていたので、両手はふさがっている」と
主張する植草。

とたんに頭の悪い女子高生の頭はスパーク。「どうしよう、どうしよう どうしよう、なんて言おう。」

ここで思いつきを言う。「傘の柄の部分を左手の手首にかけてお尻をさわっていたしー」と
いうでたらめをいう。いかにも、みえすいたうそという感じである。矛盾だらけのうそ。

こで漫才の突っ込みだったら「おまえ、おしりさわられていたんちゃうんか
目がおしりについとるんか、そんなの見えるわけないだろう」
というだろう。
彼女の身長は157センチであるという。
植草より明らかに低いのだ。
だからもしおしりをさわったら、傘がずりおちるし、スカートの中に手などいれられない。
傘の柄が邪魔するからである。それに傘の先っぽがはねあがるため、誰かほかの人にもあたるはずである。そんなところを目撃した人は誰もいないのである。


ここで、すぐそばで待機していた、若い衆二人が、「痴漢をしましたね。私も目撃しましたよ」
といってがっちりと植草を取り囲む。

そして、ここがキーポイントなのだが、
なんと、この若い男が、駅員に引き渡すより先に、蒲田署に自分で電話しているのだ。
普通は駅員に引き渡して、駅員から警察に連絡が行く。
しかしこの若い男はダイレクトに鎌田署に電話しているのである。不気味である。

これはより確実に「事件に」仕立て上げるためではないのか?


たとえばこんな事例を300万円である組織に発注したら、女子高生に
30万円、若い衆に20万円ずつ、見張り役に10万円で、合計80万円
あと残りの220万円は親分の取り分とかになったりするのだろうか?(推測)


今、女子高生という存在は、よく社会問題となっている。つまり援助交際とい
う問題や、
その他いろいろな社会現象となっているのである。

そしてこの事件は、蒲田であるが、蒲田までだと、東京都迷惑防止条例ですむ。

つまり被害者の訴えが要らないのである。

これが蒲田を過ぎると、神奈川県にはいるため、東京都迷惑防止条例にはならず、
被害者が訴える必要がでてくる。


というのだ。
この情報や見方は
植草氏が嵌められたという仮定に基づいた場合の
話である。
植草氏が本当に痴漢行為をして女子高生が被害にあった
という可能性もまだ否定できない。

ただ、植草氏が前回の手鏡でのぞきをしたとされる
事件は、何か不可解な捜査であり、かつ
冤罪の可能性がある。
その背景には、
植草氏が、小泉政権の経済政策に批判的で
かつ、世論に影響を与える立場にあり、
また、りそな銀行再生処理を巡る
日米政府およびアメリカ資本がからんだ
インサイダー疑惑を追及しようとして
それを妨害するために植草氏を
嵌めたという説があるので、
今回の植草氏の痴漢容疑逮捕の件については
情報をウォッチしていきたいと思う。

もし、植草氏が痴漢行為を本当にしていたとしても
りそな銀行再生処理をめぐるインサイダー疑惑は
追及されるべきだろう。
もし、植草氏の推測通りのインサイダー疑惑が
事実だとすれば、小泉政権の本質が暴かれることになり
小泉政権の政策が、本当に国民のために行われてきたのか
それとも、特定の勢力を利するだけのものだったのか
、また、どのような背景で小泉政権の政策が決められて
きたのかについて明らかになるように思える。

その植草氏が指摘してりそな銀行処理をめぐる
インサイダー疑惑について
そのことについて言及した植草氏の論文が


文藝評論家=山崎行太郎の政治ブログ 『毒蛇山荘日記』
2006年9月19日付け
に引用している。
その一部を引用すると



 小泉政権は、最終局面で「破綻処理」でない「銀行救済」を選択したのである。最終局面で預金保険法の「抜け穴規定」を活用して「銀行救済」が選択されるなら、もとより株価が7607円まで暴落する必然性は存在しなかった。小泉政権は最終局面で「抜け穴規定」を活用することを、かなり早い段階から検討していたのだと考えられる。その意思決定には米国が深く関与したと見られる。

 小泉政権は「金融危機」なる「風説」を流布し、株式を「売りあおり」、最終局面で預金保険法102条の「抜け穴規定」を活用して「銀行救済」を実行し、株価の猛烈な上昇を誘導したと言っても過言ではないような行動をとったと判断することができる。国家ぐるみの「株価操縦」、「風説の流布」的行為の疑いは濃厚である。そしてこの方針を事前に入手した投資家が株式売買に動いたのなら、実質的な「インサイダー取引」が行われたことになるのだ。


 小泉政権の経済政策は2003年春に事実上、完全破綻した。緊縮財政政策と企業の破綻処理推進の組み合わせは、日本経済を金融恐慌の入り口まで誘導し、多くの罪無き国民に悲痛な苦しみを与えた。結局、「自己責任原則」を代償として完全放棄することにより、金融恐慌を回避したのである。一連の経過のなかで、外資系ファンドを中心に巨大利益を供与された人々が存在することを忘れてはならない。


1990年代以降の規制緩和政策は
アメリカが日本に突きつけた「年次改革要望書」に沿って
行われてきたとされ、また、なぜか、
アメリカ資本がおいしい思いをしてきた一方で
多くの日本国民が長期デフレ不況に苦しんできた。
私は、日本がデフレの時に
アメリカの要望通りに
新古典派的な経済思想による市場原理主義的な
規制緩和をした結果、逆に供給過剰をもたらし、
より、一層デフレが進むことになったのでは
なかろうかと思うし、
その一方で、アメリカ外資が巨額の利益を日本市場で
上げてきたことについての是非を
考える必要があるし、
アメリカは、市場は透明・公正でなければ
ならないと言っているが、
そのアメリカの企業が
日本国内で不公正な市場取引を行っていたかもしれない
疑惑を追及することは
アメリカ政府のポリシーと建前上は合致する。

そんなこんなでりそな銀行再生処理をめぐる
疑惑については追及すべきだが、
日本のマスコミはそれをするのだろうか?
アメリカケツ舐め小泉政権をケツ舐めしている
日本のマスコミに期待はできなさそうだ。


植草氏の論文の続きは


文藝評論家=山崎行太郎の政治ブログ 『毒蛇山荘日記』
2006年9月19日付け
でお読み下さい。










テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース


科学という言葉~中国の役人の受験勉強の言葉がラテン語生まれの訳語に使われた

「科学的に証明された」という言葉を耳にすることがある。

その「科学」という言葉は、日本では、
英語の「science」の訳語として用いられた。

「科学」という言葉は、もともとは
中国に、「科挙」という役人の試験があるが、
その「科挙之学」の略称であった。


その言葉が近世になって日本に伝わってきた。
「科挙之学」とは科挙の試験勉強になるが、
科挙にはいろいろ科目があり、
その各個別の科を学ぶということで
「科挙之学」の略称である「科学」は
専ら「分科の学」(個別学問)という意味で用いられていた。

