FC2ブログ
言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを
随時更新中です。

http://kuwadong.livedoor.blog/
archives/6130733.html



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



47日ぶりと53日ぶり・・・IMPのスタバとガーデンズの丸福

今日は、令和2年(2020年)5月 27日 水曜日

出勤前に通う松下IMPビルにあるスターバックスについて
先日の5月19日の記事

緊急事態宣言が続くなか、41日ぶりにスターバックス松下IMPビル店に行き、久々に顔なじみの店員さんと会話した 

にて、

5月19日に、スターバックス松下IMPビル店で、テイクアウトのみで
再開して、41日ぶりに通ったことについて書いたが、
先週に大阪府の緊急事態宣言が解除されたことを受けて、

一昨日の5月25日から店内での飲食も再開され、
47日ぶりに、スターバックス松下IMPビル店内で
飲食をした。

4月7日以前と同じく
イングリッシュブレックファーストティラテと
アメリカンワッフルを頼んだ。

ただ、イングリッシュブレックファーストティラテは
現在もマグカップでの提供はできず紙コップでの提供である。
久々に、出勤前にスタバの店内でゆったり飲食ができて良かった。


そして、昨日、西宮ガーデンズにある丸福珈琲店は
4月8日から当面の間、休業していたが、兵庫県で緊急事態宣言が解除
されたことを受けて 先週から19時までの営業で再開されて
本日、久々に通った。
前回、西宮ガーデンズの丸福珈琲店通ったのは4月3日(金)なので53日ぶりである。

この時は21時までの営業をしていて、仕事が終わって19時過ぎから20時29分まで
過ごしていた。
さらに、1週間後の4月10日(金)の19時にいつもの席で
予約をしていたが、緊急事態宣言発出を受け4月8日から全面休業となり、
その前日の4月7日に私の電話に、4月8日から休業になるので
4月10日はできなくなった旨の連絡が、いつも応対してくれている
大学生のアルバイトの女性店員さんからあった。

先週から西宮ガーデンズ営業再開を受けて、
先週の土曜日の18時50分ごろ丸福珈琲店に電話をかけて、
5月26日(火)18時からいつもの席での予約を入れた。

そして、昨日の17時過ぎに、4月3日以来
西宮ガーデンズに行く。ガーデンズ内をぐるぐる少し歩いて
ユニクロに入ろうとしたら、体温検査をされた。

ユニクロでは何も買わずに出て、3階のウエルカムガーデンの
個別ソファーで時間をつぶして、18時前に
丸福珈琲店に入った。

応対に来てくれた女性の店員さんに

「お久しぶりです。53日ぶりですわ」

と言うと

「お久しぶりです」と笑顔で応じてくれた。

ミックストーストサンドとミルクティを頼んだ。

先に、ミックストーストサンドを食べ、
その後、ミルクティを運んできてくれたが、
その時に運んできてくれた別の女性の店員さんにも

「お久しぶりです」と言うと

「あっ、お久しぶりです」

と言葉を交わすと、その女性の方は、
現在、大学2回生の方で、
私の母校の大学に通っている。

現在は、オンライン授業で、2回生になって
まだ1回も上ヶ原のキャンパスには行っていないとのこと。

19時前に、清算をすまして、ガーデンズ内を歩くと
19時閉店なので、閉店の音楽が流れていた。



スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


NEWSの手越祐也氏への活動停止処分に大反対である、自粛要請とはあくまで「お願い」であり、従わない自由もある、専門家にも自粛要請に疑問も声があり、ちなみに、私は自粛要請に応じず、自由意志で、家で過ごしていた

今日は、令和2年(2020年)5月 26日 火 曜日

NEWSの手越祐也氏が、緊急事態宣言中に、飲酒の外出を2回したことで、
ジャニーズ事務所が活動停止処分にしたが、私は大反対である。

日本の多くの方々は、自粛要請そのもののは何かということをお忘れではないか?

政府や自治体から呼びかけされる「自粛要請」はあくまで、行政から国民に対する
「お願い」であり、「お願い」なので、その要請に応じるか、応じないかは
国民ひとりひとりの自由意志に基づくものである。

自粛に応じるか否かは自由であり、不要不急を外出することは禁止されていないのである。

それなのに、そんな自粛要請に従わなかった少数者を
まるで非国民の如く、また、犯罪者でごとくバッシングして吊るしあげ、
沖縄に行った芸能人に謝罪をさせ、あげくのあてには、手越祐也氏のように仕事をする自由を奪う
というはおかしいと思う。

大多数の国民は手越祐也氏に批判的な意見が多いだろうが
特にマスコミで、私のような少数意見を全く紹介しない
または、言えない空気は危ういものを感じる。

私は、あくまで、「自粛要請」なので、居酒屋などで
自粛要請があっても、

ろくな補償もないにの自粛なんてやってられるか!

