言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



どっこいしょ~何処へ行くんだ?六根の汚れを清めに山にいくのだ!

重いものを持ち上げたり、
座っている状態から立つときに思わず
「どっこいしょ」と言ってしまうこともあるのだが、

その「どっこいしょ」の語源については大きく2つの説がある。

1つ目は「何処へ」からという説である。
「どっこいしょ」の語源は「何処へ」という
相手の言葉や行動をさえぎるときに使う感動詞であると
民俗学者の柳田国男は唱えている。
相撲において、「どすこい」という言葉が使われるが、
もともとは「どっこい」と言われていて、
それも相手を遮る意味の「何処へ」から来ているという。

そして、歌舞伎においても「どっこい」は
端役が荒事の主役にかける掛け声として使われている。
「どっこい」に「しょ」は、
強調するための添え言葉だという。


もうひとつの語源の説は、仏教の荒行である
「六根清浄(ろっこんしょうじょう)」に由来する
というものである。

「六根」とは、仏教において、
目(視覚)、耳(聴覚)、鼻(臭覚)、舌(味覚)、身(触覚)の五と意(こころ)が加わったものを意味している。
その「六根」は世間とすれ違う部分であるがゆえに汚れてしまい、
汚れたままでは罪が生じるので、
その「六根」を清め浄化するために
「六根清浄」と唱えながら、
山に登り、水をかぶったり、
滝に打たれたり、山や滝の清らかな自然の中に身を投じて
身を清める修行をしていいた。

「六根清浄」の修行が山に登る山岳修行のスタイルが一般化して
いくようになると、
山に登っている時に悪天候にならないように
「六根清浄、お山は快晴」と呟きながら
一定の進む速さを保つことが多くなってきた。

ただ、
登っているため息が絶え絶えになりながら
「六根清浄(ロッコンショウジョウ)」と言っているのを
耳にすると「ドッコイショ」と聞こえるようになり、
それで、何かの掛け声として「どっこいしょ」
と言われるようになってきたという。



スポンサーサイト

テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


大丈夫、菩薩様がいるから

「大丈夫、彼がいれば、うまくいくよ」

と「大丈夫」という言葉を、何か安心させるために
使ったりする。

「大丈夫」の「丈夫」は「ますらお(益荒男)」
で立派でたくましい成年男子を意味する。

「大丈夫」は、古代サンスクリット語が語源で、
仏教にちなんだ言葉である。

古代インドにおいて、
「マハー・プルシャ」という言葉が使われていたが、
それがやがて「大丈夫」という言葉の語源になってくる。

「マハー・プルシャ」の
「マハー」は「偉大な」
「プルシャ」は「男性」を意味していて、
「マハー・プルシャ」は「偉大な男性」ということになる。

仏教において、頼れて、しっかりした偉大な人という人称
として「菩薩」が使われていた。

中国に
「マハー・プルシャ」な存在である
菩薩様が伝わってきたとき、
そのような菩薩の
言う事や行う事には全て信頼できたので
「大丈夫」と言うようになった。


中国において、「大丈夫」には
相手が貴賎に関わらず、動揺もせず、
意思が強く堂々として
頼れる立派な人物像を意味しているというが、
それと菩薩のイメージが重なったのだろうか。

「丈夫」というのは健康で壊れ難い、しっかりした
一人前の男性の称で、それに「大」という美称・尊称を
付けて、「大丈夫」という言葉ができ、
とにもかくにも、「大丈夫」とは
何にも動ぜず、頼りがいのある
全幅の信頼をおいて任せられる人物を意味し、
そこから、「安心」を意味するようになったという。


「大丈夫」の大元の語源
「マハー・プルシャ」の「プルシャ」は
サンスクリット語において、「男性」以外に
生命の根本である非物質的な純粋知性を意味する。
また、
天界や太陽・月などの万物は巨人であった「プルシャ」
から生まれた古代インドの神話がある。



テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


酒のつまみに出すお魚を切るために俎板(まないた)を使う

かつて、私はよく川や海に魚釣りに
行っていた。

魚は「さかな」というが、どうしてだろうか?

魚は酒菜(さかな)という文字が使われていた。
酒はアルコールの酒、菜はおかずを意味していた。
つまり、酒菜は、さけのおかず、つまり、魚はお酒の
おつまみだったのだ。
それで、酒菜(さかな)と呼ばれるようになったのであった。

魚を調理するときは、俎板(まないた)を使う。
まな板は、もともと「真菜板」と書いて「まないた」と
呼ばれていた。

「菜」はおかずだが、おかずの中でも、魚や肉が
主要なおかずになることが多いので、肉や魚が
「真菜」と呼ばれ、それを切るための板ということで
「真菜板(まないた)」となった。

まな板は漢字で「俎板」と書くが
「俎」は偏が「肉」を、旁が「台」を示し、
肉を切る板という意味である。



テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


おかずは一品では、おかずにあらず?

食事の時に食べる副食を「おかず」
と言うが、
「おかず」の「お」は接頭語の「御(お)」で、
「かず」は、数々を取り揃えるという意味で
主食の周りに添えられている取り揃えられた数々の
菜を「おめぐり」していくということから
「おかず」と呼ばれるようになったという。

おかずは、数々の複数のお品があって
おかずになるということになれば、
おかず一品では、数々揃えることもないので、
おかずにあらずになるのだろうか?


テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


天気晴朗なれども波高し~1905年5月27日 日本海海戦においての示された明治人の言語力

今から101年前の今日の1905年5月27日
日露戦争において、勝敗を決する海戦が行われた
日本海海戦である。(海外では、対馬海戦と言う)

日露戦争で、ロシアのバルティック艦隊が
ウラジオストクに向かっていた。

バルティック艦隊が、対馬を通るのか津軽海峡を通るのか
日本軍は判断がついていなかったが、

三井物産上海支店の社員が、
上海港に、バルチック艦隊の石炭輸送船を目撃して、大本営に通報した。石炭輸送船無しでは、津軽海峡に迂回することは困難と
判断。日本側が対馬海峡通過を確信した、と言われている。



そして、1905年5月27日午前4時45分ごろ
連合艦隊特務艦信濃丸が、九州西方海域にて
バルチック艦隊発見の第一報を打電

そして、当日、早朝
東郷司令長官は「敵艦見ユトノ警報ニ接シ,日本艦隊ハ直チニ出動,之ヲ撃滅セントス。本日天気晴朗ナレド波高シ」
の第1報を大本営に打電した。

最後の「天気晴朗なれども波高し」は、参謀の秋山真之が
加筆した。この名文は、ただ気象情報を伝えていたのではなく
当日の軍事作戦を暗に伝えるものであったと考えられている。

天気が晴れてるということは照準が狙いやすい、
ただ、当日作戦として考えていた
39隻の水雷艇による連繋機雷((四個の機雷をロープで連ねたもの)
を用いてのバルチック艦隊を攻撃する方法が、
波が高いので使えないので、砲戦主体による戦闘を行う。
波が高ければ、
乾舷の高いバルチック艦隊の砲撃の命中率が低くなるということを
「天気晴朗なれども波高し」で伝えたと言われる。


そして、
13時39分
連合艦隊主力(第一・第二戦隊)、バルチック艦隊を視認、
戦闘開始命令。

13時55分
戦艦「三笠」に
「皇国の興廃此の一戦に在り。各員一層奮励努力せよ」
を意味するZ旗が上った。

東郷は首からかけた双眼鏡を右手に持ち三笠の艦橋に立ち、
東郷の回りに伊地知彦次郎三笠艦長、秋山真之参謀、
加藤友三郎参謀長(1922年に第21代内閣総理大臣になる)
らが並んだ。

14時05分、連合艦隊とバルチック艦隊が8000メートルの
距離まで縮まる。
すると、
東郷は後ろにふりむき加藤を見詰め右手を上げて左手に振り下した。
左向き(東に)急転回することを指示した。
加藤はすぐさま、「艦長、取舵一杯」と指示した。
この時に、このように急転回することは敵艦に攻撃されやすく
なり危険で非常識だった。バルチック艦隊の
乗組員は「東郷は狂ったのかと思った」という。

