fc2ブログ
言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを
随時更新中です。

https://kuwatea.blog.fc2.com/blog-entry-1.html



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



目次(当ブログ各記事に誘うための目次専用ページです)

当ブログは、2005年11月2日から
10年間毎日記事をアップし、
2015年11月2日以降は週1回プラスαで
アップしていて、ページ数が4400ページ以上に
なっています。

過去記事でどのような記事があるか
アクセスしやすいように当ブログの目次専用ページを
FC2ブログの別ブログで作成進行中です。

言霊・楽習社(がくしゅうしゃ)ブログの目次ページ
https://kuwatea.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

で、目次専用のトップページに移行します。
そのページには
各記事の目次をカテゴリー分類したページのリンクがあり、

PC版
目次ページ 画面

スマホ版
目次ページ スマホ画面 Screenshot_2023-03-29-19-23-09-90

ページ内にある
以下の例のカテゴリーの文字をタップすると

ブログ挨拶&ブログ開設の目次

哲学・思想・人生観・世界観の目次 その1

語源・名前の由来 四季と月名の語源の目次

語源・名前の由来 あ行の目次 (「あ行の単語の語源)

それぞれのカテゴリー内には
そのカテゴリーに属する記事タイトルがあり
その記事タイトルとクリックすれば、その記事のページを
閲覧できるようにしています。

例えば、「語源・名前の由来 あ行の目次」をクリックすれば、
あ行の単語の語源の記事の一覧があり、

語源・名前の由来 あ行の目次

例えば、
相棒 ~ 語源はある人力乗り物に由来・・・・相棒とエッサホイサ
をタップすれば、

相棒の語源を説明する記事に到着します。

目次は現代作成進行中で、

まだ目次ページに掲載していないカテゴリーや、
掲載されているカテゴリーであっても全記事を
掲載できていないので、随時、掲載作業をして更新していきます。
目次専用ページは、

新たに「目次」
というカテゴリーを設けて、カテゴリーのトップに配置しますので、
「目次」のカテゴリーをクリックしていただければ、
すぐに目次専用ページを閲覧できるようにしておきます。
スマートフォンページで、次の画像の赤丸
タップしていただければ、「カテゴリー」の一覧が示され、そのトップに
「目次」のカテゴリーが配置されています。

言霊 スマホ 画像 カテゴリー

追記 令和5年(2023年)1月3日

この記事のページは
目次専用ページ案内記事のため
当ブログの常に先頭(トップ)に表示されるように設定しています。

この目次ページ案内記事の作成日は
2017年9月15日ですが、それ以降も
2023年現在でも当ブログの記事は更新しています


スポンサーサイト



テーマ:雑記 - ジャンル:学問・文化・芸術


日本標準時子午線の真上に建つ明石市立天文科学館から見える夕焼けパンダ・・・東経135度の日本標準時子午線、世界の時刻の基準の英国グリニッジ天文台・・・一つの現象や事象や過去からの積み重ねによって生じる

今日は、令和6年(2024年)3月3日 日曜日

一昨日の3月1日、年に2回の機会がある
兵庫県明石市の夕焼けパンダに関する
ニュースを見た。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
夕日と鉄塔がつくりだす「夕焼けパンダ」7年ぶりに 明石
NHK兵庫 NEWS WEB 03月01日 18時29分


夕焼けパンダ 完全 Screenshot_2024-03-02-06-59-10-84


夕日が鉄塔のアンテナと重なってパンダの顔のように見える「夕焼けパンダ」と
呼ばれる現象を観察する催しが明石市で行われ、7年ぶりに完全な形の
「夕焼けパンダ」が姿を現しました。

明石市立天文科学館の展望台では、毎年、3月と10月に、日の入り間近の夕日が
鉄塔と重なり、丸いアンテナの部分がパンダの目や耳に、また、
太陽が顔の輪郭のように見える現象を「夕焼けパンダ」と呼んで
観察会を開いています。

(中略)

明石市立天文科学館の中島正登主任は、
「感動しました。これだけちゃんと見ることができたのは7年ぶりで、
感慨深いです。感動は格別なので、今後も催しを続けていきたい」と
話していました。
夕焼けパンダ 7年ぶり Screenshot_2024-03-01-20-56-28-63