と、営業を続行するところがあっても良かったと思う。

そうでもないと、
廃業リスクを感じながら事業者が自粛要請に従ってもらうことが
当たり前に思い、政府の甘えを生みだすものだと思う。

また、自粛要請に応じるのが当たり前という空気で危うさを感じるのは
それに対する異論を言いにくくすることである。

この緊急事態宣言や一律の自粛要請に疑問を抱く
医療ガバナンスの専門家がいる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
緊急事態宣言の是非「全く不要だった可能性」指摘も 専門家の見解分かれる
(AERA 2020年5月20日 14時00分)


「緊急事態宣言は全く不要だった可能性がある」と話すのは、医療ガバナンス研究所理事長で内科医の上昌広医師だ。

「東京の超過死亡数を見ると、感染は2~3月にピークを迎えていた可能性があります」

(中略)

また、緊急事態の名のもとに一律の行動自粛を求めたのも不合理だという。

「日本の死者の多くは院内感染と高齢者施設で発生した患者です。本来はやむを得ず制限が必要な“ネガティブ・リスト”をつくるべきなのに、今回はすべてを止めてしまった。必要なのはリスクの高いコミュニティーを見つけること、そして別のコミュニティーとのハブになる人を抑え込むことです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とある。本当に緊急事態宣言が必要だったのか?という意見は少数だが
検討するべきではないか?なぜなら、自粛要請で戦後最大の大不況を招き
経済的苦境で生活苦に陥り、なかには犯罪に走ってしまったり、
自殺を選ぶ方々が出ているからだ。

本当に、緊急事態宣言が必要なければ、沖縄に行った芸能人がバッシングされ、
NEWSの手越祐也氏が活動停止処分することへの妥当性の疑義も出てくる。

ちなみに、緊急事態宣言期間中、私は
「自粛せずに家にいた」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
当ブログの4月8日にアップした記事
緊急事態宣言、人との接触8割減要請・・・おう、わい(私)の他人から誘われない孤独死一直線の人生のいいもんだなあで、

私は人付き合いがなく、仕事以外ではほぼ人との接触はなく、
日常的に、プライベートで他人から誘われることがない
孤独死一直線の人生を過ごしているが、
このような人生は感染症リスクを低下させるメリットが
あるのだなあと思った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と書いたが、このようなこともあり、どこかに出かける必要性は生じることはなく、
また、ワーキングプアでカネがないので、どこかに行こうという気に全くならず
家の中でひとり過ごすことに慣れているので、
私は、行政からの自粛要請に応じることはなく、
いつも通りの自由意志として、家で過ごしていた。
まあ、時々、近所の飲食店にはおなかを満たすためにでかけたりは
していたが。


テーマ:コロナウイルス感染症 - ジャンル:ニュース


サツキの合間に花咲く紫露草(ムラサキツユクサ)も今年も見られ・・・・3年前に気付いて以来、毎年、同じ場所で花を咲かせ

今日は、令和2年(2020年)5月 24日  日曜日

西宮市の自宅近くにある大阪ガス今津事務所前の
ツツジ科のサツキのある植え込みに、
令和2年の今年も
コロナ渦の世間とは無関係に
ひとつだけ、青紫色の花を咲かす紫露草(ムラサキツユクサ)が
生えているのが見えた。

私はこの場所での紫露草の存在に気付いたのは
3年前である。
ふと、サツキの合間から高く上に茎が伸びる
紫露草がある様子に興味を抱いた。


ムラサキツユクサ 20170514_074959
平成29年5月14日撮影


ここはいずれ剪定作業がなされ、
紫露草の茎は切られて、サツキの合間に隠れて見えてしまうだが、
いつも4月末から5月ごろになると


ムラサキツユクサ
平成30年4月29日撮影


紫露草(ムラサキツユクサ) 令和元年 全体
令和元年5月19日撮影


と、毎年、サツキの合間から高く上に茎が伸びる先に花を咲かす
紫露草の姿が見え、そして、今年の5月もそうであった。


紫露草(ムラサキツユクサ) 令和2年
令和2年5月17日撮影

先週の日曜日の昼間に撮影したものだが、
本日、未明に大阪ガス今津事務所前のコインランドリーに
行ったときに、サツキの合間から花がしぼんだ状態に
なっていた。
紫露草はつ一つの花は1日でしぼむ1日花であるが、
5月から7月に毎日次々と花を咲かせていく。


このブログ内の関連記事

平成29年(2017年) 5月15日 の記事
紫露草(ムラサキツユクサ)の花言葉の「尊敬しているが恋愛ではない」の由来は・・・西宮の自宅近所にて、輝く雫が映える細長い葉の中に咲く青紫の花が見えて


平成30年(2018年)4月29日 の記事
ツツジ花壇の中に1本の茎を細長く伸ばして花を咲かせる紫露草(ムラサキツユクサ)・・・・昨年、同じ場所で花を咲かせた後、茎が切られて姿が見えなくなっていたが・・・

令和元年(2019年) 5月19日 の記事
令和元年の今年も、一昨年、昨年に続き、サツキの植え込みの中に伸びて咲く紫露草(ムラサキツユクサ)が見え・・・・そもそも紫露草の種がこの場所にどうやって着地したのだろう?

テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


緊急事態宣言が続くなか、41日ぶりにスターバックス松下IMPビル店に行き、久々に顔なじみの店員さんと会話した

今日は、令和2年(2020年)5月 19日  火曜日

現在、職場は大阪市の京橋の近くにあるが、
出勤前に、松下IMPビルにあるスターバックスに
通ってきたが、緊急事態宣言発出の直後から
スターバックスは営業休止になった。

しばらくは、近くのマクドナルドで過ごしていたが
やがて、マクドナルドはテイクアウトのみになり、
そこからは、
松下IMPビルにあるスターバックスの前にある
ミスタードーナツで過ごしていたが、
今朝7時15分過ぎ、松下IMPビルの
ミスタードーナツの前に行き、7時30分の開店を待とうと
していたら、スターバックス内で人が動いていた。

スターバックス松下IMPビル店の顔なじみのある
女性店員2名がいた。

私はスターバックスの方にいくと、
開店準備をしている顔なじみの店員さん1名が出てきて、

「お久しぶりです。お元気してましたか。
テイクアウトのみで営業になりまして」

という主旨のことを私に言ってきた。

私も久々になじみのある店員さんに会えて
嬉しく思った。

ただ、テイクアウトのみということなので、
ミスタードーナツに行くことにした。

ミスタードーナツ前で開店を待ちつつ
スターバックスの方を見ると、
もうひとり顔なじみの女性の店員さんが出てきて、

お互い、「ああ、お久しぶり」という感じで、
お互いに歩み寄って
いろいろ会話をした。

私は、スターバックスでは、いつも同じメニューを頼んでいたが、
ミスタードーナッツでも、いつも同じメニューを頼んでいるので、
ミスドの店員さんも私が並んでいると、私の頼みものがわかっているので
準備して待ってると言うと、
そのスターバックスの店員さんは、ミスドでも同じようなことになっている
私の状態を笑っていた。

ミスタードーナツが開店後、いったんミスタードーナッツで食事をして
その後、ミスタードーナッツを出て、前のスターバックスに行き、

いつもの顔なじみの店員さんから
「本来、休業のころに出す予定だった新商品があったりして」と
私は、「もちもち5種のチーズブレット」を買った。

前回最後に、スターバックス松下IMPビル店を訪れたのが
今年の4月7日(火)、41日ぶりに
スターバックス松下IMPビル店に通えた。

しばらく、スターバックス松下IMPビル店はテイクアウトのようだが、
今週にも、大阪府の緊急事態宣言が解除される可能性があり、
そうなれば、店内で飲食できるようになるかもしれない。


このブログ内の関連記事

令和元年(2019年)10月 7日の記事
お客さんを大切にしてくれる店員さん・・・スタバイオン京橋店が閉店になり、近くの松下IMP店に通い始めたのだが

テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


コロナ危機の中、満47歳の日を迎えたがいつもと変わらず、このようにブログをアップ・・・過去に書いた記事に「拍手」がなされると嬉しく思う

今日は、令和2年(2020年)5月 16日  土曜日

本日、私はお陰様で、満47歳になった。
まあ、今年の私の生の記念日は、
新型コロナウイルス感染拡大で
世界が第2次世界大戦後最大の危機とか、
1930年代の世界大恐慌以来の大不況になると
言われるような状況で迎えることになったが、
私個人は、あまり、いつもと変わらない。

まあ、仕事があり、
ひとり暮らしで、いつもひとりでいることが
多いので、変わらない。

そのようななか、平成17年(2005年)11月2日から
始めているこのブログをこのようにアップしたりしている。

このブログを10年以上も続けていると、
10年以上前にアップした記事に「拍手」ボタンが押されたりすることがある。

2日前に、10年前ではないが、2年前の2月28日にアップした
次の記事
ある仕事が合わないと思い1年しないうちに退職して、転職したら20年以上続いたという事例を聞き・・・辞めずにとりあえず3年続けるべきという考えもありますが
に、拍手がされていた。

この記事は、ラジオで耳にした投稿内容を書いたものだが、
それが2年以上経ったとき、その拍手された方の何か良い示唆になる
きっかけになったかもしれないことを思うと嬉しく思う。

そんなことを満47歳の日を迎えるにあたり思った。


テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術