fc2ブログ
言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを
随時更新中です。

https://kuwatea.blog.fc2.com/blog-entry-1.html



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



今日は、令和6年4月21日の日曜日、今から5年前の4月21日も日曜日であったが・・・平成も徐々に遠い過去となっていくのだろう

今日は、令和6年(2024年)4月21日 日曜日

さて、今から5年前の今日の4月21日も
本日と同じく日曜日であったが、
違いがある。それは元号が異なることである。

今から5年前の4月21日の日曜日は
平成31年であった。

そして、平成が4月21日も含めて
あと10日となり、
250番目の元号である
平成が終わろうとしていた
時期であった。

元号は、皇位の継承があつた場合に限り改めると
元号法で定められているため
明治以降
近代日本になって、天皇陛下が生前退位される
こととなり、平成は平成31年4月30日に
明仁天皇陛下が退位されることがあらかじめ
日にちが決められていた。

そして、当月の4月1日に
新元号が令和になることと発表されていた。


平成から令和


そのような5年前の4月を思い出した。
平成も徐々に遠い過去となっていくのだろう。


ありがとう平成 

ちなみに平成は250の元号のうち
4番目に長い年月の元号であった。


日本の元号の長さを数え年順で上位5位まで

1位 昭和64年 1926年~1989年
2位 明治45年 1868年~1912年
3位 応永35年 1394年~1428年
4位 平成31年 1989年~2019年
5位 延暦25年  782年~ 806年


このブログ内の関連記事

平成31年(2019年)4月30日の記事
平成最後の日・・・平成時代は日本が衰退した時代であったが、そんな時代であっても「ありがとう平成、さようなら平成」

言霊・楽習社(がくしゅうしゃ)ブログの目次ページ
https://kuwatea.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
語源や雑学などカテゴリーごとに分類して、当ブログの過去の各記事へのリンクページに誘っています。

スポンサーサイト



テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術


私の人生の3割の期間通っていて、同じ店に通い続けることでの出逢いと別れの場面の繰り返し・・・本日(令和6年3月15日)、毎週金曜に通う西宮ガーデンズの丸福珈琲店にて、大学4回生のバイト店員さんが最後のバイトの日だった

今日は、令和6年(2024年)3月15日 金曜日

本日、毎週金曜日の夜の私の習わしになっている
西宮ガーデンズの丸福珈琲店で
ミックストーストサンドとミルクティを味わう
ことをしてきたが、
3月15日ということで、もしかしてと思った。

まず、15日というのは、
この丸福珈琲店の働く方々にとっては
締め日であり、アルバイトの方々は
15日付で退職することがある。

なぜ、そんなことを知っているかというと
もう15年も通っていると、顔なじみの定員さんとの
会話で知ってしまうものである。

そして、3月ということは大学4回生と
大学卒業と4月から社会人になり、
そのため15日で退職するだろうと思った。

18時20分過ぎに
西宮ガーデンズの丸福珈琲店に入店して、
指定していた予約席に座ると、
ある女性の店員さんがやってきた。

初めて見かける方かなあと思ったら、

あっ!!

といつもと髪型が異なっていたので
わからなかったが、
よく見かける大学4回生の女性の店員さんだった。

「もしかして、今日は最後?」

と尋ねたら


「そう、他の4回生も、最後」と

言っていた。


やはり、そうかあ。


と思った。
15年も通っていると
3月上旬になると
大学を卒業のためアルバイトを退職する場面に
遭遇してきた。

1時間以上、ゆっくりとミルクティを味わいつくし

丸福珈琲 令和6年3月15日 Screenshot_2024-03-15-18-41-58-68

19時40分過ぎに店を出ようとレジに向かうと
顔なじみの大学生の女性の店員さんが対応してくれて

「〇〇さんも大学4回生でしたよね?」と確認すると

「そう、今日が最後です」と

思わず、私は「ありがとうございました」と
笑顔で素敵な接客をしてくれてきたことに
謝意の気持ちが出た。

丸福珈琲 令和6年3月15日 Screenshot_2024-03-15-20-18-52-75

現在、50歳(あと2か月で51歳)の私は
西宮ガーデンズの丸福珈琲店
平成21年(2009年)から通い続けていて
つまり、私の人生の3割の期間通っていて、
同じ店に通い続けることでの出逢いと別れの場面を
特に大学生のアルバイトの店員さんが退職する時に
別れの場面に繰り返し遭遇する。

さて、4月になると、新しい大学生の方などの
アルバイトの方が入ってくる可能性があり、
新たな出逢いが来るのだろうなあとふと思った。



このブログ内の関連記事

令和3年(2021年)3月14日の記事 
校長先生みたいですね!・・・10年以上通う西宮ガーデンズ内の丸福珈琲店にて、3月になると大学卒業でバイトを終わる店員さんがいて