画像は、NHKより
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この夕焼けパンダと称される事象の発見の
きっかけは、平成25年(2013年)10月12日に
遡る。

日本標準時子午線の真上に建つ
明石市立天文科学館が、
太陽の沈む位置を記録するため、連日撮影したのだが
平成25年(2013年)10月12日、

天文科学館から見える夕日が
明石市立天文科学館から西南西方向に約1.4km離れた
明石市樽屋町にあるNTTドコモのアンテナに重なった瞬間、
直径約4メートルの二つのアンテナがパンダのに目元に、
小さなアンテナ群がパンダの耳や鼻に見立てて
パンダの顔のように見えることを偶然発見したのであった。

明石市 夕焼けパンダ 位置 矢印

明石市立天文科学館からの伸びる赤線の矢印の先の赤丸
NTTドコモのアンテナがある

位置図はGooglEarth より

この夕焼けパンダに見ることが可能な日は
1年のうち2回の3月1日ごろと10月12日頃である。

そして、また、この1年2度の日の気象状況によって
完全な夕焼けパンダを見ることができるかどうか左右される。

令和6年(2024年)3月1日の夕焼けパンダは
平成29年(2017年)3月1日以来7年ぶりかつ、
また、完全な夕焼けパンダは
その2回と夕焼けパンダを偶然発見した
平成25年(2013年)10月12日の3回だけである。

ところで、明石市立天文科学館は
日本の標準時(中央標準時)の基準となる子午線である
東経135度の経線の真上に建てられている。

なぜ、明石市に日本標準時子午線となる
東経135度が通っているのかというと、
1884年(明治17年)米国ワシントンで開催された
国際子午線会議にて、世界の時刻の基準となる子午線を
イギリスのグリニッジ天文台を通る子午線(経度0度)に決定。

グリニッジ天文台を通る子午線(経度0度)から東経135度が
明石市を通ることとなったのだ。

そして、地球1周は360度、1日24時間で、
360÷24=15 15度で1時間の時差が生じることとなるが、
135は15の整数倍で、グリニッジ天文台を通る子午線からの
時差がちょうど9時間となるので、
日本政府は明治19年(1886年)明石市を通る東経135度を
日本の標準時子午線に決定
明治21年(1888年)1月1日より適用された。

そのような日本標準時子午線である東経135度の真上に
昭和35年(1960年)の時の記念日の6月10日に
開館する明石市立天文科学館が建てられたのである。

その位置が日本標準時子午線である東経135度に
なるには、イギリスのグリニッジ天文台を通る子午線が
世界の時刻の基準となる子午線(経度0度)であることが
関わってくる。
明石市立天文科学館から見える夕焼けパンダが見える要因として
イギリスのグリニッジ天文台を通る子午線が(経度0度)の
世界の時刻の基準となり、それを基準として
日本の標準時子午線となる東経135度が明石市を通り、
その真上に明石市立天文科学館が建てられたことにある。

夕焼けパンダという面白き事象が見られる条件が
過去からの積み重ねの要因があることをふと思うであった。
つまり、一つの現象や事象や過去からの積み重ねによって生じる
と思うのであった。


このブログ内の関連記事

7月13日は日本標準時刻記念日・・・・かつて、日本に時差があった!!それもとある1つの県内に時差があった!!!

京都府木津川市にある浄瑠璃時
彼岸の中日にあたる春分の日・秋分の日になると
太陽の動きによりある演出がなされるような作りになっている
それについて書いた記事

彼岸の中日の浄瑠璃時


夕焼けにちなみ
夕陽に別れを告げて ~ 私のサザンNO.2ソング

言霊・楽習社(がくしゅうしゃ)ブログの目次ページ
https://kuwatea.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
語源や雑学などカテゴリーごとに分類して、当ブログの過去の各記事へのリンクページに誘っています。

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術


♪~~Sunshine  遥かなる大地 明日へと続く道 ~♪ 白夜のアイスランドで生み出されたGLAYの名曲「春を愛する人」を25年前の今日の平成11年(1999年)3月2日に新幹線の車内放送ラジオで耳にしたことを思い出す