それが、幕末の開国以降、欧米から
「science」という言葉が伝わり、
明治10年ごろになると
「science」の訳語として「科学」という言葉が
定着した。


「science」では、それまでの日本的意味で使われた
個別学問としての「科学」とニュアンスが違う感じがするが、
19世紀後半の欧州での学問が分化してきたことが
「科学」という言葉を「science」の訳語に当てはめた
背景にあるのではないかという推測がある。

その「science」の語源はラテン語の「知る」という
意味の動詞「scio」の分子形の「sciens」や
名詞形の「scientia」に由来するという。

また、さらに遡ると
天文学や数学など諸学問が盛んになった古代ローマに
使われた言葉である。


自然科学の法則発見などは
実験と演繹推論などの科学的方法によって
理論を打ち立てていく。

科学的方法の手順として、ウイキペディアを参照すると

①現象を「観察」して、
②観察事象から想定される「仮説」を提示し
③仮説の論理的結果から、新たな現象や実験の測定結果を「予測」し
④予測の結果を検証して「確認」するため実験を行い
⑤推測が確証できるまで、他の可能性を説明を探し「評価」し
⑥結果を他者に伝えて「公表」し
⑦他の科学者によってもその結果を再現できることを「追証」する。

以上の手順がある。
また、科学哲学者であるカール・ポパーは
科学の基本条件として反証可能性」を
あげている。
「反証」事実がでてくれば、元の理論を修正するのが科学の営為
であるとしている。

例えば、水星の近日点の位置について、
それまでのニュートン理論のよる計算式では
合わなくなっていた。

それまでのニュートン理論の発想で、
ユルバン・ルヴェリエは
別の惑星の存在の可能性を提示したが、
結局、アインシュタインの相対性理論による
計算式では合った。

この水星の近日点場合に関して言えば、
ニュートン力学は
相対性理論によって否定される。

これが反証可能性であり、
これによってニュートン理論は科学理論であるといえる。


よく、オカルトなどの擬似科学論争がある。
超能力などは特にその議論の対象になる
1910年(明治43年)心理学者で
東京帝国大学助教授であった福来友吉氏が
透視能力があるといわれた御船千鶴子の
公開透視実験を行った。

御船千鶴子は
三井合名会社の依頼で福岡県大牟田市にて透視を行い、
万田炭鉱を発見したと言われていた。

公開透視実験で御船千鶴子は透視を
「成功」させたが、
科学的実験としては不備があり、インチキだと非難された。
千鶴子は翌年自殺する。
(この御船千鶴子は「りんぐ」のモデルとされているが、
原作者の鈴木光司は執筆時には御船千鶴子のことを知らず
小説完成後に知ったという)

そして、この公開実験を行った
福来友吉氏は、大正時代になって
東京帝国大学の教授会で
「超能力という分野を科学の対象として研究するとは
なにごとだ」という感じの反発を受け、辞職に追い込まれた。

そのことに関して、
ビデオニュースドットコム
社会学者の宮台真司氏は彼の師匠の小室直樹氏の
コメントを紹介していた。

福来友吉氏を辞職に追い込んだ教授会の
理由は、日本の学問の低水準ぶりを出している。

科学とは、研究対象が超能力であれ、
UFOであれ、科学的方法で観察し
仮説を検証すれば、科学というのであり、

そのこともわらからずに、研究対象が超能力で
あるということで辞職に追いこむ教授会は
「科学」の定義をわかっていない。

それが、日本の学問レベルの状況だ。

という主旨の小室氏の言葉を紹介していた。

いわゆるオカルトといわれ疑似科学と言われる分野でも
先ほどの7つの手順を経て、反証可能性ができる理論なら
科学と言えるのだろうか。そう思った。






テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


強い台風きたら、雨戸を閉めて、電車は止める

台風13号が通過した九州宮崎県の延岡市で
暴風・竜巻による被害が発生した。

亡くなった人のうち
家屋内で風による死亡事故が発生している。

被害者は部屋の中で倒れていて、部屋の中では
瓦やガラスが散乱していたという。

この情報だけで考えられることは
風で飛ばされた瓦が窓ガラスを突き破り
部屋の中にいた人に頭を直撃したか、
割れたガラスで首の頚動脈を切られ
出血多量で亡くなったのかもしれない。


強い台風が来たときは窓に雨戸を閉めることは
大事だなあと思わせる。

また、同市内で、JRの特急電車が風に飛ばされて
脱線転覆した。

脱線前は、風速が22mと風速25mの運行規制以下の
風だったので、運転していたが、急に風速40mの突風が
来て、脱線したようだ。おそらく竜巻だろう。

もし、この脱線が橋上で発生していたら、
川に落ちて、おそらく多くの死者が発生していただろう。


風速が22mと風速25mの運行規制以下の風だったので
運行したというが、台風によって竜巻などの突風被害が
これまでの事例であり、かつ、台風が来る事はそれほど
数多くないので、強い台風が来たときは運行停止を
するということにした方が良いのではないか。



台風の語源については、このブログの
台風~シチリア島のエトナ火山の下で火を噴く「typhon(テュポン)」 に書いています。



テーマ:台風 - ジャンル:ニュース


鉄砲水~木材の運搬方法の名前に由来することば

昨日、佐賀県で
父と娘2名が乗った軽乗用車が走行中、
鉄砲水の直撃を受け、父と長女が死亡した。

鉄砲水とは
気象学・気候学辞典によると

地形の急峻な山間部で大雨が降ったときに渓流が急激に増水して奔流となって流れ下ることをいう

急激に大量の水が流れ下るため直撃されると害を被る。

鉄砲水に関して、
2002年9月12日、兵庫県西宮市夙川での鉄砲水事故を
思い出す。

夙川の河口であるひとりの男性が釣りをしていた。
すると、夙川の河口付近では
当時、雨は「ぱらぱら」と降る程度であったが、
たった10分で1m以上も水位が上昇する
鉄砲水が発生し、その釣り人が流され亡くなる事故があった。

夙川の全長は5~6キロぐらいだと思うが、
その源流域には、標高300m以上の六甲山系の山並みがある。

そこで、1時間で31ミリの雨が降った。そのため、
夙川の水位がたった10分で1m以上上昇する
鉄砲水が発生し、河口の釣り人が流されたのだ。

釣り人にとっては、パラパラ程度の雨しか降っていなかったのに、
上流5kmほどのところでの大雨で鉄砲水が発生するとは
夢にも思わなかっただろう。

そのように危険性を帯び、堰を切ったように
水が押し寄せてくる鉄砲水の語源は、山で行う林業の作業
由来する。

山で切り出した木材を山から運び出す方法として川を
使った。
その時、
谷川に堰を作って、水を貯め、それに切り出した木材を
浮かべる。そして、その堰を切って、水が大量放出されて
発生する急流によって一気に木材を流す。

