言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



生命が地上で生存可能になったのは、地球の奥深くの内部の「外核」という層の活動のお陰・・・生命を害する太陽風から命を守る地磁場発生の仕組み

地球上の地上には人類を含め
幾数多の種類の生物が存在している。

さて、地球上の生命誕生の歴史の中で、
地上に生命が存在できるようになったことと
地球の中心部にある外核と呼ばれる層が
深く関係しているとされている。
それはどういうことか?

その説明に入る前に、
どうして、生命が地上に存在できるように
なったのか?

生命は海の中で誕生したが、
ある理由により、地上に出てくることが
できなかった。

その理由とは、太陽から放出される
太陽風である。
太陽活動で放出される太陽風は、
ガンマ線、荷電粒子などの
非常に大きな放射線エネルギーが
あり、それを生命が直接被れば
生物を組織する物質の
化学結合の切断を起こし
大きな悪影響を与える。

そのような生命に甚大な悪影響を与える
太陽風
が地球誕生してから今から
27億年前までは、直接地球上の
地上に注がれていて、
生命が地上やまた太陽風が降り注ぐ
浅い海などには生命が存在することは
困難だった。

さて、27億年前に
地球に何かの出来事が発生したと
見られている。

それはその時に地球に磁場が発生したと
考えられていることである。

地球の北極と南極を両極とする磁場が
発生している。
フレミングの左手の法則というものがあるが、
中指、人差し指、親指をそれぞれ直角方向に立てて、
 中指=電流
 人差し指=磁場
とすれば、親指=力の向き(ローレンツ力)と
物理の時間で習ったと思うが、
その法則が地球の磁場と太陽風の関係に
かかわってくるのである。

さて、生命に悪影響を及ぼす
荷電粒子がある太陽風が地球に差し掛かった時、
北極と南極を両極とする地球の磁場により、
プラスの電荷は
磁界により右向きのローレンツ力を受け、
右に曲がり
マイナスの電荷は
磁界により左向きのローレンツ力を受け、
左に曲がり、地球の磁場の
磁力線と同じ軌跡で運動するようになり、
地球の表面に、生命に悪影響をおよぼす
太陽風が直撃しなくなった。
そうすることで、生命は浅い海で光合成などの
活動をして、やがて、地上にも現れることが
可能になったのだ。

さて、その地球の磁場を生み出しているのは
どうやら地球の中心部にある外核という層の
活動が原因らしい。

この外核では、鉄やニッケルが溶けた液体になっていて、
その溶けた物質が、地球の自転および、
お風呂のお湯の対流と同様に
高温の内核(外核よりのさらに地球中心部の層)によって熱せられて上へ、
上に行って冷やされると下へと移動する対流活動が発生する。
その動きが地球内部の磁力線を横切って運動すると、
電流が発生し、その電流が磁場をさらに強化する。
これを繰り返すことによって、地球全体に広がる
巨大な磁場が発生したと考えられている。

まあ、生命を太陽風から守る地磁気が作られたのは、
地球内部の外核の活動に由来していると考えられているのだ。

我々人類が、いかにして、生存できるようになってきたのか
その理由のひとつに地球内部の外核の活動という
地下の奥深い部分が関係していることに
存在条件に関係性のつながりの奥深さを思うのである。


スポンサーサイト

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術


台風18号が、東北地方日本海沖で再発達した理由は熱帯低気圧としての台風から温帯低気圧化していたから・・・熱帯低気圧と温帯低気圧の違いはエネルギー源にある

今日は、2017年(平成29年) 9月19日 火曜日

一昨日、私が住む兵庫県を通過した台風18号が
新潟県沖の日本海で明け方に台風中心気圧が980hPaまで
上昇して、中心付近の最大風速が25m毎秒にまで弱まり
風速が25m毎秒以上の暴風域が無くなったが、
予報では、「今後、再発達して、再び暴風域が出てくる」
ということで、台風の予報円に暴風警戒域も表示されていた。

台風進路 9月18日05時
2017年9月18日05時の台風位置と進路予報

そして、予報通り台風18号は再発達して、
中心気圧が975hPaに下がり、
中心付近の最大風速が30m毎秒となり、
風速が25m毎秒以上の暴風域が再び現れた。


台風進路 9月18日16時
2017年9月18日16時の台風位置と進路予報

台風の発達には海水温の高さが欠かせないが
どうして、海水温がそれほど高くもない東北地方の
日本海でどうして再発達することができたのか?