平成21年(2009年)7月8日の記事
丸福珈琲店の感じの良い接客から思ったこと・・・・・社会基盤としての感じの良いささやかな心遣い

平成25年(2013年)4月23日の記事 丸福珈琲店を退職した女性店員さんとの再会
寒の戻りの春の日の暮れなずむころ、西宮今津にて8か月ぶりの思わぬ再会・・・1年前には、お互いに今津に住まいしていなかった者どうしの再会

当ブログ内の西宮ガーデンズ関係記事のリンク集の目次です
西宮ガーデンズ関係記事の目次

言霊・楽習社(がくしゅうしゃ)ブログの目次ページ
https://kuwatea.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
語源や雑学などカテゴリーごとに分類して、当ブログの過去の各記事へのリンクページに誘っています。

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術


高さ155mになるJR三ノ宮新駅ビル建設起工式の日に思うこと・・・・ビルが無きゆえに見えた光景で一首を育んだことを思いつつ、ビルが完成する予定の5年後はどのような人生や社会や世界になっているのだろう

今日は、令和6年(2024年)3月6日 水曜日

私は現在、神戸の三宮周辺の職場で働いているが、
その三宮関連でこのようなニュースがあった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

高さ155m、地上30階 JR三ノ宮新駅ビル建設スタート<RE動き出す街>
神戸新聞 2024年3月6日 18時02分


JR西日本が2029年度の開業を予定する三ノ宮駅の新ビル(神戸市中央区雲井通8)の
起工式が6日行われ、神戸の玄関口の新たなランドマーク整備が本格化した。
高さ約155メートルで地上30階、地下2階建て。駅のほか商業施設、
オフィス、ホテルが入居する。総事業費約500億円を見込む。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日、この起工式が行われたところには
三宮ターミナルホテルがあり、OPAが入居していた。
私は1度、20代のころこのビルを利用した記憶がある。
昭和56年(1981年)に開業したが、
平成30年(2018年)3月に閉館して、
取り壊された。

その取り壊されたゆえに、三宮のセンター街方向から六甲山系の
山並みが見える状況になっている。

そのような状況について
当ブログの令和4年(2022年)4月13日の記事

神戸三宮のベンチにて、振り向いて霧立ちのぼる六甲山を見て一首閃き、心が動く・・・閃きというのはこれまでの積み重ねと何気ない行為から生まれたりすることがあ

にて

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

三宮センター街前の
フラワーロードの三宮駅前のバス停近くの
ベンチに座って、

三宮駅前のバス停のベンチ Screenshot_2022-04-13-06-50-23-26

ふと振り向くと、
六甲山系の山並みから霧が立ち上っている
様子が見えた。

霧立ちのぼる六甲 Screenshot_2022-04-13-06-49-49-85

その時、
ふと、

村雨の霞もまだひぬ真木の葉に 
       霞立ちのぼる秋の夕暮 


という小倉百人一首八十七番の
寂蓮法師(じゃくれんほうし)の一首を思い出した。

夕暮れではないなと思うと、
またまた小倉百人一首の一首で
六十四番 

朝ぼらけ宇治の川霧たえだえに 
       現れわたる瀬々の網代木


という一首を思い出した。

夕暮れではなく、朝。
秋ではなく春。

ふと、自分なりに一首を思いついた


朝ぼらけ 町のベンチで 振り向くと
           霧立ちのぼる 春の六甲



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

三宮センター街前の
フラワーロードの三宮駅前のバス停から見える
霧が立ち上っている六甲山系の山並みを見て、
思い出した百人一首から自分なりの一首を思い出したこと。


また、
それからちょうど1年後の
令和5年(2023年)4月13日の記事

1年越しの一首のリレー・・・4月13日、1年前と同じ場所で同じ日の同じ時間帯に、一首を思いつく

にて、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、1年後の同じ日の
本日の4月13日の6時33分過ぎに

三宮センター街前の
フラワーロードの三宮駅前のバス停近くに行き、

三宮駅前のバス停のベンチ Screenshot_2023-04-13-18-49-27-71

そこから見える摩耶山をはじめ六甲山系の
山並みが見えたが、

黄砂・霾 六甲 Screenshot_2023-04-13-18-49-31-37

中国大陸からの黄砂で六甲の山並みがかすんで見え、

すぐに

一年後、
 黄砂に霞む
   六甲山


と、一句を思いついた。

その後、三宮センター街にある
サンマルクカフェの前で
開店時間になるまで、
そのカフェの前にあるベンチに座っていると、

一句で終わるのではなく、1年前のように一首にしようと思い、


一年後、黄砂に霞む 六甲山
   霧の山から
    霾(つちふる)山へ


と、もともと一句だった部分を上の句にして、
新たに、

霧の山から
    霾(つちふる)山へ

という下の句を付け加えて、
一句から一首に変えた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

またもや
三宮センター街前の
フラワーロードの三宮駅前のバス停から見える
黄砂で霞む六甲山系の山並みを見て思いついた
一句から一首に発展させたことについて書いたが、
三宮ターミナルホテルが建ったままであったら、
見えない光景でゆえに、
この令和4年と令和5年の4月13日に
一首を思いつくということはなかっただろう。