これがのちに欧米で「トーゴーターン」と驚きを持って
呼ばれた。

どうして、東郷はそのようなリスキーな作戦を取ったのか。
バルチック艦隊が、連合艦隊との海戦を避けて逃げることを
させたくなかったからだ。
日露戦争において、陸地戦で、日本が奉天会戦において勝利したが、
それでもロシアは降伏せず、戦闘継続のための準備をしていた。
長期戦になることを避けるため、バルチック艦隊をつぶして
早く日本優位で講和交渉にもっていきたかった。
また、ここでバルチック艦隊に逃げられ、ウラジオストクに
入港されると、のちに日本海の制海権をロシアに握られ
陸戦地の大陸への補給を断たれる恐れがあった。

それで、東郷はそのようなリスキーな敵前の急回転の作戦で
バルチック艦隊が、連合艦隊に攻撃をしかけ、海戦に
引きずり込んで、叩き潰そうと考えたのだ。

そして、これは「丁字戦法」と言って、
一直線に進んでくる敵艦隊に対して、横向きに進路を
妨害する。敵艦は前方の大砲だけでしか攻撃できないが、
味方艦隊は、前後の砲はすべて使えるので優位になる作戦で、
日本海海戦では、この「丁字戦法」を採用するため
トーゴーターンを行ったと広く認識されているが、
「丁字戦法」は、前年の黄海海戦で、ロシアの艦隊に
逃げられて失敗したことがあり、この日本海海戦においては
「丁字戦法」ではなく、
敵と併航しながら戦う「併航戦(へいこうせん)」であったと
言われている。
この時は、北北東に向かう敵艦隊の北側につき、右側の艦砲を
使用して、攻撃した。


トーゴーターンで、三笠が転回している間、
バルチック艦隊から攻撃されるリスクがあったが、
敵艦から7000メートル以内に入らねば砲撃の効果が
上らぬことを東郷は知っていた。

そして、ターンの間、
バルチック艦隊は砲撃を三笠に加えてきて、
被弾もしたが、バルチック艦隊の技倆は
ロシア太平洋艦隊(東郷は太平洋艦隊と交戦していた)
より上ではないとして多少の損害は受けるにしても
致命的打撃は受けることはないと考えていた。

まさにその通りで、致命的打撃は受けず、

14時10分までに、連合艦隊の全艦のターンを終了、

14時18分
バルチック艦隊に一斉反撃に出る。
最初は非常に苦しい戦いであったが、

14時43分、連合艦隊の砲撃により
バルチック艦隊で、火災を発生する艦が現れた。
やがて、連合艦隊が一気に優性に立ち、

15時10分、
戦艦オスラビア撃沈、旗艦スウォーロフ逃走
バルチック艦隊の隊列が混乱し、趨勢が決した。

翌日の28日までに、日本海海戦は終わった。
バルチック艦隊は、38隻中21隻が沈んだ。
一方、日本の連合艦隊は
戦艦、巡洋艦、駆逐艦は一隻も沈まず、大きな損傷もなく
このような圧倒的な差で海戦で勝利することは
世界でも稀であった。


この海戦においては、結果は圧勝だったが
東郷は「天佑神助」という言葉を用いたように
ひとつ間違えれば敗北もあり、きわどい勝利とも
認識していたのかもしれない。



それにしても
「天気晴朗なれども波高し」
という電報は、電報というより詩文の感じである。
秋山真之は、俳人・正岡子規と幼少からの友人で
和歌を学んでいた。

この詩文のような美文、ただの美文ではなく
当日の作戦を伝える内容だと考えられている。

このことを知識創造組織の理論の大家である
野中郁次郎氏は、「天気晴朗なれども波高し」
の秋山真之の美文について、
美しいと同時に言いたいことは全部言ってる、
暗黙知を概念化するには言葉が必要だが、
日常の現象を最も美しい言語で、
最小にして最大の意味を伝える能力というのが、非常に問われる
と述べている。




テーマ:今日は何の日!? - ジャンル:ニュース


津波が来ないと言われていた日本海に大津波が襲った日~日本海中部地震

今から23年前の今日
1983年5月26日11時59分57秒
秋田県能代市西方沖を震源とするM7.7の
大地震が発生、日本海沿岸に大津波が来襲し
104名が死亡した日本海中部地震の発生した日である。

この地震により発生した津波で秋田県・青森県で
100名が亡くなった。また、韓国にも津波は及び
韓国で1名が亡くなっている。

気象庁から大津波警報が発令されたのは、
地震発生から14分後だったが、そのときには既に
津波の第一波が青森県深浦には、引き潮で、来ていた。

津波来襲の様子を
津軽半島の岩木川河口のある十三湖(海とつながっている)
で、撮影されている。

写真①
20060526150452.jpg


赤○で、囲っているところに人影が写る。


写真②
20060526150704.jpg


写真②では、写真①で写っていた人影が見えない。
津波にのみこまれたからである。


写真③
20060526150848.jpg


写真③では、写真②で写っていた車が見えない。
車が津波にのみこまれたからである。

以上の写真で見てわかるように津波の威力がうかがえる。

この地震の日、
秋田県の山間部にある合川南小学校の児童が
遠足として秋田県の男鹿半島沿岸に来ていた。
普段、海を見ない児童達がバスの中から見える海を見て
楽しみにしていた。
その時、道路沿いの電柱や墓石が左右に揺れているのが見えたが
皆は何事もなかったかのように楽しく過ごし、海に到着し
海辺で昼食を取る事にした。

児童達は一目散に波打ち際に駆け寄った。その時だった。
急に、音もなく海面が盛り上がった。児童の首まであっという間に
海水につかる。そして、猛烈な勢いで渦巻く海に引き込まれる。

顔を浮かべていた児童達の声が、ひとり、また、ひとりと
渦巻く海の波間に消えていく。リュックサックにつかまって浮いていた
同級生の姿が見えない。

ある児童は、流木につかまって、命拾いしたが、
ワカメを掴んだまま亡くなった児童がいた。

また、ある女子児童は一端、命拾いしたが
苦しみもがく友達を見かねて、海に飛び込み、亡くなった。

合川南小学校の児童は、この津波で14名亡くなった。

他にも、秋田県に観光に来ていて、
海辺でなまはげと一緒に写真を録っていたスイス人夫婦が
津波にのまれ妻が死亡した。

また、海岸線に近い砂丘で農作業を
していた方が、津波にのまれ、海岸線から800メートル奥まで
押し流され亡くなった。

この地震により最大14メートルの高さの津波が
確認されているという。

この日本海中部地震が発生するまで、地元の人々には
「日本海に津波は来ない」と教え込まれ、信じきっていた。
それが、地震の後に海から避難するという行動をしないこととなり、
多くの被害が出た。


かつて、関西では大きな地震がないと言われていたが
阪神淡路大震災でそれが根拠のないことだとわかったことと
同じように思う。
大地震は100年以上の周期で来たりするので、
かつて、大地震や大津波の災害があっても、世代を継いで
語り継がれなければ、風化して、後世の方々に適切な
伝承ができなくなってしまうのだ。


「今日は何の日」は、1983年5月26日に発生した
日本海中部地震のことについて、取り上げましたが、
明日の「今日は何の日」では、日本海で発生した出来事を
取り上げます。




テーマ:今日は何の日!? - ジャンル:ニュース


ドライブでは、サザンオールスターズを聞きたい!