その方法を「鉄砲流し」と呼んだ。それから
川で急激に水が押し寄せる現象を「鉄砲水」と呼ぶようになった。

ちなみに、鉄砲流しの時に作る堰は「鉄砲堰」という。





テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


マスコミの権力監視機能の低下とマスコミの人気商売化の危険性

2006年9月15日付けの
きっこの日記で
安倍ミコシを担ぐマスコミの茶番
というタイトルで、
自民党総裁選の最中、
安部普三氏をマスコミがヨイショしていると
批判していた。

きっこさんは
安部氏のイラク戦争についてのコメントに
関してマスコミがそれほど取り上げていないことに
ついて批判している。

アメリカがイラク戦争突入に際して
大量破壊兵器があるからということで開戦理由にしていたが
結果的に、その大量破壊兵器が見つからず、
戦争の正当性によりいっそう疑義がもたれている
状況になった。
米国によるイラク戦争の開戦を
支持した日本政府の行為についての安部氏の
コメントについてきっこさんの批判部分を
引用すると


「日本がアメリカに加担したことは間違いではなかったのか?」っていう記者からの質問に対して、内閣官房長官の安倍晋三は、こう言い切った。

「え~あの場合はですね~え~日本が対米追随の道を選択したということはですね~え~私は正しかったと思っています」

(中略)

あたしが呆れ返ったのは、この国の官房長官の、それも、次期総理だって言われてる人間の、これほどまでに無責任で、これほどまでに重要な公式発言をどの新聞も、どのテレビも、どこも取り上げないっていう現実だ。この記者会見には、すべての新聞、テレビの記者が勢ぞろいしてたってのに、この安倍のトンデモ発言をマトモに記事にしたのは、「東京新聞」だけだったのだ。

「読売新聞」も、「朝日新聞」も、「毎日新聞」も、たったの1行も触れてない。まあ、こんな時期に、次期総理のイメージを悪くするような記事は、極力、取り上げないようにするのが、「長いものには巻かれろ」の精神で情報操作を続けて来た腰抜けマスコミの姿勢なんだろうけど、こんなことじゃ、何のための報道機関なんだか分かりゃしない。


と批判している。

そして、Yahooのネット投票において

自民党総裁選に投票できるなら、どの立候補者に投票しますか?

2006年09月08日より 計11122票 (2006年9月16日7時36分時点)

麻生 太郎 54% 5967 票
安倍 晋三 16% 1753 票
谷垣 禎一 31% 3402 票

と麻生氏が安部氏が大幅にリードしているのに、
サンプル数が少ない大手マスコミの世論調査で
安部氏が50%以上の支持を得ていることに
ついて、マスコミの世論調査に疑義を提示
している。

まあ、これは、世論調査に応じた人やネット投票
している方々の年齢や性別や属性
を見てみないとわからないが、
どうして、このようなマスコミの世論調査と
ネット投票の差が出るのか知りたいものだ。


それにしても、安部氏の批判をあまりしないことに
関して、最近のマスコミの権力批判機能の低下を
感じる。特に、小泉政権になってよりそれが
加速したと感じる。

小泉総理が
イラクの自衛隊派遣について非戦闘地域についての
国会答弁で
「自衛隊の行っているところが非戦闘地域だ」
とか、年金の自分の未納問題で
「会社もいろいろ、人生いろいろ」
と発言したり、マスコミの追及が厳しかった森内閣の
時では、森総理辞任に追い込むほどの追及を
していたと思うが、マスコミは小泉総理の問題発言を
厳しく追及しなかった。


ビデオニュースドットコムの
小泉劇場はなぜ飽きられなかったのか
の後半のゲスト
篠田博之氏(「創」編集長)によると

今日のメディア関係者の間では既に「メディアは権力を批判するもの」との前提が成り立たなくなっていて、
メディアは権力を監視するという意識がマスコミ人に薄く
なっているという。

また、マスコミ自身が
他業種に比べて、高収入を得て、自分達が何かの
特権階級的な意識を持っている。
また、
自分達は権力を持つ側におり、権力を持つがゆえに
権力を監視するという意識をもたせにくくなっているという
主旨のことを言っていた。(この部分の発言については
私の記憶が曖昧ですみません)

また、マスコミが安部氏を批判しにくい背景に
安部人気というものがあるかもしれない。

安部氏が人気があるので、安部氏を批判する記事を書けば
売れなくなる。一方で、安部氏を盛り立てる記事を書けば
売れるという構造があるのだろうか?

このことを考えると思いつくのは戦前のマスコミ
特に朝日新聞のことである。

戦前、朝日新聞は初めは戦争を煽る報道はしていなかったが、
他の大手新聞が、日本の戦争を支持し
戦意高揚する記事を書いて大幅に売れて、他社に売上げ部数に
差をつけられたことに焦って、朝日新聞が戦争を煽る
報道に舵を切った。

そのようなマスコミの報道姿勢により
世論は戦争支持一色となっていき、
やがて、日米開戦に突き進むことになる。

昭和天皇が日米開戦直前の御前会議で
東条内閣からの日米開戦の提示に反対したくても
戦争支持の世論があったがゆえに
開戦反対はできなかったのではないかと推測する
人がいる。


マスコミの人気商売化が過剰になると
世論迎合になり、
異論を出しにくい危うい空気になったりする。
一方、世論迎合で持ち上げられた政治家が
一転、何かのスキャンダルが大きく表にでるような
人気絶頂から突き落とされる出来事が発生すると
その人を過剰に叩く記事が売れることになるだろう。
そうなれば、その人を弁護する正当な異論を言いにくくなる。

まあ、そんなこんなで、
きっこの日記の安部ヨイショマスコミ批判から
マスコミの権力監視機能の低下とマスコミの人気商売化の危険性
について思う今日このごろなのだ。

とついつい、終わり方がきっこの日記風にしてしまう。





テーマ:マスコミ - ジャンル:政治・経済


躾~身を美しくする作法

時折、子どもの社会性のない行動を見て、
「親の躾がなっとらん」
というふうに「躾」という言葉を耳にするが、
さて、その躾の語源は何に由来するかというと
着物を仕立てるときにつける「しつけ糸」である。

着物を
仕立てをするときに,仕立てが崩れないように「仕付(しつけ)糸」で
大まかに仮留めをしておく。
着物を着る直前になって、しつけ糸を切り取る。
その時は、着物の形が安定していて、
ちょっとのことでは型崩れしなくなる。

そのようにきちんと仕付糸で型を安定させることで
美しくなる。
それから転用されて、行儀作用を身に付かせ美しく
振舞えるように型を人に指導していくことに
対して「しつけ」というようになった。

