言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



中島みゆきの名曲「糸」の歌詞から、「みずから(自ら)」の意図と自然の「おのずから(自ずから)」の作用が織り成す人生を思う・・「結婚することになりました」という表現が意味するもの

今日は、2017年(平成29年) 3月19日 日曜日

中島みゆきが作詞・作曲した曲で
「糸」という曲がある。

1番の歌詞で

なぜ めぐり逢うのかを
私たちは なにも知らない
いつ めぐり逢うのかを
私たちは いつも知らない
どこにいたの 生きてきたの
遠い空の下 ふたつの物語

縦の糸はあなた 横の糸は私
織りなす布は いつか誰かを
暖めうるかもしれない

とある。この歌詞から
ふと、竹内整一の著書

やまと言葉で哲学する
 ~「おのずから」と「みずから」のあわいで~

と思い出した。

日本人が結婚報告する場合の表現で

「結婚します」と言うよりも

「結婚することになりました」

と「~なりました」

と、自分の意図以外の作用が働いて、
そうなったような意味を含むような表現をする。

みずから(自ら)の意図や努力をしながらも
みずからの(自ら)の作用以外の
自然のおのずから(自ずから)の作用が働きにより、
意図したことが達成できなかったり、できたりする。

自らの意図以外の自然の作用が働いくという感性・世界観が
「結婚することになりました」

という「~なりました」に表現されているようである。

そのようなことを
中島みゆきの「糸」の歌詞の

♪~なぜ めぐり逢うのかを
私たちは なにも知らない
いつ めぐり逢うのかを
私たちは いつも知らない~♪

という部分から、自らの意図を超える
自然のおのずからの作用が働き、
出逢いが生じ、結ばれたりするということが
重なるのである。

みずから(自ら)の意図(糸)と
自然のおのずからの(自ずから)の作用という糸が
結び合って、人生のその時々の出来事が
織り成されていると思うのである。

中島みゆき「糸」
https://www.youtube.com/watch?v=haubodw4lVg


このブログ内の関連記事

このブログ内の関連記事

「出会い」と「出逢い」

スマホゲームのガチャ課金に表現される日本社会の伝統思考である「偶然性の受容」




スポンサーサイト

テーマ:哲学/思想 - ジャンル:学問・文化・芸術


卒業式の定番曲「蛍の光」は、和洋中折衷の歌である。

今日は、2017年(平成29年) 3月12日 日曜日

卒業式の定番曲になっている「蛍の光」
もともと、イギリスのスコットランドの民謡である
Auld Lang Syne (オールド・ラング・ザイン)という曲に
東京師範学校教員であった稲垣千穎(いながき ちかい)が
文部省所属の音楽教育機関である音楽取調掛として、
作詞したとされる。

ほたるのひかり、まどのゆき、
ふみよむつきひ、かさねつゝ、
いつしかとしも、すぎのとを、
あけてぞけさは、わかれゆく。


歌詞の形式は、平安時代から続く
七五調四節の今様の形式となっている。

さて、1番の歌詞を漢字交じりで見ると

蛍の光、窓の雪、
書読む月日、重ねつゝ、
何時しか年も、すぎの戸を、
開けてぞ今朝は、別れ行く


という内容であるが、
曲名と歌詞の内容は、
悪条件の環境の中でも一途の学問を成し遂げたことを
意味する中国の故事「蛍雪の功」に由来する。

蛍雪の功の由来する人物は2名いる。

一人目は、4世紀ごろの中国の東晋末期の政治家であった
車胤(しゃ いん)。
彼の家は貧しく、灯りをともすための油も欠き、
夏の夜に袋に数十匹の蛍を集め、その光で書物を照らして
勉学に励んだと言われる。

もう一人は、車胤と同時代ごろに活躍した官僚であった
孫康(そん こう)。
彼の家も貧しく、灯りをともすための油も欠き、
冬には、窓から注ぐ
積雪が反射する月光で書物を読んだとされる。

そのような、蛍雪の功の逸話に沿った内容の
今様形式の歌詞には、
「掛詞」と「係り結び」がある。

何時しか年も、すぎの戸を
開けてぞ今朝は

の「すぎ」には

「年が過ぎる」と
「杉の戸」が掛詞となっている。

また、「開けて」には

「杉の戸を開ける」と
「年が明ける」が掛詞となっている。

そして、

開けてぞ今朝は、別れ行く

には、係り結びの文法になっている。

「開けてぞ」

の「ぞ」が「別れ行く」の
「行く」を連体形にして、
何か強い決意を表したような
強調する係り結びになっている。

さて、「蛍の光」の原曲は
イギリスのスコットランド民謡の
Auld Lang Syne (オールド・ラング・ザイン)という
作曲者が不明の「遠い昔」という意味の曲名の曲であるが、
18世紀には、スコットランドの詩人であった
ロバート・バーンズが
懐かしき旧友との再会を祝杯する内容の歌詞を付けた。
この曲は、スコットランドでは準国歌扱いされているという。