ポータルサイト「goo」で
ドライブの時に聴きたい日本のアーティストランキング
を2006年4月21日から4月22日にかけて
調べたところ

1位 サザンオールスターズ  100.0 point
2位 平井堅            59.8 point
3位 Mr.Children          53.3 point

とサザンがぶっちぎりの1位だったという

サザンフアンの私としては嬉しい結果だ。

私が サザンのお気に入りトップ10を選ぶと

 1位 TSUNAMI(s)
 2位 夕陽に別れを告げて(kamakura)
 3位 せつない胸に風が吹いてた(世の万葉の花が咲くなり)
 4位 Bye Bye My Love(s)(kamakura)
 5位 ミス・ブランニューディ(s)(人気者で行こう)
 6位 メロディ(s)(kamakura)
 7位 欲しくて欲しくてたまらない(kamakura)
 8位 My Foreplay Music(s)(ステレオ太陽族)
 9位 Tarako(s)
10位 勝手にシンドバット(s)(熱い胸騒ぎ)

*曲名の後の(s)は、シングル、(収録アルバム名)

となる。

数々のサザンの名曲で10曲に絞るのは大変だが
今のところはこんな感じである。

以上の10曲以外に

いとしのエリー、夏をあきらめて、Blue Heven、
愛の言霊、松田の子守唄、星空のビリー・ホリディ、
C調言葉にご用心、YaYa、いなせなロコモーション、
涙のキッス、Long-haired-Lady、
朝方ムーンライト、Oh!クラウディア、マチルダBABY、
お願いDJ、NEVER FALL IN LOVE AGAIN、
旅姿六人集、希望の轍、夕方Hold On Me、
祭はラッパッパ etc・・・・・

サザンのお気に入りの曲をあげればきりがない。

サザンのお気に入りの名曲ばかりで、ドライブに出かけても
ドライブの時間が長くなっても、間に合うほど、サザンの
名曲は多いと感じる。


 

テーマ:サザンオールスターズ - ジャンル:音楽


「キセル乗車」は明治時代の学生言葉

電車の
不正乗車で「キセル乗車」という言葉がある。
キセル乗車は、乗車駅と降車駅の切符のみを買い、
途中区間の乗車賃を払わないことを言うが、
この語源は、タバコを吸うときに使う煙管(キセル)に
由来する。

煙管は細長い管の両端に吸い口とたばこを詰める雁首がある
仕組みになっているが、その両端だけが金具で、途中の管は
竹でできている。

乗車駅と降車駅の切符のみを買い、
途中区間の乗車賃を払わない行為を
長い管の両端にだけ「金属」がついているの煙管(キセル)の
仕組みに
重ねて「キセル」と明治時代の学生達が
言うようになったことがきっかけである。
その表現がやがて一般化していく。


もともとの煙管(キセル)は
カンボジア語のkhsier”(クシェル=「管」)という
言葉が語源である。




テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


梅雨入りの時期は5月になってくるのか?

今日も雨だ。
近畿地方では、いつも6月8日ごろに梅雨入りするが、
その前の5月の雨が続く日を、梅雨の走りと言う。
今年の5月は雨が多かった気がする。

昨年か一昨年の5月も雨が多かった気がする。
もしかしたら、梅雨入りの季節は6月ではなく
5月に早まってきているのではないかとも思ったりする。

緻密に調べているわけでないので、5月梅雨入り説を
強い根拠で言えるわけでないが、
最近の梅雨入り宣言を見ると、何か平年日に合わそうと
しているのではないかと勘ぐりたくなってしまう。

そう思ってしまうほど、5月の雨が梅雨と同じではないかと
感じたりする。

地球温暖化で、暖かい時期が多くなると、それだけ
5月の段階で
南の太平洋高気圧の張り出しが強くなり、梅雨前線が
日本列島に停滞する事態が起きつつあるのではないか?
あるいは、まだ、そのような事態になっていないのか?
専門家にきちんと研究してもらいたいと思う。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記


ユーモアな南西航空

昨晩のNHKスペシャルで、
笑いやユーモアがビジネスを変えるという特集をしてましてた。
笑いやユーモアのセンスのある営業マンや会社では業績が良いという
調査データを示していた。
アメリカで優良企業となっている航空会社(サウスウエスト航空)
で、ユーモアがあふれて、お客さんを楽しませ、また、職場を明るくしているということで、そこの会社での新人の採用基準に「ユーモアのセンス」があるとのこと。

そのサウスウエストについて、今から7年前に
サウスウエスト航空について書かれた本の内容から
サウスウエストのユニークさについて紹介します。

 こんなユニークなサービスがあった。
 ペットのカメを機内に持ち込めないで困っていた人に対し、帰ってくるまで数日間、空港のカウンターで預かった。
また、ある夫婦が結婚50周年記念旅行で搭乗することになった。
息子がそれを前もって伝えたところ、
シャンパンと風船の束を特別のそ
の夫婦のために用意した。
 このようなサービスをする従業員は「自分の仕事が大好き、
この会社で働けることを誇りに思ってる」という人が多い、
さらに自社の社長ケレハー氏に心底好意をいだいている。

 会社は、社員を主人公として振る舞える雰囲気を演出する努力を惜しまない。
 社長のケレハー氏は、現場を回って社員の作業を手伝う。社員の誕生パーティや新築祝いなどの個人的な行事に積極的に参加する。そうして社員とコミュニケーションを図り、和やかな雰囲気をつくる。クレーム客には経営陣が率先して対応してくれるので、社員は安心して働ける。社内報は乗客の感謝の言葉や好調な業績など前向きな記事で埋め尽くし、「すべては社員の努力のおかげ」と読者である社員をもちあげる。
 社員を大切にする経営者の姿勢が、社員のやる気を引き出し、好調な業績をもたらしている。
 社員は自分なりに工夫して客を楽しませる。客が喜ぶので社員はよりいっそう工夫してサービスに励む。そして社員自身の喜びとなっていくという好循環が生じるのである。
 顧客サービスをマニュアルに細かく定め、それで社員を縛るのではない。まず、社員が自主的に働ける環境を整備し、その結果として顧客サービスを向上させるのである。
 サウスウエスト航空の経営は、日本流の家族的経営そのものである。

さらに、一つのエピソードそんな従業員がいるサウスウエストにお客様からこんな手紙がきました。

1996年5月27日のことです。私はシアトル空港支店のカウンターに行き、「できたら、私のフィアンセにしたいと思っているカレンが飛行機から降りてくる際に、彼女にプロポーズしたいと思っているので、ゲートのところで彼女の名前を呼ぶアナウンスをしてほしいのだが・・・・」と頼んでみました。そこにいた旅客サービス係長デビィ・シュミット氏と他のふたりの社員(サウスウエストの社員)は、私のそのアイデ
アを聞くと「ゲートでプロポーズするより、機内に入っていってプロポーズする方が効果的ではないですか」というアイデアを提案してくれました。
 それでは、ということで話が決まり、みんなでその手筈を整えている時に、何とカレンが出発地のサンノゼで自分の乗る便に乗り遅れてしまったという情報が入ってきたのです。
 ところが、驚いたことにサウスウエスト航空はサンノゼからオークランドまで彼女をタクシーで送ってくれて、そこからシアトル行きの便に乗せてくれたのです。カレンがシアトルに到着したのは、夜の10時45分でした。
 係長のデビィは、乗務員に私が機内に入っていけるように頼みこんでくれたうえに、カレンに前方に来るようにマイクで呼び出し、そこで私がプロポーズできるようにとすべての手筈を整えてくれました。この思いやりに溢れる援助をしてくれ、素晴らしいチームワークを発揮してくれたサウスウエスト航空の社員のみなさんに、心から感謝いたします。 
                 ドット・M・ブルサ


サウスウエストはこのような従業員や顧客に対して
ユーモアこもったもてなしをして人気があるが、
経営戦略にも成功の要素があった。

明確な競争戦略のポジション
他社の半額以下にするというコストリーダーシップによる
明確な戦略があった。

ビジネスマン、学生と価格や便利さを優先する客にターゲットを絞り、食事提供なし、座席指定なし、積み替え荷物の預かりなしなど、徹底的にコスト削減を図り、それに満足する客を選んだ。

それがサウスウエストの競争優位上のポジションを築いた。
低価格で、モノのサービスが少なくなる一方で、
顧客にここまでするかというユーモアの交じった
もてなしを施し、顧客の心をつかんでいったのだ。


サウスウエスト航空に関する本を読んでいると、感動する話がたくさんあるのですが
、人に感動を与えるということで、次の言葉がありました。

人の感情を呼び覚ますには、
その前に、自分自身がその感情に
圧倒されなけねばならない。
人を感動させて涙を流させようと思うなら、
その前に自分が涙を流さなけねばならない。
人に信じてもらうには、自分で信じなけねばならない

  
             ウィンストン・チャーチル
                 第2次世界大戦時の英国首相



参考文献
 競争戦略論。  マイケル・E・ポーター 著 ダイヤモンド社
 サウスウエスト航空の奇跡  社員第一、顧客第二主義  
                   伊集院憲弘 著 毎日新聞社
 サウスウエスト航空ー驚愕の経営  破天荒   
    ケビン・フライバーグ、ジャッキー・フライバーグ 著                       日経BP社