今日は、令和6年(2024年)3月2日 土曜日

今から25年前の今日の
平成11年(1999年)3月2日(火曜日)の午後、
安全衛生活動の専門家にヒヤリハット活動に関する
インタビュー取材を
待ち合わせ場所の
JR東海の静岡駅前前のホテルアソシアに向かうため
職場のある京都市のJR京都駅から
東海道新幹線に乗った。

その新幹線の車内でラジオ放送がなされていて、
当時私が持っていた
パナソニックのポータブルカセットプレイヤーでまたラジオ機能がある
「Shock Wave」で、

Shock Wave 青 DSC07795

Shock Waveの画像は
mixtapetroopersのブログ
素晴らしき「Shock Wave」の世界
より

で、耳にしていると。

♪~Sunshine  遥かなる大地 明日へと続く道
Moonlight 産まれては消える流星を見上げた
ただ訪れる春の花の芽の息吹に似た I want you
「生きてく事は 愛する事 愛される事」と ~♪


GLAYの「春を愛する人」が聞こえてきた。

この「春を愛する人」は、
平成8年(1996年)11月18日に発売された
アルバム『BELOVED』の9曲目に収録されていた。

この曲を作詞作曲したのはGLAYのTAKUROさんである。

この曲の頭出しの

♪~Sunshine  遥かなる大地 明日へと続く道~♪

ここからグッと惹きつけられる。

さて、この曲の歌詞で、印象に強く残るのが

♪~安物の「永遠」なんて そこら中に溢れてる ~♪

のところである。

TAKUROさんは何をもって
安物の「永遠」と考えたのかわからないが、

一時的な流行りですぐに廃れてしまようなもの
口先だけで実態のともなっていないもの

もしかしたら、永遠の愛を誓っても
実際にはそうらないことが多いなど

いろいろなことを想像してしまう
表現である。

この曲の歌詞で

♪~My love あたりまえの愛 あたりまえの幸せを
ずっと捜し続けても つかめないもんだね~♪


この歌詞から
「安物の「永遠」なんて そこら中に溢れてる」という
表現が出てきているのかもしれない。

この曲の中で音のパートが異なる部分があり
その部分の歌詞は

♪~遠い異国の空、Ah その昔 ここに辿り着き 
この地に何を見た? 旅人~♪


とある。

この曲は、TAKUROさんが
北極圏に近いアイスランドを訪れた時に、
現地の人たちが凍りつく厳冬を乗り越え
春を待つ姿に感じるのものがあり
生み出された曲である。

まさに、極東の日本から遠い大西洋の
北極圏に近い異国の地を訪れた旅人が
生み出した曲ということを感じさせる歌詞である。

さて、この曲の名は「春を愛する人」で、歌詞に


♪~ただ訪れる春の花の芽の息吹に似た~♪

と春のことについてふれているが、春だけではなく

♪~Ah 終わらない夏を 今も胸にしまってる ~♪

♪~Ah 切なくて秋の 散り行く街路樹を背に ~♪

♪~Ah やがて来る冬の 肌を刺す 風の中で ~♪

と、春夏秋冬の四季を巡っていく。

♪~ Ah やがて来る冬の 肌を刺す 風の中で I want you
確かな鼓動 はばたく時を 待ちわびている~♪


と 凍りつく厳冬のなか羽ばたくときを待ちわびて、

冬の歌詞から、最後にまた冒頭の春のパートの

♪~Sunshine  遥かなる大地 明日へと続く道
Moonlight 産まれては消える流星を見上げた
ただ訪れる春の花の芽の息吹に似た I want you
「生きてく事は 愛する事 愛される事」と ~♪


この展開から
太陽の光を受けた大地に芽生える春の花が
あたかも未来に向かって愛を交わす生命力というものを
想像したりする。

アイルランド訪問時に
この曲を作詞作曲したのはGLAYのTAKUROさんが
この曲について、平成28年(2016年)のFM東京の
番組で次のような感想を述べている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TAKURO「そこで生まれた曲は今でも愛されていて、”歌が生まれる瞬間は
こうであるといいな”という、自分の指針になったかな。
”こういうような歌を、たくさん作っていけたらな”っていうのかな、
自分の気持ちと誰かの気持ちがシンクロして、そこに様々な土地土地の
要素が相まって生まれてくる。これが、”いま一番自分がやりたかった
ことかもしれない”そういう感触を得られた曲ですね」