卒業式の定番曲になっている「蛍の光」は
スコットランドという「西洋」由来のメロディをベースに、
蛍雪の功という「中国」の故事をベースにした歌詞に、
そして、今様形式や掛詞や係り結びという「和」の要素という
「和洋中折衷」の曲だと言えるだろう。


平原綾香 「蛍の光」 「Auld Lang Syne」
https://www.youtube.com/watch?v=T_srayBoLko

テーマ:発想法・編集法 - ジャンル:学問・文化・芸術


♪~なんにもない なんにもないまったく なんにもない~♪・・・やつらの足音のバラード・・・地球誕生から人類登場の歴史の歌詞をムッシュかまやつがメロディに乗せて

今日は、2017年(平成29年) 3月 5日 日曜日

先日、ムッシュかまやつ/かまやつひろし氏が
78歳で永眠したというニュースを耳にした時、
私の脳内のJUKUBOXのストックから

♪~なんにもない なんにもない
 まったく なんにもない~♪

という歌詞の
アニメ・はじめ人間ギャートルズの
エンディングソングの

「やつらの足音のバラード」

のメロディが再生された。

やつらの足音のバラードを作曲したのは
ムッシュかまやつ氏である。

昭和48年(1973年)生まれの私が
はじめ人間ギャートルズをよく見ていたのは、
小学生の時の夏休みアニメ劇場であった。

そして、そのエンディングで流れる
この曲は、いいなあと感じて
聞き入っていた。

作詞は、はじめ人間ギャートルズの作者の
園山俊二である。

歌詞の内容は、
地球の誕生から生命の出現、
それぞれの生物の栄枯盛衰、
地球環境の変化と生物の変化と
人類の登場の歴史を象徴的な
表現で綴られている。


1番の歌詞の最後の

なんにもない 大地に ただ風が吹いてた

と、2番の歌詞の最初の

やがて大地に 草が生え 樹が生え

という部分は、
現在、宇宙の誕生から生命の誕生の歴史について
説明している本を読んでいて、
その中で、
DNAを破壊する
太陽からの強烈な紫外線により、
地上に生命がない時代から、
酸素の増加によって、紫外線のバリアとなる
オゾン層が形成され、地上に植物が登場する説明の
ところをちょうど読んでいる。

それを知って、

やつらの足音のバラード

の歌詞にふれると、
人類が生存できる自然環境の条件と
その形成の悠久の歴史を想起させてくれる。

はじめ人間ギャートルズの
エンディングを実際に歌っていたのは
ちの はじめ(若子内悦郎)である。

やつらの足音のバラードは、

小泉今日子、スガシカオ、平井堅らが
カバーしている。


「やつらの足音のバラード」

園山俊二作詞・かまやつひろし作曲

なんにもない なんにもない
まったく なんにもない
生まれた 生まれた 何が生まれた
星がひとつ 暗い宇宙に 生まれた
星には夜があり そして朝が訪れた
なんにもない 大地に ただ風が吹いてた

やがて大地に 草が生え 樹が生え
海には アンモナイトが 生まれた
雲が流れ 時が流れ 流れた
ブロントザウルスが 滅び
イグアノドンが 栄えた
なんにもない 大空に ただ雲が流れた

山が火を噴き 大地を 氷河が覆った
マンモスのからだを 長い毛が覆った
なんにもない 草原に かすかに
やつらの足音が聞こえた
地平線のかなたより マンモスの匂いとともに
やつらが やって来た
やって来た
やって来た



やつらの足音のバラード(かまやつひろし)
https://www.youtube.com/watch?v=kpTdeyHT5AY


Yatsura no Bara-DO (Suga Shikao)
https://www.youtube.com/watch?v=biErwZSGMyE








テーマ:今日の1曲 - ジャンル:音楽


壮大さと躍動感を感じるイントロがカッコいい!! Children of the New Century by TM NETWORK ・・・ミーム(文化遺伝子)として、20世紀のJ-POPが21世紀にも継がれれば 

今日は、2017年(平成29年) 2月26日 日曜日

今回、紹介したい曲は
TM NETWORKの
「Children of the New Century」である。

この曲は、昭和62年(1987年)11月11日に
発売されたTMの5枚目のアルバム「humansystem」の
オープニングソングである。

当時、中学2年生だった私が、
レンタルCD店で、「humansystem」を借りて、
早速、ステレオのプレイヤーで再生させたところ、
オープニングソングの「Children of the New Century」の
壮大さと躍動感を感じるイントロに

うぉぉぉ~かっこええ!!!!!!