テーマ:経営心得 - ジャンル:ビジネス


お弁当~当座に便利

お昼ごはんにの時
お弁当を作って、持ってくる方は多くいる。

「弁当」という言葉は、もともとは
中国語の「便当」が変化したものである。
食べ物を持ち運んでいく事が、当座に便利だったから
便当となった。

中国では、便当箱のことを
「如意籠(にょいかご)」と言ったりする。
それは、自由に思うがままに食べ物を持ち運べる容器という
意味がある。

その「便当」という言葉がやがて日本に伝わってきた。
室町時代の文献には「便当」という文字が使われていたようである。
「便当」が「弁当」に変化したのは
安土桃山時代だと言われる。
1597年の辞典「易林本節用集」
1603年の日本/ポルトガル語辞典「日萄辞典」に「弁当」
という言葉で出てきている。

「弁えて(そなえて)用 に当てる」から「弁当」になったようだ。

当時の弁当は、おせち料理で使うような重箱の容器に入れ
ラーメン屋さんの出前で使うような
「提げ重(さげじゅう)」の中に、重箱やお酒な入れて
持ち歩いたという。そのような弁当スタイルを日本で初めて
したのは、織田信長ではないかという説がある。

江戸時代になれば、弁当は庶民の間に広がっていく
そして、江戸時代にの終わりごろに
「幕の内弁当」が登場する。
「幕の内弁当」が誕生したのは、当時、歌舞伎が盛んだった
大坂であった。
ひとつの芝居が終わって、次の芝居までの間を幕間(まくあい)と
言い、その幕間の時間が長く、その幕間のうちに食べる
弁当のことをいつしか「幕の内弁当」と
言うようになった。

明治時代になると、敷き詰めた白飯の真ん中に梅干だけを置いた
「日の丸弁当」が登場する。

日本で弁当文化が盛んになったのは、米がジャポニカ米だったからと
言われる。世界の多くで食べられる米はインディカ米が多く、
インディカ米では、時間が経って冷えてくるとかたくなり、
よりいっそう味が落ちてしまうが、
ジャポニカ米では、色が白く、粘りがあって、炊いて時間が経って、
冷えても
味は落ちない。
それゆえに弁当にも適していたので、弁当文化が日本で
盛んになったという。


参照
語源由来辞典 「弁当」

テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


雨宿り

昨晩、会社からの帰宅の途中、
最寄り駅の西宮北口駅を降りて、
駅前のアクタにあるカフェ・グライナーズで
夕食を取ることにした。
カルボナーラとミルクティを頼んで、
本を読みながら待っていると
別のおばさんのお客さんが
出されたカレーライスが冷たいということで
カレーライスに口をつけずに
退店しようとした。
おばさんはお金を払おうとしたが、
店の女性が、謝りながら
お金は要りませんというこだった。
おばさんが、定員の女性に
「よく、考えなあかんで」と言って
店を去っていった。

すると、わたしの注文したカルボナーラが来た。
けっこうおいしかった。その店で
1時間ほど、ある商品開発プロセス事例の資料と
哲学者西田幾多郎の資料を読み、店を出ることにした。
レジでお金を払うときに
「カルボナーラおいしかったですよ」と
おばさんに注意をされた同じ女性の定員さんに言うと
「ありがとうございます」と言っていた。

そして、21時25分ごろ、私はアクタを出ると、
雨は止んでいた。
近くの、ローソンでパンなどを買って、ローソンを出ると
雨が強く降ってきた。それもかなり強くだ。
私は、道を渡って、その日の営業が終えている
スーパーの建物の軒下に雨宿りをした。
他の方々は、強い雨の中、歩いていた。

夕方、気象レーダーをネットで見ていて、
雨のピークは20時過ぎごろだと思っていた。
さらに、空を見ると、雲の切れ間が見える。

この強い雨は長くても10分しないうちには
止むだろうと思って、雨宿りをすることにしたのだ。

それにしても、「雨宿り」という言葉は何か
懐かしい響きがした。
それにしても、他の方々は、誰も雨宿りをせず
急いで、家路に向かっている感じだった。
すると、強い雨は3分ほど降っていたが、ぱったり
雨は止んだ。
おかげで、濡れずにすんだ。
環境が整うまで、待つということも必要だなあと
思う。

     雨宿り
         時の歩みも
             一休み

       
    



テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記


漫才~ダウンタウンは現代の陰陽師?

お笑いで、「漫才」がある。
その漫才の語源は「万歳」である。
これは「万年」いつまでも栄えるように祝ったことに
由来する。

万歳は、もともとは正月などに、
家の門の所へゆき、「ことほぎ(言祝ぎ)」を行い祝福をする
ことを表していた。これは、
新年に年神が訪れて家々を祝福するという古代の信仰に
由来すると言われる。

「万歳」そのものは、「万歳楽」のことである。
それは、中国の唐の時代に遡る。
則天武后が飼っていたオウムが「万歳(バンザイ)」と鳴くので、
その鳴き声をとってに曲を作ってできたのが、「万歳楽」であり、
4から6人で演ずる舞楽である。

いつかわらかないが日本に伝来してきた。

10世紀の平安時代になれば、醍醐天皇の子どもが
「万歳楽」を舞って、醍醐天皇が褒め称えたという。

平安時代中期には、「千秋万歳(せんずまんざい)」というものがあり、それを専門とする人たちのことを声聞師(しょうもんじ)と
呼び、陰陽師の配下となっていた。それで、宮中だけの留まっていた
陰陽道を庶民に広げる役割を果たした。


声聞師達は京都で活躍されていたが、豊臣秀吉の意向で
京都から追放され、尾張に強制連行された。秀吉の死後、
京都に戻る者もいたが、尾張に残ったり、さらに隣の
三河まで移るものがいた。それから、尾張万歳や
三河万歳が生まれた。

万歳は
太夫(たゆう)と才蔵(さいぞう)という二人組が
行う。
太夫は紋服姿に風折烏帽子で扇を持ち、
才蔵はたっつけ姿に待烏帽子又は大黒頭巾で鼓を持ち、
才蔵が鼓を打って太夫が舞を舞い、祝言を述べ、
滑稽な駄洒落を掛け合い、聴衆から、米や銭をもらっていた。
これが、三河万歳や尾張万歳であり、他の地方でも
大和万歳、伊予万歳、会津万歳などができた。

ただ、明治になると万歳の本流は衰退していくが、
1905年(明治38年)
河内音頭の玉子家円辰は
音頭だけでは飽きられると考え、
自分の芸の中に万歳の要素を取り入れて「名古屋万歳」を
創設し、新たな芸の形を作った。これが段々広まっていき、
1930年(昭和5年)、吉本興業と松竹が万歳合戦を
することとなったが、この時、
吉本興業の宣伝部長・橋本鉄彦氏が
「万歳」に代えて「漫才」という当て字を使って、
それ以来「漫才」という文字が定着する。

当初は、軽妙な掛け合いだったが、
えんたつ・あちゃこ等の「どつき漫才」が登場、
コント55号を経て、80年代の漫才ブームの時、
ツービートやB&Bが「MANZAI」という方向性が
確立し、それがコントという形でとんねるずやダウンタウンに
継がれている。

漫才は、陰陽師の配下となっていた
声聞師(しょうもんじ)が行っていた
「千秋万歳(せんずまんざい)」が原形である。
陰陽道では破邪の儀式が行われるが、
一方、漫才で笑いが起るが、
その「笑い」そのものも、古来から破邪の呪法と
考えられてきた。
そういう意味で、現代の漫才師は笑いを起こして
陰陽師と同じく「破邪」の仕事をしているということで、
ダウンタウンなどの
漫才師は現代の陰陽師と言えるかもしれない。


参照
語源由来辞典 「漫才」



テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


青春~東にある「木」を見れば、青々としてした。

若い頃の時代を「青春時代」と言う。

その「青春」の語源は、五行思想に由来する。


五行とは、
木(もく)、火(か)、土(ど)、金(ごん)、水(すい)で
この五要素が循環したり、
相生(そうしよう)したり、相克したりするという考えである。

       五行対応表

五行  木  火   土   金   水
五方  東  南   中央  西   北
五色  青  赤   黄   白   黒
五時  春  夏   土用  秋   冬
五神  青竜 朱雀  黄竜  白虎  玄武


五行の初めの「木」に対応する色は
「青」で、季節は「春」、つまり「青春」となる。
春のことを「青春」とも言うようになった。

春は、季節の初まりであり、いろいろ草木や花が芽吹き、
それらが、これから、育っていく季節である。
それは、若い人がこれから希望を持って育っていく様と
重なる。それから若いころの人生の春の時期を「青春」と
言うようになった。

参照
語源由来辞典「青春」







テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


阪神株問題・村上ファンド敗北か?~野蛮な資本主義は修正されるか?