そして、「躾」は「身」に「美」と書く。
これは日本人が作った国字であるが、
「しつける」ことで、身を美しく保ち
振舞うことができる。
それゆえに、「しつけ」は
「身」に「美」と書いて、「躾」
と書くようになったという。



テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


植草氏が痴漢で逮捕されたが、前回の手鏡事件はデュープロセス上、無罪だと思う

植草一秀教授が
痴漢容疑で逮捕されたという。
報道によると、彼が女子高生のスカートに手を入れている
ところを乗客2人が目撃し、取り押さえたという。
植草氏は「酔っていて覚えていない」
と供述しているという。


私はこのブログの9月8日に
植草氏は冤罪?~小泉政権終了にあたって思うこと
で、
2004年4月8日に
植草氏が、のぞき容疑で逮捕
された件については、
植草氏は冤罪の可能性があり、かつ
冤罪かどうか不明でも、
デュープロセス上問題があり、
検察の証拠だけで有罪にするには無理がある
という主旨のことを書いた。


もし、今回、植草氏が痴漢行為を行ったことが事実だと
しても、前回ののぞき容疑の件については
冤罪の可能性があり、かつ、検察の証拠だけおよび
デュープロセス上の問題から
有罪にできないという考えは変わらない。
実際に被告人が犯罪行為を行ったことを
検察が十分に証明できなければ無罪になるのだ。
不十分な証拠のまま有罪にされ実刑判決を受けると
本当に冤罪の人の人権が侵害されることを防ぐために
そうなっている。

植草氏が、
前回ののぞき事件はやってなくても、
今回、性的衝動を抑えられず、
痴漢行為を行ったということは十分にありえる。


一方で、もし、植草氏がやっていない場合は、
最近は、痴漢をやっていない人を痴漢をしたと
集団ででっちあげて、カネを巻き上げる事例からあるように
かつ、前回ののぞき容疑をかけられた事件において
何か政治的なにおいがすることもあったので、
目撃されたとされる人達が、何か背後の勢力によって、
植草氏を完全に貶めるために、ウソを言っている可能性は
あるかもしれない。


ただ、これは想像の域に過ぎず、
事実はまだわからない。
まだ、警察発表を通じてのマスコミ報道であり、
時間が経たないと
本当に植草氏が痴漢行為をしたのかどうかは
わからない。

植草氏が痴漢行為をした可能性はありえるし、
本当にしたのなら、検察はそれを十分に
立証して欲しいと思う。

一方で、もし、植草氏が痴漢行為をしておらず、
ウソの目撃証言で痴漢にされてしまったとしても
目撃証言の信憑性を揺るがす証拠を弁護側が
提出できなければ、有罪になってしまう感じがする。

ただ、目撃者が本当に植草氏が痴漢行為をしている
こと見たことが事実なのに、
何か、植草氏を貶めるための陰謀に加担しているのでは
ないかと見られてしまうことは、
目撃者が善意であった場合は不幸なことである。
そうなってしまうのも、
前回ののぞき事件で警察・検察がおかしな捜査と
不十分な捜査で有罪にしようとして
裁判所も証拠不十分なままで有罪判決を下すという
ことをしてしまったことに由来すると感じる。
それを考えると
司法当局が適切なデュープロセスをふむことは
重要だと思う。


今回の事件については時間が経って、
多方面からの情報が出てくるのを待たないと
わからないない。








テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース


当意即妙~仏教に由来する熟語である「当意即妙」の判断は命を救う事がある

すばやく、機転をきかす意味の四字熟語として
「当意即妙(とういそくみょう)」がある。

この言葉は、もともと仏教語の
「当位即妙(とういそくみょう)」に由来するという。

「当位即妙」は、
何事もそのままで妙なるはたらきを現ずることを意味していて、
つまり
煩悩をもつ凡人が、その位のままで
真理や悟(さと)りにかなっていることを意味するという。

理由ははっきりしないが、
そのままで、即座に働くということから、
気を利かして、対応することで、
「位」から、人の意識を加味して「当意」に
変わったのかもしれない。

機転を利かすことは、人の命を救うことにもつながる。
マレーシアでこんなことがあった。

1年前の9月
失業したばかりの40歳の男性が、
首都クアラルンプールにある高架橋から
飛び降り自殺を図ろうとしていた。

現場には救助隊員も駆け付け、妻や子供を引き合いに出し、止め
るよう説得したが、効果はなかった。

救急隊員が、
高架橋の近くに停めてあった男性の車内に、
犬が残 されているのを発見した。

すると、救急隊員、機転を利かせ
自殺しようとする男性に
「犬が窒息していて、ひん死状態だ」と話しかけると
男性は、涙し、自殺を思いとどまった。


また、国内においても機転を利かせて
多くの命を救った事例がある。
1982年7月23日、
299名が死亡した長崎大水害の時である。

東長崎公民館の館長達は
「助けて!」という悲鳴を聞き、
外を見れば、

激しい豪雨で川となった道路の真ん中に
バス2台が取り残され、
乗客たちが、バスの屋根に乗って助けを求めていたのだ。

乗客が約100名いる
バス2台が濁流に押し流され、どんどんバス内の水位が
上がってきていて、乗客の身に危険が迫っていた。
乗客は窓ガラスを蹴り割り、女性や子どもをバスの屋根に
乗せて何とかしようとしていであった。



バス乗客の悲鳴を聞いた
東長崎公民館の館長達は、
咄嗟の判断で
機転を利かして、
カーテンをロープ状に
つないで、歩道橋から吊るした。

乗客たちは、バスの周りを濁流が襲う恐怖の中で
カーテンを命綱にして歩道橋に上がり、バスの乗客全員が
無事脱出できた。

もし、この館長達の機転がなければ、
長崎大水害の死者はあと30名から50名
以上増えたかもしれない。

当意即妙の判断が
多くの命を救うことがあるのだ。


*長崎大水害については、このブログの
長崎大水害の日~咄嗟の判断・命を救ったカーテン
を参考にして下さい。








テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


秋~空が清明になり、やがて葉も赤くなり、食物が飽き満つる季節である

朝や夜は涼しくなってきて、
秋が徐々に進んでいることを感じるが、

その「秋」の語源については主に3つある。

1つ目は、空の色から由来している説である。
古文の「空の色清明(あきらか)なる時節」から
それから「あき」という言葉ができたという説。

2つ目は、葉の色の変化に由来する説。
秋になれば、紅葉などが赤くなるが、
その「あか」が転じて「秋」になったという説。

3つ目は、収穫に由来する説。
秋の時節は、穀物などの食物が
飽き満ちるほど成る季節から
「あき」と呼ばれるようになったという説。


また、
「秋」という字は
 「禾(のぎへん)」であるが、
「禾」は実が成った穀物の象形で
「禾」の「ノ」の部分は、
穀物の穂が垂れている状態を表している
「禾」の右横に火を書くと「収穫物を天火で乾かす」
という意味になる。

このように「秋」の文字の成り立ちを知れば、
稲を天火で乾かす時節が9月10月ごろに
なることと重なるので、収穫に由来する説が
有力なような感じもする。






テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


え!トロが食べられなくなる!!