TOKYO FM『SEIKO ASTRON presents World Cruise』
「白夜のアイスランドで生まれた曲」:GLAY・TAKURO2016/12/17 
より


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TAKUROさんが
白夜のアイスランドで生み出した曲は
私が平成11年(1999年)3月2日に新幹線の
車内放送ラジオで耳にして、その25年前のことを
今も記憶に残して、このようにブログに書きたいなと
思わせる私にとっても名曲である

YouTube
春を愛する人
https://www.youtube.com/watch?v=CH931oKQlNQ



このブログ内の関連記事

春を愛する人を新幹線の車内ラジオを聴くときに使った
パナソニックのポータブルカセットプレイヤーでまたラジオ機能がある
「Shock Wave」が出てくる私にとっての別の記憶の出来事の記事

平成9年(1997年)1月22日の大寒波、大阪でマイナス3.8℃、神戸でマイナス4.9℃、24年後経ったこの日までこの気温を下回る日はないほどの大寒波!ちなみにこの大寒波である名曲を思い出す


言霊・楽習社(がくしゅうしゃ)ブログの目次ページ
https://kuwatea.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
語源や雑学などカテゴリーごとに分類して、当ブログの過去の各記事へのリンクページに誘っています。

テーマ:今日の1曲 - ジャンル:音楽


4年に1度のうるう年の3月は2月と同じ曜日にならないことを思いつつ、今年のうるう年の3月は元日の大地震ゆえの思うところがある・・・平成7年の1月に大地震が発生した約2か月後の3月に衝撃的なテロ事件があったなあ

今日は、令和6年(2024年)3月1日 金曜日

今年の3月1日は、通常の年とは異なっている。
通常の年とは4年のうち3年の
うるう年ではない年である。


そのうるう年ではない年の2月は
28日間と、1週間の日数である
7日の整数倍である4倍であるので、
3月も28日の各日は、
2月の各日の曜日と同じ曜日になる。

しかし、うるう年の2月は29日まであり、
7で割って1余る。
そうなると、3月の29日の各日と
2月の29日までの各日は曜日がひとつ
異なるのである。

うるう年である今年の
1か月前の2月1日は木曜日であったが
1か月後の3月1日は金曜日となるのである。

さて、4年に一度のうるう年の3月1日は
2月と曜日が揃わないのだが、
私は今年の令和6年(2024年)の
うるう年の3月1日は、いつものうるう年の3月と
異なるものをふと思ってしまう。
それは、今年の元日、1日1日に発生したこと。
それは令和6年能登半島地震である。
マグニチュード7.6の大地震で240名以上の
死者が出ている。

1月の大地震とその2か月後の3月で思い出すのは
平成7年(1995年)1月17日に阪神淡路大震災をもたらした
マグニチュード7.3の兵庫県南部地震という大地震が発生した
約2か月後の3月20日
東京地下鉄サリン事件という化学兵器を用いたテロ事件が
発生したことである。

1月の大地震から2か月後の3月
平成7年(1995年)のことを思うと
何か社会的インパクトの事件が3月に発生したりすることは
ないかとふと根拠はないが考えてしまうのである。


このブログ内の関連記事

令和6年(2024年) 1月 1日の記事
令和6年(2024年)のうるう年の元日に「今年もあと366日かあ!!」と言ってみる・・・過去のうるう年のできごとをいくつか振り返り、この366日間にどんなことがあるのかあなと思ったりする

令和6年(2024年) 1月 2日の記事
昨日の元日、運動がてら散歩の途中の西宮市内の商業施設で揺れを感じたら、能登半島で大地震が発生していた・・・令和6年は元日早々、大ニュースのできごとが発生する荒れた幕開けとなった


令和6年(2024年)1月13日の記事
令和6年能登半島地震の被害の大きさと激しさを示す数値・・・珠洲市や輪島市の震災死の対人口比率は、阪神淡路大震災で、死者1000名以上出した西宮市のそれよりも高い数値である