それは、熱帯低気圧としての台風が、
温帯低気圧に変化しようとしているからであった。

台風と温帯低気圧の違いについて
そのエネルギー源の違いなどについて
説明する。

まず台風から説明すると、
台風とは低気圧で言えば熱帯低気圧である。
熱帯低気圧のうち中心の
最大風速(10分間平均)がおよそ17m毎秒を
超えた熱帯低気圧を台風としている。

さて、その熱帯低気圧でもある台風のエネルギー源は
水蒸気の潜熱をエネルギーとしている。
熱帯低気圧が生まれる熱帯の高温の地域の海で
たくさんの水蒸気が発生する。
その水蒸気が上昇気流で上空高くあがった時、上空の温度が下がる
水蒸気が飽和して凝縮し水滴になるが、その時、水蒸気から
熱が放出される。これが潜熱である。
熱で暖められた大気は密度が小さくなるので
軽い大気になり、さらに上昇気流が強まり、熱帯低気圧が発達して
台風と呼ばれる状態になっていく。

台風が北上すれば、北からの
比較的水蒸気が少ない寒気が混じってくるので、
水蒸気からの潜熱の放出が弱まり、台風が衰弱していく。
やがて、北上するにつれて、熱帯低気圧としての台風は、
もともと台風が南から運んできた暖気と
北からの寒気が入り混じって、
水蒸気の潜熱ではなく、
大気の密度が高い(重たい空気)寒気と
大気の密度が低い(軽い空気)暖気の落差によって生じる
重力による位置エネルギーがエネルギー源となる
温帯低気圧に変化していく。
その落差が大きいほど、
重たい空気である寒気が下降していく時の
位置エネルギーが
運動エネルギーに変化するエネルギーが
大きくなり、温帯低気圧は発達する。

さて、今回の台風18号が
東北地方の日本海沖発達したのは
この台風から温帯低気圧に変化していく過程で
再発達したのだ。

いったん、台風の中心風速が
25m毎秒にまで弱まったが、
北から冷たい空気が流れ込むことによって、
水蒸気の潜熱ではなく、
大気の密度が高い(重たい空気)寒気と
大気の密度が低い(軽い空気)暖気の落差によって生じる
重力による位置エネルギーが高まり、
台風の中心風速が30m毎秒となり、
風速が25m毎秒以上の暴風域が再び現れたのだ。

台風18号が温帯低気圧化していることが
気象衛星の画像からもうかがえる。
台風の中心から進行方向の北側に雲が集中して、
南側に雲がないことである。

熱帯低気圧としての台風は
温帯低気圧化が進行すると、
雨雲は進行方向に集中するようになり、
台風中心から進行方向とは反対の
後方側には、乾燥した冷気
が入り込むことにる晴れ間(ドライスロット)が
広がる。

まさに気象衛星の画像を見ると、
その通りになっている。

気象衛星 201709181600-00
2017年9月18日16時の気象衛星

天気図からも台風の気圧の等圧線の南東方向に
寒冷前線と温暖前線が現れている。


天気図 17091818
2017年9月18日18時の天気図

温帯低気圧化しつつあると言っても、
もともと台風として、たくさんの
大気の密度が低い(軽い空気)暖気があるので、
大気の密度が高い(重たい空気)寒気が流れ込んでくると、
台風の状態でありながら、
温帯低気圧的に(重たい空気)寒気と(重たい空気)寒気と
大気の密度が低い(軽い空気)暖気の落差によって生じる
重力による位置エネルギーが高くなることで、
再び発達してしまうのである。

ちなみに、同じ中心風速が30m毎秒であっても
台風より温帯低気圧の方が
暴風域や強風域が広くなる傾向がある。


台風18号は昨日の21時に
熱帯低気圧から完全に
温暖低気圧になり、
天気図では、その温暖低気圧の中心に
温暖前線と寒冷前線とが重なった閉塞前線が
つながっている。

天気図 17091821
2017年9月18日21時の天気図

その時点での中心気圧が976hPaなので、
中心付近の中心付近の最大風速が30m毎秒程度と
見られるので、
エネルギー源が完全に水蒸気の潜熱から
位置エネルギーになっただけで、
温暖低気圧になったからといって
勢力が弱まったわけでないのである。

画像は気象庁より

このブログ内の関連記事

2013年(平成25年)9月18日の記事
台風育ちの爆弾低気圧・・・台風18号から変わった温帯低気圧が、台風の時よりも発達した理由

2014年(平成26年)10月14日の記事
台風19号、温帯低気圧化しながらの秋の台風は吹き返しの風が強い・・・ネットが発達して家にいながら最新の気象情報をすぐ見ることができてすごいなあ

2017年(平成29年)9月18日の記事
台風接近で気象データとにらめっこ・・・台風18号が兵庫県に上陸する直前のころの私が住む兵庫県西宮市などの気象データを見てみると