阪神電鉄株の約46%を保有している
村上ファンドが、本拠地を日本からシンガポールに
移したが、この背景には、ライブドア事件で不透明な
投資事業組合が利用されてことを受けて、
金融庁がファンドの出資者名簿を
求める規制を検討していて、それを村上ファンドが
嫌っているからと言われる。

出資者名簿には、もしかしたらブラックマネーやアングラマネーが
あるかもしれず、金融庁から出資者名簿を求められると
出資者が逃げてしまう可能性がある。
それで、日本の金融庁や国税や検察などの捜査権が及ばない
シンガポールに移動したというのである。

そこで、問題が出てくるという。


・日本の出資者が村上ファンドに追随して資金を海外に持ち出すことは外為法から見て不可能。

・シンガポールで、外国人投資家の資金を集めるのも簡単でない。

・創業以来、村上ファンドの影の主役と見られていたオリックスは資本関係を解消すると言われている。


これらのことから、村上ファンドは資金源が細り、もう、これ以上
阪神電鉄株を買い進めることは難しくなり、阪神電鉄優位で
村上ファンドからの
株の買い戻し交渉が行われるというのだ。
村上ファンドの要求する株価より低く買い戻せるというのだ。

オリックスが村上ファンドから手を引く背景には、阪神電鉄株問題が
あると言われる。村上ファンドが公益性の高い阪神電鉄の
乗っ取りの方向に動き始めたため、さすがに、政府も何らかの
アクションを取らざるえなくなってくる。そうすると、金融庁など
などの監督官庁が、村上ファンドの資金源にメスを入れる可能性が
出てくる。オリックスはノンバンクなので、経済産業省の管轄で
金融庁管轄ではないが、村上ファンドに捜査のメスが入ると
オリックスまで金融庁の捜査が及び、それをオリックスが嫌がった。

このことは
経済評論家である山本清治氏のサイト内のQ&A
阪神電鉄の攻防は村上ファンド・オリックスの敗退が鮮明に

から引用しています。



村上ファンドをはじめ、新興株式市場には、ブラックマネーや
アングラマネーが多く入っていたと噂される。

ライブドア事件で、投資事業組合の問題がクローズアップされ、
金融庁が大口出資者の名簿提出を求めると、新興市場の株が大きく
下がり、それを受けて、一端、金融庁が名簿提出要求を撤回しても、
今国会で、投資事業組合の法規制が検討されており、
新興市場から逃げたマネーは戻ってきていない。

90年代後半以降、竹中大臣が、政府の経済関係の委員を務め
小泉内閣では閣僚となり、アメリカ型の株式資本主義を目指して
株式投資促進策を取ってきたが、
株式市場で巨額のアングラマネーを跋扈させるだけの
状況にしてしまった。

竹中大臣は、アメリカ型の資本の論理優先の社会を作ろうとしたが、
それは、かつての貧富の格差が極端に広がる野蛮な資本主義に時代を
逆戻りさせているだけだ、戦後日本の修正資本主義あるいは社会主義的な市場経済の方が、先進的だったのだのに、
日本は、先進的な経済システムを放棄し、かつての野蛮な資本主義に
しているという主張がある。



テーマ:経済・社会 - ジャンル:ニュース


いなせな~イナの背中

サザンオールスターズの曲で
「いなせなロコモーション」という曲があるが

その「いなせな」とは
勢いのよい少し斜めに構えた様子を表し、
粋で威勢が良いという意味である。

その語源は、鯔(ボラ)の幼魚であるイナに由来する。

江戸時代に、
日本橋の魚河岸(うおがし)に集まる
若い衆の髷(まげ)の形が
「潮が差す」と「勢い良くイナが跳ねる」
「背中」がピーンとした形状に似ていることから
粋で威勢が良いことを「いなせな」というようになった。

ちなみに、その若い衆の髷を
鯔背銀杏(いなせいちょう)と言われるようになった。




テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


「胡散臭い」と検索すれば「亀井静香」がトップに来た!~検索エンジンGoogleの覇権と公益性~

ビデオニュースドットコム
マル激トーク・オン・デマンド第267回
において
森健氏がゲストでよばれ
「Google」の検索の覇権問題について
討論された。

Googleが世界の検索エンジンの7~8割近くのシェアを
握り、
日本においても、YahooとGoogleが
勢力を二分している。

「グーグル八分」という言葉が生まれている。
あるキーワードで
Googleで検索すれば、今までトップページに上がっていたのに
何らかの意図によって、検索対象から除外されてしまう
事態を意味している。

この事例で
「悪徳商法?マニアックス」事件がある。

このサイトでは、
悪徳商法を行っていると見られる団体に関して情報と対策を掲載
していたが、ある「悪徳商法?マニアックス」内の掲示板で、
ジュエリーを販売するウエディング社
(現在は「セリュックスラヴァーウェディング」)の
「アポイントメント商法」の方法の
問題について
具体的かつ詳細な内容が
利用者から書かれていた。

ウエディング社がそれに対して、
Googleに対して、「悪徳商法?マニアックス」
を検索対象から削除するように依頼、
「悪徳商法」とクリックすれば
検索トップに「悪徳商法?マニアックス」が
出てきたが、それが、出てこなくなった。


ウエディング社は
「悪徳商法?マニアックス」の主宰者に
名誉毀損で刑事告発をし・また、
損害賠償の民事訴訟を起こす。
刑事の方は、検察は不起訴処分とし
民事でも、ウエディング社側が不利となるや
ウェディングが「請求放棄」を行った。

そのような状態になっても
「悪徳商法?マニアックス」は
「グーグル八分」のままで、検索対象から除外され続けた。

「悪徳商法?マニアックス」は、悪徳商法に騙されないように
社会に情報発信する公益性の性格を帯びていたが、
検索エンジンとして、圧倒的なシェアを握るGoogleから
除外されれば、ネット利用者にアクセスしてもらえる
ことはなくなり、
多くの利用者にとって、グーグル八分を受けたサイトは存在しないも同然になる。

これが恣意的に運用されれば、社会的な公益性の担保に重大な
障害が発生すると懸念されている。


検索エンジンの公益性に関する問題は
政治的な問題になる可能性も出てきた。

昨年の衆議院総選挙の時
Yahoo!japanで「胡散臭い」と検索すれば
当時、広島6区で、ホリエモンの対立候補で
郵政民営化反対の亀井静香氏のHPがトップに表示
されるという状態になった。


亀井静香氏の
サイトには「胡散臭い」という文字がなかった。
ヤフーの検索は
「その用語を含むページからリンクをはられていてもカウントする」
ので、
「胡散臭い」という文字と一緒に、
亀井静香公式ホームページのリンクを貼ったページを第三者が
大量にばらまいた可能性が
推測される。実行者は、ホリエモンの支持者ではないかとも
言われた。

ネット利用者がより多く増えれば、
ネット世論を恣意的に誘導し、
それを社会全体の世論に操作しようという勢力が
出てきて、それが実際に社会的に大きな影響を及ぼす
事態も考えられる。

「悪徳商法?マニアックス」のグーグル八分の問題にしろ
亀井氏のHPが「胡散臭い」でトップに検索される
問題にしろ、
インターネットが小さな個人にも社会に対して
影響力を行使できて、権力を牽制し、
民主主義の健全性向上に寄与するという期待も
あったが、それも怪しくなってくる。