本日(令和6年2月1日)で、今年は1ヶ月過ぎた・・・1か月前のうるう年の元日に、日本で震度7の大地震が発生するとは思わなかった・・・8年前のうるう年にも震度7の大地震が発生していた

阪神淡路大震災関連の記事の目次


平成18年(2006年)3月20日の記事
戦争とテロの記念日とアメリカ的なるもの~イラク戦争開戦3周年・東京地下鉄サリン事件から11年


言霊・楽習社(がくしゅうしゃ)ブログの目次ページ
https://kuwatea.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
語源や雑学などカテゴリーごとに分類して、当ブログの過去の各記事へのリンクページに誘っています。



テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術


令和6年(2024年)2月29日に、さんちか2番街、4年に一度の日にリニューアルオープン・・・昭和40年(1965年)に開業した「さんちか」は新陳代謝で新鮮さを保とうとしているなあ

今日は、令和6年(2024年)2月29日 水曜日

本日は4年に一度の2月29日、
私がいつも通勤で通う神戸三宮駅の南にある
さんちかの2番街が
リニューアルオープンする。

先月末ごろからは工事の囲いの壁が取り払われ
各店舗ごとに2月29日のオープンを知らせる
ポスターが貼られていた。

さんちか2番街 229RN Screenshot_2024-02-16-06-29-57-15

さんちか2番街 229RN 上島 Screenshot_2024-02-16-06-31-54-22

さんちか2番街 229RN AL  Screenshot_2024-02-16-06-29-34-72

上の3つの画像は、令和6年2月16日
午前6時30分ごろ撮影


一昨日の20時過ぎ、
Afternoon Tea LIVING
(アフタヌーンティー リビング)では、
2月29日の開店に向けて
準備作業がなされているようで、
灯りがともされ
人が動きがあるのがうかがえた。

さんちか2番街 229RN AL 2日前 Screenshot_2024-02-27-20-11-30-56

さんちかの北側にある1、2番街は
令和4年(2022年)4月から休業し大規模
リニューアル工事を行っているが、
そのうちの2番街が、本日の2月29日
リニューアルオープンする。

開業する日は、だいたい月初めなどの
イメージがあるが、3月1日でなりそうであるが、
3月1日ではなく、2月29日という4年に一度の日という
希少性の高い日を選んだかなあと思ったりした。

そういえば、このリニューアルオープンする箇所には
ラジオ関西のサテライトスタジオがあったが、
今回のリニューアル工事を期に閉鎖された。

また、この辺りには
「アリスの樹」という待ち合わせの場所があったようだ。

さんちかは今から59年前の昭和40年(1965年)に開業
したが、新陳代謝をして地下の町の新鮮さを保とうと
している。


このブログ内の関連記事

平成21年(2009年)7月20日の記事
かつて、「さんちか」には「アリスの樹」という待ち合わせの場所があったようだが、今や、その面影もなく、思い出としての都市の記憶にならないことには淋しいものがある

令和5年(2023年)10月24日の記事
同じ鉢に菊花とハロウインのお化けかぼちゃ・・・さんちか入り口の階段の秋を彩る和洋折衷

令和5年(2023年)12月29日の記事
令和と昭和の交差点・・・さんセンタープラザにて、高度経済成長期に作られたものに令和の現在でも恩恵を受けることを思い、かつ、元号があることで、過去の時代の面影を意味を思う

ちなみに4年前の2月29日の記事
令和2年(2020年)2月29日  土曜日
自宅近所のドラックストアでもトイレットペーパー品切れ・・・それは政府発表は信頼されてないからだ・・・私が生まれた年に発生したトイレットペーパー騒動を令和の現在で遭遇するとは

2月29日のできごと
4年に1度の2月29日の出来事・・・1976年2月29日、日本初の実用人工衛星の打ち上げ、世界初の観測成果をもたらす


言霊・楽習社(がくしゅうしゃ)ブログの目次ページ
https://kuwatea.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
語源や雑学などカテゴリーごとに分類して、当ブログの過去の各記事へのリンクページに誘っています。

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術