テーマ:気象 - ジャンル:学問・文化・芸術


台風接近で気象データとにらめっこ・・・台風18号が兵庫県に上陸する直前のころの私が住む兵庫県西宮市などの気象データを見てみると

今日は、2017年(平成29年) 9月18日 月曜日

昨日、私が住む兵庫県西宮市に
台風18号が近づき、
気象庁の気象関係のデータ更新をにらめっこする
時間を過ごした。

特に5分後とに更新される
気象レーダーを随時更新しつづけた。
台風の雨雲が中国・四国地方を通過
している時、赤く表示される強い雨雲が
近づきつつあったので、これは
兵庫県付近を通過する時は
強くふるなあと思っていた。


21時の近畿地方の気象レーダーを見ると、
台風の中心が淡路島西方海上にあるなあ
あと1時間ほどすれば、神戸市以西に
上陸かな
これから阪神間にある西宮市が
大雨になってくるだろうと思った。

気象レーダー 201709172100-00

その後、21時の風速・風向のデータをみたら、
やはり台風の中心が淡路島西方海上にあるのが
わかった。
(台風中心に赤丸を追記)


風 201709172100-00

西宮市の雨量情報システムのページを見ると、
21時32分更新で
西宮市内および周辺の10分雨量がかなり
強いということを示す赤色のマークだらけになった。

西宮市雨量 2017年9月17日21時32分更新

西宮市役所では、21時30分までの10分雨量が
15.5ミリと1時間換算で93ミリのペースであった。
21時20分の気象レーダーを見れば、
西宮市を含む阪神間は強い雨雲に覆われているのが
うかがえる。

気象レーダー 201709172120-00


西宮市役所での雨はその後やや弱まったが、
実際に21時から22時の1時間で42ミリの
大雨を観測した。
ちなみに西宮市の気象庁のアメダス観測地点では、
同じ時間で49ミリの大雨を観測した。

そして、台風は私の予想通り
22時に神戸市の西にある明石市に上陸したが、
台風の強い雨雲は台風の北側と進行方向の東側に
あったので、もう西宮市では雨のピークは過ぎていた。
そのころには、台風の時速は45kmと加速していたので、
大雨の時間は1時間で済んだ。
これがゆっくり動きだったり、
同じところに次々と強い積乱雲が発生して
継続的に流れ込む「線状降水帯」に覆われると
災害が発生する可能性が高まるが、
1時間でピークが過ぎ去ったので、
西宮市の多くの方々にとっては
水不足にならないための恵みの雨になったことだろう。


テーマ:気象 - ジャンル:学問・文化・芸術


目次(当ブログ各記事に誘うための目次専用ページです)

当ブログは、2005年11月2日から
10年間毎日記事をアップし、
2015年11月2日以降は週1回プラスαで
アップしていて、ページ数が3800ページ以上に
なっています。

過去記事でどのような記事があるか
アクセスしやすいように当ブログの目次専用ページを
別ブログで作成進行中です。

言霊・楽習社(がくしゅうしゃ)のブログの目次ページ編集
https://blogs.yahoo.co.jp/kuwadong


で、目次専用ページに移行します。
当ブログは「FC2」ですが、
目次専用ブログは「Yahoo」で、
画面デザインが次のように変わります。

目次ページ画面

また、
「目次トップ カテゴリー 一覧」
https://blogs.yahoo.co.jp/kuwadong/64865881.html


には、各カテゴリーの目次ページへのリンクがあります。
中には、さらにサブカテゴリーの目次ページに移動する
必要があるカテゴリーがあります。

目次トップページ

例えば、「語源・名前の由来」をクリックすれば、
さらにサブカテゴリーで
四季の語源・月名の語源、50音別の各語源のカテゴリーに
移動するリンクがあります。

そのサブカテゴリー「あ行」のページに移動すると、
各記事のタイトルの一覧があり、
タイトルをクリック(タップ)すれば、
その記事を閲覧できます。
各記事はまた、「FC2」のページになります。

目次 あ行


目次は現代作成進行中で、
現在は、「語源・名前の由来」の全記事は目次ページに
掲載されてますが、
まだ目次ページに掲載していないカテゴリーや、
掲載されているカテゴリーであっても全記事を
掲載できていないので、随時、掲載作業をして更新していきます。
目次専用ページは、

新たに「目次」
というカテゴリーを設けて、カテゴリーのトップに配置しますので、
「目次」のカテゴリーをクリックしていただければ、
すぐに目次専用ページを閲覧できるようにしておきます。
スマートフォンページで、次の画像の赤丸
タップしていただければ、「カテゴリー」の一覧が示され、そのトップに
「目次」のカテゴリーが配置されています。