昨日のNHKスペシャルの
「マグロが食卓から消える?~世界の魚争奪戦~」
は衝撃だったなあ。


日本は世界のマグロ消費量のおよそ25%であり、
世界のマグロ市場において、
大きな消費量ゆえに、日本の意のままになってきたが
最近、そうではなくなっていて、
日本離れが始まっているというのだ。


その背景に

1.鳥インフルエンザやBSEにより、魚に関心が集まった。
2.日本の寿司ブームが欧州に広がっている事
3.中国のマグロ消費量の増大

がある。


特に、中国は経済発展により、年収10万元の富裕層が
2000万人以上になり、その富裕層がマグロの消費量を
増やし始めた。中国企業は、日本の商社が提示する価格よりも
2割高ぐらいの価格でマグロを買い取っているという。
それゆえに、マグロの売り手は日本ではなく中国に
売り先を変え始めたというのだ。

これからも中国の経済発展が続き、元の切り上げが行われると
中国は今よりも4倍以上の購買力がつくかもしれない
と商社は予想していた。

そうなれば、ますます、日本にマグロが来なくなるので、
その商社は、中国に中国向けのマグロ加工工場を
設置することで、日本向けのマグロを買い付ける方策を
取り始めた。そうでもしないと、日本にマグロを届けられなく
なるという危機感を抱いていた。

中国の購買力が高くなることで、マグロ価格が高騰している。
今すぐ、日本にマグロが届かなくなることがないにしても
マグロを使った寿司や刺身など価格が上がる可能性がある
ように感じる。


中国・インド・東南アジアなど人口が多い地域での
経済発展が続いているが、
このマグロ獲得の争奪戦と同じような出来事が
他の食料や資源・エネルギーなどで
発生していくように思える。

アジアの経済発展によって
日本人の食生活やエネルギー使用など
変化が起こってくるのだろうなあと
感じさせる番組であった。







テーマ:経済・食 - ジャンル:政治・経済


お辞儀~時宜に応じて、他人に配慮する心

日本では、
人と人と挨拶をする時に
お辞儀をする。

お辞儀は「辞儀」に、接頭語の「お」をつけて
丁寧に言ったものである。

もともとは、「時宜」と書かれていた。
「程よい」や「ころあい」
または「物事を行うのにちょうどいい時期」を
意味している。

平安時代は、本来の時間的に合うという
意味に用いられていたが、
やがて時間的な要素が抜けて、転じて
「状況に応じて対処する」という意味になり、
「物事に応じて積極的に対処する意図」をより強調されるようになり
「他人への配慮や心配」を意味する言葉に変化して、
中世の終わり頃には、挨拶の意味になった。

そして、江戸時代の終わりごろになれば、
挨拶の時に、頭を下げる行為を意味する
言葉として「お辞儀」が定着していった。





テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


かつては、胡坐が正式な座り方であり、「あぐら」はもともとは腰掛であった

「胡坐をかいて座る」というと
楽な姿勢で座っているということとなる。


「胡坐」の「胡」は、「足」の「あ」で、
「坐」は「座」 を意味している。

ただ、もともと「胡坐」は中国から伝わってきた
時は「胡床」という漢字であり、もともとは
貴族などが座る腰掛を意味していた。

江戸時代以前は、
両ひざを左右に開き、両足首を組み合わせて座る座り方が、
床に座る正式な座り方だったが、
江戸時代以降
座敷や茶道が普及したことにより
正座が正式な座り方となり、
両ひざを左右に開き、両足首を組み合わせて座るという
それまでの座り方が、
「胡床」に腰掛ける気楽さに重ねてだろうか、
正座に対して、気楽な座り方として
「あぐら」と呼ぶようになった。





テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


植草氏は冤罪?~小泉政権終了にあたって思うこと

植草氏は冤罪?~小泉政権終了をあたって思うこと



私が毎週見ているビデオニュースドットコムでは、
小泉政治の検証が行われていて
このたび経済政策からの検証が行われ
経済学者の植草一秀氏が
小泉政権の経済政策を批判するかたちで
登場している。

その植草氏がビデオニュースドットコムに
出演するのは2回目である。

前回は「命をかけて無実を訴えていきます」
というタイトルで出演している。

植草氏は2004年4月8日
品川駅のエスカレーターで
女子高生のスカートを手鏡で
のぞいたとして、東京都迷惑防止条例で
逮捕され、東京地裁判決で有罪判決を受けた。

ただ、どうやらこの事件は
植草氏は冤罪の可能性が高いのではないかと
言われている。
また、彼が実際に犯罪行為を行ったかどうか
は別にしても、被告人を有罪にするには
適正なデュープロセスを経る必要があるが
それが不十分にもかかわらず
有罪判決を裁判所が下した事に対して
日本は本当に近代国家という
疑念を持つ人もいる。
そして、植草氏は政治的な理由で
でっちあげの冤罪事件に陥れられたのでは
ないかと見る人もいる。


植草氏は2004年4月8日
横浜市での講演を終え、JRに乗って
東京に向かおうとしていた。

そこで、息子の誕生日プレゼントとして
本を買おうと思いつき、駅ビルの本屋に向かう。

そこに、植草氏を尾行する男の影があった。
それは神奈川県鉄道警察の志賀巡査ら3名である。

植草氏はこのときから尾行に気付いていたという。

そして、15時ごろ品川駅でエスカレータに乗り、
自分が乗っている段の
1段上にアタッシュケースを横向きに置き、
両足をそろえ、ハンカチを手にした両手をおなかの前に組ん
で立っていた。

すると、後ろから志賀巡査がかけあがり
植草氏の右ひじ後ろを軽くつまみ
「ポケットの中身を出せ」と
志賀巡査が植草氏に命じる。

すると植草氏はポケットの中にある手鏡を出すと
志賀巡査は「手鏡!!」と
驚いてように声を出した。すると志賀巡査は
「携帯電話を出せ」と言い、植草氏は
アタッシュケースの中から携帯電話を出した。
受け取った携帯電話の保存画像のチェックを
行った。

志賀巡査は
「植草氏の、のぞき行為を現認した」
と言っているが、どうして
「手鏡!!」と驚いた声をあげて
携帯電話の画像チェックをしたのか
疑問である。
おそらく、携帯電話で盗撮していたと
思ったのだろう。
そして、志賀巡査は植草氏が手鏡を
持っていたので、「手鏡でのぞいた」
というストーリーに置き換えたのだろう。

