fc2ブログ
言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを
随時更新中です。

https://kuwatea.blog.fc2.com/blog-entry-1.html



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



忘れてしまっていた自分自身がかつて発していた情報を外部の誰かが、同じ内容を発することで改めて想起できる機会となる・・・・チコチャンに叱られる(令和6年2月16日放送)で、3つ問題のうち2問が、かつて私がブログ記事に書いていた内容を同じ内容であった

今日は、令和6年(2024年)2月16日 金曜日

本日のNHKチコちゃんに叱られるで
以下の3つの問題のうち

チコちゃん 紙テープの謎 冷やかし

チコちゃんに叱られる!
▽紙テープの謎▽冷やかしとは▽なぜ指揮棒を振る
初回放送日: 2024年2月16日
より

船出の時に紙テープを投げるようになったのはなぜ?
…ある離島で続けられている心温まる紙テープの見送りに感動!

“冷やかし”ってなに?…見るだけ見て何も買わずに店を出る
“冷やかし”。その起源とは!?

このブログを18年以上続けている私にとっては
お!と思う問題であった。

▽紙テープの謎については
当ブログの平成26年(2014年)12月23日の記事

船出の見送りの紙テープを投げる習慣は、売れ残り商品の活用から始まった

にて、次に書いている内容をだいたい同じであった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1915年の時である。
その年、アメリカのサンフランシスコで、万国博覧会が
開催された。
日本のある商店が包装用の紙テープを出品したが、
大量に売れ残ってしまった。

それを見たサンフランシスコに在住し、
デパートを経営していた森野庄吉が、
それを買い取った。

それを彼は港で、
「送る人と、送られる人の、最後まで別れを惜しむ握手」、
「テープで別れの握手を」というコピーを考案し、
と宣伝して売り出したところ
大当たりした。それが今では船出の光景として
習慣化してしまっている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

紙テープの謎の問題が出た時、
内容を思い出せなかったがこ

この記事を書いていたことを思い出して
スマホでアクセスして読み直した。
9年以上前に書いた
内容を思い返すことができた。

そして次の問題

▽冷やかしとは

見るだけ見て何も買わずに店を出る
“冷やかし”。その起源とは

が問題に出されていた時も
その内容を思い出せなかったが、
「冷やかし」の語源について
当ブログの記事にしていたことを
すぐに思い出した。

冷やかし ~ 今日は、いい娘(こ)はいるのかなあ

その記事で「冷やかし」の語源について次のような
書いている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

浅草山谷の近くに吉原の遊郭街があった。

そう、紙職人達は、紙を水に漬けている間に
吉原の遊郭の店に出向いては、
買う気もないのに、
遊女を覗き、客待ちをしている遊女をからかったり
していた。


「嬉遊笑覧」に

「そのひやくる迄に」と記しているように
紙を水漬けする工程を「ひやかし」と言っていたのであるが、

紙を水漬けしている間に、紙職人達が
遊女を買う気も無いのに、からかうだけで帰ってしまうことを
その「ひやかし」と言う工程名にちなんで
「ひやかし」と言うようになった

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この記事は平成19年(2007年)6月25日と
今から約16年以上前に書いたものである。

この記事には、記事をアップして約2年後の

平成21年(2009年)6月4日の20時代に
拍手ボタンが押されていた。

これまで
自分が多く発した情報の内容をすべて
振り返って思い返す機会を作るのは難しいが
外部の誰かが、同じ内容を発することで
改めて自分自身がかつて発していて
忘れてしまったことを想起できる
機会となる。


言霊・楽習社(がくしゅうしゃ)ブログの目次ページ
https://kuwatea.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
語源や雑学などカテゴリーごとに分類して、当ブログの過去の各記事へのリンクページに誘っています。

スポンサーサイト



テーマ:発想法・編集法 - ジャンル:学問・文化・芸術


何かのきっかけで長らく足を運ばない場所に足を運ぶことで変化や違いに気づき社会背景を認識する機会となる

今日は、令和6年(2024年)2月11日 日曜日

建国記念の日の本日の午前中
おそらくは、約17年~18年ぶりに
ガスト西宮北口店を利用した。

ガスト西宮北口店 入口 Screenshot_2024-02-11-07-53-19-91

ガスト西宮北口店は阪急西宮北口駅から
東方に、道沿いに約800m程の距離があり、
車庫北線と中津浜線との交差点にある。

なぜ、約17年~18年ぶりの利用かと言うと
平成18年7月16日(日曜日)まで、
ガスト西宮北口店から
徒歩で約5分のところに
約9年8か月暮らしていて、
その時に、ガスト西宮北口店は何度も利用していたが、
そこから転居してからは、
ガスト西宮北口店を利用していなかった。