検索エンジンがGoogle1社が覇権を握る状態となり
かつ、悪意に対して意、脆弱性のあるシステムの
現状において、
権力側が、ネットを通じて、ミスリードの世論操作を
することもあるだろう。
例えば、権力側が、増税や戦争遂行を画策する時、
する時、権力側の政策の反対派を悪役にして、ネットの検索エンジンの
システムの脆弱性を利用して、亀井氏のような「胡散臭い」で
検索トップにこさせて、マイナスイメージの世論を作って
いったりすることが想像できる。
ネットを通じて大資本の巨大企業の不正を内部告発する
サイトを作っても、Googleが大資本に屈して
内部告発サイトを検索対象から除外して、
大多数の利用者に
存在なきがごとくの状態にさせてしまうことになる
事態も想像できる。

検索エンジンのGoogleの独占状態が
社会の公益性を阻害するリスクをもっと
日本も考え、対策を打っていくべきだろう。








テーマ:=世相もろもろ= - ジャンル:政治・経済


清らかな愛~母の日の始まりとカーネーション

1907年
アメリカ・ウエストバージニア州のアンナ・ジャービスという女性が教会の教師をしていた母の命日に母の好きだった白いカーネーションを
母の墓前の前に飾り、さらに
信者に配ったことがきっかけとなりました。
 この時の出来事が、母の日にカーネーションという風習が広まる起源とされます。
亡き母には「白いカーネーション」、健在の母には「赤いカーネーション」を贈るようになります。カーネーションの花言葉の「清らかな愛」も母の日に由来しています。
その後、アンナさんは、多くの人々がもっと母親を大切にできれば・・・という願いを込めて母親のための祭日をつくる運動を始めました。そしてその思いは多くの人の共感を呼び、その話は当時のアメリカ合衆国大統領だったウイルソン大統領に耳に入ります。
1914年にウィルソン大統領によって5月の第二日曜日を「母の日」として祝日にすることが宣言されます。
日本では1912年(明治45年)にキリスト教の行事として行われました。1937年に森永製菓が提唱したことがきっかけとなり、さらに終戦後一般的に広く祝うようになったといわれています。



20060512180956.jpg



カーネーションにまつわり、ローマ神話でこのようなお話が
あります。

ローマに
ソクニスという美しい娘がいた。
彼女は、ローマ市民の栄誉を讃えるための
栄誉の冠をつくることに優れていた。
彼女の作っ た冠は大そう美しく立派であったので
詩人や画家からの注文も多く、
その仕事は繁盛し、人気の上がる一方だった。

すると彼女をねたむものがあらわれ
彼女は暗殺されてしまう。

彼女を不慮の死を知った神々は
彼女が、祭壇を美しく飾ってくれたことを思い
彼女の亡骸を虹色の花に変えて、弔う。
それがカーネーションであった。






テーマ:ことば - ジャンル:学問・文化・芸術


己の近くに、己より賢き人を集める術を知っていた男、ここに眠る

Here lies one who knew how to get around him
            men who were cleverer than himself



己の近くに、己より賢き人を集める術を知っていた男、ここに眠る

これは鉄鋼王
アンドリュー・カーネギーの
墓碑銘に書かれた言葉である。


1835年、
英国、スコットランドに生まれ、
1848年にアメリカに移住し、
週給1ドル20セントで
木綿工場で働き始めた。
やがて
鉄道の鉄道官の秘書兼電信技手など
鉄道に関係する職をしていたある日
鉄道の通る木橋が焼けて、
数日にわたり鉄道が不通になる。
「これからは鉄橋の時代だ」
と将来を見通し、やがて鉄道をはなれ、
鉄橋をつくる会社を創設。
やがて、最新式の製鉄工場を設立し
成功し、19世紀末には
全米鉄鋼生産の製鉄会社を
約25%を支配する鉄鋼王になった。

その彼が、自分の墓に
己の近くに、己より賢き人を集める術を知っていた男、ここに眠る

と書かせたのだ。

カーネギーは
次の言葉も残している。


人間は、優れた仕事をするためには、
    自分一人でやるよりも、
 他人の助けを借りるほうが良いものだと
     悟ったとき、
その人は偉大なる成長を遂げるのである。





テーマ:言霊(格言・名言・自分の考え) - ジャンル:学問・文化・芸術


一期一会~once-in-a-lifetime encounter

一期一会
これは、一生に一度きりの出会いという意味がある。

この言葉は「茶道」に由来する。

千利休の弟子である山上宗二の著書
「山上宗二記 茶湯者覚悟十躰」に

路地へ入るより出づるまで、
一期に一度の会のように、
亭主を敬い畏るべし


と記されている。

毎回、一生に一度だという思いをこめて
、主客ともに互いに誠意を尽くすべき

ということである。

また「一会」は、法要などの集まり・会合を意味していて
「仏教」と関連のある言葉である。

一期一会を英語にすると

once-in-a-lifetime encounter
と訳されたり、

「日本文化を英語で紹介する辞典」では

every single encounter never repeats in a life time

と表現している。


一部「語源由来辞典」より参照



テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


カルタのことを調べていたら、集中して、うんともすんとも言わなくなったよ

呼びかけても全く反応がなく返事がない時に
「うんともすんとも言わない」
と表現する。

その「ウンともスンとも言わない」
の語源は諸説ある。

「ウン」は承諾の返事の「うん」で「すん」は
意味のない語呂合わせ。
一方で「すん」は、「候(そうろう)」が
「そう」から「す」から「すん」に変化したもので
「すん」という返事すら言わないという意味から使われ始めた
という説がある。

最も一般的に広まっている説は
「ウンスンカルタ」に由来するという説である。
ポルトガルから持ち込まれたカルタ遊び。これを改良して
1680年代中ごろに
「ウンスンカルタ」という75枚のカードで遊ぶカルタが
できた。そのカードには絵札には七福神の絵や西洋の騎士の絵
が描かれていて、ポルトガル語で「1」を意味する「ウン」
のカード、最高を意味する「スン」のカードがあった。

そのウンスンカルタに皆が夢中になって
無口になったので、「ウンスンカルタ」の名前にちなんで
「ウンともスンとも言わない」という言葉ができたという説。

また、別の説がある。
やがて、その「ウンスンカルタ」が、のちにブームになった
天正カルタに取って代われて、誰も「ウンスンカルタ」を
しなくなったので、誰も「ウン」とも「スン」とも言わなくなったので
「ウンともスンとも言わない」と言われるようになったという
説がある。





テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


やかん~薬を煎じるための入れ物

お湯を沸かす時に
「ヤカン」を使う。

その「ヤカン」の語源は、
「ヤカン」を漢字で「薬缶」と書くように、
薬に関係する。

「薬缶」という漢字は「薬鑵」と書かれていた。
「鑵」の右側は「クヮン」の音符である。
「まるい」という意味である。
「鑵」は、水を汲む道具という意味である。

「薬」を煎じるための「鑵」ということで「薬鑵」
となる。

当初、「薬鑵」や「やくくわん」と呼ばれていた。
やがて、「やくくわん」から「やかん」と呼ばれるようになる。

もともとは、薬を煎じるための鑵として使われていたが
江戸時代になり、お茶をする風習が世間に広まると
茶湯を沸かすために使うものとして用いられるようになる。

「薬鑵」が「薬缶」と、「缶」となったのが
発音が「やかん」となった以降の当て字という。

「缶」という字は、中国に
オランダ語「kan」(英語では「can」)と
いう文字が伝来した時に、当て字として
水を注ぎいれるものを意味していた「罐」
を用いた。
日本では「罐」の略字として「缶」が用いられるようになった。

「薬缶」ということで「薬」に関係しますが、
「薬」の語源は、このブログの

薬~草を細かくした粉には、不思議で神秘的な力がある
に書いてあります。






テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


アイスクリームが日本で初めて売られた馬車道は、「恋人も濡れる街角」にある。

今日はアイスクリームの日だという。
1869年5月9日(旧暦)に
渡米経験のあった町田房蔵が
横浜の馬車道にある自身の店「氷水屋」で
「あいすくりん」という名称で
アイスクリームを日本で初めて発売した。