そうだとすると
志賀巡査は現認しておらず、
事実と違うことを言っている可能性が
大いにある。


植草氏はのぞき行為を否認したが
警察で
「否認すれば逮捕で長期拘留になり
マスコミ発表する。当日は金曜日の週末で
17時までに認めなければ、土日は
担当検事が少ないので
処理に時間がかかるので、
簡単にすませたければ、認めた方が良い」
という主旨のことを言われ、
当時、マスコミにひっぱりだこだった植草氏は
逮捕・公表された影響を考え、
認める調書に同意した。

ただ、このとき
警察は調書の読み聞かせは行なっていない。

ただ、いざ植草氏が検察に送られると
拘留手続きが始まった。
植草氏は話しと違うではないかと激怒し
否認の態度を取ることにした。

植草氏は現場のエスカレーターに防犯カメラが
あることを思い出し、
そのカメラの録画映像を見れば
自分がのぞきをしておらず、潔白が証明されると
考え、警察のその防犯カメラの録画映像を
見るように伝えた。
しかし、警察はすぐにそのカメラの録画テープを
押収せず、しばらく日にちを置いてから
録画テープの提出を求めたという。
しかし、警察はすぐにそのカメラの録画テープを
押収せず、しばらく日にちを置いてから
録画テープの提出を求めたという。
ただ、事件当日の画像は重ね取りによって
消去されていた。

警察は防犯カメラのこの仕組みを
熟知していたと想像する。
消去された後に、一応、テープの提出を求めて
捜査をきちんとしている振りをしたのだろう。



いざ、裁判の公判が始まり、
弁護側は
現場の模型を使った再現実験を行った。
検察側が植草氏がのぞきの行為をした
時の姿勢の絵を描いていたが、
その通りの姿勢をすると
エスカレーター下からの写真撮影では、
植草氏のひじは伸び、ひじから先が丸見えの状態になった。

公判で、証人として発言した警官は
「(植草氏)ひじが曲がっていてひじから先が見えなかった」
と言っていたことと検察の図は食い違っている。
ひじから曲がっていて先が見えなかったとなれば、
植草氏の
「両足をそろえ、ハンカチを手にした両手をおなかの前に組ん
で立っていた。」
という発言とは矛盾しない。

そして、志賀警官がエスカレーターで
植草氏と接触した時
任意の職務質問だったのに、
いつのまにか「現行犯の逮捕」に
されていた。
そうなれば、
「逮捕を告げずに逮捕する」
というとんでもないことをしている。


また、

公判中に
志賀警は、証言を二転三転させており、
志賀警官の発言の矛盾点を
弁護側は公判で指摘していった。

裁判を傍聴していたある週刊誌の記者は公判内容を聞いて
「これは冤罪ではないか」と感じたという。

検察の立証証拠の乏しさ
デュープロセス上の疑義から
無罪判決が出るのではと感じた人もいたようだ。


ただ、いざ、判決となれば
大熊一之裁判長は
植草氏の証言や弁護側の検証実験は否定し、かつ、
それを否定する理由をろくにも述べず、
志賀巡査がベテラン巡査という理由だけで
検察側の主張を認めた。

また判決文の中で
「ゆがんだ性欲の発露」と言って、
内面を裁かずという
近代法の大原則を無視することを書いている。

また、何を持って
「ゆがんだ性欲」ということが決められるのだ!!
あるフェミニストは
後背位のセックスを「ゆがんだ性欲の発露」
と言っているようだが、
それを聞いたら、
「それがゆがんだ性欲なのかよ~」と言いたくなる
人も多いと思うが、
そのように
「ゆがんだ性欲」というのはとても主観的なのだ。



この植草氏の摘発の背景には政治的な
ものがあって、あらかじめ、植草氏を狙い撃ち
していたのではないかという見る人もいる。

志賀警官の所属する鉄道警察は、
電車内の痴漢摘発などしているが、
ホームから外の駅ビルまで出て行き
尾行することは普通ではありえない。

また、当時、志賀警官は非番であった可能性が高く、
どうして、非番の警官が植草氏の尾行をしたのか?

このような不自然な点から植草氏が狙い打ち
されたという説が出てくるのである。

植草氏の経済政策の主張は
ケインズ的需要創造政策で、
小泉政権の経済政策のブレーンであった
竹中大臣の市場原理的な新古典派経済政策と
反対であった。
それゆえに、植草氏は小泉政権の経済政策を批判し、
かつ、反小泉の亀井静香氏の経済政策の
ブレーン的な役割を果たしていた。
植草氏はマスコミでもよく登場する知識人であり、
世論に影響を与えかねない
小泉政権にとっては煙たい存在であった。

また、植草氏は2003年に行われた
りそな銀行の再生処理手続きの過程において
日米政府とアメリカ外資が企てた
大掛かりなインサイダー取引疑惑を
指摘していた。
特にこのことを指摘されることを
嫌がったかもしれない。

小泉政権は検察とのつながりが深かったとされ
小泉政権下で摘発された政治家は
小泉政権にとって政敵になりそうな
人物が目立った。

そのような権力による恣意的な人権侵害を
恐れるがゆえに、近代法においては
厳正なデュープロセスによって
司法の手続きが行わることを謳っているが、
今の日本では、そうではないと言わざるえないし、
マスコミ報道を見ても、マスコミは
それを自覚しているようには思えない。


参考リンク

ビデオニュースドットコム(期間限定無料放送)
命をかけて無実を訴えていきます
植草氏が出演。宮台氏がデュープロセスの観点から
この事件についてコメントしている。
また、大熊裁判長の「ゆがんだ性欲」発言について
議論がとても盛り上がっている(笑)



法大生の見聞 植草一秀無罪論

「私は無実潔白だ」植草一秀氏

テーマ:法律全般 - ジャンル:政治・経済


入管法改訂~アメリカ同時多発テロから5年を受けて

アメリカ同時多発テロ事件から
もうすぐ5年になる。

アメリカは
テロリストが不法に旅券偽装して
入国しないように、
入国する外国人に指紋採取させるように
している。


そして、アメリカに次いで日本も
入国管理法という法律を改訂して、
外国人入国者に対して、指紋採取を義務づけた。


別に、直接、日本人に関係なさそうだが、
そうとも言ってられないことになりうる。


アメリカが同時多発テロ事件以降、
入国監視を厳しくして、入国者に対して
指紋採取を義務付けたのだが、
その処置に対して怒ったのがブラジルであった。

なんと、ブラジルはアメリカ国籍の入国者に
対してのみ指紋押捺と写真撮影を
義務付けた。その結果、他の外国人は
普通の手続きでブラジルに入国できるが、
アメリカ人は空港で指紋採取と写真撮影のため
待たされ、中には空港などで9時間近くも待たされる人
がいたという。