約17年~18年ぶりの利用のきっかけは
Tポイントカードでガストでの利用の2倍の
クーポンの期限が2月14日までということで、

Tポイントカードでガスト Screenshot_2024-02-11-12-06-02-06

3連休中に利用しようと考え、
今津駅近くに住む私としては
自宅から最も通い易いガストの店舗としては
ガスト西宮北口店であると判断したからである。

約17年~18年ぶりの利用での変化の気づきは
まずは営業時間であった。

ガスト西宮北口店 営業時間 Screenshot_2024-02-11-07-53-23-01

8時から23時と表示されているが、

約17年~18年の時は
午前3時代にガスト西宮北口店を利用していたこと
が何度かあった。

そのときは、職場は京都市左京区にあり
時々、西宮北口午前4時36分の一番電車の始発を
利用することがあり、
なおかつ、その一番電車の始発を利用を考えていた時
午前2時代に目が覚めたりすると、
その時は、ガスト西宮北口店は午前5時まで
営業をいていたので、
起床して、出勤として家を出て、
朝食を取るためにガストを利用していた。

ガストを運営するすかいらーくは
コロナ禍が広がった令和2年(2020年)7月から
遅くとも午前0時までに原則閉店という方針となった。
その背景には人手不足もあったとされる。

午前8時の開店と同時に入手して、
店内の東側の中津浜線が見える席座った。
ブラインドは日差しが入らない北東側は開けていた。
ガスト西宮北口店 席から Screenshot_2024-02-11-08-05-13-24

モーニングのパンケーキセットを注文した。

しばらくすると、配膳ロボットが私がいる
席にやってきて、

配膳ロボット Screenshot_2024-02-11-08-10-48-21

私が注文した
モーニングのパンケーキセットを運んできたのだ。

配膳ロボット 拡大 Screenshot_2024-02-11-08-10-51-10

私は、2か月に1回、
散髪のため
いつも利用している大阪市東淀川区の
上新庄に行くが、その散髪をする美容室に行く前に
上新庄駅前のガストでは
このような配膳ロボットはなく
人手を介して注文の品が運ばれてくるので、
西宮北口店では、配膳ロボットを利用している
ことに驚きであった。

ガストで店舗ごとで配膳ロボットを利用しているところと
そうでないところがあるのだなあと思った。

ガストを運営するすかいらーくでは
昨年から深夜営業を再開し始めているが、
配膳ロボットを活用することにより
片付け時間などが3割程度、歩行数が4割程度
削減されていて、その配膳ロボット導入による
従業員負担の軽減が深夜営業復活の背景のひとつに
あるようだ。

猫をモチーフに配膳ロボットは
その後も別のお客さんのところに注文の品を
運ぶため店内を度々移動していた。

配膳ロボット 猫顔 Screenshot_2024-02-11-08-46-04-11

また、同じガストでも違う店舗を利用することで
私としては新たな気付きの機会を得ることとなった。

このような気づきは、
長らく足を運んでこなかった
ガスト西宮北口店を利用しなければ
なかったことである。

そのきっかけは、
Tポイントカードのクーポンの期限が近づいていた
ことであった。

それで、
かつて、私にとって日常性があったガスト西宮北口店
という場が、もう約17年~18年
非日常となった場所に久々に足を運ぶこととなり、
そこで、約17年~18年とは営業時間が異なり、
同じチェーン店でもロボット配膳を導入している店と
そうでない店があることを知ることとなった。
その背景には人材不足とその対策という社会的な課題が
あることを感じるのである。

何かのきっかけで長らく足を運ばない場所に足を運ぶことで
変化や違いに気づき社会背景を認識する機会となる。


このブログ内の関連記事

令和4年(2022年)12月10日の記事
いつもと違う動きをすることで、身近なところにあるものを新たに気づくことができる

令和5年(2023年)9月25日の記事
特異な変化と蓄積された記憶の蘇生が想像を活性化させる・・・・西宮ガーデンズプラス館の増築館新規開業のマクドナルドで月見バーガーを食べて、一首思いたことから思ったこと

ガスト西宮北口店の近くの住居を離れた時の記事
平成18年(2006年)7月17日の記事
引越し~11年後のリターン

ガスト西宮北口店の近くの居住していた時の出来事
平成9年(1997年)1月22日の大寒波、大阪でマイナス3.8℃、神戸でマイナス4.9℃、24年後経ったこの日までこの気温を下回る日はないほどの大寒波!ちなみにこの大寒波である名曲を思い出す

令和5年(2023年)2月26日の記事
 この3日前の2月23日に、上新庄の美容室に行く前のガストでできごとについて書いています。
ガストでパンケーキを食べようと思ったら、鳥インフル拡大で販売休止になっていた・・・・H5N1鳥インフルがヒトヒト感染するようになったら、かなり致死性の高いパンデミックが発生の恐れがある