言霊 スマホ 画像 カテゴリー

また、各カテゴリーやサブカテゴリーの目次ページの
一覧を以下に掲載しています。
ご興味あれば、各カテゴリーからお進みしていただければと
思います。


語源・名前の由来 四季・月名 あ行~ら行まで 
 http://blogs.yahoo.co.jp/kuwadong/64865866.html

 
 語源・名前の由来 四季の語源
  http://blogs.yahoo.co.jp/kuwadong/64865725.html


語源・名前の由来 月名の語源
http://blogs.yahoo.co.jp/kuwadong/64874432.html


語源・名前の由来 あ行
http://blogs.yahoo.co.jp/kuwadong/64875555.html


語源・名前の由来 か行
https://blogs.yahoo.co.jp/kuwadong/64974118.html

語源・名前の由来 さ行
https://blogs.yahoo.co.jp/kuwadong/64974132.html


語源・名前の由来 た行
https://blogs.yahoo.co.jp/kuwadong/64974143.html


語源・名前の由来 な行
https://blogs.yahoo.co.jp/kuwadong/64974153.html


語源・名前の由来 は行
https://blogs.yahoo.co.jp/kuwadong/64974163.html

語源・名前の由来 ま行
https://blogs.yahoo.co.jp/kuwadong/64974178.html

語源・名前の由来 や行
https://blogs.yahoo.co.jp/kuwadong/64974183.html

語源・名前の由来 ら行
https://blogs.yahoo.co.jp/kuwadong/64974212.html

語源・名前の由来 わ行
https://blogs.yahoo.co.jp/kuwadong/64974220.html




言葉にまつわるおはなし
https://blogs.yahoo.co.jp/kuwadong/65131687.html

花ことば
https://blogs.yahoo.co.jp/kuwadong/65131695.html


名言・格言・心に残る言葉
https://blogs.yahoo.co.jp/kuwadong/65131705.html


哲学・思想・人生観・世界観
https://blogs.yahoo.co.jp/kuwadong/65131713.html




テーマ:雑記 - ジャンル:学問・文化・芸術


斉藤由貴さんの浮気相手の女性パンツかぶり写真を故意に流出させた者には絶対に法的制裁すべし・・マスコミの不倫報道で家庭を崩壊させ、他者の不幸をメシのタネにするのは社会的有害としか思えない

今日は、2017年(平成29年) 9月13日 水曜日

斉藤由貴さんの浮気相手の男性医師が
斉藤由貴さんの下着を頭にかぶっていると思われる写真が
写真週刊誌に掲載されたようだが、
TV報道の内容で、正直、面白くて、
その時、楽しかったんだろうなあと思うが、
一方で、私は、この写真の流出がおそらく
この当事者以外が故意に流出させた可能性があり、
そうであるならば、
故意に流出させたものに法的制裁を科さないといけないと
思った。

斉藤由貴さんかまたは交際相手の男性医師の
スマートフォンなどから画像を持ち出した場合は、
不正アクセス禁止法違反の可能性があり、
また、下着に頭をかぶっている写真という
人にはあまり見せたくない写真を流出され、
その当事者に対する名誉毀損の可能性があると
専門家は指摘している。

斉藤由貴さんの不倫の問題は
当事者やその親類だけの問題に過ぎず、
その写真を第三者が故意に流出させる
正当性は全く無い。

そして、当事者間の問題に過ぎない
不倫のことがらを写真週刊誌やマスコミが
報道することに社会的公益性はあるとは
全く思えない。

結果的に、不倫を暴露させることで、
当事者間の家庭を壊すことになりかねず、
もし、不倫が当事者以外に発覚しなかった場合、
家庭崩壊につながったりしない。
また、不倫の当事者の責任ではあるが、
だからと言って、不倫当事者の家庭を壊すことに
つながるようなことに倫理的な問題はないのだろうか?
不倫が発覚すれば当事者家族間での問題解決となるが、
写真週刊誌やマスコミは、当事者の家族をフォローしたり
助けたりすることは全くしない。

写真週刊誌やマスコミは
ただ不倫を暴露する報道をするだけで
その家庭を壊すだけ壊して
何が楽しいのだろうか、何の価値があるのだろうか?
ただ、不幸になる人を増やすだけで
不倫報道は社会的有害だと個人的に思う。
まあ、それを法的に規制するのは
表現の自由の憲法にかかわることなので、
出来ない可能性が高いと思うが、
ただ、不幸になる人が増えるだけの
不倫報道は社会的に無価値かつ、有害報道だと
思う。

他人の家庭を崩壊するような不倫報道をしまくって
いる日本のマスコミはクソだと思う。

まさに
 マスゴミだ!


このブログ内の関連記事

政治家・芸能人などの不倫報道をマスコミが大きく報道する意義はあるのだろうか?・・ベッキー騒動以降増える不倫報道、ちなみにフランスの大統領の愛人報道についてフランス人の反応は大人の反応を示している

有名人のプライベートな不倫をマスコミと世間がバッシングするが、配偶者の浮気容認の夫婦もあり、夫婦のあり方は多様である。現在の未婚男の私は、もし結婚しても、妻の浮気は条件付きで容認する考えである

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済