そう、日本が入管法改訂で、外国人に対して
指紋採取を義務付けると、報復処置として
日本人が海外に行った時に、
指紋採取を義務付けられ、
他の外国人はスムーズに入国できるのに
日本人だけが
空港で長く待たされるという事態が発生する
可能性が十分ありうるのだ。

また、今、日本人のパスポートにICチップが
埋め込まれているが、将来的に、それに静脈認証などの
生体認証情報を組み込むことを想定しており、
かつ、日本人が希望すれば、指紋を登録することが
できる。そうの利便性としては、
入国審査場で並ばずに
高速道路のETCの如く
通過できるという点がある。

しかし、それにはリスクがあると言われる。
その指紋情報はなんと警察のデータシステムと
共有されることになっていて、
自分が前科者でもないのに、自分の指紋情報を
警察に知られてしまっているということになる。

自分は犯罪行為なんかしないからそれは
心配することないと思うかもしれないが、
警察に自分の指紋情報があるために
冤罪事件に巻き込まれるリスクがあるかもしれない。


例えば、
ある殺人を企てている人がいるとして、
その人物をAとする。
Aは一度も海外に行ったことがなく
パスポートに指紋情報を登録していないとする。
凶器を大き目の灰皿にすることを考えた。

そして、Aは犯行を実行する前に
海外旅行に行ったことがあり、パスポートに指紋情報を
登録しているBに、凶器にする予定の灰皿を自然な
形で握らせる。

そして、後日、Aは灰皿を凶器にして第三者を
殺害して、現場をする。

警察の現場検証により、凶器の灰皿の指紋を採取し、
パスポートの旅券システムの指紋情報を
警察のデータシステムから呼び出したところ
Bの指紋が見つかったため、
Bは、冤罪にもかかわらず、逮捕されるという
事態が発生するかもしれない。

Bが、入国審査を簡単にすませたい
ばかりにパスポートの旅券システムの指紋情報を
登録した結果、冤罪事件で逮捕されてしまう
ということがあるかもしれない。


また、この入管法改訂にあたり、
そのようなシステムを納入したのは
バミューダー国籍のアクセンチュアである。

アクセンチュアの国籍はバミューダーだが、
実際にはアメリカ企業であり、
もともとは、エンロン事件で
不正会計を行い解散に追い込まれた
アーサー・アンダーセンである。
解散後にコンサルティング部門として
再スタートしたのが、アクセンチュアだ。


アクセンチュアは
アメリカ同時多発テロ事件を受けて
アメリカ政府が2004年から1兆円をかけて新たに
US-VISITという入国時の指紋認証システムを
受注している。

そのシステムをそのまま日本に持ち込んだのである。


日本の入管のシステムはもともと
日立が作った独特の閉鎖的なOSを用いていたが、
それに対してアメリカが、市場を閉鎖していると
いちゃもんをつけて、アメリカ企業が参入できるようにした。
また、外資企業を排除してはいけないというルールは
WTO(世界貿易機構)のルールにもなっているのだが、
多分、そのルール形成をリードしたのはアメリカだろう。


アクセンチュアはそのシステムを日本に
納入するときは、なんと、たったの10万円で落札した。

10万円ではアクセンチュアは儲けにならないと思うが、
日本納入をきっかけに、他のアジア諸国などにもっと高く売る
つもりだろう
アメリカも日本も、アクセンチュアのシステムを使っているので、
アクセンチュアのシステムを使わないと
世界から取り残されますよ~と言った感じで
売りつけるのだろう。

そのアクセンチュアという一企業に
日本人の指紋や静脈の生体認証情報が
握られることになれば、どのような事態が発生するのだろうか?


また、アクセンチュアのシステムは
入管のシステムだけでなく、
他の官庁や地方自治体でも使われるようになっているという。

日本の行政が情報という重要な部分を
アメリカ企業の影響下に置かれる事態は
何か恐いものを感じる。


アメリカ同時多発テロ事件以降の
監視強化の流れが
日本人の普通の生活に
思わぬところで影響してくるのだなあと
思うのである。


参考リンク(PCのみ)

衆議院議員保坂展人のブログ
US-VISITとJAPAN-VISITを結ぶ入管生体情報

ビデオニュースドットコム
無料配信放送「監視社会と青少年バッシング








テーマ:時事 - ジャンル:政治・経済


さつまいも~薩摩を通じて日本全国に伝わり、人々を救った

昨夜、さつまいもをいただいた。
蒸したばかりでとてもおいしかった。

サツマイモは
ヒルガオ科の多年草で、
その原産地はメキシコの中央部からグアテマラにかけてとされ、
コロンブスによって欧州に伝わり
スペイン人によって、フィリピンに
ポルトガル人によって
マレー群島に伝えられた。

やがて、中国に伝わり、
1597年、中国から沖縄の宮古島に伝わった。
やがて、それを薩摩の前田利衛門が薩摩に
さつまいもを持ち帰って、薩摩での栽培が始まった。

薩摩では、
飢饉時への対策として、
強力に普及が進められ、その後の飢饉時にも
薩摩地方では餓死者は皆無になったという。

そのころ、全国では
享保の飢饉(ききん)によって民衆は苦しんでいた。
それを見た学者の青木昆陽(あおきこんよう)は、
やせた土地でも収穫でき、
炭水化物を多く含むさつま芋は飢饉救済に役立つ作物になると考え、
さつま芋栽培を提案した。
それは、大岡忠相を通じて、将軍徳川吉宗に届けられ、
さつまいもを栽培を全国的に普及することをはかられ、
人々を飢饉から救っていった。

さつまいもの名前の由来は、
「薩摩」を通じて伝わったことから
「さつまいも」になった。

また、「芋づる式」という言葉はあるが、
それは、薩摩に関係する人たちに由来している。
それについては

このブログの
芋づる式に  ~ 薩摩藩士の大出世を皮肉って
に書いてある。


かつて、鹿児島出身の母(薩摩ではなく、大隅だが)
は、蒸したさつまいもと蒸したもちを混ぜたものを
作ってくれたが、それはとてもおいしかった。



テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


人の価値を決めるもの~「agreeable」

「あの人は良いものがある」と
人が他人を評することがある。

そのことで、イギリスの推理小説作家
アガサクリスティの自伝の内容を思い出す。
次のような内容である。


ふり返ってみるに、わが家はまことに幸せな家であったように思う。
それは主に父のおかげであった。父はとても感じのよい人だった。
感じのいい人柄というものは今日ではあまり強調されていない。
世間の人がよく問題にするのは、頭がいいとか、勤勉であるとか、
社会の福祉に貢献しているとか、重要な地位についているか、などと
いったことである。しかし、チャールズ=ディケンズは
『ディヴィット=コッパーフィールド』の中でこのことを愉快に
描いている。