言霊・楽習社(がくしゅうしゃ)ブログの目次ページ
https://kuwatea.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
語源や雑学などカテゴリーごとに分類して、当ブログの過去の各記事へのリンクページに誘っています。

テーマ:発想法・編集法 - ジャンル:学問・文化・芸術


ポケットに入るような小道具を持っていることは予想外の出来事による別の選択肢の行動を快適にしたり、新たな方法に気付いたりする

今日は、令和6年(2024年)2月10日 土曜日

今週の水曜日(2月7日)、有給休暇であった。
西宮市の今津駅近くの自宅から
長距離散歩しようと思い、また、
今まで一度も足を運んだことがないところに
行こうと思い、正午過ぎに自宅を出た。
長距離を歩くため、荷物は
肩から掛ける小さな
ショルダー ポーチをかけ
その他の少々の小さな荷物はダウンジャケットの
ポケットに入れておいた。

当日は午前中は晴天だったが、
少々時雨気味で
少し雲行きが怪しいなあと思った。

西宮市の札場筋沿いの交通公園を
通り過ぎたころ傘を差すほどではないが
ちょっとポツリとささやかな雨粒が
落ちていた。
雨雲レーダーを見ると
傘を差すほどの必要な雨を降らせそうな
雨雲が西宮市北部から私がいる西宮市南部方面に
そこからから臨港線の歩道を西進していて
13時頃
臨港線とえっべっさん筋と交差点付近で
少々雨が勢いが出て、傘を差すか差さないか
どちらかを迷うような状況となり
その交差点にあるセブンイレブンに
雨宿りがてら入った。

すると、そこの雑誌売り場に
物理学理論と理論と法則の世界という本があった。

知っている内容もあったが、
違った本で読むが故の気づきもあるだろうと
思い買いたいなあと思った。

20cmほどのある本を買って
どうやって持ち歩こうかと思っていたら
ポケットの中に、折り畳みのエコバッグを
入れているのを思い出した。

帰宅時に自宅近所で買い物するために
それを入れておいたのだ。

物理学理論と理論と法則の世界を購入して
一旦、セブンイレブンを出るも北の方を見ると
さらに雲行きが怪しく
雨雲レーダーを見ると
雨をしっかりと降らせそうな雨雲が
私がいる西宮市南部に南下してるのがうかがえ
これは本格的に降るなあと思い、
そのセブンイレブンのすぐ近くにある
万代の前浜店に入り、そこのイートインコーナーで
雨雲を通過するのを待とうと考えた。
13時30分ごろにそこ入った

万代前浜イートイン内 Screenshot_2024-02-07-13-31-05-03

利用は1時間程度にと書いてあり
1時間もしないうちに雨雲は通り過ぎるだろうと
予想した。
万代前浜イートイン外 Screenshot_2024-02-07-13-28-40-03

そこで買ったほっとココアを飲みつつ
買ったばかりの物理学理論と理論と法則を
さらっと読んでみた。
物理学の本 Screenshot_2024-02-07-13-29-05-53


また、老眼の入っている私は何か文字を見る時のためにと
老眼鏡をケースにいれ、それもダウンジャケットの
ポケットに入れていて、助かった。
物理学の本と老眼鏡 Screenshot_2024-02-07-13-30-43-21

予想通り、外を見ると傘が必要なほど
雨が降り、
雨雲レーダー Screenshot_2024-02-07-13-28-05-60

ここから近いところにある
西宮浜の浜分署の雨量観測で
10分間に0.5ミリの雨量を記録していた。

14時05分を過ぎると
雨雲が通り過ぎ
雨雲レーダー Screenshot_2024-02-07-14-09-12-93

雨も上がり外に出てみると
青空も見えた。

万代前浜 雨上がり青空 Screenshot_2024-02-07-14-09-46-45

目的地は、雨宿りをしていた
万代前浜店から徒歩5分ほどで行けそうな
ところにある西波止町の住吉神社である。

今まで一度も行ったことがなくどんなところだろうと
思って行こうと考えた。
ただ、次の雨雲が北の方から南下しているのが
雨雲レーダーからうかがえ
すぐに戻って往復して、また
万代の前浜店に入り、そこのイートインコーナーで
雨宿りをしようと考えた。

そして、西波止町の住吉神社に行き

住吉神社の鳥居と西宮大橋 Screenshot_2024-02-07-14-29-31-15
住吉神社の鳥居と西宮大橋

すぐに神社を出て、
往復30分ぐらい
万代の前浜店に入り、そこのイートインコーナーに
入ると次の雨雲が来て雨が少々傘を差すほどでもないが
降ってきた。

その後、雨が上がり違う場所に向かった。

この日、予想外の雨が降ったが、
ポケットの中に、折り畳みのエコバッグを入れていたり
老眼鏡という小道具を持っていたことで
雨宿り先で遭遇した本を買って持って帰ることができたり
雨宿りの時間つぶしをすることができた。