フラワーロードの三宮駅前のバス停から
六甲山系の山並みは
本日、起工式を迎えた
高さ約155メートルで地上30階の高層ビルが
完成すると見えなくなるだろう。

ビルがない期間ゆえの一首とも言える。

さて、5年後の2029年、
本日、起工式を迎えた
高さ約155メートルで地上30階の高層ビルができる
ころには、フラワーロードの三宮駅前のバス停前は
どのような光景になっているのか?
そのころの私自身のありよう、日本のありよう
世界のありようはどうなっているのかなあと
ふと思うのであった。


このブログ内の関連記事

今日(令和5年4月11日)で、神戸三宮周辺で勤務を始めて1周年・・・三宮周辺の約200mの範囲が私にとって縁深い場所となっている

令和5年(2023年)4月30日の記事
四半世紀前に、まちなかで耳にした曲とその光景が、人生の経過を振り替える機会になったりする・・・福山雅治のHeartが発売されたころ神戸三宮のサンキタ通りを歩いている時、この曲を耳にした記憶が強く残っている

令和6年(2024年)2月29日に、さんちか2番街、4年に一度の日にリニューアルオープン・・・昭和40年(1965年)に開業した「さんちか」は新陳代謝で新鮮さを保とうとしているなあ


言霊・楽習社(がくしゅうしゃ)ブログの目次ページ
https://kuwatea.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
語源や雑学などカテゴリーごとに分類して、当ブログの過去の各記事へのリンクページに誘っています。

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術


ささやかながらも願いが叶う喜び・・・月曜の有給休暇の日、ロッテリアでウエルシアの100ポイントが当たればいいなあと思っていたら・・月曜日はウエルシアはもともとポイント倍の日であったが、さらに!!

今日は、令和6年(2024年)3月4日 月曜日

今日は、有給休暇を取得している。
今朝の7時に、自宅近所の
西宮市の阪急今津駅の駅ビル1階にあるロッテリアで
朝食を取った。

ロッテリアはTポイントが付くが、
ときどき。
ロッテリアでTポイントを利用すると
ウエルシアのTポイント100ポイントのクーポンが
当たることがあるが、
もし、月曜日の今日にそれが出たら嬉しいなあと
思った。
私はウエルシアよりも今津駅の駅ビルにある
ココカラファインを使うことの方が多いのだが、
なぜなら、月曜日はウエルシアでは
Tポイント2倍になる日なので、
もともと、今日はウエルシアで買い物するつもりでいたが、
ウエルシアの利用頻度は月1~2回ぐらいなので、
Tポイント100ポイントのクーポンが出たらいいなあと
思ったのであった。

すると!!!

ロッテリア ウエルシア100p Screenshot_2024-03-04-07-03-40-77

Tポイント100ポイントのクーポンが

当たった!!!!

やったあと思い、午前8時過ぎに
ロッテリア阪急今津駅点を出て、
そこから260m離れた
ウエルシア西宮今津店に徒歩で行き、

ロッテリア→ウエルシア 
位置図はGooglEarth より

約2200円の買い物をして、
月曜日のポイント2倍に加え、100ポイントクーポンを
早速使った。

ささやかながらも願いが叶う喜びを感じたのであった。


言霊・楽習社(がくしゅうしゃ)ブログの目次ページ
https://kuwatea.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
語源や雑学などカテゴリーごとに分類して、当ブログの過去の各記事へのリンクページに誘っています。

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術


日本標準時子午線の真上に建つ明石市立天文科学館から見える夕焼けパンダ・・・東経135度の日本標準時子午線、世界の時刻の基準の英国グリニッジ天文台・・・一つの現象や事象や過去からの積み重ねによって生じる

今日は、令和6年(2024年)3月3日 日曜日

一昨日の3月1日、年に2回の機会がある
兵庫県明石市の夕焼けパンダに関する
ニュースを見た。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
夕日と鉄塔がつくりだす「夕焼けパンダ」7年ぶりに 明石
NHK兵庫 NEWS WEB 03月01日 18時29分