とはまり込んでしまい、作曲とアレンジをした
小室哲哉の才能の凄さを感じた。

まあ、私としては、
この壮大さと躍動感を感じるイントロが
この曲を名曲にしている。

これが発売されて10年近く経ったころ
8歳年下の友人が、この曲について
どこかで聴いたようで、
「いいですよね」と共感しあったことを
思い出す。

この曲が2015年3月の横浜アリーナでの
TMのライブで演奏された時、参加していた方の
ブログに次のように書かれている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2曲目は「Children of the New Century」。
この曲が始まると場内はどよめきのような歓声に包まれた。
生で聴くのは初めてだったけど、
こんなにもライブ栄えする曲だとは思っていなかった。
イントロが壮大でとてもテンションが上がる。
あらためてこの曲のかっこよさに気付かされた。

PUBLIC IMAGE REPUBLIC さん
ライブレポート:TM NETWORK@横浜アリーナ2DAYS より

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この曲を作詞をしたのは
小室みつ子で、TMの曲の作詞をよくしていた。
(ちなみに、小室哲哉と苗字が同じだが、親戚関係ではない)

歌詞に

1988 君はここにいる
ひとりきり明日をみつめて
1999 君はどこにいる New age's comin' up


と、この曲が発表された翌年の1988年と
21世紀という新世紀が近づく1999年という
未来を思う歌詞となっている。

この曲のイントロの壮大さと躍動感は
将来に来る新世紀に向って力強く進んでいくような
イメージを想起させた。

20世紀の1987年の時、2001年からの
21世紀という新世紀はまだまだ先の未来のことだと
いう感じであった。

2017年の現在、もう21世紀が17年目に入ったが、
この曲が発表された1987年、
バブル経済という
日本経済の黄金絶頂期の階段を駆け上がっていた時、
21世紀になって17年経っても
日本経済が長い20年以上の衰退状態になるとは
そのとき、誰も思っていなかっただろう。

経済的に衰退しても、
20世紀に蓄積された日本のJ-POPなどの
文化資産が21世紀の次世代の方々に、
クラシックJ-POPという
ミーム(文化遺伝子)が聴き引き継がれ、、
新しい音楽文化を生み出す糧にしてもらえればと思った。

Children of the New Centuryの2015年3月
横浜アリーナのライブの動画のリンクを貼っておきます。
イントロの47秒あたりから、壮大なパートに入ります。
ちなみに、ギターの木根さんかっこいい!!

【TM NETWORK】Children of the New Century 2015【30TH FINAL】
https://www.youtube.com/watch?v=ZCf6jXIRKBY


テーマ:今日の1曲 - ジャンル:音楽


近畿地方、平成29年、4年ぶりに春一番を観測・・・春一番のニュースにふれるとあの名曲を聴きたくなる

今日は、2017年(平成29年) 2月21日 火曜日

私が住む近畿地方で、昨日、春一番が観測された。
平成19年(2007年)以降、
近畿地方で春一番が観測された時は、
当ブログで、それについての記事を書くが、
そのような記事を書くのは久々感がある。

そう、近畿地方で春一番が観測されるのは、
平成25年(2013年)3月18日以来である。

春一番の基準は、
10分間平均で風速8m/秒以上の風が吹き込み、
前日に比べて気温が上昇することを発生条件とする。

昨日の近畿地方の主な観測地点の最大瞬間風速

大阪・・・・16.7m 南南西(12時33分)
京都・・・・13.9m 南南西(14時14分)
奈良・・・・11.7m 南南西(13時47分)
和歌山・・・24.8m 南南西(13時05分)

というように南よりも強い風が吹いた。

ここ3年、他地方は春一番が観測されるのに
なぜか近畿地方では観測されないことが続いたが、
ようやく、近畿で春一番が観測された。

近畿地方の
1950年以降の気象庁による発表が始まってから
近畿地方の最も早い春一番は 1993年(平成 5年) 2月7日 日曜日
近畿地方の最も遅い春一番は 1969年(昭和44年)3月21日 金曜日

である。

春一番のニュースにふれると、ついこの名曲を鼻歌で
歌ってしまう。

春一番 キャンディーズ
https://www.youtube.com/watch?v=RTipNzw4CiI



春一番のリンク

春一番の語源と名曲「春一番」について
春一番~雪が解けて川になって流れて行きます

2014年3月23日の記事
近畿地方、今年(平成27年)も春一番吹かず・・・この5年のうち4回、春一番吹かず

2014年3月23日の記事
今年(2014年)、近畿地方では、春一番が吹かなかった・・・平成になって春一番が近畿で吹かなかったのは何回あるでしょう

2013年3月19日の記事
春一番が吹いた雨の日の月曜日に、カーペンターズのあの曲を耳にして

2012年3月31日の記事
昨日、近畿地方で、春分の日から10日遅れて、非公式の春一番が吹いた

2012年3月21日の記事
近畿地方、2012年の春、2年連続で春一番吹かず(平成になって3回目の2年連続なし)・・・ちなみに近畿地方の春一番が最も早い日と遅い日は・・・

2010年3月16日の記事
一昨日(3月15日)、近畿でやっと春一番が吹いた。過去10年では最も遅く・・・・ちなみに神戸の一昨日の最大瞬間風速の最高値は南風ではなかった。

2009年2月15日の記事(春一番が吹いた時の記事)
春一番が吹く日が早い年は気象災害に要注意!・・・・・ちなみに2月15日は「春一番名付けの日」

2007年2月15日(2007年の春一番が吹いた時について)
2月15日は「春一番名付けの日」だって ~春一番が早い年は大きな災害が発生するかもと「みなみ」さんが言ってました




テーマ:気象 - ジャンル:学問・文化・芸術