また、いつも持ち歩くバックは本を多く入れていて、
出し入れが面倒くさいのでそのままにしており
長距離歩く時は持っていかないようにしている。

今回、折り畳みのエコバッグを急遽使うことをしてからは
長距離歩くときも、この軽いエコバックに軽い本を入れて
持ち歩くことができるなと気づいたのであった。

折り畳みのエコバッグ Screenshot_2024-02-07-18-17-57-44
折り畳みのエコバッグ

折り畳みのエコバッグを広げて物理学理論と理論と法則 Screenshot_2024-02-07-18-15-49-96
折り畳みのエコバッグを広げて
物理学理論と理論と法則の本を入れることが
できた



ポケットに入るような小道具を持っていることは
予想外の出来事による別の選択肢の行動を快適にしたり
新たな方法に気付いたりすると思ったのであった。


雨雲レーダーは
国土交通省 川の防災情報より


言霊・楽習社(がくしゅうしゃ)ブログの目次ページ
https://kuwatea.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
語源や雑学などカテゴリーごとに分類して、当ブログの過去の各記事へのリンクページに誘っています。

テーマ:発想法・編集法 - ジャンル:学問・文化・芸術


同じ鉢に菊花とハロウインのお化けかぼちゃ・・・さんちか入り口の階段の秋を彩る和洋折衷

今日は、令和5年(2023年)10月24日 火曜日

昨日の朝、三宮駅に隣接する
神戸交通センタービルから
さんちかへの階段を降りると
階段の通路を分ける真ん中に
花がある鉢があり、
さんちか 階段 Screenshot_2023-10-23-06-30-32-07

その鉢に菊と思われる花があり、
そこには
かぼちゃをハロウインの
お化けかぼちゃにアレンジしていた。

さんちか 階段 菊とおばけかぼちゃ Screenshot_2023-10-23-06-30-22-60

菊とハロウインかぼちゃはともに
秋の季節を彩る
日本の国花である「菊」と
西洋由来のハロウインのお化けかぼちゃ
という和洋折衷でさんちかの階段を
彩っているのだなと思った。


言霊・楽習社(がくしゅうしゃ)ブログの発想法・編集法関連の記事の目次ページ
発想法・編集法関連の当ブログの過去の各記事へのリンクページに誘っています。

発想法・編集法の目次 その1

発想法・編集法の目次 その2


言霊・楽習社(がくしゅうしゃ)ブログの目次ページ
https://kuwatea.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
語源や雑学などカテゴリーごとに分類して、当ブログの過去の各記事へのリンクページに誘っています。

テーマ:発想法・編集法 - ジャンル:学問・文化・芸術


いつもあるものがないことで、違った選択肢を増える・・・月3~4回通う西宮ガーデンズの丸福珈琲店でいつも頼むものが品切れでなくて・・

今日は、令和5年(2023年)10月21日 土曜日


毎月、3~4回、金曜日に西宮ガーデンズの
丸福珈琲店に行くが、
その時、いつも
ミックストーストサンドとホットの薄めのミルクティを
頼むが、昨日(10月20日)、そこに行くと
紅茶の茶葉が在庫切れでないというとだった。

実は、私はコーヒーは苦手な方なので、
メニュー表にぱっと見えた、
クリームソーダでも頼もうかと思ったが、
ココアが目に入り、また、店内はやや暑さを
感じたので、アイスココアを頼んだ。

丸福アイスココア Screenshot_2023-10-20-18-39-17-65

アイスココアをおいしくいただいた。
いつもの頼むものがないことで、
いつもとは違うものを頼むことで
それの良さを感じ入ることができた。

私は、食べるものの選択がワンパターンに
なりがちだが、
いつもの丸福珈琲店利用において、
これからは、紅茶だけでなく
心理的にココアという選択肢が増えた感じである。

いつもあるものがないことで、
違った選択肢を増えるきっかけを得たのであった。



平成21年(2009年)7月8日の記事
丸福珈琲店の感じの良い接客から思ったこと・・・・・社会基盤としての感じの良いささやかな心遣い


言霊・楽習社(がくしゅうしゃ)ブログの発想法・編集法関連の記事の目次ページ
発想法・編集法関連の当ブログの過去の各記事へのリンクページに誘っています。

発想法・編集法の目次 その1

発想法・編集法の目次 その2

言霊・楽習社(がくしゅうしゃ)ブログの目次ページ
https://kuwatea.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
語源や雑学などカテゴリーごとに分類して、当ブログの過去の各記事へのリンクページに誘っています。

テーマ:発想法・編集法 - ジャンル:学問・文化・芸術