夕焼けパンダ 完全 Screenshot_2024-03-02-06-59-10-84


夕日が鉄塔のアンテナと重なってパンダの顔のように見える「夕焼けパンダ」と
呼ばれる現象を観察する催しが明石市で行われ、7年ぶりに完全な形の
「夕焼けパンダ」が姿を現しました。

明石市立天文科学館の展望台では、毎年、3月と10月に、日の入り間近の夕日が
鉄塔と重なり、丸いアンテナの部分がパンダの目や耳に、また、
太陽が顔の輪郭のように見える現象を「夕焼けパンダ」と呼んで
観察会を開いています。

(中略)

明石市立天文科学館の中島正登主任は、
「感動しました。これだけちゃんと見ることができたのは7年ぶりで、
感慨深いです。感動は格別なので、今後も催しを続けていきたい」と
話していました。
夕焼けパンダ 7年ぶり Screenshot_2024-03-01-20-56-28-63

画像は、NHKより
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この夕焼けパンダと称される事象の発見の
きっかけは、平成25年(2013年)10月12日に
遡る。

日本標準時子午線の真上に建つ
明石市立天文科学館が、
太陽の沈む位置を記録するため、連日撮影したのだが
平成25年(2013年)10月12日、

天文科学館から見える夕日が
明石市立天文科学館から西南西方向に約1.4km離れた
明石市樽屋町にあるNTTドコモのアンテナに重なった瞬間、
直径約4メートルの二つのアンテナがパンダのに目元に、
小さなアンテナ群がパンダの耳や鼻に見立てて
パンダの顔のように見えることを偶然発見したのであった。

明石市 夕焼けパンダ 位置 矢印

明石市立天文科学館からの伸びる赤線の矢印の先の赤丸
NTTドコモのアンテナがある

位置図はGooglEarth より

この夕焼けパンダに見ることが可能な日は
1年のうち2回の3月1日ごろと10月12日頃である。

そして、また、この1年2度の日の気象状況によって
完全な夕焼けパンダを見ることができるかどうか左右される。

令和6年(2024年)3月1日の夕焼けパンダは
平成29年(2017年)3月1日以来7年ぶりかつ、
また、完全な夕焼けパンダは
その2回と夕焼けパンダを偶然発見した
平成25年(2013年)10月12日の3回だけである。

ところで、明石市立天文科学館は
日本の標準時(中央標準時)の基準となる子午線である
東経135度の経線の真上に建てられている。

なぜ、明石市に日本標準時子午線となる
東経135度が通っているのかというと、
1884年(明治17年)米国ワシントンで開催された
国際子午線会議にて、世界の時刻の基準となる子午線を
イギリスのグリニッジ天文台を通る子午線(経度0度)に決定。

グリニッジ天文台を通る子午線(経度0度)から東経135度が
明石市を通ることとなったのだ。

そして、地球1周は360度、1日24時間で、
360÷24=15 15度で1時間の時差が生じることとなるが、
135は15の整数倍で、グリニッジ天文台を通る子午線からの
時差がちょうど9時間となるので、
日本政府は明治19年(1886年)明石市を通る東経135度を
日本の標準時子午線に決定
明治21年(1888年)1月1日より適用された。

そのような日本標準時子午線である東経135度の真上に
昭和35年(1960年)の時の記念日の6月10日に
開館する明石市立天文科学館が建てられたのである。

その位置が日本標準時子午線である東経135度に
なるには、イギリスのグリニッジ天文台を通る子午線が
世界の時刻の基準となる子午線(経度0度)であることが
関わってくる。
明石市立天文科学館から見える夕焼けパンダが見える要因として
イギリスのグリニッジ天文台を通る子午線が(経度0度)の
世界の時刻の基準となり、それを基準として
日本の標準時子午線となる東経135度が明石市を通り、
その真上に明石市立天文科学館が建てられたことにある。

夕焼けパンダという面白き事象が見られる条件が
過去からの積み重ねの要因があることをふと思うであった。
つまり、一つの現象や事象や過去からの積み重ねによって生じる
と思うのであった。


このブログ内の関連記事

7月13日は日本標準時刻記念日・・・・かつて、日本に時差があった!!それもとある1つの県内に時差があった!!!

京都府木津川市にある浄瑠璃時
彼岸の中日にあたる春分の日・秋分の日になると
太陽の動きによりある演出がなされるような作りになっている
それについて書いた記事

彼岸の中日の浄瑠璃時


夕焼けにちなみ
夕陽に別れを告げて ~ 私のサザンNO.2ソング

言霊・楽習社(がくしゅうしゃ)ブログの目次ページ
https://kuwatea.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
語源や雑学などカテゴリーごとに分類して、当ブログの過去の各記事へのリンクページに誘っています。

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術