「そのお兄さんって感じのいい人なの、ペゴティ?」
私は用心深く尋ねた。
「それはもう、とっても感じのいい人ですとも」
ペゴティは大きな声で答えた。

ためしにあなたの友人や知人の大部分の人について
この問いをあなたの胸のなかでしてみれば、
おそらくあなたは、その答えがペゴティの答えと一致する
場合がいかにまれであるか驚かれるにちがいない。



という内容である。
人を評価する時に
特に、感じの良さが強調されずに
頭が良いとか、重要な地位についている
ということに人の注意が行くという
主旨のところは「ハッ」とする。

頭を良くしようと勉強に追われ、
重要なポジションを得るために
競争していくうちに、
時には、「感じのよさ」を見失っていることは
起りえることだと思う。

アガサクリスティは、幸せな家庭であったのは、父がとても
感じのいい人だったからだと言っている。
何かを得ようとセカセカしていると、逆に
「感じの良さ」という幸せの要素を犠牲に
してしまうことがありえるのだろう。

まずは「感じのいい」ものを出せる気持ちを
普段から養っていくことは大切だと感じる。

ペゴティが
「それはもう、とっても感じのいい人ですとも」
と言った部分の原文は

‘Oh what an agreeable man he is!'

である。

「agreeable」は「同意できうる」という意味にも
なるが、「同意」できるというのは、共感できる
からであり、「感じのよさ」というのは
他人の共感を招くものだなあと感じる。



このアガサクリスティの自伝の一部分は
私が大学受験の時に使った
「英文標準問題精講」に掲載されていたものである。

「英文標準問題精講」の内容は、人生・社会・真理について
示唆に含むものが多く、名著だと思っている。




テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術


「心」の語源は?

「心(こころ」という言葉を
使うことがよくある。

その「心(こころ」の語源については
説が定まっていないが、
次のような説がある。

「凝る」という言葉に由来するという説がまずある。

かつて狩猟などをしていたが、
鹿などの禽獣を狩って、その獲物の腹を切り裂くと
ころころ凝ったものが出てくる。
その臓物を見てコル(凝)とかココルとか言い、
それが、人間の内臓の通称になり、やがて
精神を表す言葉になったというのだ。

また、「凝る」に関しては、
「こる」「こだわる」という意味があり、
それが「こころ」になっていたという説もある。


他、「ころころ」が転じて「心」になったという説がある。
どうしてそうなったかというと、
「人の気持ちが、ころころ変わる」という表現が
あるように、ころころ変わる気持ちの「ころころ」が
「こころ」というようになったという説がある。

その「ころころ」語源説に関して
事実かどうかわからないが日本の神話の
万物を創造したとされる
「伊邪那岐(イザナギ)」「伊邪那美(イザナミ)」
伝説までさかのぼるとも言われる。

イザナギとイザナミの宇宙創造の働きにおいて
「塩 (しほ)コーオーロー コーオーロー」という言葉が
あるという。
「塩」は、陰と陽、相対に分かれるすべての要素であり、
それらを組み合わせると宇宙の全てが出来上がっていく
というのである。
その塩を使って宇宙創造の作用が発生する時に
「コーオーロー」と響いたという。
それが「ころころ」となり、
そしてやがて「こころ」になってきたというのである。

この説はどこまで妥当かどうかわかりませんが。
おもしろいなと思った。


こころは「心」という字を書くが
それは「心臓」の象形を表したもので、
中国では、
「心」には意識や精神活動など大脳系の働きの意味も含まれ
心臓の鼓動と精神の働きを関係づけて考えてきた。

そして、気持ちの働きに「心」という文字が使われるように
なってきたのだろう。











テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


言葉には蕾(つぼみ)がある

インド哲学に
「スポータ理論」なるものがある。

「スポータ」とは「蕾(つぼみ)」である。


それは、人間の言葉のその奥には蕾のようなものがあり、
声で言葉を発して、それが相手に届くと、
「スポータ(蕾)」がはじけ破れて、
花が開き、それによって意味が発生し、
コミュニケーションが成り立つ
という考え方である。

これは、日本の言葉の中には霊があるという
言霊信仰と同じようなものである。

言葉を蕾や花に例えるのは、
会話が弾むと
「言葉に花が咲く」というように
ヒトは言葉と花につながりをもたせて考えて
いたのだなあと思う。

参考
言葉に花咲き、笑みを浮かべる


テーマ:ことば - ジャンル:学問・文化・芸術


ジャンケンは天の意思である!

子どもの時から、
ささいな事柄の順番を決めるとき
「ジャンケン」で決める事がある。

ジャンケンをする時
「ジャンケンポン」とか「ジャンケンホイ」
とか言ったりする。

どうして「ジャンケン」と言うようになったのか
それには大きく2つの説が唱えられている。


まずは、「石拳(ジャクケン)」および「両拳(リョウケン)」
が訛ったという説である。

ジャンケンは、中国にあり、
今の日本の「グー」「チョキ」「パー」は
中国では
「石」、「鋏」、「布」にあたるという。
日本に伝わった時に
「石」を「ジャク」そして、拳(こぶし)を用いるので
「石拳」(ジャクケン)と呼ばれ、それが訛って
「ジャンケン」になったという。そして
「ジャンケンポン」の「ポン」は
「布」を「ポン」と呼ぶことに由来しているのでは
ないかという説がある。

また、チョキで2本の指を用いる
ことから「両拳(リョウケン)」と呼ばれ、
それが、「ジャンケン」に変化したとも考えられている。


もうひとつの説は
仏教の「料簡法意(りゃんけんほうい)」に由来する
というものである。
「料簡」は、思慮、判断、
「法意」は、文字通り 法(Dharma)の意志であり、
天の声(Vox Dei)である。そして、
「料簡法意」は
天の声である法の意思を正しく推し量ること
という意味になる。

迷ったときは、人知を超えた天の意思を推し量り
人知を交えず、私心を交えず、判断する。

それゆえに、「グー」「チョキ」「パー」で決める
時は、天の意思にい基づいて、公正無私に推し量って
決めるということで、
「料簡法意(りゃんけんほうい)」という言葉が
用いられ、それが「ジャンケンホイ」になった
という説がある。




テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


「教える」という言葉に込められた意味は?

人は他人から
教えてもらう事がある。

特に、子どもは親や先生に教えてもらうことが多い。

社会人になっても、上司や先輩に教えてもらう事がある。

懇切丁寧に教えてもらうと
親切心や思いやりを感じる。

「教える」の語源は教える者の心に由来するという。
「教える」の「オシエ」は
愛惜しむの「ヲシ(愛惜)」に接尾辞の「へ」
がついたものであり、愛惜しむ心を持ち続けることが
原義だというのだ。



「教えてもらう」ということは、
教えてくれる側の愛情がこもったものであり、
それに対して、感謝の気持ちを抱きたくなるものである。


テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術