それに由来して、
1964年、
日本アイスクリーム協会が5月9日を
「アイスクリームの日」としているのである。

5月9日には
馬車道において
街に来た人に無料で
「馬車道あいすくりん」を配っているという。

その「馬車道」は
幕末に日米修好通商条約により
横浜港が開港され、
外国人が居留する関内地域と横浜港の間を結ぶ道
を外国人が馬車で通行していたのだが、
その姿が
とてもに珍しく、「異人馬車」などと呼んでいたことから、
この道は「馬車道」と呼ばれるようになった。


この「馬車道」で思い出す曲は
中村雅俊の「恋人も濡れる街角」である。
作詞・作曲は、桑田佳祐である。



20060509155452.jpg



この曲の歌詞で

~ああ 時折雨の降る 馬車道あたりで待っている~

と「馬車道」が出てくるのだ。

この曲は、映画「蒲田行進曲」の主題歌であり、
かつ、中村雅俊が出演していたフジテレビ系列のドラマ
「おまかせ下さい~オレの女房どの」の
挿入歌だった。

桑田は、この曲を提供する前に中村雅俊に
「マーマレードの朝」という曲を提供していたが
あまり売れず、今度こそはということで
トレンチコートを着ている中村雅俊をイメージして
作曲したという。

この曲は、横浜をイメージして作られた
当初「恋人も濡れる横浜」というタイトルにするという
ことだったが、
映画「蒲田行進曲」の舞台が横浜でもないので
「恋人も濡れる街角」になったという。
(そういえば、挿入歌として使われたドラマ
「おまかせ下さい~オレの女房どの」も、東京の木場
だったなあ)

また、この曲の作詞の時
T-REXのマークボランの影響を受けたと桑田が
語っていたという情報がある。


「恋人も濡れる街角」は
1982年9月1日に発売され
最高位5位、47.7万枚のセールスを記録した。

この曲は
やはり
サビの部分の

~愛だけが俺を迷わせる 恋人も濡れる街角

  女なら狂おしいままに 恋人も濡れる街角~


がいいですね。
(この曲の全歌詞閲覧と、曲のみの聞くにはここで聞けます。)

「恋人も濡れる街角」はぜひ
桑田佳祐にセルフカヴァーして欲しいと思う曲である。
何年か前の、サザンの年越しライブの中継(TBS)で
ちょうど、放送が終わる直前に
桑田が「恋人も濡れる街角」の頭の部分を歌いだした。
と思ったら、番組終了してしまった。
残念だった。

ライブでのセルフカヴァーで
アーティストの意思とは関係なくソフト化され、
音源化されるので、
桑田佳祐は「恋人も濡れる街角」
のセルフカヴァーのソフト化が多いと言うことで
「雅俊(中村雅俊)のライブ行けよ~!」とラジオで言っている
という。


なかなか、「恋人も濡れる街角」のセルフカヴァーはないなあ
と思うが、桑田が提供した曲の中で最も名曲だと思う。

ちなみに、「恋人も濡れる街角」が挿入歌として使われた
ドラマ「おまかせ下さい~オレの女房どの」の
主題歌は、「恋人も濡れる街角」のB面に収録されていた
「ナカムラ・エレキ音頭」である。
私は当時、小学2年生の時に、このドラマを見ていたが
いつもドラマの頭で、出演者達が

~秋の空と男気は
 そりゃみっともないほど似ている~


と歌っていた記憶がある。
この「ナカムラ・エレキ音頭」も作詞・作曲は
桑田佳祐である。

「ナカムラ・エレキ音頭」も私は好きである。

「ナカムラ・エレキ音頭」の歌詞はここをクリック



テーマ:懐かしい音楽 - ジャンル:音楽


平和のシンボル~オリーブの若枝を加えたハトがノアのもとに戻ってきた

今日、駅のホームで
電車を待っていたら
「ぺちゃッ」という音がしたので
振り返ると、私の左ななめ後ろの50センチぐらいの
ところに、ハトの糞が落ちたのだ。
あやうく、ハトの糞攻撃を受けるところだった。

ところで、
ハトは平和のシンボルとされている。
それは、ノアの方舟の大洪水に由来するという。

聖書の「創世記」にノアの方舟に関する記述がある。

人間の堕落に怒った神が、
大洪水を引き起こした。
正直者のノア一家だけに方舟を作ることを許可する。

洪水が起こったとき、ノア一家は方舟に乗り、
アララト山の頂上
にたどり着いて
地上の様子を調べるため
ハトを放つ。

そのハトがオリーブの若い枝葉を嘴に
加えて、持ち帰ったことから、ノアは洪水の終わりを知った。
それに由来して、ハトがオリーブを枝を加えている姿が
「オリーブの枝を差し出す」和解の提案のしるしとして、
平和の象徴となったという。

「平和の象徴」としてのハトが世界的に広まったのは、1949年
パリで開催された国際平和用語会議の時だった。
ピカソが、オリーブを枝を嘴に加えているハトの姿をデザインした
ポスターを作成したことから、世界中に「平和の象徴」
としてのハトが認知されるようになった。


ところで、朝の駅のホーム、
ハトの糞が落ちた後、すぐに前を向いたが
1分ほどして、振り返って、ハトの糞を見ようと思ったら、

落ちたてホヤホヤのハトの糞は、もうなくなっていた。
「あ~、誰かの靴の裏にこびりついたのだろう」
と思った。




テーマ:雑記 - ジャンル:学問・文化・芸術


鴛鴦の契り(えんおうのちぎり)~相思相愛の木

鴛鴦の契り(えんおうのちぎり)は
夫婦仲睦まじいことを意味する。

鴛鴦とはオシドリのこと。
鴛は雄のオシドリ、鴦は雌のオシドリである。


中国の春秋時代
宋の国王であった康王に
韓憑(かんぴょう)は妻の
何氏(かし)を奪われてしまった。
そのことにショックを受けた韓憑は
自殺してしまった。

妻の何氏は
康王にあてた遺書に
「死んだあと、自分と夫と合葬するよう」
と書き記し、夫の跡を追う。

それに怒った康王は
「死しても愛し合うというのなら、二つの塚を
ひとつにして見よ」
韓憑と何氏を
向かい合うように2つの墓に葬った。
一夜にしてその墓から2本の梓が生え、
10日後には大きな木となり
その2つの梓の幹も根も互いに絡み合い
やがてひとつの木のようになった。
そしてその樹上には、2羽の鴛鴦が巣をつくり
つがいとして住み始め、悲しげに鳴き交わしてた。

それを見た宋の人々は
韓憑と何氏の生まれ変わりだと言いはじめた。
これをして「鴛鴦の契り」という言葉が生まれた。

そして、この木は「相愛樹」と言われ、
相思相愛の語源だと言われる。







テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


みやび~都会的

優雅で上品な様を
「雅(みやび)」と表現するが、
その語源は、「宮+び」と
もともと、「宮廷風」という意味に由来します。
「宮廷風」という意味から、都風
上品という意味に広がってきました。

上品で優雅な言葉を
雅言(みやびこと)と言います。
それは、宮廷で働く女官達が使っていた言葉は
雅な言葉として真似られてきました。

テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


毎日がこどもの日

今日は「こどもの日」である。
「こどもの日」で、あるエピソードを思い出す。
もう20年以上前だろうか、

こどもの日に、
父が、産経新聞を読んでいて、
社会面の「サラリ君」という4コママンガを見ていて
笑い始めた。

そのマンガで、
子ども達が
「今日はこどもの日だから、どこか連れてって~」
とせがむと、母親が
「毎日がこどもの日でしょ」
と言い放っていた。

それに父が笑っていた。
今思えば、父や母は毎日、子どものをことを思って
配慮してくれて、考えてくれていたのだあと
ふと思った。

テーマ:徒然なる独り言 - ジャンル:日記


不法占拠者が作った都市・サンフランシスコ~開拓者ズーターの悲劇

ゴールデンウィークで
海外旅行に出かける方々が多いが、
「ゴールデン」で思いつくのが
「ゴールデン・ゲート・ブリッジ(金門橋)」のある
サンフランシスコ。

サンフランシスコというまちはどのようにして
できたのか、これにはあるドイツ人移住者の悲劇の上に
できたまちなのである。

アメリカ西海岸のカリフォルニアに
ドイツ系移民ヨハン・アウグスト・ズーターが
農場を開拓した。

ズーターは
ヨーロッパで破産し、再起を賭けてアメリカに移住
数年の間 ニューヨークで働き、貯蓄し
カリフォルニアに移住する。

新天地のカルフォルニアで農園経営に成功し 
妻子をヨーロッパか
ら呼び寄せた。

1848年
ズーターの農地で働く大工が
ズーターの農地で砂金を発見した。
このことがズーターの悲劇の始まりになった。


ズーターは自分の農地でで砂金が発見されたことを
秘密にし、発見した大工に口止めをしようとしたが
このことは、あっという間に、
知れ渡り、ズーターの下で働いて
いた、すべての人間が仕事を放り出して砂金探しを始め、
それだけではなく、この話はあっというまに広がって、
アメリカ各地から人々が殺到しはじめた。
これがゴールドラッシュの起源なのだ。

この騒ぎでズーターの農場はことごとく荒らされた。
農地は穴だらけにされ、ズーターの育てた農作物や牧畜は
勝手に食料にされたり、穀物倉庫を壊して勝手に
家を建てて住み込み始め、不法占拠しはじめた。

不法占拠のうえに町が出来上がってきた。
そのできあがった町の名を
「サン・フランシスコ」という。

このひどい仕打ちにズーターは
1850年
裁判所に訴え出た。
「サンフランシスコ市がその上に立てられている土地の全部は自分の土地である」と所有権を主張し、1万7220人の立ち退きと、カルフォルニア政府に対して2500万ドルの賠償金を要求した。

ズーターは裁判に勝ち、彼の裁判所は彼の要求をすべて認める判決を下した。 

これで一件落着かと思えばそうではない。
その判決を聞いた 不法占拠者たち(全サンフランシスコ市民)
が 暴動を起こした。
裁判所を焼き討ちし、裁判官は危うくリンチされそうになった。

この暴動によって、次男は殺され、長男はピストルで自殺、
ズーターは命は保ち、
ズーターは権利の回復をひとり訴えつづけ、
ワシントンの政府に訴え出たが、
ワシントンの人々は誰も彼を相手しなかった。
そして、1880年
ズーターは、自分の訴えが聞き入れられずこともなく
ワシントンにある連邦議事堂の前で脳卒中で死ぬ。


サンフランシスコは、このようにズーターが
一生懸命育てた農地が不法占拠され略奪された上に
できた悲劇の町なのだ。

政府は国民の生命と財産を守るということだが
このときは、まったく政府はズーター家の生命と財産を
守ることはしなかった。

政府が機能せず、無政府状態になる恐ろしさを感じさせる
出来事である。

あっ、そう言えば、日本も終戦直後
駅前の土地に勝手に鉄条網をたてて
不法占拠したまま、それを既成事実化させた
人たちがいるという話を聞いたことがある。
終戦直後は、日本も無政府状態に近かったのだろうか。





テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術


憲法~最高法規・・・・国民が政府に命令している「おきて」です

今日は、憲法記念日で休日である。

聖徳太子の「十七条の憲法」
そして、江戸時代の「憲法部類」など
憲法という言葉は古来から日本にある。
ただ、現代のような国の最高法規という意味ではなかった。

明治時代になって、欧米の最高法規の研究を日本はしていた。
最高法規を意味する
フランス語の「Constitution」、英語の「Constitution」
に相当する訳語が、日本になかった。

穂積陳重の「法窓夜話」によれば、
箕作麟祥がフランス語の「Constitution」に「憲法」という
訳語を当てはめたのが始まりだという。

ただ、すぐにはその「憲法」という訳語は普及しなかった。
それまでの日本では「憲法」という言葉は
普通の法律のひとつという認識であったからだ。

しかし、明治中期になって、
明治天皇が「憲法制定」の勅を出し、
伊藤博文が憲法取調の勅命を受けており、
このころから「憲法」を国の基本法や最高法規として
公式に使われるようになった。

憲法の「憲」という文字は
「心」と「目」という意符の字に
音符の文字として、「ふさぎ止める、おおい止める」
を意味する害の省略形の字が組み合わさったものである。

そして、「憲」の文字だけで
人を抑制する、自由勝手な心や見かたを抑え止める
という意味が生まれ、「おきて」や「法規」の意味として
使われるようになった。


ちなみに、近代国家の最高法規を意味する「憲法」は
「国民が政府に義務を課す法規」である。
中には、憲法に「納税」「教育」の義務が国民に
課せられているのではという意見もあるが、
日本国憲法の条文を読めば

「すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に
普通教育を受けさせる義務を負う」
 (第二十六条第二項)

「国民は、法律の定めるところにより、納税の義務を負う」
(第三十条)

と「法律の定めるところにより」と書いてある。
これは、
子供に教育を受けさせない国民や
税金を納めない国民を野放しにしないように規制する
法律を作れと、国民が国家に命令していることを意味している。

時々、憲法改正に向けての議論で、国会議員の中で
「戦後の憲法は、国民に権利ばかりを与えて、義務を
課していない」ということをのたまう議員がいるが、
近代国家の憲法とは何かまったくわかっておらず、
法律を作る国会議員が、国の最高法規たる
憲法とは何たるかを知らないのはお寒い限りで、
こんな基礎的な教養のない国会議員は落選させましょう(笑)






テーマ:語源 - ジャンル:学問・文化・芸術


米軍再編~移転費出さんでいいよ! 外交の見直しを

在日米軍再編で
日米が合意したが、
沖縄からグアムの移転のため
日本政府が7000億円を出したり
再編全体で3兆円の資金拠出をアメリカが要求している。
本来なら、日本はそんなお金を出す必要はない。

そもそも、今回の再編でアメリカは
本気で日本を守ることを考えているのか?
疑問を投げかける人がいる。

アメリカとしては、対中国、対ロシアなどの
潜在的脅威国からの防衛ラインを
今までの日本本土~沖縄~台湾ラインから
アラスカ~ハワイ~グワムのラインに引き下がる
ことを意図している。
そうした背景には、日本では、中国や
ロシアからのミサイル攻撃に対して脆弱性が
増すので、アラスカ~ハワイ~グワムのライン
から防衛すると考えているのだ。

日本は、アメリカの防衛ラインの外であり、
日本がどこかの国から核攻撃を受けても、
アメリカが自国への核攻撃のリスクを冒してまでも
本気で日本を守ろうとするのか?

グアム移転に7000億円、
全体で3兆円払っても、アメリカが
日本が本当に守るかどうか
不確かである。

日本は、米軍にとって、中東に出撃するために
必要であり、また、米軍をメンテナンスするための
工業力と資金を持っていて、アメリカにもっと高く売れるとも
言われている。
そうだとすれば、それなのに安く買い叩かれているかもしれない。

移転費用を出さないと沖縄軽減のための移転をしないと
アメリカが言えば、
日本は「それなら、思いやり予算は出さん」と強く言えないのかと
思う。

日本はアメリカが永久に覇権国であり続けるような
幻想を抱いているが、
昨今、為替レートでドル安になっている背景には
先月のIMFの会議やG7の財務省会議で
双子の赤字が巨大化したアメリカのドルを
ドル安誘導にもっていくことを確認したことがあるという。
外貨準備高の世界一が
アメリカの意のままになる日本から
アメリカの意のままにならない中国が1位になった。
中国が、アメリカ国債売りカードを外交カードとして
使う可能性が出ている。

アメリカのドル体制はいつまでもつかわからない。
ドルが暴落すれば、アメリカの覇権が終焉し
アメリカが世界に関与する度合いは減少する。

そんなアメリカにべったりの外交で日本は良いのかと
感じる。

日本は、アメリカべったりから、
アメリカ、中国、ロシア、アセアン、インド、EU
とお互いに何らかのカードが切れるようなフリーハンドが
増えるようにしていかないと、
没落するアメリカと一連托生の運命をともにしてしまうことに
なりかねない。

だからと言って、中国べったりになることもダメだ。
中国には、アメリカ、ロシア、インドカードを切れるような
にもっていけるように、外交資源を構築していくべきだ。
中国国内でも、北京政府の意のままになりたくない勢力が
中国各地にあるので、分断作戦をしていくこともあっても
良かろう。



テーマ:沖縄米軍基地問題 - ジャンル:政治・経済